偽
り
 
騙
し
て
い
く
か
も
大
切
に
な
っ
て
き
て
お
り
 
人
付
き
合
  
 
人
付
き
合
い
に
必
要
な
の
は
い
か
に
自
分
と
い
う
存
在
を
隠
し
 
  
る
 °
  
と
す
い
∨
は
そ
う
考
え
て
い
る
 °
い
や
 
そ
う
思
っ
て
生
き
て
い
  
が
あ
る
と
 
愛
詩
荘
1
0
4
号
室
の
住
人
 
狐
里
水
∧
き
つ
ね
ざ
  
 
人
付
き
合
い
の
さ
い
に
は
仮
面
を
被
っ
て
接
す
る
と
い
う
言
葉
  
第
7
話
・
 
狐
里
水
は
お
し
ろ
い
を
取
っ
て
み
る
 
  
  
よ
う
と
し
て
い
た
 °
  
 
そ
し
て
今
こ
の
場
で
も
 
愛
詩
荘
の
一
部
屋
で
も
恋
が
生
ま
れ
  
と
普
通
の
人
間
的
な
物
と
は
違
っ
て
い
て
:
:
:
:
 °
  
生
ま
れ
や
す
い
と
言
う
事
で
あ
る
 °
し
か
も
そ
の
恋
愛
が
ち
ょ
っ
  
に
は
ち
ょ
っ
と
し
た
ジ
ン
ク
ス
的
な
物
が
あ
る
 °
そ
れ
は
恋
愛
が
  
た
古
ぼ
け
た
賃
貸
ア
パ
|
ト
な
の
だ
け
れ
ど
も
 
こ
の
ア
パ
|
ト
  
2
階
建
て
 
月
給
4
万
円
で
3
L
D
K
の
間
取
り
の
ち
ょ
っ
と
し
  
 
ア
パ
|
ト
 
 
愛
詩
荘
∧
ア
イ
シ
ソ
ウ
∨
 
 °
1
階
4
部
屋
の
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
て
み
る
 
  
恋
愛
悪
魔
の
ア
パ
|
ト
 
第
7
話
 
狐
里
水
は
お
し
ろ
い
を
取
っ

≪ <  

  
あ
の
日
を
 
桜
が
舞
う
あ
の
日
を
迎
え
る
ま
で
は
 °
  
い
う
生
き
方
を
続
け
て
い
く
ん
だ
と
狐
里
水
は
そ
う
考
え
て
い
た
 °
  
あ
っ
た
 °
こ
れ
か
ら
も
そ
う
で
あ
っ
て
 
こ
れ
か
ら
ず
っ
と
そ
う
  
合
う
趣
味
を
そ
の
場
で
作
り
出
す
演
劇
人
間
 
そ
れ
が
狐
里
水
で
  
 
何
も
好
き
に
な
ら
ず
 
何
も
嫌
い
に
な
ら
ず
 °
た
だ
そ
の
役
に
  
  
て
い
る
よ
う
な
生
活
を
送
る
の
が
狐
里
水
と
い
う
人
間
で
あ
る
 °
  
う
な
時
に
よ
う
や
く
役
も
何
も
捨
て
て
た
だ
ぼ
ん
や
り
と
過
ご
し
  
 
 
素
顔
 
と
い
う
所
で
も
役
も
演
じ
て
 
家
で
一
人
で
い
る
よ
  
常
に
行
っ
て
い
る
よ
う
な
人
間
だ
っ
た
 °
  
背
を
見
て
育
っ
て
い
て
 
と
に
か
く
何
か
を
演
じ
る
と
い
う
事
を
  
だ
と
思
う
け
れ
ど
も
 
狐
里
水
は
子
供
の
頃
か
ら
父
親
と
母
親
の
  
が
自
分
を
偽
っ
て
役
を
演
じ
る
女
優
だ
と
い
う
事
も
理
由
の
一
因
  
 
父
親
が
他
人
を
騙
し
て
喜
び
を
集
め
る
マ
ジ
シ
ャ
ン
で
 
母
親
  
一
倍
得
意
な
人
間
で
あ
っ
た
 °
  
 
狐
里
水
は
自
分
を
偽
り
 
他
人
を
騙
し
 
本
性
を
隠
す
の
が
人
  
  
き
合
い
を
す
る
人
間
な
ん
て
多
く
居
る
 °
  
は
あ
る
が
自
分
を
偽
り
 
他
人
を
騙
し
て
 
本
性
を
隠
し
て
人
付
  
い
で
何
も
か
も
さ
ら
け
出
す
人
間
な
ん
て
居
な
い
 °
あ
る
程
度
で

   

  
  
し
た
よ
 
  
 
イ
エ
ス
!
 
イ
ル
ル
・
シ
ュ
|
ベ
ル
ト
 
た
だ
い
ま
帰
還
し
ま
  
 
あ
っ
 
え
っ
と
:
:
:
:
イ
ル
ル
さ
ん
?
 
  
本
だ
と
こ
ん
ば
ん
は
で
し
た
っ
け
?
 
  
 
:
:
:
:
や
ぁ
 
狐
里
水
さ
ん
 °
夕
方
で
す
か
ら
:
:
:
:
日
  
  
人
形
な
の
だ
か
ら
 °
  
せ
 
狐
里
水
は
何
も
考
え
ず
に
 
役
に
な
り
き
る
だ
け
の
た
だ
の
  
は
な
い
 °
自
分
は
そ
ん
な
想
い
を
持
っ
て
は
い
け
な
い
と
 °
な
に
  
す
ぐ
に
心
を
冷
た
く
否
定
し
て
い
た
 °
自
分
は
そ
う
言
う
人
間
で
  
 
し
か
し
心
が
温
か
く
な
る
と
共
に
 
狐
里
水
は
そ
の
気
持
ち
を
  
る
気
が
す
る
 °
  
と
狐
里
水
の
役
者
と
い
う
仮
面
の
下
か
ら
心
が
温
か
く
な
っ
て
い
  
1
0
2
号
室
に
引
っ
越
し
て
き
た
九
島
玲
人
 
彼
の
事
を
考
え
る
  
生
と
い
う
体
で
 
狐
里
水
は
愛
詩
荘
の
帰
り
道
を
歩
い
て
い
た
 °
  
 
と
 
そ
れ
ら
し
く
考
え
込
ん
で
い
る
思
春
期
を
迎
え
た
女
子
高
  
  
 
:
:
:
:
は
ぁ
|
 
  


























   

  
全
部
試
し
た
狐
里
水
が
言
う
の
も
ど
う
か
と
い
う
話
だ
が
 
と
も
  
れ
た
風
船
み
た
い
に
膨
れ
上
が
る
眼
帯
な
ど
様
々
あ
っ
た
 °
ま
ぁ
 
  
か
言
え
な
く
な
る
手
袋
 
酷
い
物
だ
と
使
う
と
左
手
が
空
気
を
入
  
あ
る
 °
付
け
た
ら
黒
い
炎
を
身
に
纏
う
髪
飾
り
と
か
 
ニ
ャ
ッ
し
  
は
ハ
ッ
キ
リ
言
っ
て
 
狐
里
水
に
と
っ
て
は
謎
の
商
品
ば
か
り
で
  
イ
ル
ル
の
商
品
を
受
け
取
る
 °
イ
ル
ル
・
シ
ュ
ナ
イ
ゼ
ル
の
商
品
  
 
と
 
戸
惑
う
よ
う
な
感
じ
の
役
作
り
を
し
な
が
ら
 
狐
里
水
は
  
  
 
は
 
は
ぁ
:
:
:
:
 
  
お
い
て
よ
 
  
 
そ
う
だ
 
狐
里
水
さ
ん
 °
こ
れ
 
放
浪
の
お
土
産
ね
 °
貰
っ
て
  
  
入
っ
た
薬
瓶
を
取
り
出
す
 °
  
う
な
顔
を
す
る
と
背
中
に
背
負
っ
た
風
呂
敷
か
ら
紫
色
の
液
体
が
  
 
狐
里
水
は
ペ
コ
リ
と
頭
を
下
げ
る
と
 
イ
ル
ル
は
納
得
し
た
よ
  
帰
っ
て
来
て
 
フ
ラ
リ
と
現
れ
る
の
で
あ
る
 °
  
し
て
 
1
年
の
ほ
と
ん
ど
を
ど
こ
か
で
放
浪
し
て
い
る
彼
は
時
折
  
男
性
 
イ
ル
ル
・
シ
ュ
|
ベ
ル
ト
 °
自
称
 
宇
宙
の
死
神
 
と
称
  
い
マ
ン
ト
を
羽
織
っ
た
長
身
痩
躯
の
2
0
3
号
室
の
住
人
で
あ
る
  
 
と
 
狐
里
水
の
目
の
前
に
現
れ
た
の
は
般
若
の
面
を
付
け
た
黒

   

  
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
  
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
  
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
  
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
  
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
  
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
  
 
う
っ
 
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
  
  
の
怪
し
げ
な
薬
を
飲
む
の
で
あ
っ
た
 °
  
 
と
 
狐
里
水
は
度
胸
を
付
け
た
女
キ
ャ
ラ
と
い
う
設
定
で
 
  
  
 
え
え
い
 
女
は
度
胸
!
 
何
事
も
試
す
の
み
!
 
  
  
て
し
ま
わ
れ
た
 °
  
た
け
れ
ど
も
 
既
に
イ
ル
ル
さ
ん
は
愛
詩
荘
へ
と
向
か
っ
て
い
っ
  
 
胡
散
臭
い
し
 
怪
し
い
 °
ど
う
言
う
薬
な
の
か
も
効
き
た
か
っ
  
る
 °
  
は
液
体
の
入
っ
た
瓶
と
い
う
さ
ら
に
輪
を
か
け
て
怪
し
い
物
で
あ
  
物
は
な
い
 °
た
だ
で
さ
え
怪
し
い
物
を
渡
し
て
来
る
の
に
 
今
回
  
か
く
イ
ル
ル
・
シ
ュ
ナ
イ
ゼ
ル
が
持
っ
て
く
る
も
の
に
ま
と
も
な

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
 
怪
し
げ
に
笑
う
彼
女
の
顔
を
除
い
て
は
 °
  
  
 
フ
フ
:
:
:
:
 
  
  
っ
た
 °
  
 
そ
の
後
 
起
き
上
が
っ
た
狐
里
水
の
身
体
は
何
も
変
化
は
な
か
  
 
そ
の
日
 
狐
里
水
は
道
路
で
絶
叫
し
て
倒
れ
る
 °
  
  
あ
あ
あ
あ
!
 




















  > ≫