い
ま
す
の
で
 
是
非
覚
え
て
く
だ
さ
い
ね
 °
私
の
名
前
は
チ
ュ
|
  
∧
訳
;
ふ
ふ
:
:
:
:
凄
い
力
を
持
っ
た
人
さ
ん
 °
お
名
前
を
言
  
国
を
背
負
い
し
火
の
巫
女
な
り
け
り
 °
  
チ
ュ
|
ナ
‖
ス
カ
イ
 °
地
面
と
決
別
し
 
世
界
か
ら
舞
い
降
り
た
  
名
を
所
望
す
る
な
ら
ば
 
そ
の
身
に
刻
み
付
け
ろ
!
 
我
が
名
は
  
 
ク
フ
フ
:
:
:
:
神
に
選
ば
れ
し
力
を
持
ち
し
咎
人
よ
 °
我
が
  
第
9
話
 
巨
人
殺
し
|
ジ
ャ
イ
ア
ン
ト
キ
リ
ン
グ
|
 
  
  
よ
う
と
し
て
い
た
 °
  
 
そ
し
て
今
こ
の
場
で
も
 
愛
詩
荘
の
一
部
屋
で
も
恋
が
生
ま
れ
  
と
普
通
の
人
間
的
な
物
と
は
違
っ
て
い
て
:
:
:
:
 °
  
生
ま
れ
や
す
い
と
言
う
事
で
あ
る
 °
し
か
も
そ
の
恋
愛
が
ち
ょ
っ
  
に
は
ち
ょ
っ
と
し
た
ジ
ン
ク
ス
的
な
物
が
あ
る
 °
そ
れ
は
恋
愛
が
  
た
古
ぼ
け
た
賃
貸
ア
パ
|
ト
な
の
だ
け
れ
ど
も
 
こ
の
ア
パ
|
ト
  
2
階
建
て
 
月
給
4
万
円
で
3
L
D
K
の
間
取
り
の
ち
ょ
っ
と
し
  
 
ア
パ
|
ト
 
 
愛
詩
荘
∧
ア
イ
シ
ソ
ウ
∨
 
 °
1
階
4
部
屋
の
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
キ
リ
ン
グ
|
 
  
恋
愛
悪
魔
の
ア
パ
|
ト
 
第
9
話
 
巨
人
殺
し
|
ジ
ャ
イ
ア
ン
ト

≪ <  

  
少
女
が
現
れ
る
 °
  
 
ポ
ン
ッ
 
と
テ
レ
ビ
の
電
源
が
付
い
て
 
先
程
の
3
つ
目
の
美
  
  
 
ち
ょ
っ
と
待
て
|
い
!
 
  
  
 
さ
て
 
疲
れ
た
し
 
銭
湯
で
も
入
り
に
行
く
か
 
  
  
が
真
っ
黒
に
な
っ
て
消
え
る
 °
  
タ
ン
を
押
す
と
 
プ
ツ
ン
と
い
う
音
と
共
に
テ
レ
ビ
の
モ
ニ
タ
|
  
 
私
 
大
川
波
蔵
は
そ
う
言
っ
て
テ
レ
ビ
の
リ
モ
コ
ン
の
電
源
ボ
  
  
用
は
な
い
 
  
 
何
を
言
っ
て
い
る
の
か
分
か
ら
な
い
奴
に
は
 
も
う
こ
れ
以
上
  
  
 
テ
レ
ビ
に
映
る
彼
女
は
 
そ
う
言
っ
て
ク
フ
フ
と
笑
っ
て
い
る
 °
  
貌
を
し
て
お
り
 
そ
の
額
に
は
第
3
の
眼
が
存
在
し
て
い
る
 °
  
ち
も
美
し
く
 
人
目
で
誰
も
が
好
き
に
な
っ
て
し
ま
い
そ
う
な
美
  
 
美
し
く
映
る
長
い
金
髪
の
ロ
ン
グ
ヘ
ア
|
 
そ
し
て
瞳
も
顔
立
  
  
ナ
‖
ス
カ
イ
 °
宇
宙
人
で
 
第
3
王
女
で
す
!
∨
 
 





   

  
と
は
:
:
:
:
!
 
ゆ
 
許
さ
ん
!
 
例
え
こ
の
世
界
最
強
の
男
  
の
第
三
王
女
で
あ
る
こ
の
私
 
チ
ュ
|
ナ
‖
ス
カ
イ
を
無
視
す
る
  
 
お
 
己
|
!
 
わ
 
私
を
こ
け
に
す
る
と
は
!
 
ス
カ
イ
星
人
  
  
疲
れ
を
取
る
た
め
に
銭
湯
へ
と
向
か
う
の
で
あ
っ
た
 °
  
 
波
蔵
は
そ
う
言
っ
て
 
テ
レ
ビ
を
消
す
 °
そ
し
て
今
日
一
日
の
  
  
 
意
味
分
か
ら
な
い
 
  
  
|
ナ
‖
ス
カ
イ
 °
ス
カ
イ
星
人
の
第
三
王
女
:
:
:
:
 
  
 
そ
 
そ
う
?
 
は
 
話
せ
ば
分
か
る
の
ね
 °
私
の
名
前
は
チ
ュ
  
  
を
聞
い
て
や
ろ
う
じ
ゃ
な
い
か
 
  
 
分
か
っ
た
か
ら
ち
ゃ
ん
と
話
せ
 °
そ
う
し
た
ら
 
ち
ゃ
ん
と
話
  
  
ゃ
ん
と
話
を
し
て
よ
!
 
  
レ
ビ
か
ら
出
ら
れ
ず
に
び
っ
く
り
し
て
る
よ
!
 
と
言
う
か
 
  
〇
子
も
び
っ
く
り
だ
よ
!
 
井
戸
か
ら
出
ら
れ
た
け
れ
ど
も
 
  
 
こ
の
タ
イ
ミ
ン
グ
で
テ
レ
ビ
を
消
す
っ
て
あ
り
得
る
!
?
 
サ
  


























   

  
過
程
で
彼
女
達
が
宇
宙
人
で
あ
る
事
を
知
っ
て
し
ま
っ
た
 °
身
体
  
て
し
ま
っ
た
 °
ま
ぁ
 
若
気
の
至
り
と
い
う
奴
だ
 °
そ
し
て
そ
の
  
 
私
は
最
初
の
マ
ッ
サ
|
ジ
で
佐
菜
と
佑
奈
の
2
人
を
絶
頂
さ
せ
  
  
ら
は
:
:
:
:
宇
宙
人
だ
っ
た
よ
な
?
 
  
 
チ
ュ
|
ナ
っ
て
 
な
ん
だ
?
 
知
り
合
い
か
?
 
確
か
 
お
前
  
  
震
え
な
が
ら
 
そ
う
答
え
て
い
た
 °
  
ス
カ
イ
に
つ
い
て
聞
い
て
み
た
 °
す
る
と
ガ
ク
ガ
ク
ブ
ル
ブ
ル
と
  
っ
た
私
は
も
し
か
し
て
知
っ
て
い
る
の
か
と
思
っ
て
チ
ュ
|
ナ
‖
  
 
銭
湯
か
ら
の
帰
り
道
 
た
ま
た
ま
佐
菜
と
佑
奈
の
2
人
に
出
会
  
  
は
苦
言
を
呈
し
ま
す
 
  
 
そ
れ
は
ま
た
厄
介
な
も
の
に
目
を
付
け
ら
れ
ま
し
た
ね
 
と
私
  
 
ち
ゅ
 
チ
ュ
|
ナ
|
‖
ス
カ
イ
!
 
だ
と
!
?
 
  
☆
  
  
っ
て
い
る
 
  
 
き
っ
と
 
奴
の
 
リ
リ
|
サ
|
 
は
大
し
た
事
が
な
い
に
決
ま
  
だ
と
し
て
も
 
そ
ん
な
奴
は
こ
の
私
に
は
必
要
な
い
 °





   

  
な
能
力
を
持
つ
王
女
が
居
る
ら
し
い
 °
  
暮
ら
し
て
い
る
ら
し
い
 °
そ
し
て
そ
の
王
族
に
は
5
人
の
 
特
殊
  
文
明
が
発
達
し
過
ぎ
た
あ
ま
り
 
電
脳
空
間
と
行
き
来
す
る
事
で
  
 
ス
カ
イ
星
と
は
地
球
よ
り
か
は
木
星
に
近
く
 
ガ
ス
に
近
い
 °
  
 
そ
う
言
っ
て
佑
奈
が
教
え
て
く
れ
る
 °
  
  
は
自
分
の
知
識
を
思
い
返
し
ま
す
 
  
 
さ
ら
に
チ
ュ
|
ナ
‖
ス
カ
イ
は
第
三
王
女
だ
っ
た
は
ず
 
と
私
  
る
し
な
 
  
の
方
が
技
術
が
進
ん
で
た
り
す
る
け
ど
 
あ
っ
ち
の
方
が
進
ん
で
  
達
の
2
つ
の
星
が
月
 
み
た
い
な
も
の
だ
 °
地
球
の
小
説
だ
と
月
  
人
に
分
か
り
や
す
く
言
う
と
 
ス
カ
イ
星
人
の
星
が
地
球
で
 
  
 
ス
カ
イ
星
は
 
オ
レ
達
の
2
つ
の
星
の
主
星
に
当
た
る
 °
地
球
  
  
る
 °
  
か
と
思
っ
た
の
だ
が
 
ど
う
や
ら
本
当
に
知
っ
て
い
る
よ
う
で
あ
  
い
う
事
を
知
っ
て
い
る
か
ら
 
 
ス
カ
イ
 
と
か
聞
い
て
関
係
者
  
 
と
り
あ
え
ず
 
佐
菜
が
シ
|
星
人
 
佑
奈
が
ラ
ン
ド
星
人
だ
と
  
普
通
の
人
間
と
し
て
ど
う
か
と
思
う
け
ど
 °
  
が
自
然
に
ヌ
ル
リ
と
し
た
り
 
身
体
に
岩
を
付
け
た
り
す
る
の
は

   

  
レ
ビ
の
中
に
居
て
 
何
が
出
来
る
と
い
う
ん
だ
と
い
う
感
じ
で
な
 °
  
の
か
を
知
っ
た
け
ど
 
別
に
焦
り
は
し
な
か
っ
た
 °
だ
っ
て
 
  
 
と
ま
ぁ
 
私
は
2
人
か
ら
チ
ュ
|
ナ
と
い
う
奴
が
ど
ん
な
奴
な
  
  
お
ち
お
ち
 
ニ
ュ
|
ス
や
バ
ラ
エ
テ
ィ
|
も
見
ら
れ
は
し
な
い
ぜ
 
  
 
ど
う
で
も
良
い
か
ら
テ
レ
ビ
か
ら
早
く
出
て
行
っ
て
欲
し
い
ぜ
 °
  
  
た
い
な
の
か
 
  
し
く
 
と
り
あ
え
ず
そ
の
チ
ュ
|
ナ
は
お
前
の
と
こ
ろ
に
来
た
み
  
な
も
の
ら
し
い
な
 °
そ
し
て
地
球
人
の
中
に
あ
る
と
さ
れ
る
物
ら
  
 
所
謂
 
人
間
の
本
能
に
あ
る
と
さ
れ
る
1
つ
の
野
生
 
み
た
い
  
  
 
リ
リ
|
サ
|
?
 
  
  
地
球
に
来
て
い
る
ら
し
い
 °
  
次
元
に
居
る
相
手
で
あ
り
 
こ
い
つ
ら
は
リ
リ
|
サ
|
を
探
し
て
  
奈
と
佐
菜
が
戦
い
に
も
な
ら
な
い
よ
う
な
 
そ
ん
な
は
る
か
上
の
  
第
五
王
女
ル
|
タ
‖
ス
カ
イ
 °
以
上
の
5
人
だ
が
こ
い
つ
ら
は
佑
  
第
三
王
女
チ
ュ
|
ナ
‖
ス
カ
イ
 °
第
四
王
女
ワ
ク
チ
ン
‖
ス
カ
イ
 °
  
 
第
一
王
女
ネ
ッ
ト
‖
ス
カ
イ
 °
第
二
王
女
サ
|
バ
‖
ス
カ
イ
 °

   

  
  
そ
れ
と
は
別
の
力
 °
  
 
私
達
ス
カ
イ
星
人
は
元
々
も
の
を
電
子
化
さ
せ
る
力
を
持
つ
が
 
  
近
い
 °
  
来
を
予
知
す
る
予
知
と
か
あ
る
け
れ
ど
も
 
だ
い
た
い
は
そ
れ
に
  
 
地
球
人
で
も
見
た
も
の
を
忘
れ
な
い
絶
対
記
憶
能
力
と
か
 
  
人
に
よ
っ
て
そ
の
力
が
変
わ
る
不
思
議
な
力
 °
  
あ
る
 °
リ
リ
|
サ
|
と
は
こ
の
宇
宙
に
住
む
全
て
の
人
間
が
持
つ
 
  
 
ス
カ
イ
星
で
は
 
 
リ
リ
|
サ
|
 
と
呼
ば
れ
る
1
つ
の
力
が
  
  
ナ
‖
ス
カ
イ
は
最
強
の
女
 
い
や
最
強
の
人
間
で
あ
る
 °
  
 
私
は
強
い
 °
そ
う
 
こ
の
私
 
ス
カ
イ
星
第
三
王
女
の
チ
ュ
|
  
  
 
可
笑
し
い
 
可
笑
し
い
 °
  
☆
  
  
 
ま
さ
か
 
私
が
そ
い
つ
の
大
き
な
手
に
つ
ま
ま
れ
る
と
は
 °
  
  
 
だ
か
ら
 
帰
っ
て
み
て
驚
い
た
 °
  


























   

  
  
:
  
 
怒
っ
た
私
は
 
こ
ち
ら
の
世
界
で
始
末
し
よ
う
と
し
て
:
:
:
  
  
た
ん
で
す
が
 
い
き
な
り
テ
レ
ビ
の
電
源
を
消
さ
れ
て
:
:
:
:
 °
  
だ
と
思
っ
て
手
始
め
に
奴
隷
に
し
て
手
助
け
さ
せ
よ
う
か
と
思
っ
  
 
こ
の
男
 
大
川
波
蔵
は
検
索
し
た
結
果
 
そ
れ
な
り
に
強
い
男
  
  
今
さ
ら
そ
ん
な
者
を
呼
び
寄
せ
る
の
か
分
か
ら
な
い
 °
  
た
 °
私
が
強
い
の
は
既
に
決
ま
っ
て
い
る
事
な
の
に
 
ど
う
し
て
  
|
を
持
つ
者
を
探
し
当
て
た
も
の
を
後
継
者
に
す
る
と
言
っ
て
い
  
私
達
に
地
球
に
居
る
人
の
中
に
居
る
と
さ
れ
る
 
王
の
リ
リ
|
サ
  
 
け
ど
 
お
父
様
は
そ
う
思
っ
て
な
か
っ
た
み
た
い
 °
お
父
様
は
  
  
奴
も
居
な
い
 °
だ
か
ら
 
私
が
征
服
す
る
の
が
一
番
で
し
ょ
?
  
 
だ
っ
て
私
以
上
に
大
き
な
存
在
は
居
な
い
し
 
私
以
上
に
強
い
  
を
支
配
す
る
と
い
う
征
服
欲
の
虜
だ
っ
た
 °
  
で
も
 
こ
の
力
で
無
敵
の
力
を
誇
っ
て
い
た
私
は
 
全
て
の
人
間
  
言
う
巨
大
な
 
膨
大
な
大
き
さ
だ
 °
か
つ
て
ス
カ
イ
星
に
居
た
頃
  
 
私
が
持
つ
リ
リ
|
サ
|
は
 
巨
人
の
力
 °
そ
れ
も
1
0
億
倍
と

   

  
  
  
  
  
 
身
体
の
疼
き
が
止
ま
ら
な
い
の
だ
ろ
う
?
 
  
  
:
:
:
 
  
 
は
ぁ
は
ぁ
:
:
:
:
も
 
も
っ
と
:
:
:
:
し
て
 
欲
し
い
:
  
  
 
な
の
に
 
何
故
:
:
:
:
  
押
し
付
け
た
時
点
で
 
勝
敗
は
決
し
て
い
る
は
ず
だ
 °
  
 
1
0
億
倍
サ
イ
ズ
の
こ
の
私
が
 
胸
と
は
言
え
自
分
の
身
体
を
  
  
 
私
は
確
か
に
押
し
つ
ぶ
し
た
は
ず
だ
 °
  
  
 
な
ん
で
:
:
:
:
 
  
  
ど
も
 
  
胸
を
持
つ
こ
の
私
の
 
胸
で
押
し
つ
ぶ
そ
う
と
し
た
ん
で
す
け
れ
  
 
通
常
サ
イ
ズ
で
も
K
カ
ッ
プ
と
い
う
破
格
の
大
き
さ
の
巨
大
な

  > ≫