エ
|
ジ
ェ
ン
ト
・
ナ
ッ
ノ
の
:
:
:
:
力
?
 
  
  
:
:
:
い
や
 
ナ
ッ
ノ
の
力
な
の
 
  
 
だ
が
 
そ
れ
で
も
向
か
っ
て
来
る
な
の
 °
そ
れ
も
ま
た
文
明
:
  
  
み
と
し
か
思
え
ま
せ
ん
 
  
 
ワ
|
ル
ド
 
を
扱
う
あ
な
た
と
戦
お
う
だ
な
ん
て
 
無
謀
の
極
  
 
エ
|
ジ
ェ
ン
ト
・
ナ
ッ
ノ
が
作
り
出
し
た
最
高
火
力
の
メ
モ
リ
 
  
思
い
も
し
ま
せ
ん
よ
 °
あ
の
圧
倒
的
な
力
 °
  
 
私
だ
っ
た
ら
エ
|
ジ
ェ
ン
ト
・
パ
ン
ク
様
と
戦
お
う
だ
な
ん
て
  
  
居
た
ゲ
|
ト
シ
ェ
イ
ド
が
 
反
乱
で
す
か
?
 
と
尋
ね
て
い
た
 °
  
|
を
見
て
 
 
ふ
む
 
と
頷
い
て
い
た
 °
そ
れ
を
見
て
 
近
く
に
  
 
エ
|
ジ
ェ
ン
ト
・
パ
ン
ク
は
消
え
た
ニ
ュ
|
・
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
  
  
思
を
研
ぐ
 
そ
れ
も
ま
た
文
明
な
の
 
  
 
ふ
む
 
奴
ら
は
も
う
居
な
い
よ
う
な
の
 °
逃
走
し
て
反
逆
の
意
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
パ
ン
ク
・
テ
ス
タ
メ
ン
ト
















≪ <  

  
活
と
最
胸
の
女
性
に
す
る
と
い
う
目
的
を
達
成
す
る
以
外
は
 
  
 
勝
て
な
く
て
も
良
い
な
の
 °
我
々
の
目
的
 
タ
イ
ラ
博
士
の
復
  
  
レ
ン
ジ
ャ
|
に
我
々
は
勝
利
出
来
る
で
し
ょ
う
か
?
 
  
 
エ
|
ジ
ェ
ン
ト
・
ナ
ッ
ノ
に
 
い
え
超
乳
戦
隊
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
  
  
す
 °
  
 
ゲ
|
ト
シ
ェ
イ
ド
は
 
凄
い
で
す
ね
:
:
:
:
 
と
言
葉
に
出
  
  
 
全
力
で
迎
え
撃
つ
 °
そ
れ
が
彼
女
の
意
思
だ
っ
た
 °
  
い
な
か
っ
た
 °
  
P
カ
ッ
プ
と
い
う
魔
乳
を
持
ち
な
が
ら
も
 
一
切
慢
心
な
ど
し
て
  
 
両
腕
と
両
脚
が
赤
く
染
ま
っ
て
い
る
2
m
近
い
長
身
女
性
は
 
  
  
 
い
や
 
彼
女
が
居
る
か
ら
こ
そ
彼
ら
は
戦
え
て
い
る
な
の
 
  
覚
さ
せ
る
な
の
 °
そ
れ
が
彼
女
の
力
 °
  
の
力
は
側
に
居
る
人
間
に
 
闘
争
心
を
植
え
付
け
 
勝
て
る
と
錯
  
ッ
ノ
も
ま
た
 
人
を
狂
わ
せ
て
 
望
も
う
と
望
む
ま
い
と
 
彼
女
  
 
彼
女
の
元
と
な
っ
た
人
物
は
人
を
狂
わ
せ
る
な
の
 °
そ
し
て
ナ
  


























   

  
 
|
|
|
|
お
前
達
は
い
つ
裏
切
る
つ
も
り
か
 
な
の
?
 
  
  
 
な
ん
で
し
ょ
う
か
 
パ
ン
ク
様
?
 
  
  
 
そ
の
前
に
聞
い
て
お
き
た
い
事
が
あ
っ
た
な
の
 
  
  
|
ジ
ェ
ン
ト
・
パ
ン
ク
は
近
付
く
 °
  
 
そ
う
言
っ
て
門
を
広
げ
よ
う
と
す
る
ゲ
|
ト
シ
ェ
イ
ド
に
 
  
  
 
で
は
 
早
速
攻
撃
を
!
 
  
  
あ
な
た
の
能
力
は
凄
い
な
の
 
  
 
ふ
む
 °
確
か
に
門
を
呼
び
出
し
て
攻
撃
す
る
ゲ
|
ト
シ
ェ
イ
ド
 
  
  
を
|
|
|
|
 
  
シ
ェ
イ
ド
と
し
て
の
能
力
が
あ
れ
ば
 
す
ぐ
に
で
も
奴
ら
に
止
め
  
 
:
:
:
:
で
は
 
今
す
ぐ
戦
い
ま
し
ょ
う
か
?
 
私
の
ゲ
|
ト
  
  
競
争
か
ら
学
ん
だ
文
明
な
の
 
  
々
の
小
競
り
合
い
な
ど
な
ん
の
意
味
も
持
た
な
い
 °
戦
争
や
文
明

   

  
  
 
ワ
|
ル
ド
 
  
  
そ
れ
を
自
分
の
身
体
に
差
す
 °
  
し
ま
っ
て
い
る
 °
そ
れ
を
見
て
パ
ン
ク
は
メ
モ
リ
を
取
り
出
し
て
 
  
脚
は
地
面
か
ら
出
て
来
た
黄
金
の
リ
ボ
ン
に
よ
っ
て
封
じ
ら
れ
て
  
パ
ン
ク
の
背
後
か
ら
は
黄
金
の
弓
矢
が
大
量
に
放
た
れ
て
お
り
 
  
巨
大
な
斧
が
出
現
し
て
パ
ン
ク
に
向
か
っ
て
振
り
落
と
さ
れ
る
 °
  
 
そ
し
て
杖
を
パ
ン
ク
に
向
け
る
と
 
パ
ン
ク
の
上
空
に
黄
金
の
  
  
 
黄
金
の
斧
!
 
弓
!
 
リ
ボ
ン
!
 
  
  
の
葉
っ
ぱ
の
形
の
シ
ン
ボ
ル
を
回
転
さ
せ
る
 °
  
て
い
る
 °
そ
し
て
黄
金
の
杖
を
持
っ
た
彼
女
は
 
そ
の
杖
の
上
部
  
金
の
衣
で
あ
り
 
案
の
定
服
の
真
ん
中
か
ら
彼
女
の
柔
肌
が
覗
い
  
K
カ
ッ
プ
と
言
う
大
き
な
胸
に
直
接
羽
織
る
よ
う
に
し
て
あ
る
黄
  
徒
ユ
ウ
が
現
れ
る
 °
頭
に
金
色
の
王
冠
 
そ
し
て
着
て
い
る
服
は
  
ゲ
|
ト
を
開
く
と
 
そ
こ
か
ら
金
色
の
オ
|
ラ
を
纏
っ
た
収
着
使
  
 
そ
の
言
葉
に
目
を
細
め
る
ゲ
|
ト
シ
ェ
イ
ド
 °
そ
し
て
無
言
で
  


























   

  
 
:
:
:
:
な
る
ほ
ど
 
や
は
り
 
ワ
|
ル
ド
 
の
力
は
凄
い
み
  
  
う
片
方
の
右
足
は
既
に
弓
矢
を
突
風
で
撃
ち
落
と
し
て
い
た
 °
  
り
 
巨
大
な
斧
に
赤
い
左
足
で
衝
撃
波
を
作
り
出
し
て
粉
砕
 °
  
 
パ
ン
ク
は
そ
う
言
っ
て
ま
ず
赤
い
両
腕
で
リ
ボ
ン
を
引
き
ち
ぎ
  
  
∧
:
:
:
:
ま
ぁ
 
そ
れ
も
ど
う
だ
っ
て
良
い
な
の
∨
  
  
し
い
が
 °
  
ほ
ど
の
身
体
能
力
の
持
ち
主
は
 
パ
ン
ク
た
だ
1
人
と
い
う
事
ら
  
言
え
ど
も
 
ワ
|
ル
ド
 
の
時
間
停
止
の
中
で
肉
体
を
動
か
せ
る
  
 
最
も
ナ
ッ
ノ
に
言
わ
せ
れ
ば
 
異
次
元
な
ど
の
全
世
界
広
し
と
  
こ
の
メ
モ
リ
を
使
っ
た
者
は
 
世
界
を
制
止
す
る
事
が
出
来
る
 °
  
界
を
操
る
力
 
す
な
わ
ち
時
間
を
停
止
す
る
能
力
 °
だ
か
ら
こ
そ
  
存
在
 
を
意
味
す
る
 °
こ
の
メ
モ
リ
に
ナ
ッ
ノ
が
込
め
た
の
は
世
  
メ
モ
リ
で
あ
り
 
タ
ロ
ッ
ト
で
は
 
宇
宙
 
 
そ
し
て
 
完
璧
な
  
 
 
ワ
|
ル
ド
 
と
は
そ
の
名
の
通
り
 
 
世
界
 
を
意
味
す
る
  
 
こ
れ
こ
そ
 
 
ワ
|
ル
ド
 
の
能
力
 
時
間
停
止
 °
  
止
す
る
 °
  
 
す
る
と
 
動
き
が
止
ま
る
 °
人
が
 
物
が
 
そ
し
て
世
界
が
静

   

  
初
め
て
で
す
よ
 °
実
の
親
で
す
ら
 
こ
の
私
が
総
理
大
臣
の
孫
と
  
じ
る
事
に
長
け
た
 
こ
の
私
の
演
技
を
見
抜
い
た
の
は
あ
な
た
が
  
 
へ
ぇ
 °
総
理
大
臣
の
孫
と
し
て
 
他
人
に
扱
い
や
す
い
子
を
演
  
  
の
 
  
う
言
っ
た
事
に
 
タ
イ
ラ
様
を
裏
切
る
や
か
ら
に
は
鼻
が
利
く
な
  
モ
フ
ラ
|
ジ
ュ
し
て
い
た
な
の
か
?
 
お
あ
い
に
く
様
 
私
は
そ
  
を
前
に
し
て
 
お
前
と
言
う
巧
妙
で
ず
る
賢
い
逆
賊
の
存
在
を
カ
  
て
い
た
な
の
 °
ホ
ム
ラ
と
い
う
直
情
的
で
分
か
り
や
す
い
反
逆
者
  
よ
う
に
タ
イ
ラ
様
で
は
な
く
 
自
分
を
女
王
と
す
る
事
を
計
画
し
  
 
最
初
か
ら
な
の
 °
お
前
は
ホ
ム
ラ
と
は
別
に
 
地
を
這
う
蛇
の
  
  
あ
な
た
を
裏
切
っ
た
な
ん
て
 
  
 
に
し
て
も
 
い
つ
気
付
い
て
い
た
ん
で
す
か
?
 
こ
の
私
が
 
  
  
を
あ
げ
る
 °
  
分
の
技
が
全
て
倒
さ
れ
て
い
る
光
景
を
見
て
 
ユ
ウ
は
感
嘆
の
声
  
 
と
 
時
間
停
止
の
能
力
が
切
れ
て
動
き
出
し
た
時
の
中
で
 
  
  
た
い
で
す
ね
 




















   

  
を
す
る
す
る
と
ユ
ウ
が
取
る
と
 
ど
ん
っ
と
前
に
突
き
出
し
た
ロ
  
せ
る
と
 
そ
こ
に
は
サ
ラ
シ
が
何
重
に
も
巻
か
れ
て
い
た
 °
そ
れ
  
 
ユ
ウ
は
そ
う
言
い
な
が
ら
ゲ
|
ト
シ
ェ
イ
ド
の
ス
|
ツ
を
脱
が
  
  
な
っ
た
彼
女
の
で
・
き
・
あ
・
が
・
り
 
  
 
後
は
モ
ウ
・
ボ
イ
|
ネ
に
気
付
か
せ
ず
に
襲
わ
せ
て
 
超
乳
と
  
形
と
な
り
ま
し
た
 °
  
指
導
の
賜
物
で
 
彼
女
は
私
の
命
令
に
疑
い
も
し
な
い
忠
実
な
人
  
沖
杉
世
音
 
と
い
う
偽
名
を
名
乗
ら
せ
て
い
た
女
性
 °
私
の
演
技
  
 
ゲ
|
ト
シ
ェ
イ
ド
は
こ
の
私
が
 
異
次
元
に
作
っ
て
置
い
た
 
  
  
達
人
 °
そ
れ
が
お
前
:
:
:
:
収
着
使
徒
ユ
ウ
 
  
に
な
れ
る
か
を
考
え
つ
つ
 
周
囲
に
そ
れ
を
悟
ら
せ
な
い
演
技
の
  
 
:
:
:
:
生
ま
れ
持
っ
て
の
 
演
技
者
 °
い
つ
 
自
分
が
一
番
  
  
い
た
 °
  
野
心
を
燃
や
し
て
い
た
の
に
 
と
 
ク
ス
ク
ス
と
彼
女
は
笑
っ
て
  
 
 
本
当
は
ギ
ラ
ギ
ラ
に
 
世
界
を
支
配
し
よ
う
と
思
う
く
ら
い
  
  
は
思
え
な
い
 
覇
気
も
な
い
女
だ
と
言
っ
て
い
ま
し
た
か
ら
ね
 

   

  
 
そ
う
言
っ
て
ユ
ウ
は
杖
を
変
形
さ
せ
た
黄
金
の
ト
ン
フ
ァ
|
を
  
  
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
ス
タ
イ
ル
の
前
に
敵
は
居
な
い
 
  
6
本
に
も
及
ぶ
メ
モ
リ
で
作
り
上
げ
た
完
全
形
態
 
ゴ
|
ル
ド
ギ
  
ば
パ
ン
ク
様
な
ど
一
介
の
怪
人
以
下
 °
さ
ら
に
こ
の
私
の
 
総
勢
  
 
い
く
ら
時
間
停
止
能
力
が
厄
介
と
は
言
え
 
そ
れ
さ
え
な
け
れ
  
も
及
ぶ
出
口
を
出
し
て
相
手
を
取
り
囲
む
大
技
 °
  
パ
|
 
 °
一
対
一
で
は
な
く
 
一
つ
の
入
り
口
に
対
し
て
何
万
に
  
 
ゲ
|
ト
シ
ェ
イ
ド
の
特
殊
能
力
技
 
 
異
次
元
か
ら
の
ス
ナ
イ
  
  
出
さ
れ
て
い
た
 °
  
枚
に
も
及
ぶ
ゲ
|
ト
が
現
れ
て
 
そ
こ
か
ら
大
量
の
拳
銃
が
突
き
  
に
銃
を
突
っ
込
む
 °
す
る
と
パ
ン
ク
の
身
体
を
囲
む
よ
う
に
何
万
  
 
そ
し
て
ゲ
|
ト
シ
ェ
イ
ド
は
小
さ
な
門
を
作
り
出
し
て
 
そ
こ
  
  
 
仰
せ
の
ま
ま
に
 
ユ
ウ
様
 
  
  
 
ゲ
|
ト
シ
ェ
イ
ド
 
今
な
ら
や
れ
ま
す
よ
ね
?
 
  
  
ケ
ッ
ト
お
っ
ぱ
い
の
ゲ
|
ト
シ
ェ
イ
ド
が
立
っ
て
い
た
 °




   

  
 
|
|
|
|
仕
方
な
い
な
の
 °
裏
切
る
だ
け
で
は
飽
き
足
ら
ず
 
  
  
な
不
毛
な
事
は
し
な
い
方
が
良
い
と
忠
告
し
て
あ
げ
る
 
  
効
率
的
だ
わ
 °
国
の
ト
ッ
プ
で
あ
る
総
理
大
臣
と
し
て
は
 
そ
ん
  
捨
て
駒
と
し
か
愛
し
て
い
な
い
女
の
た
め
に
働
く
だ
な
ん
て
 
  
 
ふ
っ
 
バ
カ
な
女
ね
 °
た
っ
た
1
人
の
女
の
た
め
に
 
そ
れ
も
  
  
気
付
い
て
 
そ
の
ま
ま
強
く
言
い
放
つ
 °
  
と
な
っ
た
ユ
ウ
だ
が
 
こ
ち
ら
の
優
位
が
変
わ
っ
て
い
な
い
事
に
  
 
パ
ン
ク
は
そ
う
言
っ
て
ユ
ウ
を
睨
み
付
け
る
 °
一
瞬
 
ビ
ク
ッ
  
  
 
言
い
た
い
事
は
そ
れ
だ
け
な
の
?
 
  
  
  
の
よ
!
 
  
後
 
タ
イ
ラ
を
殺
し
て
こ
の
私
が
 
世
界
の
王
と
し
て
君
臨
す
る
  
 
あ
な
た
を
倒
し
 
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
も
簡
単
に
叩
き
の
め
し
た
  
 
さ
よ
な
ら
 
エ
|
ジ
ェ
ン
ト
・
パ
ン
ク
 °
  
  
パ
ン
ク
に
向
け
て
い
た
 °
















   

  
  
  
 
 
ワ
|
ル
ド
 
 
第
二
段
階
発
動
 
  
  
 
そ
う
 
彼
女
と
戦
う
に
は
 °
  
 
し
か
し
 
全
て
は
無
駄
だ
っ
た
 °
無
意
味
だ
っ
た
 °
  
  
弾
を
放
っ
た
ユ
ウ
 °
  
を
同
時
に
引
き
 
強
大
な
威
力
を
誇
る
黄
金
の
ト
ン
フ
ァ
|
の
砲
  
 
そ
し
て
ゲ
|
ト
シ
ェ
イ
ド
が
何
万
も
に
分
裂
し
た
銃
の
引
き
金
  
  
  
 
さ
ぁ
 
止
め
よ
!
 
エ
|
ジ
ェ
ン
ト
・
パ
ン
ク
!
 
  
し
か
な
い
と
分
か
っ
て
る
わ
 °
  
査
済
み
 °
自
分
の
身
体
で
確
か
め
た
か
ら
 
た
だ
の
ハ
ッ
タ
リ
で
  
 
第
二
段
階
?
 
そ
の
メ
モ
リ
は
時
間
停
止
以
外
に
な
い
事
は
調
  
  
を
見
せ
て
や
る
な
の
 
  
 
今
こ
そ
 
ナ
ッ
ノ
し
か
知
ら
な
い
 
ワ
|
ル
ド
 
の
第
二
段
階
  
タ
イ
ラ
様
を
侮
辱
し
た
あ
な
た
達
に
も
う
勝
ち
目
は
な
い
な
の
 °

   

  
ユ
シ
|
モ
ン
ス
タ
|
N
o
 
6
2
  
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
  
  
待
ち
構
え
て
い
る
の
で
あ
っ
た
 °
  
|
|
|
ナ
ッ
ノ
率
い
る
ニ
ュ
ウ
・
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
が
来
る
の
を
  
 
2
人
の
裏
切
り
者
を
始
末
し
た
パ
ン
ク
は
 
次
の
裏
切
り
者
|
  
  
 
ユ
ウ
様
:
:
:
:
 
  
  
 
戦
局
を
見
誤
っ
た
わ
:
:
:
:
 
  
て
:
:
:
:
 °
  
か
見
え
な
い
 °
ま
さ
か
あ
ん
な
切
り
札
を
隠
し
持
っ
て
い
た
な
ん
  
階
の
力
を
見
た
後
で
は
 
時
間
停
止
な
ん
て
た
だ
の
オ
マ
ケ
に
し
  
 
な
 
な
ん
な
の
 °
あ
の
力
は
:
:
:
:
あ
ん
な
強
大
な
第
二
段
  
 
が
は
っ
!
  
  
  
  
  


























   

  
出
し
た
人
工
生
命
体
で
あ
る
 °
彼
女
は
ユ
ウ
の
た
め
だ
け
に
生
ま
  
所
見
2
;
沖
杉
世
音
と
は
ユ
ウ
が
メ
モ
リ
の
力
を
悪
用
し
て
作
り
  
・
ナ
ッ
ノ
  
を
受
け
る
 
デ
キ
る
女
で
あ
る
 °
B
y
;
文
化
者
エ
|
ジ
ェ
ン
ト
  
使
徒
も
彼
女
の
能
力
の
多
様
性
か
ら
か
 
度
々
使
っ
て
い
る
印
象
  
一
気
に
せ
ん
滅
で
き
る
火
力
も
持
っ
て
い
る
恐
ろ
し
い
敵
 °
他
の
  
す
事
が
出
来
て
 
さ
ら
に
門
の
出
口
を
複
数
作
り
出
す
事
で
敵
を
  
を
手
に
入
れ
た
姿
 °
異
空
間
に
繋
が
る
門
を
い
く
ら
で
も
作
り
出
  
所
見
;
実
験
体
G
|
1
1
 
シ
ョ
ル
イ
 
 
沖
杉
世
音
が
門
の
力
  
乳
お
っ
ぱ
い
を
隠
し
て
い
る
 °
  
る
 °
ス
|
ツ
を
脱
ぐ
と
サ
ラ
シ
で
 
前
に
大
き
く
突
き
だ
し
た
超
  
張
っ
て
い
る
胸
元
の
下
に
は
重
厚
そ
う
な
扉
が
埋
め
込
ま
れ
て
い
  
ダ
|
と
拳
銃
が
2
丁
 °
身
体
の
真
ん
中
に
は
大
き
く
上
を
無
っ
て
  
美
女
 °
頭
に
は
テ
ン
ガ
ロ
ン
ハ
ッ
ト
 
そ
し
て
腰
に
は
ガ
ン
ホ
ル
  
面
目
な
印
象
を
受
け
る
白
縁
の
眼
鏡
を
か
け
て
い
る
ク
|
ル
系
の
  
外
見
;
濃
い
グ
レ
|
色
の
ス
|
ツ
を
ビ
シ
ッ
と
着
こ
な
し
た
 
  
す
ぎ
よ
ね
∨
  
使
用
体
;
実
験
体
G
|
1
1
 
シ
ョ
ル
イ
 
 
沖
杉
世
音
∧
お
き
  
所
属
区
分
;
収
着
使
徒
ユ
ウ
の
配
下
  
〇
ユ
シ
|
・
ゲ
|
ト
シ
ェ
イ
ド














   

  
れ
る
立
場
に
あ
っ
た
 °
そ
ん
な
彼
女
が
ま
さ
か
 
ネ
|
ム
ネ
|
ム
  
事
が
出
来
て
お
り
 
ネ
|
ム
ネ
|
ム
で
も
メ
モ
リ
を
多
く
手
に
入
  
く
の
メ
モ
リ
を
組
み
合
わ
せ
る
事
に
よ
り
 
多
彩
な
能
力
を
使
う
  
た
め
の
コ
ネ
ク
タ
を
作
り
出
し
た
メ
モ
リ
を
複
数
使
う
使
徒
 °
  
め
る
事
に
よ
り
 
本
来
一
人
一
本
し
か
使
え
な
い
メ
モ
リ
を
使
う
  
所
見
;
 
A
∧
ア
|
マ
|
∨
 
と
い
う
メ
モ
リ
を
極
限
に
ま
で
高
  
使
用
者
;
総
理
大
臣
の
孫
 
雨
洞
優
∧
う
ど
う
ゆ
う
∨
  
タ
ン
が
あ
る
 °
  
に
は
何
十
個
も
の
コ
ネ
ク
タ
 
そ
し
て
腰
に
は
変
身
用
の
赤
い
ボ
  
腰
に
は
七
色
の
ポ
シ
ェ
ッ
ト
を
付
け
て
い
る
 °
ジ
ャ
ケ
ッ
ト
の
下
  
∧
色
は
色
々
と
変
わ
る
∨
が
特
徴
の
K
カ
ッ
プ
の
美
少
女
 °
そ
の
  
外
見
;
逆
巻
い
た
金
髪
の
ポ
ニ
|
テ
|
ル
 
灰
色
の
ジ
ャ
ケ
ッ
ト
  
所
属
区
分
;
収
着
の
使
徒
  
〇
収
着
使
徒
ユ
ウ
  
ユ
シ
|
モ
ン
ス
タ
|
N
o
 
6
3
  
  
ッ
ノ
  
哀
想
な
女
性
と
言
え
よ
う
 °
B
y
;
文
化
者
エ
|
ジ
ェ
ン
ト
・
ナ
  
た
 °
ユ
ウ
に
使
わ
れ
る
た
め
だ
け
に
生
ま
れ
て
来
た
 
と
て
も
可
  
れ
て
来
て
 
彼
女
の
ネ
|
ム
ネ
|
ム
の
乗
っ
取
り
計
画
に
賛
同
し

   

  
言
う
大
き
な
胸
に
直
接
羽
織
る
よ
う
に
し
て
あ
る
黄
金
の
衣
で
あ
  
外
見
;
頭
に
金
色
の
王
冠
 
そ
し
て
着
て
い
る
服
は
K
カ
ッ
プ
と
  
イ
ロ
メ
ン
ト
∨
 
 
 
M
∧
マ
ス
タ
|
∨
 
  
Y
∧
イ
エ
ロ
|
∨
 
 
 
G
∧
グ
リ
|
ン
∨
 
 
 
E
∧
エ
ン
バ
  
使
用
メ
モ
リ
;
 
R
∧
レ
ッ
ド
∨
 
 
 
B
∧
ブ
ル
|
∨
 
 
 
  
〇
収
着
使
徒
ユ
ウ
・
ゴ
|
ル
ド
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
ス
タ
イ
ル
  
ユ
シ
|
モ
ン
ス
タ
|
N
o
 
6
4
  
  
ノ
  
力
な
の
か
も
し
れ
な
い
 °
B
y
;
文
化
者
エ
|
ジ
ェ
ン
ト
・
ナ
ッ
  
共
感
し
た
い
と
言
う
彼
女
の
共
感
を
求
め
る
感
情
が
も
た
ら
し
た
  
い
 °
多
く
の
メ
モ
リ
を
使
え
る
よ
う
に
な
っ
た
の
も
多
く
の
人
と
  
ち
も
あ
り
 
誰
か
と
感
情
を
共
有
し
た
い
と
も
考
え
て
い
た
ら
し
  
な
い
 °
し
か
し
隠
し
た
い
と
同
時
に
見
抜
か
れ
た
い
と
言
う
気
持
  
知
れ
な
い
 °
彼
女
の
気
持
ち
は
彼
女
自
身
以
外
 
誰
に
も
分
か
ら
  
た
 °
あ
の
 
女
王
に
な
る
 
と
い
う
の
も
実
は
演
技
だ
っ
た
か
も
  
幼
い
頃
か
ら
続
け
て
お
り
 
そ
の
演
技
は
誰
に
も
見
抜
け
な
か
っ
  
所
見
2
;
雨
洞
優
は
自
身
の
感
情
を
コ
ン
ト
ロ
|
ル
す
る
演
技
を
  
y
;
文
化
者
エ
|
ジ
ェ
ン
ト
・
ナ
ッ
ノ
  
の
女
王
と
な
る
夢
を
持
っ
て
い
た
な
ん
て
信
じ
ら
れ
な
い
よ
 °

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
‖
  
ま
す
 °
B
y
;
収
着
使
徒
ユ
ウ
  
レ
ン
ジ
ャ
|
を
思
わ
せ
る
4
つ
の
武
器
を
使
っ
て
敵
を
圧
巻
さ
せ
  
ユ
ウ
の
最
終
形
態
 °
環
境
と
言
う
自
然
の
強
大
な
力
と
 
前
ギ
ガ
  
を
使
っ
た
メ
ン
ト
ア
セ
ス
ス
タ
イ
ル
 °
そ
の
両
方
を
融
合
さ
せ
た
 
  
ギ
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
ス
タ
イ
ル
 °
 
環
境
 
と
 
支
配
者
 
の
2
本
  
所
見
;
  
 
  
 
  
 
  
の
4
本
を
使
っ
た
  
に
葉
っ
ぱ
の
形
の
シ
ン
ボ
ル
が
乗
っ
た
黄
金
の
杖
を
持
っ
て
い
る
 °
  
り
 
服
の
真
ん
中
か
ら
彼
女
の
柔
肌
が
覗
い
て
い
る
 °
杖
の
上
部

  > ≫