|
|
|
|
そ
ん
な
彼
女
が
 
あ
の
女
に
出
逢
う
事
は
運
命
だ
っ
  
を
諦
め
て
は
い
な
か
っ
た
 °
  
な
手
段
か
は
考
え
て
は
い
な
か
っ
た
が
 
そ
れ
で
も
結
良
は
復
讐
  
思
っ
て
は
い
た
が
 
 
復
讐
し
た
い
 
と
は
考
え
て
い
た
 °
ど
ん
  
ら
れ
て
し
ま
っ
た
 °
だ
け
れ
ど
も
 
彼
女
達
に
勝
て
な
い
 
と
は
  
プ
に
さ
れ
て
し
ま
い
 
さ
ら
に
は
自
身
も
ト
ラ
ウ
マ
を
植
え
付
け
  
 
自
慢
の
胸
は
最
近
の
小
学
生
で
も
ま
ず
見
な
い
よ
う
な
A
カ
ッ
  
よ
っ
て
粛
清
を
受
け
た
人
間
だ
 °
  
 
小
鳥
遊
結
良
∧
た
か
な
し
ゆ
う
ら
∨
は
 
そ
ん
な
梟
木
瀬
良
に
  
  
た
り
と
:
:
:
:
 °
  
り
 
ま
た
あ
る
時
は
彼
女
達
を
バ
カ
に
す
る
人
間
に
粛
清
を
行
っ
  
 
あ
る
時
は
パ
シ
リ
と
し
て
手
に
入
ら
な
い
物
を
取
り
に
行
っ
た
  
女
達
の
番
人
と
し
て
立
ち
塞
が
る
 °
  
っ
て
認
識
を
歪
む
力
 
を
手
に
入
れ
た
そ
の
者
は
 
彼
女
の
 
  
 
蝙
蝠
坂
瑠
璃
∧
こ
う
も
り
ざ
か
る
り
∨
に
よ
っ
て
 
言
葉
に
よ
  
 
ぼ
|
に
ゅ
う
部
所
属
 
梟
木
瀬
良
∧
ふ
く
ろ
う
ぎ
せ
ら
∨
 °
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
ぼ
|
に
ゅ
う
部
 
タ
だ
し
く
な
い
力












≪ <  

  
  
の
 °
全
く
:
:
:
:
迷
惑
極
ま
り
な
い
な
の
┗┛
  
れ
ど
も
 
あ
な
た
が
ボ
ク
を
起
こ
し
た
の
だ
か
ら
仕
方
が
な
い
な
  
┏┓
あ
ぁ
 
そ
う
だ
な
 °
君
は
普
通
に
部
屋
で
寝
て
い
た
な
の
 °
  
  
 
私
は
普
通
に
部
屋
で
寝
て
:
:
:
:
そ
れ
か
ら
:
:
:
:
 
  
  
っ
た
 °
  
が
 
そ
れ
以
外
は
何
も
分
か
ら
な
い
 °
そ
ん
な
不
思
議
な
女
で
あ
  
カ
ッ
プ
の
胸
が
そ
の
人
物
を
女
性
で
あ
る
事
を
分
か
ら
せ
て
い
る
  
 
辛
う
じ
て
身
体
の
中
央
に
あ
る
女
ら
し
い
胸
の
ふ
く
ら
み
 
  
い
光
に
包
ま
れ
た
人
が
居
た
 °
  
間
 °
全
て
が
暗
闇
に
包
ま
れ
て
お
り
 
そ
の
真
ん
中
に
は
真
っ
白
  
 
結
良
が
目
を
覚
ま
し
た
の
は
 
真
っ
黒
の
暗
闇
が
支
配
す
る
空
  
  
 
こ
こ
は
:
:
:
:
 
  
  
第
汰
話
 
タ
だ
し
く
な
い
力
 
  
  
た
と
言
え
る
で
あ
ろ
う
 °
















   

  
て
い
る
よ
う
な
 
そ
う
言
う
認
識
で
い
て
欲
し
い
な
の
 °
  
言
っ
て
お
き
ま
し
ょ
う
な
の
 °
そ
こ
に
こ
の
ク
ロ
ム
が
お
邪
魔
し
  
┏┓
こ
こ
は
あ
な
た
の
深
層
世
界
:
:
:
:
所
謂
 
夢
の
中
と
で
も
  
  
 
こ
こ
は
:
:
:
:
 
  
  
が
 
ど
こ
か
懐
か
し
さ
を
覚
え
る
よ
う
な
そ
ん
な
感
覚
も
あ
っ
た
 °
  
 
そ
の
名
前
は
小
鳥
遊
結
良
は
初
め
て
効
く
名
前
で
あ
っ
た
 °
  
  
 
墓
場
探
:
:
:
:
ク
ロ
ム
:
:
:
:
 
  
  
か
ら
 
無
理
矢
理
起
こ
さ
れ
て
少
し
ご
機
嫌
斜
め
の
者
な
の
┗┛
  
き
ま
し
ょ
う
な
の
 °
あ
な
た
の
怒
り
に
よ
っ
て
長
き
に
渡
る
眠
り
  
は
┏┓
墓
場
探
∧
は
か
ば
さ
ぐ
り
∨
ク
ロ
ム
┗┛
と
で
も
名
乗
っ
て
お
  
┏┓
そ
う
だ
な
 
本
名
で
は
な
い
け
れ
ど
も
:
:
:
:
と
り
あ
え
ず
  
  
 
あ
な
た
は
一
体
:
:
:
:
 
  
  
か
け
る
白
い
女
 °
  
 
心
底
面
倒
そ
う
な
 
け
れ
ど
も
ど
こ
か
嬉
し
そ
う
な
声
で
語
り

   

  
  
た
い
な
電
子
機
器
が
現
れ
て
い
た
 °
  
出
す
 °
す
る
と
そ
の
光
の
手
か
ら
浮
か
び
上
が
り
 
1
本
の
棒
み
  
 
ク
ロ
ム
は
そ
う
言
っ
て
 
真
っ
白
の
光
に
包
ま
れ
た
手
を
差
し
  
  
 
|
|
|
|
こ
れ
を
手
に
取
れ
 
な
の
┗┛
  
丁
度
 
良
い
と
で
も
言
っ
て
お
き
ま
し
ょ
う
か
な
の
 °
  
┏┓
け
れ
ど
も
あ
な
た
は
  
が
良
い
 °
い
や
 
こ
の
場
合
は
 
  
  
て
い
る
か
の
よ
う
に
 °
  
っ
た
の
だ
 °
彼
女
の
意
思
が
 
本
能
が
 
 
そ
う
し
ろ
 
と
命
じ
  
る
母
親
の
母
性
を
感
じ
た
彼
女
は
 
ク
ロ
ム
の
言
葉
を
遮
れ
な
か
  
邪
魔
し
よ
う
と
思
え
な
か
っ
た
の
だ
 °
ま
る
で
子
供
に
物
語
を
語
  
 
そ
の
間
 
結
良
は
喋
る
事
が
出
来
な
か
っ
た
 °
い
や
 
会
話
を
  
る
と
い
っ
た
調
子
で
 
ク
ロ
ム
は
語
っ
て
い
た
 °
  
 
長
い
間
喋
る
事
も
 
話
す
こ
と
も
出
来
ず
 
会
話
に
飢
え
て
い
  
  
い
つ
つ
あ
っ
た
か
ら
┗┛
  
な
か
っ
た
な
の
 °
な
に
せ
 
こ
の
ボ
ク
は
既
に
存
在
意
義
を
見
失
  
 
|
|
|
|
本
来
 
こ
の
ク
ロ
ム
が
呼
ば
れ
る
と
は
思
っ
て
も
見

   

  
向
け
て
い
た
 °
な
に
せ
昨
日
 
完
膚
な
き
ま
で
に
ト
ラ
ウ
マ
を
植
  
 
そ
の
翌
日
 
梟
木
瀬
良
は
苦
虫
を
叩
き
つ
ぶ
し
た
よ
う
な
顔
を
  
  
☆
  
  
 
こ
の
メ
モ
リ
 
┏┓
テ
ン
プ
チ
ャ
|
┗┛┗┛
  
讐
┗┛
に
燃
え
て
い
る
小
鳥
遊
結
良
よ
 °
  
┏┓
こ
の
メ
モ
リ
を
使
い
た
ま
え
 
ボ
ク
を
呼
び
出
す
ほ
ど
の
┏┓
  
  
 
|
|
|
|
そ
の
瞳
は
 
┏┓
復
讐
┗┛
の
炎
に
燃
え
て
い
た
 °
  
ま
う
結
良
 °
  
 
そ
の
言
葉
に
 
知
ら
ず
知
ら
ず
の
う
ち
に
笑
み
を
浮
か
べ
て
し
  
  
 
ち
か
 
ら
:
:
:
:
 
  
  
た
は
|
|
|
|
力
を
得
る
┗┛
  
と
呼
ば
れ
る
物
体
な
の
 °
こ
れ
を
使
用
す
る
事
に
よ
っ
て
 
あ
な
  
┏┓
と
あ
る
科
学
者
:
:
:
:
ボ
ク
の
同
輩
が
作
り
出
し
た
メ
モ
リ
  
  
 
こ
れ
は
:
:
:
:
?
 
















   

  
 
な
 
な
ん
で
縮
ま
な
い
!
?
 
  
  
の
葉
の
力
で
小
さ
く
:
:
:
:
あ
 
あ
れ
!
?
  
 
:
:
:
:
そ
う
 
こ
の
言
葉
に
よ
っ
て
結
良
は
前
と
同
じ
く
言
  
  
 
┏┓
あ
な
た
は
蟻
の
よ
う
に
小
さ
い
┗┛
 
  
  
い
の
だ
か
ら
 °
  
 
前
と
同
じ
く
言
の
葉
の
力
に
よ
っ
て
 
相
手
を
縮
ま
せ
れ
ば
良
  
の
は
関
係
無
か
っ
た
 °
  
 
ど
ん
な
手
段
か
は
分
か
ら
な
い
 °
け
れ
ど
も
瀬
良
に
は
そ
ん
な
  
  
今
の
私
は
あ
な
た
を
凌
駕
す
る
力
を
得
た
の
で
す
 
  
 
ふ
ふ
っ
:
:
:
:
そ
れ
は
秘
密
な
の
で
す
よ
 °
だ
け
れ
ど
も
 
  
  
 
一
体
 
ど
ん
な
手
を
使
っ
た
の
で
し
ょ
う
か
?
 
  
  
ん
と
か
し
た
は
ず
だ
が
:
:
:
:
 °
  
い
た
か
ら
だ
 °
し
か
も
昨
日
 
言
葉
の
魔
術
に
よ
っ
て
そ
れ
も
な
  
え
付
け
た
相
手
 
小
鳥
遊
結
良
が
不
敵
な
笑
み
で
こ
ち
ら
を
見
て

   

  
  
良
は
自
慢
げ
な
顔
を
浮
か
べ
て
い
た
 °
  
 
呆
然
と
す
る
瀬
良
は
満
足
げ
な
表
情
を
見
せ
 
そ
れ
を
見
て
結
  
  
 
温
度
の
:
:
:
:
亡
霊
:
:
:
:
 
  
  
だ
!
 
  
 
そ
し
て
私
は
テ
ン
プ
チ
ャ
|
ス
ペ
ク
タ
|
と
し
て
 
甦
っ
た
の
  
議
な
力
を
 °
  
 
ふ
ふ
っ
 
こ
の
私
は
力
を
得
た
 °
あ
な
た
の
よ
う
な
 
不
可
思
  
  
反
比
例
す
る
か
の
よ
う
に
瀬
良
の
身
体
は
大
き
さ
を
増
し
て
い
た
 °
  
 
ど
ん
ど
ん
┏┓
縮
め
!
┗┛
と
 
瀬
良
は
言
う
け
れ
ど
も
 
そ
れ
と
  
  
 
┏┓
縮
め
!
┗┛
 
┏┓
縮
め
!
┗┛
 
┏┓
縮
め
!
┗┛
 
  
  
か
な
弾
力
と
共
に
ぐ
ぐ
っ
と
膨
れ
上
が
っ
て
行
く
 °
  
く
 °
不
敵
な
笑
み
を
浮
か
べ
 
そ
の
胸
元
は
た
ゆ
ん
と
揺
れ
る
確
  
 
そ
れ
ど
こ
ろ
か
 
彼
女
の
身
体
は
風
船
の
よ
う
に
膨
ら
ん
で
行
  


























   

  
胸
の
中
に
瀬
良
を
挟
み
込
む
 °
  
 
ど
ん
っ
と
突
き
出
し
た
 
巨
体
に
似
合
っ
た
1
0
m
に
も
及
ぶ
  
  
 
人
体
を
巨
大
化
し
:
:
:
:
そ
の
上
で
こ
う
っ
:
:
:
:
 
  
  
手
を
こ
ち
ら
に
向
け
て
い
た
 °
  
 
ど
ん
っ
と
 
常
人
の
数
倍
は
あ
ろ
う
か
と
い
う
巨
大
に
な
っ
た
  
  
:
:
:
:
 
  
 
そ
の
他
人
に
影
響
を
与
え
る
力
の
エ
ネ
ル
ギ
|
の
み
を
吸
収
し
  
  
笑
み
を
浮
か
べ
る
 °
  
 
大
き
く
揺
れ
る
自
慢
の
胸
を
両
腕
で
支
え
て
強
調
し
 
結
良
は
  
  
 
た
ゆ
ん
!
  
  
で
 
他
人
を
縮
ま
せ
て
も
:
:
:
:
 
  
|
と
し
て
流
用
出
来
る
よ
う
に
な
っ
た
 °
あ
な
た
が
何
ら
か
の
力
  
て
を
自
分
の
力
と
し
て
 
自
分
が
大
き
く
な
る
た
め
の
エ
ネ
ル
ギ
  
 
全
て
の
物
体
に
は
熱
量
 
エ
ネ
ル
ギ
|
が
あ
る
 °
私
は
そ
の
全

   

  
  
来
の
私
な
の
だ
!
  
る
乳
!
 
こ
の
┏┓
巨
大
娘
┗┛
と
も
呼
ぶ
べ
き
こ
の
身
体
こ
そ
 
  
 
誇
る
べ
き
巨
体
の
長
身
 
女
ら
し
い
母
性
に
溢
れ
た
大
き
す
ぎ
  
 
あ
の
 
墓
場
探
ク
ロ
ム
に
よ
っ
て
私
は
真
の
自
分
を
見
出
し
た
 °
  
  
げ
に
笑
っ
て
い
た
 °
  
 
小
鳥
遊
結
良
は
 
こ
れ
こ
そ
が
本
来
の
自
分
な
の
だ
と
誇
ら
し
  
  
∧
は
は
っ
!
 
こ
れ
だ
!
 
こ
れ
な
の
だ
!
∨
  
  
  
見
え
た
 °
  
 
そ
の
笑
み
は
小
さ
い
物
を
虐
め
る
時
の
 
┏┓
復
讐
┗┛
の
笑
み
に
  
  
 
く
ふ
っ
 
く
ふ
ふ
 
く
ふ
ふ
ふ
っ
!
 
  
い
や
 
そ
れ
よ
り
も
凄
い
力
で
あ
な
た
を
倒
し
て
み
せ
ま
し
ょ
う
!
  
小
さ
さ
に
し
て
く
れ
ま
し
た
よ
ね
!
 
そ
の
お
返
し
を
:
:
:
:
  
 
こ
の
前
は
 
私
を
あ
な
た
の
手
の
ひ
ら
サ
イ
ズ
に
乗
る
ほ
ど
の
  


























   

  
か
ら
 
構
わ
な
い
な
の
┗┛
  
 
そ
れ
に
:
:
:
:
も
う
 
あ
な
た
は
生
命
体
と
は
呼
べ
ま
せ
ん
  
そ
れ
こ
そ
が
狙
い
だ
っ
た
か
ら
良
い
な
の
 °
  
┏┓
:
:
:
:
見
事
に
復
讐
の
炎
に
呑
ま
れ
て
い
ま
す
な
の
 °
ま
ぁ
 
  
  
て
の
生
命
体
の
女
王
と
し
て
君
臨
す
る
!
 
  
っ
て
 
私
は
凄
ま
じ
い
力
を
得
た
!
 
こ
れ
で
:
:
:
:
私
は
全
  
 
上
々
よ
 
ク
ロ
ム
!
 
あ
な
た
が
渡
し
て
く
れ
た
子
の
力
に
よ
  
  
┏┓
気
分
は
ど
う
だ
い
 
小
鳥
遊
結
良
?
┗┛
  
  
前
に
 
ク
ロ
ム
が
姿
を
現
す
 °
  
 
笑
う
度
に
大
き
な
胸
を
ぼ
よ
ん
ぼ
よ
ん
と
揺
れ
動
か
す
結
良
の
  
  
┏┓
い
い
や
 
違
う
ね
┗┛
  
  
体
な
の
だ
!
 
  
っ
て
永
遠
に
巨
大
化
す
る
こ
の
 
小
鳥
遊
結
良
こ
そ
最
強
の
生
命
  
を
殺
そ
う
 °
こ
の
私
こ
そ
が
:
:
:
:
┏┓
復
讐
┗┛
の
炎
の
熱
に
よ
  
 
ふ
は
は
は
っ
!
 
さ
て
 
次
は
こ
の
女
が
慕
う
あ
の
女
3
人
組

   

  
 
い
や
っ
:
:
:
:
そ
れ
っ
て
:
:
:
:
こ
の
ま
ま
際
限
な
く
巨
  
  
 
そ
の
言
葉
に
 
死
刑
宣
告
で
も
す
る
か
の
よ
う
な
そ
の
言
葉
 °
  
 
 
:
:
:
:
延
々
と
 
 °
  
  
延
々
と
:
:
:
:
┗┛
  
を
吸
収
し
て
女
ら
し
く
 
巨
大
化
す
る
な
の
 °
つ
ま
り
:
:
:
:
  
個
別
の
熱
を
持
ち
 
あ
な
た
の
┏┓
テ
ン
プ
チ
ャ
|
┗┛
メ
モ
リ
は
熱
  
┏┓
こ
の
世
に
熱
が
な
い
場
所
な
ん
て
な
い
な
の
 °
全
て
の
物
体
は
  
  
:
 
  
 
ど
 
ど
う
し
て
!
?
 
ま
だ
大
き
く
:
:
:
:
な
っ
て
:
:
:
  
  
尻
な
ど
が
そ
の
巨
大
さ
を
増
し
て
行
く
 °
  
 
彼
女
の
全
身
は
真
っ
赤
に
輝
き
 
そ
の
胸
と
身
体
 
さ
ら
に
お
  
た
 °
  
 
結
良
が
説
明
を
 
ど
う
言
う
事
か
を
問
い
た
だ
す
暇
は
な
か
っ
  
  
 
そ
れ
っ
て
ど
う
い
う
:
:
:
:
う
っ
:
:
:
:
 
  


























   

  
  
  
  
人
間
な
ん
て
居
な
い
┗┛
  
 
そ
れ
を
喜
ぶ
の
は
物
語
の
女
性
の
み
 °
1
人
ぼ
っ
ち
で
居
た
い
  
同
時
に
見
え
な
く
な
っ
て
い
く
 °
  
知
っ
て
い
る
者
は
全
て
消
え
 
代
わ
り
に
ど
ん
ど
ん
世
界
は
狭
く
 
  
 
ど
ん
ど
ん
小
さ
く
な
る
世
界
 
ど
ん
ど
ん
動
け
な
く
な
る
自
分
 °
  
 
そ
れ
に
精
神
的
に
も
そ
う
 °
  
  
:
女
ら
し
さ
に
耐
え
切
れ
な
い
か
ら
 °
  
く
す
る
な
の
 °
そ
れ
は
身
体
が
 
筋
肉
が
 
そ
の
体
重
に
:
:
:
  
 
太
っ
て
い
る
人
間
は
自
ら
の
体
重
 
自
重
に
よ
っ
て
動
き
を
鈍
  
の
人
間
は
大
き
さ
で
押
し
潰
さ
れ
て
る
な
の
 °
  
で
要
ら
れ
る
か
ら
な
の
 °
普
通
の
人
間
が
大
き
く
な
っ
て
も
 
  
て
 
巨
大
娘
 
と
呼
ば
れ
る
の
か
?
 
そ
れ
は
大
き
な
 
巨
大
さ
  
┏┓
 
巨
大
娘
 
は
何
故
 
 
大
き
な
女
の
子
 
な
ん
か
じ
ゃ
な
く
  
  
:
:
:
 
  
大
化
:
:
:
:
で
 
で
も
そ
れ
だ
け
大
き
く
 
な
る
っ
て
訳
で
:

   

  
  
  
  
  
  
  
  
 
そ
の
星
は
|
|
|
|
今
も
な
お
 
大
き
さ
を
増
し
て
い
る
 °
  
こ
え
る
と
の
事
だ
 °
  
な
ぜ
か
女
の
子
の
悲
し
い
泣
き
声
の
よ
う
な
音
が
風
に
乗
っ
て
聞
  
 
柔
ら
か
い
 
ミ
ル
ク
の
よ
う
な
良
い
香
り
を
す
る
そ
の
星
で
は
 
  
  
 
宇
宙
に
1
つ
の
星
が
生
ま
れ
た
 °
  
 
数
日
後
 °
  
  
  
  
  
  
┏┓
|
|
|
|
さ
ぁ
 
あ
な
た
は
ど
こ
ま
で
耐
え
ら
れ
る
な
の
?
┗┛

  > ≫