な
ん
と
 
肌
色
の
お
っ
ぱ
い
と
思
わ
し
き
物
体
が
複
数
 
そ
れ
  
  
て
い
た
ら
い
き
な
り
驚
く
べ
き
光
景
が
目
に
入
っ
て
来
た
 °
  
い
た
 °
今
は
ま
だ
4
月
の
半
ば
な
の
で
 
ど
う
し
た
物
か
と
思
っ
  
た
の
だ
が
 
あ
る
日
突
然
窓
の
外
に
ま
っ
白
い
雪
が
降
り
出
し
て
  
家
業
で
あ
る
沖
杉
財
閥
の
事
案
に
つ
い
て
整
理
し
て
い
た
私
だ
っ
  
で
あ
る
 °
い
つ
も
の
よ
う
に
メ
イ
ド
に
お
世
話
を
さ
れ
な
が
ら
 
  
持
つ
 
ニ
ュ
|
・
紫
峰
市
に
住
む
ち
ょ
っ
と
変
わ
っ
た
女
子
高
生
  
と
し
て
は
平
凡
な
が
ら
も
 
メ
|
ト
ル
サ
イ
ズ
と
言
う
超
々
乳
を
  
 
私
の
名
前
は
沖
杉
留
子
∧
お
き
す
ぎ
る
こ
∨
 °
身
長
こ
そ
女
性
  
┏┓
1
s
t
 
D
a
y
┗┛
  
  
こ
に
記
す
》
  
に
つ
い
て
は
現
時
点
で
は
ほ
と
ん
ど
分
か
っ
て
い
な
い
た
め
に
こ
  
戦
士
の
記
憶
か
ら
算
出
さ
れ
た
記
録
で
あ
る
 °
こ
の
作
戦
の
詳
細
  
れ
た
 
ト
ラ
ン
ジ
ス
タ
作
戦
 
の
 
現
地
に
居
た
と
さ
れ
る
超
乳
  
《
こ
の
作
品
は
β
|
1
9
0
9
 
個
体
次
元
名
リ
ッ
チ
に
て
行
わ
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
ス
カ
|
レ
ッ
ト
・
セ
ブ
ン
デ
イ
ズ
 
1











≪ <  

  
よ
う
と
し
て
い
る
女
性
達
を
捕
ま
え
て
 
外
の
雪
に
当
て
て
膨
乳
  
 
 
地
下
 
を
コ
|
ド
ネ
|
ム
に
持
つ
彼
女
は
 
地
下
か
ら
逃
げ
  
ド
フ
ァ
ン
ト
ム
と
名
乗
っ
た
 °
  
彼
女
は
自
分
の
事
を
財
団
S
の
諜
報
部
員
 
ア
ン
ダ
|
グ
ラ
ウ
ン
  
い
る
 °
ま
た
両
腕
は
ト
ン
ネ
ル
型
の
巨
大
腕
装
備
付
け
て
い
る
 °
  
い
毛
糸
の
カ
|
デ
ィ
ガ
ン
で
 
胸
元
の
み
が
真
っ
黒
に
染
ま
っ
て
  
 
1
7
2
c
m
の
身
長
と
1
2
0
c
m
の
O
カ
ッ
プ
 °
全
身
が
白
  
の
兵
士
を
連
れ
た
1
人
の
超
乳
女
性
が
現
れ
て
い
た
 °
  
 
し
か
し
 
そ
う
や
っ
て
逃
げ
る
私
達
の
前
に
ぺ
っ
た
ん
こ
な
胸
  
  
道
を
使
え
ば
潜
水
艦
が
あ
る
地
下
港
へ
と
行
っ
て
脱
出
出
来
る
 °
  
敷
の
地
下
に
は
脱
出
す
る
た
め
の
地
下
道
を
掘
っ
て
お
り
 
こ
の
  
て
こ
の
街
の
脱
出
を
決
意
し
た
 °
こ
う
い
う
事
に
も
備
え
て
 
  
 
急
い
で
避
難
す
べ
き
だ
ろ
う
と
 
私
は
メ
イ
ド
達
に
支
え
ら
れ
  
く
っ
と
い
う
膨
乳
の
音
と
共
に
押
し
潰
さ
れ
て
電
話
が
切
れ
る
 °
  
て
い
た
男
性
社
員
も
 
電
話
越
し
で
も
聞
こ
え
る
く
ら
い
む
く
む
  
う
謎
の
現
象
に
あ
っ
た
ら
し
い
 °
訳
が
分
か
り
ま
せ
ん
と
報
告
し
  
っ
た
女
性
達
が
い
き
な
り
胸
が
ど
ん
ど
ん
と
膨
ら
ん
で
い
く
と
い
  
か
ら
 °
ど
う
い
う
状
況
な
の
か
と
会
社
に
連
絡
す
る
と
 
雪
に
触
  
も
キ
ロ
メ
|
ト
ル
サ
イ
ズ
で
む
く
む
く
と
巨
大
化
し
て
い
く
の
だ

   

  
金
色
の
髪
を
し
た
女
性
 °
  
 
目
を
覚
ま
し
た
私
達
の
目
の
前
に
居
た
の
は
 
見
た
事
も
な
い
  
┏┓
2
n
d
 
D
a
y
┗┛
  
  
場
で
倒
れ
た
の
で
あ
っ
た
 °
  
し
て
煙
幕
が
辺
り
に
撒
か
れ
る
と
共
に
私
達
は
気
を
失
い
 
そ
の
  
う
と
し
た
そ
の
時
 
い
き
な
り
地
下
が
眩
い
光
に
包
ま
れ
る
 °
  
 
ア
ン
ダ
|
グ
ラ
ウ
ン
ド
フ
ァ
ン
ト
ム
の
魔
の
手
が
私
に
伸
び
よ
  
  
ド
が
相
手
に
捕
ら
え
ら
れ
て
し
ま
っ
た
 °
  
隊
も
太
刀
打
ち
で
き
ず
 
比
較
的
戦
闘
能
力
が
低
い
2
人
の
メ
イ
  
る
の
だ
 °
こ
れ
に
は
数
々
の
戦
い
を
越
え
て
来
た
我
が
メ
イ
ド
部
  
で
追
っ
て
来
る
と
言
う
 
奇
術
に
近
い
も
の
を
使
っ
て
追
っ
て
来
  
た
 °
な
ん
と
ア
ン
ダ
|
グ
ラ
ウ
ン
ド
フ
ァ
ン
ト
ム
は
地
中
を
進
ん
  
兵
士
達
を
圧
倒
し
て
い
た
 °
し
か
し
 
そ
れ
で
は
終
わ
ら
な
か
っ
  
る
た
め
に
身
体
を
鍛
え
て
い
た
メ
イ
ド
達
の
戦
闘
能
力
は
敵
方
の
  
て
い
た
た
め
に
 
必
死
に
な
っ
て
抵
抗
し
た
 °
幸
い
 
私
を
支
え
  
 
私
達
は
悪
の
根
源
の
名
前
を
知
る
と
共
に
確
保
さ
れ
よ
う
と
し
  
  
さ
せ
よ
う
と
言
う
 
恐
ろ
し
い
計
画
を
立
て
て
い
た
 °





   

  
 
そ
し
て
彼
女
に
付
き
従
う
2
人
の
諜
報
部
員
 °
私
達
を
襲
っ
た
  
要
の
役
割
を
担
う
キ
|
マ
ン
 °
  
ス
タ
|
と
呼
ば
れ
る
メ
モ
リ
を
所
有
し
て
お
り
 
今
回
の
事
件
の
  
 
首
謀
者
の
名
前
は
須
子
井
禍
奈
∧
す
ご
い
か
な
∨
 °
ト
ラ
ン
ジ
  
  
よ
る
世
界
征
服
と
言
う
事
ら
し
い
 °
  
制
に
入
っ
て
お
り
 
今
回
は
そ
の
技
術
を
使
っ
た
3
名
の
人
物
に
  
し
た
メ
モ
リ
と
呼
ば
れ
る
変
身
装
置
を
独
自
に
開
発
し
て
量
産
体
  
な
が
ら
 
裏
で
は
エ
|
ジ
ェ
ン
ト
・
ナ
ッ
ノ
な
る
人
物
が
作
り
出
  
 
財
団
S
と
は
ネ
|
ム
ネ
|
ム
と
い
う
組
織
の
支
援
組
織
で
あ
り
  
  
が
増
し
た
 °
  
ド
フ
ァ
ン
ト
ム
に
つ
い
て
語
り
出
し
て
か
ら
 
そ
の
話
の
信
憑
性
  
も
信
じ
ら
れ
な
い
話
で
あ
っ
た
が
 
彼
女
が
ア
ン
ダ
|
グ
ラ
ウ
ン
  
物
に
殺
さ
れ
か
か
り
 
こ
の
世
界
に
逃
げ
た
の
だ
と
言
う
 °
と
て
  
っ
た
 °
ど
う
や
ら
親
衛
隊
長
ス
パ
イ
ダ
|
・
ラ
ス
ラ
|
と
い
う
人
  
世
界
β
次
元
元
設
備
主
任
の
観
測
使
徒
ウ
オ
ッ
チ
と
名
前
を
名
乗
  
る
そ
の
少
女
は
淡
々
と
し
た
声
で
自
ら
を
 
ネ
|
ム
ネ
|
ム
征
服
  
少
女
 °
赤
染
め
の
白
衣
で
 
左
目
に
万
能
片
眼
鏡
を
着
用
し
て
い
  
 
ス
ト
レ
|
ト
ヘ
ア
|
で
 
可
愛
ら
し
い
顔
立
ち
の
L
カ
ッ
プ
美

   

  
さ
ん
が
や
り
そ
う
だ
か
ら
 
と
い
う
理
由
で
協
力
し
て
く
れ
た
 °
  
来
て
く
れ
た
メ
イ
ド
達
も
賛
成
し
 
ウ
オ
ッ
チ
さ
ん
は
 
ナ
ッ
ノ
  
こ
の
私
が
な
ん
と
か
す
る
し
か
な
い
と
決
心
し
た
の
だ
 °
付
い
て
  
の
現
状
だ
と
既
存
の
軍
隊
や
警
察
組
織
は
当
て
に
な
ら
な
い
以
上
 
  
T
 
U
 
 
を
倒
し
 
こ
の
世
界
に
平
和
を
取
り
戻
す
事
を
 °
  
 
ど
う
や
ら
事
実
で
あ
る
と
確
信
し
た
私
は
決
心
す
る
 °
 
S
 
  
  
行
っ
て
い
る
 °
  
ら
ん
で
い
て
 
ム
グ
グ
ッ
グ
と
い
う
音
と
共
に
大
き
さ
を
増
し
て
  
る
サ
イ
ズ
の
女
性
達
の
胸
も
ど
の
女
性
も
爆
乳
サ
イ
ズ
に
ま
で
膨
  
っ
ぱ
い
と
い
う
肌
色
一
色
で
あ
り
 
か
ろ
う
じ
て
人
間
だ
と
見
え
  
見
せ
て
貰
っ
て
驚
い
た
 °
街
は
既
に
お
っ
ぱ
い
 
お
っ
ぱ
い
 
  
 
ふ
ざ
け
る
な
!
 
と
思
い
つ
つ
 
外
の
様
子
を
特
殊
な
機
械
で
  
  
れ
ば
 
ち
ょ
っ
と
し
た
足
が
か
り
に
過
ぎ
な
い
と
の
事
 °
  
し
い
 °
今
回
の
私
達
の
世
界
へ
の
こ
の
作
戦
も
彼
ら
か
ら
し
て
み
  
か
ら
 
自
身
達
の
事
を
 
S
 
T
 
U
 
 
と
名
乗
っ
て
い
る
ら
  
 
自
身
の
使
う
メ
モ
リ
が
  
 
  
 
  
で
あ
る
事
  
テ
ル
ス
フ
ァ
ン
ト
ム
こ
と
セ
|
ラ
・
オ
オ
ツ
カ
 °
  
ア
ン
ダ
|
グ
ラ
ウ
ン
ド
フ
ァ
ン
ト
ム
こ
と
シ
ホ
・
イ
チ
ガ
ヤ
と
ス

   

  
に
世
紀
末
の
雰
囲
気
を
漂
わ
せ
て
い
た
 °
ビ
ル
や
建
物
の
多
く
は
  
 
早
朝
 °
あ
の
敵
が
落
と
す
雪
は
消
え
て
い
る
が
 
街
の
中
は
既
  
┏┓
3
r
d
 
D
a
y
┗┛
  
  
ぐ
さ
ま
眠
り
に
つ
い
た
 °
  
た
私
達
は
メ
モ
リ
の
使
い
心
地
を
確
か
め
 
明
日
も
早
い
の
で
す
  
来
る
 °
私
達
は
そ
う
確
信
し
た
 °
そ
の
後
 
決
行
を
明
日
に
控
え
  
モ
リ
の
価
値
を
知
れ
ば
 
あ
の
超
人
的
な
部
隊
と
も
戦
う
事
が
出
  
|
の
力
を
逆
流
に
転
じ
る
事
が
出
来
る
と
言
う
メ
モ
リ
 °
こ
の
メ
  
t
a
n
c
e
 
反
抗
を
使
う
メ
モ
リ
で
あ
り
 
使
う
と
エ
ネ
ル
ギ
  
強
化
を
宿
す
メ
モ
リ
 °
私
に
与
え
ら
れ
た
  
は
r
e
s
i
s
  
味
す
る
メ
モ
リ
で
あ
り
 
使
う
と
超
人
的
な
回
復
力
と
身
体
能
力
  
 
メ
イ
ド
達
に
配
ら
れ
た
  
は
v
i
t
u
r
e
 
活
力
を
意
  
発
揮
す
る
た
め
の
メ
モ
リ
で
あ
る
と
の
事
 °
  
れ
た
メ
モ
リ
は
相
手
方
が
使
っ
て
い
る
よ
う
に
 
超
人
的
な
力
を
  
の
制
御
装
置
で
変
身
携
帯
シ
フ
ト
フ
ォ
ン
と
い
う
名
前
で
 
渡
さ
  
じ
く
携
帯
を
渡
し
た
 °
携
帯
は
メ
モ
リ
の
力
に
毒
さ
れ
な
い
た
め
  
渡
し
て
 
メ
イ
ド
達
に
  
と
書
か
れ
た
複
数
の
メ
モ
リ
と
同
  
 
ウ
オ
ッ
チ
さ
ん
は
私
に
  
と
書
か
れ
た
メ
モ
リ
と
携
帯
を
  


























   

  
達
は
早
速
携
帯
に
 
  
の
メ
モ
リ
を
シ
フ
ト
フ
ォ
ン
に
セ
ッ
  
 
そ
う
と
分
か
れ
ば
後
は
行
動
開
始
す
る
の
み
で
あ
る
 °
メ
イ
ド
  
  
分
か
っ
て
い
た
 °
  
っ
た
た
め
 
敵
は
そ
の
建
設
現
場
に
居
る
と
メ
イ
ド
達
の
証
言
で
  
の
シ
ン
ボ
ル
と
な
る
デ
カ
ス
ギ
タ
ワ
|
が
作
ら
れ
る
と
い
う
話
だ
  
考
え
る
の
が
自
然
だ
ろ
う
と
 °
最
近
 
ニ
ュ
|
・
紫
峰
市
で
は
街
  
伏
し
て
い
る
と
思
わ
れ
る
 °
故
に
高
い
場
所
に
本
拠
地
が
あ
る
と
  
高
い
位
置
か
ら
皆
を
監
視
し
て
い
る
と
思
わ
れ
 
高
い
建
物
に
潜
  
 
ウ
オ
ッ
チ
さ
ん
の
話
に
よ
る
と
ト
ラ
ン
ジ
ス
タ
フ
ァ
ン
ト
ム
は
  
  
っ
て
い
る
と
言
っ
て
も
過
言
で
は
な
い
だ
ろ
う
 °
  
物
顔
で
歩
い
て
い
る
の
だ
 °
も
は
や
彼
ら
が
こ
の
街
を
取
り
仕
切
  
 
そ
し
て
そ
ん
な
中
 
あ
の
時
居
た
ち
っ
ぱ
い
の
兵
士
達
が
我
が
  
言
葉
が
相
応
し
い
だ
ろ
う
 °
  
ゾ
ン
ビ
の
よ
う
に
歩
い
て
い
た
 °
ま
さ
し
く
異
様
な
光
景
と
言
う
  
っ
た
女
性
達
が
胸
元
を
ゆ
っ
く
り
と
膨
ら
ま
せ
な
が
ら
 
街
中
を
  
ん
ど
な
く
 
私
と
同
じ
よ
う
な
メ
|
ト
ル
サ
イ
ズ
の
超
々
乳
を
持
  
い
と
い
う
巨
塔
が
街
中
に
立
ち
並
ぶ
 °
街
中
に
男
性
の
姿
は
ほ
と
  
倒
れ
て
 
そ
の
代
わ
り
に
キ
ロ
メ
|
ト
ル
サ
イ
ズ
の
特
大
お
っ
ぱ

   

  
 
ヒ
ト
ナ
|
ミ
!
 
ヒ
ト
ナ
ミ
 
ヒ
ト
ナ
ミ
!
 
  
  
毎
に
大
気
が
揺
ら
い
で
い
た
 °
  
な
大
剣
を
持
っ
た
守
護
兵
が
居
た
 °
彼
ら
が
大
剣
を
一
振
り
す
る
  
 
デ
カ
ス
ギ
タ
ワ
|
建
設
現
場
に
は
ヒ
ト
ナ
|
ミ
と
言
う
 
巨
大
  
  
も
納
得
で
あ
る
 °
  
言
え
る
 °
こ
れ
で
敵
に
も
使
っ
て
い
る
の
だ
か
ら
 
強
く
な
る
の
  
を
携
帯
に
差
し
た
だ
け
で
そ
の
能
力
と
は
破
格
の
特
殊
能
力
と
も
  
器
∧
?
∨
の
力
も
上
が
っ
て
い
る
の
だ
と
か
:
:
:
:
 °
メ
モ
リ
  
な
お
か
つ
彼
女
達
の
話
に
よ
る
と
フ
ォ
|
ク
や
ト
レ
イ
な
ど
の
武
  
い
る
み
た
い
で
 
1
0
0
m
も
4
秒
と
い
う
超
ス
ピ
|
ド
で
あ
り
 
  
 
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
バ
レ
ッ
ト
は
身
体
能
力
が
非
常
に
高
く
な
っ
て
  
  
変
身
す
る
前
か
ら
軽
く
倒
せ
て
い
た
の
で
 
問
題
は
な
か
っ
た
 °
  
ま
ま
道
に
居
る
と
さ
れ
る
戦
士
達
を
排
除
し
て
い
く
 °
こ
の
辺
は
  
 
ま
ず
デ
カ
ス
ギ
タ
ワ
|
建
設
現
場
の
方
向
を
確
認
し
て
 
そ
の
  
と
名
乗
っ
て
行
動
を
開
始
す
る
 °
  
し
た
メ
イ
ド
達
は
と
言
う
と
 
自
身
を
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
バ
レ
ッ
ト
  
ト
す
る
 °
そ
し
て
白
銀
の
メ
イ
ド
服
を
着
込
ん
だ
戦
士
の
格
好
を

   

  
 
ト
ン
ネ
ル
型
の
巨
大
な
腕
装
備
を
振
る
わ
せ
て
お
り
 
腕
を
振
  
  
ン
ト
ム
に
言
わ
れ
て
も
違
和
感
ば
か
り
と
思
う
け
れ
ど
も
ね
 
  
れ
て
も
地
下
を
意
味
す
る
こ
の
私
 
ア
ン
ダ
|
グ
ラ
ウ
ン
ド
フ
ァ
  
 
よ
う
こ
そ
 
こ
の
世
で
最
も
高
き
場
所
へ
 °
そ
ん
な
事
を
言
わ
  
  
ア
ン
ダ
|
グ
ラ
ウ
ン
ド
フ
ァ
ン
ト
ム
の
姿
が
あ
っ
た
 °
  
み
が
真
っ
黒
に
染
ま
っ
て
い
る
 
白
い
毛
糸
の
カ
|
デ
ィ
ガ
ン
の
  
っ
た
 °
そ
こ
に
は
1
人
の
人
物
が
立
っ
て
い
て
|
|
|
|
胸
元
の
  
 
デ
カ
ス
ギ
タ
ワ
|
を
上
る
と
大
き
く
広
が
っ
て
い
る
場
所
が
あ
  
  
す
 °
  
人
で
い
け
る
の
だ
か
ら
 °
私
は
皆
の
た
め
に
 
こ
の
街
を
取
り
戻
  
た
補
助
機
械
に
よ
っ
て
単
独
行
動
が
可
能
と
な
っ
た
今
な
ら
ば
1
  
も
少
し
で
も
前
に
進
ん
で
い
た
 °
ウ
オ
ッ
チ
さ
ん
に
作
っ
て
貰
っ
  
ヒ
ト
ナ
|
ミ
を
押
さ
え
つ
け
て
く
れ
て
い
る
間
に
 
自
分
1
人
で
  
 
メ
イ
ド
達
が
フ
ォ
|
ク
と
ト
レ
イ
と
い
う
専
用
武
器
を
使
っ
て
  
  
 
留
子
様
 
お
急
ぎ
を
!
 
  


























   

  
  
る
の
も
ま
た
そ
そ
る
光
景
で
す
ね
ぇ
 
  
 
ま
ぁ
 
あ
な
た
と
言
う
健
全
な
肉
体
か
ら
一
か
所
の
傷
を
付
け
  
  
 
私
が
彼
女
に
抱
い
た
感
情
は
そ
う
言
う
気
持
ち
な
の
で
あ
っ
た
 °
  
 
|
|
|
|
歪
ん
で
い
る
 °
狂
っ
て
い
る
 °
間
違
っ
て
い
る
 °
  
  
ょ
う
ね
 °
そ
の
時
が
待
ち
遠
し
く
て
し
よ
う
が
な
い
で
す
よ
 
  
も
っ
と
肌
色
に
ま
み
れ
た
状
況
に
な
れ
ば
 
さ
ら
に
た
ぎ
る
で
し
  
ン
ク
を
垂
ら
す
 °
そ
れ
こ
そ
が
我
が
望
み
な
の
で
す
よ
 °
あ
ぁ
 
  
 
真
っ
白
に
染
ま
り
き
っ
た
白
い
空
間
に
た
っ
た
一
滴
 
黒
い
イ
  
そ
れ
が
我
が
望
み
で
す
よ
 °
  
の
み
の
考
え
を
言
う
の
で
あ
れ
ば
|
|
|
|
白
に
黒
を
垂
ら
す
事
 °
  
る
ト
ラ
ン
ジ
ス
タ
様
の
考
え
は
分
か
り
ま
せ
ん
が
 
そ
れ
で
も
私
  
 
私
達
の
行
動
の
理
由
が
知
り
た
い
と
?
 
我
が
愛
し
て
尊
敬
す
  
  
し
よ
う
と
し
て
い
る
ん
で
す
か
:
:
:
:
?
 
  
 
ア
ン
ダ
|
グ
ラ
ウ
ン
ド
フ
ァ
ン
ト
ム
:
:
:
:
あ
な
た
は
何
を
  
  
る
う
と
青
白
い
爆
炎
が
飛
び
出
て
い
た
 °










   

  
で
い
た
 °
  
を
こ
ち
ら
に
向
け
て
い
て
 
引
き
金
を
引
く
と
爆
炎
が
私
を
包
ん
  
 
ア
ン
ダ
|
グ
ラ
ウ
ン
ド
フ
ァ
ン
ト
ム
は
ト
ン
ネ
ル
型
の
腕
装
備
  
  
で
塗
り
た
く
っ
て
差
し
上
げ
ま
し
ょ
う
よ
!
 
  
 
ギ
ガ
ス
カ
|
レ
ッ
ト
?
 
あ
ぁ
 
そ
ん
な
赤
い
場
所
を
私
の
力
  
  
 
ギ
ガ
ス
カ
|
レ
ッ
ト
 
あ
な
た
を
倒
し
ま
す
!
 
  
  
グ
ロ
|
ブ
を
付
け
て
い
た
 °
  
両
の
拳
に
は
指
に
黒
い
ゴ
ム
の
特
殊
加
工
が
施
さ
れ
て
い
る
赤
い
  
 
挿
入
す
る
と
共
に
私
の
身
体
を
紅
色
の
オ
|
ラ
が
覆
っ
て
い
て
 
  
  
オ
ン
・
ザ
・
フ
ィ
|
ル
ド
┗┛
  
┏┓
レ
ジ
ス
タ
ン
ス
変
身
シ
ス
テ
ム
 
セ
ッ
ト
 °
ス
カ
|
レ
ッ
ト
 
  
  
す
る
と
高
ら
か
な
音
声
が
鳴
り
響
い
て
い
た
 °
  
 
私
は
  
の
メ
モ
リ
を
シ
フ
ト
フ
ォ
ン
に
挿
入
し
て
い
た
 °
  
  
 
|
|
|
|
戦
い
は
や
は
り
避
け
ら
れ
ま
せ
ん
か
 






   

  
  
な
か
っ
た
け
れ
ど
も
ね
 
  
勿
論
で
す
が
 
今
ま
で
は
巨
大
な
胸
元
が
邪
魔
だ
か
ら
発
揮
出
来
  
流
の
会
社
を
担
う
私
に
と
っ
て
は
こ
の
程
度
 
軽
く
出
来
る
わ
 °
  
も
な
く
 
漫
画
と
違
っ
て
山
場
も
な
い
 °
沖
杉
家
と
い
う
 
超
一
  
な
く
 
物
語
と
違
っ
て
脚
本
も
な
く
 
小
説
と
違
っ
て
言
い
合
い
  
 
え
ぇ
 
そ
う
ね
 °
真
の
強
者
の
戦
い
と
創
作
と
違
っ
て
接
戦
も
  
  
 
|
|
|
|
私
に
 
首
元
を
押
さ
え
つ
け
ら
れ
て
い
た
か
ら
だ
 °
  
ム
の
次
の
言
葉
は
出
な
か
っ
た
 °
  
 
そ
う
や
っ
て
高
ら
か
に
言
う
ア
ン
ダ
|
グ
ラ
ウ
ン
ド
フ
ァ
ン
ト
  
  
|
 
  
違
っ
て
見
せ
場
も
な
い
 °
そ
れ
こ
そ
が
真
の
勝
負
と
言
う
|
|
|
  
ラ
マ
も
な
く
 
小
説
と
は
違
っ
て
言
い
争
い
も
無
く
 
漫
画
と
は
  
 
創
作
と
は
違
っ
て
鍔
迫
り
合
い
も
な
く
 
物
語
と
は
違
っ
て
ド
  
だ
ね
 °
  
り
で
呆
気
な
か
っ
た
け
れ
ど
も
 
戦
闘
と
は
常
に
こ
う
言
う
も
の
  
 
ハ
ハ
ッ
 
さ
っ
さ
と
燃
え
上
が
っ
て
行
く
の
か
ね
|
 °
い
き
な
  


























   

  
が
白
い
毛
糸
の
カ
|
デ
ィ
ガ
ン
で
 
胸
元
の
み
が
真
っ
黒
に
染
ま
  
外
見
;
1
7
2
c
m
の
身
長
と
1
2
0
c
m
の
O
カ
ッ
プ
 °
全
身
  
使
用
体
;
財
団
S
諜
報
部
員
 
シ
ホ
・
イ
チ
ガ
ヤ
  
所
属
区
分
;
財
団
S
配
下
  
〇
ユ
シ
|
・
ア
ン
ダ
|
グ
ラ
ウ
ン
ド
フ
ァ
ン
ト
ム
  
ユ
シ
|
モ
ン
ス
タ
|
N
o
 
4
5
  
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
  
  
入
れ
て
デ
カ
ス
ギ
タ
ワ
|
を
後
に
し
た
 °
  
 
私
は
そ
う
言
っ
て
 
ア
ン
ダ
|
グ
ラ
ウ
ン
ド
の
メ
モ
リ
を
手
に
  
  
ょ
う
か
 
  
フ
ァ
ン
ト
ム
が
居
る
の
で
す
か
 °
と
り
あ
え
ず
こ
こ
に
行
き
ま
し
  
 
|
|
|
|
海
上
基
地
シ
ホ
ウ
ベ
|
ス
 
ね
 °
こ
こ
に
ス
テ
ル
ス
  
  
の
割
に
他
の
2
人
も
見
つ
け
な
け
れ
ば
 °
  
 
結
局
 
ア
ン
ダ
|
グ
ラ
ウ
ン
ド
フ
ァ
ン
ト
ム
を
倒
せ
た
が
 
  
  
れ
も
ま
た
一
興
:
:
:
:
 
  
 
か
 
は
ぁ
:
:
:
:
 °
あ
ぁ
 
私
が
蹂
躙
さ
れ
る
:
:
:
:
そ

   

  
  
  
  
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
  
様
々
な
武
器
で
敵
と
戦
っ
て
い
る
 °
  
守
護
兵
士
 °
巨
大
な
大
剣
や
破
壊
力
の
あ
る
マ
シ
ン
ガ
ン
な
ど
 
  
概
要
;
ナ
イ
チ
チ
に
特
殊
溶
媒
に
浸
け
て
 
並
み
の
乳
を
持
っ
た
  
立
場
;
乳
房
帝
国
ネ
|
ム
ネ
|
ム
中
級
兵
  
〇
ヒ
ト
ナ
|
ミ
  
ユ
シ
|
モ
ン
ス
タ
|
N
o
 
4
6
  
  
一
滴
垂
ら
す
事
を
指
摘
し
て
い
る
 °
B
y
;
観
測
使
徒
ウ
オ
ッ
チ
  
を
神
様
の
よ
う
に
崇
め
て
い
る
 °
白
い
一
面
に
真
っ
黒
い
液
体
を
  
と
思
っ
て
お
り
 
上
司
で
あ
る
ト
ラ
ン
ジ
ス
タ
フ
ァ
ン
ト
ム
の
事
  
内
の
深
く
ま
で
埋
没
さ
せ
る
事
も
可
能
 °
自
身
を
底
辺
の
存
在
だ
  
ま
で
抑
え
つ
け
た
記
憶
を
呼
び
起
こ
し
た
り
 
対
象
の
想
い
を
脳
  
噴
火
や
水
力
な
ど
の
戦
力
を
使
い
こ
な
し
 
対
象
の
脳
内
の
深
く
  
所
見
;
ギ
ガ
ス
カ
|
レ
ッ
ト
に
早
速
倒
さ
れ
て
し
ま
っ
た
配
下
 °
  
い
る
 °
  
っ
て
い
る
 °
ま
た
両
腕
は
ト
ン
ネ
ル
型
の
巨
大
腕
装
備
を
付
け
て

  > ≫