元
々
 
神
納
京
香
は
B
カ
ッ
プ
と
小
さ
か
っ
た
の
だ
が
 
ネ
|
  
き
で
ブ
ラ
ジ
ャ
|
を
付
け
て
行
く
 °
  
 
京
香
は
貰
っ
た
ば
か
り
の
特
大
ブ
ラ
ジ
ャ
|
を
慣
れ
な
い
手
つ
  
  
 
ふ
ぅ
:
:
:
:
相
変
わ
ら
ず
自
分
の
身
体
と
は
思
え
な
い
わ
ね
 
  
  
体
を
ベ
ッ
ド
に
手
を
付
け
な
が
ら
立
ち
上
が
る
 °
  
ん
で
る
自
分
の
お
っ
ぱ
い
を
両
腕
で
支
え
な
が
ら
 
慣
れ
な
い
身
  
 
神
納
京
香
は
そ
う
思
い
な
が
ら
 
自
分
の
胸
元
に
大
き
く
膨
ら
  
  
 
う
う
っ
:
:
:
:
や
 
や
っ
ぱ
り
大
き
い
な
ぁ
 
  
  
の
う
き
ょ
う
か
∨
は
ベ
ッ
ド
か
ら
ゆ
っ
く
り
と
身
体
を
起
こ
す
 °
  
 
カ
|
テ
ン
か
ら
の
木
漏
れ
日
を
感
じ
な
が
ら
 
神
納
京
香
∧
か
  
  
す
る
シ
ェ
イ
ド
?
!
 
  
第
2
パ
イ
 
大
き
く
な
い
け
ど
恥
ず
か
し
く
な
い
も
ん
!
 
進
化
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
超
乳
戦
隊
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
 
第
2
パ
イ
∧
前
篇
∨


≪ <  

  
  
の
視
線
が
京
香
に
突
き
刺
さ
る
 °
  
で
あ
る
 °
教
室
に
入
る
と
共
に
今
ま
で
に
な
か
っ
た
露
骨
な
男
達
  
そ
 
高
校
2
年
生
に
し
て
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
イ
エ
ロ
|
 
神
納
京
香
  
 
ニ
ュ
|
・
紫
峰
市
に
あ
る
私
立
紫
峰
学
園
 °
そ
の
生
徒
会
長
こ
  
☆
  
  
校
に
向
か
う
準
備
を
始
め
る
た
め
に
学
生
服
を
手
に
取
っ
た
 °
  
体
の
違
和
感
は
拭
え
な
か
っ
た
が
 
そ
れ
で
も
自
分
を
律
し
て
学
  
ジ
ャ
|
の
1
人
と
し
て
心
を
律
し
よ
う
と
し
て
い
た
が
 
ま
だ
身
  
 
京
香
は
学
園
の
生
徒
会
長
と
し
て
 
そ
し
て
新
し
い
ギ
ガ
レ
ン
  
  
こ
ん
な
に
情
け
な
い
姿
は
:
:
:
:
見
せ
ら
れ
な
い
わ
ね
 
  
 
|
|
|
|
|
|
う
む
 °
ま
ぁ
 
紫
峰
学
園
の
生
徒
会
長
と
し
て
  
  
い
身
体
だ
か
ら
動
き
辛
い
ば
か
り
で
あ
っ
た
 °
  
ャ
|
が
あ
る
た
め
に
そ
う
思
わ
な
い
の
だ
が
 
そ
れ
で
も
慣
れ
な
  
で
あ
る
 °
今
は
ナ
ッ
ノ
博
士
が
作
っ
て
く
れ
た
こ
の
特
大
ブ
ラ
ジ
  
よ
っ
て
K
カ
ッ
プ
に
な
っ
た
か
ら
動
き
辛
く
な
っ
て
し
ま
っ
た
の
  
ム
ネ
|
ム
の
モ
ン
ス
タ
|
で
あ
る
ユ
シ
|
・
カ
ラ
|
シ
ェ
イ
ド
に

   

  
べ
っ
て
い
る
 °
  
小
動
物
を
思
わ
せ
る
彼
女
は
 
細
々
と
で
は
あ
る
が
淡
々
と
し
ゃ
  
|
ミ
ン
グ
だ
と
思
う
 °
赤
縁
の
眼
鏡
か
ら
覗
く
ビ
ク
ビ
ク
と
し
た
  
た
方
が
綺
麗
だ
と
思
う
し
 
そ
れ
に
目
の
下
の
泣
き
黒
子
も
チ
ャ
  
 
京
香
と
し
て
は
濡
れ
烏
の
よ
う
な
漆
黒
の
三
つ
編
み
は
ほ
ど
い
  
象
だ
っ
た
 °
  
い
つ
も
ビ
ク
ビ
ク
し
て
い
る
と
い
う
の
が
京
香
が
彼
女
に
抱
く
印
  
し
た
け
し
か
ら
ん
ボ
デ
ィ
ラ
イ
ン
が
コ
ン
プ
レ
ッ
ク
ス
ら
し
く
 
  
長
の
倍
近
く
あ
る
 
そ
の
大
き
す
ぎ
る
自
分
の
胸
と
む
っ
ち
り
と
  
乳
生
徒
と
学
校
内
で
は
有
名
人
だ
が
 
気
弱
な
本
人
は
自
分
の
身
  
ト
の
名
前
で
あ
る
 °
い
つ
も
図
書
館
の
隅
で
本
を
読
ん
で
い
る
超
  
 
音
無
橙
子
∧
お
と
な
し
と
う
こ
∨
と
は
 
京
香
の
ク
ラ
ス
メ
イ
  
  
∧
あ
れ
は
:
:
:
:
橙
子
と
ナ
ッ
ノ
博
士
 
か
?
∨
  
  
の
席
で
見
知
っ
た
人
物
達
が
会
話
を
し
て
い
る
事
に
気
付
い
た
 °
  
に
と
思
い
な
が
ら
 
京
香
は
自
分
の
席
に
座
る
 °
座
る
と
前
の
方
  
 
そ
ん
な
視
線
を
送
る
く
ら
い
な
ら
ば
こ
っ
ち
に
来
れ
ば
良
い
の
  
  
∧
気
付
い
て
い
な
い
と
思
っ
て
い
る
の
か
?
 
軟
弱
な
∨




   

  
  
近
付
く
 °
  
 
気
に
な
っ
た
京
香
は
ゆ
っ
く
り
と
 
声
が
聞
こ
え
る
辺
り
ま
で
  
話
も
良
く
聞
こ
え
な
い
 °
  
の
話
を
し
て
い
る
の
は
間
違
い
な
い
が
 
こ
こ
か
ら
で
は
遠
い
し
 
  
 
ナ
ッ
ノ
博
士
緑
色
の
表
紙
の
本
を
見
て
い
る
か
ら
 
ど
う
も
本
  
  
∧
何
を
話
し
て
い
る
ん
だ
ろ
う
?
∨
  
  
じ
で
あ
る
 °
  
う
 °
ま
ぁ
 
今
は
8
割
信
じ
て
 
2
割
怪
し
ん
で
い
る
と
い
う
感
  
敵
の
最
高
幹
部
だ
っ
た
女
 
そ
う
易
々
と
信
用
は
出
来
な
い
だ
ろ
  
彼
女
の
事
を
信
じ
切
れ
て
い
な
い
か
ら
だ
 °
元
と
は
言
っ
て
も
 
  
な
い
心
優
し
い
人
物
だ
と
思
う
 °
 
思
う
 
と
は
 
京
香
が
ま
だ
  
 
口
は
悪
い
が
照
れ
隠
し
ら
し
く
て
 
素
直
に
接
す
る
事
が
出
来
  
幹
部
 °
京
香
を
助
け
て
く
れ
た
の
も
彼
女
だ
 °
  
と
し
て
通
っ
て
い
る
が
 
そ
の
正
体
は
ネ
|
ム
ネ
|
ム
の
元
最
高
  
の
口
添
え
で
 
高
校
1
年
生
の
近
未
来
七
∧
き
ん
み
ら
い
な
の
∨
  
 
そ
の
澄
子
と
話
し
て
い
る
の
は
ナ
ッ
ノ
博
士
 °
今
は
沖
杉
留
子
  


























   

  
  
メ
モ
リ
を
取
り
出
し
て
 
そ
れ
を
京
香
に
渡
す
 °
  
 
と
 
そ
う
言
い
な
が
ら
ナ
ッ
ノ
は
  
と
書
か
れ
た
茶
色
い
  
  
 
渡
す
も
の
:
:
:
:
?
 
  
っ
と
つ
ま
ら
な
い
も
の
だ
が
 
渡
す
も
の
が
あ
っ
て
だ
ね
 
  
 
あ
っ
 
君
を
探
し
て
い
た
と
言
わ
ざ
る
を
得
な
い
か
な
 °
ち
ょ
  
  
京
香
に
視
線
を
向
け
る
 °
  
て
い
た
よ
う
で
あ
る
 °
と
 
そ
こ
ま
で
話
し
て
 
ナ
ッ
ノ
博
士
は
  
 
ど
う
や
ら
ナ
ッ
ノ
博
士
は
橙
子
さ
ん
に
書
物
の
お
勧
め
を
聞
い
  
  
か
の
参
考
に
な
れ
ば
良
い
ん
だ
ろ
う
け
れ
ど
も
ね
 
  
 
ほ
う
 °
 
宇
宙
の
神
秘
 
に
 
世
界
科
学
技
術
史
 
か
 °
な
に
  
れ
は
?
 
  
 
ど
 
ど
ど
:
:
:
:
ど
う
も
?
 
あ
っ
!
 
:
:
:
:
こ
 
  
ふ
っ
 
褒
め
て
も
別
に
良
い
だ
ろ
う
な
 
  
は
言
わ
ざ
る
を
 
な
く
も
な
く
も
な
い
と
言
わ
ざ
る
を
得
な
い
な
 °
  
で
 
太
陽
や
宇
宙
の
電
波
な
ど
が
あ
る
の
か
 °
参
考
に
な
っ
た
と
  
 
な
る
ほ
ど
:
:
:
:
 °
光
の
速
度
は
約
3
0
万
キ
ロ
メ
|
ト
ル

   

  
  
だ
  
と
書
か
れ
た
メ
モ
リ
を
見
つ
め
る
京
香
で
あ
っ
た
 °
  
 
ナ
ッ
ノ
の
言
葉
の
真
意
が
ど
う
い
う
意
味
か
は
分
か
ら
ず
 
  
  
∧
:
:
:
:
似
て
る
?
∨
  
  
る
 
か
ら
ね
 
  
出
来
れ
ば
佐
美
と
は
仲
良
く
し
て
欲
し
い
 °
彼
女
と
君
は
 
似
て
  
 
:
:
:
:
京
香
君
 
ボ
ク
と
仲
良
く
し
な
く
て
も
良
い
か
ら
 
  
  
途
中
で
何
か
を
思
い
出
し
た
よ
う
で
こ
ち
ら
に
振
り
替
え
て
い
た
 °
  
 
そ
う
言
っ
て
ナ
ッ
ノ
は
走
っ
て
出
て
行
こ
う
と
し
た
け
れ
ど
も
 
  
  
る
ん
だ
か
ら
ね
!
 
バ
|
カ
!
 
バ
|
カ
!
 
  
 
べ
 
別
に
あ
り
が
と
う
と
か
言
わ
れ
な
く
た
っ
て
分
か
っ
て
い
  
に
こ
こ
に
?
 
  
 
:
:
:
:
あ
 
あ
り
が
と
う
 
な
の
か
?
 
そ
れ
を
渡
す
た
め
  
く
れ
た
ま
え
 
  
必
殺
技
に
も
使
え
る
メ
モ
リ
だ
か
ら
 
ぜ
ひ
と
も
有
効
活
用
し
て
  
 
岩
石
 
  
の
メ
モ
リ
だ
 °
変
身
し
て
な
く
て
も
使
え
る
し
 

   

  
よ
う
じ
ゃ
な
イ
カ
 
  
 
:
:
:
:
仕
方
な
い
で
ゲ
ソ
 °
こ
こ
は
ひ
と
つ
 
頑
張
っ
て
み
  
  
本
の
長
い
手
足
を
操
作
し
て
歩
き
出
す
 °
  
 
は
ぁ
|
 
と
溜
め
息
を
吐
き
な
が
ら
リ
モ
コ
ン
シ
ェ
イ
ド
は
6
  
  
だ
っ
て
い
う
で
ゲ
ソ
し
:
:
:
:
 °
私
に
任
せ
過
ぎ
で
ゲ
ソ
 
  
作
戦
と
か
無
理
じ
ゃ
な
イ
カ
 °
し
か
も
 
マ
リ
ネ
様
は
後
方
支
援
  
ゲ
ソ
 °
だ
い
た
い
 
こ
の
私
 
ユ
シ
|
・
リ
モ
コ
ン
シ
ェ
イ
ド
に
  
 
あ
|
 
ダ
ル
い
で
ゲ
ソ
 °
や
っ
ぱ
り
外
に
出
る
の
は
疲
れ
る
で
  
  
ゃ
な
イ
カ
 
と
言
い
な
が
ら
書
類
を
地
面
に
落
と
す
 °
  
は
 
手
に
持
っ
た
書
類
を
サ
ッ
と
見
て
 
あ
ぁ
|
 
だ
る
|
い
じ
  
上
が
る
 °
そ
し
て
胸
だ
け
ド
ン
と
出
た
ス
マ
|
ト
な
身
体
の
彼
女
  
ク
や
団
扇
な
ど
で
全
力
で
休
憩
し
て
い
た
が
 
ゆ
っ
く
り
と
立
ち
  
垂
れ
目
の
少
女
は
 
頭
か
ら
6
本
長
く
伸
び
た
白
い
足
で
ド
リ
ン
  
 
頭
は
大
き
な
三
角
の
イ
カ
の
頭
を
被
っ
て
い
る
ダ
ラ
け
表
情
の
  
怪
人
が
ダ
ル
そ
う
に
疲
れ
果
て
て
い
た
 °
  
 
ニ
ュ
|
・
紫
峰
市
の
都
市
部
 °
ビ
ル
の
路
地
裏
に
て
 
1
人
の
  
☆

























   

  
  
が
出
つ
つ
あ
る
留
子
 °
  
だ
 °
だ
か
ら
毎
日
登
校
出
来
る
事
に
ち
ょ
っ
と
ば
か
り
 
嬉
し
涙
  
|
が
な
か
っ
た
の
で
学
校
に
 
外
に
出
て
い
る
事
が
な
か
っ
た
の
  
勉
強
が
好
き
と
い
う
訳
で
は
な
い
の
だ
が
 
今
ま
で
は
ブ
ラ
ジ
ャ
  
 
と
 
そ
う
言
っ
て
沖
杉
留
子
は
一
息
吐
く
 °
沖
杉
留
子
は
別
に
  
  
 
ふ
ぅ
|
:
:
:
:
 °
今
日
も
無
事
に
授
業
が
終
わ
り
ま
し
た
ね
 
  
☆
  
  
 
長
い
手
足
が
リ
モ
コ
ン
の
ボ
タ
ン
を
押
し
て
い
た
 °
  
  
ん
じ
ゃ
な
イ
カ
 
  
ら
ば
 
さ
っ
さ
と
サ
ポ
|
ト
に
回
る
で
ゲ
ソ
 °
疲
れ
る
の
は
ご
め
  
 
:
:
:
:
ま
っ
 
こ
の
作
戦
の
要
は
私
じ
ゃ
な
い
で
ゲ
ソ
 °
  
  
を
取
り
出
す
 °
  
手
足
を
自
分
の
腰
の
ポ
ケ
ッ
ト
に
伸
ば
す
と
 
中
か
ら
リ
モ
コ
ン
  
 
そ
う
言
い
な
が
ら
リ
モ
コ
ン
シ
ェ
イ
ド
は
長
く
伸
び
る
6
本
の
  


























   

  
園
生
活
を
エ
ン
ジ
ョ
イ
し
た
い
ん
だ
な
と
 
留
子
は
そ
う
思
っ
た
 °
  
ム
に
収
容
さ
れ
て
い
た
と
聞
く
 °
そ
ん
な
彼
女
だ
か
ら
こ
そ
 
  
抜
け
出
し
て
来
て
 
さ
ら
に
元
々
は
実
験
体
と
し
て
ネ
|
ム
ネ
|
  
佐
美
 °
彼
女
は
元
々
 
ナ
ッ
ノ
博
士
と
共
に
ネ
|
ム
ネ
|
ム
か
ら
  
 
2
人
が
心
配
す
る
声
を
聞
き
な
が
ら
 
力
強
く
そ
う
宣
言
し
た
  
  
も
っ
と
勉
強
し
た
い
の
!
 
学
園
生
活
を
満
喫
し
た
い
!
 
  
 
で
も
 
私
は
ネ
|
ム
ネ
|
ム
の
実
験
体
だ
っ
た
女
:
:
:
:
 °
  
入
る
く
ら
い
頭
良
い
ん
だ
し
:
:
:
:
 
  
な
く
て
も
大
丈
夫
よ
?
 
佐
美
ち
ゃ
ん
 
学
年
で
も
ト
ッ
プ
5
に
  
 
そ
う
ね
 °
け
ど
 
佐
美
ち
ゃ
ん
?
 
そ
こ
ま
で
必
死
に
勉
強
し
  
私
 
そ
こ
ま
で
勉
強
が
得
意
じ
ゃ
な
い
か
ら
見
習
わ
な
い
と
!
 
  
 
凄
い
ね
|
!
 
佐
美
ち
ゃ
ん
 
い
っ
ぱ
い
勉
強
し
て
る
ね
!
 
  
  
い
た
 °
  
に
し
か
見
え
な
い
桃
子
と
梨
花
の
2
人
が
同
じ
よ
う
に
勉
強
し
て
  
っ
ぱ
い
作
ろ
う
と
し
て
い
る
 °
佐
美
の
隣
で
は
2
人
揃
う
と
親
娘
  
 
佐
美
は
ノ
|
ト
に
し
っ
か
り
と
授
業
内
容
 
そ
れ
に
友
人
も
い
  
  
 
け
ど
 
一
番
頑
張
っ
て
い
る
の
は
佐
美
ち
ゃ
ん
 
か
な
?
 


   

  
士
で
お
似
合
い
だ
か
ら
 
4
人
で
親
睦
か
何
か
を
深
め
る
と
良
い
  
だ
 °
少
な
く
と
も
君
ら
3
人
:
:
:
:
い
や
留
子
君
も
似
た
者
同
  
 
ふ
っ
 
人
間
は
同
じ
レ
ベ
ル
の
人
間
と
一
緒
に
居
る
の
が
一
番
  
は
そ
こ
の
桃
子
君
と
梨
花
君
と
一
緒
に
食
べ
な
さ
い
 °
  
 
:
:
:
:
ボ
ク
は
今
日
 
橙
子
と
先
約
が
あ
る
 °
だ
か
ら
佐
美
  
  
 
佐
美
が
そ
う
言
っ
て
ナ
ッ
ノ
博
士
に
話
を
振
る
が
 
  
  
ノ
博
士
も
!
 
  
 
2
人
と
も
あ
り
が
と
う
:
:
:
:
 °
あ
っ
 
そ
う
だ
!
 
ナ
ッ
  
  
が
ら
元
気
に
話
し
か
け
て
い
る
 °
  
 
桃
子
と
梨
花
の
2
人
も
そ
う
思
っ
た
の
か
 
佐
美
の
顔
を
見
な
  
  
し
ま
す
 °
私
も
つ
い
つ
い
 
食
べ
過
ぎ
て
し
ま
っ
て
:
:
:
:
 
  
 
カ
ロ
リ
|
が
高
い
の
が
難
点
で
す
け
ど
 
美
味
し
い
の
は
保
証
  
し
い
ん
だ
!
 
  
 
お
昼
 
一
緒
に
行
こ
う
!
 
学
食
の
カ
ツ
丼
 
す
っ
ご
く
美
味
  
 
そ
っ
か
:
:
:
:
 °
で
も
 
青
春
を
送
る
な
ら
私
も
や
る
よ
|
!
  


























   

  
 
:
:
:
:
ふ
む
ふ
む
 °
な
る
ほ
ど
 
ね
 °
フ
リ
|
ド
マ
ン
‖
ダ
  
  
て
い
る
 °
  
れ
ば
良
い
か
 
ど
う
す
れ
ば
上
手
く
行
く
の
か
な
ど
色
々
と
考
え
  
れ
て
す
ぐ
に
は
答
え
ら
れ
な
い
け
れ
ど
も
 
心
の
中
で
は
ど
う
す
  
活
用
方
法
だ
っ
て
色
々
と
熟
知
し
て
い
る
 °
色
々
と
話
し
か
け
ら
  
の
内
容
を
空
暗
示
出
来
る
く
ら
い
読
ん
で
い
る
し
 
そ
の
知
識
の
  
 
音
無
橙
子
は
口
数
が
少
な
い
人
間
だ
 °
図
書
室
の
全
て
の
書
物
  
☆
  
  
 
そ
の
後
ろ
姿
を
心
配
そ
う
な
表
情
で
見
つ
め
る
佐
美
で
あ
っ
た
 °
  
  
 
博
士
:
:
:
:
 
  
  
だ
距
離
が
あ
る
事
を
感
じ
る
3
人
 °
  
 
 
そ
れ
じ
ゃ
あ
ね
 
と
去
っ
て
行
く
ナ
ッ
ノ
博
士
を
見
て
 
  
  
理
科
室
に
よ
ら
せ
て
貰
お
う
 
  
 
で
は
 
ボ
ク
は
次
の
実
験
の
責
任
者
で
も
あ
る
か
ら
ね
 °
先
に
  
だ
ろ
う
 °






















   

  
:
っ
と
 
す
ま
な
い
ね
 
  
も
う
既
に
知
っ
て
い
た
知
識
だ
っ
た
ん
だ
け
れ
ど
も
ね
 °
:
:
:
  
ま
じ
く
有
能
だ
な
 °
ボ
ク
も
こ
れ
く
ら
い
程
度
の
知
識
な
ら
ば
ね
 
  
重
力
加
速
度
の
件
や
光
を
超
え
る
速
度
の
件
も
 
知
識
と
し
て
凄
  
 
|
|
|
|
ほ
う
 °
こ
の
知
識
も
な
か
な
か
に
面
白
そ
う
 
だ
ね
 °
  
 
え
 
え
っ
と
:
:
:
:
こ
れ
 
と
か
は
ど
う
で
す
か
?
 
  
  
て
は
彼
女
と
の
会
話
は
本
当
に
勉
強
に
な
っ
て
い
た
 °
  
識
も
色
々
と
知
っ
て
い
る
か
ら
 
聞
い
て
い
る
だ
け
で
橙
子
と
し
  
知
識
だ
っ
て
興
味
深
く
聞
い
て
く
れ
る
し
 
橙
子
が
知
ら
な
い
知
  
 
ち
ょ
っ
と
ば
か
り
口
調
は
悪
い
け
れ
ど
も
 
七
さ
ん
は
ど
ん
な
  
に
有
効
な
時
間
で
あ
っ
た
 °
  
 
そ
ん
な
橙
子
に
と
っ
て
近
未
来
七
と
の
話
し
合
い
は
そ
れ
な
り
  
  
ら
も
色
々
と
教
え
て
貰
え
る
と
助
か
る
限
り
で
す
よ
 
  
深
い
ね
 °
ま
っ
 
博
学
し
か
取
り
柄
が
な
い
橙
子
君
に
は
こ
れ
か
  
 
橙
子
君
は
色
々
と
面
白
い
情
報
を
教
え
て
く
れ
て
本
当
に
興
味
  
く
ら
い
し
か
役
に
建
て
な
い
け
れ
ど
も
 
こ
れ
は
勉
強
に
な
る
ね
 °
  
ム
の
ビ
ン
の
大
き
さ
を
決
定
す
る
の
に
有
効
な
手
段
だ
ね
 °
こ
れ
  
イ
ア
コ
ニ
ス
の
法
則
は
実
に
興
味
深
い
物
で
す
ね
 °
ヒ
ス
ト
グ
ラ

   

  
た
 °
  
 
本
の
下
に
 
七
さ
ん
の
名
前
が
書
か
れ
た
鞄
が
そ
こ
に
は
あ
っ
  
  
 
:
:
:
:
あ
っ
 
あ
れ
?
 
  
  
橙
子
は
教
室
に
戻
っ
て
本
を
返
そ
う
と
し
て
 
  
ど
も
 
な
ん
の
メ
ッ
セ
|
ジ
が
来
た
ん
だ
ろ
う
 
と
思
い
な
が
ら
  
 
:
:
:
:
な
ん
か
 
す
っ
ご
く
真
剣
な
表
情
で
見
て
い
た
け
れ
  
 
七
さ
ん
は
そ
う
言
っ
て
出
て
行
っ
た
 °
  
  
れ
で
は
 
な
 °
橙
子
君
 
  
中
に
入
っ
て
い
る
か
ら
と
で
も
伝
え
て
置
い
て
く
れ
た
ま
え
 °
  
ら
せ
て
置
い
て
欲
し
い
 °
あ
ぁ
 
宿
題
の
方
は
私
の
ロ
ッ
カ
|
の
  
リ
し
た
だ
け
さ
 °
橙
子
さ
ん
 
よ
ろ
し
け
れ
ば
ボ
ク
の
早
退
を
知
  
 
|
|
|
|
あ
ぁ
 
す
ま
な
い
ね
 °
ち
ょ
っ
と
ば
か
り
 
ビ
ッ
ク
  
 
ひ
 
ひ
ぃ
!
 
  
  
内
容
を
見
て
眼
を
光
ら
せ
る
 °
  
 
七
は
携
帯
電
話
を
サ
ッ
と
取
り
出
す
と
 
そ
こ
に
書
い
て
あ
る
  


























   

  
も
身
長
の
倍
近
く
あ
る
超
乳
が
あ
る
が
 
彼
女
の
も
そ
れ
に
匹
敵
  
 
で
も
 
一
番
印
象
的
な
の
は
そ
の
大
き
す
ぎ
る
バ
ス
ト
 °
橙
子
  
顔
は
童
顔
で
幼
く
 
長
い
亜
麻
色
の
髪
は
と
っ
て
も
綺
麗
で
あ
る
 °
  
体
の
持
ち
主
 °
そ
の
左
腕
に
は
可
愛
ら
し
い
人
形
を
持
っ
て
い
る
 °
  
 
黒
ゴ
ス
ロ
リ
ド
レ
ス
に
身
を
包
ん
だ
2
m
近
い
身
長
を
持
つ
巨
  
と
橙
子
が
顔
を
見
合
わ
せ
て
い
る
と
 
1
人
の
女
性
が
現
れ
る
 °
  
計
を
見
て
い
る
 °
誰
か
と
待
ち
合
わ
せ
居
て
い
る
の
だ
ろ
う
か
 
  
 
七
は
な
に
か
急
い
で
い
る
の
か
 
し
き
り
に
腕
に
付
け
た
腕
時
  
  
 
あ
っ
:
:
:
:
居
た
 
  
  
つ
け
出
し
て
い
た
 °
  
 
そ
う
し
て
学
校
を
抜
け
出
し
た
橙
子
は
 
路
地
裏
に
て
七
を
見
  
  
  
  
 
そ
う
思
い
つ
つ
 
橙
子
は
七
の
後
を
追
っ
て
行
っ
た
 °
  
  
 
と
 
届
け
た
方
が
良
い
:
:
:
:
よ
ね
?
 
  


























   

  
て
い
た
彼
ら
:
:
:
:
最
近
 
テ
レ
ビ
だ
と
ま
た
そ
の
ネ
|
ム
ネ
  
す
る
と
言
う
 
た
だ
そ
れ
だ
け
の
理
由
の
た
め
に
人
々
を
困
ら
せ
  
 
乳
房
帝
国
ネ
|
ム
ネ
|
ム
は
貧
乳
神
官
タ
イ
ラ
の
胸
を
大
き
く
  
献
や
戦
闘
小
説
 
時
代
劇
な
ど
で
良
く
知
っ
た
名
前
で
あ
る
 °
  
名
前
は
色
々
な
書
籍
を
読
み
漁
っ
て
い
る
橙
子
に
と
っ
て
は
 
  
 
ネ
|
ム
ネ
|
ム
:
:
:
:
所
謂
 
乳
房
帝
国
ネ
|
ム
ネ
|
ム
の
  
  
∧
ネ
|
ム
ネ
|
ム
!
?
 
反
逆
者
!
?
∨
  
  
っ
て
い
る
は
ず
だ
よ
 °
混
雑
使
徒
マ
リ
ネ
 
  
 
ボ
ク
は
一
応
 
ネ
|
ム
ネ
|
ム
の
反
逆
者
 
と
い
う
こ
と
に
な
  
  
い
目
つ
き
で
見
て
い
た
 °
  
前
に
立
っ
て
い
た
厳
し
い
目
つ
き
を
し
た
七
さ
ん
が
彼
女
を
厳
し
  
 
そ
の
黒
ゴ
ス
ロ
リ
ド
レ
ス
の
彼
女
が
ニ
コ
リ
と
笑
う
と
 
そ
の
  
  
 
:
:
:
:
来
て
い
た
だ
け
て
 
嬉
し
い
 
で
す
 
  
  
か
な
り
圧
迫
感
が
あ
る
と
橙
子
は
そ
う
感
じ
た
 °
  
す
る
く
ら
い
大
き
い
 °
い
や
 
恐
ら
く
そ
の
身
長
と
あ
い
ま
っ
て
 

   

  
も
 
も
っ
と
聞
い
て
お
か
な
い
と
:
:
:
:
∨
  
∧
と
も
か
く
:
:
:
:
こ
れ
 
意
外
と
重
要
な
ん
じ
ゃ
:
:
:
:
 °
  
  
ば
か
り
の
勢
い
で
揺
れ
て
い
た
 °
  
胸
が
た
ゆ
ん
た
ゆ
ん
と
大
き
く
ゴ
ス
ロ
リ
ド
レ
ス
を
打
ち
破
ら
ん
  
 
大
き
く
腕
を
振
り
な
が
ら
否
定
す
る
た
び
に
 
マ
リ
ネ
さ
ん
の
  
  
な
い
で
す
よ
!
 
  
 
そ
ん
な
の
 
ナ
ッ
ノ
さ
ん
が
ム
リ
な
の
に
 
私
な
ん
か
が
出
来
  
 
ぱ
 
パ
ン
ク
さ
ん
を
説
得
な
ん
て
私
に
は
む
 
無
理
で
す
よ
!
  
て
く
れ
る
の
か
い
?
 
  
の
世
界
を
諦
め
た
の
か
い
?
 
そ
れ
と
も
君
が
パ
ン
ク
を
説
得
し
  
 
今
の
ボ
ク
は
君
達
と
敵
同
士
:
:
:
:
そ
れ
と
も
パ
ン
ク
が
こ
  
 
だ
っ
た
ら
 
な
ん
で
ボ
ク
の
と
こ
ろ
に
や
っ
て
く
る
ん
だ
い
?
  
分
か
っ
て
ま
す
:
:
:
:
 
  
使
徒
の
1
人
 
で
す
よ
?
 
そ
れ
く
ら
い
の
事
だ
っ
て
:
:
:
:
  
 
わ
 
分
か
っ
て
ま
す
よ
|
 °
マ
リ
ネ
だ
っ
て
 
一
応
三
幹
部
の
  
  
ん
が
ネ
|
ム
ネ
|
ム
の
反
逆
者
だ
っ
た
な
ん
て
:
:
:
:
 °
  
|
ム
が
動
き
出
し
た
っ
て
言
っ
て
い
た
け
ど
 
ま
さ
か
あ
の
七
さ

   

  
 
ふ
ふ
 
デ
|
ス
!
 
リ
モ
コ
ン
シ
ェ
イ
ド
ち
ゃ
|
ん
 
私
達
の
  
  
辿
り
着
い
て
い
た
 °
  
子
達
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
の
5
人
は
急
い
で
そ
の
現
場
に
  
情
報
網
に
よ
っ
て
ネ
|
ム
ネ
|
ム
が
暴
れ
て
い
る
事
を
知
っ
た
留
  
 
そ
の
ニ
ュ
|
ス
が
報
道
さ
れ
る
前
に
 
沖
杉
家
の
メ
イ
ド
達
の
  
  
な
大
騒
ぎ
状
態
に
な
っ
て
お
り
ま
す
!
 
  
 
|
|
|
|
と
言
う
訳
で
 
街
は
ネ
|
ム
ネ
|
ム
に
よ
っ
て
大
変
  
☆
  
  
 
私
は
そ
の
仲
間
に
殴
ら
れ
て
 
気
絶
し
た
:
:
:
:
 °
  
 
私
は
背
後
か
ら
来
る
仲
間
に
気
付
か
な
か
っ
た
!
  
  
ダ
メ
な
ん
じ
ゃ
な
イ
カ
?
 
  
 
ゲ
ソ
ゲ
ソ
ゲ
ソ
 °
流
石
の
私
も
こ
れ
は
見
過
ご
す
わ
け
に
は
 
  
  
て
い
た
 °
  
 
橙
子
は
そ
の
会
話
を
し
っ
か
り
と
聞
こ
う
と
 
神
経
を
集
中
し
  


























   

  
 
 
 
 
え
ぇ
!
 
 
 
 
  
 
皆
 
行
く
よ
!
 
  
  
チ
チ
達
が
迫
っ
て
来
る
 °
  
 
リ
モ
コ
ン
シ
ェ
イ
ド
の
号
令
に
合
わ
せ
る
よ
う
に
し
て
 
ナ
イ
  
  
 
ナ
イ
チ
チ
|
!
 
  
 
ナ
イ
チ
チ
達
 
や
る
だ
ゲ
ソ
 
  
  
性
は
背
中
に
大
き
な
牛
乳
瓶
の
よ
う
な
物
を
背
負
っ
て
い
る
 °
  
な
胸
を
隠
し
き
れ
て
い
な
い
牛
柄
の
マ
イ
ク
ロ
ビ
キ
ニ
を
着
た
女
  
り
 
そ
の
ぼ
よ
よ
ん
と
激
し
く
揺
れ
る
身
長
と
同
じ
く
ら
い
大
き
  
 
頭
の
黒
髪
か
ら
覗
く
髪
の
切
れ
目
か
ら
牛
の
角
を
生
や
し
て
お
  
た
い
な
女
怪
人
と
牛
柄
の
水
着
を
着
た
豊
満
な
女
性
 °
  
 
そ
う
言
っ
て
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
の
前
に
現
れ
た
の
は
 
イ
カ
み
  
  
来
る
の
が
遅
く
て
参
っ
た
じ
ゃ
な
イ
カ
 
  
 
そ
う
み
た
い
で
ゲ
ソ
 
ボ
イ
|
ネ
様
 °
:
:
:
:
と
い
う
か
 
  
|
み
た
い
 
デ
|
ス
!
 
  
前
に
現
れ
た
こ
の
5
人
 
こ
の
方
た
ち
が
新
し
い
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ

   

  
乳
場
!
 
  
 
黒
の
新
し
い
乳
戦
力
!
 
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
ブ
ラ
ッ
ク
 
華
麗
に
  
乳
場
!
 
  
 
緑
の
新
し
い
乳
戦
力
!
 
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
グ
リ
|
ン
 
華
麗
に
  
乳
場
!
 
  
 
黄
の
新
し
い
乳
戦
力
!
 
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
イ
エ
ロ
|
 
華
麗
に
  
ゅ
う
 
じ
ょ
う
♥
 
  
 
桃
の
新
し
い
乳
戦
力
♥
 
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
ピ
ン
ク
 
華
麗
に
に
  
場
!
 
  
 
赤
の
新
し
い
乳
戦
力
!
 
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
レ
ッ
ド
 
華
麗
に
乳
  
  
で
行
く
 °
  
に
包
ま
れ
て
 
色
分
け
さ
れ
た
ス
|
ツ
が
彼
女
達
の
身
体
を
包
ん
  
 
5
人
同
時
に
メ
モ
リ
を
挿
入
す
る
共
に
全
員
が
真
っ
白
な
身
体
  
  
 
返
信
変
身
!
 
  
  
ッ
ト
し
て
行
く
 °
  
 
留
子
の
掛
け
声
と
共
に
全
員
が
シ
フ
ト
フ
ォ
ン
に
メ
モ
リ
を
セ
  


























   

  
 
 
う
っ
:
:
:
:
!
 
 
  
  
も
怪
し
み
な
が
ら
同
じ
よ
う
に
そ
の
場
で
一
回
転
を
し
て
い
た
 °
  
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
グ
リ
|
ン
を
見
て
い
た
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
イ
エ
ロ
|
  
線
に
気
付
い
た
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
グ
リ
|
ン
は
さ
っ
と
一
回
転
し
て
 
  
そ
こ
か
ら
赤
い
光
線
が
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
を
襲
う
 °
そ
の
赤
い
光
  
自
在
に
動
か
す
 °
そ
の
手
に
は
リ
モ
コ
ン
が
手
に
取
ら
れ
て
お
り
 
  
 
リ
モ
コ
ン
シ
ェ
イ
ド
は
三
角
の
頭
か
ら
出
た
6
本
の
腕
を
自
由
  
  
ト
ロ
|
ル
だ
ゲ
ソ
!
 
  
て
は
 
倒
し
や
す
い
敵
 
な
ん
じ
ゃ
な
イ
カ
 °
リ
モ
|
ト
・
コ
ン
  
 
ゲ
ソ
ゲ
ソ
ゲ
ソ
 °
5
人
:
:
:
:
そ
れ
な
ら
ば
こ
の
私
に
と
っ
  
  
離
れ
る
 °
  
攻
撃
を
し
よ
う
と
す
る
と
 
ナ
イ
チ
チ
達
が
サ
ッ
と
彼
女
達
か
ら
  
 
5
人
が
武
器
を
構
え
て
 
ナ
イ
チ
チ
達
に
攻
撃
を
仕
掛
け
る
 °
  
  
ジ
ャ
|
!
 
  
 
5
色
の
新
戦
力
が
敵
を
倒
す
!
 
私
達
 
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
レ
ン
  


























   

  
  
デ
 
ェ
 
ス
♥
 
  
 
あ
ぁ
ん
♥
 
い
や
|
ん
♥
 
激
し
く
 
私
の
身
体
を
駆
け
巡
る
 
  
  
て
モ
|
ウ
・
ボ
イ
|
ネ
の
胸
に
張
り
付
け
る
 °
  
中
か
ら
下
ろ
す
と
 
牛
乳
瓶
か
ら
長
い
管
の
よ
う
な
物
が
出
て
来
  
 
モ
|
ウ
・
ボ
イ
|
ネ
が
そ
う
言
っ
て
背
中
の
巨
大
牛
乳
瓶
を
背
  
  
注
射
器
 
セ
ッ
ト
ア
ッ
プ
な
の
デ
|
ス
!
 
  
 
そ
う
デ
|
ス
!
 
早
速
 
作
戦
開
始
す
る
デ
|
ス
!
 
ミ
ル
ク
  
作
戦
を
開
始
し
て
お
く
べ
き
じ
ゃ
な
イ
カ
?
 
  
わ
ざ
る
を
得
な
い
で
ゲ
ソ
 °
さ
さ
っ
 
モ
|
ウ
・
ボ
イ
|
ネ
様
 
  
の
は
計
算
外
だ
け
れ
ど
も
 
こ
れ
だ
け
で
も
十
分
な
成
果
だ
と
言
  
ン
シ
ェ
イ
ド
の
能
力
だ
ゲ
ソ
 °
ま
っ
 
3
人
し
か
操
れ
な
か
っ
た
  
 
ゲ
ソ
ゲ
ソ
ゲ
ソ
 °
他
人
を
操
る
力
 
そ
れ
こ
そ
が
こ
の
リ
モ
コ
  
  
か
の
よ
う
に
 
そ
の
場
で
固
ま
る
 °
  
 
と
 
赤
い
光
線
に
当
た
っ
た
3
人
が
ま
る
で
金
縛
り
に
あ
っ
た
  
  
 
あ
ぁ
ん
♥
 




















   

  
ン
マ
|
!
 
  
 
さ
ぁ
 
リ
モ
コ
ン
シ
ェ
イ
ド
 
戦
う
デ
|
ス
!
 
ミ
ル
キ
|
ハ
  
の
情
報
を
流
さ
れ
る
っ
て
本
当
に
厄
介
デ
|
ス
 °
  
 
:
:
:
:
裏
切
り
者
は
厄
介
デ
|
ス
 °
こ
う
言
う
時
に
こ
ち
ら
  
は
 
良
く
知
っ
て
ま
す
よ
 
  
モ
|
ウ
・
ボ
イ
|
ネ
の
飲
む
と
胸
が
膨
乳
し
て
い
く
ミ
ル
ク
の
事
  
 
:
:
:
:
リ
モ
コ
ン
シ
ェ
イ
ド
の
リ
モ
コ
ン
で
の
操
作
能
力
 
  
  
い
て
い
た
巨
大
牛
乳
瓶
が
爆
炎
に
巻
き
込
ま
れ
る
 °
  
の
ま
ま
糸
に
衝
撃
を
与
え
る
 °
糸
に
衝
撃
を
与
え
る
と
 
巻
き
付
  
グ
リ
|
ン
は
手
持
ち
の
糸
を
巨
大
牛
乳
瓶
に
巻
き
つ
け
る
と
 
  
 
牛
乳
瓶
に
ミ
ル
ク
が
溜
ま
っ
て
行
く
の
を
見
た
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
  
  
 
ま
ず
い
!
 
バ
レ
ッ
ト
ヤ
|
ン
!
 
  
  
い
く
 °
  
を
揺
ら
し
な
が
ら
 
彼
女
の
母
乳
が
ど
ん
ど
ん
と
搾
り
取
ら
れ
て
  
て
 
ど
ん
ど
ん
と
溜
ま
っ
て
行
く
 °
た
ゆ
ん
た
ゆ
ん
と
大
き
く
胸
  
れ
る
と
共
に
チ
ュ
|
ブ
か
ら
白
濁
色
の
液
体
が
牛
乳
瓶
へ
と
流
れ
  
 
ド
ク
ン
 
ド
ク
ン
と
モ
|
ウ
・
ボ
イ
|
ネ
の
身
体
が
激
し
く
揺

   

  
 
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
イ
エ
ロ
|
!
 
リ
モ
コ
ン
シ
ェ
イ
ド
の
リ
モ
コ
  
 
:
:
:
:
く
っ
!
 
  
  
い
シ
ャ
ボ
ン
銃
を
構
え
て
い
た
 °
  
ガ
ピ
ン
ク
は
銃
に
空
気
を
溜
め
 
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
ブ
ラ
ッ
ク
は
黒
  
 
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
レ
ッ
ド
は
大
き
く
斧
を
振
る
い
 
ニ
ュ
ウ
・
ギ
  
  
熱
く
ぅ
 
た
ぎ
っ
ち
ゃ
う
わ
ぁ
♥
 
  
 
と
 
止
ま
ら
な
い
:
:
:
:
 °
わ
 
わ
わ
 
わ
た
し
の
身
体
が
 
  
 
か
 
か
か
っ
 
勝
手
に
動
く
:
:
:
:
 
  
 
う
 
う
わ
ぁ
!
 
か
 
身
体
が
!
 
  
  
・
ギ
ガ
イ
エ
ロ
|
と
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
グ
リ
|
ン
に
迫
っ
て
行
く
 °
  
モ
|
ウ
・
ボ
イ
|
ネ
と
武
器
を
手
に
し
た
ナ
イ
チ
チ
達
は
ニ
ュ
ウ
  
 
白
黒
の
ホ
ル
ス
タ
イ
ン
模
様
の
デ
カ
い
ハ
ン
マ
|
を
手
に
し
た
  
  
 
ナ
イ
チ
チ
!
 
  
で
ゲ
ソ
 
  
い
じ
ゃ
な
イ
カ
 °
ナ
イ
チ
チ
 
そ
れ
に
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
も
や
る
  
 
:
:
:
:
あ
ぁ
 
面
倒
臭
い
で
ゲ
ソ
が
 
し
ま
せ
ん
と
い
か
な

   

  
  
上
が
っ
て
い
た
 °
  
  
の
文
字
 
そ
し
て
頭
に
9
つ
の
四
角
い
マ
|
ク
が
浮
か
び
  
る
と
リ
モ
コ
ン
シ
ェ
イ
ド
の
左
目
と
右
目
に
そ
れ
ぞ
れ
  
と
  
 
怒
る
リ
モ
コ
ン
シ
ェ
イ
ド
の
眼
と
頭
に
光
が
灯
る
 °
光
が
収
ま
  
  
達
2
人
に
は
お
し
お
き
す
る
ん
じ
ゃ
な
イ
カ
!
 
  
 
|
!
 
良
く
も
や
っ
て
く
れ
た
で
ゲ
ソ
!
 
こ
う
な
っ
た
ら
君
  
  
て
リ
モ
コ
ン
シ
ェ
イ
ド
は
悔
し
そ
う
な
顔
を
す
る
 °
  
た
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
の
3
人
が
再
び
動
き
だ
し
 
そ
の
様
子
を
見
  
に
持
っ
て
い
た
リ
モ
コ
ン
を
叩
き
落
と
す
 °
す
る
と
操
ら
れ
て
い
  
面
か
ら
伸
び
て
行
き
 
木
刀
が
リ
モ
コ
ン
シ
ェ
イ
ド
の
長
い
手
足
  
へ
と
突
き
刺
す
と
 
地
面
か
ら
木
の
根
っ
こ
の
よ
う
に
木
刀
が
地
  
武
器
 
ガ
イ
ア
ブ
レ
|
ド
を
地
面
へ
と
突
き
刺
し
て
い
た
 °
地
面
  
 
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
グ
リ
|
ン
の
指
示
の
元
 
持
っ
て
い
た
木
刀
の
  
  
 
分
か
っ
た
よ
!
 
ガ
イ
ア
ブ
レ
|
ド
!
 
  
る
ん
で
す
!
 
  
ン
を
狙
っ
て
く
だ
さ
い
!
 
彼
女
の
リ
モ
コ
ン
が
3
人
を
操
っ
て

   

  
  
 
な
に
 
こ
れ
:
:
:
:
 
  
☆
  
  
け
が
を
受
け
た
様
子
で
な
い
た
め
 
そ
の
ま
ま
解
散
と
な
っ
た
 °
  
た
京
香
と
佐
美
の
怪
我
の
具
合
を
探
る
が
 
特
に
2
人
と
も
酷
い
  
 
変
身
を
解
い
た
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
の
5
人
は
 
謎
の
光
を
受
け
  
達
も
無
事
に
倒
さ
れ
る
 °
  
 
リ
モ
コ
ン
シ
ェ
イ
ド
は
そ
う
言
っ
て
撤
退
 °
残
っ
た
ナ
イ
チ
チ
  
  
 
さ
て
 
疲
れ
た
で
ゲ
ソ
 °
帰
ろ
う
じ
ゃ
な
イ
カ
 
  
  
 
ま
さ
か
:
:
:
:
進
化
:
:
:
:
 
  
 
今
の
は
一
体
:
:
:
:
な
ん
だ
っ
た
ん
だ
?
 
  
  
っ
た
よ
う
に
立
ち
上
が
る
 °
  
ウ
・
ギ
ガ
グ
リ
|
ン
に
当
た
る
 °
し
か
し
 
2
人
は
何
事
も
無
か
  
 
そ
し
て
放
た
れ
た
光
線
は
 
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
イ
エ
ロ
|
と
ニ
ュ
  
  
 
ま
ず
は
  
光
線
を
試
す
で
ゲ
ソ
!
 









   

  
  
  
  
  
┏┓
後
篇
へ
続
く
┗┛
  
  
せ
ず
に
そ
う
言
う
の
で
あ
っ
た
 °
  
 
胸
以
外
 
全
て
幼
く
な
っ
た
姿
を
見
て
 
京
香
は
戸
惑
い
を
隠
  
  
 
幼
く
な
っ
て
る
:
:
:
:
 
  
  
は
さ
ら
に
そ
の
大
き
さ
を
増
し
て
い
る
 °
  
い
な
い
彼
女
の
カ
ラ
|
シ
ェ
イ
ド
に
よ
っ
て
大
き
く
さ
れ
た
乳
房
  
 
身
長
も
大
分
低
く
な
り
 
そ
の
代
わ
り
依
然
と
質
量
を
変
え
て
  
赤
い
縁
の
ク
|
ル
そ
う
な
眼
鏡
は
い
つ
の
間
に
か
消
え
て
い
た
 °
  
勝
気
そ
う
な
瞳
は
少
し
和
ら
げ
な
印
象
を
持
っ
た
瞳
に
変
わ
り
 
  
桜
の
髪
留
め
は
前
見
た
時
よ
り
も
大
き
く
な
っ
て
い
る
 °
緑
色
の
  
 
亜
麻
色
の
重
め
の
ボ
ブ
ヘ
ア
|
は
さ
ら
り
と
し
た
髪
に
代
わ
り
 
  
  
 
家
へ
と
帰
っ
て
来
た
京
香
は
 
部
屋
の
姿
見
の
姿
を
見
て
驚
く
 °

  > ≫