ソ
コ
ン
に
左
手
を
向
け
て
い
た
 °
パ
ソ
コ
ン
に
向
け
ら
れ
た
左
手
  
 
か
け
て
い
る
眼
鏡
を
ク
イ
ッ
と
指
で
あ
げ
る
と
 
そ
の
ま
ま
パ
  
  
少
し
頼
る
の
を
少
な
く
し
て
欲
し
い
ん
で
す
け
れ
ど
も
 
  
る
か
ら
な
の
は
仕
方
が
な
い
ん
で
す
け
れ
ど
も
 
そ
れ
で
も
も
う
  
 
は
ぁ
|
 
ま
た
し
て
も
あ
の
次
元
で
す
か
 °
全
く
 
本
部
が
あ
  
  
ケ
ン
シ
ュ
タ
イ
ン
と
い
う
名
前
に
変
え
た
変
わ
り
者
で
あ
る
 °
  
前
っ
て
地
味
で
仕
方
が
な
い
で
す
ね
 
と
言
っ
て
勝
手
に
フ
ラ
ン
  
ス
タ
|
で
あ
る
の
だ
が
 
 
パ
ペ
デ
ィ
ア
|
シ
ェ
イ
ド
と
い
う
名
  
味
す
る
 
パ
ペ
デ
ィ
ア
|
 
の
メ
モ
リ
を
使
っ
て
生
ま
れ
た
モ
ン
  
 
ユ
シ
|
・
フ
ラ
ン
ケ
ン
シ
ュ
タ
イ
ン
シ
ェ
イ
ド
は
傀
儡
師
を
意
  
  
用
し
て
い
た
 °
  
事
は
な
い
と
判
断
し
た
彼
ら
は
そ
こ
を
便
利
な
置
き
場
と
し
て
利
  
に
 
デ
ィ
ガ
ン
マ
次
元
と
呼
ば
れ
る
場
所
が
あ
る
 °
そ
こ
で
学
ぶ
  
 
乳
房
帝
国
ネ
|
ム
ネ
|
ム
界
外
支
部
の
支
配
す
る
世
界
の
1
つ
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
グ
ロ
|
バ
ル
フ
ァ
|
ム

















≪ <  

  
 
あ
な
た
以
上
の
ハ
ッ
カ
|
は
居
な
い
は
ず
デ
|
ス
!
 
フ
ラ
ン
  
  
性
達
が
牢
獄
に
入
っ
て
連
れ
て
来
ら
れ
て
い
た
 °
  
イ
ド
の
2
人
が
現
れ
て
い
た
 °
2
人
の
後
ろ
に
は
多
く
の
貧
乳
女
  
美
し
い
毛
並
と
綺
麗
な
尻
尾
を
生
や
し
て
い
る
フ
ォ
ッ
ク
ス
シ
ェ
  
ネ
と
 
禍
々
し
い
数
珠
を
付
け
た
藍
色
の
ド
レ
ス
を
着
た
銀
色
の
  
い
牛
柄
の
マ
イ
ク
ロ
ビ
キ
ニ
を
着
た
天
牛
女
官
モ
|
ウ
・
ボ
イ
|
  
し
く
揺
れ
る
身
長
と
同
じ
く
ら
い
大
き
な
胸
を
隠
し
き
れ
て
い
な
  
 
そ
う
言
っ
て
現
れ
た
の
は
牛
の
角
を
生
や
し
た
ぼ
よ
よ
ん
と
激
  
  
ぇ
い
ど
も
ド
ウ
イ
ケ
ン
で
す
 
  
 
:
:
:
:
ワ
タ
シ
も
そ
う
オ
モ
い
ま
す
 °
こ
の
ふ
ぉ
っ
く
す
し
  
ン
ケ
ン
シ
ュ
タ
イ
ン
シ
ェ
イ
ド
さ
ん
?
 
  
 
オ
|
!
 
そ
れ
は
皮
肉
デ
|
ス
?
 
電
脳
の
傀
儡
師
た
る
フ
ラ
  
  
の
か
ね
?
 
も
っ
と
近
場
に
良
い
奴
が
居
な
い
の
か
ね
ぇ
 
  
ら
っ
て
 
こ
ん
な
辺
境
の
地
に
引
き
籠
っ
て
い
る
奴
に
頼
む
事
な
  
 
次
の
作
戦
の
た
め
に
専
用
ネ
ッ
ト
ワ
|
ク
の
構
築
が
必
要
だ
か
  
  
か
ら
極
細
の
透
き
通
る
よ
う
に
綺
麗
な
糸
が
入
っ
て
行
く
 °



   

  
  
ジ
ョ
ウ
だ
と
オ
モ
わ
せ
て
ま
す
が
:
:
:
:
 
  
 
イ
マ
は
キ
ツ
ネ
の
ゲ
ン
ソ
ウ
に
よ
っ
て
コ
コ
が
こ
す
ぷ
れ
カ
イ
  
れ
た
オ
ン
ナ
タ
チ
で
す
 °
  
ウ
を
ス
わ
せ
る
コ
ト
に
よ
っ
て
ウ
シ
ム
ス
メ
と
カ
す
た
め
に
シ
イ
  
 
こ
れ
は
テ
ン
ギ
ュ
ウ
ジ
ョ
カ
ン
も
|
う
・
ぼ
い
|
ね
の
ボ
ニ
ュ
  
  
に
で
す
か
?
 
フ
ォ
ッ
ク
ス
シ
ェ
イ
ド
?
 
  
 
:
:
:
:
で
 
そ
の
貧
乳
の
バ
|
ゲ
ン
セ
|
ル
み
た
い
の
は
な
  
  
う
と
 
そ
の
ま
ま
糸
を
巻
き
戻
し
て
2
人
に
向
き
合
う
 °
  
数
分
で
完
成
さ
せ
た
フ
ラ
ン
ケ
ン
シ
ュ
タ
イ
ン
シ
ェ
イ
ド
は
と
言
  
 
左
手
か
ら
出
る
糸
を
動
か
し
な
が
ら
ネ
ッ
ト
ワ
|
ク
を
も
の
の
  
  
自
体
 
億
劫
に
な
っ
て
し
ま
っ
て
い
る
ん
で
す
よ
 
  
次
元
に
て
隠
居
し
た
身
な
の
で
ね
 °
な
に
か
に
関
わ
る
と
い
う
事
  
で
も
繋
げ
る
事
は
出
来
る
能
力
で
す
が
 
一
応
私
は
デ
ィ
ガ
ン
マ
  
 
ネ
ッ
ト
が
通
じ
て
い
る
な
ら
ば
国
を
越
え
て
 
次
元
を
越
え
て
  
  
ケ
ン
シ
ュ
タ
イ
ン
シ
ェ
イ
ド
 














   

  
性
達
に
モ
|
ウ
・
ボ
イ
|
ネ
の
母
乳
が
染
み
こ
ん
で
行
く
 °
  
か
ら
大
量
の
母
乳
が
上
か
ら
下
へ
と
流
れ
て
行
き
つ
つ
 
貧
乳
女
  
 
モ
|
ウ
・
ボ
イ
|
ネ
は
自
分
の
乳
首
に
パ
イ
プ
を
付
け
て
そ
こ
  
  
|
ス
 °
あ
ぁ
ん
♥
 
  
 
お
お
っ
 
オ
|
ケ
|
デ
|
ス
!
 
後
 
こ
れ
も
や
っ
て
お
く
デ
  
  
|
ケ
|
で
す
か
?
 
  
暗
示
を
か
け
て
置
き
ま
す
 °
と
り
あ
え
ず
は
 
そ
ん
な
感
じ
で
オ
  
 
と
り
あ
え
ず
 
こ
の
ま
ま
牛
娘
に
な
っ
て
も
大
丈
夫
だ
と
い
う
  
  
達
の
眼
か
ら
黒
目
が
消
え
て
 
そ
の
ま
ま
ガ
タ
ッ
と
落
ち
て
行
く
 °
  
貧
乳
達
の
頭
に
糸
を
刺
し
て
い
く
 °
糸
を
刺
す
と
 
途
端
に
彼
女
  
 
そ
う
言
っ
て
今
度
は
右
手
か
ら
黒
く
濁
っ
て
い
る
糸
を
放
っ
て
  
  
 
あ
|
 
は
い
は
い
 °
分
か
っ
た
よ
 
ち
ょ
っ
と
待
っ
て
ろ
 
  
  
て
い
た
 °
  
シ
ェ
イ
ド
は
 
は
い
は
|
い
 
と
嫌
々
な
が
ら
微
笑
み
を
浮
か
べ
  
 
し
ゅ
ん
と
し
た
狐
の
尻
尾
を
見
て
 
フ
ラ
ン
ケ
ン
シ
ュ
タ
イ
ン

   

  
|
ス
!
 
  
 
オ
|
!
 
流
石
は
フ
ラ
ン
ケ
ン
シ
ュ
タ
イ
ン
シ
ェ
イ
ド
な
の
デ
  
  
人
を
越
え
て
い
る
気
が
す
る
よ
 °
本
当
に
 
  
 
ま
た
牛
娘
が
増
え
て
し
ま
っ
た
:
:
:
:
 °
も
う
既
に
1
0
0
  
  
嬉
し
そ
う
な
声
を
あ
げ
て
い
た
 °
  
上
げ
て
お
り
 
フ
ォ
ッ
ク
ス
シ
ェ
イ
ド
は
 
サ
ス
ガ
 
で
す
 
と
  
 
膨
れ
上
が
る
と
同
時
に
彼
女
達
は
艶
や
か
な
色
っ
ぽ
い
奇
声
を
  
れ
は
 
身
体
全
体
よ
り
も
大
き
く
な
ろ
う
と
広
が
っ
て
い
た
 °
  
て
身
体
の
真
ん
中
に
大
き
く
自
己
主
張
し
て
張
り
出
し
て
い
た
そ
  
ぱ
い
は
確
か
な
質
量
を
持
っ
て
自
己
主
張
を
始
め
て
い
る
 °
そ
し
  
た
ス
ポ
ン
ジ
の
よ
う
に
大
き
く
膨
ら
み
始
め
て
お
り
 
そ
の
お
っ
  
 
母
乳
が
染
み
こ
む
と
共
に
彼
女
達
の
胸
元
が
ま
る
で
水
を
吸
っ
  
  
 
い
や
ん
♥
 
  
 
あ
ぁ
ん
♥
 
  
 
あ
ぁ
:
:
:
:
 
  
 
あ
っ
:
:
:
:
 
  


























   

  
に
満
ち
て
い
る
よ
う
で
 
何
も
映
し
出
し
て
は
居
な
か
っ
た
 °
  
 
そ
う
語
る
フ
ラ
ン
ケ
ン
シ
ュ
タ
イ
ン
シ
ェ
イ
ド
の
瞳
は
悲
し
み
  
  
な
か
っ
た
ん
だ
か
ら
 
  
 
そ
う
 
タ
イ
ラ
様
の
た
め
に
大
き
く
膨
ら
ま
せ
な
く
て
は
い
け
  
よ
ね
 °
  
 
忘
れ
て
た
よ
 
多
く
の
超
乳
女
性
達
を
作
っ
て
も
ダ
メ
な
ん
だ
  
ム
ネ
|
ム
の
仕
事
を
す
る
気
は
な
い
ん
だ
よ
ね
 °
  
う
世
界
が
 
タ
イ
ラ
様
に
受
け
ら
れ
な
か
っ
た
時
点
で
も
う
ネ
|
  
 
私
は
デ
ィ
ガ
ン
マ
次
元
の
 
超
乳
女
性
達
を
作
り
ま
く
る
と
い
  
  
の
母
乳
が
搾
り
取
ら
れ
て
い
た
 °
  
ン
を
押
す
と
 
別
の
部
屋
に
捕
ら
え
ら
れ
て
い
る
牛
娘
達
が
大
量
  
 
そ
う
言
い
な
が
ら
フ
ラ
ン
ケ
ン
シ
ュ
タ
イ
ン
シ
ェ
イ
ド
が
ボ
タ
  
  
牛
娘
の
ま
ま
に
な
ら
な
い
っ
て
ど
う
か
な
|
っ
て
思
う
よ
 
  
か
っ
た
よ
 °
糸
で
牛
に
な
っ
て
る
と
い
う
洗
脳
を
し
な
け
れ
ば
 
  
く
 
の
で
は
な
く
て
た
だ
胸
を
大
き
く
す
る
だ
け
に
止
め
て
欲
し
  
 
:
:
:
:
君
の
能
力
も
大
き
く
な
る
と
同
時
に
牛
に
な
っ
て
い
  


























   

  
所
属
区
分
;
混
雑
使
徒
マ
リ
ネ
の
部
下
  
〇
ユ
シ
|
・
フ
ォ
ッ
ク
ス
シ
ェ
イ
ド
  
ユ
シ
|
モ
ン
ス
タ
|
N
o
 
3
1
  
  
完
成
を
持
っ
て
い
る
 °
B
y
;
文
化
者
エ
|
ジ
ェ
ン
ト
・
ナ
ッ
ノ
  
能
を
持
っ
て
お
り
 
な
に
か
に
疲
れ
て
し
ま
っ
た
浮
世
離
れ
し
た
  
持
つ
 °
ネ
ッ
ト
ワ
|
ク
を
操
る
事
に
関
し
て
は
人
並
み
外
れ
た
才
  
右
手
の
糸
の
 
2
つ
の
色
違
い
の
糸
を
使
っ
て
対
象
を
操
る
力
を
  
所
見
;
電
脳
を
支
配
す
る
左
手
の
糸
と
人
間
の
精
神
を
操
作
す
る
  
H
カ
ッ
プ
の
ク
|
ル
な
美
女
  
の
黒
い
穴
抜
き
手
袋
と
左
手
の
白
い
穴
抜
き
手
袋
の
2
つ
を
持
つ
  
外
見
;
金
色
の
眼
鏡
と
白
い
猫
耳
フ
|
ド
の
付
い
た
洋
服
 
右
手
  
イ
ン
  
使
用
者
;
実
験
体
P
|
9
8
 
メ
|
カ
|
 
 
メ
ア
ン
・
シ
ェ
タ
  
任
  
所
属
区
分
;
ネ
|
ム
ネ
|
ム
征
服
世
界
デ
ィ
ガ
ン
マ
次
元
設
備
主
  
〇
ユ
シ
|
・
フ
ラ
ン
ケ
ン
シ
ュ
タ
イ
ン
シ
ェ
イ
ド
  
ユ
シ
|
モ
ン
ス
タ
|
N
o
 
3
0
  
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
  


























   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
  
っ
ぽ
い
 °
B
y
;
文
化
者
エ
|
ジ
ェ
ン
ト
・
ナ
ッ
ノ
  
彼
女
の
事
を
母
親
の
よ
う
に
愛
し
て
お
り
 
喋
り
も
ど
こ
か
子
供
  
力
を
好
ん
で
使
っ
て
い
る
 °
マ
リ
ネ
の
事
を
心
底
慕
っ
て
お
り
 
  
|
 °
札
を
使
う
呪
術
と
変
化
の
妖
術
を
使
い
 
主
に
火
炎
的
な
能
  
所
見
;
七
つ
の
大
罪
の
 
強
欲
 
を
司
る
狐
の
ユ
シ
|
モ
ン
ス
タ
  
の
巫
女
服
を
着
た
J
カ
ッ
プ
の
超
乳
の
狐
幼
女
  
美
し
い
毛
並
と
綺
麗
な
尻
尾
を
生
や
し
て
お
り
 
白
地
に
赤
い
裾
  
外
見
;
禍
々
し
い
数
珠
を
付
け
た
藍
色
の
ド
レ
ス
を
着
た
銀
色
の
  
ざ
と
し
ゅ
う
か
∨
  
使
用
者
;
実
験
体
F
|
0
5
 
マ
モ
ン
 
 
狐
里
秋
華
∧
き
つ
ね

  > ≫