う
沖
杉
家
な
ど
の
大
企
業
の
進
出
に
よ
っ
て
 
紫
峰
町
は
ニ
ュ
|
  
て
新
し
く
作
ら
れ
た
巨
大
海
上
都
市
と
な
っ
た
事
や
 
そ
れ
に
伴
  
紫
峰
町
の
周
囲
の
急
激
な
る
海
面
上
昇
に
よ
っ
て
周
辺
の
街
が
全
  
・
紫
峰
市
へ
と
名
前
と
姿
を
変
え
て
い
た
 °
こ
の
大
き
な
変
化
は
  
 
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
の
戦
い
か
ら
数
百
年
後
 
紫
峰
町
は
ニ
ュ
|
  
  
の
心
に
記
憶
と
し
て
残
り
始
め
て
い
た
 °
  
 
彼
ら
は
伝
説
と
な
り
 
神
話
と
な
り
 
物
語
と
な
っ
て
 
人
々
  
取
り
戻
し
た
 °
  
ボ
モ
ン
ス
タ
|
達
や
幹
部
達
な
ど
を
倒
し
て
 
紫
峰
町
に
平
和
を
  
り
き
め
い
∨
と
言
う
超
乳
戦
隊
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
の
4
人
は
シ
|
  
∧
あ
お
し
な
な
み
∨
 
メ
ア
リ
|
・
イ
エ
ロ
|
 
緑
木
冥
∧
み
ど
  
戦
士
|
|
|
|
|
|
赤
井
望
∧
あ
か
い
の
ぞ
み
∨
 
青
志
七
海
  
 
貧
乳
神
官
タ
イ
ラ
率
い
る
乳
房
帝
国
ネ
|
ム
ネ
|
ム
が
4
人
の
  
 
2
0
1
4
年
 °
  
  
第
1
パ
イ
 
新
乳
力
!
 
ニ
ュ
|
・
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
 
乳
場
!
 
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
超
乳
戦
隊
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
 
第
1
パ
イ






≪ <  

  
彼
女
の
美
し
さ
を
出
す
一
因
と
な
れ
た
だ
ろ
う
が
 
今
の
彼
女
は
  
大
き
く
て
た
ゆ
ん
た
ゆ
ん
と
揺
れ
る
胸
も
ま
た
 
通
常
時
な
ら
ば
  
た
れ
た
目
の
下
に
は
泣
き
黒
子
が
あ
っ
て
 
さ
ら
に
K
カ
ッ
プ
と
  
同
様
に
ち
ょ
っ
と
血
を
流
し
て
お
り
 
少
し
真
剣
そ
う
な
表
情
の
  
り
に
高
い
身
長
の
美
少
女
 °
同
性
が
羨
む
よ
う
な
長
い
脚
は
肩
と
  
 
緑
色
の
ポ
ニ
|
テ
|
ル
ヘ
ア
|
の
1
6
0
c
m
後
半
と
そ
れ
な
  
様
子
で
走
っ
て
い
た
 °
  
 
そ
ん
な
森
林
地
帯
で
 
1
人
の
少
女
が
肩
を
押
さ
え
て
必
死
な
  
  
 
は
ぁ
は
ぁ
:
:
:
:
 
  
  
雰
囲
気
を
漂
わ
せ
て
い
た
 °
  
さ
が
増
し
て
 
冬
と
同
じ
く
ら
い
 
い
や
そ
れ
以
上
に
不
気
味
な
  
そ
れ
は
あ
く
ま
で
も
昼
間
の
話
で
あ
り
 
夜
に
な
る
と
一
気
に
寒
  
 
春
は
割
か
し
日
差
し
が
明
る
く
過
ご
し
や
す
く
な
っ
て
い
る
が
 
  
☆
  
  
地
帯
か
ら
始
ま
る
 °
  
 
今
回
の
物
語
の
舞
台
は
そ
の
北
部
 
人
工
的
に
作
ら
れ
た
森
林
  
・
紫
峰
市
へ
と
姿
を
変
え
て
い
た
 °












   

  
ク
ラ
ス
の
方
々
が
あ
な
た
を
追
い
 
場
合
に
よ
っ
て
は
殺
し
ま
す
  
も
 
私
の
他
に
も
多
く
の
ユ
シ
|
モ
ン
ス
タ
|
達
 
そ
れ
に
幹
部
  
ユ
シ
|
・
ゲ
|
ト
シ
ェ
イ
ド
か
ら
逃
げ
出
す
事
が
出
来
た
と
し
て
  
 
逃
げ
て
も
不
可
能
で
す
よ
 
 
ト
ラ
ッ
プ
 
 °
例
え
こ
の
私
 
  
  
し
な
が
ら
走
り
 
逃
げ
る
少
女
を
追
っ
て
い
た
 °
  
 
そ
ん
な
美
女
は
静
か
に
 
た
だ
そ
れ
で
も
確
か
な
存
在
感
を
出
  
い
る
胸
元
の
下
に
は
重
厚
そ
う
な
扉
が
埋
め
込
ま
れ
て
い
た
 °
  
よ
う
に
 
そ
の
身
体
の
真
ん
中
に
は
大
き
く
上
を
無
っ
て
張
っ
て
  
拳
銃
が
2
丁
 °
そ
し
て
普
通
の
女
性
で
な
い
事
を
証
明
す
る
か
の
  
頭
に
は
テ
ン
ガ
ロ
ン
ハ
ッ
ト
 
そ
し
て
腰
に
は
ガ
ン
ホ
ル
ダ
|
と
  
な
印
象
を
受
け
る
白
縁
の
眼
鏡
を
か
け
て
い
る
ク
|
ル
系
の
美
女
 °
  
 
濃
い
グ
レ
|
色
の
ス
|
ツ
を
ビ
シ
ッ
と
着
こ
な
し
た
 
真
面
目
  
女
性
が
彼
女
を
追
い
掛
け
て
来
る
 °
  
 
と
 
そ
ん
な
逃
げ
て
い
る
彼
女
の
後
ろ
か
ら
1
人
の
無
表
情
な
  
  
 
逃
げ
て
も
無
駄
で
す
よ
 °
実
験
体
E
|
5
2
 
 
ト
ラ
ッ
プ
 
 
  
  
な
の
だ
か
ら
 °
  
そ
れ
ど
こ
ろ
で
は
な
か
っ
た
 °
何
せ
彼
女
は
脱
走
し
て
い
る
最
中

   

  
方
は
:
:
:
:
 
  
 
そ
 
そ
れ
は
:
:
:
:
ま
さ
か
お
前
の
逃
亡
を
手
助
け
し
た
お
  
  
し
き
っ
た
表
情
で
は
な
く
 
真
剣
な
表
情
へ
と
変
わ
っ
て
い
た
 °
  
見
て
 
ゲ
|
ト
シ
ェ
イ
ド
の
顔
色
が
変
わ
る
 °
先
程
ま
で
の
油
断
  
 
そ
う
言
い
な
が
ら
彼
女
か
ら
ポ
ケ
ッ
ト
か
ら
取
り
出
し
た
物
を
  
  
|
|
力
を
手
に
入
れ
た
!
 
  
部
に
対
し
て
復
讐
を
誓
う
少
女
!
 
そ
の
た
め
に
私
は
|
|
|
|
  
1
6
歳
!
 
高
校
1
年
生
で
 
乳
房
帝
国
ネ
|
ム
ネ
|
ム
界
外
支
  
 
私
は
 
 
ト
ラ
ッ
プ
 
と
言
う
名
前
じ
ゃ
な
い
!
 
眠
田
佐
美
 
  
  
塗
れ
の
ジ
ャ
ケ
ッ
ト
の
ポ
ケ
ッ
ト
に
手
を
入
れ
る
 °
  
∧
ね
む
た
さ
み
∨
は
血
を
流
し
て
い
る
肩
か
ら
手
を
ど
け
て
 
  
 
そ
う
言
い
な
が
ら
緑
色
の
ポ
ニ
|
テ
|
ル
の
少
女
 
眠
田
佐
美
  
  
 
う
 
う
る
さ
い
!
 
  
  
ま
だ
被
害
は
少
な
い
と
思
い
ま
す
が
?
 
  
よ
?
 
そ
ん
な
事
に
な
る
前
に
 
こ
の
私
に
捕
ま
っ
て
お
く
方
が

   

  
現
れ
る
と
そ
れ
は
ゆ
っ
く
り
と
開
閉
し
 
ゲ
|
ト
シ
ェ
イ
ド
は
そ
  
す
る
 °
す
る
と
 
ゲ
|
ト
シ
ェ
イ
ド
の
目
の
前
に
真
っ
黒
な
門
が
  
 
ゲ
|
ト
シ
ェ
イ
ド
は
そ
う
言
う
と
 
手
を
さ
|
っ
と
横
に
移
動
  
  
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
ね
 
  
 
く
っ
!
 
ま
さ
か
:
:
:
:
 °
こ
れ
は
一
度
 
報
告
し
て
お
か
  
  
発
と
共
に
宙
を
舞
っ
て
 
落
ち
て
行
っ
た
 °
  
た
当
人
で
あ
る
佐
美
に
一
番
強
く
ダ
メ
|
ジ
を
与
え
 
佐
美
は
爆
  
2
人
を
襲
う
 °
そ
し
て
携
帯
か
ら
放
た
れ
た
衝
撃
は
 
持
っ
て
い
  
 
次
の
瞬
間
 
携
帯
か
ら
大
き
な
爆
発
音
と
共
に
爆
破
の
衝
撃
が
  
  
 
エ
ク
ス
プ
ロ
|
ジ
ョ
ン
!
 
  
  
れ
だ
す
 °
  
 
佐
美
が
そ
う
言
っ
て
携
帯
を
動
か
す
と
 
携
帯
か
ら
音
声
が
流
  
  
ロ
|
ジ
ョ
ン
メ
モ
リ
 
セ
ッ
ト
!
 
  
 
:
:
:
:
長
く
は
持
た
な
い
 
一
撃
で
決
め
る
!
 
エ
ク
ス
プ
  


























   

  
部
 
海
岸
沿
い
を
歩
い
て
い
た
 °
  
と
須
黒
梨
花
∧
す
ぐ
ろ
り
か
∨
の
2
人
は
ニ
ュ
|
・
紫
峰
市
の
西
  
ん
さ
ん
と
照
り
つ
け
る
次
の
日
 
宮
下
桃
子
∧
み
や
し
た
も
も
こ
∨
  
た
事
な
ど
誰
も
知
ら
ず
 
い
つ
も
通
り
の
日
々
を
迎
え
た
日
が
さ
  
 
少
女
と
女
性
 
眠
田
佐
美
と
ゲ
|
ト
シ
ェ
イ
ド
の
戦
い
が
あ
っ
  
☆
  
  
運
命
が
動
き
出
し
た
の
か
 °
そ
の
時
は
ま
だ
誰
も
知
ら
な
か
っ
た
 °
  
 
こ
れ
は
果
た
し
て
偶
然
だ
っ
た
の
か
 
そ
れ
と
も
決
め
ら
れ
た
  
  
 
は
い
 
お
嬢
様
!
 
  
の
手
配
を
!
 
  
ド
隊
 
今
す
ぐ
こ
の
人
を
車
の
中
へ
運
ん
で
!
 
そ
れ
か
ら
オ
ペ
  
 
こ
の
娘
:
:
:
:
こ
ん
な
に
ひ
ど
い
火
傷
を
:
:
:
:
 °
メ
イ
  
  
を
出
す
 °
  
 
一
方
 
そ
の
森
林
の
下
に
作
ら
れ
た
車
道
で
1
人
の
少
女
が
声
  
  
  
の
門
の
中
へ
と
歩
き
出
し
て
い
た
 °












   

  
桃
子
を
呼
び
戻
す
と
 
パ
ン
パ
ン
と
ス
カ
|
ト
の
汚
れ
を
取
る
 °
  
じ
く
ら
い
に
大
き
い
胸
を
持
っ
た
豊
か
な
女
性
で
あ
り
 
彼
女
は
  
め
も
綺
麗
で
あ
り
 
全
身
か
ら
漂
う
上
品
な
大
人
び
た
 
頭
と
同
  
る
突
風
で
さ
ら
さ
ら
と
揺
れ
 
そ
の
髪
に
付
い
た
赤
い
椿
の
髪
留
  
梨
花
 °
腰
ま
で
伸
び
る
ス
ト
レ
|
ト
ヘ
ア
|
は
海
か
ら
吹
き
寄
せ
  
 
と
 
そ
う
言
っ
て
な
だ
め
る
の
は
長
身
爆
乳
の
美
少
女
 
須
黒
  
  
い
で
し
ょ
?
 
  
 
も
う
 
桃
子
ち
ゃ
ん
っ
た
ら
 °
あ
ん
ま
り
は
し
ゃ
い
だ
ら
危
な
  
  
き
く
揺
れ
動
く
 °
  
き
な
胸
が
 
彼
女
が
元
気
良
い
動
き
と
共
に
ぼ
よ
ん
ぼ
よ
ん
と
大
  
が
 
胸
元
で
豊
か
に
揺
れ
て
存
在
感
を
主
張
す
る
G
カ
ッ
プ
の
大
  
柄
な
 
中
学
生
と
思
わ
せ
る
く
ら
い
小
さ
な
背
丈
の
少
女
だ
っ
た
  
桃
子
は
 
手
に
し
た
鞄
を
片
手
で
持
ち
な
が
ら
歩
い
て
い
た
 °
  
 
明
る
い
 
シ
ョ
|
ト
カ
ッ
ト
の
元
気
な
ロ
リ
っ
娘
少
女
の
宮
下
  
  
か
な
|
♪
 
  
 
ら
|
ん
 
ら
|
 
ら
|
ん
♪
 
留
子
ち
ゃ
ん
 
元
気
に
し
て
る
  


























   

  
り
返
る
と
 
そ
こ
に
は
白
衣
を
着
た
片
眼
鏡
の
女
が
 
手
に
白
い
  
 
と
 
そ
ん
な
2
人
に
後
ろ
か
ら
声
が
か
け
ら
れ
る
 °
2
人
が
振
  
  
ろ
し
い
か
な
?
 
  
 
|
|
|
|
|
|
ち
ょ
っ
と
そ
こ
の
親
子
よ
 
質
問
を
し
て
も
良
  
  
宣
伝
を
ブ
ッ
ク
マ
|
ク
し
て
い
た
 °
  
梨
花
は
ス
マ
ホ
を
操
作
し
な
が
ら
ス
|
パ
|
や
商
店
街
の
特
売
の
  
嬉
し
げ
に
歩
き
な
が
ら
道
端
の
花
な
ど
を
見
て
ニ
コ
リ
と
笑
い
 
  
そ
の
後
ろ
で
フ
フ
ッ
と
笑
い
な
が
ら
歩
く
梨
花
の
2
人
 °
桃
子
は
  
 
ル
ン
ル
ン
と
鼻
歌
を
歌
い
な
が
ら
ス
キ
ッ
プ
を
す
る
桃
子
と
 
  
  
 
レ
ッ
ツ
ラ
 
ゴ
|
♪
 
  
 
分
か
れ
ば
よ
ろ
し
い
 °
さ
ぁ
 
行
き
ま
し
ょ
う
 
  
る
よ
 
梨
花
ち
ゃ
ん
 
  
 
ぶ
|
 
そ
:
:
:
:
そ
れ
は
そ
う
だ
ね
 °
う
 
う
ん
 °
反
省
す
  
に
 
そ
ん
な
に
汚
れ
た
服
装
で
行
っ
た
ら
 
い
け
な
い
で
し
ょ
う
?
 
  
あ
の
家
は
こ
の
辺
り
で
一
番
大
き
な
豪
邸
 °
そ
ん
な
所
に
行
く
の
  
 
い
く
ら
今
か
ら
行
く
所
が
留
子
ち
ゃ
ん
の
所
だ
と
は
言
っ
て
も
 
  


























   

  
の
か
な
?
 
た
か
が
道
を
聞
く
く
ら
い
で
ふ
さ
ぎ
込
む
だ
な
ん
て
 
  
 
お
い
お
い
 
ま
さ
か
こ
の
程
度
の
事
で
絶
望
し
た
り
し
て
い
る
  
  
顔
で
伏
せ
て
い
た
 °
  
 
す
る
と
桃
子
は
ム
キ
|
と
怒
り
出
し
 
梨
花
は
絶
望
し
き
っ
た
  
に
声
を
か
け
る
 °
  
も
答
え
が
返
っ
て
こ
な
い
所
を
見
て
 
不
審
に
思
い
な
が
ら
2
人
  
 
と
 
そ
こ
で
片
眼
鏡
を
付
け
た
そ
の
少
女
は
い
つ
ま
で
経
っ
て
  
  
り
:
:
:
:
っ
て
 
君
達
?
 
  
の
世
話
に
な
る
の
も
 
ボ
ク
と
し
て
は
本
当
は
不
本
意
な
話
で
あ
  
い
か
ら
教
え
て
く
だ
さ
る
と
嬉
し
い
ん
だ
け
ど
ね
 °
ま
っ
 
君
達
  
て
い
る
と
は
思
え
な
い
ん
だ
が
 
一
応
知
っ
て
い
る
か
も
知
れ
な
  
君
達
は
知
ら
な
い
か
な
?
 
ま
ぁ
 
と
は
言
っ
て
も
君
達
が
知
っ
  
 
こ
の
辺
り
に
 
沖
杉
 
と
言
う
家
が
あ
る
は
ず
な
ん
だ
け
ど
 
  
  
カ
ッ
プ
の
胸
を
左
腕
で
支
え
な
が
ら
 
2
人
に
質
問
す
る
 °
  
顔
立
ち
の
 
2
人
に
は
及
ば
な
い
も
の
の
そ
れ
な
り
に
大
き
な
F
  
レ
|
ト
ヘ
ア
|
の
 
綺
麗
と
言
う
よ
り
か
は
ど
こ
か
可
愛
ら
し
い
  
ア
タ
ッ
シ
ュ
ケ
|
ス
を
持
っ
て
立
っ
て
い
た
 °
髪
は
銀
色
の
ス
ト

   

  
 
と
 
鈍
く
疼
く
身
体
の
痛
み
を
感
じ
な
が
ら
 
眠
田
佐
美
は
眼
  
  
 
う
 
う
う
っ
:
:
:
:
 
  
☆
  
  
た
が
 
そ
の
実
は
ど
ち
ら
も
普
通
の
 
高
校
生
で
あ
る
 °
  
 
2
人
で
並
ぶ
と
親
と
子
の
よ
う
に
見
ら
れ
て
し
ま
う
2
人
だ
っ
  
 
母
性
溢
れ
る
爆
乳
少
女
 
須
黒
梨
花
 °
  
 
中
学
生
の
よ
う
な
巨
乳
少
女
 
宮
下
桃
子
 °
  
  
:
:
 
  
 
:
:
:
:
1
7
歳
な
の
に
 °
う
ら
若
き
女
子
高
生
な
の
に
:
:
  
 
私
 
子
供
じ
ゃ
な
い
も
ん
!
 
1
6
歳
の
高
校
1
年
生
だ
も
ん
!
 
  
  
込
ん
で
い
る
訳
で
は
な
か
っ
た
 °
  
眼
鏡
の
少
女
 °
し
か
し
 
2
人
の
少
女
は
そ
れ
に
つ
い
て
ふ
さ
ぎ
  
 
そ
う
言
い
な
が
ら
綺
麗
な
 
新
品
の
ハ
ン
カ
チ
を
差
し
出
す
片
  
  
カ
チ
で
涙
で
も
:
:
:
:
 
  
ど
れ
だ
け
脆
弱
な
精
神
を
持
っ
て
い
る
ん
だ
い
?
 
ボ
ク
の
ハ
ン

   

  
か
で
は
な
く
 
黒
い
正
統
派
の
メ
イ
ド
服
を
着
た
可
愛
ら
し
い
メ
  
は
メ
イ
ド
さ
ん
が
居
た
 °
メ
イ
ド
喫
茶
に
居
る
よ
う
な
メ
イ
ド
と
  
 
と
 
そ
こ
で
佐
美
は
声
を
か
け
ら
れ
る
 °
振
り
向
く
と
そ
こ
に
  
  
 
目
が
覚
め
ら
れ
た
よ
う
で
す
ね
 
  
 
:
:
:
:
と
言
う
か
 
こ
こ
は
?
 
  
  
思
い
出
し
た
 
そ
し
て
自
分
は
死
ん
だ
つ
も
り
だ
っ
た
 °
  
っ
た
が
 
正
直
爆
発
に
巻
き
込
ま
れ
た
瞬
間
 
走
馬
灯
の
よ
う
に
  
イ
ド
に
対
し
て
一
矢
報
い
る
つ
も
り
で
禁
じ
手
を
使
わ
せ
て
も
ら
  
 
自
分
の
命
が
助
か
っ
て
い
る
事
に
驚
い
て
い
た
 °
ゲ
|
ト
シ
ェ
  
  
 
:
:
:
:
い
き
 
て
る
?
 
  
  
か
っ
て
い
た
 °
そ
し
て
  
う
な
匂
い
か
ら
こ
こ
が
そ
れ
な
り
の
金
持
ち
の
家
で
あ
る
事
は
分
  
柔
ら
か
い
布
 
そ
し
て
自
分
に
巻
か
れ
た
包
帯
か
ら
香
る
高
級
そ
  
い
だ
ろ
う
と
佐
美
は
思
う
 °
だ
け
れ
ど
も
豪
華
そ
う
な
ベ
ッ
ド
 
  
 
知
ら
な
い
天
井
 
そ
の
言
葉
が
こ
れ
以
上
相
応
し
い
状
況
も
な
  
を
開
け
る
 °





















   

  
 
と
 
沖
杉
家
長
女
 
沖
杉
留
子
∧
お
き
す
ぎ
る
こ
∨
は
桃
子
か
  
  
 
い
つ
も
悪
い
わ
ね
 
桃
子
 
  
こ
っ
ち
は
今
日
の
ノ
|
ト
ね
!
 
  
 
は
い
!
 
留
子
ち
ゃ
ん
 
こ
れ
今
日
の
分
の
宿
題
だ
よ
!
 
後
 
  
☆
  
  
 
ナ
ッ
ノ
博
士
は
:
:
:
:
ど
こ
に
:
:
:
:
 
  
  
や
い
た
 °
  
 
そ
う
言
っ
て
メ
イ
ド
が
近
寄
る
と
 
彼
女
は
小
さ
く
こ
う
つ
ぶ
  
  
 
は
い
?
 
な
に
か
お
っ
し
ゃ
り
た
い
の
で
し
ょ
う
か
?
 
  
 
な
:
:
:
:
 
  
ど
う
し
て
あ
ん
な
事
に
 
  
が
覚
え
て
ら
っ
し
ゃ
い
ま
せ
ん
か
?
 
:
:
:
:
と
言
う
よ
り
も
 
  
お
嬢
様
が
乗
ら
れ
て
い
た
お
車
の
前
に
血
塗
れ
で
倒
れ
た
ん
で
す
  
 
こ
こ
は
沖
杉
家
の
客
室
の
1
つ
で
す
 °
あ
な
た
は
昨
日
の
夜
 
  
  
イ
ド
さ
ん
で
あ
っ
た
 °

















   

  
 
ふ
っ
 
沖
杉
家
は
超
乳
の
女
性
と
言
う
事
だ
っ
た
が
 
ま
さ
か
  
  
ゴ
ク
リ
と
唾
を
飲
む
 °
  
 
と
 
そ
う
言
わ
れ
な
が
ら
 
片
眼
鏡
の
白
衣
の
女
 
ナ
ッ
ノ
は
  
  
の
事
で
し
た
が
 
ど
の
よ
う
な
商
品
を
お
持
ち
な
の
で
し
ょ
う
か
?
 
  
 
で
は
:
:
:
:
確
か
ナ
ッ
ノ
博
士
 
で
し
た
っ
け
?
 
販
売
と
  
  
で
よ
う
や
く
 
今
日
の
お
客
様
に
向
き
合
っ
て
い
た
 °
  
取
る
と
 
そ
の
ま
ま
部
屋
を
出
て
行
っ
た
 °
そ
し
て
留
子
は
そ
こ
  
 
そ
う
言
っ
て
メ
イ
ド
は
留
子
か
ら
お
菓
子
が
入
っ
た
袋
を
受
け
  
  
 
は
い
 °
か
し
こ
ま
り
ま
し
た
 
お
嬢
様
 
  
て
来
て
く
れ
る
?
 
  
貰
っ
た
お
菓
子
は
ち
ゃ
ん
と
貰
い
も
の
の
お
菓
子
の
棚
に
収
納
し
  
 
う
ん
♪
 
あ
り
が
と
う
 
桃
子
ち
ゃ
ん
♪
 
そ
れ
に
梨
花
か
ら
  
  
と
し
た
理
由
か
ら
学
校
に
行
き
づ
ら
い
の
で
あ
る
 °
  
は
別
に
病
弱
で
も
 
勉
強
が
嫌
い
と
言
う
訳
で
も
な
く
 
ち
ょ
っ
  
ら
ノ
|
ト
を
貰
い
 
そ
れ
を
サ
サ
ッ
と
読
ん
で
行
く
 °
沖
杉
留
子

   

  
 
ナ
ッ
ノ
は
そ
う
言
い
な
が
ら
持
っ
て
い
た
白
い
ア
タ
ッ
シ
ュ
ケ
  
  
な
い
の
な
ら
ば
買
わ
な
く
て
も
 
な
く
も
な
く
も
な
い
か
な
 
  
り
の
物
を
提
示
さ
せ
て
い
た
だ
き
ま
し
ょ
う
 °
ま
っ
 
気
に
入
ら
  
ブ
レ
ス
レ
ッ
ト
|
|
|
|
|
|
ど
ん
な
物
だ
ろ
う
と
も
 
そ
れ
な
  
物
な
ら
ば
宝
石
だ
ろ
う
が
 
時
計
だ
ろ
う
が
 
バ
ッ
グ
だ
ろ
う
が
 
  
見
え
な
い
物
は
流
石
に
提
示
出
来
な
い
け
れ
ど
も
 
そ
れ
以
外
の
  
売
る
の
は
 
な
ん
で
も
 
さ
 °
サ
|
ビ
ス
や
保
険
と
言
っ
た
目
に
  
 
ま
っ
 
そ
ん
な
言
葉
は
ど
う
で
も
良
い
け
ど
ね
 °
ボ
ク
が
君
に
  
  
て
い
た
 °
  
来
な
ら
ば
逆
で
あ
ろ
う
け
れ
ど
も
そ
ん
な
言
葉
が
本
当
に
似
合
っ
  
ん
ば
か
り
の
大
き
さ
の
胸
に
美
少
女
が
付
い
て
居
る
よ
う
な
 
  
り
に
も
大
き
い
か
ら
で
あ
ろ
う
 °
八
畳
間
の
部
屋
を
覆
い
尽
く
さ
  
あ
っ
た
 °
今
 
ナ
ッ
ノ
の
目
の
前
に
居
る
沖
杉
留
子
の
胸
が
あ
ま
  
 
ナ
ッ
ノ
が
皮
肉
に
近
い
言
葉
を
出
す
が
 
そ
れ
は
ま
た
事
実
で
  
  
ま
っ
 
知
ら
な
く
て
も
良
い
事
だ
け
れ
ど
も
ね
 
  
な
か
っ
た
ね
?
 
ボ
ク
も
ま
だ
ま
だ
 
知
ら
な
い
事
が
多
い
ね
 °
  
本
当
に
そ
れ
ほ
ど
に
ま
で
に
無
駄
に
大
き
な
胸
だ
っ
た
と
は
思
わ

   

  
欲
し
い
物
を
言
っ
て
く
だ
さ
い
 °
時
間
は
取
ら
せ
な
い
し
 
早
く
  
 
:
:
:
:
ゴ
ホ
ン
 °
と
も
か
く
 
沖
杉
留
子
さ
ん
 °
あ
な
た
の
  
  
な
と
思
っ
て
い
た
 °
  
は
可
愛
い
と
思
っ
て
お
り
 
留
子
も
悪
い
人
で
は
な
い
ん
だ
ろ
う
  
可
愛
ら
し
く
て
顔
を
赤
ら
め
る
姿
を
見
て
 
桃
子
と
梨
花
の
2
人
  
眼
鏡
を
拭
く
 °
3
人
は
悪
態
を
吐
き
ま
く
る
ナ
ッ
ノ
が
い
き
な
り
  
 
ナ
ッ
ノ
は
そ
う
言
っ
て
顔
を
赤
ら
め
て
 
キ
ュ
ッ
キ
ュ
ッ
と
片
  
  
違
い
し
な
い
で
欲
し
い
ね
 
  
 
:
:
:
:
別
に
ボ
ク
は
褒
め
て
い
る
訳
で
は
な
い
で
す
よ
 °
  
 
褒
め
て
く
れ
て
あ
り
が
と
う
 
ナ
ッ
ノ
さ
ん
 
  
ほ
ど
も
な
か
っ
た
 
か
も
ね
 
  
状
況
で
も
な
け
れ
ば
 
こ
ん
な
に
も
美
し
く
て
荘
厳
な
家
に
来
る
  
っ
て
も
門
前
払
い
を
食
ら
い
そ
う
だ
か
ら
ね
 °
本
当
に
 
こ
ん
な
  
に
入
れ
た
い
ん
だ
け
れ
ど
も
 
い
き
な
り
普
通
の
お
店
な
ど
に
行
  
 
|
|
|
|
|
|
と
も
か
く
 
3
0
万
 °
今
そ
れ
だ
け
の
金
は
手
  
  
女
性
が
喜
び
そ
う
な
も
の
を
出
し
て
行
く
 °
  
|
ス
を
床
に
置
く
と
 
白
衣
の
ポ
ケ
ッ
ト
か
ら
宝
石
や
時
計
な
ど
 

   

  
 
そ
う
言
っ
て
ナ
ッ
ノ
は
ア
タ
ッ
シ
ュ
ケ
|
ス
を
開
け
る
と
 
  
  
ま
す
ね
 °
で
は
少
し
 
時
間
を
く
れ
ま
す
か
な
?
 
  
 
:
:
:
:
な
ん
だ
い
 
そ
れ
く
ら
い
な
ら
ば
す
ぐ
に
用
意
出
来
  
  
意
出
来
る
と
も
思
っ
て
い
な
か
っ
た
が
 
  
の
気
持
ち
で
留
子
は
聞
い
て
い
る
の
で
あ
る
 °
勿
論
 
す
ぐ
に
用
  
そ
れ
で
凄
い
事
で
あ
る
 °
だ
か
ら
こ
そ
 
あ
れ
ば
良
い
な
く
ら
い
  
い
作
業
で
あ
り
 
用
意
で
き
た
と
し
て
も
1
週
間
持
て
ば
そ
れ
は
  
サ
イ
ズ
の
胸
を
覆
う
ブ
ラ
ジ
ャ
|
を
簡
単
に
用
意
す
る
の
は
難
し
  
ジ
ャ
|
を
ど
う
に
か
し
な
い
と
い
け
な
い
の
だ
が
 
流
石
に
こ
の
  
サ
イ
ズ
の
胸
を
覆
い
尽
く
さ
ん
ば
か
り
の
巨
大
な
乳
を
覆
う
ブ
ラ
  
る
 °
沖
杉
家
の
女
性
達
は
全
員
 
超
乳
:
:
:
:
い
や
メ
|
ト
ル
  
題
で
あ
り
 
同
時
に
そ
ん
な
に
簡
単
に
は
用
意
で
き
な
い
物
で
あ
  
子
に
と
っ
て
 
沖
杉
家
の
女
達
に
と
っ
て
ブ
ラ
ジ
ャ
|
は
死
活
問
  
 
と
 
留
子
は
そ
う
言
い
な
が
ら
ニ
ヤ
ニ
ヤ
と
笑
っ
て
い
た
 °
  
  
を
支
え
ら
れ
る
の
を
 °
出
来
る
か
し
ら
?
 
  
 
|
|
|
|
|
|
で
は
 
ブ
ラ
ジ
ャ
|
 °
そ
れ
も
私
ク
ラ
ス
の
物
  
何
が
欲
し
い
と
教
え
て
|
|
|
|
|
|
 










   

  
 
ふ
っ
:
:
:
:
 °
急
遽
作
っ
た
も
の
だ
か
ら
恐
ら
く
は
半
年
持
  
  
と
笑
み
を
浮
か
べ
て
い
た
 °
  
確
か
に
留
子
の
胸
を
支
え
て
お
り
 
留
子
は
そ
れ
を
見
て
お
お
っ
 
  
手
に
取
り
 
さ
ら
に
服
の
上
か
ら
付
け
て
見
て
も
ず
っ
し
り
と
 
  
桃
 
黄
な
ど
と
言
っ
た
可
愛
ら
し
い
1
0
種
類
の
ブ
ラ
ジ
ャ
|
を
  
留
子
は
と
言
う
と
 
ナ
ッ
ノ
が
す
ぐ
さ
ま
作
り
出
し
た
赤
 
青
 
  
 
既
に
ナ
ッ
ノ
の
言
葉
は
 
留
子
の
耳
に
は
届
い
て
い
な
か
っ
た
 °
  
  
て
 
君
達
!
 
ボ
ク
の
話
を
聞
い
て
い
る
の
か
い
!
?
 
  
1
0
個
で
3
0
万
と
言
う
所
で
ど
う
だ
ろ
う
か
?
 
:
:
:
:
っ
  
作
っ
た
ブ
ラ
ジ
ャ
|
だ
 °
オ
|
ダ
|
メ
イ
ド
だ
か
ら
1
個
3
万
 
  
っ
て
お
い
た
方
が
良
か
っ
た
か
も
知
れ
な
い
な
 °
ま
っ
 
ボ
ク
が
  
 
な
ん
だ
い
 
そ
ん
な
簡
単
な
物
で
良
か
っ
た
ら
 
も
う
少
し
作
  
  
り
終
わ
る
と
ふ
|
っ
 
と
置
く
 °
  
り
始
め
た
か
ら
で
あ
る
 °
そ
し
て
物
の
数
分
に
て
 
ナ
ッ
ノ
は
作
  
の
瞳
が
赤
く
光
り
輝
い
た
か
と
思
う
と
 
物
凄
い
勢
い
で
物
を
作
  
の
様
子
に
3
人
は
び
っ
く
り
し
て
い
る
 °
ナ
ッ
ノ
の
片
眼
鏡
越
し
  
か
ら
ス
パ
ナ
と
ペ
ン
チ
を
取
り
出
し
て
作
業
を
始
め
て
お
り
 

   

  
 
:
:
:
:
あ
 
あ
ぁ
 °
ま
ぁ
 
ち
ょ
っ
と
ば
か
り
多
す
ぎ
る
心
  
れ
で
十
分
足
り
る
と
思
い
ま
す
け
れ
ど
も
 
  
せ
て
貰
い
ま
す
わ
 °
3
0
万
円
が
欲
し
か
っ
た
の
で
し
た
ら
 
  
 
全
1
5
品
 
1
個
1
0
万
円
の
計
1
5
0
万
円
に
て
買
い
取
ら
  
  
な
声
を
上
げ
て
い
た
 °
  
て
い
る
札
束
を
見
て
 
あ
 
あ
れ
:
:
:
:
?
 
と
困
っ
た
よ
う
  
す
と
 
そ
こ
に
は
大
量
の
札
束
が
入
っ
て
お
り
 
そ
の
中
に
入
っ
  
 
そ
う
言
っ
て
メ
イ
ド
は
銀
色
の
ア
タ
ッ
シ
ュ
ケ
|
ス
を
取
り
出
  
  
 
は
い
 
お
嬢
様
 
  
 
あ
な
た
達
:
:
:
:
お
金
を
用
意
し
て
お
い
て
ね
 
  
  
側
に
い
た
メ
イ
ド
に
対
し
て
耳
打
ち
を
す
る
 °
  
 
そ
う
言
っ
て
さ
ら
に
作
ろ
う
と
す
る
ナ
ッ
ノ
に
対
し
 
留
子
は
  
  
0
万
で
:
:
:
:
 
  
貰
お
う
か
な
?
 
で
は
1
つ
2
万
で
 
後
5
つ
用
意
す
る
か
ら
3
  
 
ま
ぁ
 
そ
れ
で
も
ダ
メ
だ
と
言
う
の
な
ら
 
別
の
を
や
ら
せ
て
  
て
ば
良
い
だ
ろ
う
が
ね
 °
:
:
:
:
そ
ん
な
の
で
ご
め
ん
な
さ
い
 °

   

  
い
ま
し
た
か
 °
ま
ぁ
 
こ
れ
は
い
ず
れ
バ
レ
る
か
ら
仕
方
な
い
事
  
 
は
い
 
ナ
ッ
ノ
で
す
 °
:
:
:
:
そ
う
で
す
か
 
バ
レ
て
し
ま
  
  
ま
ア
タ
ッ
シ
ュ
ケ
|
ス
か
ら
携
帯
を
取
り
出
し
て
い
た
 °
  
て
カ
リ
カ
リ
と
片
眼
鏡
を
動
か
す
と
真
剣
な
目
に
な
り
 
そ
の
ま
  
ナ
ッ
ノ
博
士
は
と
言
う
と
佐
美
の
姿
を
見
て
怪
訝
そ
う
な
顔
で
見
  
女
 
眠
田
佐
美
は
入
っ
て
来
る
と
ナ
ッ
ノ
博
士
に
抱
き
つ
く
と
 
  
 
そ
う
言
っ
て
扉
か
ら
入
っ
て
来
た
緑
色
の
ポ
ニ
|
テ
|
ル
美
少
  
  
れ
た
ナ
ッ
ノ
さ
ん
に
御
用
で
し
た
の
で
お
連
れ
し
ま
し
た
 
  
 
:
:
:
:
留
子
お
嬢
様
 
こ
ち
ら
の
お
客
様
が
ど
う
や
ら
来
ら
  
 
ナ
ッ
ノ
博
士
!
 
ご
無
事
で
し
た
か
!
 
  
  
色
の
ポ
ニ
|
テ
|
ル
の
美
少
女
が
入
っ
て
来
る
 °
  
ケ
|
ス
の
中
へ
と
入
れ
よ
う
と
し
て
い
た
瞬
間
 
扉
が
開
い
て
緑
  
そ
の
ま
ま
取
っ
た
札
束
を
持
っ
て
来
て
い
た
白
色
の
ア
タ
ッ
シ
ュ
  
 
ナ
ッ
ノ
が
銀
色
の
ア
タ
ッ
シ
ュ
ケ
|
ス
か
ら
札
束
を
手
に
取
り
 
  
  
ら
に
返
す
と
し
て
取
り
分
は
5
0
万
と
言
う
事
で
:
:
:
:
 
  
遣
い
に
対
し
て
戸
惑
っ
て
い
る
が
 
ま
ぁ
 
1
0
0
万
円
は
そ
ち

   

  
ナ
ッ
ノ
を
出
せ
 
っ
て
言
っ
て
い
ま
し
て
!
 
  
ム
と
名
乗
る
集
団
が
現
れ
て
 
暴
れ
な
が
ら
 
エ
|
ジ
ェ
ン
ト
・
  
 
た
 
大
変
で
す
 
お
嬢
様
!
 
都
市
の
中
心
部
で
ネ
|
ム
ネ
|
  
  
メ
イ
ド
が
入
っ
て
来
る
 °
  
な
り
の
変
化
に
驚
い
て
い
る
と
 
扉
を
開
け
て
大
慌
て
の
様
子
で
  
言
う
と
ビ
ク
ッ
と
揺
れ
る
 °
留
子
 
桃
子
 
梨
花
の
3
人
は
い
き
  
 
と
 
ナ
ッ
ノ
博
士
が
そ
う
力
強
く
宣
言
し
て
お
り
 
佐
美
は
と
  
  
 
黙
っ
て
!
 
佐
美
!
 
  
:
:
 
  
を
す
る
の
も
!
 
|
|
|
|
|
|
私
達
が
ネ
|
ム
ネ
|
ム
に
:
:
  
 
:
:
:
:
で
 
で
も
ナ
ッ
ノ
博
士
!
 
せ
め
て
こ
の
3
人
に
話
  
 
帰
る
ぞ
 
佐
美
 °
こ
れ
以
上
 
こ
こ
に
は
居
ら
れ
な
い
か
ら
ね
 
  
  
ス
を
閉
じ
て
 
佐
美
の
手
を
取
る
 °
  
 
そ
う
言
っ
て
ナ
ッ
ノ
は
札
束
を
戻
す
と
白
い
ア
タ
ッ
シ
ュ
ケ
|
  
  
い
 °
じ
ゃ
あ
な
 
  
で
す
し
 
ボ
ク
が
行
き
さ
え
す
れ
ば
終
わ
る
話
な
ら
ば
そ
れ
で
良

   

  
る
者
 °
そ
れ
が
ボ
ク
 
文
化
者
エ
|
ジ
ェ
ン
ト
・
ナ
ッ
ノ
な
の
さ
!
  
二
大
頭
領
の
1
人
 
あ
ら
ゆ
る
世
界
の
文
化
を
研
究
し
て
調
査
す
  
世
界
を
襲
う
集
団
 
乳
房
帝
国
ネ
|
ム
ネ
|
ム
界
外
支
部
 °
そ
の
  
 
そ
し
て
 
乳
房
帝
国
ネ
|
ム
ネ
|
ム
の
第
2
の
支
部
に
し
て
別
  
か
せ
て
い
た
事
は
あ
な
た
達
も
既
に
知
っ
て
い
る
で
し
ょ
う
?
  
で
活
動
す
る
悪
の
集
団
で
あ
り
 
彼
ら
は
人
々
を
苦
し
ま
せ
 
  
敵
 °
乳
房
帝
国
ネ
|
ム
ネ
|
ム
 °
胸
を
大
き
く
す
る
と
言
う
目
的
  
 
数
百
年
前
 
既
に
伝
説
と
な
っ
て
い
る
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
の
宿
  
  
し
て
い
た
 °
  
そ
し
て
ナ
ッ
ノ
博
士
は
笑
い
な
が
ら
 
3
人
に
向
か
っ
て
声
を
出
  
 
怯
え
て
い
る
佐
美
と
 
ど
こ
か
影
の
あ
る
顔
の
ナ
ッ
ノ
博
士
 °
  
  
 
:
:
:
:
フ
フ
ッ
 
  
 
は
 
博
士
:
:
:
:
 
  
  
り
と
ナ
ッ
ノ
博
士
へ
と
視
線
を
ナ
ッ
ノ
博
士
へ
と
移
動
す
る
 °
  
 
と
 
そ
う
言
い
な
が
ら
留
子
 
桃
子
 
梨
花
の
3
人
は
ゆ
っ
く
  
  
 
 
 
ナ
ッ
ノ
?
 
 
 
















   

  
 
数
分
後
 
黒
い
煙
が
消
え
る
と
|
|
|
|
|
|
そ
こ
に
は
ナ
ッ
  
き
た
 °
  
 
ど
た
ば
た
ど
た
ば
た
 
と
そ
ん
な
騒
が
し
い
足
音
が
聞
こ
え
て
  
  
 
き
ゃ
あ
!
 
お
 
落
ち
着
い
て
 
桃
子
ち
ゃ
ん
!
 
  
 
く
 
暗
い
で
す
!
 
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
っ
!
 
  
捕
ま
え
て
!
 
  
 
ち
ょ
 
ち
ょ
っ
と
暗
い
!
 
メ
イ
ド
達
 
早
く
ナ
ッ
ノ
さ
ん
を
  
  
達
を
守
ろ
う
と
行
動
し
て
い
た
 °
  
 
メ
イ
ド
達
が
慌
て
な
が
ら
 
自
分
の
仕
え
る
主
と
主
の
ご
友
人
  
  
 
は
い
っ
!
 
  
 
お
 
お
嬢
様
!
 
皆
の
者
 
お
嬢
様
と
ご
友
人
方
を
守
れ
!
 
  
  
床
に
叩
き
つ
け
る
と
 
部
屋
が
真
っ
暗
に
包
ま
れ
る
 °
  
 
と
 
そ
う
言
っ
て
ナ
ッ
ノ
は
白
衣
か
ら
黒
い
球
を
取
り
出
し
て
  
  
 
喰
ら
え
 
ナ
ッ
ノ
・
ブ
ラ
ッ
ク
!
 
  
 
ハ
ハ
ハ
ハ
ハ
!



















   

  
  
 
ナ
ッ
ノ
博
士
:
:
:
:
お
願
い
が
あ
り
ま
す
 
  
  
う
な
表
情
で
見
つ
め
て
い
た
 °
  
 
そ
う
言
い
な
が
ら
早
歩
き
で
歩
く
ナ
ッ
ノ
を
 
佐
美
は
複
雑
そ
  
  
出
る
と
言
う
の
は
 
む
し
ろ
当
然
と
言
う
物
さ
 
  
普
段
か
ら
悪
態
を
吐
い
て
い
る
ボ
ク
の
方
が
恨
ま
れ
役
を
買
っ
て
  
る
方
に
は
慣
れ
て
い
な
い
か
ら
 
と
言
う
か
不
十
分
で
す
ら
あ
る
 °
  
 
|
|
|
|
|
|
あ
ぁ
 
こ
れ
で
良
い
の
さ
 °
佐
美
君
は
恨
ま
れ
  
  
 
と
 
屋
敷
か
ら
逃
げ
た
佐
美
は
ナ
ッ
ノ
に
聞
く
 °
  
  
 
こ
れ
で
良
か
っ
た
ん
で
す
か
 
ナ
ッ
ノ
博
士
?
 
  
  
  
  
  
  
ノ
と
佐
美
の
姿
は
消
え
て
い
た
 °













   

  
笑
い
な
が
ら
 
絵
筆
を
サ
ラ
サ
ラ
と
動
か
し
て
い
た
 °
  
に
な
っ
て
い
る
 
そ
ん
な
怪
人
で
あ
っ
た
 °
カ
ラ
|
シ
ェ
イ
ド
は
  
背
中
に
は
大
き
な
何
色
も
の
絵
の
具
を
背
負
っ
て
る
瞳
が
色
鉛
筆
  
あ
っ
た
 °
全
身
を
七
色
の
髪
と
七
色
の
コ
|
ト
 
両
腕
は
絵
筆
 °
  
 
そ
う
言
う
の
は
ユ
シ
|
・
カ
ラ
|
シ
ェ
イ
ド
と
名
乗
る
怪
人
で
  
  
 
カ
ラ
カ
ラ
カ
ラ
 °
残
念
な
が
ら
そ
れ
は
出
来
な
い
相
談
だ
カ
ラ
 
  
  
胸
元
を
掴
む
怪
人
に
助
け
を
請
う
て
い
た
 °
  
い
つ
も
の
勝
気
そ
う
な
瞳
で
は
な
い
 
気
弱
そ
う
な
瞳
で
自
分
の
  
女
 
紫
峰
学
園
生
徒
会
長
の
神
納
京
香
∧
か
の
う
き
ょ
う
か
∨
は
  
勝
気
そ
う
な
瞳
と
赤
い
縁
の
ク
|
ル
そ
う
な
眼
鏡
が
特
徴
的
な
少
  
 
重
め
の
ボ
ブ
ヘ
ア
|
と
桜
の
よ
う
な
髪
留
め
 
そ
し
て
緑
色
の
  
  
 
:
:
:
:
い
 
い
や
 °
た
 
助
け
て
 
  
  
ど
っ
て
い
た
 °
  
た
雰
囲
気
と
は
違
い
 
人
々
は
狂
気
の
声
を
あ
げ
な
が
ら
逃
げ
ま
  
 
ニ
ュ
|
・
紫
峰
市
の
都
市
が
並
ぶ
中
心
部
は
普
段
の
落
ち
着
い
  
☆

























   

  
ラ
!
 
膨
張
色
の
黄
!
 
  
 
了
解
だ
カ
ラ
 °
ま
ず
は
こ
の
女
か
ら
や
ら
せ
て
も
ら
い
ま
す
カ
  
ム
ネ
|
ム
の
た
め
に
作
戦
を
開
始
し
な
さ
い
!
 
  
 
さ
ぁ
 
カ
ラ
|
シ
ェ
イ
ド
!
 
わ
た
く
し
と
 
つ
い
で
に
ネ
|
  
  
6
本
の
剣
を
背
負
っ
た
軍
人
の
格
好
を
着
て
い
た
 °
  
眼
 
腕
が
六
本
あ
る
と
い
う
阿
修
羅
の
よ
う
な
姿
で
 
背
中
に
は
  
い
る
 °
一
方
 
ス
パ
イ
ダ
|
・
ラ
ス
ラ
|
は
頭
は
人
間
に
蜘
蛛
の
  
あ
る
が
 
上
か
ら
目
線
な
眼
つ
き
と
手
に
持
っ
た
錫
杖
を
持
っ
て
  
女
王
様
風
の
ロ
|
ブ
を
着
た
1
3
0
c
m
と
凄
く
小
柄
な
子
で
は
  
い
た
 °
ホ
ム
ラ
は
真
っ
赤
な
炎
の
よ
う
な
ツ
イ
ン
テ
|
ル
 
赤
い
  
の
補
佐
官
で
あ
る
親
衛
隊
長
ス
パ
イ
ダ
|
・
ラ
ス
ラ
|
は
立
っ
て
  
 
カ
ラ
|
シ
ェ
イ
ド
の
後
ろ
に
は
溶
解
使
徒
ホ
ム
ラ
 
そ
し
て
そ
  
  
れ
る
ぅ
!
 
  
 
流
石
は
俺
の
嫁
 
ホ
ム
ラ
ち
ゃ
ん
!
 
そ
こ
に
痺
れ
る
ぅ
 
  
く
し
 
溶
解
使
徒
ホ
ム
ラ
の
物
よ
!
 
オ
|
ッ
 
ホ
ホ
ホ
!
 
  
く
っ
て
よ
 °
そ
う
 
全
て
は
ネ
|
ム
ネ
|
ム
 
そ
し
て
こ
の
わ
た
  
 
ふ
ふ
っ
 
カ
ラ
|
シ
ェ
イ
ド
よ
 °
さ
っ
さ
と
や
っ
て
く
れ
て
よ
  


























   

  
の
胸
で
は
見
る
事
が
出
来
な
か
っ
た
綺
麗
な
谷
間
が
あ
っ
た
 °
  
を
自
分
の
谷
間
へ
と
移
動
す
る
と
 
そ
こ
に
は
B
カ
ッ
プ
の
自
分
  
 
京
香
は
音
が
聞
こ
え
る
と
こ
ろ
を
見
よ
う
と
ゆ
っ
く
り
と
視
線
  
  
 
え
っ
:
:
:
:
 °
キ
ャ
ッ
!
?
 
  
  
え
る
 °
  
熱
く
 
熱
く
火
照
っ
て
行
き
 
服
が
ビ
リ
ッ
と
破
れ
る
音
が
聞
こ
  
:
:
:
 
と
喘
ぎ
声
を
あ
げ
て
う
ず
く
ま
っ
て
い
た
 °
身
体
中
が
  
 
ド
ク
ン
 
ド
ク
ン
と
 
う
ず
く
ま
っ
て
い
る
と
 
あ
 
あ
ぁ
:
  
  
え
て
う
ず
く
ま
っ
て
い
た
 °
  
 
そ
う
言
っ
て
京
香
は
自
分
の
胸
元
を
 
B
カ
ッ
プ
の
胸
を
押
さ
  
  
 
い
 
い
や
:
:
:
:
あ
 
あ
ぁ
 
か
 
身
体
が
ぁ
 
熱
い
!
 
  
  
て
い
た
 °
  
筆
が
黄
に
染
ま
っ
て
そ
の
ま
ま
京
香
の
胸
元
に
色
で
塗
り
た
く
っ
  
 
カ
ラ
|
シ
ェ
イ
ド
が
絵
筆
の
腕
を
上
に
あ
げ
て
お
り
 
そ
の
絵
  


























   

  
  
た
か
と
思
う
と
剣
を
抜
い
て
 
そ
の
剣
を
振
る
う
 °
  
向
け
て
い
た
ラ
ス
ラ
|
だ
っ
た
が
 
い
き
な
り
真
剣
な
目
に
な
っ
  
 
と
 
今
ま
で
デ
レ
ッ
デ
レ
ッ
の
と
ろ
け
き
っ
た
よ
う
な
笑
顔
を
  
  
っ
!
 
ホ
ム
ラ
ち
ゃ
ん
!
 
  
 
流
石
 
俺
嫁
の
ホ
ム
ラ
ち
ゃ
ん
!
 
今
す
ぐ
準
備
を
:
:
:
:
  
で
も
し
ま
す
か
し
ら
?
 
  
 
良
い
悲
鳴
だ
わ
ぁ
 °
今
宵
は
 
ケ
|
キ
と
ジ
ュ
|
ス
で
晩
餐
会
  
 
あ
 
あ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
!
 
い
 
い
い
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
!
 
  
  
い
で
い
た
 °
  
が
 
そ
れ
で
も
身
体
が
ど
ん
ど
ん
と
膨
ら
ん
で
い
き
 
京
香
は
喘
  
身
体
が
悲
鳴
を
あ
げ
て
い
た
 °
そ
の
ま
ま
痛
む
身
体
を
押
さ
え
る
  
 
身
体
の
線
や
細
胞
を
無
理
矢
理
膨
ら
む
胸
に
着
い
て
行
け
ず
に
 
  
  
 
あ
 
あ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
!
 
  
  
痛
み
に
変
わ
る
 °
  
こ
に
驚
き
と
嬉
し
さ
を
感
じ
る
京
香
だ
っ
た
が
 
そ
れ
は
す
ぐ
に

   

  
 
そ
う
言
い
な
が
ら
 
ナ
ッ
ノ
は
白
い
ア
タ
ッ
シ
ュ
ケ
|
ス
を
開
  
  
|
ム
に
も
戻
る
気
は
な
い
 
  
 
残
念
な
が
ら
ボ
ク
が
君
の
下
に
居
る
気
は
な
い
し
 
ネ
|
ム
ネ
  
う
言
う
意
味
で
良
い
の
よ
ね
?
 
  
 
ナ
ッ
ノ
様
 
こ
の
女
王
様
ホ
ム
ラ
の
下
に
戻
る
気
は
な
い
 
  
う
と
ど
う
で
も
良
い
け
れ
ど
も
ね
 
  
ま
っ
 
ネ
|
ム
ネ
|
ム
を
抜
け
た
こ
の
ボ
ク
が
今
さ
ら
何
を
言
お
  
ク
の
方
が
作
戦
を
進
め
る
よ
う
に
指
示
を
出
し
た
と
か
:
:
:
:
 °
  
 
ま
さ
か
ボ
ク
が
居
な
い
内
に
 
文
明
者
エ
|
ジ
ェ
ン
ト
・
パ
ン
  
  
着
を
被
せ
る
 °
  
を
降
り
て
行
く
 °
ナ
ッ
ノ
の
隣
に
居
た
眠
田
佐
美
が
着
て
い
た
上
  
 
と
 
そ
う
言
っ
て
ナ
ッ
ノ
は
白
衣
を
翻
し
 
ト
コ
ト
コ
と
階
段
  
  
聞
こ
え
な
い
ね
 °
ス
パ
イ
ダ
|
・
ラ
ス
ラ
|
君
 
  
 
ふ
っ
 
普
通
に
防
い
で
お
い
て
何
を
言
わ
れ
て
も
嫌
味
に
し
か
  
ン
ト
・
ナ
ッ
ノ
様
 
  
場
合
に
よ
っ
て
は
許
し
ま
せ
ん
よ
:
:
:
:
 °
文
化
者
エ
|
ジ
ェ
  
 
:
:
:
:
威
力
は
弱
い
で
す
が
 
ホ
ム
ラ
ち
ゃ
ん
に
攻
撃
と
は

   

  
 
返
信
変
身
 
ギ
ガ
グ
リ
|
ン
!
 
  
  
佐
美
 °
  
 
そ
し
て
そ
の
ス
マ
ホ
の
下
部
に
付
け
ら
れ
た
ス
イ
ッ
チ
を
押
す
 
  
  
1
6
歳
!
 
|
|
|
|
|
|
そ
し
て
 
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
で
す
!
 
  
 
私
は
:
:
:
:
実
験
体
E
|
5
2
で
は
な
い
!
 
眠
田
佐
美
 
  
  
い
っ
 
と
佐
美
に
投
げ
る
 °
  
 
そ
う
言
い
な
が
ら
 
ナ
ッ
ノ
は
  
を
入
れ
た
ス
マ
ホ
を
ほ
  
  
じ
ゃ
な
い
か
 
  
ん
だ
よ
 °
だ
か
ら
 
ネ
|
ム
ネ
|
ム
と
は
離
反
さ
せ
て
も
ら
お
う
  
非
常
に
興
味
を
示
し
 
彼
ら
と
共
に
歩
み
寄
る
道
を
見
つ
け
た
い
  
究
し
て
い
た
 °
ボ
ク
は
そ
の
過
程
で
 
人
と
言
う
生
き
物
自
体
に
  
 
ボ
ク
は
文
化
の
使
徒
と
し
て
 
人
の
文
化
の
事
を
尊
敬
し
て
研
  
  
穴
に
  
の
メ
モ
リ
を
挿
入
す
る
 °
  
わ
っ
た
ス
マ
ホ
を
取
り
出
し
て
 
ス
マ
ホ
の
上
部
に
開
け
ら
れ
た
  
け
て
そ
こ
か
ら
  
と
書
か
れ
た
赤
い
メ
モ
リ
と
ち
ょ
っ
と
変

   

  
|
ま
で
持
ち
込
む
と
は
:
:
:
:
 °
こ
れ
は
文
明
者
エ
|
ジ
ェ
ン
  
 
文
化
者
エ
|
ジ
ェ
ン
ト
・
ナ
ッ
ノ
様
 °
ま
さ
か
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
  
  
る
と
 
ち
ょ
っ
と
残
念
そ
う
な
眼
で
ナ
ッ
ノ
の
事
を
見
て
い
た
 °
  
 
変
身
し
た
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
グ
リ
|
ン
を
溶
解
使
徒
ホ
ム
ラ
は
見
  
  
乳
場
!
 
  
 
緑
の
新
し
い
乳
戦
力
!
 
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
グ
リ
|
ン
 
華
麗
に
  
  
ッ
と
腰
に
装
着
さ
れ
る
 °
  
が
刻
み
こ
ま
れ
 
彼
女
の
腰
元
に
は
糸
が
入
っ
た
ケ
|
ス
が
ガ
シ
  
か
と
思
う
と
 
佐
美
の
頭
の
緑
の
ヘ
ル
メ
ッ
ト
に
  
の
文
字
  
の
ラ
イ
ン
を
強
調
す
る
か
の
よ
う
に
張
り
付
く
 °
小
さ
く
喘
い
だ
  
身
体
に
緑
色
の
ラ
イ
ダ
|
ス
|
ツ
が
装
着
さ
れ
 
ビ
シ
ッ
と
彼
女
  
身
体
が
ま
っ
白
い
光
に
包
ま
れ
る
 °
す
る
と
 
そ
の
ま
ま
彼
女
の
  
 
眠
田
佐
美
が
そ
う
言
っ
て
 
下
部
の
ボ
タ
ン
を
押
す
と
彼
女
の
  
  
 
返
信
変
身
 
ギ
ガ
グ
リ
|
ン
!
 
  
☆
  


























   

  
る
わ
 
  
か
ら
 
そ
ろ
そ
ろ
帰
ら
せ
て
貰
う
か
ら
 
後
は
ラ
ス
ラ
|
に
任
せ
  
い
わ
 °
人
が
戦
い
合
っ
て
い
る
姿
を
上
で
眺
め
て
い
る
タ
イ
プ
だ
  
 
:
:
:
:
面
倒
な
糸
ね
 °
ラ
ス
ラ
|
 
私
は
荒
事
担
当
じ
ゃ
な
  
  
で
い
く
 °
  
が
放
た
れ
る
 °
水
の
弓
矢
が
爆
破
に
よ
っ
て
そ
の
ま
ま
吹
っ
飛
ん
  
ウ
・
ギ
ガ
グ
リ
|
ン
は
衝
撃
を
与
え
る
と
 
糸
か
ら
爆
破
の
衝
撃
  
と
 
黒
い
糸
は
水
の
弓
矢
の
前
で
糸
を
絡
め
て
 
そ
の
糸
に
ニ
ュ
  
 
そ
う
言
っ
て
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
グ
リ
|
ン
は
腰
の
糸
を
取
り
出
す
  
  
 
バ
レ
ッ
ト
・
ヤ
|
ン
!
 
  
  
を
ホ
ム
ラ
は
射
る
 °
  
ラ
の
周
り
を
回
っ
て
水
の
弓
を
作
り
出
し
 
そ
の
ま
ま
水
の
弓
矢
  
 
ホ
ム
ラ
は
足
で
地
面
を
パ
ン
ッ
と
叩
く
と
 
水
が
現
れ
て
ホ
ム
  
  
ア
ク
ア
・
ア
ロ
|
!
 
  
前
に
:
:
:
:
そ
こ
の
グ
リ
|
ン
を
ぶ
っ
倒
し
て
お
き
ま
し
ょ
う
 °
  
ト
・
パ
ン
ク
様
に
報
告
し
な
い
と
い
け
な
い
わ
ね
 °
ま
っ
 
そ
の

   

  
  
を
取
り
出
し
て
そ
の
メ
モ
リ
を
上
部
に
差
し
込
む
 °
  
美
に
渡
し
た
の
と
同
じ
携
帯
を
1
つ
取
り
出
し
て
 
別
の
メ
モ
リ
  
 
ナ
ッ
ノ
は
白
い
ス
|
ツ
ケ
|
ス
を
開
け
て
 
そ
こ
か
ら
眠
田
佐
  
  
な
い
わ
よ
 °
ま
っ
 
軽
く
相
手
し
て
差
し
上
げ
ま
す
よ
 
  
・
ナ
ッ
ノ
様
が
止
め
ら
れ
る
と
思
っ
て
い
る
だ
な
ん
て
癪
で
し
か
  
 
|
|
|
|
|
|
ま
さ
か
 
ナ
イ
チ
チ
達
に
こ
の
エ
|
ジ
ェ
ン
ト
  
  
ッ
ノ
へ
と
向
か
っ
て
来
る
 °
  
 
そ
う
言
っ
て
カ
ラ
|
シ
ェ
イ
ド
と
ナ
イ
チ
チ
達
が
そ
の
ま
ま
ナ
  
  
 
分
か
り
ま
し
た
カ
ラ
!
 
ナ
イ
チ
チ
達
 
行
く
カ
ラ
!
 
  
|
ジ
ェ
ン
ト
・
ナ
ッ
ノ
を
捕
ら
え
ろ
!
 
  
 
ナ
イ
チ
チ
達
 
そ
れ
に
カ
ラ
|
シ
ェ
イ
ド
よ
!
 
命
令
だ
 
  
  
6
本
の
腕
で
6
本
の
剣
を
抜
い
て
い
た
 °
  
 
そ
う
言
っ
て
ホ
ム
ラ
は
消
え
て
 
ス
パ
イ
ダ
|
・
ラ
ス
ラ
|
は
  
  
 
お
任
せ
あ
れ
 
俺
嫁
の
ホ
ム
ラ
様
!
 










   

  
て
来
た
 °
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
グ
リ
|
ン
は
糸
を
使
っ
て
そ
れ
を
防
い
  
波
を
放
っ
て
 
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
グ
リ
|
ン
と
ナ
ッ
ノ
博
士
に
迫
っ
  
 
そ
し
て
ラ
ス
ラ
|
は
3
本
の
腕
を
動
か
し
て
3
本
の
剣
で
衝
撃
  
  
賊
狩
!
 
  
だ
 
こ
ん
な
の
は
簡
単
に
倒
せ
る
も
の
だ
!
 
三
刀
流
×
2
 
  
 
え
ぇ
い
!
 
何
を
し
て
る
ん
だ
 
カ
ラ
|
シ
ェ
イ
ド
!
 
命
令
  
  
ド
は
 
う
わ
っ
 
カ
ラ
!
 
と
そ
の
ま
ま
慌
て
ふ
た
め
い
て
い
た
 °
  
た
 °
突
き
出
す
と
携
帯
か
ら
銃
弾
が
発
射
さ
れ
 
カ
ラ
|
シ
ェ
イ
  
れ
替
え
た
ナ
ッ
ノ
は
そ
れ
を
カ
ラ
|
シ
ェ
イ
ド
に
突
き
出
し
て
い
  
 
携
帯
か
ら
メ
モ
リ
を
取
り
出
し
て
 
別
の
メ
モ
リ
を
さ
っ
と
入
  
  
 
バ
レ
ッ
ト
!
 
  
 
こ
れ
で
も
 
食
ら
う
カ
ラ
!
 
  
  
チ
チ
達
を
吹
き
飛
ば
す
 °
  
 
携
帯
を
前
に
突
き
出
す
と
大
き
な
パ
ン
チ
が
飛
び
出
し
 
ナ
イ
  
  
 
フ
ァ
イ
タ
|
!
 


















   

  
  
を
上
げ
て
ナ
ッ
ノ
に
攻
撃
し
よ
う
と
す
る
 °
  
 
カ
ラ
|
シ
ェ
イ
ド
は
そ
う
言
っ
て
 
黒
く
染
ま
っ
た
絵
筆
の
腕
  
  
黒
の
監
禁
の
色
で
ち
ょ
っ
と
捕
縛
さ
せ
て
い
た
だ
き
ま
す
カ
ラ
 
  
 
了
解
っ
て
カ
ラ
!
 
|
|
|
|
|
|
さ
ぁ
 
ナ
ッ
ノ
様
 °
こ
の
  
を
捧
げ
る
の
だ
!
 
  
ジ
ェ
ン
ト
・
ナ
ッ
ノ
を
捕
ま
え
る
の
だ
!
 
そ
し
て
俺
嫁
に
成
功
  
 
|
|
|
|
|
|
カ
ラ
|
シ
ェ
イ
ド
!
 
命
令
だ
 
今
す
ぐ
エ
|
  
 
ナ
ッ
ノ
博
士
!
 
  
 
く
っ
:
:
:
:
!
 
  
  
に
衝
撃
を
喰
ら
っ
て
い
た
 °
  
防
ご
う
と
し
て
い
た
 °
し
か
し
 
衝
撃
波
は
止
ま
ら
ず
に
ナ
ッ
ノ
  
 
ナ
ッ
ノ
は
そ
う
言
っ
て
携
帯
を
前
に
出
す
と
 
銃
弾
を
放
っ
て
  
  
 
ち
っ
!
 
  
 
:
:
:
:
!
 
博
士
!
 
  
  
だ
が
 























   

  
  
先
を
見
る
と
 
そ
こ
に
は
  
 
と
 
ナ
ッ
ノ
は
そ
う
言
い
な
が
ら
カ
ラ
|
シ
ェ
イ
ド
の
視
線
の
  
  
 
:
:
:
:
?
 
  
 
だ
 
誰
だ
カ
ラ
ッ
!
 
  
  
た
 °
  
 
す
る
と
 
カ
ラ
|
シ
ェ
イ
ド
は
黒
い
絵
筆
の
腕
を
押
さ
え
て
い
  
さ
を
想
え
た
ナ
ッ
ノ
は
眼
を
開
け
る
 °
  
か
し
 
い
つ
ま
で
立
っ
て
も
攻
撃
が
来
な
い
事
に
対
し
 
不
自
然
  
下
ろ
す
 °
ナ
ッ
ノ
は
そ
れ
に
対
し
眼
を
瞑
っ
て
攻
撃
を
待
つ
 °
  
 
と
 
そ
う
言
っ
て
カ
ラ
|
シ
ェ
イ
ド
は
黒
い
絵
筆
の
腕
を
振
り
  
  
が
と
う
ご
ざ
い
ま
す
 
カ
ラ
ッ
!
 
  
 
相
変
わ
ら
ず
 
悪
態
の
中
に
さ
り
気
な
い
ア
ド
バ
イ
ス
 
あ
り
  
の
攻
撃
な
ん
か
に
 
ボ
ク
は
何
も
後
悔
し
な
い
よ
 
  
る
な
ら
捕
ま
え
た
ま
え
 °
君
如
き
の
右
腕
に
隙
が
あ
る
よ
う
な
君
  
 
|
|
|
|
|
|
ふ
っ
 
実
験
体
C
|
6
5
 °
さ
っ
さ
と
捕
ま
え
  
 
最
後
に
言
い
残
す
事
は
あ
り
ま
せ
ん
カ
ラ
 
ナ
ッ
ノ
様
?
 


   

  
 
や
は
り
君
の
仕
業
だ
っ
た
か
|
|
|
|
|
|
沖
杉
留
子
 
  
  
と
呟
く
 °
  
さ
れ
た
ナ
ッ
ノ
は
 
崖
の
上
の
人
物
を
見
て
 
や
は
り
:
:
:
:
 
  
に
し
て
崖
の
上
に
跳
び
あ
が
っ
て
い
た
 °
そ
し
て
崖
の
上
で
降
ろ
  
跳
び
あ
が
る
 °
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
グ
リ
|
ン
も
ナ
ッ
ノ
を
追
う
よ
う
  
|
ス
を
持
っ
て
そ
の
ま
ま
高
身
長
の
メ
イ
ド
と
共
に
崖
の
上
へ
と
  
 
そ
う
言
っ
て
別
の
メ
イ
ド
が
神
納
京
香
と
白
い
ア
タ
ッ
シ
ュ
ケ
  
  
 
:
:
:
:
お
嬢
様
の
命
令
で
す
の
で
 
失
礼
 
  
 
な
っ
!
 
君
を
何
を
す
る
の
か
ね
!
 
  
  
交
い
絞
め
に
す
る
 °
  
ノ
の
背
後
に
現
れ
た
高
身
長
の
メ
イ
ド
が
ナ
ッ
ノ
を
後
ろ
か
ら
羽
  
 
そ
う
言
い
な
が
ら
キ
ョ
ト
ン
と
し
た
ナ
ッ
ノ
 
す
|
っ
と
ナ
ッ
  
  
 
ら
 
ラ
イ
フ
ル
?
 
  
☆
  
  
 
|
|
|
|
|
|
ラ
イ
フ
ル
を
持
っ
た
メ
イ
ド
の
姿
が
あ
っ
た
 °

   

  
彼
ら
と
ネ
|
ム
ネ
|
ム
の
戦
い
に
は
全
く
関
係
な
く
:
:
:
:
 
  
 
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
グ
リ
|
ン
 
彼
ら
を
糸
で
包
ん
で
置
き
な
さ
い
 °
  
ん
ま
り
褒
め
ら
れ
た
行
動
で
は
な
い
よ
 °
  
か
い
?
 
人
の
顔
を
見
な
が
ら
笑
う
な
ん
て
 
人
間
と
し
て
は
あ
  
 
:
:
:
:
君
達
 
人
の
顔
を
見
て
笑
う
っ
て
ど
う
言
う
事
な
の
  
  
リ
と
笑
う
 °
  
に
助
け
ら
れ
た
京
香
の
4
人
は
そ
ん
な
ナ
ッ
ノ
の
顔
を
見
て
ク
ス
  
ノ
 °
そ
の
顔
を
赤
ら
め
る
姿
を
見
て
留
子
 
桃
子
 
梨
花
 
さ
ら
  
言
っ
て
い
た
ち
ゃ
ん
付
け
に
顔
を
赤
ら
め
て
ど
ぎ
ま
ぎ
す
る
ナ
ッ
  
 
留
子
の
隣
に
居
た
桃
子
と
梨
花
の
2
人
が
そ
う
言
い
 
桃
子
が
  
  
 
ち
ゃ
 
ち
ゃ
ん
?
!
 
  
 
え
ぇ
 
私
も
居
ま
す
わ
よ
 °
ナ
ッ
ノ
さ
ん
 
  
 
私
も
居
る
よ
 
ナ
ッ
ノ
ち
ゃ
ん
!
 
  
  
留
子
は
そ
う
言
い
な
が
ら
笑
っ
て
い
た
 °
  
 
と
 
崖
の
上
に
て
メ
イ
ド
達
に
支
え
ら
れ
て
立
っ
て
い
る
沖
杉
  
  
 
え
ぇ
 
ち
ょ
っ
と
手
助
け
さ
せ
て
い
た
だ
き
ま
し
た
 




   

  
 
と
 
白
い
ア
タ
ッ
シ
ュ
ケ
|
ス
を
漁
る
京
香
を
叱
り
つ
け
て
こ
  
  
ク
の
ア
タ
ッ
シ
ュ
ケ
|
ス
を
漁
る
な
!
 
  
る
か
ら
止
め
た
方
が
良
い
と
:
:
:
:
っ
て
 
お
い
!
 
君
は
ボ
  
ヒ
|
ロ
|
物
の
よ
う
な
物
で
は
な
く
 
そ
こ
に
は
つ
ら
い
事
も
あ
  
 
き
 
君
達
:
:
:
:
 °
戦
い
た
い
っ
て
言
っ
て
も
 
テ
レ
ビ
の
  
  
て
行
く
 °
  
 
桃
子
と
梨
花
が
そ
う
言
い
 
力
強
い
瞳
で
ナ
ッ
ノ
に
詰
め
寄
っ
  
  
戦
い
た
い
と
く
ら
い
は
 
思
っ
て
ま
す
よ
 
  
 
|
|
|
|
|
|
お
姉
さ
ん
と
し
て
も
 
逃
げ
ま
ど
う
よ
り
か
は
  
惑
を
か
け
る
人
は
許
せ
な
い
し
!
 
  
戦
士
の
友
達
の
友
達
:
:
:
:
み
た
い
な
も
の
だ
し
!
 
人
に
迷
  
 
私
だ
っ
て
 
血
縁
的
に
は
ネ
|
ム
ネ
|
ム
と
し
て
戦
っ
た
青
の
  
  
ッ
ノ
の
手
を
掴
む
 °
  
 
と
 
そ
う
言
い
な
が
ら
桃
子
は
ナ
ッ
ノ
の
顔
の
前
に
出
て
 
  
  
 
関
係
な
く
な
い
よ
!
 
















   

  
の
ま
ま
メ
モ
リ
を
携
帯
の
上
部
に
入
れ
て
行
く
 °
  
し
て
梨
花
の
3
人
に
配
る
 °
4
人
は
メ
モ
リ
を
手
に
取
る
と
 
  
 
京
香
は
メ
モ
リ
と
携
帯
の
一
組
セ
ッ
ト
を
 
留
子
 
桃
子
 
  
  
た
ま
え
|
|
|
|
|
|
っ
て
 
君
達
!
 
  
手
に
入
れ
て
も
君
達
に
は
必
要
の
な
い
も
の
だ
よ
 °
さ
ぁ
 
返
し
  
う
な
ぁ
!
 
:
:
:
:
ま
 
ま
ぁ
 
使
い
方
を
知
ら
な
い
か
ら
 
  
 
き
 
君
ぃ
!
 
ボ
 
ボ
ク
の
大
切
な
我
が
子
を
そ
ん
な
手
で
扱
  
  
モ
リ
を
取
り
出
し
て
い
た
 °
  
 
と
 
京
香
は
そ
う
言
っ
て
ア
タ
ッ
シ
ュ
ケ
|
ス
か
ら
携
帯
と
メ
  
  
 
こ
れ
の
事
 
だ
ろ
う
?
 
  
う
か
ら
 
君
に
変
身
携
帯
シ
フ
ト
フ
ォ
ン
を
|
|
|
|
|
|
 
  
言
う
の
に
は
反
対
だ
っ
た
じ
ゃ
な
い
か
!
 
君
1
人
で
戦
う
と
言
  
だ
っ
て
 
ネ
|
ム
ネ
|
ム
の
戦
い
に
一
般
人
を
巻
き
込
ま
せ
る
と
  
 
お
い
 
佐
美
!
 
ど
う
し
て
ボ
ク
の
邪
魔
を
す
る
ん
だ
!
 
君
  
  
後
ろ
か
ら
羽
交
い
絞
め
に
す
る
 °
  
ら
し
め
よ
う
と
す
る
が
 
ナ
ッ
ノ
は
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
グ
リ
|
ン
が

   

  
 
:
:
:
:
私
は
こ
ん
な
に
お
っ
ぱ
い
が
大
き
い
か
ら
 
身
体
的
  
  
そ
う
強
く
言
う
 °
  
 
と
 
留
子
は
そ
の
メ
|
ト
ル
サ
イ
ズ
の
胸
を
押
さ
え
な
が
ら
 
  
  
 
:
:
:
:
こ
れ
は
私
の
 
私
達
の
 
選
択
 
で
す
 
  
  
 
そ
う
言
っ
て
ム
キ
|
と
怒
る
ナ
ッ
ノ
の
言
葉
に
対
し
て
 
  
  
 
全
く
!
 
  
だ
な
ん
て
 
バ
カ
や
ア
ホ
と
し
か
言
い
よ
う
が
な
い
も
の
だ
よ
!
  
止
め
ら
れ
な
い
ん
だ
ぞ
!
 
そ
ん
な
戦
地
と
言
う
火
に
飛
び
込
む
  
は
 
指
紋
認
証
と
か
の
生
体
認
証
が
あ
る
か
ら
 
止
め
た
く
て
も
  
彼
ら
の
変
身
を
止
め
た
ま
え
!
 
あ
の
携
帯
に
は
人
間
に
対
し
て
  
と
し
て
も
理
解
出
来
な
い
文
化
だ
よ
!
 
さ
ぁ
 
佐
美
!
 
早
く
  
自
ら
戦
地
に
飛
び
込
む
と
言
う
文
化
は
 
文
化
を
強
調
す
る
ボ
ク
  
 
|
|
|
|
ッ
!
 
き
 
君
達
は
何
を
考
え
て
い
る
ん
だ
い
!
 
  
の
で
彼
ら
も
変
身
出
来
ま
す
よ
?
 
  
 
:
:
:
:
ナ
ッ
ノ
博
士
 
私
が
変
身
す
る
シ
|
ン
を
見
て
い
た
  


























   

  
 
:
:
:
:
ボ
ク
は
も
う
止
め
る
の
に
疲
れ
た
 °
後
は
任
せ
る
よ
 
  
  
見
て
 
 
は
|
:
:
:
:
 
と
ナ
ッ
ノ
は
溜
め
息
を
吐
く
 °
  
え
る
4
人
と
自
分
か
ら
手
を
放
し
た
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
グ
リ
|
ン
を
  
 
携
帯
の
上
部
に
メ
モ
リ
を
入
れ
て
 
下
部
の
ボ
タ
ン
に
手
を
添
  
  
 
フ
ロ
|
ラ
!
 
  
こ
こ
で
果
た
し
ま
す
!
 
  
 
私
は
ネ
|
ム
ネ
|
ム
に
襲
わ
れ
て
 
助
か
っ
た
 °
そ
の
恩
を
今
  
  
 
バ
ブ
ル
!
 
  
私
が
尊
敬
す
る
あ
の
女
性
だ
っ
た
ら
違
う
わ
ね
 
  
 
こ
こ
で
引
き
下
が
る
の
は
 
女
じ
ゃ
な
い
わ
 °
少
な
く
と
も
 
  
  
 
バ
レ
ッ
ト
!
 
  
 
私
も
!
 
ネ
|
ム
ネ
|
ム
を
倒
す
!
 
そ
れ
が
私
の
 
選
択
 
!
 
  
  
 
フ
ァ
イ
タ
|
!
 
  
助
け
を
求
め
る
人
に
対
し
て
 
私
は
 
立
ち
止
ま
り
は
し
な
い
!
 
  
に
は
健
康
だ
け
れ
ど
も
 
動
け
な
い
事
が
多
い
わ
 °
だ
か
ら
こ
そ
 

   

  
  
ル
メ
ッ
ト
を
被
る
 °
  
は
  
と
書
か
れ
た
黒
い
ヘ
ル
メ
ッ
ト
と
 
そ
の
ま
ま
頭
に
ヘ
  
ッ
ト
 
京
香
は
  
と
書
か
れ
た
黄
色
い
ヘ
ル
メ
ッ
ト
 
梨
花
  
赤
い
ヘ
ル
メ
ッ
ト
 
桃
子
は
  
と
書
か
れ
た
桃
色
の
ヘ
ル
メ
  
ダ
|
ス
|
ツ
に
身
を
包
ん
で
お
り
 
留
子
は
  
と
書
か
れ
た
  
身
体
に
変
わ
る
 °
そ
し
て
4
人
の
身
体
が
そ
れ
ぞ
れ
別
色
の
ラ
イ
  
大
人
び
た
身
体
へ
と
成
長
し
 
逆
に
梨
花
の
身
体
は
子
供
じ
み
た
  
 
4
人
の
身
体
が
真
っ
白
な
光
に
包
み
込
ま
れ
 
桃
子
の
身
体
が
  
  
 
と
 
そ
う
言
っ
て
4
人
揃
っ
て
ボ
タ
ン
を
押
す
 °
  
  
 
返
信
変
身
 
ギ
ガ
ブ
ラ
ッ
ク
!
 
  
 
返
信
変
身
 
ギ
ガ
イ
エ
ロ
|
!
 
  
 
返
信
変
身
 
ギ
ガ
ピ
ン
ク
!
 
  
 
返
信
変
身
 
ギ
ガ
レ
ッ
ド
!
 
  
  
て
行
っ
た
 °
4
人
は
顔
を
見
合
わ
せ
 
ボ
タ
ン
を
押
す
 °
  
 
そ
う
言
っ
て
 
ナ
ッ
ノ
は
そ
の
ま
ま
崖
か
ら
飛
び
降
り
て
消
え
  


























   

  
5
人
の
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
へ
と
向
か
っ
て
い
く
 °
  
 
ラ
ス
ラ
|
が
そ
う
言
う
と
 
そ
の
ま
ま
ナ
イ
チ
チ
達
が
現
れ
 
  
  
行
け
!
 
  
め
し
て
我
の
ハ
|
レ
ム
メ
ン
バ
|
に
入
れ
置
こ
う
 °
ナ
イ
チ
チ
達
 
  
 
俺
の
嫁
の
ホ
ム
ラ
ち
ゃ
ん
に
は
劣
る
が
 
あ
い
つ
ら
も
叩
き
の
  
て
い
な
い
メ
ン
バ
|
だ
カ
ラ
!
 
  
 
赤
 
桃
 
黄
 
緑
に
黒
!
?
 
な
ん
て
言
う
 
色
取
り
が
揃
っ
  
☆
  
  
 
と
 
4
人
は
そ
れ
ぞ
れ
の
武
器
を
準
備
し
て
い
た
 °
  
  
乳
場
!
 
  
 
黒
の
新
し
い
乳
戦
力
!
 
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
ブ
ラ
ッ
ク
 
華
麗
に
  
乳
場
!
 
  
 
黄
の
新
し
い
乳
戦
力
!
 
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
イ
エ
ロ
|
 
華
麗
に
  
ゅ
う
 
じ
ょ
う
♥
 
  
 
桃
の
新
し
い
乳
戦
力
♥
 
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
ピ
ン
ク
 
華
麗
に
に
  
場
!
 
  
 
赤
の
新
し
い
乳
戦
力
!
 
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
レ
ッ
ド
 
華
麗
に
乳

   

  
  
 
こ
れ
は
:
:
:
:
こ
う
か
!
 
  
  
イ
チ
チ
達
を
包
み
込
ん
で
黒
焦
げ
に
な
っ
て
し
ま
っ
て
い
た
 °
  
ナ
イ
チ
チ
達
に
赤
い
手
が
ぶ
つ
か
る
と
 
物
凄
い
火
炎
の
波
が
ナ
  
た
ナ
イ
チ
チ
達
に
 
燃
え
あ
が
る
そ
の
赤
い
手
を
ぶ
つ
け
ら
れ
る
 °
  
 
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
レ
ッ
ド
は
黒
い
糸
で
逃
げ
ら
れ
な
い
よ
う
に
し
  
  
 
ヒ
|
ト
ハ
ン
ド
・
ア
タ
ッ
ク
!
 
  
  
て
い
た
が
 
い
き
な
り
黒
い
糸
で
ナ
イ
チ
チ
達
を
包
ん
で
行
く
 °
  
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
レ
ッ
ド
の
攻
撃
に
対
し
て
避
け
て
攻
め
よ
う
と
し
  
ま
ま
そ
の
手
を
振
り
か
ぶ
る
 °
ナ
イ
チ
チ
達
は
そ
の
ゆ
っ
く
り
な
  
る
と
 
赤
い
右
腕
が
マ
グ
マ
の
よ
う
に
紅
く
燃
え
上
が
る
と
そ
の
  
 
と
 
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
レ
ッ
ド
は
そ
う
言
い
な
が
ら
右
腕
を
構
え
  
  
ハ
ン
ド
!
 
  
 
ま
ず
は
効
果
を
確
認
し
ま
し
ょ
う
!
 
|
|
|
|
|
|
ヒ
|
ト
  
 
ナ
イ
チ
|
チ
!
 
  


























   

  
チ
チ
達
を
撃
破
す
る
 °
  
し
て
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
ピ
ン
ク
が
空
気
を
溜
め
た
弾
を
放
ち
 
ナ
イ
  
 
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
ブ
ラ
ッ
ク
は
杖
か
ら
黒
い
シ
ャ
ボ
ン
玉
を
 
  
  
 
エ
ア
・
シ
ュ
|
 
タ
|
♥
 
  
 
ブ
ラ
ッ
ク
バ
ブ
ル
 
  
  
交
わ
す
 °
  
ュ
ウ
・
ギ
ガ
ピ
ン
ク
が
桃
色
の
派
手
な
拳
銃
の
銃
口
に
口
付
け
を
  
杖
を
構
え
 
大
人
び
た
エ
ロ
テ
ッ
ィ
ク
な
お
姉
さ
ん
キ
ャ
ラ
の
ニ
  
状
態
と
な
っ
た
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
ブ
ラ
ッ
ク
が
先
端
が
丸
く
な
っ
た
  
 
長
身
爆
乳
の
少
女
だ
っ
た
の
に
胸
だ
け
は
縮
ま
ず
に
ロ
リ
超
乳
  
  
 
は
ぁ
い
♥
 
わ
た
し
に
お
・
ま
・
か
・
せ
♥
 
  
 
行
く
わ
よ
 
ピ
ン
ク
!
 
  
  
飛
び
出
し
て
ナ
イ
チ
チ
達
が
吹
き
飛
ぶ
 °
  
入
っ
て
行
き
 
ナ
イ
チ
チ
達
の
集
団
に
巨
大
な
木
刀
が
地
面
か
ら
  
突
き
刺
す
 °
す
る
と
 
木
刀
が
根
を
張
る
よ
う
に
地
面
の
中
へ
と
  
 
と
 
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
イ
エ
ロ
|
は
持
っ
て
い
た
木
刀
を
地
面
に

   

  
ラ
!
 
喰
ら
う
カ
ラ
 
灼
熱
の
赤
!
 
  
 
ヒ
|
ト
ア
ッ
プ
し
て
い
る
状
態
な
ら
ば
 
今
が
チ
ャ
ン
ス
だ
カ
  
  
を
赤
色
に
変
え
た
 °
  
白
い
煙
が
出
て
来
る
の
を
見
て
 
カ
ラ
|
シ
ェ
イ
ド
は
絵
筆
の
腕
  
 
と
 
そ
の
よ
う
な
警
告
音
が
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
レ
ッ
ド
の
身
体
が
  
  
 
|
|
|
|
ギ
ガ
レ
ッ
ド
 
H
e
a
t
!
 
U
p
!
 
  
  
く
 °
  
ま
ヒ
|
ト
ハ
ン
ド
の
中
に
ラ
ス
ラ
|
の
火
炎
が
 
熱
が
入
っ
て
行
  
ま
そ
の
火
炎
に
ヒ
|
ト
ハ
ン
ド
を
か
ざ
す
 °
か
ざ
す
と
 
そ
の
ま
  
か
し
 
さ
っ
と
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
レ
ッ
ド
が
前
に
出
る
と
 
そ
の
ま
  
そ
し
て
そ
の
火
炎
を
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
へ
と
放
つ
 °
  
ち
4
つ
の
眼
を
閉
じ
る
と
 
彼
女
の
周
り
に
火
炎
が
生
ま
れ
る
 °
  
 
ラ
ス
ラ
|
は
剣
を
鞘
に
収
め
 
蜘
蛛
の
よ
う
な
6
つ
の
眼
の
う
  
  
は
な
い
!
 
命
令
だ
 
撃
破
す
る
!
 
発
火
・
パ
イ
ロ
キ
ネ
シ
ス
!
 
  
 
己
|
!
 
可
愛
い
娘
だ
か
ら
と
言
っ
て
 
攻
撃
出
来
な
い
訳
で
  


























   

  
の
超
乳
を
乗
せ
て
 
そ
の
ま
ま
変
身
携
帯
シ
フ
ト
フ
ォ
ン
を
操
作
  
 
跳
ば
さ
れ
た
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
レ
ッ
ド
は
カ
ラ
|
シ
ェ
イ
ド
に
そ
  
  
 
い
ち
か
 
ば
ち
か
!
 
  
  
慣
れ
た
手
つ
き
の
ま
ま
カ
ラ
|
シ
ェ
イ
ド
に
向
け
て
飛
ば
す
 °
  
と
言
っ
て
彼
女
の
身
体
を
数
人
が
か
り
で
持
ち
上
げ
 
そ
の
ま
ま
  
 
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
レ
ッ
ド
が
そ
う
言
う
と
 
メ
イ
ド
達
が
 
は
い
!
 
  
  
 
う
 
う
う
っ
:
:
:
:
お
前
達
!
 
  
 
了
解
っ
て
カ
ラ
!
 
  
ェ
イ
ド
 
や
っ
て
し
ま
え
!
 
  
達
に
は
悪
い
け
れ
ど
も
 
こ
れ
も
命
令
だ
か
ら
ね
!
 
カ
ラ
|
シ
  
 
金
縛
り
・
バ
イ
ン
ド
!
 
俺
の
嫁
に
な
る
た
め
に
生
ま
れ
た
君
  
  
よ
う
と
す
る
が
 
身
体
が
動
け
な
い
 °
  
ツ
が
音
を
立
て
て
破
れ
は
じ
め
る
 °
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
達
も
助
け
  
絵
筆
の
腕
で
塗
り
た
く
る
 °
ビ
リ
ビ
リ
と
彼
女
の
ラ
イ
ダ
|
ス
|
  
 
そ
う
言
っ
て
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
レ
ッ
ド
に
物
凄
い
勢
い
で
 
赤
い
  


























   

  
  
る
 °
  
 
ボ
ン
ッ
と
小
さ
な
音
が
 
彼
女
の
胸
の
谷
間
の
中
か
ら
聞
こ
え
  
  
が
カ
ラ
|
シ
ェ
イ
ド
を
押
し
潰
し
 
そ
し
て
  
こ
に
も
逃
げ
場
が
な
く
て
 
ギ
ュ
ギ
ュ
ッ
と
胸
の
プ
レ
ッ
シ
ャ
|
  
 
大
き
す
ぎ
て
谷
間
の
中
 
人
体
の
一
か
所
だ
と
言
う
の
に
 
  
し
よ
う
と
し
た
が
 
そ
れ
は
ま
さ
に
未
知
の
重
圧
 
い
や
乳
圧
!
  
 
カ
ラ
|
シ
ェ
イ
ド
は
そ
う
言
っ
て
ど
う
に
か
し
て
呼
吸
を
確
保
  
  
 
ム
グ
ッ
!
 
ブ
|
!
 
ブ
|
!
 
  
  
な
乳
へ
と
変
わ
っ
て
そ
の
ま
ま
カ
ラ
|
シ
ェ
イ
ド
を
押
し
つ
ぶ
す
 °
  
ズ
ま
で
に
押
し
止
め
て
い
た
胸
が
 
メ
|
ト
ル
サ
イ
ズ
の
超
巨
大
  
杉
留
子
へ
と
姿
を
戻
す
 °
と
 
す
る
と
変
身
し
た
際
に
超
乳
サ
イ
  
 
そ
し
て
そ
の
ま
ま
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
レ
ッ
ド
は
変
身
を
解
き
 
  
  
 
変
身
解
除
!
 
奥
儀
 
ギ
ガ
プ
レ
ッ
シ
ャ
|
!
 
  
  
す
る
 °























   

  
げ
つ
∨
救
出
完
了
 
っ
と
 
  
 
実
験
体
C
|
6
5
 
ペ
イ
ン
ト
 
 
絵
筆
水
月
∧
え
ふ
で
す
い
  
  
谷
間
の
中
か
ら
眼
を
回
し
た
1
人
の
少
女
を
助
け
出
す
 °
  
し
く
す
ぐ
っ
た
い
よ
う
な
 
も
ど
か
し
い
様
を
考
え
て
い
る
内
に
 
  
来
た
か
と
思
う
と
 
留
子
の
谷
間
の
中
に
入
り
込
み
 
彼
女
が
少
  
 
ナ
ッ
ノ
の
持
つ
シ
フ
ト
フ
ォ
ン
か
ら
透
明
な
腕
が
何
本
も
出
て
  
  
 
レ
ス
キ
ュ
|
!
 
  
  
向
け
る
 °
  
か
れ
た
メ
モ
リ
を
差
し
込
ん
で
 
そ
の
携
帯
を
留
子
の
谷
間
へ
と
  
 
そ
う
言
っ
て
 
ナ
ッ
ノ
が
別
の
シ
フ
ト
フ
ォ
ン
に
  
と
書
  
  
 
お
っ
と
 
忘
れ
る
所
だ
っ
た
ね
 
  
  
 
そ
う
言
っ
て
 
ス
パ
イ
ダ
|
・
ラ
ス
ラ
|
も
消
え
去
る
 °
  
  
ら
な
!
 
  
 
お
 
己
ぇ
!
 
今
度
こ
そ
 
絶
対
に
俺
の
嫁
に
加
え
て
や
る
か

   

  
 
ナ
ッ
ノ
博
士
 
こ
こ
は
ど
う
な
る
ん
で
す
か
?
 
  
  
な
乳
を
披
露
す
る
宮
下
桃
子
 °
そ
し
て
|
|
|
|
|
|
  
留
子
 °
笑
顔
で
笑
い
な
が
ら
 
ロ
リ
体
型
に
は
似
合
わ
な
い
巨
大
  
ど
の
超
特
大
乳
と
オ
|
ダ
|
メ
イ
ド
の
制
服
に
身
を
包
ん
だ
沖
杉
  
 
そ
こ
に
は
高
校
生
と
し
て
 
い
や
人
と
し
て
は
あ
り
得
な
い
ほ
  
言
い
な
が
ら
周
り
を
見
る
 °
  
 
と
 
学
生
服
の
上
に
白
衣
を
羽
織
っ
た
格
好
の
ナ
ッ
ノ
が
そ
う
  
  
 
:
:
:
:
で
 
ど
う
し
て
ボ
ク
が
こ
ん
な
と
こ
ろ
に
 
  
☆
  
  
は
ど
こ
か
嬉
し
そ
う
で
あ
っ
た
 °
  
 
い
つ
も
の
よ
う
に
悪
態
を
吐
く
ナ
ッ
ノ
で
あ
っ
た
が
 
そ
の
顔
  
  
 
:
:
:
:
ボ
ク
は
ど
う
な
っ
て
も
知
ら
な
い
か
ら
ね
 
  
  
の
5
人
は
喜
び
を
分
か
ち
合
う
の
で
あ
っ
た
 °
  
 
ナ
ッ
ノ
が
そ
う
言
っ
て
 
初
め
て
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
  


























   

  
 
ふ
ふ
ん
 
と
文
字
通
り
胸
を
張
る
留
子
に
 
頭
を
痛
く
す
る
ナ
  
  
な
い
ん
だ
か
ら
!
 
  
 
な
に
せ
 
私
の
ブ
ラ
ジ
ャ
|
が
1
週
間
し
て
も
ギ
シ
リ
と
も
し
  
 
あ
ら
?
 
あ
な
た
の
ブ
ラ
ジ
ャ
|
は
本
当
に
素
晴
ら
し
い
わ
よ
!
  
ん
か
を
作
っ
て
い
る
ん
だ
か
 
  
 
:
:
:
:
と
言
う
か
 
ど
う
し
て
こ
の
ボ
ク
が
ブ
ラ
ジ
ャ
|
な
  
  
た
め
に
断
り
き
れ
な
か
っ
た
 °
  
し
て
興
味
が
な
か
っ
た
が
 
既
に
外
堀
を
埋
め
ら
れ
て
し
ま
っ
た
  
の
転
入
が
決
ま
っ
た
の
だ
 °
正
直
 
ナ
ッ
ノ
は
学
生
生
活
に
は
さ
  
学
園
の
筆
頭
出
資
者
だ
っ
た
事
か
ら
 
ナ
ッ
ノ
博
士
と
眠
田
佐
美
  
が
こ
の
紫
峰
学
園
の
生
徒
会
長
で
あ
っ
た
事
と
 
沖
杉
家
が
こ
の
  
 
ど
う
も
あ
の
時
助
け
た
神
納
京
香
 
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
イ
エ
ロ
|
  
  
姿
が
あ
っ
た
 °
  
 
と
 
美
し
い
高
身
長
の
超
乳
美
少
女
女
子
高
生
 
眠
田
佐
美
の
  
  
佐
美
 
  
 
そ
こ
は
こ
こ
の
X
を
代
入
す
れ
ば
 
簡
単
に
解
け
る
よ
 °
眠
田

   

  
中
に
は
大
き
な
何
色
も
の
絵
の
具
を
背
負
っ
て
る
瞳
が
色
鉛
筆
に
  
外
見
;
全
身
を
七
色
の
髪
と
七
色
の
コ
|
ト
 
両
腕
は
絵
筆
 °
  
で
す
い
げ
つ
∨
  
使
用
体
;
実
験
体
C
|
6
5
 
ペ
イ
ン
ト
 
 
絵
筆
水
月
∧
え
ふ
  
所
属
区
分
;
溶
解
使
徒
ホ
ム
ラ
の
配
下
  
○
ユ
シ
|
・
カ
ラ
|
シ
ェ
イ
ド
  
ユ
シ
|
モ
ン
ス
タ
|
N
o
 
  
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
  
  
ラ
ジ
ャ
|
作
り
を
進
め
る
の
で
あ
っ
た
 °
  
笑
顔
を
見
る
と
 
ま
ぁ
 
良
い
か
 
と
言
い
な
が
ら
ナ
ッ
ノ
は
ブ
  
|
ジ
ェ
ン
ト
・
ナ
ッ
ノ
が
そ
の
ま
ま
頭
を
抱
え
な
が
ら
 
佐
美
の
  
 
ネ
|
ム
ネ
|
ム
界
外
支
部
の
二
大
首
領
の
一
人
の
 
文
化
者
エ
  
  
を
さ
せ
ら
れ
て
い
る
と
言
う
訳
と
言
う
事
で
あ
る
 °
  
女
性
達
に
い
た
く
気
に
入
ら
れ
た
ら
し
く
 
こ
う
し
て
次
の
発
注
  
∧
る
な
∨
 
妹
は
瑠
音
∧
る
ね
∨
と
言
っ
た
沖
杉
家
の
超
特
大
乳
  
ャ
|
は
留
子
だ
け
で
な
く
 
母
の
瑠
乃
∧
る
の
∨
 
姉
の
瑠
奈
  
 
ど
う
や
ら
ナ
ッ
ノ
が
軽
い
気
持
ち
で
作
っ
た
あ
の
特
注
ブ
ラ
ジ
  
ッ
ノ
 °























   

  
 
次
回
も
大
き
な
胸
を
楽
し
み
に
し
て
く
だ
さ
い
ね
|
♥
 
B
y
  
  
イ
ド
?
!
 
  
 
大
き
く
な
い
け
ど
恥
ず
か
し
く
な
い
も
ん
!
 
進
化
す
る
シ
ェ
  
次
回
 
超
乳
戦
隊
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
 
第
2
パ
イ
!
  
そ
ん
な
中
 
現
れ
た
敵
の
姿
が
|
|
|
|
|
|
!
?
  
配
事
は
尽
き
な
い
 °
  
元
々
は
そ
ん
な
に
大
き
な
胸
だ
っ
た
訳
で
は
な
い
神
納
京
香
の
心
  
を
深
め
 
皆
で
ネ
|
ム
ネ
|
ム
を
倒
そ
う
と
す
る
事
に
決
め
た
が
 
  
超
乳
戦
隊
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
と
な
っ
た
沖
杉
留
子
達
5
人
 °
結
束
  
次
回
予
告
!
  
  
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
  
|
ン
っ
て
な
ん
だ
?
 
B
y
;
文
化
者
エ
|
ジ
ェ
ン
ト
・
ナ
ッ
ノ
  
は
パ
ッ
シ
ョ
ン
グ
リ
|
ン
ら
し
い
が
:
:
:
:
パ
ッ
シ
ョ
ン
グ
リ
  
効
果
を
発
揮
す
る
 °
好
き
な
色
は
レ
モ
ン
イ
エ
ロ
|
 
嫌
い
な
色
  
と
に
特
殊
な
力
を
持
っ
て
お
り
 
他
人
や
物
に
塗
り
つ
け
る
事
で
  
赤
い
色
は
灼
熱
 
青
い
色
は
冷
凍
 
黒
い
色
は
監
獄
な
ど
と
色
ご
  
所
見
;
色
を
操
る
力
を
手
に
入
れ
た
ユ
シ
|
モ
ン
ス
タ
|
の
1
人
 °
  
な
っ
て
い
る
 °




















   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
;
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
ピ
ン
ク
















  > ≫