ニ
ャ
ハ
ハ
!
 
追
い
つ
け
る
者
な
ら
ば
追
い
詰
め
る
ニ
ャ
|
!
  
  
出
し
た
コ
ヤ
ン
イ
を
追
っ
て
い
た
の
で
あ
っ
た
 °
  
人
 
コ
ヤ
ン
イ
な
の
で
あ
っ
た
 °
そ
し
て
変
身
し
た
私
は
 
逃
げ
  
は
 
調
査
を
開
始
し
た
ら
 
そ
れ
が
ネ
|
ム
ネ
|
ム
の
副
官
の
1
  
副
会
長
の
楪
銀
杏
∧
ゆ
ず
り
は
い
ち
ょ
う
∨
か
ら
聞
い
て
い
た
私
  
近
所
に
怪
し
げ
な
マ
ッ
サ
|
ジ
を
す
る
お
店
が
あ
る
と
 
生
徒
会
  
き
っ
か
け
は
些
細
な
 
そ
う
驚
く
ほ
ど
単
純
な
事
件
で
あ
っ
た
 °
  
彼
女
 
伝
導
猫
娘
コ
ヤ
ン
イ
:
:
:
:
な
ん
と
か
を
追
っ
て
い
た
 °
  
 
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
イ
エ
ロ
|
こ
と
私
 
神
納
京
香
は
逃
げ
ま
ど
う
  
┏┓
P
M
1
‥
0
0
|
P
M
3
‥
0
0
┗┛
  
第
4
パ
イ
 
ハ
|
ド
な
剣
士
は
微
笑
ま
な
い
 
  
神
納
京
香
編
 °
  
  
で
あ
る
 °
  
・
紫
峰
市
に
て
起
こ
っ
た
と
あ
る
5
つ
の
事
件
に
つ
い
て
の
物
語
  
 
こ
れ
は
5
月
中
旬
の
 
と
あ
る
過
ご
し
や
す
い
休
日
に
ニ
ュ
|
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
超
乳
戦
隊
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
 
第
4
パ
イ
∧
京
香
編
∨

≪ <  

  
く
数
多
く
の
暗
器
を
私
目
掛
け
て
放
っ
て
お
り
 
私
は
シ
フ
ト
フ
  
発
 
他
に
も
ハ
ン
マ
|
や
ま
き
び
し
 
サ
|
ベ
ル
な
ど
 °
と
に
か
  
 
コ
ヤ
ン
イ
は
極
大
鉄
球
数
十
個
 
日
本
刀
数
百
本
 
爆
弾
数
百
  
  
 
な
ら
 
こ
れ
だ
ニ
ャ
|
!
 
暗
器
 
大
お
披
露
目
会
!
 
  
  
樹
木
の
大
木
と
な
っ
て
鉄
球
を
破
壊
し
て
い
た
 °
  
|
ド
を
地
面
へ
と
突
き
刺
す
 °
地
面
へ
と
突
き
刺
す
と
 
巨
大
な
  
球
を
こ
ち
ら
に
放
っ
て
来
た
 °
私
は
武
器
の
木
刀
 
ガ
イ
ア
ブ
レ
  
ら
な
い
位
 
大
き
な
極
大
鉄
球
を
取
り
出
す
と
 
コ
ヤ
ン
イ
は
鉄
  
 
コ
ヤ
ン
イ
は
服
の
ど
こ
に
そ
ん
な
も
の
を
隠
し
て
い
た
か
分
か
  
  
 
さ
ら
に
こ
ん
な
の
は
ど
う
ア
ル
!
 
  
  
コ
ヤ
ン
イ
の
走
る
速
度
が
上
が
っ
て
い
た
 °
  
的
確
に
自
身
の
腰
へ
と
コ
ヤ
ン
イ
は
そ
の
針
を
刺
す
と
 
さ
ら
に
  
の
針
は
赤
く
燃
え
る
 °
赤
く
燃
え
た
針
を
走
り
な
が
ら
 
し
か
し
  
 
コ
ヤ
ン
イ
は
懐
か
ら
細
長
い
針
を
襟
元
か
ら
取
り
出
す
と
 
  
  
 
針
の
活
路
!
 



















   

  
 
ほ
ぅ
 
あ
の
攻
撃
を
耐
え
切
る
と
は
:
:
:
:
 °
流
石
は
無
意
  
  
勢
い
を
削
り
取
り
 
私
は
距
離
を
取
る
 °
  
の
太
刀
筋
に
ガ
イ
ア
ブ
レ
|
ド
を
叩
き
こ
む
 °
そ
し
て
そ
の
ま
ま
  
私
は
急
い
で
地
面
か
ら
ガ
イ
ア
ブ
レ
|
ド
を
引
き
抜
く
と
 
6
本
  
 
と
 
い
き
な
私
の
目
の
前
に
 
6
本
の
剣
が
姿
を
見
せ
て
い
た
 °
  
  
 
命
令
す
る
!
 
待
つ
の
は
お
前
だ
な
 
神
納
京
香
!
 
  
  
 
待
て
!
 
  
  
ワ
|
ワ
|
と
逃
げ
出
す
 °
  
い
た
 °
そ
う
す
る
中
 
コ
ヤ
ン
イ
は
ま
た
し
て
も
距
離
を
取
っ
て
  
 
私
は
巨
大
な
大
岩
で
暗
器
を
押
し
潰
し
 
そ
し
て
跳
ね
除
け
て
  
  
 
必
殺
!
 
ロ
ッ
ク
・
ハ
ン
ト
!
 
  
  
 
ロ
ッ
ク
!
 
  
  
ォ
ン
に
  
の
メ
モ
リ
を
差
し
込
む
 °










   

  
  
 
キ
フ
ォ
ス
ラ
シ
ェ
イ
ド
よ
!
 
  
 
な
ら
 
そ
っ
ち
か
ら
行
く
と
言
い
 °
行
け
っ
 
俺
嫁
の
部
下
!
  
  
る
と
は
思
え
な
い
ん
で
す
ガ
ニ
?
 
  
す
カ
ニ
?
 
ど
う
考
え
て
も
本
物
の
 
本
当
の
強
さ
を
持
っ
て
い
  
 
ラ
ス
ラ
|
様
 
あ
の
人
が
ラ
ス
ラ
|
様
の
言
っ
て
い
た
対
象
で
  
  
ク
|
ル
な
印
象
を
持
っ
た
美
女
 °
  
盾
を
右
手
に
 
棘
が
多
く
付
い
た
尻
尾
の
よ
う
な
鞭
を
持
っ
た
 
  
ら
き
ら
と
光
り
輝
く
艶
や
か
な
鎧
 °
そ
し
て
硬
く
大
き
な
甲
羅
の
  
大
き
く
丸
み
を
帯
び
た
P
カ
ッ
プ
の
超
乳
 
そ
し
て
黄
金
色
に
き
  
 
そ
し
て
も
う
1
人
 
見
た
事
も
な
い
女
性
が
居
た
 °
ド
ン
ッ
と
  
|
・
ラ
ス
ラ
|
の
姿
が
あ
っ
た
 °
  
の
よ
う
な
姿
を
し
た
 
副
官
の
1
人
で
あ
る
親
衛
隊
長
ス
パ
イ
ダ
  
の
 
蜘
蛛
の
眼
と
人
間
の
頭
の
 
腕
が
六
本
あ
る
と
い
う
阿
修
羅
  
 
私
が
見
た
の
は
 
背
中
に
は
6
本
の
剣
を
持
っ
た
軍
人
の
恰
好
  
  
な
 °
命
令
す
る
 
こ
こ
で
お
前
は
終
わ
り
だ
!
 
  
味
に
 
俺
嫁
と
戦
い
を
挑
ん
で
い
る
人
間
の
1
人
な
だ
け
は
あ
る

   

  
す
る
と
木
刀
に
蜘
蛛
の
糸
が
付
着
す
る
 °
後
ろ
を
振
り
向
く
と
こ
  
そ
の
途
端
後
ろ
か
ら
嫌
な
風
が
来
て
私
は
木
刀
を
振
る
っ
て
い
た
 °
  
 
私
が
そ
う
思
っ
て
  
の
メ
モ
リ
を
入
れ
よ
う
と
す
る
と
 
  
  
 
な
 
な
ら
 
こ
っ
ち
で
!
 
  
  
に
そ
ん
な
低
レ
ベ
ル
な
攻
撃
で
は
効
か
な
い
 
ゾ
ニ
?
 
  
 
な
ん
と
軽
い
攻
撃
 
カ
ニ
 °
や
は
り
偽
物
 
だ
ナ
ニ
 °
こ
の
私
  
  
ば
ら
ば
ら
と
崩
れ
去
っ
て
行
く
 °
  
彼
女
は
持
っ
て
い
た
盾
で
防
い
で
い
た
 °
盾
で
防
ぐ
と
 
岩
石
が
  
そ
し
て
岩
石
の
剣
で
キ
フ
ォ
ス
ラ
シ
ェ
イ
ド
へ
と
叩
き
つ
け
る
が
 
  
 
私
は
木
刀
を
地
面
に
突
き
刺
し
 
木
刀
に
土
や
岩
を
纏
わ
せ
る
 °
  
  
 
ち
っ
:
:
:
:
!
 
厄
介
な
!
 
  
  
た
そ
の
彼
女
は
 
尻
尾
の
よ
う
な
鞭
を
振
る
う
 °
  
 
そ
う
や
っ
て
迫
っ
て
来
た
 
キ
フ
ォ
ス
ラ
シ
ェ
イ
ド
と
呼
ば
れ
  
  
 
了
解
致
し
ま
し
タ
ニ
 
















   

  
 
そ
う
言
い
な
が
ら
キ
フ
ォ
ス
ラ
シ
ェ
イ
ド
は
鞭
を
振
る
い
 
  
  
を
や
ろ
ウ
ニ
 
  
は
そ
ん
な
低
俗
な
 
偽
物
の
の
力
は
聞
か
な
イ
ニ
 °
さ
ぁ
 
続
き
  
し
て
私
は
甲
殻
類
の
よ
う
な
硬
い
盾
と
鎧
を
持
ち
 
故
に
こ
の
私
  
 
キ
フ
ォ
ス
ラ
 
そ
れ
は
甲
殻
類
を
意
味
す
る
英
単
語
サ
ニ
 °
  
  
振
る
い
 
私
は
そ
れ
を
弾
き
返
す
 °
  
 
キ
フ
ォ
ス
ラ
シ
ェ
イ
ド
は
そ
う
言
い
な
が
ら
棘
の
尻
尾
の
鞭
を
  
  
 
:
:
:
:
そ
ん
な
偽
物
の
 
ホ
ム
ラ
様
の
力
な
ぞ
な
い
が
ナ
ニ
 
  
  
ェ
イ
ド
!
俺
嫁
の
力
を
引
き
出
す
ん
だ
!
 
  
の
一
騎
打
ち
な
ん
だ
か
ら
 °
さ
ぁ
 
命
令
だ
!
 
キ
フ
ォ
ス
ラ
シ
  
ぐ
糸
で
巻
き
ま
し
ょ
う
 °
今
日
は
そ
の
キ
フ
ォ
ス
ラ
シ
ェ
イ
ド
と
  
 
あ
な
た
が
 
ロ
ッ
ク
 
の
メ
モ
リ
を
使
お
う
と
し
た
ら
 
今
す
  
  
 
こ
れ
は
糸
 
か
:
:
:
:
 
  
  
ち
ら
を
狙
う
ラ
ス
ラ
|
の
姿
 °














   

  
 
な
ら
 
命
令
す
る
!
 
こ
こ
は
俺
様
に
任
せ
よ
!
 
  
  
す
か
ラ
ニ
 
  
 
厄
介
ナ
ニ
:
:
:
:
私
の
は
硬
い
だ
け
で
 
攻
撃
力
は
な
い
で
  
  
囲
ま
れ
た
ら
手
が
出
せ
な
い
 °
  
出
す
 °
い
く
ら
蜘
蛛
の
巣
や
刀
を
持
っ
て
い
よ
う
と
も
 
大
岩
に
  
る
と
そ
の
ま
ま
自
分
を
囲
む
よ
う
に
し
て
大
き
な
岩
の
塊
を
作
り
  
 
私
は
そ
う
言
い
な
が
ら
 
ガ
イ
ア
ブ
レ
|
ド
を
地
面
へ
と
付
け
  
  
 
ど
う
す
れ
ば
:
:
:
:
 °
:
:
:
:
!
 
そ
う
だ
!
 
  
  
け
な
い
と
ラ
ス
ラ
|
が
糸
や
剣
を
振
る
っ
て
来
る
 °
  
る
い
は
硬
い
鎧
に
一
切
ダ
メ
|
ジ
が
効
か
な
い
 °
そ
し
て
気
を
付
  
 
私
が
ガ
イ
ア
ブ
レ
|
ド
を
振
る
う
も
 
結
果
は
同
じ
 °
盾
 
  
  
 
と
り
ゃ
あ
!
 
  
  
子
を
見
て
い
る
ラ
ス
ラ
|
の
動
き
も
注
意
し
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
 °
  
は
避
け
る
 °
し
か
し
 
避
け
よ
う
と
す
る
と
後
ろ
で
こ
っ
ち
の
様

   

  
そ
れ
を
瞬
時
に
見
抜
き
 
そ
の
ま
ま
キ
フ
ォ
ス
ラ
シ
ェ
イ
ド
の
鎧
  
を
振
る
お
う
と
す
る
と
 
敵
は
盾
で
防
ご
う
と
し
て
来
る
 °
私
は
  
 
私
は
そ
う
言
っ
て
キ
フ
ォ
ス
ラ
シ
ェ
イ
ド
に
ガ
イ
ア
ブ
レ
|
ド
  
  
 
ど
う
で
す
か
な
!
 
  
  
せ
な
イ
ニ
 
  
 
何
度
や
っ
て
も
 
偽
物
の
攻
撃
な
ゾ
ニ
 °
そ
ん
な
事
で
私
は
倒
  
  
キ
フ
ォ
ス
ラ
シ
ェ
イ
ド
へ
と
向
か
う
 °
  
胸
を
薄
い
汗
で
表
現
し
て
い
た
 °
私
は
そ
の
ま
ま
気
に
せ
ず
に
 
  
ェ
の
よ
う
な
そ
の
格
好
は
 
豊
満
と
な
っ
て
し
ま
っ
て
い
る
私
の
  
っ
た
私
が
出
て
来
る
 °
い
つ
も
以
上
に
薄
い
 
ま
る
で
ネ
グ
リ
ジ
  
 
ラ
ス
ラ
|
が
決
め
技
を
放
つ
と
 
そ
の
ま
ま
薄
い
白
い
服
を
纏
  
  
 
六
刀
流
 
阿
修
羅
一
流
斬
!
 
  
  
抜
く
と
 
そ
の
ま
ま
大
岩
を
6
本
の
剣
で
斬
る
 °
  
 
そ
う
言
っ
て
ラ
ス
ラ
|
は
背
中
の
6
本
の
剣
を
 
6
本
の
手
で
  


























   

  
 
く
そ
ぅ
!
 
ス
パ
イ
ダ
|
ネ
ッ
ト
!
 
  
  
げ
つ
け
る
 °
  
シ
ェ
イ
ド
の
 
硬
い
盾
を
手
に
取
り
 
そ
れ
を
ラ
ス
ラ
|
へ
と
投
  
 
そ
し
て
爆
死
す
る
キ
フ
ォ
ス
ラ
シ
ェ
イ
ド
 °
私
は
キ
フ
ォ
ス
ラ
  
  
:
 °
ま
 
ま
さ
か
そ
ん
な
物
に
 
こ
の
本
物
の
私
が
ぁ
ぁ
ぁ
ァ
ニ
!
 
  
 
 
デ
ィ
バ
イ
ン
 
:
:
:
:
対
象
の
情
報
を
得
る
能
力
:
:
:
  
  
 
そ
う
 
私
の
生
徒
会
副
会
長
に
使
っ
た
メ
モ
リ
を
ね
 °
  
  
け
!
 
  
ま
す
!
 
私
は
そ
れ
を
 
こ
の
 
デ
ィ
バ
イ
ン
 
で
見
極
め
た
だ
  
 
ど
ん
な
鎧
だ
っ
て
 
硬
い
の
だ
っ
て
弱
点
が
あ
る
に
決
ま
っ
て
  
  
 
な
 
何
故
:
:
:
:
!
 
わ
 
私
の
鎧
ガ
ニ
!
 
  
  
ェ
イ
ド
は
動
揺
す
る
 °
  
 
そ
し
て
ガ
イ
ア
ブ
レ
|
ド
が
鎧
を
打
ち
砕
き
 
キ
フ
ォ
ス
ラ
シ
  
に
ガ
イ
ア
ブ
レ
|
ド
を
叩
き
こ
む
 °












   

  
チ
ョ
ジ
ン
カ
ス
ム
が
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
抹
殺
の
た
め
に
雇
っ
た
刺
  
所
属
区
分
;
溶
解
使
徒
ホ
ム
ラ
の
部
下
 
伝
導
猫
娘
コ
ヤ
ン
イ
・
  
〇
ユ
シ
|
・
キ
フ
ォ
ス
ラ
シ
ェ
イ
ド
  
ユ
シ
|
モ
ン
ス
タ
|
N
o
 
2
1
  
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
  
  
た
 °
  
 
一
気
に
謎
の
液
体
に
よ
っ
て
私
の
世
界
は
白
く
塗
り
た
く
ら
れ
  
  
 
油
断
大
敵
だ
ガ
ネ
 
  
  
  
  
 
し
か
し
 
そ
ん
な
私
の
質
問
の
答
え
は
 
  
  
 
こ
れ
で
:
:
:
:
終
わ
っ
た
の
?
 
  
  
さ
れ
て
し
ま
う
 °
  
 
ラ
ス
ラ
|
は
蜘
蛛
の
糸
を
放
つ
が
 
防
ぎ
き
れ
ず
に
吹
き
飛
ば
  


























   

  
  
  
 
次
回
は
┏┓
P
M
5
‥
0
0
|
┗┛
の
 
緑
の
蛍
 
へ
 °
  
  
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
  
し
れ
な
い
 °
B
y
;
文
化
者
エ
|
ジ
ェ
ン
ト
・
ナ
ッ
ノ
  
た
め
 
騎
士
の
よ
う
な
そ
の
姿
は
雲
井
霞
の
望
ん
だ
姿
な
の
か
も
  
ニ
∧
x
i
p
h
o
s
u
r
a
∨
 
に
騎
士
の
よ
う
な
特
徴
は
な
い
  
も
の
は
全
て
 
偽
物
 
と
な
っ
て
い
る
 °
ち
な
み
に
 
カ
ブ
ト
ガ
  
い
タ
イ
プ
の
怪
人
 °
 
本
物
 
に
こ
だ
わ
り
 
自
分
が
認
め
な
い
  
ま
ま
毒
の
付
い
た
棘
付
き
の
鞭
で
攻
撃
す
る
と
言
う
 
単
純
に
強
  
盾
が
特
徴
の
騎
士
の
よ
う
な
怪
人
 °
相
手
の
攻
撃
を
防
ぎ
 
そ
の
  
所
見
;
硬
い
鎧
と
し
な
や
か
に
伸
び
る
鞭
 
そ
し
て
さ
ら
に
硬
い
  
な
鞭
を
持
っ
た
 
ク
|
ル
な
印
象
を
持
っ
た
美
女
 °
  
く
大
き
な
甲
羅
の
盾
を
右
手
に
 
棘
が
多
く
付
い
た
尻
尾
の
よ
う
  
し
て
黄
金
色
に
き
ら
き
ら
と
光
り
輝
く
艶
や
か
な
鎧
 °
そ
し
て
硬
  
外
見
;
ド
ン
ッ
と
大
き
く
丸
み
を
帯
び
た
P
カ
ッ
プ
の
超
乳
 
  
か
す
み
∨
  
使
用
体
;
実
験
体
X
|
3
3
 
ク
ラ
ウ
ド
 
 
雲
井
霞
∧
く
も
い
  
客

























  > ≫