持
っ
た
金
メ
ダ
ル
と
賞
状
を
持
っ
て
 
自
宅
へ
の
帰
路
へ
と
着
い
  
 
高
校
2
年
生
の
私
 
黒
金
音
羽
∧
く
ろ
が
ね
お
と
は
∨
は
手
に
  
  
  
  
た
デ
ビ
ル
フ
ァ
ン
ト
ム
に
つ
い
て
の
お
話
で
あ
る
 °
  
 
こ
れ
は
ユ
ウ
の
配
下
で
あ
り
 
胸
を
大
き
く
す
る
の
に
特
化
し
  
  
に
も
胸
を
大
き
く
す
る
ユ
シ
|
モ
ン
ス
タ
|
は
存
在
す
る
 °
  
|
と
戦
う
シ
|
ン
が
多
い
ユ
ウ
で
は
あ
る
の
だ
が
 
彼
女
の
配
下
  
 
胸
を
大
き
く
す
る
方
法
を
見
つ
け
る
よ
り
か
は
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
  
モ
ン
ス
タ
|
よ
り
も
戦
い
に
秀
で
て
い
る
者
が
多
い
 °
  
使
徒
ユ
ウ
は
彼
女
達
2
人
に
比
べ
る
と
胸
を
大
き
く
す
る
ユ
シ
|
  
シ
|
モ
ン
ス
タ
|
で
多
く
の
作
戦
を
行
っ
て
い
る
の
だ
が
 
収
着
  
 
溶
解
使
徒
ホ
ム
ラ
や
混
雑
使
徒
マ
リ
ネ
は
胸
を
大
き
く
す
る
ユ
  
使
徒
ユ
ウ
は
か
な
り
特
殊
な
立
ち
位
置
に
あ
る
 °
  
 
乳
房
帝
国
ネ
|
ム
ネ
|
ム
界
外
支
部
の
三
幹
部
の
中
で
 
収
着
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
理
不
尽
な
譲
渡
契
約
|
デ
ビ
ル
フ
ァ
ン
ト
ム
の
ケ
|
ス
|




≪ <  

  
 
ち
ょ
っ
と
お
待
ち
を
 
そ
こ
の
お
方
 
  
  
と
向
か
っ
て
い
た
 °
向
か
っ
て
い
た
の
だ
が
:
:
:
:
  
 
私
は
人
生
一
番
の
浮
か
れ
具
合
で
 
ス
キ
ッ
プ
し
な
が
ら
家
へ
  
  
げ
れ
る
!
∨
  
∧
ス
ポ
|
ツ
推
薦
も
来
た
し
 
こ
れ
で
お
母
さ
ん
を
楽
に
し
て
あ
  
  
だ
 °
  
て
く
れ
た
お
母
さ
ん
に
少
し
は
恩
返
し
に
な
っ
た
と
思
っ
た
か
ら
  
い
た
 °
こ
れ
で
た
っ
た
で
1
人
 
自
分
を
こ
こ
ま
で
立
派
に
育
て
  
 
私
は
自
慢
の
足
で
手
に
入
れ
た
結
果
を
 
家
へ
と
持
ち
帰
っ
て
  
  
 
|
|
♪
 
  
  
で
あ
っ
た
 °
  
あ
る
 °
そ
ん
な
凄
い
賞
状
を
持
っ
て
自
宅
へ
と
向
か
っ
て
い
た
の
  
分
が
通
っ
て
い
る
高
校
が
ベ
ス
ト
記
録
で
優
勝
し
て
い
る
証
で
も
  
勝
し
た
こ
と
が
達
筆
な
文
字
で
書
か
れ
て
お
り
 
金
メ
ダ
ル
は
自
  
て
い
た
 °
賞
状
に
は
4
0
0
m
で
県
内
ベ
ス
ト
を
叩
き
出
し
て
優

   

  
 
私
が
そ
う
尋
ね
る
と
 
そ
の
少
女
は
ジ
ャ
|
ジ
の
裾
を
摘
ま
ん
  
  
 
あ
な
た
は
い
っ
た
い
:
:
:
:
 
  
  
黒
金
音
羽
 
  
 
ま
さ
し
く
 
陸
上
の
た
め
に
生
ま
れ
た
と
い
っ
て
も
良
い
少
女
 °
  
教
育
者
の
面
と
し
て
の
才
能
も
素
晴
ら
し
い
 °
  
る
ほ
ど
の
実
力
に
育
て
上
げ
た
 °
自
分
の
実
力
も
さ
る
事
な
が
ら
 
  
的
教
育
に
よ
っ
て
通
っ
て
い
る
高
校
の
陸
上
部
で
金
メ
ダ
ル
を
取
  
 
高
校
陸
上
都
大
会
で
新
記
録
で
優
勝
 
さ
ら
に
圧
倒
的
な
実
践
  
 
あ
な
た
:
:
:
:
黒
金
音
羽
さ
ん
で
間
違
い
あ
り
ま
せ
ん
よ
ね
?
  
  
|
ス
が
握
ら
れ
て
い
た
 °
  
の
ポ
シ
ェ
ッ
ト
を
付
け
て
お
り
 
彼
女
の
手
に
は
黒
い
ス
|
ツ
ケ
  
し
た
ド
レ
ス
が
特
徴
の
K
カ
ッ
プ
の
美
少
女
 °
そ
の
腰
に
は
七
色
  
 
逆
巻
い
た
金
髪
の
ポ
ニ
|
テ
|
ル
 
濃
い
紅
色
の
ゆ
っ
た
り
と
  
 
い
き
な
り
綺
麗
な
女
の
人
に
声
を
か
け
ら
れ
る
 °
  
  
 
:
:
:
:
!
?
 
  


























   

  
 
あ
な
た
の
母
親
は
1
人
だ
け
で
あ
な
た
を
育
て
る
た
め
に
過
労
  
  
ツ
ケ
|
ス
か
ら
1
枚
の
書
類
を
取
り
出
し
て
い
た
 °
  
 
え
ぇ
 
そ
う
で
す
よ
 
と
答
え
を
出
し
て
い
て
 
ユ
ウ
は
ス
|
  
 
そ
う
言
う
と
収
着
使
徒
ユ
ウ
は
ク
ス
ク
ス
と
笑
い
出
し
て
い
て
  
  
 
:
:
:
:
あ
っ
!
 
借
金
借
用
書
の
!
 
  
  
て
い
た
よ
う
な
:
:
:
:
 °
  
る
 °
そ
れ
も
つ
い
最
近
 
大
切
な
書
類
に
そ
の
名
前
が
記
載
さ
れ
  
 
な
ん
で
だ
ろ
う
 
そ
の
名
前
に
は
ち
ょ
っ
と
ば
か
り
憶
え
が
あ
  
  
 
し
ゅ
う
ち
ゃ
く
:
:
:
:
し
と
:
:
:
:
ユ
ウ
:
:
:
:
 
  
  
幹
部
の
1
人
で
す
 
  
心
情
に
興
味
を
示
し
て
研
究
す
る
 
乳
房
帝
国
ネ
|
ム
ネ
|
ム
の
  
:
:
:
:
い
え
 
収
着
使
徒
ユ
ウ
と
申
し
ま
す
 °
他
人
の
感
情
や
  
 
自
己
紹
介
が
ま
だ
で
し
た
ね
 
私
は
雨
洞
優
∧
う
ど
う
ゆ
う
∨
  
  
で

























   

  
  
 
ユ
ウ
様
 
こ
の
デ
ビ
ル
フ
ァ
ン
ト
ム
に
な
に
か
御
用
で
す
か
?
 
  
  
が
付
け
ら
れ
て
い
た
 °
  
な
1
m
半
く
ら
い
の
L
カ
ッ
プ
の
真
ん
中
に
は
マ
ン
ホ
|
ル
の
蓋
  
ゴ
シ
ッ
ク
調
の
シ
ョ
|
ト
ス
リ
|
ブ
を
着
て
い
た
 °
そ
し
て
大
き
  
本
生
や
し
て
手
に
は
大
き
な
黒
い
槍
を
持
っ
て
お
り
 
赤
と
黒
の
  
鏡
女
子
が
現
れ
て
い
た
 °
眼
鏡
女
子
は
頭
に
大
き
な
黒
い
角
を
2
  
 
彼
女
が
指
を
鳴
ら
す
と
共
に
 
空
か
ら
黒
い
翼
を
生
や
し
た
眼
  
鳴
ら
す
 °
  
 
ユ
ウ
は
一
回
コ
ク
リ
と
頭
を
振
っ
て
頷
く
と
 
パ
チ
ン
と
指
を
  
  
 
私
を
:
:
:
:
お
金
で
:
:
:
:
買
っ
た
?
 
  
  
い
う
べ
き
で
し
ょ
う
か
ね
?
 
  
っ
 
言
い
方
を
変
え
れ
ば
:
:
:
:
あ
な
た
を
大
金
で
買
っ
た
と
  
 
そ
の
お
金
を
建
て
替
え
た
の
が
こ
の
私
 
収
着
使
徒
ユ
ウ
 °
  
悪
い
と
こ
ろ
か
ら
借
金
し
て
ま
す
よ
ね
?
  
 
そ
し
て
病
院
に
払
う
だ
け
の
大
金
を
用
意
す
る
た
め
に
性
質
の
  
で
良
く
倒
れ
 
数
年
前
に
過
労
に
よ
っ
て
胃
を
壊
し
ま
し
た
よ
ね
?

   

  
は
ず
な
い
の
で
す
か
ら
ね
 
  
り
ま
せ
ん
し
 
そ
れ
に
┏┓
自
分
の
望
む
仕
事
┗┛
な
ん
か
見
つ
か
る
  
る
 °
人
間
 
い
つ
ま
で
も
趣
味
だ
け
で
食
っ
て
い
け
る
訳
で
は
あ
  
 
断
言
し
ま
し
ょ
う
 
あ
な
た
の
そ
の
才
能
は
い
つ
か
限
界
が
来
  
能
の
限
界
は
来
る
で
し
ょ
う
?
  
と
っ
て
は
打
ち
込
め
る
だ
け
で
し
ょ
う
?
 
け
れ
ど
も
い
つ
か
才
  
 
分
か
る
で
し
ょ
う
?
 
陸
上
は
ね
 
学
生
や
ス
ポ
|
ツ
選
手
に
  
  
 
そ
 
そ
れ
は
:
:
:
:
 
  
  
で
す
よ
ね
?
 
  
 
陸
上
に
愛
さ
れ
た
女
 
黒
金
音
羽
に
そ
ん
な
才
能
は
要
ら
な
い
  
な
い
才
能
も
あ
り
ま
す
よ
ね
?
  
画
の
才
能
や
音
楽
の
才
能
 
フ
ァ
ッ
シ
ョ
ン
セ
ン
ス
な
ど
と
要
ら
  
よ
ね
?
 
街
の
商
店
街
の
コ
ン
ク
|
ル
で
優
勝
す
る
く
ら
い
の
絵
  
 
黒
金
音
羽
 
あ
な
た
の
才
能
は
陸
上
以
外
に
も
多
く
あ
り
ま
す
  
  
と
触
る
と
共
に
ク
ス
ク
ス
笑
い
出
し
て
い
た
 °
  
ペ
コ
リ
と
頭
を
下
げ
て
い
て
 
ユ
ウ
は
音
羽
の
髪
の
毛
を
サ
ラ
ッ
  
 
デ
ビ
ル
フ
ァ
ン
ト
ム
と
名
乗
っ
た
眼
鏡
女
子
は
ユ
ウ
に
対
し
て

   

  
  
  
  
神
を
壊
す
よ
う
に
 
ど
ん
ど
ん
言
葉
を
か
け
て
い
た
 °
  
 
そ
し
て
ユ
ウ
は
音
羽
に
語
り
か
け
ま
く
る
 °
そ
う
 
彼
女
の
精
  
  
か
?
 
ね
っ
 
黒
金
音
羽
?
 
ね
っ
?
 
  
 
そ
の
た
め
に
デ
ビ
ル
フ
ァ
ン
ト
ム
に
身
を
ゆ
だ
ね
て
み
ま
せ
ん
  
な
い
と
い
け
な
い
で
し
ょ
う
 °
  
 
こ
の
ま
ま
が
嫌
な
ら
ば
 
今
の
現
状
を
根
本
か
ら
身
体
を
変
え
  
ま
で
は
あ
な
た
は
そ
の
ま
ま
 °
  
 
あ
な
た
が
貧
乏
な
の
は
 
親
の
せ
い
で
す
よ
 °
そ
し
て
今
の
ま
  
  
 
音
羽
に
対
す
る
堕
落
の
言
葉
は
 
そ
の
ま
ま
続
い
て
い
た
 °
  
が
な
い
 
と
か
の
言
葉
で
あ
っ
た
 °
  
し
ょ
う
 
 
 
あ
な
た
の
将
来
に
夢
は
な
い
 
 
 
陸
上
に
は
夢
  
 
 
あ
な
た
は
も
う
ダ
メ
で
し
ょ
う
 
 
 
就
職
は
出
来
な
い
で
  
  
 
ユ
ウ
の
言
葉
は
 
ま
さ
し
く
毒
の
よ
う
な
言
葉
で
あ
っ
た
 °
  


























   

  
∧
ド
ラ
ッ
グ
∨
 
と
 
D
∧
ド
ク
タ
|
∨
 
の
組
み
合
わ
せ
は
ね
 
  
 
や
は
り
良
い
で
す
ね
 
こ
の
2
つ
の
メ
モ
リ
:
:
:
:
 
  
  
ス
リ
と
笑
う
 °
  
 
そ
う
や
っ
て
意
気
揚
々
と
語
る
音
羽
の
姿
を
見
て
 
ユ
ウ
は
ク
  
  
ム
ネ
|
ム
と
 
ユ
ウ
様
の
た
め
に
!
 
  
 
陸
上
に
関
す
る
才
能
は
要
り
ま
せ
ん
!
 
そ
う
 
全
て
は
ネ
|
  
|
|
|
 
  
 
ご
名
答
で
す
ね
 °
で
は
 
最
後
に
あ
な
た
は
自
分
の
才
能
を
|
  
  
徒
ユ
ウ
様
┗┛
 
  
 
|
|
|
|
┏┓
乳
房
帝
国
ネ
|
ム
ネ
|
ム
┗┛
 
そ
れ
に
┏┓
収
着
使
  
 
正
解
で
す
ね
 °
そ
し
て
あ
な
た
が
尊
敬
す
る
の
は
?
 
  
  
 
|
|
|
|
┏┓
超
乳
戦
隊
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
┗┛
 
  
を
壊
し
た
の
は
?
 
  
 
:
:
:
:
分
か
り
ま
し
た
か
 
音
羽
っ
ち
?
 
あ
な
た
の
世
界
  
|
3
0
分
後
|
  


























   

  
|
の
力
 °
  
変
え
る
 °
そ
れ
が
デ
ビ
ル
フ
ァ
ン
ト
ム
と
い
う
ユ
シ
|
モ
ン
ス
タ
  
持
っ
て
い
る
才
能
や
珍
し
い
物
を
消
失
さ
せ
て
 
膨
乳
の
力
へ
と
  
 
デ
ビ
ル
フ
ァ
ン
ト
ム
 
そ
の
能
力
は
 
等
価
交
換
 
 °
他
人
の
  
  
手
足
が
ゆ
っ
く
り
と
伸
び
始
め
る
 °
  
す
る
と
彼
女
の
身
体
が
ビ
ク
ン
と
揺
れ
た
か
と
思
う
と
 
彼
女
の
  
 
デ
ビ
ル
フ
ァ
ン
ト
ム
は
そ
う
言
っ
て
彼
女
の
頭
に
手
を
添
え
る
 °
  
  
 
え
ぇ
 
勿
論
や
ら
せ
て
い
た
だ
き
ま
す
ね
 °
収
着
使
徒
ユ
ウ
様
 
  
  
備
は
良
い
か
し
ら
?
 
  
 
と
言
う
訳
で
 
デ
ビ
ル
フ
ァ
ン
ト
ム
 °
あ
な
た
の
出
番
よ
 
  
  
そ
の
ま
ま
デ
ビ
ル
フ
ァ
ン
ト
ム
に
指
示
を
出
す
 °
  
出
来
上
が
り
で
あ
る
 °
ユ
ウ
は
自
身
の
成
果
に
う
っ
と
り
し
つ
つ
 
  
つ
を
使
う
事
に
よ
っ
て
た
っ
た
3
0
分
で
 
ほ
ぼ
理
想
的
な
駒
の
  
微
を
感
じ
調
査
す
る
 
D
∧
ド
ク
タ
|
∨
 
の
メ
モ
リ
 °
こ
の
2
  
 
依
存
性
が
高
い
 
D
∧
ド
ラ
ッ
グ
∨
 
の
メ
モ
リ
 °
他
人
の
機
  


























   

  
カ
サ
イ
ズ
で
た
ゆ
ん
た
ゆ
ん
と
風
に
吹
か
れ
る
事
で
揺
れ
始
め
る
  
き
さ
を
増
し
て
い
き
:
:
:
:
最
終
的
に
J
カ
ッ
プ
の
大
玉
ス
イ
  
と
順
調
に
大
き
さ
を
増
し
て
行
っ
て
 
そ
れ
で
も
音
羽
は
胸
が
大
  
の
胸
は
そ
の
ま
ま
大
き
く
膨
ら
み
始
め
 
そ
の
ま
ま
C
 
D
 
  
 
音
羽
の
胸
は
イ
チ
ゴ
サ
イ
ズ
の
B
カ
ッ
プ
程
度
も
な
い
大
き
さ
  
  
ズ
に
 
  
と
大
き
く
し
て
あ
げ
ま
す
よ
 °
そ
う
 
ユ
ウ
様
に
相
応
し
い
サ
イ
  
 
え
ぇ
 °
カ
ラ
オ
ケ
の
才
能
も
ま
だ
売
れ
て
い
ま
す
よ
ね
 °
も
っ
  
 
も
 
も
っ
と
ぉ
♥
 
  
  
触
っ
て
よ
う
や
く
分
か
る
く
ら
い
の
サ
イ
ズ
に
な
っ
て
い
た
 °
  
ま
な
板
の
よ
う
な
彼
女
の
胸
が
膨
ら
み
始
め
て
イ
チ
ゴ
の
よ
う
な
 
  
し
た
と
も
言
え
る
ス
レ
ン
ダ
|
な
胸
元
が
膨
ら
み
始
め
て
い
た
 °
  
 
音
羽
が
艶
や
か
な
声
を
あ
げ
る
と
共
に
 
彼
女
の
陸
上
に
特
化
  
  
 
あ
 
あ
ぁ
ん
♥
 
  
  
羽
の
本
当
の
才
能
を
見
出
し
て
見
せ
よ
う
 °
  
 
そ
し
て
デ
ビ
ル
フ
ァ
ン
ト
ム
の
力
を
使
っ
て
彼
女
の
 
黒
金
音

   

  
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
  
  
 
:
:
:
:
え
ぇ
 
ユ
ウ
様
の
た
め
な
ら
ば
喜
ん
で
 
  
  
笑
み
を
浮
か
べ
な
が
ら
 
ユ
ウ
に
敬
意
の
意
思
を
表
し
て
い
た
 °
  
 
そ
の
言
葉
に
音
羽
は
 
ス
ポ
|
ツ
マ
ン
に
は
見
え
な
い
歪
ん
だ
  
  
 
の
メ
モ
リ
を
使
っ
て
ね
 
  
を
倒
し
に
行
っ
て
貰
え
る
か
し
ら
?
 
こ
の
 
L
∧
ラ
イ
ア
|
∨
  
 
さ
ぁ
 
音
羽
 °
あ
な
た
の
任
務
:
:
:
:
沖
杉
家
の
沖
杉
留
子
  
  
 
の
メ
モ
リ
を
渡
す
 °
  
艶
や
か
に
嬉
し
そ
う
に
涎
を
垂
ら
す
音
羽
に
 
L
∧
ラ
イ
ア
|
∨
  
 
 
さ
て
:
:
:
:
 
と
言
い
な
が
ら
 
ユ
ウ
は
膨
乳
に
よ
っ
て
  
  
 
い
え
 
ユ
ウ
様
の
お
役
に
立
て
て
良
か
っ
た
で
す
 
  
良
い
や
 °
あ
り
が
と
う
ね
 
  
 
よ
し
 
デ
ビ
ル
フ
ァ
ン
ト
ム
 °
と
り
あ
え
ず
は
こ
れ
く
ら
い
で
  
  
サ
イ
ズ
ま
で
な
っ
て
い
た
 °















   

  
特
徴
;
片
眼
鏡
を
か
け
た
白
衣
の
姿
で
あ
り
 
ポ
ケ
ッ
ト
に
は
試
  
使
用
メ
モ
リ
;
 
D
∧
ド
ラ
ッ
グ
∨
 
 
 
D
∧
ド
ク
タ
|
∨
 
  
〇
収
着
使
徒
ユ
ウ
・
ス
ク
リ
ス
タ
イ
ル
  
ユ
シ
|
モ
ン
ス
タ
|
N
o
 
3
5
  
  
|
ジ
ェ
ン
ト
・
ナ
ッ
ノ
  
に
使
い
潰
さ
れ
る
駒
に
な
る
事
 
だ
と
言
う
 °
B
y
;
文
化
者
エ
  
の
命
令
こ
そ
至
上
の
物
と
考
え
て
お
り
 
将
来
の
夢
は
 
ユ
ウ
様
  
抜
い
た
り
 
他
者
の
資
質
を
奪
い
取
る
力
も
持
っ
て
い
る
 °
ユ
ウ
  
を
持
っ
て
い
る
特
殊
な
ユ
シ
|
モ
ン
ス
タ
|
 °
他
人
の
天
質
を
見
  
所
見
;
他
人
の
才
能
や
珍
品
を
売
り
払
い
 
膨
乳
に
繋
げ
る
能
力
  
の
L
カ
ッ
プ
の
胸
を
持
っ
て
い
る
 °
  
ん
中
に
マ
ン
ホ
|
ル
の
蓋
が
付
け
ら
れ
た
大
き
な
1
m
半
く
ら
い
  
赤
と
黒
の
ゴ
シ
ッ
ク
調
の
シ
ョ
|
ト
ス
リ
|
ブ
を
着
て
い
る
 °
  
黒
い
角
を
2
本
生
や
し
て
手
に
は
大
き
な
黒
い
槍
を
持
っ
て
お
り
 
  
外
見
;
黒
い
翼
を
背
中
か
ら
生
や
し
た
眼
鏡
女
子
 °
頭
に
大
き
な
  
使
用
体
;
闇
商
人
 
水
売
怜
菜
∧
み
ず
う
り
れ
い
な
∨
  
所
属
区
分
;
収
着
使
徒
ユ
ウ
の
部
下
  
〇
ユ
シ
|
・
デ
ビ
ル
フ
ァ
ン
ト
ム
  
ユ
シ
|
モ
ン
ス
タ
|
N
o
 
3
4













   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
次
回
 
 
沖
杉
家
の
ブ
ラ
ッ
ク
メ
イ
ド
 
に
続
く
 °
  
  
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
  
ユ
ウ
  
器
を
手
に
紋
様
と
し
て
埋
め
込
ん
で
い
ま
す
 °
B
y
;
収
着
使
徒
  
情
や
体
質
を
変
化
さ
せ
る
能
力
と
 
チ
ェ
ス
を
モ
チ
|
フ
し
た
武
  
博
士
ス
ク
リ
を
思
わ
せ
る
姿
に
変
身
し
た
姿
で
あ
る
 °
他
人
の
感
  
所
見
;
 
薬
剤
 
と
 
博
士
 
の
2
本
の
メ
モ
リ
を
使
い
 
薬
剤
  
チ
ェ
ス
を
思
わ
せ
る
模
様
が
腕
に
描
か
れ
て
い
る
 °
  
験
管
が
何
本
も
入
っ
て
い
る
 °
白
髪
の
ツ
イ
ン
テ
|
ル
と
 
黒
い

  > ≫