裏
に
行
動
せ
よ
と
い
う
命
は
す
ぐ
に
完
了
致
し
ま
す
で
し
ょ
う
 
  
に
怪
人
と
思
わ
れ
る
よ
う
な
と
こ
ろ
も
あ
り
ま
せ
ん
の
で
 
秘
密
  
 
ま
ぁ
 
わ
た
く
し
は
他
の
怪
人
の
皆
々
様
と
違
い
ま
し
て
 
  
ま
せ
ん
と
思
い
ま
す
 °
早
速
 
行
動
に
移
し
ま
し
ょ
う
か
 °
  
か
ら
作
戦
を
開
始
し
よ
う
と
思
っ
て
い
た
の
で
す
が
 
仕
方
あ
り
  
 
ソ
|
プ
シ
ェ
イ
ド
様
達
は
ど
こ
に
行
っ
た
の
で
し
ょ
う
?
 
今
  
  
せ
て
い
た
 °
  
ス
シ
ェ
イ
ド
は
と
言
う
と
 
な
か
な
か
来
な
い
増
援
に
頭
を
悩
ま
  
露
出
し
た
メ
イ
ド
服
を
着
て
い
る
そ
の
女
性
 
ユ
シ
|
・
バ
カ
ン
  
 
胸
が
J
カ
ッ
プ
と
い
う
爆
乳
サ
イ
ズ
で
 
肩
や
胸
元
が
大
き
く
  
性
は
そ
う
呟
い
て
い
た
 °
  
 
ニ
ュ
|
・
紫
峰
市
の
ビ
ジ
ネ
ス
街
 
メ
イ
ド
服
を
着
た
そ
の
女
  
  
 
ど
う
致
し
ま
し
ょ
う
か
ね
:
:
:
:
 
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
迷
わ
な
い
  
超
乳
戦
隊
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
 
黒
戦
士
は
黒
ビ
キ
ニ
に

≪ <  

  
水
着
を
着
た
男
性
や
女
性
が
楽
し
そ
う
に
は
し
ゃ
い
で
い
る
 °
  
月
な
の
に
3
5
℃
を
越
え
て
い
る
と
言
わ
れ
て
る
し
 
街
中
で
は
  
て
は
ま
る
で
夏
の
よ
う
な
猛
暑
で
あ
る
 °
気
象
ニ
ュ
|
ス
で
は
5
  
 
最
近
 
地
球
温
暖
化
の
話
は
良
く
あ
る
け
れ
ど
も
 
そ
れ
に
し
  
  
し
変
な
よ
う
な
?
∨
  
∧
ち
ょ
っ
と
暑
す
ぎ
な
い
:
:
:
:
?
 
そ
れ
に
皆
の
様
子
も
少
  
  
ュ
|
・
紫
峰
市
の
道
を
歩
い
て
い
た
 °
  
強
く
な
っ
た
初
夏
の
日
差
し
を
日
除
け
帽
子
で
遮
り
な
が
ら
 
  
 
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
の
1
人
 
須
黒
梨
花
は
い
き
な
り
  
  
 
暑
い
わ
ね
ぇ
:
:
:
:
 
  
☆
  
  
 
で
は
 
行
動
を
開
始
い
た
し
ま
し
ょ
う
か
ね
 
  
  
て
い
た
 °
  
シ
の
木
を
揺
ら
し
な
が
ら
 
 
秘
密
裏
に
 
行
動
を
開
始
し
始
め
  
 
そ
う
言
っ
て
バ
カ
ン
ス
シ
ェ
イ
ド
は
背
中
か
ら
生
え
て
い
る
ヤ

   

  
ま
ま
そ
ち
ら
の
方
向
へ
と
走
り
出
し
て
い
た
 °
相
手
が
ど
ん
な
事
  
 
梨
花
は
ヤ
シ
の
木
の
成
長
が
進
む
方
向
を
見
つ
け
る
と
 
そ
の
  
  
 
ヤ
シ
の
木
は
:
:
:
:
あ
っ
ち
の
方
が
多
い
わ
ね
 
  
  
性
が
あ
る
よ
う
に
思
え
て
く
る
 °
  
 
そ
う
考
え
る
と
 
こ
の
暑
さ
や
人
々
の
浮
か
れ
具
合
も
 
類
似
  
  
タ
|
の
仕
業
 
な
の
か
な
?
 
  
い
:
:
:
:
わ
よ
ね
?
 
そ
れ
じ
ゃ
あ
 
こ
れ
も
ユ
シ
|
モ
ン
ス
  
 
こ
ん
な
ヤ
シ
の
木
が
い
つ
の
間
に
か
生
え
る
な
ん
て
あ
り
得
な
  
  
に
天
然
の
も
の
で
:
:
:
:
こ
れ
っ
て
も
し
か
し
て
?
  
っ
て
い
た
の
で
あ
る
 °
け
れ
ど
も
手
に
し
た
感
触
と
し
て
は
本
当
  
 
梨
花
は
ホ
ロ
グ
ラ
ム
か
 
も
し
く
は
人
工
物
か
な
に
か
だ
と
思
  
  
っ
て
 
あ
れ
?
 
  
 
こ
の
ヤ
シ
の
木
だ
っ
て
:
:
:
:
本
当
に
リ
ア
ル
で
:
:
:
:
  
  
当
に
常
夏
が
や
っ
て
来
た
み
た
い
で
:
:
:
:
 °







   

  
 
そ
こ
の
女
の
人
!
 
  
  
な
い
!
 
私
は
確
信
し
て
彼
女
を
呼
び
止
め
る
 °
  
:
普
通
の
女
性
は
背
中
か
ら
ヤ
シ
の
木
を
生
や
し
た
り
は
し
て
い
  
い
メ
イ
ド
服
や
胸
は
J
カ
ッ
プ
と
大
き
い
し
 
な
に
よ
り
:
:
:
  
 
明
ら
か
に
普
通
の
女
性
で
は
な
い
女
性
を
発
見
 °
露
出
度
の
高
  
  
 
見
つ
け
た
!
 
  
  
 
そ
し
て
私
 
須
黒
梨
花
が
走
り
続
け
て
い
る
と
 
  
☆
  
  
  
  
  
 
お
姉
さ
ん
が
皆
を
守
る
:
:
:
:
!
 
  
  
し
た
い
と
言
う
気
持
ち
の
方
が
私
は
強
か
っ
た
 °
  
も
し
れ
な
い
け
れ
ど
も
 
今
は
そ
ん
な
事
よ
り
こ
れ
を
な
ん
と
か
  
を
考
え
て
い
る
か
分
か
ら
な
い
し
 
こ
れ
が
何
か
の
作
戦
な
の
か

   

  
っ
て
い
て
 
さ
ら
に
黒
い
シ
ャ
ボ
ン
銃
 
シ
ャ
ド
|
バ
ブ
ル
が
私
  
ッ
と
膨
ら
み
を
増
し
て
い
た
 °
活
動
し
や
す
い
黒
い
服
装
に
変
わ
  
 
そ
し
て
身
長
が
縮
む
代
わ
り
に
 
胸
の
大
き
さ
が
さ
ら
に
ボ
ン
  
  
 
返
信
変
身
 
ギ
ガ
ブ
ラ
ッ
ク
!
 
  
  
め
の
白
い
光
に
包
ま
れ
て
い
く
 °
  
れ
る
 °
そ
し
て
ボ
タ
ン
を
押
す
と
共
に
 
私
の
身
体
が
変
身
の
た
  
 
私
は
そ
う
言
っ
て
 
シ
フ
ト
フ
ォ
ン
に
  
の
メ
モ
リ
を
入
  
  
 
こ
れ
で
も
:
:
:
:
か
し
ら
?
 
  
  
:
:
 
  
た
く
し
の
記
憶
で
は
 
あ
な
た
様
は
ご
存
じ
な
い
の
で
す
が
:
:
  
 
あ
の
:
:
:
:
失
礼
で
す
が
 
ど
ち
ら
様
で
し
ょ
う
か
?
 
わ
  
  
 
と
 
私
が
呼
び
止
め
る
と
 
彼
女
は
こ
ち
ら
を
振
り
向
く
 °
  
  
 
:
:
:
:
は
い
 
わ
た
く
し
の
事
で
し
ょ
う
か
?
 
  


























   

  
イ
ド
服
の
彼
女
へ
と
向
か
っ
て
行
く
 °
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
ブ
ラ
ッ
ク
  
 
シ
ャ
ド
|
バ
ブ
ル
か
ら
放
た
れ
た
多
く
の
泡
は
と
言
う
と
 
  
  
 
喰
ら
え
 
バ
ブ
ル
ウ
イ
ッ
プ
!
 
  
す
け
れ
ど
も
 
ナ
ッ
ノ
博
士
に
見
て
貰
え
れ
ば
分
か
る
で
し
ょ
う
!
  
 
と
り
あ
え
ず
 
あ
な
た
が
何
を
考
え
て
い
る
か
分
か
ら
な
い
で
  
 
バ
ブ
ル
!
 
  
  
る
と
 
必
殺
技
が
チ
ャ
|
ジ
さ
れ
て
い
く
 °
  
 
私
が
そ
う
言
っ
て
 
シ
ャ
ボ
ン
銃
に
  
の
メ
モ
リ
を
入
れ
  
  
 
い
い
加
減
な
事
を
:
:
:
:
!
 
  
  
な
怪
人
で
は
あ
り
ま
せ
ん
よ
?
 
見
当
違
い
 
で
ご
ざ
い
ま
す
よ
?
 
  
も
わ
た
く
し
様
は
ご
く
普
通
の
メ
イ
ド
で
あ
り
ま
す
の
で
 
そ
ん
  
 
ま
ぁ
 
最
近
お
噂
の
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
様
で
し
た
か
 °
け
れ
ど
  
  
は
キ
ョ
ト
ン
と
し
た
顔
で
こ
ち
ら
を
見
て
い
た
 °
  
の
私
の
姿
を
見
て
も
 
ヤ
シ
の
木
を
生
や
し
た
メ
イ
ド
服
の
彼
女
  
の
手
に
す
っ
ぽ
り
と
収
ま
る
 °
そ
ん
な
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
ブ
ラ
ッ
ク

   

  
  
∧
:
:
:
:
閃
光
?
∨
  
  
彼
女
の
頭
上
か
ら
白
く
光
る
閃
光
が
降
り
注
い
で
い
た
 °
  
 
そ
う
言
っ
て
彼
女
は
ス
|
ッ
と
息
を
吐
き
な
が
ら
整
え
る
と
 
  
  
ん
ね
 °
行
き
ま
す
よ
:
:
:
:
 
  
 
穏
便
に
済
ま
せ
る
つ
も
り
だ
っ
た
の
で
す
が
 
仕
方
あ
り
ま
せ
  
  
な
い
 °
そ
れ
ど
こ
ろ
か
 
泡
は
彼
女
の
身
体
を
す
り
抜
け
て
い
る
 °
  
ぶ
つ
か
っ
た
は
ず
な
の
に
 
彼
女
は
全
く
ダ
メ
|
ジ
を
受
け
て
い
  
 
私
の
放
っ
た
バ
ブ
ル
ウ
イ
ッ
プ
は
確
か
に
メ
イ
ド
服
の
彼
女
に
  
  
 
あ
 
あ
れ
?
 
  
  
と
思
っ
た
の
で
す
が
:
:
:
:
  
て
:
:
:
:
私
は
そ
う
思
っ
て
 
シ
フ
ト
フ
ォ
ン
で
連
絡
し
よ
う
  
で
捕
ま
え
て
時
間
を
稼
い
で
い
る
内
に
 
ナ
ッ
ノ
博
士
に
連
絡
し
  
み
込
む
技
で
あ
り
 
敵
を
動
け
な
く
す
る
の
に
使
え
る
技
 °
こ
れ
  
の
私
が
放
っ
た
必
殺
技
バ
ブ
ル
ウ
イ
ッ
プ
は
多
く
の
泡
で
敵
を
包

   

  
  
は
ず
な
の
に
 
今
の
私
の
格
好
は
:
:
:
:
  
身
体
に
さ
っ
き
ま
で
身
に
纏
っ
て
い
た
の
は
黒
い
ス
|
ツ
だ
っ
た
  
 
白
い
煙
が
晴
れ
る
と
 
私
は
自
分
の
姿
に
驚
い
て
い
た
 °
私
の
  
  
 
ケ
ホ
ケ
ホ
ッ
:
:
:
:
何
 
こ
れ
?
 
っ
て
 
え
ぇ
ぇ
ぇ
!
?
 
  
  
る
と
ポ
ン
ッ
 
と
私
の
身
体
が
白
い
煙
に
包
ま
れ
る
 °
  
の
に
 
私
の
足
元
に
そ
の
真
っ
黄
色
の
光
が
当
た
っ
て
い
た
 °
  
で
あ
る
 °
そ
の
せ
い
で
 
完
全
に
避
け
き
っ
た
と
思
っ
た
は
ず
な
  
つ
も
と
違
う
背
丈
だ
か
ら
こ
う
言
っ
た
突
発
的
な
事
に
は
弱
い
の
  
 
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
に
な
る
と
身
体
能
力
は
上
が
る
の
だ
が
 
  
  
∧
や
は
り
こ
の
身
体
 
動
き
辛
い
!
∨
  
  
横
に
飛
ん
だ
ん
で
す
が
 
  
か
と
し
た
光
が
放
た
れ
て
い
た
 °
私
は
慌
て
て
避
け
よ
う
と
し
て
 
  
 
そ
う
し
て
メ
イ
ド
服
の
彼
女
の
手
か
ら
 
真
っ
黄
色
の
ほ
ん
わ
  
  
 
ひ
っ
さ
|
つ
 
あ
|
ろ
|
波
!
 












   

  
∧
:
:
:
:
は
 
速
く
電
話
!
 
電
話
を
し
な
い
と
!
∨
  
  
攻
撃
が
効
か
な
い
か
ら
焦
っ
て
い
た
の
で
あ
る
 °
  
い
る
か
ら
 
私
は
走
っ
て
逃
げ
だ
し
て
い
た
 °
と
言
う
よ
り
も
 
  
 
そ
う
言
い
な
が
ら
ま
た
し
て
も
さ
っ
き
の
光
を
撃
と
う
と
し
て
  
  
 
ち
ょ
っ
:
:
:
:
!
?
 
  
  
一
発
さ
せ
て
い
た
だ
き
ま
し
ょ
う
か
 
  
 
あ
ら
あ
ら
 
避
け
ら
れ
ち
ゃ
い
ま
し
た
か
 °
で
し
た
ら
 
も
う
  
  
い
け
な
い
感
じ
に
:
:
:
:
 °
  
身
し
て
い
る
か
ら
低
身
長
も
あ
い
ま
っ
て
 
な
ん
だ
か
と
っ
て
も
  
事
な
部
分
を
ぎ
り
ぎ
り
隠
し
て
い
る
く
ら
い
の
危
な
い
感
じ
 °
  
特
大
ス
イ
カ
カ
ッ
プ
を
強
調
し
て
お
り
 
ボ
ト
ム
は
女
の
子
の
大
  
 
ト
ッ
プ
は
大
事
な
と
こ
ろ
を
隠
し
つ
つ
身
長
と
同
じ
く
ら
い
の
  
頭
が
付
く
 °
  
 
そ
う
 
水
着
 °
そ
れ
も
ビ
キ
ニ
だ
っ
た
 °
し
か
も
マ
イ
ク
ロ
と
  
  
 
:
:
:
:
び
 
ビ
キ
ニ
?
 














   

  
だ
よ
 °
ど
こ
か
に
バ
|
カ
ン
ス
と
言
う
別
個
体
の
本
体
が
あ
っ
て
 
  
 
バ
カ
ン
ス
シ
ェ
イ
ド
は
ち
ょ
っ
と
特
殊
な
ユ
シ
|
モ
ン
ス
タ
|
  
出
し
て
来
た
な
 °
  
 
バ
カ
ン
ス
シ
ェ
イ
ド
?
!
 
ホ
ム
ラ
め
:
:
:
:
厄
介
な
の
を
  
  
が
効
か
な
く
て
:
:
:
:
 
  
タ
|
 
バ
カ
ン
ス
シ
ェ
イ
ド
と
戦
闘
中
な
ん
で
す
 °
で
も
 
攻
撃
  
 
そ
 
そ
の
:
:
:
:
今
回
の
原
因
と
思
わ
れ
る
ユ
シ
|
モ
ン
ス
  
  
か
い
?
 
  
と
一
緒
に
沖
杉
の
会
社
に
居
る
ん
だ
が
:
:
:
:
ど
う
か
し
た
の
  
 
今
 
ボ
ク
は
こ
の
夏
の
暑
さ
を
な
ん
と
か
す
る
た
め
に
 
佐
美
  
  
 
:
:
:
:
も
 
も
し
も
し
?
 
ナ
ッ
ノ
博
士
?
 
  
  
思
う
と
ナ
ッ
ノ
博
士
が
電
話
に
出
て
く
れ
た
 °
  
ッ
ノ
博
士
に
電
話
す
る
と
 
2
回
ほ
ど
コ
|
ル
が
鳴
り
響
い
た
と
  
零
れ
落
ち
そ
う
で
迂
闊
に
走
れ
な
い
の
で
あ
る
 °
私
は
急
い
で
ナ
  
 
マ
イ
ク
ロ
ビ
キ
ニ
は
動
き
辛
く
て
 
そ
れ
に
な
に
よ
り
色
々
と
  


























   

  
 
バ
ン
ッ
!
 
と
 
い
き
な
り
物
凄
い
銃
撃
音
が
シ
フ
ト
フ
ォ
ン
  
  
る
と
相
当
の
腕
と
機
材
が
:
:
:
:
っ
て
 
お
い
!
 
  
で
に
高
め
る
メ
モ
リ
で
あ
っ
て
 
成
層
圏
以
上
ま
で
や
ろ
う
と
す
  
な
ん
だ
け
れ
ど
も
 °
こ
れ
は
本
人
の
腕
と
機
械
の
性
能
を
極
限
ま
  
来
る
メ
モ
リ
は
 
  
:
:
:
:
ス
ナ
イ
プ
 °
狙
撃
の
メ
モ
リ
  
圏
以
上
に
あ
る
の
か
も
ね
 °
今
持
っ
て
い
る
中
で
遠
距
離
攻
撃
出
  
 
:
:
:
:
だ
っ
た
ら
空
中
か
 °
け
ど
見
え
な
い
っ
て
事
は
成
層
  
  
 
そ
 
そ
う
で
す
!
 
頭
上
か
ら
光
が
降
り
注
い
で
い
ま
し
た
よ
!
 
  
  
:
 °
  
ェ
イ
ド
の
頭
上
か
ら
白
く
光
る
閃
光
が
来
て
い
た
よ
う
な
:
:
:
  
 
そ
う
言
え
ば
 
さ
っ
き
の
必
殺
技
を
出
す
際
に
 
バ
カ
ン
ス
シ
  
  
 
別
個
体
:
:
:
:
 
  
  
:
:
:
:
 
  
:
:
そ
の
別
個
体
が
ど
こ
に
あ
る
か
分
か
ら
な
い
ん
だ
け
れ
ど
も
  
そ
れ
を
破
壊
し
な
い
と
倒
せ
な
い
厄
介
な
相
手
だ
 °
だ
か
ら
:
:

   

  
  
ド
へ
と
放
た
れ
る
 °
  
の
ま
ま
引
き
金
を
引
く
と
大
量
の
水
圧
と
共
に
バ
カ
ン
ス
シ
ェ
イ
  
 
狙
い
を
敵
で
あ
る
バ
カ
ン
ス
シ
ェ
イ
ド
に
狙
い
を
つ
け
て
 
  
  
 
マ
リ
ン
!
 
  
  
ャ
ド
|
バ
ブ
ル
の
中
に
挿
入
す
る
 °
  
 
私
は
そ
う
言
っ
て
 
  
 
マ
リ
ン
の
メ
モ
リ
を
出
し
て
シ
  
  
 
そ
う
は
い
き
ま
せ
ん
!
 
  
  
出
そ
う
と
し
て
い
る
ん
だ
ろ
う
け
れ
ど
も
 
  
身
体
か
ら
何
か
出
よ
う
と
し
て
い
る
 °
恐
ら
く
新
た
な
別
個
体
を
  
 
バ
カ
ン
ス
シ
ェ
イ
ド
の
身
体
が
い
き
な
り
痺
れ
を
し
て
 
そ
の
  
  
運
べ
ま
せ
ん
:
:
:
:
 
  
 
う
っ
:
:
:
:
!
 
か
 
身
体
が
:
:
:
:
お
茶
が
き
ち
ん
と
  
  
か
ら
聞
こ
え
た
と
思
う
と
 















   

  
取
っ
て
 
成
層
圏
の
バ
|
カ
ン
ス
を
撃
ち
抜
い
て
く
れ
た
お
か
げ
  
に
い
た
沖
杉
家
の
メ
イ
ド
さ
ん
が
い
き
な
り
  
の
メ
モ
リ
を
  
 
ち
な
み
に
ナ
ッ
ノ
博
士
に
後
で
事
情
を
聞
い
た
所
 
あ
の
時
傍
  
  
 
私
は
:
:
:
:
そ
う
言
う
の
で
精
一
杯
で
し
た
 °
  
  
 
:
:
:
:
恐
ろ
し
い
 
敵
 
で
し
た
ね
 
  
  
た
 °
  
ク
ロ
ビ
キ
ニ
か
ら
元
の
黒
の
戦
士
姿
へ
と
変
わ
っ
て
い
た
の
で
し
  
 
そ
し
て
バ
カ
ン
ス
シ
ェ
イ
ド
は
倒
さ
れ
て
 
私
の
格
好
も
マ
イ
  
  
ム
ラ
様
|
 
  
 
:
:
:
:
め
 
目
が
回
り
ま
す
ぅ
 °
た
 
助
け
て
:
:
:
:
ホ
  
  
た
 °
  
ン
ス
シ
ェ
イ
ド
を
襲
い
 
バ
カ
ン
ス
シ
ェ
イ
ド
は
目
を
回
し
て
い
  
 
そ
し
て
マ
リ
ン
シ
ェ
イ
ド
は
大
量
の
海
の
よ
う
な
水
量
が
バ
カ
  
  
 
マ
リ
ン
・
ジ
ェ
ッ
ト
ス
イ
|
パ
|
!
 










   

  
特
に
特
徴
が
な
い
と
思
っ
て
い
る
み
た
い
 °
能
力
と
し
て
は
ヤ
シ
  
所
見
;
 
常
夏
 
を
イ
メ
|
ジ
し
た
女
怪
人
で
 
自
身
は
平
凡
で
  
ら
ヤ
シ
の
木
を
生
や
し
て
い
る
 °
  
外
見
;
肩
や
胸
元
が
大
き
く
露
出
し
た
J
カ
ッ
プ
の
胸
 
背
中
か
  
か
や
す
み
の
み
や
い
こ
い
∨
  
使
用
体
;
実
験
体
V
|
7
8
 
オ
ヤ
ス
ミ
 
 
中
休
之
宮
憇
∧
な
  
所
属
区
分
;
溶
解
使
徒
ホ
ム
ラ
の
部
下
  
〇
ユ
シ
|
・
バ
カ
ン
ス
シ
ェ
イ
ド
  
ユ
シ
|
モ
ン
ス
タ
|
N
o
 
1
8
  
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
  
  
れ
ど
も
:
:
:
:
 °
そ
れ
は
ま
た
別
の
話
で
す
 °
  
じ
ゃ
な
い
で
す
か
?
 
と
ナ
ッ
ノ
博
士
に
言
わ
れ
ち
ゃ
う
ん
だ
け
  
か
ケ
|
キ
だ
ろ
う
が
 °
だ
か
ら
お
母
さ
ん
と
か
呼
ば
れ
ち
ゃ
う
ん
  
 
そ
れ
を
言
っ
た
ら
 
 
普
通
 
そ
う
言
う
場
合
は
ク
ッ
キ
|
と
  
ら
ね
!
  
 
後
で
今
が
旬
の
ふ
き
の
 
ふ
き
の
煮
物
を
持
っ
て
行
き
ま
す
か
  
  
 
あ
り
が
と
う
 
メ
イ
ド
さ
ん
!
  
で
 
助
け
て
く
れ
た
み
た
い
で
す
 °












   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
  
れ
て
い
ま
す
 °
B
y
;
文
化
者
エ
|
ジ
ェ
ン
ト
・
ナ
ッ
ノ
  
特
殊
な
怪
人
で
す
ね
 °
口
調
も
仕
事
も
丁
寧
で
 
奉
仕
精
神
に
溢
  
た
バ
|
カ
ン
ス
と
呼
ば
れ
る
別
個
体
を
破
壊
し
な
い
と
倒
せ
な
い
  
と
基
本
的
に
バ
カ
ン
ス
気
分
に
さ
せ
る
の
能
力
の
持
ち
主
で
 
  
の
木
を
生
や
し
た
り
 
人
を
浮
か
れ
さ
せ
た
り
 
水
着
に
し
た
り

  > ≫