隊
 °
  
 
蛇
女
か
ら
抜
け
出
た
 
悪
忍
 
達
の
な
ら
ず
者
集
団
 
焔
紅
蓮
  
し
た
 
善
忍
 
育
成
機
関
 
死
塾
月
閃
女
学
館
 °
  
 
伝
説
の
忍
 
半
蔵
 
の
ラ
イ
バ
ル
で
あ
っ
た
 
黒
影
 
が
設
立
  
な
い
 
悪
忍
 
育
成
機
関
 
秘
立
蛇
女
子
学
園
 °
  
 
 
悪
は
善
よ
り
寛
容
で
あ
る
 
と
い
う
意
思
の
元
で
法
に
従
わ
  
立
さ
れ
た
 
善
忍
 
育
成
機
関
 
国
立
半
蔵
学
園
 °
  
 
世
に
は
び
こ
る
 
悪
忍
 
に
対
抗
す
る
た
め
 
政
府
に
よ
り
設
  
  
在
す
る
 °
  
の
行
い
を
行
う
善
忍
と
 
悪
の
所
業
を
使
う
悪
忍
の
2
種
類
が
存
  
 
闇
夜
に
生
き
 
人
知
れ
ず
消
え
て
い
く
忍
者
に
も
2
種
類
の
善
  
 
善
人
が
居
れ
ば
 
悪
人
が
居
る
よ
う
に
 °
  
に
 °
  
 
物
を
売
る
売
り
手
が
居
れ
ば
 
物
を
買
う
買
い
手
が
居
る
よ
う
  
 
こ
の
世
に
太
陽
が
昇
り
 
月
が
落
ち
る
よ
う
に
 °
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
閃
乱
カ
グ
ラ
二
次
創
作
 
秘
刀
編
∧
一
∨










≪ <  

  
  
正
義
は
:
:
:
:
絶
対
に
負
け
て
は
い
け
ま
せ
ん
 
  
雪
泉
 
え
ぇ
 
そ
ん
な
事
は
絶
対
に
許
し
て
は
な
り
ま
せ
ん
!
 
  
  
る
と
思
い
あ
が
っ
て
い
る
犯
罪
者
は
多
い
も
の
で
あ
る
 °
  
た
こ
の
時
代
に
お
い
て
も
 
闇
夜
に
隠
れ
て
自
身
の
悪
行
を
隠
せ
  
 
時
は
平
成
 °
闇
夜
が
暗
闇
で
な
く
な
る
ほ
ど
灯
り
が
増
え
す
ぎ
  
  
∧
ジ
ャ
ッ
ク
∨
 
  
閃
乱
カ
グ
ラ
二
次
創
作
・
秘
刀
編
∧
一
∨
 
切
り
捨
て
の
蛇
喰
  
  
子
高
生
の
物
語
で
あ
る
 °
  
そ
ん
な
火
岸
女
学
院
の
一
人
の
 
刀
に
魅
入
ら
れ
て
し
ま
っ
た
女
  
り
 
秘
境
の
山
の
中
に
あ
る
と
さ
れ
て
い
る
こ
の
学
園
 °
こ
れ
は
  
究
や
奇
怪
な
忍
術
の
持
ち
主
が
居
る
と
さ
れ
て
い
る
女
学
園
で
あ
  
 
秘
立
火
岸
女
学
院
 °
常
に
白
い
煙
を
出
し
て
お
り
 
怪
し
い
研
  
  
の
で
あ
っ
た
 °
  
て
  
と
  
の
2
つ
の
忍
者
集
団
は
存
在
し
続
け
て
い
た
  
 
善
と
悪
は
互
い
に
争
い
 
時
に
は
互
い
に
競
い
合
い
 °
そ
う
し

   

  
  
雪
泉
 
あ
ら
あ
ら
 °
い
つ
の
間
に
 °
反
省
い
た
し
ま
す
 
  
  
だ
け
ど
 
  
忍
術
を
発
動
さ
せ
て
い
る
よ
?
 
だ
か
ら
 
す
っ
ご
|
く
寒
い
ん
  
飛
鳥
 
:
:
:
:
雪
泉
ち
ゃ
ん
 
怒
っ
て
自
分
の
身
体
か
ら
氷
の
  
  
い
る
よ
う
で
は
 
立
派
な
忍
び
に
な
れ
ま
せ
ん
よ
?
 
  
雪
泉
 
ま
ぁ
 
飛
鳥
さ
ん
 °
こ
の
程
度
の
夜
の
寒
さ
に
ビ
ビ
っ
て
  
  
を
手
で
押
さ
え
な
が
ら
寒
さ
を
我
慢
し
て
い
た
 °
  
鳥
は
明
る
い
笑
顔
を
向
け
な
が
ら
9
0
c
m
の
爆
乳
を
持
つ
身
体
  
 
大
小
2
本
の
脇
差
を
付
け
た
黄
色
い
学
生
服
を
着
た
忍
者
 
  
  
て
:
:
:
:
 °
と
言
う
よ
り
も
 
少
し
寒
い
で
す
ね
 
  
飛
鳥
 
ど
う
し
た
の
 
雪
泉
ち
ゃ
ん
?
 
い
き
な
り
怒
っ
た
り
し
  
  
が
ら
高
々
と
 
若
干
怒
り
な
が
ら
自
分
の
意
見
を
告
げ
て
い
た
 °
  
ん
だ
忍
者
 
雪
泉
は
自
慢
の
9
2
c
m
と
い
う
爆
乳
を
揺
ら
し
な
  
 
薄
い
水
色
と
言
う
闇
夜
に
は
似
つ
か
わ
し
く
な
い
和
服
を
着
込

   

  
  
こ
そ
:
:
:
:
善
忍
で
あ
る
私
達
が
そ
の
悪
忍
を
捕
ま
え
な
い
と
!
 
  
性
は
ど
う
や
ら
忍
者
 
そ
れ
も
悪
忍
の
よ
う
な
ん
で
す
 °
だ
か
ら
  
雪
泉
 
そ
う
で
す
 °
私
達
 
月
閃
女
学
館
の
調
査
で
は
 
そ
の
女
  
  
斑
鳩
さ
ん
は
忍
者
だ
と
:
:
:
:
 
  
飛
鳥
 
そ
れ
だ
け
情
報
が
あ
る
の
に
な
か
な
か
捕
ま
ら
な
い
か
ら
 
  
  
か
び
上
が
っ
た
蛇
の
紋
様
 °
  
不
明
で
 
分
か
っ
て
い
る
事
と
言
え
ば
犯
人
が
女
性
で
 
腕
に
浮
  
多
く
の
人
間
に
傷
を
負
わ
せ
て
い
る
犯
罪
者
 °
そ
の
正
体
は
一
切
  
 
と
て
も
長
い
日
本
刀
を
容
易
く
使
い
こ
な
し
 
そ
の
日
本
刀
で
  
犯
罪
者
の
名
前
で
あ
る
 °
  
 
切
り
捨
て
の
蛇
喰
 °
そ
れ
は
こ
の
頃
 
世
間
を
騒
が
せ
て
い
る
  
  
深
く
頷
い
て
い
た
 °
  
 
雪
泉
は
 
飛
鳥
の
言
葉
に
 
え
ぇ
 
と
了
承
の
意
味
を
込
め
て
 
  
  
が
言
っ
て
い
た
例
の
:
:
:
:
切
り
捨
て
蛇
喰
の
話
で
す
か
?
 
  
飛
鳥
 
う
ん
!
 
で
 
今
回
私
を
呼
ん
だ
理
由
っ
て
 
斑
鳩
先
輩

   

  
て
お
り
 
腕
に
は
蛇
の
紋
様
が
濃
く
色
付
い
て
い
た
 °
  
を
あ
げ
て
い
る
 °
指
に
は
色
鮮
や
か
な
ネ
イ
ル
メ
イ
ク
が
施
さ
れ
  
|
ル
の
美
し
い
顔
立
ち
の
美
し
い
顔
立
ち
の
美
少
女
が
高
々
と
声
  
 
倒
れ
て
い
る
女
性
達
の
真
ん
中
で
 
金
色
の
小
さ
な
ポ
ニ
|
テ
  
  
糧
と
な
り
 
我
が
身
を
満
た
す
で
す
の
う
!
 
  
た
め
に
 
悲
鳴
を
上
げ
る
の
で
あ
る
!
 
そ
れ
こ
そ
が
我
が
力
の
  
?
?
 
ア
ハ
ハ
!
 
そ
う
だ
 
も
っ
と
じ
ゃ
!
 
飢
え
を
満
た
す
  
  
所
ま
で
走
っ
て
行
く
 °
  
 
そ
し
て
飛
鳥
と
雪
泉
の
2
人
は
女
性
達
の
悲
鳴
が
聞
こ
え
る
場
  
  
雪
泉
 
え
ぇ
!
 
行
き
ま
し
ょ
う
 
飛
鳥
さ
ん
!
 
  
飛
鳥
 
:
:
:
:
!
?
 
ゆ
 
雪
泉
ち
ゃ
ん
!
?
 
  
  
社
会
人
B
 
た
 
助
け
て
ぇ
ぇ
ぇ
ぇ
!
 
  
社
会
人
A
 
き
ゃ
あ
あ
あ
:
:
:
:
!
 
  
  
き
な
声
が
聞
こ
え
て
く
る
 °
  
 
そ
う
言
っ
て
雪
泉
が
力
強
く
宣
言
す
る
と
共
に
 
周
囲
か
ら
大

   

  
き
た
よ
う
な
:
:
:
:
 
  
飛
鳥
 
ゆ
 
雪
泉
ち
ゃ
ん
?
 
今
 
全
く
別
の
言
葉
が
聞
こ
え
て
  
  
?
?
 
あ
っ
!
 
こ
ら
 
し
ゃ
べ
る
な
と
言
っ
て
お
ろ
う
に
!
 
  
し
ぃ
:
:
:
:
 
  
?
?
 
う
 
う
ぅ
:
:
:
:
 °
そ
ん
な
事
を
言
わ
な
い
で
欲
し
い
  
こ
の
身
体
よ
り
か
は
 
マ
シ
と
も
い
え
る
か
も
し
れ
な
い
の
う
 
  
?
?
 
ほ
ほ
う
 °
氷
の
忍
法
に
 
大
小
2
本
の
脇
差
か
 °
確
か
に
  
  
て
い
た
 °
  
 
大
小
2
本
の
脇
差
を
構
え
な
が
ら
 
今
か
今
か
と
飛
鳥
は
待
っ
  
  
飛
鳥
 
い
っ
ぱ
い
人
を
傷
つ
け
る
だ
な
ん
て
 
私
 
許
せ
な
い
よ
!
 
  
  
い
を
付
け
て
い
た
 °
  
 
雪
泉
が
扇
子
を
振
る
い
な
が
ら
 
氷
を
宙
に
浮
か
せ
て
敵
に
狙
  
  
す
か
?
 
  
雪
泉
 
腕
に
蛇
の
紋
様
:
:
:
:
あ
な
た
が
こ
の
事
件
の
犯
人
で
  


























   

  
2
本
の
脇
差
に
よ
っ
て
防
が
れ
て
い
た
 °
そ
し
て
雪
泉
は
爆
乳
を
  
凛
根
が
長
刀
を
振
る
う
と
共
に
生
ま
れ
た
軌
道
を
 
飛
鳥
が
大
小
  
  
雪
泉
 
え
ぇ
 °
心
し
て
か
か
り
ま
し
ょ
う
 
  
飛
鳥
 
:
:
:
:
く
 
来
る
よ
!
 
雪
泉
ち
ゃ
ん
!
 
  
  
き
く
吸
い
込
む
と
 
長
刀
を
構
え
て
い
た
 °
  
 
そ
う
言
う
と
凛
根
と
名
乗
っ
た
そ
の
少
女
は
す
|
っ
と
息
を
大
  
  
が
良
い
だ
ろ
う
し
ね
 
  
に
合
う
器
と
は
思
え
ん
な
 °
な
ら
ば
別
の
身
体
を
探
し
に
行
く
の
  
?
?
 
と
は
言
え
 
秘
立
火
岸
女
学
院
の
3
年
 
凛
根
∧
り
ん
ね
∨
  
  
刀
を
振
る
っ
て
い
た
 °
  
本
刀
を
 
彼
女
よ
り
も
長
い
七
尺
|
|
|
|
2
 
1
m
も
あ
る
長
  
付
け
た
女
性
は
咳
払
い
を
す
る
 °
そ
し
て
背
中
に
付
け
て
い
た
日
  
 
2
人
が
ぽ
か
ん
と
し
て
い
る
と
 
ゴ
ホ
ン
と
腕
に
蛇
の
紋
様
を
  
  
う
な
:
:
:
:
 
  
雪
泉
 
え
ぇ
 °
声
の
質
は
同
一
で
し
た
が
 
口
調
が
変
わ
っ
た
よ

   

  
  
け
て
い
た
 °
  
し
て
そ
の
勢
い
の
ま
ま
 
雪
泉
に
迫
っ
て
飛
鳥
と
同
じ
く
斬
り
つ
  
刀
を
振
る
っ
て
 
飛
鳥
の
胸
元
を
大
き
く
切
り
裂
い
て
い
た
 °
  
 
飛
鳥
が
雪
泉
の
方
を
見
て
油
断
し
た
最
中
に
凛
根
は
大
き
く
長
  
  
凛
根
 
:
:
:
:
今
じ
ゃ
の
う
 
  
  
飛
鳥
 
雪
泉
ち
ゃ
ん
!
?
 
  
  
あ
っ
さ
り
と
!
?
 
  
雪
泉
 
な
 
な
ん
で
す
っ
て
!
?
 
わ
 
わ
た
し
の
氷
が
そ
ん
な
  
  
付
い
て
お
り
 
凛
根
は
温
か
い
息
を
吐
い
て
氷
を
溶
か
し
て
い
た
 °
  
吹
雪
を
放
つ
 °
す
る
と
氷
の
息
吹
に
よ
っ
て
凛
根
の
右
腕
が
凍
り
  
 
放
た
れ
た
雪
の
吹
雪
の
よ
う
な
風
を
 
雪
泉
は
扇
子
か
ら
氷
の
  
  
雪
泉
 
忍
法
 
雪
化
粧
!
 
  
  
揺
ら
し
な
が
ら
扇
子
を
大
き
く
振
る
っ
て
い
た
 °







   

  
い
 
良
い
物
を
持
っ
て
る
で
す
の
う
 °
や
は
り
男
よ
り
も
女
じ
ゃ
  
凛
根
 
ほ
ほ
う
 °
こ
れ
は
こ
れ
は
 °
 
こ
の
身
体
 
と
同
じ
く
ら
  
  
ど
以
上
の
周
知
の
色
に
染
ま
っ
て
い
た
 °
  
ま
れ
て
燃
え
去
り
 
そ
し
て
下
着
姿
と
な
っ
た
2
人
の
顔
は
先
ほ
  
包
ま
れ
て
吹
き
飛
ぶ
 °
吹
き
飛
ぶ
と
共
に
2
人
の
服
が
火
炎
に
包
  
 
凛
根
の
炎
の
刀
の
斬
撃
に
よ
り
 
飛
鳥
と
雪
泉
の
2
人
が
炎
に
  
  
凛
根
 
忍
法
 
湯
煙
斬
り
!
 
  
  
れ
て
い
っ
て
そ
の
ま
ま
炎
の
刀
と
な
っ
た
長
刀
を
振
る
っ
て
い
た
 °
  
が
包
ま
れ
て
い
た
 °
刀
が
大
き
な
息
を
吐
く
と
共
に
 
炎
が
纏
わ
  
 
そ
し
て
日
本
刀
に
大
き
く
息
を
吐
く
と
共
に
 
温
か
い
息
で
刀
  
が
羞
恥
の
色
に
染
ま
る
 °
  
ゆ
ん
と
揺
れ
て
い
た
 °
大
き
く
激
し
く
揺
れ
る
と
共
に
2
人
の
顔
  
れ
て
し
ま
っ
た
勢
い
で
た
だ
で
さ
え
大
き
な
そ
の
胸
が
た
ゆ
ん
た
  
 
斬
り
つ
け
ら
れ
 
胸
元
の
布
地
が
破
れ
 
そ
し
て
斬
り
つ
け
ら
  
  
雪
泉
 
:
:
:
:
き
ゃ
っ
!
 
  
飛
鳥
 
:
:
:
:
は
わ
っ
!
?
 













   

  
  
先
は
動
け
な
い
2
人
の
胸
元
に
向
か
っ
て
い
た
 °
  
そ
し
て
そ
の
ま
ま
2
人
の
身
体
に
手
を
伸
ば
す
 °
そ
し
て
そ
の
指
  
 
凛
根
は
2
人
の
顔
を
見
比
べ
た
後
 
ふ
む
ふ
む
と
頷
い
て
い
た
 °
  
  
ぎ
る
し
 
な
ん
だ
か
寒
そ
う
じ
ゃ
の
う
 
  
使
う
し
 
汎
用
性
も
高
そ
う
だ
の
 °
と
は
言
っ
て
も
 
我
が
強
す
  
凛
根
 
こ
っ
ち
は
雪
泉
と
か
言
っ
て
お
っ
た
の
う
 °
雪
の
忍
術
も
  
  
血
筋
的
に
は
こ
れ
か
ら
の
面
が
強
そ
う
じ
ゃ
の
ぅ
 
  
半
蔵
の
孫
か
ぁ
 °
実
力
的
に
は
ま
だ
ま
だ
と
言
っ
た
所
じ
ゃ
が
 
  
 
|
|
|
|
国
立
半
蔵
学
院
の
飛
鳥
 
ね
 °
ほ
ほ
う
 
こ
や
つ
は
  
と
は
言
っ
て
も
全
然
応
え
て
お
ら
ん
が
の
 °
  
が
愛
刀
 
毒
蛇
 
の
刀
に
力
を
入
れ
て
壊
し
に
来
て
お
る
な
ぁ
 
  
凛
根
 
確
か
こ
や
つ
は
脇
差
を
操
る
女
子
高
生
じ
ゃ
っ
た
か
 °
  
  
そ
し
て
鞘
に
戻
す
と
 
ゆ
っ
く
り
と
2
人
に
近
付
く
 °
  
 
凛
根
は
ふ
|
っ
と
息
を
吐
き
 
刀
の
炎
を
消
し
去
っ
て
い
た
 °
  
  
の
う
 °
男
の
身
体
は
ど
う
に
も
筋
肉
質
す
ぎ
る
し
の
 





   

  
凛
根
 
あ
ぁ
 
や
は
り
正
義
感
に
燃
え
て
い
る
 
我
が
無
意
味
に
  
  
舌
打
ち
し
て
い
た
 °
  
人
は
煙
の
中
に
消
え
て
行
っ
て
 
凛
根
は
 
チ
ッ
:
:
:
:
 
と
  
 
そ
し
て
2
人
は
そ
の
隙
を
狙
い
 
煙
の
術
を
行
う
 °
そ
し
て
2
  
  
飛
鳥
・
雪
泉
 
 
今
!
 
 
  
  
に
フ
ラ
ッ
と
頭
を
揺
ら
す
 °
  
 
そ
う
や
っ
て
2
人
の
胸
を
触
っ
て
い
た
凛
根
で
あ
っ
た
が
 
  
  
せ
れ
ば
:
:
:
:
っ
と
 
  
り
の
こ
の
胸
!
 
少
々
寒
い
が
 
こ
れ
は
良
泉
∧
ら
せ
ん
∨
に
任
  
大
き
さ
も
整
っ
て
お
る
し
 
な
に
よ
り
和
服
を
押
し
の
け
ん
ば
か
  
 
対
し
て
こ
ち
ら
の
雪
泉
は
ま
さ
に
優
秀
と
言
え
る
が
の
 
形
も
  
の
う
て
 
2
 
3
年
す
れ
ば
使
い
物
に
な
る
の
 °
  
で
 
ま
だ
ま
だ
大
き
く
な
る
力
を
秘
め
て
お
る
 °
今
の
ま
ま
で
は
  
の
か
 
大
き
さ
の
割
に
張
り
も
し
っ
か
り
し
て
お
る
の
 °
そ
の
上
  
そ
れ
に
食
べ
て
い
る
物
も
上
等
な
寿
司
か
何
か
を
食
べ
て
お
っ
た
  
凛
根
 
こ
ち
ら
の
飛
鳥
は
吸
い
付
く
ほ
ど
奇
麗
な
胸
じ
ゃ
の
ぅ
 °

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
で
遡
る
 °
  
 
凛
根
と
は
一
体
何
者
な
の
か
 °
そ
れ
を
知
る
に
は
 
半
月
前
ま
  
  
腕
の
蛇
の
紋
様
と
妖
し
げ
な
赤
い
瞳
が
特
徴
の
爆
乳
の
忍
 °
  
 
七
尺
∧
2
1
0
c
m
∨
を
越
え
る
日
本
刀
 
毒
蛇
 
を
携
え
し
 
  
し
て
 
通
称
 
紅
蛇
の
凛
根
 
 °
  
 
|
|
|
|
彼
女
の
名
前
は
凛
根
 °
秘
立
火
岸
女
学
院
の
3
年
に
  
  
を
探
し
に
行
こ
う
か
の
う
 
  
強
い
タ
イ
プ
は
 
無
意
味
に
見
え
る
の
 
 °
さ
て
|
|
|
|
別
の

  > ≫