彼
の
言
う
 
蘭
さ
ん
 
と
は
 
ク
ラ
ス
メ
イ
ト
と
な
っ
た
桜
色
  
  
う
よ
 
  
 
蘭
さ
ん
 
激
し
す
ぎ
る
よ
な
ぁ
:
:
:
:
 °
身
体
が
参
っ
ち
ゃ
  
  
 
は
ぁ
|
 
と
溜
め
息
を
吐
い
た
 °
  
 
九
島
玲
人
は
愛
詩
荘
の
1
0
2
号
室
の
扉
に
手
を
か
け
る
と
 
  
第
8
話
・
 
狐
里
水
は
体
型
を
気
に
す
る
 
  
  
よ
う
と
し
て
い
た
 °
  
 
そ
し
て
今
こ
の
場
で
も
 
愛
詩
荘
の
一
部
屋
で
も
恋
が
生
ま
れ
  
と
普
通
の
人
間
的
な
物
と
は
違
っ
て
い
て
:
:
:
:
 °
  
生
ま
れ
や
す
い
と
言
う
事
で
あ
る
 °
し
か
も
そ
の
恋
愛
が
ち
ょ
っ
  
に
は
ち
ょ
っ
と
し
た
ジ
ン
ク
ス
的
な
物
が
あ
る
 °
そ
れ
は
恋
愛
が
  
た
古
ぼ
け
た
賃
貸
ア
パ
|
ト
な
の
だ
け
れ
ど
も
 
こ
の
ア
パ
|
ト
  
2
階
建
て
 
月
給
4
万
円
で
3
L
D
K
の
間
取
り
の
ち
ょ
っ
と
し
  
 
ア
パ
|
ト
 
 
愛
詩
荘
∧
ア
イ
シ
ソ
ウ
∨
 
 °
1
階
4
部
屋
の
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
恋
愛
悪
魔
の
ア
パ
|
ト
 
第
8
話
 
狐
里
水
は
体
型
を
気
に
す
る
 

≪ <  

  
 
玲
人
は
自
分
の
部
屋
を
開
け
る
と
 
部
屋
の
中
に
1
人
の
少
女
  
  
 
:
:
:
:
え
っ
?
 
  
  
い
な
が
ら
 
玲
人
は
部
屋
を
開
け
る
 °
  
の
に
 
ど
う
し
て
鍵
が
開
い
て
い
る
ん
だ
ろ
う
?
 
不
思
議
に
思
  
ら
し
を
す
る
に
あ
た
っ
て
戸
締
り
は
念
入
り
に
行
っ
て
い
る
 °
  
は
そ
こ
ま
で
神
経
質
と
言
う
訳
で
は
な
い
が
 
そ
れ
で
も
一
人
暮
  
か
ら
な
い
事
に
玲
人
は
 
あ
れ
?
 
と
首
を
傾
げ
る
 °
九
島
玲
人
  
 
そ
う
思
っ
て
扉
の
ノ
ブ
を
ゆ
っ
く
り
と
回
し
て
 
何
も
引
っ
か
  
  
 
早
く
家
で
休
も
う
:
:
:
:
 
  
  
れ
て
い
た
 °
  
の
積
極
的
な
ア
プ
ロ
|
チ
に
既
に
既
に
初
日
か
ら
九
島
玲
人
は
疲
  
子
も
く
れ
た
り
と
コ
ミ
ュ
ニ
ケ
|
シ
ョ
ン
が
多
く
て
 
桔
梗
里
蘭
  
昼
食
の
時
も
激
し
い
ボ
デ
ィ
タ
ッ
チ
が
あ
っ
た
し
 
そ
れ
に
お
菓
  
∧
き
き
ょ
う
ざ
と
ら
ん
∨
の
事
で
あ
る
 °
ク
ラ
ス
で
会
っ
た
後
 
  
長
身
の
メ
リ
ハ
リ
の
付
い
た
モ
デ
ル
体
型
の
美
少
女
の
桔
梗
里
蘭
  
み
が
か
っ
た
腰
よ
り
も
長
く
て
 
お
尻
の
辺
り
ま
で
長
く
伸
び
た
 

   

  
は
前
に
ど
こ
か
で
見
た
事
が
あ
る
と
思
い
返
し
て
い
た
 °
  
も
な
い
物
で
は
あ
る
が
 
そ
の
2
つ
を
組
み
合
わ
せ
た
物
を
玲
人
  
ど
ち
ら
も
1
つ
1
つ
は
取
る
に
足
ら
な
い
よ
う
な
 
別
段
珍
し
く
  
で
あ
る
 °
そ
れ
に
眼
鏡
に
関
し
て
も
ご
く
あ
り
ふ
れ
た
デ
ザ
イ
ン
 °
  
 
制
服
に
関
し
て
は
 
今
日
玲
人
が
行
っ
た
高
校
の
女
性
用
制
服
  
  
:
:
:
∨
  
∧
あ
れ
:
:
:
:
?
 
あ
の
眼
鏡
と
制
服
:
:
:
:
ど
こ
か
で
:
  
  
特
徴
だ
っ
た
 °
  
|
ボ
|
ル
を
2
つ
入
れ
て
い
る
か
の
よ
う
に
揺
れ
る
大
き
な
胸
が
  
た
 °
身
体
の
真
ん
中
に
は
自
己
主
張
が
激
し
い
 
柔
ら
か
な
バ
レ
  
り
上
げ
た
一
つ
の
芸
術
作
品
 
そ
う
言
う
よ
う
な
感
じ
が
し
て
い
  
腰
つ
き
な
ど
も
健
康
的
か
つ
美
し
く
出
来
て
お
り
 
神
が
自
ら
作
  
り
 
そ
の
顔
に
は
染
み
一
つ
な
い
美
し
い
顔
立
ち
 °
肩
幅
や
手
足
 
  
と
微
笑
ん
で
い
た
 °
銀
色
の
髪
は
腰
よ
り
も
長
く
伸
ば
さ
れ
て
お
  
 
扉
を
開
け
る
と
そ
の
美
少
女
は
こ
っ
ち
に
振
り
返
る
と
ニ
コ
リ
  
少
女
で
あ
っ
た
 °
  
雰
囲
気
を
放
つ
 
銀
色
の
狐
の
耳
と
金
色
の
狐
の
尻
尾
を
持
つ
美
  
が
座
っ
て
い
る
事
に
気
付
い
た
 °
そ
の
少
女
は
ひ
ど
く
幻
想
的
な

   

  
 
い
や
 
違
う
 
  
  
身
体
が
大
き
く
な
っ
て
い
る
か
ら
で
あ
る
 °
  
 
彼
女
が
 
部
屋
か
ら
玄
関
に
向
か
っ
て
い
る
彼
女
が
 
徐
々
に
  
は
な
い
 °
  
だ
 °
別
に
ア
ド
バ
ル
|
ン
並
み
の
大
き
さ
の
胸
に
ビ
ビ
っ
た
の
で
  
だ
ろ
う
と
い
う
事
よ
り
も
 
彼
女
の
身
体
に
疑
問
を
持
っ
た
か
ら
  
 
こ
の
時
の
玲
人
が
言
っ
た
 
あ
れ
?
 
と
は
 
彼
女
が
誰
な
ん
  
  
 
あ
れ
:
:
:
:
?
 
ど
う
し
て
?
 
  
  
り
が
違
う
の
だ
か
ら
分
か
ら
な
く
て
当
然
で
あ
る
 °
  
け
て
い
た
物
で
あ
り
 
そ
の
時
の
彼
女
と
体
型
が
 
特
に
胸
の
辺
  
っ
て
い
た
野
暮
っ
た
い
眼
鏡
は
彼
女
が
特
徴
を
失
く
す
よ
う
に
付
  
 
こ
れ
は
玲
人
が
悪
い
と
い
う
訳
で
は
な
い
 °
実
際
 
彼
女
が
使
  
し
て
も
誰
な
の
か
分
か
ら
な
い
 °
  
 
玲
人
は
頭
を
悩
ま
せ
る
 °
記
憶
に
は
あ
る
は
ず
な
の
に
 
ど
う
  
  
 
あ
れ
:
:
:
:
?
 
な
ん
で
だ
ろ
う
?
 
  


























   

  
  
∧
柔
ら
か
い
:
:
:
:
で
も
:
:
:
:
死
ぬ
:
:
:
:
∨
  
  
を
止
め
て
い
た
 °
  
 
全
身
を
文
字
通
り
包
み
込
む
そ
の
柔
ら
か
な
物
体
は
 
彼
の
息
  
も
あ
る
 °
し
か
し
 
そ
れ
と
同
時
に
息
が
出
来
な
い
 °
  
 
柔
ら
か
く
 
な
お
か
つ
弾
力
や
ハ
リ
 
そ
し
て
確
か
な
大
き
さ
  
  
が
 
当
の
本
人
で
あ
る
玲
人
の
立
場
か
ら
し
た
ら
違
う
 °
  
 
嬉
し
そ
う
な
 
ど
こ
か
楽
し
そ
う
な
声
を
あ
げ
る
彼
女
だ
っ
た
  
  
 
く
す
ぐ
っ
た
い
よ
|
 
  
 
|
|
!
?
 
  
  
ま
彼
を
自
分
の
胸
元
に
押
し
付
け
て
い
た
の
だ
 °
  
 
彼
女
は
そ
の
長
い
腕
を
彼
に
ガ
シ
ッ
と
し
が
み
付
け
 
そ
の
ま
  
た
 °
  
姿
を
見
て
確
信
し
た
玲
人
だ
っ
た
が
 
そ
の
時
に
は
既
に
遅
か
っ
  
 
明
ら
か
に
可
笑
し
い
と
 
彼
女
が
天
井
に
背
中
を
付
け
て
い
る
  


























   

  
  
た
彼
女
が
正
気
に
戻
っ
た
次
の
日
の
朝
の
事
だ
っ
た
 °
  
い
体
型
変
化
を
宿
し
た
事
に
彼
女
が
気
付
く
の
は
 
酔
っ
ぱ
ら
っ
  
 
あ
の
謎
の
液
体
を
飲
ん
で
し
ま
っ
て
地
球
人
に
は
普
通
出
来
な
  
  
∧
柔
ら
か
く
て
:
:
:
:
温
か
い
:
:
:
:
 °
で
も
 
死
ぬ
!
∨
  
  
胸
が
 
玲
人
を
さ
ら
な
る
地
獄
へ
と
や
っ
て
い
っ
た
 °
  
 
そ
し
て
ぐ
ん
ぐ
ん
と
 
徐
々
に
成
長
し
て
い
く
彼
女
の
身
体
と
  
 
そ
し
て
再
度
 
胸
の
中
へ
と
包
み
込
ま
れ
る
玲
人
 °
  
  
 
|
♪
 
こ
ん
な
身
体
で
も
分
か
っ
て
く
れ
る
っ
て
嬉
し
い
|
 
  
 
:
:
:
:
水
 
さ
ん
?
 
  
  
声
を
聴
い
て
 
よ
う
や
く
誰
か
分
か
っ
た
 °
  
ゴ
ホ
ッ
ゴ
ホ
ッ
と
咳
を
吐
き
な
が
ら
彼
女
を
見
る
 °
そ
し
て
そ
の
  
 
そ
う
言
い
な
が
ら
彼
女
か
ら
ゆ
っ
く
り
と
解
放
さ
れ
た
玲
人
は
 
  
  
い
か
が
で
し
た
か
?
 
  
 
嬉
し
い
?
 
桔
梗
里
さ
ん
の
性
格
通
り
 
演
じ
て
み
た
け
ど
 

   

  
  
与
え
て
い
る
 °
  
獄
や
天
国
な
ど
の
変
わ
っ
た
物
を
持
ち
帰
り
 
愛
詩
荘
の
住
人
に
  
放
浪
者
 °
良
く
色
々
な
場
所
に
行
っ
て
い
る
 °
宇
宙
 
そ
れ
に
地
  
男
性
 °
  
顔
に
仮
面
を
付
け
た
 
長
い
艶
の
あ
る
灰
色
の
ポ
ニ
|
テ
|
ル
の
  
イ
ル
ル
・
シ
ュ
|
ベ
ル
ト
 
宇
宙
の
死
神
 °
?
?
歳
 °
  
2
0
3
号
室
;
  
  
ら
っ
た
状
態
で
彼
に
迫
っ
た
 °
  
イ
ル
ル
が
あ
げ
た
薬
で
 
体
型
変
化
能
力
を
手
に
入
れ
 
酔
っ
ぱ
  
言
葉
が
き
っ
か
け
で
彼
女
に
好
意
を
持
つ
 °
  
が
 
玲
人
の
さ
り
気
な
い
 
彼
女
の
素
顔
を
見
透
か
し
た
よ
う
な
  
イ
ク
を
し
て
演
じ
る
役
柄
を
変
え
る
よ
う
な
生
活
を
送
っ
て
い
た
  
両
親
の
影
響
か
ら
か
 
精
神
が
希
薄
な
面
が
目
立
っ
て
お
り
 
  
的
で
 
胸
は
小
さ
め
 °
  
灰
色
の
セ
ミ
ロ
ン
グ
ヘ
ア
|
の
野
暮
っ
た
い
眼
鏡
 °
身
長
は
平
均
  
狐
里
水
 
高
校
生
 °
1
5
歳
 °
  
1
0
4
号
室
;
  
‖
‖
‖
‖






















  > ≫