い
る
 °
  
徒
と
職
員
な
ど
女
で
あ
る
以
上
は
全
員
を
ラ
イ
バ
ル
と
し
て
見
て
  
な
い
 °
む
し
ろ
同
級
生
全
て
の
女
性
 
そ
れ
ど
こ
ろ
か
学
校
の
生
  
て
全
く
相
手
に
さ
れ
て
い
な
い
私
だ
が
 
私
自
身
は
そ
ん
な
事
は
  
 
学
校
全
体
で
 
高
校
に
迷
い
込
ん
だ
女
子
小
学
生
 
と
思
わ
れ
  
い
 
と
言
う
意
味
合
い
な
ん
だ
け
れ
ど
も
 °
  
胸
と
尻
:
:
:
:
と
言
う
か
 
私
は
小
学
生
か
ら
成
長
し
て
い
な
  
均
を
大
き
く
下
回
る
身
体
に
小
学
生
時
代
か
ら
全
く
成
長
し
な
い
  
 
野
暮
っ
た
い
黒
縁
眼
鏡
に
ぼ
さ
ぼ
っ
さ
の
野
暮
っ
た
い
髪
 
  
い
と
は
思
っ
た
事
は
一
度
も
な
い
 °
  
 
し
か
し
 
私
は
自
分
の
見
た
目
が
イ
ケ
て
る
 
つ
ま
り
は
美
し
  
  
 
|
|
|
|
大
切
な
の
は
見
た
目
 
だ
と
 °
  
は
こ
う
答
え
る
 °
  
し
て
高
校
1
年
生
の
私
 
蜥
蜴
崎
四
里
∧
と
か
げ
ざ
き
し
さ
と
∨
  
 
女
性
に
と
っ
て
一
番
大
切
な
の
か
は
な
に
か
と
言
う
質
問
に
対
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
ぼ
|
に
ゅ
う
部
 
ト
に
か
く
着
用













≪ <  

  
  
 
私
が
そ
う
強
い
口
調
で
宣
言
す
る
 °
  
  
 
で
は
 
今
日
は
私
の
 
着
用
 
を
試
す
番
だ
け
ど
 
良
い
よ
ね
?
 
  
  
て
い
る
こ
の
場
所
こ
そ
が
 
私
達
の
活
動
場
所
で
あ
る
 °
  
 
私
立
〇
□
高
校
の
一
階
 
普
段
は
家
庭
科
室
と
し
て
使
用
さ
れ
  
  
第
菟
話
 
ト
に
か
く
着
用
 
  
  
:
:
:
:
ぼ
|
に
ゅ
う
部
を
 °
  
 
|
|
|
|
そ
う
 
女
の
子
の
胸
を
大
き
く
す
る
た
め
の
部
活
動
  
 
私
は
こ
の
2
人
と
共
に
1
つ
の
部
活
を
行
っ
て
い
る
 °
  
  
ざ
わ
あ
す
か
∨
 °
  
 
禁
じ
ら
れ
し
黒
魔
術
の
後
継
者
 
黒
猫
沢
明
日
夏
∧
く
ろ
ね
こ
  
 
稀
代
の
天
才
発
明
家
 
蝙
蝠
坂
瑠
璃
∧
こ
う
も
り
ざ
か
る
り
∨
 °
  
  
 
ラ
イ
バ
ル
 
と
し
て
見
て
い
る
女
が
2
人
居
る
 °
  
 
そ
れ
に
:
:
:
:
こ
の
学
校
に
は
私
の
事
を
  
と
し
て
 

   

  
  
 
そ
も
そ
も
 
私
の
は
1
人
専
用
だ
か
ら
ね
 
  
  
み
せ
ま
す
!
  
1
人
で
部
室
に
居
ま
す
 °
そ
う
 
私
は
2
人
よ
り
美
人
に
な
っ
て
  
し
て
い
る
の
で
す
が
:
:
:
:
今
回
は
2
人
を
出
し
ぬ
く
た
め
に
  
分
家
系
の
部
活
で
あ
る
ぼ
|
に
ゅ
う
部
で
は
 
休
日
は
お
休
み
に
  
 
今
日
は
土
曜
日
 °
学
校
は
お
休
み
で
 
本
来
は
合
宿
な
ど
な
い
  
  
∧
そ
の
出
し
抜
く
の
が
今
回
 
か
な
?
∨
  
  
 
:
:
:
:
ま
っ
 
い
つ
か
は
出
し
抜
こ
う
と
は
思
っ
て
る
け
ど
 °
  
出
し
ぬ
い
た
ら
血
の
雨
が
降
る
 °
い
や
 
確
実
に
 °
  
重
 
胸
の
大
き
さ
と
お
尻
の
大
き
さ
が
一
緒
の
私
達
が
お
互
い
を
  
ら
し
て
私
達
の
嫉
妬
の
対
象
な
の
に
 
調
べ
て
み
た
ら
身
長
 
  
働
き
を
し
て
い
ま
す
 °
相
手
に
さ
れ
て
い
な
い
同
校
の
女
性
陣
か
  
大
変
だ
か
ら
っ
て
決
め
た
方
法
な
ん
で
す
が
こ
れ
が
非
常
に
い
い
  
 
正
直
 
そ
う
で
も
し
な
い
と
お
互
い
に
歯
止
め
が
効
か
な
い
 
  
 
そ
れ
が
私
達
の
ポ
リ
シ
|
 °
部
の
中
心
 
と
呼
べ
る
よ
う
な
物
 °
  
 
 
大
き
く
す
る
時
は
皆
で
試
す
 
 °











   

  
す
る
と
驚
い
た
事
に
 
着
て
み
る
と
左
腕
が
長
く
な
っ
て
い
た
の
  
夫
か
な
と
思
っ
て
確
認
の
た
め
に
そ
の
皮
の
中
に
入
っ
て
見
た
 °
  
っ
た
の
で
あ
る
 °
幸
い
破
れ
こ
そ
し
な
か
っ
た
が
 
こ
れ
は
大
丈
  
 
家
に
持
ち
帰
っ
た
皮
を
本
で
 
皮
の
左
腕
を
押
し
潰
し
て
し
ま
  
問
題
は
そ
の
後
の
事
 °
  
 
:
:
:
:
ま
ぁ
 
そ
の
辺
は
そ
の
時
は
ど
う
だ
っ
て
良
か
っ
た
 °
  
  
ら
土
踏
ま
ず
の
所
ま
で
な
ど
細
部
に
至
る
ま
で
一
緒
で
あ
っ
た
 °
  
 
身
長
や
髪
質
だ
け
で
は
な
く
 
指
紋
や
毛
穴
の
位
置
 
そ
れ
か
  
そ
の
も
の
に
な
っ
た
 °
  
る
の
だ
 °
一
度
瑠
璃
に
私
が
脱
い
だ
皮
に
入
っ
て
貰
っ
た
ら
 
  
そ
し
て
そ
の
皮
に
入
る
事
に
よ
っ
て
 
そ
の
者
に
な
る
事
が
出
来
  
 
こ
の
蜥
蜴
崎
四
里
は
自
分
の
身
体
か
ら
皮
を
剥
ぐ
事
が
出
来
る
 °
  
  
り
き
る
と
い
う
事
な
の
だ
が
 
私
の
場
合
は
少
し
違
う
 °
  
 
他
の
人
間
そ
っ
く
り
の
毛
皮
を
着
て
そ
の
人
間
そ
の
も
の
に
な
  
す
い
 °
  
る
と
な
る
と
 
着
ぐ
る
み
を
イ
メ
|
ジ
し
て
貰
え
る
と
分
か
り
や
  
い
き
な
り
言
わ
れ
て
も
分
か
ら
な
い
と
思
う
の
で
簡
単
に
説
明
す
  
 
私
の
膨
乳
計
画
 
そ
れ
は
ず
ば
り
皮
モ
ノ
で
あ
る
 °
皮
モ
ノ
と

   

  
  
 
う
 
う
わ
ぁ
:
:
:
:
な
ん
か
変
な
感
覚
:
:
:
:
 
  
  
に
そ
の
皮
の
中
に
自
分
か
ら
入
る
 °
  
材
へ
と
変
え
 
脚
を
長
く
伸
ば
し
て
行
く
 °
そ
し
て
確
認
の
た
め
  
 
私
は
特
製
装
置
に
よ
っ
て
自
分
の
皮
を
ビ
ニ
|
ル
の
よ
う
な
素
  
 
ま
ず
私
は
自
分
の
皮
を
ど
う
す
る
か
を
決
め
る
事
に
し
た
 °
  
  
 
さ
て
 
ま
ず
は
ど
う
し
よ
う
か
な
?
 
  
  
そ
れ
が
一
番
大
事
な
の
だ
か
ら
 °
  
関
係
な
い
 °
私
に
と
っ
て
 
 
胸
が
大
き
な
美
人
女
性
に
な
る
事
 
 
  
来
こ
れ
は
も
っ
と
有
効
な
使
い
方
が
あ
る
の
か
も
し
れ
な
い
け
ど
  
発
し
た
 °
そ
う
 
物
の
材
質
を
変
え
る
装
置
で
あ
る
 °
ま
ぁ
 
  
 
こ
れ
で
は
着
れ
な
い
!
 
そ
う
思
っ
て
私
は
1
つ
の
装
置
を
開
  
皮
が
破
け
て
し
ま
っ
た
:
:
:
:
 °
  
っ
て
い
た
ん
だ
け
ど
:
:
:
:
皮
は
破
け
や
す
か
っ
た
み
た
い
で
 
  
 
こ
の
理
論
を
活
か
せ
ば
ナ
イ
ス
バ
デ
ィ
に
な
れ
る
!
 
そ
う
思
  
分
が
長
く
な
る
と
言
う
事
で
あ
る
 °
  
で
あ
る
 °
つ
ま
り
は
皮
を
伸
ば
せ
ば
 
そ
の
分
着
た
際
に
そ
の
部

   

  
  
 
う
わ
っ
 
胸
で
っ
か
:
:
:
:
 
  
  
に
嫉
妬
さ
せ
ら
れ
な
い
か
ら
 °
  
か
な
 °
あ
ま
り
大
き
す
ぎ
る
と
男
を
引
っ
掛
け
ら
れ
な
い
し
 
  
 
1
 
5
m
 
2
m
 
3
m
:
:
:
:
う
ん
 
ま
ぁ
こ
の
く
ら
い
  
 
そ
う
言
っ
て
空
気
を
徐
々
に
入
れ
て
い
く
 °
  
  
バ
|
に
し
た
し
 
早
速
始
め
ち
ゃ
お
う
か
 
  
 
さ
|
て
 
皮
の
性
質
も
ア
ド
バ
ル
|
ン
で
良
く
見
る
ソ
フ
ト
カ
  
  
の
ホ
|
ス
を
中
に
突
っ
込
む
 °
  
首
元
と
腰
を
バ
ン
ド
で
留
め
る
と
 
そ
し
て
そ
の
中
に
空
気
入
れ
  
ば
し
 
胸
元
を
両
腕
で
F
カ
ッ
プ
く
ら
い
に
ま
で
巨
大
化
さ
せ
る
 °
  
 
私
は
皮
を
脱
ぐ
と
今
度
は
腕
も
足
の
バ
ラ
ン
ス
に
合
わ
せ
て
伸
  
夫
で
し
ょ
う
 °
  
あ
る
 °
で
も
ま
ぁ
 
し
っ
か
り
と
脚
に
も
質
感
が
あ
る
か
ら
大
丈
  
は
普
通
な
の
に
も
関
わ
ら
ず
 
脚
だ
け
伸
び
て
い
て
変
な
感
覚
で
  
ハ
イ
ヒ
|
ル
を
履
い
て
い
る
よ
う
な
そ
ん
な
複
雑
な
感
覚
 °
身
体
  
 
例
え
る
な
ら
ば
竹
馬
の
上
に
乗
っ
て
い
る
よ
う
な
 
高
す
ぎ
る

   

  
 
片
方
だ
け
で
何
十
キ
ロ
あ
る
だ
ろ
う
 °
し
か
も
 
そ
れ
を
軽
々
  
  
 
う
わ
ぁ
:
:
:
:
胸
が
お
 
重
い
:
:
:
:
 
  
  
感
を
取
り
戻
す
 °
  
 
入
り
込
む
と
共
に
私
の
身
体
が
皮
に
合
わ
せ
る
よ
う
に
そ
の
質
  
と
 
着
込
む
と
言
う
よ
り
か
は
そ
ち
ら
の
表
現
の
方
が
正
し
い
 °
  
 
そ
う
言
っ
て
私
は
皮
の
中
に
入
り
込
む
 °
も
う
こ
の
サ
イ
ズ
だ
  
  
 
と
り
あ
え
ず
合
わ
せ
て
み
ま
す
か
 
  
  
な
っ
て
い
る
の
だ
か
ら
 °
  
な
に
せ
 
カ
ッ
プ
サ
イ
ズ
も
上
が
っ
た
上
に
身
長
は
3
倍
近
く
に
  
う
言
う
意
味
で
言
え
ば
 
今
回
は
特
に
大
き
く
な
っ
た
と
言
え
る
 °
  
ち
だ
が
 
サ
イ
ズ
感
的
に
は
ど
ち
ら
も
同
じ
く
ら
い
で
あ
る
 °
  
0
c
m
 
F
カ
ッ
プ
 
と
な
る
と
前
者
の
方
が
大
き
く
描
か
れ
が
  
 
良
く
ゲ
|
ム
と
か
で
 
1
4
0
c
m
 
I
カ
ッ
プ
 
や
 
1
6
  
わ
っ
て
い
る
か
ら
大
き
さ
も
ま
た
格
別
で
あ
る
 °
  
ら
さ
ら
に
大
き
な
超
乳
サ
イ
ズ
へ
と
変
わ
っ
て
い
た
 °
体
格
も
変
  
 
自
分
の
皮
の
胸
元
が
空
気
に
よ
っ
て
膨
ら
ん
で
 
F
カ
ッ
プ
か

   

  
 
私
は
自
分
で
納
得
す
る
と
 
そ
の
ま
ま
着
込
む
 °
先
程
と
同
じ
  
  
 
:
:
:
:
っ
と
 
こ
れ
く
ら
い
か
な
?
 
  
  
り
込
む
 °
  
に
腕
と
脚
が
膨
ら
む
の
を
慎
重
に
確
認
し
つ
つ
 
私
は
空
気
を
送
  
し
て
 
私
は
脚
と
手
に
空
気
を
送
り
込
む
 °
む
く
む
く
っ
と
徐
々
  
方
で
勝
手
に
補
っ
て
修
復
す
る
で
し
ょ
う
 °
そ
し
て
注
射
器
を
通
  
の
材
質
を
変
え
た
事
に
よ
っ
て
こ
の
く
ら
い
の
穴
な
ら
ば
 
皮
の
  
 
私
は
そ
う
言
っ
て
皮
を
脱
ぐ
と
腕
と
脚
に
注
射
器
を
差
す
 °
  
  
 
さ
て
 
最
後
の
仕
上
げ
は
:
:
:
:
っ
と
 
  
  
き
さ
に
な
っ
た
の
は
初
め
て
 
か
な
?
  
成
果
で
経
験
し
た
こ
と
が
あ
る
け
れ
ど
も
1
人
で
こ
こ
ま
で
の
大
  
 
身
体
が
天
井
に
着
く
な
ど
と
言
う
経
験
は
 
今
ま
で
も
2
人
の
  
  
 
う
わ
っ
 
頭
が
天
井
に
つ
き
そ
う
:
:
:
:
 
  
  
と
持
ち
合
わ
せ
る
自
分
が
正
直
ワ
ク
ワ
ク
し
て
い
る
 °





   

  
  
 
や
っ
た
ぁ
 
私
こ
そ
最
高
の
  
  
 
こ
れ
で
 
私
は
最
高
の
女
性
だ
ぁ
|
!
 
  
  
は
私
に
釘
付
け
!
  
こ
ん
な
に
む
ち
む
ち
の
ス
|
パ
|
ナ
イ
ス
バ
デ
ィ
な
ら
男
達
の
眼
  
う
部
分
に
置
い
て
納
得
出
来
て
い
な
い
部
分
も
あ
る
け
れ
ど
も
 
  
 
:
:
:
:
ま
ぁ
 
ま
だ
髪
質
と
か
肌
の
き
め
細
や
か
さ
と
か
言
  
  
 
被
り
つ
き
た
く
な
る
く
ら
い
の
む
ち
む
ち
ボ
デ
ィ
!
  
サ
イ
ズ
感
!
  
 
胸
の
サ
イ
ズ
は
お
お
よ
そ
2
m
越
え
の
は
ち
き
れ
ん
ば
か
り
の
  
 
身
長
は
約
3
m
と
い
う
 
ビ
ッ
ク
サ
イ
ズ
!
  
  
 
う
ん
 
こ
れ
で
完
成
か
な
?
 
  
  
ズ
へ
と
成
長
を
遂
げ
る
 °
  
の
方
に
身
体
が
引
っ
張
ら
れ
る
よ
う
に
身
体
が
皮
に
合
っ
た
サ
イ
  
く
 
最
初
は
皮
の
中
に
入
っ
て
い
る
と
言
う
感
じ
だ
っ
た
が
 

   

  
な
い
タ
イ
プ
が
縫
い
付
け
ら
れ
て
い
る
し
:
:
:
:
∨
  
∧
し
か
も
 
ご
丁
寧
に
背
中
に
チ
ャ
ッ
ク
 
自
分
1
人
で
は
脱
げ
  
  
に
よ
っ
て
は
縮
む
し
 
そ
れ
を
応
用
し
た
の
か
も
 °
  
皮
か
ら
脱
が
せ
て
皮
自
体
を
縮
ま
せ
る
 °
洗
濯
す
る
と
皮
は
素
材
  
 
ま
ず
私
を
眠
ら
せ
た
後
∧
あ
る
い
は
気
絶
さ
せ
る
か
∨
 
私
を
  
 
や
り
方
自
体
は
す
っ
ご
く
簡
単
 °
  
  
い
た
 °
  
 
目
を
覚
ま
す
と
 
身
体
が
縮
ん
で
い
た
 °
う
う
ん
 
縮
小
し
て
  
  
 
ア
タ
シ
ら
が
こ
う
し
た
理
由
も
分
か
る
よ
ね
?
 
  
  
:
:
 
  
 
あ
|
ん
な
に
大
き
な
身
体
に
勝
手
に
な
っ
た
ん
で
し
た
ら
:
:
  
  
間
違
い
だ
っ
て
 °
  
 
2
人
を
完
全
に
出
し
ぬ
け
る
と
言
う
事
が
出
来
る
と
思
う
方
が
  
 
:
:
:
:
う
ん
 
分
か
っ
て
た
 °
  


























   

  
  
 
 
と
も
か
く
:
:
:
:
反
省
し
な
さ
い
!
 
 
  
  
の
は
分
か
っ
て
る
ん
じ
ゃ
な
い
の
?
 
  
 
つ
|
か
 
ア
タ
シ
ら
を
出
し
抜
こ
う
と
し
た
時
点
で
こ
う
な
る
  
  
体
で
ナ
イ
ス
バ
デ
ィ
も
素
敵
だ
と
思
い
ま
す
よ
?
 
  
ル
が
よ
ろ
し
い
で
す
か
ら
 
わ
た
し
と
し
た
ら
そ
ん
な
小
さ
な
身
  
 
人
形
っ
て
基
本
的
に
リ
カ
ち
ゃ
ん
人
形
を
初
め
と
し
て
ス
タ
イ
  
  
 
そ
う
言
う
と
2
人
は
笑
顔
で
こ
う
答
え
る
 °
  
  
し
い
ん
で
す
が
:
:
:
:
 
  
 
え
 
え
っ
と
2
人
と
も
:
:
:
:
こ
れ
 
戻
し
て
く
れ
る
と
嬉
  
  
う
う
ん
と
大
き
く
見
え
る
ん
だ
け
れ
ど
も
 °
  
c
m
弱
 
く
ら
い
か
な
?
 
い
つ
も
の
2
人
が
す
っ
ご
く
巨
大
に
 
  
 
今
の
私
の
サ
イ
ズ
っ
て
:
:
:
:
人
形
と
同
じ
く
ら
い
の
2
0
  
 
こ
 
こ
れ
は
本
気
で
怒
ら
せ
ち
ゃ
っ
た
?
  


























   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
飾
ら
れ
る
の
だ
が
そ
れ
は
ま
た
別
の
お
話
で
あ
る
 °
  
 
し
ば
ら
く
私
は
2
人
の
気
が
済
む
ま
で
 
部
室
の
人
形
と
し
て
  
  
っ
た
 °
  
 
あ
ぁ
 
や
っ
ぱ
り
辞
め
と
け
ば
よ
か
っ
た
と
 
今
更
な
が
ら
思
  
  
そ
の
場
を
飛
ぶ
 °
  
妬
と
怒
り
に
満
ち
た
彼
女
達
2
人
の
拳
が
振
り
降
ろ
さ
れ
 
私
は
  
 
ド
ン
ッ
と
自
室
よ
り
も
大
き
く
な
っ
た
テ
|
ブ
ル
を
 
女
の
嫉

  > ≫