バ
キ
ュ
|
ム
・
イ
ン
フ
レ
|
シ
ョ
ン
!
 
 
  
  
に
襲
わ
れ
て
い
る
女
性
を
助
け
る
た
め
に
活
動
を
し
て
い
た
 °
  
 
|
|
|
|
こ
の
日
も
ま
た
い
つ
も
の
よ
う
に
 
バ
ス
タ
リ
ア
ン
  
ン
か
ら
人
を
守
る
た
め
に
活
動
を
続
け
て
い
る
 °
  
と
し
て
 
膨
乳
を
楽
し
み
 
膨
乳
で
遊
び
 
そ
し
て
バ
ス
タ
リ
ア
  
り
て
膨
乳
ス
|
パ
|
ヒ
ロ
イ
ン
 
バ
ス
タ
リ
ア
ン
・
バ
ス
タ
|
ズ
  
ン
に
襲
わ
れ
て
い
る
現
場
に
遭
遇
す
る
 °
私
は
ビ
|
ネ
の
力
を
借
  
う
か
∨
が
暴
走
し
た
膨
乳
生
命
体
|
|
|
|
通
称
 
バ
ス
タ
リ
ア
  
乳
を
愛
す
る
私
は
 
あ
る
日
友
人
で
あ
る
千
代
柔
華
∧
ち
よ
に
ゅ
  
 
私
の
名
前
は
五
泉
美
里
∧
ご
せ
ん
み
り
∨
 °
異
常
な
ま
で
に
膨
  
  
ッ
ノ
博
士
が
沖
杉
留
子
達
に
出
会
う
前
の
お
話
で
す
》
  
 
時
間
軸
的
に
は
 
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
グ
リ
|
ン
の
眠
田
佐
美
と
ナ
  
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
 
の
二
次
創
作
で
す
 °
  
《
※
こ
れ
は
 
私
 
膨
乳
し
ま
す
!
 
と
 
超
乳
戦
隊
ニ
ュ
ウ
・
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
摂
政
 
 
前
篇
  
コ
ラ
ボ
 
バ
ス
タ
リ
ア
ン
・
バ
ス
タ
|
ズ
V
S
チ
|
ム
・
帝
国
城

≪ <  

  
  
げ
て
ま
す
よ
!
?
 
  
 
:
:
:
:
に
ゅ
 
柔
華
ち
ゃ
ん
?
 
あ
の
バ
ス
タ
リ
ア
ン
 
  
  
出
し
て
い
た
 °
  
れ
て
い
き
 
ぼ
よ
ん
ぼ
よ
ん
と
揺
れ
な
が
ら
私
達
2
人
か
ら
逃
げ
  
 
女
性
と
融
合
し
て
い
た
バ
ス
タ
リ
ア
ン
の
一
部
は
身
体
か
ら
離
  
  
 
 
な
っ
:
:
:
:
!
?
 
 
  
  
 
M
A
R
U
 
M
A
R
U
M
A
R
U
!
 
  
  
い
た
 °
そ
の
油
断
が
あ
っ
た
か
ら
な
の
だ
ろ
う
か
?
  
寄
せ
ら
れ
て
い
く
と
共
に
 
私
達
は
自
分
達
の
勝
利
を
確
信
し
て
  
大
き
く
膨
ら
ん
で
い
た
そ
の
乳
房
は
ぐ
ぐ
っ
と
私
達
の
方
に
引
き
  
で
巨
大
な
乳
房
の
塊
だ
っ
た
女
性
が
ぐ
ぐ
っ
と
縮
み
始
め
て
い
た
 °
  
 
私
と
柔
華
の
2
人
が
バ
ス
タ
リ
ア
ン
を
追
い
出
す
と
 
先
程
ま
  
  
 
G
U
G
A
A
A
A
A
A
A
A
A
!
 
  


























   

  
の
眼
鏡
を
か
け
た
女
性
が
居
た
 °
そ
の
手
に
は
サ
ラ
シ
が
巻
か
れ
  
 
私
達
の
胸
を
大
き
く
し
た
く
ら
い
の
爆
乳
を
持
っ
た
褐
色
の
肌
  
ら
 
行
き
止
ま
り
に
1
人
の
女
性
が
居
た
 °
  
げ
る
バ
ス
タ
リ
ア
ン
 °
も
う
す
ぐ
行
き
止
ま
り
か
と
思
っ
て
い
た
  
 
 
M
A
R
U
!
 
M
A
R
U
!
 
と
 
そ
う
や
っ
て
慌
て
て
逃
  
  
え
は
 
な
い
と
思
い
ま
す
 
  
 
い
や
 
バ
ス
タ
リ
ア
ン
は
暴
走
す
る
膨
乳
生
命
体
:
:
:
:
考
  
  
に
か
考
え
が
あ
る
の
か
な
?
 
  
:
:
?
 
こ
こ
の
先
は
 
確
か
行
き
止
ま
り
だ
っ
た
は
ず
?
 
な
  
 
あ
の
バ
ス
タ
リ
ア
ン
 
い
っ
た
い
ど
こ
に
逃
げ
る
つ
も
り
:
:
  
  
い
よ
う
な
裏
道
を
逃
げ
て
い
た
 °
  
は
私
達
に
追
い
つ
い
て
欲
し
く
な
い
の
か
 
こ
ち
ら
が
通
り
づ
ら
  
タ
リ
ア
ン
の
逃
げ
て
行
く
方
向
を
追
っ
て
い
た
 °
バ
ス
タ
リ
ア
ン
  
よ
う
に
縮
ま
せ
な
が
ら
 
大
き
な
胸
で
跳
ね
揺
ら
し
な
が
ら
バ
ス
  
 
私
と
柔
華
の
2
人
は
胸
の
大
き
さ
を
ぐ
ぐ
っ
と
動
か
し
や
す
い
  
  
 
す
っ
 
す
ぐ
に
胸
の
大
き
さ
を
戻
し
て
追
い
掛
け
ま
し
ょ
う
 

   

  
  
 
バ
ス
タ
リ
ア
ン
ロ
イ
ド
 
バ
ス
タ
リ
ア
ン
ロ
イ
ド
 
  
  
れ
て
お
り
 
バ
ス
タ
リ
ア
ン
と
ぶ
つ
か
っ
て
形
が
変
形
し
て
い
く
 °
  
た
 °
真
っ
白
な
銃
弾
の
光
は
ま
っ
す
ぐ
バ
ス
タ
リ
ア
ン
へ
と
放
た
  
に
備
え
付
け
 
バ
ス
タ
リ
ア
ン
に
向
か
っ
て
引
き
金
を
引
い
て
い
  
彼
女
は
  
と
書
か
れ
た
真
っ
白
な
メ
モ
リ
を
取
り
出
し
て
銃
  
の
女
性
は
懐
か
ら
銀
色
の
光
り
輝
く
銃
を
構
え
て
い
た
 °
そ
し
て
  
 
私
が
ぽ
か
ん
と
疑
問
符
を
浮
か
べ
て
い
る
と
 
そ
の
褐
色
の
肌
  
  
 
あ
の
銃
は
な
ん
で
し
ょ
う
?
 
  
 
い
っ
た
い
何
を
:
:
:
:
!
?
 
  
  
生
命
力
を
活
か
し
て
み
ま
し
ょ
う
か
?
 
  
が
生
き
た
い
と
思
っ
て
る
み
た
い
だ
ね
 °
そ
れ
な
ら
ば
私
以
外
の
  
 
な
る
ほ
ど
 °
ど
う
や
ら
私
以
外
に
こ
の
膨
乳
生
命
体
は
 
自
分
  
  
と
微
笑
み
を
浮
か
べ
て
い
た
 °
  
て
い
る
そ
の
服
装
の
女
性
は
 
バ
ス
タ
リ
ア
ン
を
見
る
と
ニ
ヤ
リ
  
た
長
い
杖
を
持
っ
て
お
り
 
四
季
を
感
じ
さ
せ
る
装
飾
が
施
さ
れ

   

  
 
バ
ス
タ
リ
ア
ン
ロ
イ
ド
・
キ
ャ
ッ
ス
ル
と
呼
ば
れ
た
バ
ス
タ
リ
  
  
・
キ
ャ
ッ
ス
ル
?
 
  
然
と
言
え
ま
す
け
れ
ど
も
ね
 °
|
|
|
|
バ
ス
タ
リ
ア
ン
ロ
イ
ド
  
ド
の
手
に
か
か
っ
た
の
で
す
 °
私
以
外
は
揺
さ
ぶ
ら
れ
る
の
は
当
  
|
ム
ネ
|
ム
と
同
等
の
力
を
持
っ
て
い
る
ネ
|
ム
ネ
|
ム
シ
ェ
イ
  
 
動
揺
し
て
い
る
よ
う
で
す
ね
 °
ま
っ
 
こ
の
私
 
乳
房
帝
国
ネ
  
  
で
す
か
マ
ル
?
 
  
っ
か
り
と
し
た
身
体
が
あ
る
マ
ル
!
?
 
ど
 
ど
う
い
う
事
な
ん
  
 
こ
 
こ
れ
は
な
ん
だ
い
マ
ル
?
 
か
 
身
体
が
!
?
 
し
 
  
  
タ
リ
ア
ン
へ
と
近
付
い
て
来
て
い
た
 °
  
り
を
見
回
し
て
い
て
 
そ
の
隣
に
銃
を
放
っ
て
い
た
女
性
が
バ
ス
  
 
び
っ
く
り
し
て
い
る
バ
ス
タ
リ
ア
ン
の
変
化
し
た
そ
の
姿
は
辺
  
自
分
の
身
体
を
見
て
び
っ
く
り
し
て
い
る
よ
う
で
あ
っ
た
 °
  
背
負
っ
て
い
た
 °
金
髪
と
藍
色
の
瞳
の
顔
を
持
つ
そ
の
女
性
は
 
  
の
形
へ
と
変
わ
り
 
背
中
に
黒
い
バ
ッ
ク
パ
ッ
ク
の
よ
う
な
物
を
  
両
腕
両
脚
が
飛
び
出
し
て
生
ま
れ
 
さ
ら
に
右
腕
が
真
っ
白
な
砦
  
 
お
っ
ぱ
い
だ
け
で
あ
っ
た
そ
の
塊
か
ら
雪
の
よ
う
に
白
い
肌
の

   

  
生
命
体
バ
ス
タ
リ
ア
ン
を
手
に
入
れ
に
来
た
の
だ
!
 
そ
う
 
  
乳
房
帝
国
ネ
|
ム
ネ
|
ム
!
 
我
々
は
貴
様
ら
の
敵
で
あ
る
膨
乳
  
 
|
|
|
|
胸
を
大
き
く
す
る
た
め
に
活
躍
す
る
悪
の
秘
密
結
社
 
  
  
て
い
た
の
は
 
怪
人
の
2
人
と
は
違
う
別
人
で
あ
っ
た
 °
  
リ
ア
ン
ロ
イ
ド
の
2
人
を
見
て
い
た
 °
し
か
し
そ
の
質
問
に
答
え
  
 
私
は
そ
う
言
い
な
が
ら
 
ネ
|
ム
ネ
|
ム
シ
ェ
イ
ド
と
バ
ス
タ
  
  
 
何
者
で
で
す
か
?
 
  
 
あ
な
た
は
 
い
え
あ
な
た
達
は
一
体
:
:
:
:
 
  
  
し
ょ
う
か
ね
?
 
  
力
は
私
以
上
で
は
な
く
 
面
白
さ
は
私
以
上
と
言
っ
た
と
こ
ろ
で
  
 
な
る
ほ
ど
 
胸
を
弾
ま
せ
て
こ
ち
ら
に
来
る
と
は
 °
ど
う
や
ら
  
  
い
た
 °
  
笑
い
を
こ
ぼ
し
な
が
ら
罵
倒
す
る
よ
う
な
視
線
で
こ
ち
ら
を
見
て
  
|
ム
シ
ェ
イ
ド
と
名
乗
っ
た
女
は
私
達
の
顔
を
見
て
 
ク
ス
リ
と
  
と
言
い
つ
つ
 
ぼ
|
っ
と
し
て
い
る
よ
う
で
あ
っ
た
 °
ネ
|
ム
ネ
  
ア
ン
の
変
異
体
は
 
バ
ス
タ
リ
ア
ン
ロ
イ
ド
?
 
キ
ャ
ッ
ス
ル
?
 

   

  
で
し
ょ
う
 °
そ
ろ
そ
ろ
逃
げ
出
し
ま
し
ょ
う
か
 °
で
は
 
く
だ
ら
  
 
|
|
|
|
と
は
言
え
 
確
か
に
そ
ろ
そ
ろ
ナ
ッ
ノ
様
も
来
る
頃
  
そ
の
く
だ
ら
な
い
名
前
を
言
わ
な
い
で
欲
し
い
で
す
よ
!
  
 
こ
 
こ
ら
!
 
ユ
シ
|
・
ネ
|
ム
ネ
|
ム
シ
ェ
イ
ド
!
 
私
の
 
  
  
と
思
い
ま
す
が
ね
 
  
る
べ
き
で
し
ょ
う
 °
私
以
外
に
聡
明
な
あ
な
た
な
ら
分
か
る
事
だ
  
ン
ロ
イ
ド
と
い
う
怪
人
に
し
ま
し
た
の
で
 
こ
こ
は
一
旦
撤
退
す
  
 
ヤ
リ
ソ
コ
ネ
|
タ
|
様
 °
バ
ス
タ
リ
ア
ン
は
既
に
バ
ス
タ
リ
ア
  
  
リ
に
よ
っ
て
得
た
新
た
な
力
!
 
我
が
名
は
強
奪
摂
政
|
|
|
|
 
  
ド
様
が
自
ら
の
思
念
の
力
を
用
い
て
手
に
入
れ
た
  
の
メ
モ
  
 
そ
う
 
こ
の
私
!
 
伝
説
の
幹
部
 
強
奪
鳥
人
チ
ェ
ン
ジ
バ
|
  
  
は
金
色
の
ダ
イ
ヤ
ル
が
付
け
ら
れ
て
い
た
 °
  
両
腕
は
黒
ず
く
め
の
長
い
手
袋
を
は
め
て
お
り
 
服
の
真
ん
中
に
  
た
超
乳
の
持
ち
主
 °
背
中
か
ら
黒
ず
く
め
の
大
き
な
翼
 
そ
し
て
  
 
そ
う
や
っ
て
現
れ
た
の
は
 
近
未
来
的
な
全
身
銀
色
の
服
を
着
  
  
の
私
の
策
で
な
!
 


















   

  
ヘ
ア
|
の
高
身
長
の
女
性
 °
ほ
く
ろ
と
少
し
の
垂
れ
目
も
あ
る
が
 
  
 
ま
ず
お
ど
お
ど
し
な
が
ら
現
れ
た
の
は
緑
色
の
ポ
ニ
|
テ
|
ル
  
女
性
と
い
う
2
人
組
の
女
性
達
 °
  
 
そ
し
て
現
れ
た
の
は
 
お
ど
お
ど
と
し
た
女
性
と
き
然
と
し
た
  
  
つ
 °
  
小
し
て
 
ぎ
り
ぎ
り
の
大
き
さ
ま
で
縮
ん
で
相
手
が
来
る
の
を
待
  
 
私
達
は
こ
ち
ら
に
来
る
気
配
に
気
づ
い
て
急
い
で
 
急
い
で
縮
  
  
言
っ
て
い
た
 
ナ
ッ
ノ
様
っ
て
一
体
:
:
:
:
だ
 
誰
か
来
る
?
 
  
 
う
ん
 
呆
気
な
い
ほ
ど
:
:
:
:
 °
と
言
う
か
 
あ
の
2
人
が
  
 
逃
げ
ら
れ
ち
ゃ
い
ま
し
た
ね
:
:
:
:
 
  
  
3
人
の
怪
人
は
消
え
て
い
た
 °
  
ヤ
リ
ソ
コ
ネ
|
タ
|
を
見
る
 °
し
か
し
そ
の
時
に
は
 
も
う
既
に
  
 
完
全
に
舐
め
き
っ
た
言
葉
に
対
し
て
 
私
達
は
 
む
|
!
 
と
  
  
 
 
く
 
く
だ
ら
な
い
胸
を
見
せ
つ
け
る
2
人
組
!
?
 
 
  
  
な
い
胸
を
見
せ
つ
け
る
2
人
組
よ
!
 











   

  
 
さ
て
 
ま
た
数
年
ぐ
ら
い
は
無
事
だ
ろ
う
が
 °
こ
の
世
界
に
長
  
  
ノ
と
い
う
人
な
ん
じ
ゃ
な
い
か
と
思
っ
て
い
た
 °
  
操
作
し
て
い
た
 °
小
さ
く
縮
ん
で
い
た
私
達
は
ど
ち
ら
か
が
ナ
ッ
  
い
る
中
 
き
然
と
し
た
女
性
は
ス
マ
ホ
を
パ
チ
パ
チ
と
動
か
し
て
  
 
お
ど
お
ど
と
し
た
女
性
は
 
で
も
で
も
:
:
:
:
 
と
言
っ
て
  
  
た
が
り
で
す
の
で
 
  
謀
な
手
段
は
取
ら
な
く
て
も
良
い
 °
な
に
せ
 
典
型
的
な
目
立
ち
  
の
バ
カ
の
1
つ
覚
え
の
よ
う
な
 
強
奪
摂
政
を
捕
ま
え
る
の
に
無
  
で
も
こ
こ
で
何
か
あ
っ
た
の
は
確
か
な
よ
う
だ
ね
 °
と
も
か
く
あ
  
 
 
ト
ラ
ッ
プ
 
 
ど
こ
に
も
居
な
い
よ
う
だ
ね
 °
ま
ぁ
 
そ
れ
  
:
 
  
 
え
 
え
っ
と
確
か
こ
の
辺
に
来
た
と
あ
っ
た
ん
で
す
が
:
:
:
  
  
た
赤
い
ス
マ
ホ
を
パ
チ
パ
チ
と
操
作
し
て
い
た
 °
  
く
似
合
う
女
性
 °
黒
縁
の
眼
鏡
を
か
け
た
 
そ
の
女
性
は
手
に
し
  
ろ
で
き
然
と
し
て
い
る
の
は
 
銀
色
の
ス
ト
レ
|
ト
ヘ
ア
|
が
良
  
|
ス
を
着
こ
な
し
た
 
ま
さ
に
モ
デ
ル
の
よ
う
な
女
性
 °
そ
の
後
  
K
カ
ッ
プ
で
足
も
長
く
 
着
て
い
る
服
も
桃
色
の
綺
麗
な
ワ
ン
ピ

   

  
分
達
の
目
の
前
で
起
き
た
事
を
淡
々
と
説
明
し
て
い
く
 °
女
の
胸
  
 
私
と
柔
華
の
バ
ス
タ
リ
ア
ン
・
バ
ス
タ
|
ズ
は
と
言
う
と
 
  
近
く
に
あ
る
私
の
家
へ
と
や
っ
て
き
ま
し
た
 °
  
ま
ナ
ッ
ノ
と
 
ト
ラ
ッ
プ
 
|
|
眠
田
佐
美
の
2
人
を
連
れ
て
 
  
 
あ
っ
さ
り
と
縮
ん
で
い
た
私
達
を
見
破
ら
れ
た
私
は
 
そ
の
ま
  
☆
  
  
の
 
こ
の
世
界
を
普
通
に
し
よ
う
と
す
る
ナ
ッ
ノ
さ
 
  
 
自
己
紹
介
が
ま
だ
だ
っ
た
ね
 °
ボ
ク
の
名
前
は
ナ
ッ
ノ
 °
た
だ
  
縮
む
力
を
持
つ
人
間
が
普
通
と
は
思
え
な
い
け
れ
ど
も
 °
  
 
|
|
|
|
そ
こ
に
居
る
2
人
に
 
話
を
聞
か
な
い
と
ね
 °
最
も
 
  
  
ま
え
て
い
た
 °
  
た
そ
れ
は
地
面
を
転
が
り
な
が
ら
 
隠
れ
て
い
た
私
達
2
人
を
捕
  
カ
チ
ャ
と
動
か
す
と
ポ
イ
ッ
と
そ
れ
を
投
げ
て
い
た
 °
投
げ
ら
れ
  
ッ
ク
キ
ュ
|
ブ
の
よ
う
な
物
体
を
取
り
出
す
と
 
そ
れ
を
カ
チ
ャ
  
 
 
あ
ぁ
 
そ
う
そ
う
 
と
き
然
と
し
た
彼
女
は
懐
か
ら
ル
|
ビ
  
  
か
 °
 
ト
ラ
ッ
プ
 
 
  
く
居
る
訳
に
も
い
か
な
い
で
す
し
ね
 °
ふ
っ
 
さ
っ
さ
と
行
こ
う

   

  
 
:
:
:
:
で
 
で
す
 °
そ
う
言
う
訳
 
な
の
で
す
 
  
  
追
っ
て
こ
こ
ま
で
来
た
 
  
躙
す
る
つ
も
り
だ
っ
た
の
だ
と
思
わ
れ
る
よ
 °
ボ
ク
達
は
そ
れ
を
  
バ
ス
タ
リ
ア
ン
を
怪
人
と
し
て
手
元
に
置
い
て
 
こ
の
世
界
を
蹂
  
的
を
持
っ
て
い
る
 °
つ
ま
り
は
手
軽
に
膨
乳
す
る
能
力
を
持
っ
た
  
タ
|
は
 
こ
の
世
界
の
バ
ス
タ
リ
ア
ン
を
手
に
入
れ
る
と
い
う
目
  
つ
者
か
ら
奪
う
 
と
い
う
思
考
を
持
つ
強
奪
摂
政
ヤ
リ
ソ
コ
ネ
|
  
|
ム
シ
ェ
イ
ド
を
配
下
と
し
て
手
に
入
れ
た
 
 
大
き
な
胸
を
持
  
す
 °
 
帝
国
∧
e
m
p
i
r
e
∨
 
の
メ
モ
リ
を
使
う
ネ
|
ム
ネ
  
タ
|
が
言
っ
て
い
た
通
り
胸
を
大
き
く
す
る
た
め
の
悪
の
組
織
で
  
 
乳
房
帝
国
ネ
|
ム
ネ
|
ム
 
そ
れ
は
強
奪
摂
政
ヤ
リ
ソ
コ
ネ
|
  
な
ん
て
本
当
に
 
誠
に
ど
う
で
も
良
い
ん
だ
け
れ
ど
も
ね
 °
  
 
な
る
ほ
ど
 
理
解
し
ま
し
た
 °
と
は
言
っ
て
も
 
君
ら
の
事
情
  
  
さ
ん
は
 
ふ
む
ふ
む
と
頷
い
て
い
た
 °
  
た
こ
と
に
つ
い
て
 °
し
っ
か
り
と
し
た
眼
で
聞
い
て
い
た
ナ
ッ
ノ
  
リ
ソ
コ
ネ
|
タ
|
の
2
人
が
バ
ス
タ
リ
ア
ン
を
怪
人
と
変
え
て
い
  
逃
げ
出
し
て
 
そ
れ
が
ネ
|
ム
ネ
|
ム
シ
ェ
イ
ド
と
強
奪
摂
政
ヤ
  
を
膨
乳
さ
せ
る
と
い
う
生
命
体
で
あ
る
バ
ス
タ
リ
ア
ン
の
一
部
が

   

  
て
る
な
ら
ば
ど
こ
か
別
の
人
と
戦
い
た
ま
え
 °
ネ
|
ム
ネ
|
ム
の
  
先
さ
せ
て
い
る
2
人
組
な
ぞ
に
 
た
た
胸
を
膨
ら
ま
せ
て
満
足
し
  
 
そ
ん
な
事
も
考
え
も
せ
ず
に
 
た
だ
自
分
の
膨
乳
欲
の
み
を
優
  
間
と
知
能
な
い
者
と
戦
い
方
は
そ
り
ゃ
あ
変
わ
っ
て
来
る
 °
  
い
た
の
は
所
詮
は
た
だ
襲
う
だ
け
の
暴
走
生
物
 °
知
能
の
あ
る
人
  
 
|
|
|
|
足
手
ま
と
い
は
要
り
ま
せ
ん
 °
あ
な
た
達
が
戦
っ
て
  
  
な
が
ら
つ
れ
な
い
口
調
で
喋
っ
て
い
た
 °
  
ん
に
言
う
の
だ
が
 
彼
女
は
冷
た
い
蔑
ん
だ
視
線
の
よ
う
に
睨
み
  
 
そ
れ
で
も
一
緒
に
戦
っ
た
方
が
良
い
 °
私
達
は
そ
う
ナ
ッ
ノ
さ
  
  
後
は
こ
ち
ら
側
で
や
ら
せ
て
貰
う
 
  
 
な
に
っ
て
:
:
:
:
情
報
交
換
は
既
に
終
わ
っ
た
だ
ろ
う
?
 
  
  
 
あ
 
あ
の
ナ
ッ
ノ
さ
ん
?
 
ど
ち
ら
に
行
く
つ
も
り
で
す
か
?
 
  
  
否
や
 
佐
美
さ
ん
と
共
に
立
ち
上
が
り
部
屋
か
ら
出
よ
う
と
す
る
 °
  
華
ち
ゃ
ん
も
頷
い
て
い
た
 °
そ
し
て
ナ
ッ
ノ
さ
ん
は
言
い
終
る
や
  
 
 
な
る
ほ
ど
 
と
私
は
頷
き
 
 
難
し
い
相
手
で
す
ね
 
と
柔
  


























   

  
も
良
か
っ
た
の
で
は
な
い
の
で
し
ょ
う
か
?
 
戦
士
と
し
て
力
が
  
 
え
 
え
っ
と
な
 
ナ
ッ
ノ
様
?
 
先
程
の
人
達
に
助
け
を
求
め
  
  
る
 °
  
 
そ
の
後
 
道
を
渡
っ
て
行
く
中
で
佐
美
は
ナ
ッ
ノ
に
声
を
か
け
  
☆
  
  
  
し
た
 °
  
 
そ
の
言
葉
に
対
し
て
 
私
達
2
人
は
何
も
言
え
ず
に
居
た
の
で
  
  
 
胸
を
膨
ら
ま
せ
て
満
足
し
て
い
る
だ
け
 
 °
  
 
膨
乳
欲
の
み
を
優
先
さ
せ
て
い
る
2
人
組
 
 °
  
  
美
の
2
人
は
出
て
い
た
 °
  
 
冷
た
く
言
い
つ
つ
 
絶
対
来
な
い
事
を
言
明
し
て
ナ
ッ
ノ
と
佐
  
  
で
良
い
の
だ
か
ら
 
  
の
戦
士
で
あ
る
我
々
に
任
せ
な
さ
い
 °
そ
う
 
た
っ
た
そ
れ
だ
け
  
戦
士
は
倒
せ
ま
せ
ん
よ
 °
分
か
っ
た
ら
専
門
家
の
 
対
人
戦
専
門

   

  
 
そ
の
言
葉
に
ナ
ッ
ノ
は
答
え
を
出
さ
ず
に
 
手
を
出
し
て
佐
美
  
  
:
:
:
:
 
  
 
わ
た
し
な
ら
ば
戦
士
と
し
て
対
人
戦
も
:
:
:
:
出
来
る
か
と
  
も
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
と
し
て
 
戦
士
と
し
て
戦
わ
せ
て
く
だ
さ
い
!
  
 
え
 
え
っ
と
 
そ
れ
じ
ゃ
あ
メ
モ
リ
を
貸
し
て
く
だ
さ
い
 °
  
  
な
が
ら
 
 
は
ぁ
|
 
と
落
ち
込
ん
だ
声
を
出
す
 °
  
 
あ
 
相
変
わ
ら
ず
分
か
り
辛
い
愛
情
で
す
:
:
:
:
 
と
言
い
  
 
そ
う
や
っ
て
い
つ
も
の
よ
う
に
悪
態
を
吐
く
ナ
ッ
ノ
 °
佐
美
は
  
  
務
だ
が
ね
 
  
人
と
し
て
の
役
割
だ
 °
勿
論
 
こ
の
ボ
ク
が
や
る
の
が
大
人
の
責
  
 
:
:
:
:
こ
ち
ら
の
問
題
は
こ
ち
ら
が
対
処
す
る
 
そ
れ
が
大
  
戦
わ
せ
る
責
務
は
な
い
だ
ろ
う
が
 °
そ
れ
く
ら
い
分
か
ら
な
い
か
?
  
が
使
命
の
よ
う
な
戦
士
 °
そ
れ
な
の
に
ネ
|
ム
ネ
|
ム
の
戦
士
と
  
 
そ
れ
で
も
 
だ
 °
あ
い
つ
ら
は
元
は
バ
ス
タ
リ
ア
ン
と
戦
う
の
  
  
え
る
の
は
良
い
:
:
:
:
と
思
っ
た
ん
で
す
が
 
  
あ
る
よ
う
に
:
:
:
:
思
え
ま
し
た
が
?
 
す
 
少
な
く
と
も
戦

   

  
  
様
を
倒
さ
せ
て
貰
い
ま
す
よ
!
 
喰
ら
え
 
引
力
爆
弾
!
 
  
 
で
は
こ
の
私
 
ネ
|
ム
ネ
|
ム
シ
ェ
イ
ド
の
能
力
に
て
ナ
ッ
ノ
  
  
た
杖
を
こ
ち
ら
に
向
け
て
い
た
 °
  
自
己
紹
介
し
た
ネ
|
ム
ネ
|
ム
シ
ェ
イ
ド
は
サ
ラ
シ
を
巻
き
つ
け
  
 
隠
れ
て
い
た
の
に
煽
ら
れ
て
自
分
か
ら
飛
び
出
し
 
高
ら
か
と
  
  
外
に
こ
の
名
前
は
名
乗
れ
な
い
の
で
す
!
 
  
 
そ
う
 
ネ
|
ム
ネ
|
ム
帝
国
と
同
等
の
力
を
持
つ
 
こ
の
私
以
  
く
 
私
の
名
前
は
ネ
|
ム
ネ
|
ム
シ
ェ
イ
ド
 °
  
の
名
前
は
エ
ン
パ
イ
ア
:
:
:
:
た
だ
の
帝
国
と
い
う
だ
け
で
な
  
私
だ
け
で
あ
っ
て
 
私
以
外
は
し
て
は
い
け
な
い
の
で
す
よ
 °
  
 
失
礼
で
す
ね
 
ナ
ッ
ノ
様
 °
名
前
を
間
違
え
て
許
さ
れ
る
の
は
  
  
イ
ア
シ
ェ
イ
ド
?
 
  
 
|
|
|
|
そ
ろ
そ
ろ
出
て
来
て
良
い
ん
じ
ゃ
な
い
か
 
エ
ン
パ
  
  
か
 
そ
の
場
で
止
ま
る
 °
  
に
動
か
な
い
よ
う
に
静
止
の
指
示
を
出
す
 °
佐
美
も
理
解
し
た
の

   

  
っ
た
剣
が
腰
に
差
さ
れ
て
い
た
 °
ナ
ッ
ノ
は
剣
を
引
き
抜
く
と
 
  
彼
女
の
F
カ
ッ
プ
の
胸
が
揺
れ
て
い
た
 °
そ
し
て
金
色
の
鞘
に
入
  
ら
上
腕
ま
で
被
う
赤
い
長
手
甲
に
纏
わ
れ
る
 °
た
ゆ
ん
た
ゆ
ん
と
  
 
ナ
ッ
ノ
の
身
体
が
赤
い
光
に
包
ま
れ
て
い
き
 
右
腕
が
手
首
か
  
  
 
フ
ァ
イ
タ
|
 
  
  
  
の
メ
モ
リ
を
挿
し
込
ん
だ
 °
  
赤
い
メ
モ
リ
を
取
り
出
し
て
い
た
 °
そ
し
て
右
腕
の
コ
ネ
ク
タ
に
  
 
ナ
ッ
ノ
は
そ
う
言
っ
て
懐
か
ら
1
本
の
 
  
と
書
か
れ
た
  
  
も
ね
 
  
リ
で
戦
士
に
変
身
出
来
な
い
以
上
 
こ
う
す
る
し
か
な
い
け
れ
ど
  
 
焦
ら
な
く
て
問
題
な
い
で
し
ょ
う
が
 °
|
|
|
|
ま
ぁ
 
メ
モ
  
  
 
な
 
ナ
ッ
ノ
様
?
!
 
  
  
に
乗
っ
て
ナ
ッ
ノ
と
佐
美
の
2
人
の
元
へ
飛
ば
さ
れ
て
い
た
 °
  
と
ポ
イ
ッ
と
放
り
投
げ
て
 
両
目
が
青
く
光
り
輝
く
と
引
力
の
渦
  
 
ネ
|
ム
ネ
|
ム
シ
ェ
イ
ド
は
懐
か
ら
紫
色
の
球
体
を
取
り
出
す

   

  
  
ム
シ
ェ
イ
ド
?
 
  
 
さ
ぁ
 
次
は
ど
ん
な
武
器
で
来
る
つ
も
り
だ
?
 
ネ
|
ム
ネ
|
  
  
て
 
爆
弾
を
不
活
性
す
る
 °
  
 
そ
し
て
ナ
ッ
ノ
は
ま
た
し
て
も
向
か
っ
て
来
た
爆
弾
を
一
閃
し
  
  
 
ま
た
爆
弾
:
:
:
:
芸
が
な
い
と
は
こ
の
事
だ
ね
 
  
  
れ
を
引
力
の
流
れ
に
沿
わ
せ
て
投
げ
て
い
た
 °
  
ワ
イ
ト
の
4
色
の
球
の
形
の
爆
弾
を
取
り
出
し
て
 
そ
の
ま
ま
そ
  
 
ネ
|
ム
ネ
|
ム
シ
ェ
イ
ド
は
ピ
ン
ク
 
ブ
ル
|
 
レ
ッ
ド
 
  
  
 
喰
ら
え
 
四
季
折
々
の
毒
爆
弾
攻
撃
!
 
さ
ら
に
巨
大
化
!
 
  
以
上
の
存
在
な
ど
存
在
し
て
は
な
ら
な
い
の
で
す
 °
  
さ
ん
の
 
F
∧
フ
ァ
イ
タ
|
∨
 
の
メ
モ
リ
で
す
ね
 °
で
も
 
  
 
:
:
:
:
斬
ら
れ
た
物
を
不
活
性
に
す
る
力
 °
流
石
 
ナ
ッ
ノ
  
  
爆
発
せ
ず
に
そ
の
場
に
落
ち
た
 °
  
向
か
っ
て
来
て
い
た
爆
弾
を
一
刀
両
断
す
る
 °
斬
ら
れ
た
爆
弾
は

   

  
た
ゆ
ん
た
ゆ
ん
と
音
を
鳴
ら
す
が
の
よ
う
で
あ
っ
た
 °
  
胸
を
わ
し
づ
か
み
さ
れ
て
 
激
し
く
揺
ら
さ
れ
る
 °
大
き
な
胸
は
  
 
ナ
ッ
ノ
と
佐
美
の
2
人
は
ネ
|
ム
ネ
|
ム
シ
ェ
イ
ド
に
よ
っ
て
  
  
軍
隊
で
あ
ろ
う
と
も
私
の
能
力
で
奪
え
る
!
 
  
え
ば
ど
ん
な
に
強
い
武
器
を
持
っ
た
戦
士
で
あ
ろ
う
と
も
 
い
や
  
デ
|
タ
化
し
て
物
を
奪
い
取
る
能
力
に
昇
華
さ
せ
た
 °
こ
れ
を
使
  
 
デ
|
タ
 
そ
れ
は
物
を
デ
|
タ
化
す
る
能
力
 °
私
は
そ
の
力
を
  
  
あ
っ
た
 °
  
の
手
に
は
 
ナ
ッ
ノ
の
長
手
甲
と
全
て
を
不
活
性
化
さ
せ
る
剣
が
  
 
そ
し
て
高
ら
か
な
笑
い
声
と
共
に
現
れ
た
ヤ
リ
ソ
コ
ネ
|
タ
|
  
付
い
た
時
に
は
手
甲
と
剣
は
な
か
っ
た
 °
  
ッ
ノ
の
身
体
を
黒
い
繭
の
よ
う
な
物
が
襲
い
掛
か
っ
て
お
り
 
  
 
ナ
ッ
ノ
が
振
り
向
い
た
時
に
は
既
に
遅
か
っ
た
 °
い
き
な
り
ナ
  
  
 
ま
さ
か
:
:
:
:
!
?
 
  
  
ネ
|
タ
|
様
は
そ
の
武
器
の
性
能
は
既
に
確
認
済
み
だ
か
ら
 
  
 
そ
の
必
要
は
な
い
ん
だ
よ
な
 °
な
に
せ
 
私
以
上
に
ヤ
リ
ソ
コ

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
┏┓
続
く
?
┗┛
  
  
の
で
あ
っ
た
 °
  
 
強
奪
摂
政
ヤ
リ
ソ
コ
ネ
|
タ
|
は
高
ら
か
な
笑
い
声
を
あ
げ
る
  
  
っ
た
の
だ
!
 
ハ
ハ
ハ
!
 
ふ
|
は
は
は
!
 
  
 
こ
の
3
人
が
揃
っ
た
今
 
こ
の
時
!
 
世
界
は
我
々
の
物
と
な
  
そ
し
て
敵
を
倒
す
た
め
の
 
摂
政
 
 °
  
 
物
を
引
き
寄
せ
る
 
帝
国
 
 
目
的
を
果
た
す
た
め
の
  
 °
  


























  > ≫