乗
っ
た
そ
の
少
女
は
私
の
監
獄
の
前
へ
と
や
っ
て
来
る
 °
  
れ
た
訳
だ
が
 
そ
の
前
で
文
化
者
エ
|
ジ
ェ
ン
ト
・
ナ
ッ
ノ
と
名
  
 
い
き
な
り
実
験
体
と
し
て
私
達
は
謎
の
監
獄
へ
と
連
れ
て
来
ら
  
  
る
と
あ
り
が
た
い
ね
 
  
い
話
だ
け
れ
ど
も
 
君
達
が
ボ
ク
達
の
目
的
に
力
を
貸
し
て
く
れ
  
良
い
女
性
達
が
揃
っ
て
い
る
じ
ゃ
な
い
か
 °
本
当
に
ど
う
で
も
良
  
 
ふ
っ
 
お
前
ら
が
実
験
体
の
E
ブ
ロ
ッ
ク
の
者
達
か
 °
活
き
の
  
  
  
  
事
で
あ
る
 °
  
鬼
使
徒
シ
ェ
イ
ド
と
名
乗
る
あ
の
幹
部
に
出
会
っ
た
こ
ろ
の
出
来
  
の
出
来
事
で
あ
り
 
そ
し
て
佐
美
が
あ
い
つ
に
|
|
|
|
自
ら
幽
  
だ
佐
美
が
実
験
体
E
|
5
2
 
ト
ラ
ッ
プ
 
と
呼
ば
れ
て
い
る
頃
  
 
眠
田
佐
美
は
今
で
も
た
ま
に
夢
に
見
る
事
が
あ
る
 °
そ
れ
は
ま
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
超
乳
戦
隊
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
 
シ
ェ
イ
ド
・
グ
リ
|
ン

≪ <  

  
 
ナ
ッ
ノ
の
 
幽
霊
∧
シ
ェ
イ
ド
∨
 
と
い
う
言
葉
に
私
を
含
め
  
  
ん
と
か
し
て
く
れ
る
さ
 
  
ち
で
も
対
処
し
て
お
こ
う
 °
後
は
ボ
ク
の
副
官
 
シ
ェ
イ
ド
が
な
  
 
さ
て
 
そ
れ
で
は
F
カ
ッ
プ
以
下
の
2
3
名
に
関
し
て
は
こ
っ
  
  
を
し
て
い
た
か
ら
ナ
ッ
ノ
さ
ん
に
は
呼
ば
れ
な
か
っ
た
け
れ
ど
も
 °
  
は
と
い
う
と
 
B
カ
ッ
プ
と
言
う
巨
乳
と
呼
ぶ
に
は
お
粗
末
な
胸
  
錠
を
付
け
た
ま
ま
中
か
ら
出
し
て
行
く
 °
勿
論
 
そ
の
頃
の
佐
美
  
っ
て
い
る
巨
乳
か
ら
超
乳
の
人
達
を
指
差
す
と
 
そ
の
人
達
を
手
  
 
自
ら
顔
を
赤
ら
め
つ
つ
そ
う
言
う
白
衣
の
美
女
は
 
牢
獄
に
入
  
  
夫
だ
け
ど
ね
 
  
は
お
い
し
い
し
 
栄
養
バ
ラ
ン
ス
も
考
え
ら
れ
て
い
る
か
ら
大
丈
  
大
き
く
て
大
丈
夫
か
い
と
思
い
た
い
く
ら
い
だ
よ
 °
こ
こ
の
料
理
  
っ
 
こ
ん
な
胸
が
多
す
ぎ
て
 
こ
っ
ち
と
し
て
は
そ
ん
な
に
胸
が
  
こ
っ
ち
の
方
で
ち
ょ
っ
と
し
た
処
理
を
施
せ
ば
良
い
だ
ろ
う
 °
  
カ
ッ
プ
 
最
高
で
Z
Z
カ
ッ
プ
ね
 °
こ
の
5
0
人
く
ら
い
な
ら
ば
  
胸
揃
い
が
揃
っ
て
い
る
ね
ぇ
 °
F
以
下
の
者
を
除
け
ば
最
低
で
I
  
 
ふ
む
 °
ま
ぁ
 
あ
る
程
度
E
ブ
ロ
ッ
ク
は
粒
揃
い
と
言
う
か
 

   

  
っ
た
 °
と
は
言
っ
て
も
 
そ
の
人
自
身
は
何
も
し
て
い
な
い
し
 
  
 
 
そ
い
つ
 
は
絶
望
が
口
を
開
い
て
喋
っ
て
い
る
よ
う
な
者
だ
  
  
 
:
:
:
:
!
?
 
  
  
 
|
|
|
|
|
|
地
獄
を
見
た
 °
  
  
こ
で
  
と
書
か
れ
た
部
屋
へ
と
通
さ
れ
る
 °
部
屋
へ
と
通
さ
れ
た
私
は
そ
  
験
体
E
|
5
2
 
と
呼
ば
れ
た
私
は
そ
の
ま
ま
 
実
験
準
備
室
 
  
 
そ
う
思
い
な
が
ら
自
分
の
出
番
を
待
っ
て
い
た
の
だ
が
 
 
  
  
  
  
た
ん
だ
け
れ
ど
も
 °
  
怪
人
は
〇
〇
シ
ェ
イ
ド
 
と
い
う
法
則
が
あ
る
の
か
と
思
っ
て
い
  
名
前
や
人
間
っ
ぽ
い
名
前
だ
っ
た
り
す
る
名
な
の
で
 
き
っ
と
 
  
ド
と
言
っ
た
者
達
で
 
副
官
な
ど
の
幹
部
は
ち
ょ
っ
と
変
わ
っ
た
  
会
っ
た
怪
人
達
の
名
前
が
カ
ラ
|
シ
ェ
イ
ド
や
リ
モ
コ
ン
シ
ェ
イ
  
残
さ
れ
た
者
達
が
き
ょ
と
ん
と
し
た
顔
を
す
る
 °
き
っ
と
今
ま
で

   

  
 
シ
ェ
イ
ド
は
そ
の
棒
を
私
の
胸
元
へ
と
近
付
け
る
と
回
し
 
  
  
い
け
れ
ど
も
|
|
|
|
早
速
始
め
ま
し
ょ
う
┗┛
  
く
し
な
い
と
な
ら
な
い
ん
だ
 °
M
u
k
a
M
u
k
a
と
君
に
は
悪
  
ま
ら
な
い
ね
 °
そ
れ
に
ボ
ク
は
L
o
v
e
L
o
v
e
と
能
力
を
強
  
┏┓
ま
っ
 
G
o
t
y
a
G
o
t
y
a
と
大
き
く
す
る
だ
け
で
は
つ
  
  
私
の
元
へ
と
や
っ
て
来
て
い
た
 °
  
 
シ
ェ
イ
ド
は
腰
の
ポ
ケ
ッ
ト
か
ら
1
本
の
棒
を
取
り
出
し
て
 
  
  
い
け
な
い
か
ら
 
早
速
N
o
r
o
N
o
r
o
と
や
り
ま
し
ょ
う
┗┛
  
様
か
ら
あ
な
た
の
胸
を
B
e
t
a
B
e
t
a
と
大
き
く
し
な
い
と
  
メ
モ
リ
は
  
で
す
け
れ
ど
も
ね
 °
ボ
ク
は
敬
愛
す
る
ナ
ッ
ノ
  
イ
ド
と
申
す
者
で
す
 °
シ
ェ
イ
ド
と
い
う
名
前
だ
け
れ
ど
も
使
う
  
・
ナ
ッ
ノ
様
の
副
官
を
さ
せ
て
い
た
だ
い
て
い
る
幽
鬼
使
徒
シ
ェ
  
ト
ラ
ッ
プ
 
君
 
か
 °
ボ
ク
は
敬
愛
す
る
文
化
者
エ
|
ジ
ェ
ン
ト
  
┏┓
君
が
Y
u
r
a
Y
u
r
a
と
し
た
貧
乳
の
実
験
体
E
|
5
2
 
  
  
そ
ん
な
雰
囲
気
を
持
っ
た
女
性
だ
っ
た
 °
  
た
だ
生
き
て
い
る
だ
け
で
絶
望
を
ま
き
散
ら
し
て
い
る
よ
う
な
 

   

  
h
i
H
i
s
h
i
で
Z
i
r
i
Z
i
r
i
の
実
験
を
や
り
ま
し
ょ
  
┏┓
H
y
u
H
y
u
と
や
り
ま
し
ょ
う
 °
W
a
a
W
a
a
と
H
i
s
  
  
け
る
よ
う
に
痛
い
!
 
い
 
痛
い
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
!
  
へ
と
流
し
い
れ
て
:
:
:
:
ぎ
ゃ
あ
あ
あ
あ
!
 
か
 
身
体
が
焼
  
そ
の
ま
ま
も
う
1
本
の
腕
で
フ
ラ
ス
コ
を
取
り
出
し
て
私
の
身
体
  
 
シ
ェ
イ
ド
は
私
の
身
体
か
ら
取
り
外
し
た
腕
を
棚
に
置
く
と
 
  
  
a
k
i
S
y
a
k
i
と
体
内
に
膨
乳
液
を
入
れ
ま
し
ょ
う
か
┗┛
  
り
ま
し
ょ
う
 °
P
a
k
u
P
a
k
u
と
腕
を
取
り
外
し
て
 
S
y
  
と
や
る
の
は
変
で
す
か
ら
ね
 °
ま
ず
は
P
y
o
n
P
y
o
n
と
や
  
┏┓
さ
っ
と
や
ら
せ
て
い
た
だ
き
ま
し
ょ
う
 °
N
a
g
a
N
a
g
a
  
 
  
 
え
っ
!
?
 
ど
 
ど
う
し
て
 
私
の
腕
が
 
そ
こ
に
:
:
:
:
!
?
  
  
そ
し
て
自
分
の
腕
が
取
り
外
さ
れ
て
ピ
ク
ピ
ク
と
動
い
て
い
る
 °
  
 
い
つ
の
間
に
か
 
私
の
身
体
は
真
ん
中
か
ら
分
か
れ
て
お
り
 
  
  
 
ん
:
:
:
:
?
 
え
 
え
え
っ
!
?
 
  


























   

  
所
属
区
分
;
文
化
者
エ
|
ジ
ェ
ン
ト
・
ナ
ッ
ノ
の
副
官
  
○
幽
鬼
使
徒
シ
ェ
イ
ド
  
ユ
シ
|
モ
ン
ス
タ
|
N
o
 
  
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
  
  
 
そ
れ
こ
そ
毎
晩
の
よ
う
に
 
悪
夢
で
見
る
く
ら
い
で
 °
  
 
私
は
今
で
も
 
あ
の
シ
ェ
イ
ド
が
苦
手
で
あ
る
 °
  
  
て
い
な
い
 °
途
中
ま
で
忘
れ
て
し
ま
っ
て
い
た
け
れ
ど
も
 °
  
や
っ
た
事
で
私
が
い
く
つ
ト
ラ
ウ
マ
を
植
え
付
け
ら
れ
た
か
覚
え
  
さ
れ
た
り
 
触
手
を
腹
に
付
け
ら
れ
た
り
:
:
:
:
シ
ェ
イ
ド
が
  
 
そ
の
後
 
腕
を
別
の
物
に
変
え
ら
れ
た
り
 
顔
を
身
体
か
ら
外
  
  
 
ひ
 
ひ
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
!
 
  
  
 
さ
ぁ
 
や
 
り
 
ま
 
し
ょ
 
う
?
┗┛
  
早
め
に
効
果
が
出
な
い
と
難
し
い
か
も
ね
 °
  
 
胸
を
大
き
く
す
る
の
に
1
0
0
以
上
の
方
法
を
試
し
ま
す
が
 
  
う
に
 
P
u
r
i
P
u
r
i
で
や
り
ま
し
ょ
う
か
 °
  
う
か
 °
敬
愛
す
る
エ
|
ジ
ェ
ン
ト
・
ナ
ッ
ノ
様
の
お
役
に
立
つ
よ

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
  
;
眠
田
佐
美
  
究
を
笑
顔
で
や
っ
て
の
け
る
恐
ろ
し
い
人
で
す
:
:
:
:
 °
B
y
  
間
の
身
体
を
ば
ら
ば
ら
に
し
て
反
応
を
楽
し
ん
だ
り
 
色
々
な
研
  
音
語
や
擬
態
語
を
意
味
を
合
せ
ず
に
意
味
も
な
く
多
用
す
る
 °
  
ノ
様
に
対
し
て
は
 
敬
愛
す
る
 
と
い
う
枕
詞
を
常
に
付
け
 
  
所
見
;
全
身
か
ら
絶
望
を
漂
わ
せ
る
 
恐
ろ
し
い
幹
部
様
 °
ナ
ッ
  
使
用
メ
モ
リ
;
  

















  > ≫