大
財
団
に
よ
っ
て
 
二
か
月
前
に
作
ら
れ
た
海
上
整
備
基
地
で
あ
  
 
海
上
基
地
シ
ホ
ウ
ベ
|
ス
 °
軍
隊
の
改
正
法
に
よ
っ
て
と
あ
る
  
  
へ
と
戻
っ
て
い
た
 °
  
た
以
上
 
こ
の
場
に
居
る
必
要
は
な
い
と
判
断
し
た
私
達
は
地
下
  
海
上
基
地
シ
ホ
ウ
ベ
|
ス
に
居
る
事
を
告
げ
た
 °
答
え
が
分
か
っ
  
ト
ム
を
倒
し
た
事
と
 
次
の
敵
で
あ
る
ス
テ
ル
ス
フ
ァ
ン
ト
ム
が
  
イ
ド
達
と
合
流
し
て
い
た
 °
私
は
ア
ン
ダ
|
グ
ラ
ウ
ン
ド
フ
ァ
ン
  
倒
し
た
私
は
と
言
う
と
 
ギ
ガ
バ
レ
ッ
ト
|
|
|
|
つ
ま
り
 
  
 
デ
カ
ス
ギ
タ
ワ
|
に
て
ア
ン
ダ
|
グ
ラ
ウ
ン
ド
フ
ァ
ン
ト
ム
を
  
┏┓
4
t
h
 
D
a
y
┗┛
  
  
こ
に
記
す
》
  
に
つ
い
て
は
現
時
点
で
は
ほ
と
ん
ど
分
か
っ
て
い
な
い
た
め
に
こ
  
戦
士
の
記
憶
か
ら
算
出
さ
れ
た
記
録
で
あ
る
 °
こ
の
作
戦
の
詳
細
  
れ
た
 
ト
ラ
ン
ジ
ス
タ
作
戦
 
の
 
現
地
に
居
た
と
さ
れ
る
超
乳
  
《
こ
の
作
品
は
β
|
1
9
0
9
 
個
体
次
元
名
リ
ッ
チ
に
て
行
わ
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
ス
カ
|
レ
ッ
ト
・
セ
ブ
ン
デ
イ
ズ
 
2











≪ <  

  
ッ
シ
ョ
ン
|
|
|
|
潜
入
任
務
を
し
始
め
て
い
た
 °
ま
ず
基
地
内
  
 
相
手
が
海
に
逃
げ
ら
れ
る
可
能
性
を
考
え
て
ス
ニ
|
キ
ン
グ
ミ
  
  
が
判
明
し
て
い
た
 °
  
ろ
い
し
て
い
て
 
や
は
り
こ
こ
に
 
S
 
T
 
U
 
 
が
居
る
事
  
シ
ホ
ウ
ベ
|
ス
に
行
く
と
そ
こ
に
は
沢
山
の
ヒ
ト
ナ
|
ミ
が
勢
ぞ
  
 
と
も
か
く
 
海
上
基
地
シ
ホ
ウ
ベ
|
ス
へ
と
急
ぐ
事
に
し
た
 °
  
フ
ァ
ン
ト
ム
さ
ん
は
ど
こ
に
居
る
の
だ
か
:
:
:
:
 °
  
な
か
っ
た
は
ず
:
:
:
:
 °
一
体
 
上
司
で
あ
る
ト
ラ
ン
ジ
ス
タ
  
も
し
れ
な
い
 °
け
れ
ど
も
こ
の
狭
い
都
市
に
こ
れ
以
上
の
場
所
は
  
理
と
監
視
を
す
る
の
に
長
け
て
い
る
場
所
だ
と
思
う
の
が
当
然
か
  
 
|
|
|
|
な
ら
ば
ト
ラ
ン
ジ
ス
タ
フ
ァ
ン
ト
ム
も
同
じ
く
 
  
 
広
く
管
理
す
る
た
め
の
基
地
 
シ
ホ
ウ
ベ
|
ス
 °
  
 
一
番
高
く
監
視
す
る
塔
 
デ
カ
ス
ギ
タ
ワ
|
 °
  
  
う
か
?
  
上
司
で
あ
る
ト
ラ
ン
ジ
ス
タ
フ
ァ
ン
ト
ム
は
ど
こ
に
居
る
の
だ
ろ
  
 
|
|
|
|
そ
こ
に
敵
が
居
る
の
は
必
然
だ
け
れ
ど
も
 
直
属
の
  
ム
装
置
が
あ
っ
た
は
ず
 °
  
る
 °
確
か
あ
そ
こ
に
は
人
々
を
管
理
し
て
運
営
す
る
管
理
シ
ス
テ

   

  
  
は
彼
女
な
ら
ば
す
ぐ
さ
ま
や
れ
る
と
確
信
し
て
い
た
 °
  
 
そ
う
し
て
グ
ロ
ッ
キ
|
に
な
っ
て
い
る
そ
の
女
性
を
見
て
 
  
  
い
が
:
:
:
:
 
  
せ
な
い
と
言
う
の
に
全
く
:
:
:
:
う
ぅ
 
船
酔
い
な
ら
ぬ
海
酔
  
か
な
く
て
し
ょ
う
が
な
い
 °
こ
ん
な
事
で
は
確
実
な
作
戦
を
起
こ
  
す
け
れ
ど
も
 
ね
 °
海
上
と
言
う
の
は
ど
う
も
気
持
ち
が
落
ち
着
  
ラ
ウ
ン
ド
フ
ァ
ン
ト
ム
と
配
置
換
え
を
行
っ
て
欲
し
か
っ
た
ん
で
  
 
全
く
:
:
:
:
最
悪
の
配
置
だ
ね
 °
私
と
し
て
は
ア
ン
ダ
|
グ
  
  
の
成
人
女
性
は
唇
に
指
を
入
れ
て
噛
ん
で
い
た
 °
  
傷
跡
を
蛇
が
描
か
れ
た
眼
帯
を
装
着
し
て
隠
し
て
い
る
S
カ
ッ
プ
  
の
よ
う
な
目
つ
き
を
し
て
い
て
 
左
目
は
潰
れ
て
い
て
そ
の
醜
い
  
テ
ル
ス
フ
ァ
ン
ト
ム
と
思
わ
れ
る
人
物
が
居
た
 °
黒
装
束
で
山
犬
  
 
そ
し
て
一
番
奥
の
 
管
理
シ
ス
テ
ム
装
置
が
あ
る
部
屋
に
は
ス
  
  
ナ
|
ミ
が
歩
い
て
い
る
ベ
|
ス
内
の
上
の
天
井
を
動
い
て
い
た
 °
  
モ
リ
を
使
っ
て
大
き
な
穴
を
開
け
る
 °
そ
し
て
ナ
イ
チ
チ
と
ヒ
ト
  
と
外
を
繋
ぐ
ダ
ク
ト
を
発
見
し
て
 
ア
ン
ダ
|
グ
ラ
ウ
ン
ド
の
メ

   

  
  
 
カ
ン
ッ
!
  
  
|
  
女
性
の
後
ろ
を
通
り
抜
け
て
 
奥
の
制
御
装
置
に
当
た
り
|
|
|
  
 
そ
し
て
放
た
れ
た
弾
は
グ
ロ
ッ
キ
|
に
な
っ
て
い
る
S
カ
ッ
プ
  
  
∧
|
|
|
|
喰
ら
え
 
ア
ン
ダ
|
シ
ャ
ド
|
!
∨
  
  
装
置
 °
あ
れ
を
破
壊
す
れ
ば
敵
の
作
戦
も
妨
害
で
き
る
は
ず
 °
  
 
狙
い
は
あ
の
グ
ロ
ッ
キ
|
な
女
性
で
は
な
く
 
奥
に
あ
る
制
御
  
  
∧
一
発
勝
負
:
:
:
:
∨
  
  
れ
る
 °
  
ン
ダ
|
グ
ラ
ウ
ン
ド
の
メ
モ
リ
を
変
身
携
帯
シ
フ
ト
フ
ォ
ン
に
入
  
 
メ
イ
ド
達
に
は
他
の
部
屋
を
調
べ
る
よ
う
に
言
っ
て
 
私
は
ア
  
  
れ
た
ら
厄
介
 °
だ
か
ら
今
の
う
ち
に
や
っ
て
お
か
な
い
と
!
∨
  
∧
ス
テ
ル
ス
:
:
:
:
恐
ら
く
透
明
に
な
る
能
力
 °
透
明
に
な
ら

   

  
  
ら
れ
た
 °
  
し
て
私
は
天
井
を
突
き
破
り
 
屋
根
の
上
へ
と
一
瞬
で
移
動
さ
せ
  
|
|
い
や
 
メ
イ
ド
達
に
よ
っ
て
私
は
地
面
を
突
き
破
る
よ
う
に
  
 
そ
し
て
私
の
方
に
飛
ん
で
来
た
2
人
の
ス
|
ツ
シ
ェ
イ
ド
|
|
  
  
 
 
御
意
 
 
  
  
し
て
い
る
の
で
後
は
任
せ
ま
し
た
よ
 
ス
|
ツ
シ
ェ
イ
ド
達
 
  
 
|
|
|
|
よ
う
や
く
 
か
ぁ
 °
と
言
う
訳
で
 
私
は
街
へ
退
避
  
  
る
 °
  
光
が
宿
っ
て
い
な
い
所
か
ら
見
て
も
操
ら
れ
て
い
る
と
断
言
で
き
  
元
を
隠
さ
な
い
大
胆
な
デ
ザ
イ
ン
も
さ
る
事
な
が
ら
 
瞳
に
一
切
  
呼
べ
る
J
カ
ッ
プ
の
大
き
く
つ
き
で
た
ロ
ケ
ッ
ト
お
っ
ぱ
い
の
胸
  
そ
れ
は
連
れ
て
行
か
れ
た
2
人
の
メ
イ
ド
だ
っ
た
の
だ
 °
爆
乳
と
  
服
を
着
た
2
人
の
人
物
に
よ
っ
て
止
め
ら
れ
て
い
た
 °
誰
あ
ろ
う
 
  
 
|
|
|
|
当
た
ろ
う
と
し
た
そ
の
瞬
間
 
そ
れ
は
黒
い
メ
イ
ド
  
  
∧
|
|
|
|
!
?
 
ま
さ
か
!
∨













   

  
 
そ
し
て
襲
い
掛
か
る
敵
に
対
し
て
 
私
は
ど
う
し
よ
う
か
迷
っ
  
  
 
 
:
:
:
:
:
:
:
:
 
 
  
  
 
お
願
い
!
 
目
を
覚
ま
し
て
ち
ょ
う
だ
い
!
 
2
人
と
も
!
 
  
  
て
も
戦
え
な
か
っ
た
 °
  
と
言
っ
て
私
に
彼
女
達
を
救
う
事
も
出
来
そ
う
に
な
く
 
敵
と
し
  
は
ど
う
も
敵
に
操
ら
れ
て
し
ま
っ
て
い
る
よ
う
で
あ
る
 °
だ
か
ら
  
 
2
人
は
何
も
言
わ
な
い
 °
い
や
 
語
れ
な
い
の
か
?
 
彼
女
達
  
  
 
 
:
:
:
:
:
:
:
:
 
 
  
  
メ
イ
ド
達
で
し
ょ
!
?
 
そ
れ
な
の
に
な
ん
で
 
敵
側
に
居
る
の
!
 
  
し
ま
っ
て
い
る
の
!
 
あ
な
た
達
は
私
と
共
に
長
い
間
過
ご
し
た
  
 
ど
う
し
た
の
 
2
人
と
も
!
 
ど
う
し
て
敵
の
配
下
に
な
っ
て
  
  
さ
え
つ
け
て
い
る
2
人
の
メ
イ
ド
に
強
い
口
調
で
話
し
か
け
る
 °
  
が
今
の
私
達
に
つ
ら
く
厳
し
く
当
た
り
な
が
ら
 
私
は
自
分
を
押
  
 
も
う
既
に
日
は
沈
ん
で
暗
く
な
っ
て
お
り
 
吹
き
す
さ
ぶ
海
風

   

  
  
 
や
っ
と
:
:
:
:
見
つ
け
た
 
  
┏┓
5
t
h
 
D
a
y
┗┛
  
  
っ
た
 °
確
か
街
に
行
く
っ
て
言
っ
て
い
た
よ
ね
:
:
:
:
 °
  
 
私
は
そ
う
言
っ
て
 
逃
げ
た
あ
の
S
カ
ッ
プ
女
性
の
行
方
を
追
  
  
 
そ
う
:
:
:
:
分
か
っ
た
わ
 °
あ
な
た
達
も
気
を
付
け
て
 
  
  
 
ご
心
配
な
く
!
 
私
達
の
事
は
良
い
の
で
!
 
  
  
 
で
も
 
会
あ
な
た
達
も
戦
え
な
い
ん
じ
ゃ
:
:
:
:
 
  
  
 
留
子
様
!
 
彼
ら
は
私
達
が
!
 
  
  
私
に
敵
を
追
う
よ
う
に
言
っ
て
い
た
 °
  
 
ス
|
ツ
シ
ェ
イ
ド
の
攻
撃
を
ト
レ
イ
で
止
め
な
が
ら
 
彼
ら
は
  
達
が
変
身
し
た
姿
 
ギ
ガ
バ
レ
ッ
ト
達
 °
  
ま
っ
て
い
る
事
に
気
付
い
た
 °
そ
う
 
私
の
仲
間
で
あ
る
メ
イ
ド
  
て
い
る
と
敵
が
襲
い
掛
か
ろ
う
と
し
た
そ
の
時
 
敵
の
攻
撃
が
止

   

  
 
彼
女
が
  
の
メ
モ
リ
を
取
り
出
し
て
 
彼
女
の
身
体
に
メ
  
  
カ
の
力
に
勝
て
る
と
で
も
?
 
  
 
あ
な
た
に
そ
れ
が
出
来
る
と
で
も
?
 
こ
の
セ
|
ラ
・
オ
オ
ツ
  
  
解
い
て
貰
い
ま
す
よ
!
 
  
 
生
憎
 
う
ち
に
は
優
秀
な
仲
間
が
居
る
ん
で
ね
 °
仲
間
の
洗
脳
 
  
  
見
て
い
た
の
で
あ
っ
た
 °
  
 
あ
の
時
と
は
違
う
ニ
ヤ
ニ
ヤ
し
た
顔
を
見
な
が
ら
 
私
の
顔
を
  
  
け
ま
せ
ん
ね
 
  
 
こ
う
や
っ
て
向
か
っ
て
来
た
以
上
 
あ
な
た
を
倒
さ
な
い
と
い
  
っ
て
い
る
頃
だ
と
思
っ
て
い
た
の
に
 °
  
 
お
や
 
意
外
だ
な
 °
て
っ
き
り
ス
|
ツ
シ
ェ
イ
ド
達
と
ま
だ
戦
  
  
見
て
ニ
コ
リ
と
微
笑
ん
で
い
た
 °
  
に
お
茶
を
飲
ん
で
い
る
事
を
見
つ
け
ら
れ
た
彼
女
は
 
こ
ち
ら
を
  
っ
て
翌
日
を
迎
え
た
頃
で
あ
っ
た
 °
街
の
北
側
の
森
林
に
て
優
雅
  
 
私
が
そ
の
S
カ
ッ
プ
女
性
を
見
つ
け
た
の
は
 
既
に
0
時
を
回

   

  
  
オ
ン
・
ザ
・
フ
ィ
|
ル
ド
┗┛
  
┏┓
レ
ジ
ス
タ
ン
ス
変
身
シ
ス
テ
ム
 
セ
ッ
ト
 °
ス
カ
|
レ
ッ
ト
 
  
 
避
け
ら
れ
な
い
な
ら
ば
 
受
け
止
め
る
ま
で
!
 
  
  
攻
撃
は
避
け
ら
れ
な
い
!
┗┛
  
┏┓
超
高
速
か
ら
な
る
暗
殺
劇
!
 
受
け
て
み
な
さ
い
 
こ
の
私
の
  
  
光
も
 
音
も
消
え
た
 °
  
う
 °
宙
を
舞
う
と
共
に
彼
女
の
身
体
が
消
え
て
 
そ
の
ま
ま
煙
も
 
  
よ
う
な
形
に
変
わ
る
と
そ
こ
か
ら
ジ
ェ
ッ
ト
噴
射
と
共
に
宙
を
舞
  
 
す
る
と
彼
女
の
身
体
が
折
り
た
た
ま
れ
て
い
き
 
段
ボ
|
ル
の
  
  
 
こ
の
私
の
特
殊
能
力
を
見
る
が
良
い
!
 
チ
ェ
ン
ジ
!
 
  
  
て
い
る
 °
  
|
ド
を
持
っ
て
お
り
 
足
に
は
ジ
ェ
ッ
ト
エ
ン
ジ
ン
が
装
着
さ
れ
  
ス
テ
ル
ス
戦
闘
機
の
よ
う
に
な
っ
て
い
て
右
手
に
は
高
周
波
ブ
レ
  
 
全
身
は
黒
い
装
甲
で
覆
わ
れ
て
い
て
 
頭
は
蛇
 
首
か
ら
下
は
  
モ
リ
が
突
き
刺
さ
る
と
別
の
姿
へ
と
変
わ
っ
て
行
く
 °





   

  
 
|
|
|
|
確
か
に
厄
介
 
で
す
ね
 °
見
え
な
い
上
に
 
接
近
戦
  
  
っ
て
来
て
い
て
 
私
の
ブ
ラ
ウ
ス
が
さ
ら
に
傷
付
く
 °
  
声
も
聞
こ
え
な
く
な
っ
て
い
て
 
ど
ん
ど
ん
見
え
な
い
刃
物
が
迫
  
 
そ
し
て
見
え
な
い
刃
物
が
私
の
ブ
ラ
ウ
ス
を
切
り
裂
い
て
い
た
 °
  
  
 
ス
テ
ル
ス
手
裏
剣
!
┗┛
  
私
に
 
一
分
の
隙
も
な
い
!
 
と
は
言
え
 
こ
れ
で
も
喰
ら
え
!
  
し
た
暗
殺
技
術
を
併
せ
持
っ
た
私
!
 
そ
の
両
方
を
併
せ
持
っ
た
  
 
ス
テ
ル
ス
に
よ
っ
て
完
全
に
見
え
な
く
な
り
 
な
お
か
つ
卓
越
  
れ
た
完
全
無
比
の
戦
略
兵
器
 
そ
こ
に
一
筋
の
隙
も
な
い
!
  
┏┓
そ
ん
な
の
は
な
い
!
 
メ
モ
リ
は
ナ
ッ
ノ
博
士
に
よ
っ
て
作
ら
  
  
ト
が
あ
る
!
 
  
ら
れ
な
い
訳
じ
ゃ
な
い
 °
あ
な
た
の
行
動
は
必
ず
見
切
る
ポ
イ
ン
  
 
:
:
:
:
い
く
ら
透
明
で
無
音
だ
と
言
っ
て
も
 
姿
が
捕
ら
え
  
  
グ
ロ
|
ブ
を
付
け
て
い
た
 °
  
両
の
拳
に
は
指
に
黒
い
ゴ
ム
の
特
殊
加
工
が
施
さ
れ
て
い
る
赤
い
  
 
挿
入
す
る
と
共
に
私
の
身
体
を
紅
色
の
ブ
ラ
ウ
ス
を
着
て
お
り
 

   

  
  
が
切
れ
て
 
彼
女
の
姿
が
露
わ
に
な
る
 °
  
っ
飛
ば
さ
れ
た
彼
女
は
壁
に
激
突
す
る
 °
そ
し
て
メ
モ
リ
の
効
果
  
に
吹
っ
飛
ば
さ
れ
て
い
た
 °
物
凄
い
勢
い
で
止
ま
る
事
も
な
く
吹
  
 
ス
テ
ル
ス
フ
ァ
ン
ト
ム
は
ギ
ガ
ス
カ
|
レ
ッ
ト
に
触
れ
る
と
共
  
  
┏┓
∧
何
!
?
∨
┗┛
  
  
波
ブ
レ
|
ド
が
ぶ
つ
か
ろ
う
と
し
た
そ
の
瞬
間
 
  
 
そ
ん
な
誰
に
も
近
く
さ
れ
る
事
の
な
い
 
そ
ん
な
彼
女
の
高
周
  
な
い
彼
女
の
見
え
な
い
刃
 °
  
レ
ッ
ト
に
迫
っ
て
い
る
事
も
分
か
ら
な
い
 °
気
配
な
ど
で
も
読
め
  
ン
ト
ム
が
段
ボ
|
ル
の
形
か
ら
人
間
の
形
に
戻
り
 
ギ
ガ
ス
カ
|
  
 
誰
に
も
見
え
な
い
 
誰
に
も
認
識
さ
れ
な
い
 °
ス
テ
ル
ス
フ
ァ
  
  
暗
殺
殺
法
!
∨
┗┛
  
┏┓
∧
ハ
ッ
タ
リ
で
す
か
ね
 °
そ
ろ
そ
ろ
止
め
と
行
き
ま
し
ょ
う
 
  
  
ゃ
な
い
の
よ
!
 
  
だ
け
で
は
な
い
と
は
|
|
|
|
だ
が
 
私
も
た
だ
の
グ
ロ
|
ブ
じ

   

  
が
籠
っ
て
い
た
 °
  
 
強
く
口
調
を
荒
げ
る
ギ
ガ
ス
カ
|
レ
ッ
ト
の
手
に
は
自
然
と
力
  
  
た
達
の
ボ
ス
の
居
所
を
吐
き
な
さ
い
!
 
  
 
さ
ぁ
 
今
す
ぐ
ス
|
ツ
シ
ェ
イ
ド
の
洗
脳
の
解
き
方
と
 
あ
な
  
  
っ
て
い
た
 °
  
持
ち
上
げ
る
ギ
ガ
ス
カ
|
レ
ッ
ト
 °
そ
の
顔
は
憤
怒
の
色
に
染
ま
  
 
ふ
ふ
っ
 
と
悦
に
入
っ
て
い
る
ス
テ
ル
ス
フ
ァ
ン
ト
ム
の
首
を
  
  
え
 
女
戦
士
と
呼
ぶ
べ
き
で
し
ょ
う
か
?
 
  
張
っ
た
の
か
:
:
:
:
 °
末
恐
ろ
し
い
少
女
で
す
ね
:
:
:
:
い
  
る
そ
の
メ
モ
リ
の
特
性
を
使
い
 
私
の
攻
撃
を
跳
ね
返
す
結
界
を
  
引
き
出
し
た
の
か
!
?
 
 
レ
ジ
ス
タ
ン
ス
 
 
反
抗
を
意
味
す
  
 
そ
ん
な
:
:
:
:
ま
さ
か
 
こ
の
短
時
間
で
メ
モ
リ
の
特
性
を
  
  
れ
ど
も
私
の
も
メ
モ
リ
よ
 
  
 
そ
う
ね
 
あ
な
た
の
透
明
化
は
私
に
は
見
抜
け
な
か
っ
た
 °
  
  
 
な
 
な
ぜ
:
:
:
:
私
の
暗
殺
は
完
璧
だ
っ
た
は
ず
:
:
:
:
 

   

  
  
 
私
は
思
い
当
た
る
そ
の
場
所
 
そ
う
 
あ
の
場
所
を
見
る
 °
  
  
 
い
つ
も
居
る
場
所
:
:
:
:
そ
れ
っ
て
ま
さ
か
:
:
:
:
 
  
  
か
な
い
か
 
  
 
そ
っ
か
 °
灯
台
下
暗
し
 
自
分
が
い
つ
も
居
る
場
所
は
想
像
つ
  
  
ク
ス
と
笑
い
な
が
ら
 
  
 
思
い
つ
か
な
い
で
い
る
私
を
見
て
 
悦
に
入
っ
た
彼
女
は
ク
ス
  
  
て
他
に
は
:
:
:
:
 
  
最
も
管
理
し
や
す
い
海
上
基
地
シ
ホ
ウ
ベ
|
ス
以
上
の
場
所
な
ん
  
 
簡
単
!
?
 
最
も
高
く
て
監
視
し
や
す
い
デ
カ
ス
ギ
タ
ワ
|
と
 
  
  
ス
タ
フ
ァ
ン
ト
ム
様
の
居
場
所
は
も
っ
と
簡
単
で
す
よ
 
  
の
で
倒
し
て
 
メ
モ
リ
を
破
壊
す
れ
ば
治
る
 °
そ
し
て
ト
ラ
ン
ジ
  
 
ス
|
ツ
シ
ェ
イ
ド
の
洗
脳
は
メ
モ
リ
に
よ
っ
て
使
わ
れ
て
い
る
  
 
ゲ
ホ
ゲ
ホ
:
:
:
:
 °
ど
ち
ら
も
簡
単
な
質
問
で
す
ね
 °
  


























   

  
大
き
い
 °
B
y
;
観
測
使
徒
ウ
オ
ッ
チ
  
得
意
と
し
て
お
り
 
な
お
か
つ
敵
に
与
え
る
精
神
的
ダ
メ
|
ジ
も
  
メ
イ
ド
2
人
 °
ス
|
ツ
の
能
力
に
よ
っ
て
華
麗
な
る
連
携
攻
撃
を
  
所
見
;
ア
ン
ダ
|
グ
ラ
ウ
ン
ド
フ
ァ
ン
ト
ム
に
よ
っ
て
操
ら
れ
た
  
服
に
 
瞳
に
一
切
光
が
宿
っ
て
い
な
い
 °
  
お
っ
ぱ
い
の
胸
元
を
隠
さ
な
い
大
胆
な
デ
ザ
イ
ン
の
黒
い
メ
イ
ド
  
外
見
;
爆
乳
と
呼
べ
る
J
カ
ッ
プ
の
大
き
く
つ
き
で
た
ロ
ケ
ッ
ト
  
使
用
体
;
沖
杉
家
メ
イ
ド
の
2
人
  
所
属
区
分
;
財
団
S
配
下
  
〇
ユ
シ
|
・
ス
|
ツ
シ
ェ
イ
ド
  
ユ
シ
|
モ
ン
ス
タ
|
N
o
 
4
7
  
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
  
  
事
を
 
私
は
こ
の
時
知
っ
た
の
で
あ
っ
た
 °
  
 
私
達
が
倒
す
べ
き
相
手
は
 
私
達
の
居
城
を
根
城
に
し
て
い
た
  
  
か
な
い
じ
ゃ
な
い
 
  
資
産
家
で
 
大
財
閥
の
家
で
も
あ
る
|
|
|
|
そ
う
 
沖
杉
家
し
  
理
体
制
が
整
っ
て
い
る
施
設
 °
そ
ん
な
場
所
 
こ
の
街
で
一
番
の
  
 
ニ
ュ
|
・
紫
峰
市
で
一
番
強
い
権
力
と
万
全
の
監
視
体
制
と
管

   

  
y
;
観
測
使
徒
ウ
オ
ッ
チ
  
興
が
削
が
れ
る
か
ら
と
毒
を
一
切
使
わ
な
い
戦
い
方
を
好
む
 °
  
め
る
た
め
に
切
れ
味
を
異
様
な
ま
で
に
鋭
く
し
て
い
る
が
 
逆
に
  
能
と
し
て
い
る
 °
高
周
波
ブ
レ
|
ド
や
手
裏
剣
に
は
残
虐
性
を
高
  
配
な
ど
全
て
の
知
覚
要
素
を
消
す
事
に
よ
り
完
全
な
る
暗
殺
を
可
  
な
が
ら
 
ス
テ
ル
ス
メ
モ
リ
の
力
に
よ
っ
て
姿
や
音
 
臭
い
や
気
  
ェ
ッ
ト
エ
ン
ジ
ン
の
飛
行
能
力
と
卓
越
し
た
暗
殺
技
術
も
さ
る
事
  
所
見
;
暗
殺
や
諜
報
活
動
に
長
け
た
 
忍
者
の
血
を
引
く
者
 °
  
ン
ジ
ン
が
装
着
さ
れ
て
い
る
 °
  
手
に
は
高
周
波
ブ
レ
|
ド
を
持
っ
て
お
り
 
足
に
は
ジ
ェ
ッ
ト
エ
  
蛇
 
首
か
ら
下
は
ス
テ
ル
ス
戦
闘
機
の
よ
う
に
な
っ
て
い
て
 
  
外
見
∧
使
用
後
∨
;
全
身
は
黒
い
装
甲
で
覆
わ
れ
て
い
て
 
頭
は
  
を
装
着
し
て
隠
し
て
い
る
S
カ
ッ
プ
の
成
人
女
性
 °
  
て
 
左
目
は
潰
れ
て
い
て
そ
の
醜
い
傷
跡
を
蛇
が
描
か
れ
た
眼
帯
  
外
見
∧
使
用
前
∨
‥
黒
装
束
で
山
犬
の
よ
う
な
目
つ
き
を
し
て
い
  
使
用
体
;
財
団
S
諜
報
部
員
 
セ
|
ラ
・
オ
オ
ツ
カ
  
所
属
区
分
;
財
団
S
配
下
  
〇
ユ
シ
|
・
ス
テ
ル
ス
フ
ァ
ン
ト
ム
  
ユ
シ
|
モ
ン
ス
タ
|
N
o
 
4
8
  


























   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖

















  > ≫