と
言
う
人
に
と
っ
て
運
転
免
許
の
た
め
の
試
験
は
必
要
か
と
思
っ
  
験
な
ど
全
く
意
味
が
な
い
と
言
う
だ
ろ
う
し
 
車
よ
り
も
自
転
車
  
 
例
え
ば
歴
史
に
何
の
意
味
を
見
出
さ
な
い
人
な
ら
ば
歴
史
の
試
  
ど
う
言
っ
た
人
間
な
の
か
が
こ
の
質
問
の
答
え
が
変
わ
っ
て
来
る
 °
  
答
え
は
簡
単
だ
 
こ
う
言
っ
た
質
問
の
答
え
と
言
う
の
は
本
人
が
  
に
対
し
て
 
あ
な
た
な
ら
ば
ど
う
言
う
答
え
を
返
す
だ
ろ
う
?
 
  
 
こ
の
世
で
最
も
無
意
味
な
試
験
は
何
だ
ろ
う
?
 
と
言
う
質
問
  
第
6
話
・
 
最
強
の
マ
ッ
サ
|
ジ
師
 
  
  
よ
う
と
し
て
い
た
 °
  
 
そ
し
て
今
こ
の
場
で
も
 
愛
詩
荘
の
一
部
屋
で
も
恋
が
生
ま
れ
  
と
普
通
の
人
間
的
な
物
と
は
違
っ
て
い
て
:
:
:
:
 °
  
生
ま
れ
や
す
い
と
言
う
事
で
あ
る
 °
し
か
も
そ
の
恋
愛
が
ち
ょ
っ
  
に
は
ち
ょ
っ
と
し
た
ジ
ン
ク
ス
的
な
物
が
あ
る
 °
そ
れ
は
恋
愛
が
  
た
古
ぼ
け
た
賃
貸
ア
パ
|
ト
な
の
だ
け
れ
ど
も
 
こ
の
ア
パ
|
ト
  
2
階
建
て
 
月
給
4
万
円
で
3
L
D
K
の
間
取
り
の
ち
ょ
っ
と
し
  
 
ア
パ
|
ト
 
 
愛
詩
荘
∧
ア
イ
シ
ソ
ウ
∨
 
 °
1
階
4
部
屋
の
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
恋
愛
悪
魔
の
ア
パ
|
ト
 
第
6
話
 
最
強
の
マ
ッ
サ
|
ジ
師
 


≪ <  

  
る
 °
ホ
|
ク
ト
・
ゲ
ン
ゴ
ロ
ウ
は
他
人
の
身
体
の
ツ
ボ
を
一
瞬
に
  
る
ホ
|
ク
ト
・
ゲ
ン
ゴ
ロ
ウ
と
言
う
男
の
話
を
知
っ
て
か
ら
で
あ
  
ト
の
ゲ
ン
 
と
言
う
漫
画
で
武
道
家
に
し
て
マ
ッ
サ
|
ジ
師
で
あ
  
 
波
蔵
が
マ
ッ
サ
|
ジ
師
の
道
を
志
し
た
の
は
8
歳
 
 
ホ
|
ク
  
  
な
が
ら
 
波
蔵
は
自
分
の
手
を
ゴ
キ
ゴ
キ
と
鳴
ら
し
て
い
た
 °
  
て
い
た
 °
ベ
ッ
ド
に
横
た
わ
っ
て
倒
れ
て
い
る
3
人
の
美
女
を
見
  
て
い
る
よ
う
な
マ
ッ
サ
|
ジ
店
に
て
 
大
川
波
蔵
は
頭
を
悩
ま
せ
  
 
自
分
の
勤
務
す
る
 
と
は
言
っ
て
も
ほ
と
ん
ど
自
分
が
経
営
し
  
  
 
も
 
も
っ
と
ぉ
ぉ
ぉ
ぉ
ぉ
ぉ
!
 
  
 
い
 
逝
く
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
!
 
  
 
あ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
|
 
  
  
力
テ
ス
ト
 
で
あ
る
 °
  
貰
え
れ
ば
 
誰
も
が
運
動
能
力
テ
ス
ト
で
受
け
た
事
が
あ
る
 
  
み
ぞ
う
∨
に
と
っ
て
最
も
意
味
が
な
い
も
の
は
何
か
と
言
わ
せ
て
  
 
で
は
 
こ
の
私
 
マ
ッ
サ
|
ジ
師
の
大
川
波
蔵
∧
お
お
か
わ
な
  
  
て
し
ま
う
 °





















   

  
い
た
 °
  
い
な
い
と
言
う
事
実
が
波
蔵
の
気
持
ち
を
さ
ら
に
落
ち
込
ま
せ
て
  
御
し
て
い
た
の
に
も
関
わ
ら
ず
 
自
分
は
き
ち
ん
と
制
御
出
来
て
  
 
彼
の
憧
れ
て
い
た
ヒ
|
ロ
|
は
 
こ
れ
も
き
ち
ん
と
威
力
を
制
  
ま
う
状
態
で
あ
る
 °
  
|
そ
れ
は
1
%
以
下
の
力
で
お
客
さ
ん
を
快
感
の
虜
に
さ
せ
て
し
  
0
年
の
修
行
に
よ
っ
て
手
に
入
れ
た
波
蔵
の
今
の
姿
|
|
|
|
|
  
伝
え
る
波
動
の
力
 
さ
ら
に
は
そ
れ
を
快
感
と
伝
え
る
技
術
を
1
  
 
あ
ま
り
に
も
強
す
ぎ
る
力
 
そ
れ
を
相
手
に
1
0
0
%
以
上
で
  
  
 
そ
の
結
果
が
こ
れ
か
:
:
:
:
 
  
  
が
:
:
:
:
  
つ
け
る
ん
だ
け
れ
ど
も
 
彼
は
無
骨
に
努
力
を
続
け
て
い
た
の
だ
  
合
 
ど
れ
だ
け
憧
れ
て
い
よ
う
と
も
ど
こ
か
で
現
実
と
見
切
り
を
  
 
一
般
的
な
ヒ
|
ロ
|
で
憧
れ
る
男
の
子
と
言
う
物
は
大
抵
の
場
  
え
た
 °
  
る
力
を
鍛
え
 
さ
ら
に
は
筋
力
と
力
を
相
手
に
伝
え
る
波
動
も
鍛
  
す
そ
の
姿
に
感
動
し
 
以
降
彼
は
的
確
に
体
内
の
ツ
ボ
を
見
極
め
  
し
て
把
握
し
て
 
相
手
の
身
体
の
ツ
ボ
を
正
確
に
押
し
て
敵
を
倒

   

  
 
は
ぁ
|
 
と
溜
め
息
を
吐
き
な
が
ら
 
自
室
の
鍵
を
取
り
出
し
  
  
得
て
い
る
が
 
こ
れ
で
は
仕
事
も
十
分
に
出
来
ま
せ
ん
し
 
  
ん
で
貰
わ
な
い
よ
う
に
し
な
い
と
な
:
:
:
:
 °
収
入
は
十
分
に
  
 
力
を
ど
う
に
か
し
て
制
御
し
て
 
普
通
に
マ
ッ
サ
|
ジ
を
楽
し
  
  
0
2
号
室
へ
と
帰
っ
て
い
た
 °
  
て
謝
っ
た
後
 
ト
ボ
ト
ボ
と
自
分
の
家
で
あ
る
 
愛
詩
荘
 
の
2
  
 
そ
う
言
っ
て
 
店
長
に
対
し
て
波
蔵
は
そ
う
言
っ
て
頭
を
下
げ
  
  
礼
し
ま
す
 
  
 
:
:
:
:
で
も
 
俺
と
し
て
も
頑
張
っ
て
み
ま
す
 °
今
日
は
失
  
|
が
あ
る
し
 
今
の
ま
ま
で
も
十
分
に
良
い
ん
だ
け
ど
ね
|
 
  
が
っ
ち
り
し
て
る
し
 
顔
も
イ
ケ
て
る
し
 
何
よ
り
も
リ
ピ
|
タ
  
か
ら
 
仕
方
な
い
わ
よ
|
 °
け
れ
ど
も
 
波
蔵
ち
ゃ
ん
は
身
体
も
  
 
分
か
っ
て
る
わ
よ
|
♪
 
波
蔵
ち
ゃ
ん
の
力
が
強
す
ぎ
ち
ゃ
う
  
し
て
い
る
つ
も
り
な
の
だ
が
 
  
 
:
:
:
:
す
い
ま
せ
ん
 
店
主
 °
こ
れ
で
も
十
分
 
手
加
減
を
  
 
あ
ら
|
:
:
:
:
波
蔵
ち
ゃ
ん
!
?
 
ま
た
や
っ
ち
ゃ
っ
た
の
?
 
  


























   

  
せ
て
い
た
だ
い
て
お
り
ま
す
 
と
私
は
お
世
辞
を
使
い
ま
す
 
  
 
え
ぇ
 
そ
れ
で
も
お
仕
事
さ
せ
て
い
た
だ
く
以
上
は
 
感
謝
さ
  
仕
事
を
す
る
の
も
大
変
だ
ぜ
 °
な
っ
 
佐
奈
?
 
  
 
ま
ぁ
 
な
|
 °
酷
い
親
父
達
の
い
や
ら
し
い
目
線
に
耐
え
つ
つ
 
  
 
お
っ
 
お
二
人
も
今
帰
っ
た
所
?
 
な
ら
 
お
疲
れ
様
だ
な
 
  
  
ょ
っ
と
ど
う
か
な
と
思
う
く
ら
い
に
し
か
思
っ
て
い
な
か
っ
た
 °
  
っ
て
は
 
こ
れ
は
あ
く
ま
で
も
同
じ
ア
パ
|
ト
の
住
人
と
し
て
ち
  
か
し
 
い
つ
も
こ
れ
以
上
に
扇
情
的
な
姿
を
見
て
い
る
波
蔵
に
と
  
そ
ん
な
2
人
の
姿
に
ち
ょ
っ
と
ば
か
り
ど
き
ま
ぎ
し
て
い
た
 °
  
い
た
 °
2
人
と
も
十
分
過
ぎ
る
く
ら
い
に
胸
が
大
き
く
 
波
蔵
は
  
で
扇
情
的
に
 
佑
奈
は
ブ
ル
マ
姿
で
健
康
的
な
美
し
さ
を
出
し
て
  
奈
の
2
人
と
出
会
う
 °
佐
奈
は
い
つ
も
の
よ
う
に
ス
ク
|
ル
水
着
  
 
同
じ
ア
パ
|
ト
の
住
人
 
読
者
モ
デ
ル
の
明
坂
佐
奈
と
明
坂
佑
  
  
 
お
っ
 
波
蔵
さ
ん
じ
ゃ
ん
!
 
お
疲
れ
|
!
 
  
配
致
し
ま
す
 
  
 
少
し
よ
ろ
し
い
で
す
か
 
大
川
波
蔵
さ
ん
 
と
私
は
事
情
を
心
  
  
て
開
け
よ
う
と
し
て
 

















   

  
 
と
 
佑
奈
は
そ
う
言
い
な
が
ら
両
腕
で
胸
を
強
調
す
る
か
の
よ
  
  
行
動
に
対
し
て
最
大
限
の
祝
福
を
告
げ
ま
す
 
  
こ
れ
以
上
の
刺
激
な
ど
な
い
と
断
言
し
ま
す
 
と
私
は
あ
な
た
の
  
 
私
も
同
意
見
で
す
 °
あ
ま
り
に
も
凄
す
ぎ
て
 
私
に
と
っ
て
は
  
  
こ
れ
か
ら
の
事
を
嬉
し
そ
う
に
す
る
か
の
よ
う
に
待
っ
て
い
た
 °
  
体
操
服
の
生
地
を
押
し
の
け
る
ほ
ど
に
豊
満
な
そ
の
豊
か
な
胸
が
 
  
 
と
 
佑
奈
は
そ
う
言
い
な
が
ら
た
ゆ
ん
と
大
き
な
胸
を
張
る
 °
  
  
す
る
か
ら
よ
 
  
れ
に
 
何
よ
り
終
わ
っ
た
後
 
前
よ
り
も
綺
麗
に
な
っ
て
る
気
が
  
に
も
あ
そ
こ
ま
で
の
快
楽
を
与
え
て
く
れ
る
施
設
は
な
い
ぜ
 °
  
 
あ
の
マ
ッ
サ
|
ジ
は
何
回
で
も
受
け
て
ぇ
く
ら
い
だ
ぜ
 °
母
星
  
  
と
2
人
が
大
き
な
声
で
言
う
 °
  
 
と
 
波
蔵
が
軽
い
気
持
ち
で
2
人
に
聞
く
と
 
 
 
是
非
に
!
 
 
  
  
み
た
い
に
マ
ッ
サ
|
ジ
し
て
欲
し
い
と
言
う
事
か
?
 
  
 
相
変
わ
ら
ず
だ
な
 
本
当
に
:
:
:
:
 °
で
 
な
ん
だ
?
 
前

   

  
  
と
大
き
く
違
う
点
が
あ
る
 °
  
が
大
陸
と
言
う
ラ
ン
ド
星
人
で
あ
る
 °
そ
の
生
態
は
実
は
地
球
人
  
の
9
5
%
が
海
と
言
う
シ
|
星
人
で
あ
り
 
佑
奈
は
星
の
9
5
%
  
球
の
人
間
と
何
ら
変
わ
ら
な
い
彼
女
達
で
は
あ
る
が
 
佐
奈
は
星
  
外
生
命
体
 
所
謂
宇
宙
人
が
彼
女
達
の
正
体
で
あ
る
 °
姿
こ
そ
地
  
 
明
坂
佐
奈
と
明
坂
佑
奈
は
実
は
普
通
の
人
間
で
は
な
い
 °
地
球
  
☆
  
  
人
の
モ
デ
ル
は
中
へ
と
入
っ
て
い
た
 °
  
 
そ
う
言
っ
て
扉
を
紳
士
的
に
開
け
た
波
蔵
 
そ
の
扉
の
中
に
2
  
  
わ
ら
せ
な
い
と
 
  
さ
ん
達
の
マ
ッ
サ
|
ジ
は
 
人
目
に
付
く
か
ら
な
 °
さ
っ
さ
と
終
  
 
は
ぁ
:
:
:
:
は
い
は
い
 °
し
て
や
る
か
ら
 
入
り
な
 °
お
前
  
  
え
て
い
た
 °
  
の
部
分
が
パ
チ
ン
と
切
れ
て
 
慌
て
て
佑
奈
は
そ
れ
を
手
で
押
さ
  
る
彼
女
の
ビ
キ
ニ
が
さ
ら
に
薄
く
な
り
 
そ
し
て
両
方
の
肩
ひ
も
  
う
に
し
て
お
り
 
そ
れ
に
よ
っ
て
た
だ
で
さ
え
限
界
を
迎
え
て
い

   

  
り
 
い
か
な
る
時
で
あ
ろ
う
と
も
地
面
を
武
器
と
し
て
 
ま
た
鎧
  
弱
肉
強
食
が
当
た
り
前
 °
故
に
彼
ら
は
地
面
と
密
接
な
関
係
に
あ
  
人
は
元
々
星
の
9
5
%
が
大
陸
と
言
う
星
で
あ
り
 
そ
の
星
で
は
  
 
こ
れ
が
佑
奈
 
い
や
ラ
ン
ド
星
人
の
特
徴
で
あ
る
 °
ラ
ン
ド
星
  
  
 
:
:
:
:
よ
 
よ
ろ
し
く
頼
む
 
  
  
し
て
ゴ
ツ
ゴ
ツ
と
し
た
岩
で
大
事
な
部
分
を
ガ
|
ド
さ
れ
て
い
た
 °
  
彼
女
の
身
体
に
突
風
が
巻
き
起
こ
る
と
 
彼
女
の
身
体
は
一
瞬
に
  
い
切
っ
て
下
着
を
外
し
て
い
た
 °
と
思
っ
た
の
だ
が
 
い
き
な
り
  
一
瞬
た
め
ら
い
の
表
情
を
見
せ
た
佑
奈
だ
っ
た
が
 
そ
の
ま
ま
思
  
で
い
き
 
そ
し
て
可
愛
ら
し
い
白
色
の
下
着
が
現
れ
る
 °
そ
し
て
  
 
そ
う
言
い
な
が
ら
ゆ
っ
く
り
と
そ
の
体
操
服
と
ブ
ル
マ
を
脱
い
  
  
 
お
 
お
ぅ
 °
分
か
っ
て
る
 
  
て
く
だ
さ
い
 
  
 
じ
ゃ
あ
 
佑
奈
さ
ん
 °
ま
ず
は
横
に
な
っ
て
 
リ
ラ
ッ
ク
ス
し
  
 
異
論
は
あ
り
ま
せ
ん
 
と
私
は
唇
を
噛
み
し
め
ま
す
 
  
よ
ね
 
佑
奈
さ
ん
?
 
  
 
じ
ゃ
あ
 
ま
ず
は
佑
奈
さ
ん
か
ら
行
き
ま
す
よ
?
 
良
い
で
す

   

  
だ
ろ
う
が
 
岩
の
上
だ
ろ
う
が
 
的
確
に
相
手
に
力
を
伝
え
る
技
  
そ
の
技
術
 °
ど
ん
な
に
硬
い
も
の
が
あ
ろ
う
と
も
 
例
え
服
の
上
  
 
波
蔵
の
マ
ッ
サ
|
ジ
の
真
髄
は
そ
の
強
す
ぎ
る
力
で
は
な
く
 
  
佑
奈
は
嬉
し
そ
う
な
声
を
あ
げ
る
 °
  
 
と
 
岩
の
上
か
ら
マ
ッ
サ
|
ジ
し
て
い
る
の
に
も
関
わ
ら
ず
 
  
  
 
あ
ぁ
ん
 
そ
 
そ
こ
ぉ
 
  
  
う
に
手
を
触
れ
る
 °
  
 
そ
う
言
っ
て
 
波
蔵
は
優
し
く
 
そ
う
い
つ
も
や
っ
て
い
る
よ
  
  
 
で
は
 
行
く
ぞ
 
  
  
 
そ
う
 
普
通
な
ら
ば
 °
  
同
じ
岩
を
操
る
ラ
ン
ド
星
人
の
他
に
は
居
な
い
 °
  
事
 °
身
体
に
岩
を
纏
っ
た
彼
女
を
マ
ッ
サ
|
ジ
出
来
る
者
な
ど
 
  
と
し
て
の
本
能
が
地
面
で
身
体
を
守
ろ
う
と
す
る
の
は
い
つ
も
の
  
 
故
に
 
下
着
を
捨
て
て
無
防
備
と
な
っ
た
佑
奈
の
身
体
に
 
  
う
と
も
 °
  
と
し
て
武
装
す
る
 °
そ
う
 
例
え
リ
ラ
ッ
ク
ス
す
る
状
態
で
あ
ろ

   

  
は
着
て
い
た
水
着
を
脱
い
で
い
て
 
そ
の
ま
ま
敷
い
て
い
た
タ
オ
  
波
蔵
は
佐
奈
の
マ
ッ
サ
|
ジ
へ
と
取
り
掛
か
る
 °
も
う
既
に
彼
女
  
 
床
で
本
当
に
満
足
そ
う
な
表
情
で
横
た
わ
る
佑
奈
を
尻
目
に
 
  
  
 
あ
ぁ
 
は
い
は
い
 °
こ
っ
ち
は
終
わ
っ
た
し
 
良
い
だ
ろ
う
 
  
 
で
は
 
今
度
は
私
を
お
願
い
し
ま
す
 
と
私
は
催
促
し
ま
す
 
  
  
ろ
う
 °
  
間
 
た
だ
の
仕
事
と
し
て
割
り
切
る
波
蔵
の
精
神
力
も
凄
い
所
だ
  
れ
る
の
だ
 °
目
に
毒
 
と
言
う
言
葉
が
相
応
し
い
光
景
を
3
0
分
  
と
く
 
彼
女
の
そ
の
豊
満
で
 
良
い
匂
い
が
漂
う
胸
と
一
緒
に
揺
  
て
お
ら
ず
 
な
お
か
つ
岩
が
ま
る
で
肌
と
一
体
化
し
て
い
る
が
ご
  
変
わ
っ
て
い
る
だ
け
で
そ
の
エ
ロ
テ
ィ
ッ
ク
さ
は
全
く
損
な
わ
れ
  
 
と
は
言
え
 
そ
の
姿
は
本
当
に
扇
情
的
な
物
だ
 °
下
着
が
岩
に
  
  
 
そ
 
そ
こ
ぉ
:
:
:
:
良
い
わ
ぁ
:
:
:
:
 
  
  
こ
ん
な
ふ
う
に
簡
単
に
マ
ッ
サ
|
ジ
出
来
ち
ゃ
う
の
だ
 °
  
 
故
に
波
蔵
に
と
っ
て
は
ラ
ン
ド
星
人
で
あ
る
佑
奈
だ
ろ
う
と
 
  
術
こ
そ
が
彼
の
凄
い
所
で
あ
る
 °













   

  
う
事
が
出
来
る
 °
  
そ
の
波
動
に
よ
る
マ
ッ
サ
|
ジ
作
業
で
普
通
に
マ
ッ
サ
|
ジ
を
行
  
し
か
し
 
波
蔵
な
ら
ば
多
少
ぬ
め
り
で
狙
い
が
ズ
レ
よ
う
と
も
 
  
て
い
る
身
体
に
的
確
に
マ
ッ
サ
|
ジ
を
施
す
の
は
難
し
い
だ
ろ
う
 °
  
 
普
通
の
マ
ッ
サ
|
ジ
師
な
ら
ば
 
こ
ん
な
に
も
ぬ
め
り
を
帯
び
  
  
 
あ
|
 
は
い
は
い
 
  
す
 
と
私
は
期
待
を
込
め
て
言
い
ま
す
 
  
 
分
か
っ
て
い
ま
す
 
で
す
が
先
に
マ
ッ
サ
|
ジ
を
お
願
い
し
ま
  
よ
 
  
 
あ
|
あ
 
ま
た
こ
ん
な
に
濡
ら
し
て
 °
後
で
拭
い
て
く
だ
さ
い
  
  
か
ら
身
を
守
っ
て
い
る
の
で
あ
る
 °
  
は
身
体
か
ら
地
球
の
ロ
|
シ
ョ
ン
の
よ
う
な
物
を
出
し
て
 
乾
燥
  
 
5
%
の
大
陸
し
か
持
た
な
い
シ
|
星
で
は
 
陸
で
裸
に
な
る
際
  
同
じ
く
 
佑
奈
の
シ
|
星
人
と
し
て
の
特
徴
 °
  
っ
た
よ
う
に
 
ぬ
め
り
を
帯
び
て
い
た
 °
こ
れ
も
ま
た
 
佐
奈
と
  
 
そ
し
て
彼
女
の
身
体
は
ヌ
ル
ヌ
ル
と
し
た
ロ
|
シ
ョ
ン
が
か
か
  
の
ご
と
く
 °
  
ル
に
倒
れ
て
い
た
 °
あ
た
か
も
 
海
で
サ
ン
オ
イ
ル
を
待
つ
女
性

   

  
で
 
彼
の
行
動
は
丸
わ
か
り
だ
っ
た
の
だ
が
 °
  
 
と
は
い
え
 
ク
ス
ク
ス
と
笑
い
な
が
ら
注
意
さ
れ
て
い
る
時
点
  
  
 
す
ま
ん
:
:
:
:
 
  
事
な
胸
な
の
で
す
よ
 
と
私
は
警
告
し
ま
す
 
  
 
ち
ょ
っ
と
 
気
を
付
け
て
く
だ
さ
い
 °
こ
れ
で
も
モ
デ
ル
の
大
  
  
翻
弄
さ
れ
て
い
る
客
は
ほ
と
ん
ど
そ
の
事
実
を
知
ら
な
い
 °
  
 
波
蔵
は
驚
き
慌
て
て
い
た
が
 
彼
の
ス
|
パ
|
テ
ク
ニ
ッ
ク
に
  
し
て
し
ま
う
事
も
あ
る
 °
  
つ
い
う
っ
か
り
と
彼
女
の
そ
の
豊
満
で
柔
ら
か
い
胸
に
手
を
伸
ば
  
付
き
 
さ
ら
に
は
ぬ
め
っ
て
い
る
彼
女
の
身
体
は
滑
り
や
す
く
 
  
垂
れ
る
飛
沫
が
 
彼
女
の
胸
に
か
か
っ
て
い
た
飛
沫
が
彼
の
顔
に
  
何
せ
 
彼
女
が
動
く
度
に
そ
の
た
ゆ
ん
た
ゆ
ん
と
揺
れ
る
胸
か
ら
  
 
波
蔵
と
し
て
は
彼
女
の
マ
ッ
サ
|
ジ
も
我
慢
の
連
続
で
あ
っ
た
 °
  
  
 
あ
ぁ
 
嬉
し
そ
う
で
何
よ
り
だ
よ
 
  
ぁ
 
と
私
は
嬉
し
い
声
を
あ
げ
ま
す
ぅ
ぅ
ぅ
ぅ
 
  
 
あ
ぁ
|
 
本
当
に
良
い
わ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
 °
最
高
 
だ
わ
ぁ
ぁ
ぁ
  


























   

  
 
フ
フ
フ
:
:
:
:
 
  
 
あ
れ
?
 
可
笑
し
い
な
 
ア
ン
テ
ナ
壊
れ
た
か
?
 
  
  
黒
の
砂
嵐
の
よ
う
な
映
像
だ
け
だ
っ
た
 °
  
映
像
が
映
る
の
だ
が
 
そ
こ
に
映
る
の
は
ザ
|
ザ
|
と
言
う
白
と
  
 
し
か
し
 
い
つ
も
の
テ
レ
ビ
で
は
す
ぐ
に
な
ん
ら
か
の
番
組
の
  
付
け
る
 °
  
出
来
る
な
 
と
想
い
な
が
ら
波
蔵
は
椅
子
に
座
っ
て
 
テ
レ
ビ
を
  
自
分
達
の
部
屋
へ
と
帰
っ
て
行
っ
た
 °
そ
し
て
初
め
て
ゆ
っ
く
り
  
 
佐
奈
と
佑
奈
の
2
人
は
そ
う
言
い
な
が
ら
 
5
万
円
を
置
い
て
  
  
っ
て
も
や
り
す
ぎ
は
ダ
メ
で
す
 
と
私
は
勧
告
し
ま
す
 
  
ッ
サ
|
ジ
を
行
っ
て
貰
え
て
い
る
の
で
す
 °
感
謝
す
べ
き
で
は
あ
  
 
少
な
い
金
額
で
こ
ん
な
に
も
 
私
達
を
綺
麗
に
す
る
た
め
の
マ
  
い
だ
ぜ
 
  
 
あ
|
 
良
い
マ
ッ
サ
|
ジ
だ
よ
な
ぁ
 °
明
日
も
受
け
た
い
く
ら
  
  
 
そ
の
後
 
し
っ
か
り
と
2
人
の
客
を
も
て
な
し
た
波
蔵
 °
  
☆
  


























   

  
  
 
と
 
波
蔵
は
頭
を
悩
ま
せ
る
の
で
あ
っ
た
 °
  
  
 
な
 
何
言
っ
て
ん
だ
?
 
  
国
を
背
負
い
し
火
の
巫
女
な
り
け
り
 
  
チ
ュ
|
ナ
‖
ス
カ
イ
 °
地
面
と
決
別
し
 
世
界
か
ら
舞
い
降
り
た
  
名
を
所
望
す
る
な
ら
ば
 
そ
の
身
に
刻
み
付
け
ろ
!
 
我
が
名
は
  
 
ク
フ
フ
:
:
:
:
神
に
選
ば
れ
し
力
を
持
ち
し
咎
人
よ
 °
我
が
  
 
だ
 
誰
だ
 °
お
前
は
!
?
 
  
  
が
あ
っ
た
事
が
理
由
だ
ろ
う
 °
  
う
現
象
が
普
通
で
は
な
く
 
な
お
か
つ
彼
女
に
額
に
3
つ
目
の
瞳
  
そ
れ
で
も
な
ん
と
か
理
性
を
保
て
た
の
は
テ
レ
ビ
に
現
れ
る
と
言
  
貌
を
し
て
お
り
 
正
直
波
蔵
も
い
っ
ぱ
い
い
っ
ぱ
い
で
あ
っ
た
 °
  
ち
も
美
し
く
 
人
目
で
誰
も
が
好
き
に
な
っ
て
し
ま
い
そ
う
な
美
  
 
美
し
く
映
る
長
い
金
髪
の
ロ
ン
グ
ヘ
ア
|
 
そ
し
て
瞳
も
顔
立
  
っ
て
い
る
 °
  
い
や
 
砂
嵐
だ
と
思
っ
て
い
た
テ
レ
ビ
に
1
人
の
少
女
の
顔
が
映
  
 
と
 
そ
ん
な
事
を
考
え
て
い
る
と
テ
レ
ビ
の
中
か
ら
声
が
す
る
 °
  


























   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
の
力
を
ど
う
活
か
す
か
を
現
在
思
案
中
 °
  
い
力
と
波
動
の
技
術
を
身
に
着
け
た
 
一
流
マ
ッ
サ
|
ジ
師
 °
  
昔
読
ん
だ
漫
画
に
憧
れ
て
修
行
を
し
て
 
地
球
人
で
は
あ
り
え
な
  
が
 
少
々
無
骨
な
印
象
が
あ
る
 °
  
が
っ
し
り
と
し
た
筋
肉
の
細
マ
ッ
チ
ョ
体
型
 °
顔
も
美
形
で
あ
る
  
ジ
師
 °
2
4
歳
 °
  
2
0
2
号
室
;
大
川
波
蔵
∧
お
お
か
わ
な
み
ぞ
う
∨
 
マ
ッ
サ
|
  
‖
‖
‖
‖






















  > ≫