勿
論
 
こ
こ
は
大
海
原
な
ん
か
で
は
な
く
 
作
り
物
の
海
:
:
:
  
ウ
ォ
タ
|
ス
ラ
イ
ダ
|
を
初
め
と
し
た
多
く
の
レ
ジ
ャ
|
用
具
 °
  
に
心
を
奪
わ
れ
て
い
た
 °
青
い
空
に
白
い
雲
 
流
れ
る
水
飛
沫
に
  
 
宮
下
奏
太
∧
み
や
し
た
そ
う
た
∨
は
目
の
前
に
広
が
る
大
海
原
  
  
 
う
わ
ぁ
|
!
 
  
☆
  
  
に
つ
い
て
の
話
で
あ
る
 °
  
 
今
回
は
 
そ
ん
な
レ
ジ
ャ
|
施
設
の
1
つ
 
紫
峰
屋
内
プ
|
ル
  
益
に
な
っ
て
い
る
の
が
大
財
閥
の
際
た
る
由
縁
で
あ
る
 °
  
金
持
ち
の
道
楽
と
思
わ
れ
る
か
も
し
れ
な
い
が
そ
れ
が
確
か
に
収
  
め
だ
け
に
楽
し
め
る
施
設
を
作
り
出
す
の
は
 
そ
れ
だ
け
聞
く
と
  
あ
る
 °
遊
園
地
や
水
族
館
 
動
物
園
な
ど
を
沖
杉
家
の
女
達
の
た
  
の
だ
け
れ
ど
も
 
そ
の
数
あ
る
事
業
の
一
つ
に
レ
ジ
ャ
|
事
業
が
  
る
 °
沖
杉
家
の
事
業
形
態
は
そ
れ
こ
そ
多
種
多
様
に
渡
っ
て
い
る
  
 
ニ
ュ
|
・
紫
峰
市
で
沖
杉
家
は
他
に
並
ぶ
事
の
な
い
名
家
で
あ
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
超
乳
戦
隊
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
 
桃
の
弟
の
あ
わ
い
初
恋

≪ <  

  
  
に
感
謝
を
す
る
の
で
あ
っ
た
 °
  
 
宮
下
奏
太
は
今
日
 
こ
の
場
を
作
っ
て
く
れ
た
姉
 
宮
下
桃
子
  
  
 
じ
ゃ
あ
 
姉
ち
ゃ
ん
!
 
俺
 
今
日
は
頑
張
る
よ
!
 
  
  
顔
を
思
え
ば
今
日
の
事
だ
っ
て
安
い
も
の
だ
 °
  
れ
る
事
も
ち
ょ
っ
と
増
え
て
来
た
け
れ
ど
も
 
そ
ん
な
の
2
人
の
  
近
 
2
人
が
可
愛
く
な
っ
て
奏
太
が
男
子
か
ら
仲
間
は
ず
れ
に
さ
  
奏
太
の
友
達
で
 
何
を
す
る
に
も
一
緒
の
仲
良
し
3
人
組
だ
 °
  
 
お
ぉ
|
!
 
と
拳
を
上
げ
て
嬉
し
そ
う
に
し
て
い
た
 °
2
人
は
  
 
奏
太
と
一
緒
に
来
た
赤
志
ミ
ミ
ナ
と
六
条
カ
ホ
ノ
の
2
人
も
  
  
 
お
ぉ
|
!
 
  
 
遊
ぶ
わ
よ
|
!
 
  
 
今
日
は
遊
ぶ
ぞ
|
!
 
  
  
が
嬉
し
か
っ
た
の
で
あ
る
 °
  
て
い
た
 °
し
か
も
 
そ
れ
が
自
分
1
人
だ
け
の
も
の
だ
と
知
る
の
  
:
屋
内
プ
|
ル
な
の
だ
が
 
そ
れ
で
も
宮
下
奏
太
は
心
を
奪
わ
れ

   

  
 
怖
い
よ
|
 
奏
太
君
|
!
 
  
 
た
 
助
け
て
|
!
 
  
☆
  
  
さ
か
あ
ん
な
こ
と
に
な
る
と
は
こ
の
時
は
誰
も
分
か
ら
な
か
っ
た
 °
  
ん
で
 
楽
し
く
3
人
で
遊
ん
で
い
た
の
だ
け
れ
ど
も
:
:
:
:
ま
  
 
そ
う
言
っ
て
奏
太
が
プ
|
ル
に
飛
び
込
ん
で
 
2
人
も
跳
び
込
  
  
 
遊
ぶ
ぞ
|
!
 
  
  
だ
が
:
:
:
:
 °
  
げ
で
 
こ
う
し
て
普
段
は
休
業
中
の
プ
|
ル
に
2
人
を
誘
え
た
の
  
の
チ
ケ
ッ
ト
の
う
ち
 
3
枚
を
奏
太
に
く
れ
た
の
だ
 °
そ
の
お
か
  
沖
杉
留
子
と
友
達
ら
し
く
て
 
そ
の
留
子
さ
ん
か
ら
貰
っ
た
4
枚
  
 
そ
ん
な
姉
は
 
こ
の
プ
|
ル
の
持
ち
主
で
あ
る
沖
杉
家
の
娘
 
  
面
だ
け
ど
 °
  
な
い
姉
で
あ
る
 °
勿
論
 
肉
体
的
な
面
で
は
無
く
て
 
精
神
的
な
  
ば
な
ん
で
も
気
軽
に
相
談
出
来
る
け
れ
ど
も
 
女
ら
し
さ
を
感
じ
  
元
気
い
っ
ぱ
い
の
女
性
で
あ
る
 °
弟
の
目
か
ら
言
わ
せ
て
貰
え
れ
  
 
宮
下
奏
太
の
姉
 
宮
下
桃
子
は
一
言
で
言
え
ば
胸
が
大
き
い
 

   

  
 
そ
し
て
今
現
在
 
奏
太
は
完
全
に
舐
め
ら
れ
て
い
た
 °
2
人
を
  
は
思
っ
て
な
か
っ
た
の
で
あ
る
 °
  
の
存
在
は
知
っ
て
い
る
が
 
ま
さ
か
そ
の
怪
人
が
2
人
を
狙
う
と
  
|
ム
ネ
|
ム
の
1
人
で
あ
る
と
名
乗
っ
た
の
で
あ
る
 °
一
応
 
  
の
2
人
を
今
の
よ
う
に
捕
ま
え
た
の
で
あ
る
 °
そ
し
て
自
分
が
ネ
  
の
変
な
も
の
を
付
け
た
そ
い
つ
は
 
い
き
な
り
ミ
ミ
ナ
と
カ
ホ
ノ
  
 
全
身
に
泡
を
付
け
た
扇
情
的
な
格
好
で
 
頭
に
タ
オ
ル
か
何
か
  
る
と
 
に
や
に
や
笑
い
な
が
ら
泡
を
息
で
吹
き
飛
ば
す
 °
  
 
下
品
に
笑
う
そ
い
つ
は
 
全
身
に
つ
け
た
泡
の
一
部
を
手
で
取
  
  
来
い
よ
|
 
出
来
れ
ば
の
話
だ
が
ね
|
 
  
訳
無
い
で
し
ょ
う
?
 
く
や
し
か
っ
た
ら
こ
っ
ち
ま
で
か
か
っ
て
  
 
ぐ
へ
へ
|
 °
そ
ん
な
事
を
言
わ
れ
て
 
こ
の
お
姉
さ
ん
が
離
す
  
  
 
お
 
お
前
!
 
ふ
 
ふ
た
り
を
離
せ
!
 
  
  
叫
ぶ
 °
  
い
つ
に
 
ユ
シ
|
・
ソ
|
プ
シ
ェ
イ
ド
と
名
乗
っ
た
そ
の
怪
人
に
  
 
2
人
が
泣
き
叫
び
 
奏
太
は
2
人
を
取
り
返
し
て
欲
し
く
て
そ
  


























   

  
  
さ
い
よ
ぅ
?
 
  
攻
撃
と
し
て
は
意
味
を
な
さ
な
い
 °
諦
め
て
 
さ
っ
さ
と
帰
り
な
  
理
的
な
攻
撃
も
 
遠
距
離
攻
撃
の
全
て
も
 
こ
の
私
に
と
っ
て
は
  
 
私
の
身
体
は
あ
ら
ゆ
る
物
を
跳
ね
返
し
て
 
弾
き
飛
ば
す
 °
  
知
ら
な
い
女
の
よ
う
に
ね
 °
  
に
ツ
ル
ツ
ッ
ル
 
そ
う
そ
れ
は
純
真
無
垢
で
男
と
の
性
の
喜
び
を
  
と
は
石
鹸
の
事
を
指
す
言
葉
 °
つ
ま
り
私
の
身
体
は
石
鹸
の
よ
う
  
 
小
学
生
程
度
で
は
知
ら
な
い
で
し
ょ
う
け
れ
ど
も
 
s
o
a
p
  
  
無
い
笑
い
声
を
出
す
 °
  
で
行
っ
た
 °
そ
れ
を
見
て
 
ソ
|
プ
シ
ェ
イ
ド
は
ぐ
へ
へ
と
品
の
  
当
た
っ
た
か
の
よ
う
に
ツ
ル
ン
と
滑
り
 
あ
ら
ぬ
方
向
へ
と
飛
ん
  
そ
の
怪
人
に
ぶ
つ
け
る
が
石
は
ま
る
で
ふ
わ
ふ
わ
の
毛
布
に
で
も
  
 
奏
太
は
そ
う
言
っ
て
近
く
に
あ
っ
た
人
工
物
の
石
を
取
っ
て
 
  
  
 
く
 
く
そ
ぅ
!
 
こ
 
こ
れ
で
も
喰
ら
え
ぇ
!
 
  
  
転
が
っ
て
い
た
 °
  
泡
の
縄
で
捕
ま
え
た
状
態
で
 
嬉
し
そ
う
に
ビ
|
チ
ベ
ッ
ド
に
寝

   

  
  
 
な
 
な
に
が
:
:
:
:
 
  
  
ブ
に
足
ぶ
つ
け
た
ぁ
!
 
熱
い
ぃ
!
 
痛
い
ぃ
!
 
  
 
ぐ
わ
ぁ
!
 
あ
 
熱
い
ぃ
ぃ
ぃ
!
 
身
体
が
:
:
:
:
ス
ト
|
  
  
彼
女
は
吹
き
飛
ば
さ
れ
る
 °
  
 
と
 
い
き
な
り
強
力
な
熱
風
が
ソ
|
プ
シ
ェ
イ
ド
に
ぶ
つ
か
り
 
  
  
 
ア
ブ
ソ
|
ブ
!
 
  
  
 
そ
う
ソ
|
プ
シ
ェ
イ
ド
が
言
っ
た
時
だ
っ
た
 °
  
  
 
さ
ぁ
て
 
そ
ろ
そ
ろ
こ
の
2
人
を
マ
リ
ネ
様
に
:
:
:
:
 
  
で
確
保
し
よ
う
と
言
う
だ
け
の
話
 °
  
要
す
る
に
将
来
的
に
巨
乳
以
上
に
な
る
者
を
あ
ら
か
じ
め
こ
ち
ら
  
:
:
先
行
投
資
っ
て
言
葉
で
分
か
る
か
な
?
 
ぐ
へ
へ
:
:
:
:
  
 
子
供
に
言
っ
て
も
意
味
は
分
か
ら
な
い
だ
ろ
う
け
れ
ど
も
:
:
  
  
 
ふ
 
ふ
た
り
を
ど
う
す
る
つ
も
り
だ
!
?
 








   

  
 
だ
 
大
丈
夫
か
し
ら
ぁ
?
 
さ
ぁ
 
あ
な
た
は
そ
こ
の
2
人
を
  
  
 
∧
な
 
何
言
っ
て
ん
だ
!
 
俺
!
∨
 
  
  
に
大
き
く
 
と
っ
て
も
:
:
:
:
  
け
ら
れ
て
い
た
で
あ
ろ
う
胸
は
ま
る
で
バ
ラ
ン
ス
ボ
|
ル
み
た
い
  
:
:
ド
キ
ド
キ
す
る
 °
そ
し
て
自
分
の
背
中
に
先
程
ま
で
押
し
付
  
ぽ
い
 °
顔
も
色
っ
ぽ
い
し
 
お
尻
も
ム
チ
ム
チ
で
な
ん
だ
か
:
:
  
 
大
人
っ
ぽ
い
ロ
ン
グ
ヘ
ア
|
 
身
長
も
ス
ラ
ッ
と
し
て
大
人
っ
  
 
そ
こ
に
居
た
の
は
 
大
人
の
 
桃
色
の
服
を
着
た
女
の
人
 °
  
  
 
女
の
 
人
:
:
:
:
?
 
  
  
を
振
り
向
く
と
 
そ
こ
に
は
:
:
:
:
  
 
い
き
な
り
の
柔
ら
か
な
感
触
に
 
奏
太
が
び
っ
く
り
し
て
後
ろ
  
  
 
:
:
:
:
!
?
 
  
  
ら
そ
う
柔
ら
か
な
感
触
が
彼
の
背
中
に
伝
わ
っ
て
来
る
 °
  
 
奏
太
が
戸
惑
っ
て
い
る
と
 
 
大
丈
夫
 
僕
ぅ
?
 
と
後
ろ
か

   

  
け
む
り
あ
わ
わ
∨
  
使
用
体
;
実
験
体
S
|
2
6
 
バ
ス
タ
ブ
 
 
湯
煙
あ
わ
わ
∧
ゆ
  
所
属
区
分
;
混
雑
使
徒
マ
リ
ネ
の
部
下
  
〇
ユ
シ
|
・
ソ
|
プ
シ
ェ
イ
ド
  
ユ
シ
|
モ
ン
ス
タ
|
N
o
 
1
7
  
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
  
  
 
宮
下
奏
太
 
こ
れ
が
彼
の
初
恋
だ
っ
た
と
い
う
 °
  
  
知
ら
ず
 
  
 
ま
さ
か
そ
の
相
手
が
 
自
分
の
姉
ち
ゃ
ん
の
変
身
し
た
姿
と
は
  
  
人
を
連
れ
て
逃
げ
出
し
た
の
で
あ
っ
た
 °
  
色
の
服
の
お
姉
ち
ゃ
ん
と
お
別
れ
し
て
 
ミ
ミ
ナ
と
カ
ホ
ノ
の
2
  
 
 
え
ぇ
 
分
か
っ
た
わ
♪
 
奏
太
も
気
を
付
け
て
ね
♥
 
と
桃
  
  
 
わ
 
分
か
っ
た
:
:
:
:
ね
 
姉
ち
ゃ
ん
も
気
を
付
け
て
ね
!
 
  
  
る
か
ら
 
ね
?
 
分
か
っ
た
か
し
ら
♥
 
  
連
れ
て
逃
げ
て
貰
え
る
か
し
ら
ぁ
?
 
今
か
ら
こ
こ
は
戦
場
に
な

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
  
桃
子
  
た
ら
倒
せ
た
!
 
V
!
 
B
y
;
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
ピ
ン
ク
の
宮
下
  
介
だ
っ
た
け
ど
 
ア
ブ
ソ
|
ブ
シ
ュ
|
タ
|
の
熱
風
で
泡
を
弾
い
  
感
じ
が
し
て
い
た
な
ぁ
 °
泡
で
攻
撃
を
跳
ね
返
し
て
ち
ょ
っ
と
厄
  
下
品
で
親
父
っ
ぽ
い
言
葉
が
多
く
て
 
な
ん
だ
か
ち
ょ
っ
と
嫌
な
  
所
見
;
私
の
弟
の
友
達
を
誘
拐
し
よ
う
と
し
て
い
た
悪
い
奴
!
 
  
変
な
ア
|
ト
作
品
の
物
を
載
せ
て
い
る
  
外
見
;
全
身
に
泡
を
付
け
た
扇
情
的
な
格
好
で
 
頭
に
タ
オ
ル
の

  > ≫