プ
と
か
な
り
大
き
い
 °
  
1
7
8
c
m
と
か
な
り
高
く
 
そ
の
上
バ
ス
ト
サ
イ
ズ
も
E
カ
ッ
  
わ
が
ま
ま
の
自
己
主
張
の
高
さ
と
比
例
す
る
か
の
よ
う
に
身
長
は
  
そ
人
と
し
て
尊
敬
で
き
る
性
格
で
は
な
く
 
そ
の
身
体
は
自
身
の
  
 
性
格
は
子
供
じ
み
た
被
虐
趣
味
と
プ
ラ
イ
ド
の
高
い
 
お
お
よ
  
高
校
の
1
年
生
で
あ
る
 °
  
 
小
鳥
遊
結
良
は
モ
デ
ル
張
り
の
ス
タ
イ
ル
を
誇
る
 
私
立
〇
□
  
  
女
の
不
運
な
お
話
で
あ
る
 °
  
 
そ
し
て
小
鳥
遊
結
良
∧
た
か
な
し
ゆ
う
ら
∨
と
言
う
1
人
の
少
  
せ
ら
∨
の
お
話
 °
  
 
こ
れ
は
そ
の
う
ち
の
1
人
:
:
:
:
梟
木
瀬
良
∧
ふ
く
ろ
う
ぎ
  
あ
る
 °
そ
し
て
彼
女
に
心
酔
す
る
者
も
数
人
居
る
 °
  
来
る
才
能
の
持
ち
主
で
は
あ
り
 
そ
の
筋
で
は
有
名
な
魔
術
師
で
  
 
彼
女
は
強
大
な
魔
力
を
持
っ
て
 
様
々
な
魔
術
を
使
う
事
が
出
  
か
る
り
∨
 °
  
 
ぼ
|
に
ゅ
う
部
所
属
の
魔
術
師
 
蝙
蝠
坂
瑠
璃
∧
こ
う
も
り
ざ
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
ぼ
|
に
ゅ
う
部
 
フ
し
ぎ
な
言
葉













≪ <  

  
  
し
く
削
ぐ
も
の
で
あ
る
事
は
確
か
で
あ
る
 °
  
 
具
体
的
な
名
文
こ
そ
避
け
る
も
の
の
 
彼
女
達
の
自
尊
心
を
著
  
彼
女
達
を
タ
|
ゲ
ッ
ト
に
バ
カ
に
し
て
い
た
の
で
あ
っ
た
 °
  
る
 °
身
長
は
1
2
0
c
m
と
自
分
よ
り
も
5
0
c
m
以
上
も
低
い
  
:
:
蝙
蝠
坂
瑠
璃
 
黒
猫
沢
明
日
夏
 
蜥
蜴
崎
四
里
の
3
人
で
あ
  
 
そ
の
タ
|
ゲ
ッ
ト
と
な
っ
た
の
は
ぼ
|
に
ゅ
う
部
の
3
人
:
:
  
い
た
 °
  
 
今
日
も
今
日
と
て
 
小
鳥
遊
結
良
は
悪
趣
味
な
趣
味
を
行
っ
て
  
  
第
捕
話
 
フ
し
ぎ
な
言
葉
 
  
  
  
よ
う
な
事
件
を
起
こ
し
た
の
だ
が
 °
  
て
攻
撃
的
な
態
度
を
取
り
続
け
た
彼
女
 °
ま
ぁ
 
そ
れ
が
今
回
の
  
せ
る
事
を
趣
味
と
し
て
お
り
 
自
分
よ
り
も
小
さ
な
も
の
に
対
し
  
 
幼
稚
園
児
の
頃
か
ら
ア
リ
や
バ
ッ
タ
な
ど
の
虫
を
水
で
溺
れ
さ
  
  
め
 
と
り
わ
け
自
分
よ
り
も
小
さ
い
者
に
対
し
て
で
あ
る
 °
  
 
そ
ん
な
彼
女
の
趣
味
:
:
:
:
い
や
 
悪
趣
味
な
弱
い
者
い
じ

   

  
  
良
さ
ん
で
よ
ろ
し
い
で
し
ょ
う
か
?
 
  
 
え
ぇ
 
吾
輩
は
梟
木
瀬
良
と
言
い
ま
す
 °
あ
な
た
は
小
鳥
遊
結
  
  
 
確
か
あ
ん
た
は
:
:
:
:
梟
木
だ
っ
た
?
 
  
  
1
3
8
c
m
く
ら
い
と
 
そ
こ
ま
で
高
く
も
な
い
小
柄
な
少
女
 °
  
り
 
そ
し
て
首
に
綺
麗
な
チ
ョ
|
カ
|
を
付
け
て
い
た
 °
身
長
は
  
 
眼
鏡
を
か
け
 
巫
女
服
を
着
た
彼
女
は
腕
に
数
珠
を
付
け
て
お
  
る
と
そ
こ
に
は
小
柄
な
 
銀
髪
の
少
女
が
居
た
 °
  
 
そ
ん
な
彼
女
に
1
人
の
少
女
が
声
を
か
け
る
 °
結
良
が
振
り
返
  
  
 
小
鳥
遊
結
良
さ
ん
 
で
す
よ
ね
?
 
  
  
い
く
結
良
 °
  
る
よ
う
な
お
嬢
様
口
調
で
笑
い
な
が
ら
 
学
校
の
階
段
を
降
り
て
  
 
嬉
し
そ
う
に
微
笑
み
な
が
ら
 
高
ら
か
に
漫
画
で
良
く
見
ら
れ
  
  
す
る
の
は
非
常
に
清
々
し
い
わ
ぁ
♪
 
  
 
あ
ぁ
 
今
日
も
楽
し
か
っ
た
わ
ぁ
♪
 
あ
の
チ
ビ
達
を
バ
カ
に

   

  
な
身
体
で
|
|
|
|
 
  
を
虐
め
た
私
に
復
讐
で
も
す
る
の
か
?
 
ふ
ふ
っ
 
そ
ん
な
小
さ
  
 
:
:
:
:
で
 
あ
ん
た
は
な
ん
だ
?
 
尊
敬
す
る
蝙
蝠
坂
瑠
璃
  
  
梟
木
 °
  
 
そ
う
や
っ
て
嬉
し
そ
う
に
自
身
が
敬
愛
す
る
者
へ
の
愛
を
語
る
  
  
 
そ
れ
が
吾
輩
の
行
動
理
由
で
あ
り
 
吾
輩
の
理
由
な
の
で
あ
る
 
  
が
ら
死
ぬ
事
を
選
び
ま
す
 °
  
め
な
ら
ば
喜
ん
で
 
怒
り
な
が
ら
 
悲
し
み
な
が
ら
 
楽
し
み
な
  
と
従
う
召
使
と
言
う
の
が
正
し
い
表
現
で
す
 °
吾
輩
は
彼
女
の
た
  
 
正
確
に
言
え
ば
:
:
:
:
従
順
な
る
 
忠
実
た
る
 
唯
々
諾
々
  
  
結
良
で
し
ょ
?
 
  
ら
知
っ
て
る
わ
よ
 °
|
|
|
|
蝙
蝠
坂
瑠
璃
の
腰
巾
着
 
小
鳥
遊
  
 
へ
ぇ
:
:
:
:
確
か
 
あ
ん
た
の
事
は
良
く
噂
に
な
っ
て
る
か
  
  
と
分
か
っ
て
強
気
な
姿
勢
を
取
る
 °
  
圧
さ
れ
る
彼
女
で
あ
っ
た
が
 
相
手
は
自
分
よ
り
も
小
柄
な
女
だ
  
 
淡
々
と
 
ま
る
で
僧
侶
の
よ
う
に
静
か
に
語
る
彼
女
に
一
瞬
気

   

  
 
こ
れ
こ
そ
が
吾
輩
が
従
順
と
忠
誠
を
誓
う
蝙
蝠
坂
瑠
璃
様
に
よ
  
  
:
:
 
  
 
ど
う
し
て
:
:
:
:
こ
ん
な
所
に
:
:
:
:
い
つ
の
間
に
:
:
  
  
か
こ
こ
ま
で
歩
い
て
い
た
 
と
言
う
の
が
正
し
い
表
現
で
あ
ろ
う
 °
  
学
室
へ
と
辿
り
着
い
て
い
た
 °
:
:
:
:
い
や
 
 
い
つ
の
間
に
  
 
気
が
付
い
た
小
鳥
遊
結
良
は
 
い
つ
の
ま
に
か
梟
木
と
共
に
化
  
  
な
部
屋
に
:
:
:
:
!
?
 
  
 
:
:
:
:
っ
て
 
私
は
な
ん
で
こ
ん
な
女
に
付
き
合
っ
て
こ
ん
  
  
 
そ
う
し
て
化
学
室
 °
  
  
  
  
 
あ
ぁ
 
は
い
は
い
:
:
:
:
分
か
り
ま
し
た
よ
|
 
っ
と
 
  
  
 
┏┓
あ
な
た
は
私
に
着
い
て
来
て
 
化
学
室
へ
と
来
る
┗┛
 
  


























   

  
が
あ
る
と
言
っ
て
も
過
言
で
は
無
か
っ
た
の
に
 
今
だ
と
そ
こ
ま
  
 
さ
っ
き
ま
で
は
小
学
生
高
学
年
と
大
人
の
モ
デ
ル
く
ら
い
の
差
  
 
な
ん
だ
か
 
さ
っ
き
よ
り
も
瑠
璃
と
の
差
が
近
い
 °
  
  
っ
て
 
あ
れ
?
 
  
 
そ
う
そ
う
:
:
:
:
っ
て
 
そ
こ
ま
で
私
は
低
く
は
|
|
|
|
  
  
か
ら
┗┛
 
  
 
そ
う
で
す
ね
 
┏┓
あ
な
た
は
私
よ
り
1
0
c
m
も
高
い
の
で
す
  
  
か
ら
 
  
ば
 
そ
こ
ま
で
恐
れ
る
事
も
な
い
わ
!
 
私
の
方
が
大
き
い
の
だ
  
 
|
|
|
|
ふ
っ
 
た
か
が
催
眠
術
モ
ド
キ
で
し
ょ
う
?
 
な
ら
  
  
 
謎
の
力
を
使
っ
て
こ
こ
ま
で
自
分
を
連
れ
て
来
た
の
だ
と
 °
  
た
の
だ
と
思
っ
た
 °
  
 
そ
れ
を
聞
い
て
 
結
良
は
梟
木
が
な
ん
ら
か
の
催
眠
術
を
使
っ
  
  
の
力
で
す
 °
吾
輩
の
言
葉
に
は
そ
れ
だ
け
の
力
が
あ
る
 
  
っ
て
引
き
出
さ
れ
 
吾
輩
の
梟
木
の
血
の
力
|
|
|
|
┏┓
言
の
葉
┗┛

   

  
デ
ィ
よ
ね
?
 
  
人
の
脚
よ
り
も
低
い
高
校
生
な
ん
て
 
こ
ん
な
の
ま
さ
し
く
コ
メ
  
ら
い
な
ん
だ
け
れ
ど
も
 °
そ
れ
よ
り
も
2
0
c
m
は
低
い
わ
ね
 °
  
人
の
平
均
値
く
ら
い
の
割
合
:
:
:
:
4
6
%
で
 
6
3
c
m
く
  
 
あ
ら
あ
ら
 
随
分
と
縮
ん
で
し
ま
い
ま
し
た
ね
 °
私
の
脚
は
白
  
  
 
ひ
 
ひ
ぃ
:
:
:
:
こ
 
こ
こ
ま
で
小
さ
く
!
?
 
  
  
の
机
よ
り
も
低
く
な
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
 
す
る
と
シ
ュ
ル
シ
ュ
ル
と
私
の
身
体
が
縮
ん
で
い
き
 
化
学
室
  
  
┏┓
あ
な
た
は
は
私
よ
り
も
4
0
c
m
も
低
か
っ
た
の
で
す
か
ら
┗┛
 
  
か
も
し
れ
ま
せ
ん
ね
 °
吾
輩
の
身
長
は
確
か
1
3
8
c
m
で
 
  
 
あ
ぁ
 
そ
う
で
し
た
ね
 °
そ
ん
な
に
も
大
き
く
は
な
か
っ
た
の
  
  
な
こ
と
が
:
:
:
:
 
  
 
ひ
 
人
の
大
き
さ
を
変
え
ら
れ
る
の
!
?
 
そ
 
そ
ん
な
バ
カ
  
  
 
ま
 
ま
さ
か
 
こ
の
梟
木
の
力
は
|
|
|
|
 °
  
で
気
に
な
ら
な
い
く
ら
い
の
:
:
:
:
 °










   

  
 
そ
う
言
う
と
梟
木
の
胸
元
が
大
き
く
膨
ら
み
始
め
 
そ
の
ま
ま
  
  
大
き
い
┗┛
 
  
 
:
:
:
:
┏┓
私
は
あ
な
た
よ
り
も
バ
ス
ト
サ
イ
ズ
が
2
カ
ッ
プ
  
る
御
方
に
対
し
て
ま
だ
ま
だ
反
省
が
足
り
ま
せ
ん
ね
 °
  
 
そ
う
で
す
ね
 °
チ
ビ
で
無
価
値
な
あ
な
た
は
 
吾
輩
の
崇
高
な
  
  
 
も
 
元
に
戻
し
な
さ
い
!
?
 
早
く
元
に
戻
し
な
さ
い
!
 
  
  
 
梟
木
は
そ
う
や
っ
て
 
結
良
の
方
を
見
て
笑
っ
て
い
た
 °
  
  
に
し
て
は
小
柄
な
方
で
す
よ
?
 
ク
フ
フ
ゥ
:
:
:
:
 
  
 
デ
カ
く
は
な
い
わ
よ
 
吾
輩
の
身
長
は
1
3
8
c
m
と
 
人
間
  
  
 
で
 
デ
カ
ッ
!
?
 
  
  
長
座
体
前
屈
を
す
る
か
の
よ
う
に
座
っ
て
い
た
 °
  
表
現
を
追
加
し
ま
し
ょ
う
 °
梟
木
は
結
良
の
横
に
脚
を
伸
ば
し
て
 
  
 
そ
う
言
い
な
が
ら
ゆ
っ
く
り
と
 
い
や
彼
女
に
し
て
は
と
言
う
  


























   

  
そ
う
だ
か
ら
 
元
の
サ
イ
ズ
に
戻
し
て
あ
げ
ま
す
か
な
 °
  
 
そ
う
ね
 °
こ
れ
以
上
や
る
と
吾
輩
 
蝙
蝠
坂
瑠
璃
様
に
怒
ら
れ
  
  
 
い
 
い
や
ぁ
|
!
 
や
め
 
や
め
て
ぇ
|
!
 
  
  
 
ぱ
ふ
ぱ
ふ
っ
と
 
梟
木
は
結
良
を
挟
む
 °
  
  
ね
 
  
 
ほ
|
れ
 
ド
〇
ク
エ
で
い
う
ぱ
ふ
ぱ
ふ
:
:
:
:
っ
て
言
う
 
  
ま
す
よ
?
  
大
き
い
く
ら
い
程
度
で
も
 
あ
な
た
の
小
さ
さ
な
ら
吾
輩
は
挟
め
  
き
さ
は
激
変
す
る
 °
人
形
サ
イ
ズ
の
あ
な
た
の
胸
よ
り
2
カ
ッ
プ
  
で
し
ょ
う
?
 
同
じ
胸
の
サ
イ
ズ
で
も
 
身
長
が
違
え
ば
胸
の
大
  
と
ア
ン
ダ
|
 
つ
ま
り
は
胸
の
上
部
と
下
部
の
大
き
さ
の
差
の
話
  
 
当
た
り
前
で
し
ょ
う
?
 
胸
の
サ
イ
ズ
っ
て
言
う
の
は
ト
ッ
プ
  
  
っ
て
来
る
ぅ
!
?
 
  
 
:
:
:
:
い
 
い
や
ぁ
!
?
 
む
 
む
ね
が
:
:
:
:
胸
が
迫
  
  
結
良
を
手
で
掴
む
と
彼
女
の
胸
に
挟
ん
で
い
た
 °







   

  
を
A
カ
ッ
プ
く
ら
い
に
さ
れ
た
の
だ
が
 
そ
ん
な
の
は
人
形
サ
イ
  
 
確
か
に
結
良
は
元
の
サ
イ
ズ
に
戻
れ
た
 °
多
少
 
胸
の
サ
イ
ズ
  
  
  
  
  
 
ま
ず
い
と
思
っ
た
時
に
は
 
も
う
遅
か
っ
た
と
言
う
 °
  
 
ぷ
つ
ん
 
と
梟
木
の
な
に
か
が
切
れ
る
音
が
し
た
 °
  
  
 
黒
猫
坂
:
:
:
:
な
ん
か
:
:
:
:
?
 
  
  
の
で
す
!
 
  
た
り
し
ま
せ
ん
!
 
そ
れ
だ
け
は
確
か
で
す
!
 
そ
う
 
確
か
な
  
 
は
 
は
い
!
 
私
は
も
う
二
度
と
黒
猫
坂
な
ん
か
に
手
を
出
し
  
  
 
元
に
戻
す
と
言
わ
れ
れ
ば
 
も
う
な
に
も
文
句
は
な
か
っ
た
 °
  
限
界
で
あ
っ
た
 °
  
 
結
良
は
既
に
限
界
だ
っ
た
 °
具
体
的
に
言
え
ば
精
神
の
 
心
の
  
  
 
|
|
|
|
蝙
蝠
坂
瑠
璃
様
に
も
う
逆
ら
わ
な
い
よ
う
に
 



   

  
  
  
事
は
無
く
な
っ
た
と
言
う
話
で
あ
る
 °
  
 
|
|
|
|
そ
の
後
 
結
良
は
小
動
物
 
小
さ
い
も
の
を
虐
め
る
  
  
 
ふ
ふ
っ
 
梟
は
小
鳥
を
食
べ
る
の
で
す
よ
?
 
小
鳥
遊
さ
ん
?
 
  
  
梟
木
は
楽
し
ん
で
い
た
 °
  
て
い
た
 °
惑
星
サ
イ
ズ
の
胸
を
た
ゆ
ん
た
ゆ
ん
と
揺
ら
し
な
が
ら
 
  
 
そ
う
言
い
な
が
ら
 
月
を
胸
元
に
し
ま
い
な
が
ら
梟
木
は
笑
っ
  
  
れ
る
悟
空
┗┛
の
気
分
を
体
感
し
た
気
分
は
?
 
  
 
小
鳥
遊
結
良
さ
ん
 
ど
う
?
 
┏┓
西
遊
記
の
よ
う
に
仏
に
弄
ば
  
  
 
梟
木
は
地
球
を
 
掌
の
上
に
乗
せ
て
笑
み
を
浮
か
べ
て
い
た
 °
  
  
 
う
ふ
ふ
っ
:
:
:
:
 
  
  
う
 °
  
ズ
か
ら
人
間
サ
イ
ズ
に
戻
れ
た
の
だ
か
ら
 
些
細
な
問
題
で
あ
ろ

  > ≫