の
場
所
に
て
怪
盗
コ
ン
ビ
は
立
っ
て
い
た
 °
い
や
 
そ
の
表
現
は
  
て
い
た
 °
紅
の
宮
殿
 
ま
た
の
名
を
《
万
魔
殿
》
と
呼
ば
れ
る
そ
  
た
く
る
り
と
回
っ
て
お
り
 
そ
の
下
に
は
紅
の
宮
殿
が
用
意
さ
れ
  
上
に
は
永
遠
と
回
り
続
け
る
歯
車
が
く
る
り
 
ひ
と
く
る
り
 
  
 
超
巨
大
戦
艦
で
あ
り
 
大
陸
サ
イ
ズ
の
鋼
の
塊
 °
鋼
の
工
場
の
  
っ
た
 °
  
浮
遊
す
る
よ
う
な
空
気
も
な
い
よ
う
な
高
さ
に
 
 
そ
れ
 
は
あ
  
 
こ
こ
は
赤
道
上
空
高
度
約
3
6
 
0
0
0
k
m
 °
人
工
衛
星
が
  
  
  
 
|
|
|
|
事
は
数
時
間
前
に
遡
る
 °
  
巨
大
星
雲
サ
イ
ズ
の
巨
大
娘
が
ゆ
っ
く
り
と
倒
れ
て
い
た
 °
  
い
 °
し
か
し
 
乳
首
だ
け
で
も
惑
星
サ
イ
ズ
の
大
き
さ
を
誇
る
超
  
達
 °
し
か
し
 
視
界
を
覆
う
超
巨
大
女
は
ま
だ
ど
う
に
も
出
来
な
  
・
リ
ベ
ン
ジ
|
|
|
|
い
や
 
メ
ン
ド
ゥ
|
サ
G
を
退
け
た
彼
女
  
 
爆
乳
ラ
イ
ダ
|
の
3
人
は
ゴ
|
レ
ム
・
マ
リ
|
マ
リ
オ
ネ
ッ
ト
  
《
:
:
:
:
あ
ら
す
じ
で
す
 °
さ
む
い
で
す
》
  
  
帝
国
城
摂
政
 
作
  
爆
乳
ラ
イ
ダ
|
L
&
M
 
第
1
2
話












≪ <  

  
ん
で
す
か
!
?
 
こ
の
機
械
 
あ
の
超
巨
大
娘
を
さ
ら
に
巨
大
化
  
そ
れ
な
の
に
 
何
故
 
そ
ん
な
私
か
ら
エ
ネ
ル
ギ
|
を
奪
っ
て
る
  
 
私
は
 
ツ
ク
ル
ノ
ラ
様
の
た
め
に
尽
く
す
 
忠
臣
で
す
ぅ
!
 
  
  
う
 °
  
女
の
お
っ
ぱ
い
が
強
調
さ
れ
て
る
事
は
言
わ
な
く
て
も
良
い
だ
ろ
  
れ
て
い
る
 °
全
身
が
ぎ
ゅ
っ
と
締
め
つ
け
ら
れ
て
い
る
た
め
 
  
電
線
を
伝
っ
て
な
に
か
が
後
ろ
の
怪
し
げ
な
装
置
へ
と
吸
い
込
ま
  
あ
る
 °
グ
レ
ム
リ
ン
は
全
身
を
電
線
で
巻
き
つ
け
ら
れ
て
お
り
 
  
|
ン
・
グ
レ
ム
リ
ン
D
 
も
と
い
《
優
越
感
の
グ
レ
ム
リ
ン
》
で
  
 
そ
う
言
っ
て
 
た
だ
た
だ
嘆
き
の
言
葉
を
口
に
す
る
の
は
グ
リ
  
  
ノ
ラ
様
!
 
  
 
:
:
:
:
!
 
や
め
て
 
や
め
て
く
だ
さ
い
ま
せ
ぇ
 
ツ
ク
ル
  
  
っ
て
い
た
 °
  
て
い
る
ニ
コ
ラ
・
ツ
ク
ル
ノ
ラ
は
カ
タ
カ
タ
と
キ
|
ボ
|
ド
を
打
  
切
れ
た
機
械
の
よ
う
に
た
だ
立
っ
て
い
た
 °
ア
リ
エ
|
ヌ
を
慕
っ
  
 
女
怪
盗
ア
リ
エ
|
ヌ
・
ル
パ
ン
は
目
を
伏
し
た
ま
ま
 
電
池
が
  
あ
ま
り
に
も
無
粋
 
と
い
う
も
の
で
あ
る
 °









   

  
っ
た
は
ず
じ
ゃ
:
:
:
:
 
  
ン
の
中
の
役
立
た
ず
 
ス
ラ
イ
ム
N
と
か
い
う
奴
に
す
る
予
定
だ
  
う
し
て
私
を
生
贄
に
:
:
:
:
 °
ほ
 
本
来
の
生
贄
は
メ
ガ
イ
ジ
  
 
そ
っ
 
そ
こ
ま
で
分
か
っ
て
く
だ
さ
っ
て
い
る
な
ら
 
ど
 
  
  
と
招
待
し
て
 
幹
部
の
1
人
と
し
て
の
力
を
与
え
た
の
で
す
か
ら
 
  
す
よ
?
 
元
々
 
そ
う
い
う
人
物
で
あ
る
か
ら
こ
そ
わ
が
組
織
へ
  
の
地
位
ま
で
貶
め
よ
う
と
す
る
行
為
も
ま
た
 
評
価
し
て
お
り
ま
  
さ
は
評
価
し
て
い
ま
す
 °
そ
れ
に
相
手
に
対
し
て
自
分
よ
り
も
下
  
そ
れ
を
得
る
た
め
に
自
分
を
良
い
者
に
な
ろ
う
と
す
る
意
識
の
高
  
 
:
:
:
:
《
優
越
感
の
グ
レ
ム
リ
ン
》
 °
あ
な
た
の
優
越
感
 
  
  
は
そ
う
口
に
す
る
 °
  
 
た
だ
冷
静
に
 
冷
酷
に
 
何
の
感
情
も
持
た
ず
に
ツ
ク
ル
ノ
ラ
  
  
の
グ
レ
ム
リ
ン
》
 
  
 
:
:
:
:
あ
な
た
が
信
じ
ら
れ
な
い
か
ら
で
す
よ
 
《
背
徳
感
  
  
 
そ
ん
な
装
置
の
エ
ネ
ル
ギ
|
を
 
ど
う
し
て
私
か
ら
?
!
 
  
さ
せ
て
 
目
的
の
サ
イ
ズ
ま
で
大
き
く
す
る
装
置
で
し
ょ
う
!
?

   

  
  
た
の
は
他
で
も
な
い
 
こ
の
わ
た
く
し
な
の
で
す
か
ら
 
  
 
そ
の
理
由
は
単
純
で
す
よ
 
グ
レ
ム
リ
ン
 °
あ
な
た
を
改
造
し
  
リ
ン
 °
  
 
何
故
 
言
葉
が
出
な
い
?
 
そ
ん
な
顔
し
て
ま
す
ね
 
グ
レ
ム
  
  
な
く
な
っ
て
い
た
 °
  
る
 °
言
葉
を
話
し
て
い
る
は
ず
な
の
に
 
そ
こ
か
ら
は
言
葉
が
出
  
こ
れ
ま
た
意
味
不
明
に
捜
査
す
る
と
 
グ
レ
ム
リ
ン
の
口
が
閉
じ
  
ツ
ク
ル
ノ
ラ
は
全
て
の
言
葉
を
無
視
す
る
 °
難
解
な
パ
ソ
コ
ン
を
  
の
 
 
 
ム
カ
つ
く
 
:
:
:
:
色
々
と
言
葉
は
尽
き
な
い
が
 
  
 
 
こ
ん
な
事
あ
り
得
な
い
 
 
 
ど
う
し
て
そ
ん
な
事
を
す
る
  
ら
に
口
汚
く
罵
る
 °
  
く
手
は
止
ま
ら
な
か
っ
た
 °
そ
の
事
に
対
し
て
グ
レ
ム
リ
ン
は
さ
  
 
と
 
ツ
ク
ル
ノ
ラ
は
そ
う
言
い
な
が
ら
も
 
キ
|
ボ
|
ド
を
叩
  
  
 
私
は
 
約
束
を
守
る
タ
イ
プ
の
女
怪
盗
で
す
の
で
 
  
に
そ
こ
を
否
定
す
る
つ
も
り
は
ご
ざ
い
ま
せ
ん
よ
 °
  
 
え
ぇ
 
そ
れ
に
関
し
て
は
あ
な
た
の
話
し
た
通
り
で
す
よ
 °
  


























   

  
  
☆
  
  
 
グ
レ
ム
リ
ン
の
顔
は
悲
嘆
に
満
ち
て
い
た
 °
  
く
作
業
を
続
け
て
い
た
 °
  
 
そ
う
言
っ
て
ツ
ク
ル
ノ
ラ
は
パ
ソ
コ
ン
を
 
キ
|
ボ
|
ド
を
叩
  
  
す
よ
 
  
ア
リ
エ
|
ヌ
様
を
バ
カ
に
し
た
!
 
:
:
:
:
話
は
そ
れ
だ
け
で
  
 
故
に
あ
な
た
を
生
贄
に
し
ま
す
 °
何
故
な
ら
 
私
が
敬
愛
す
る
  
し
た
よ
ね
!
  
で
す
!
 
そ
れ
だ
け
は
 
そ
れ
を
す
る
事
は
許
し
て
い
ま
せ
ん
で
  
つ
だ
け
許
せ
な
い
事
 °
そ
れ
は
ア
リ
エ
|
ヌ
様
を
バ
カ
に
し
た
事
  
 
:
:
:
:
あ
な
た
の
全
て
を
許
し
ま
し
ょ
う
 °
け
れ
ど
も
 
  
  
な
い
よ
う
に
す
る
事
だ
っ
て
可
能
な
の
だ
か
ら
 °
  
 
故
に
そ
の
気
に
な
れ
ば
 
グ
レ
ム
リ
ン
の
口
か
ら
言
葉
を
出
さ
  
ク
ル
ノ
ラ
の
手
が
加
え
ら
れ
て
い
る
 °
  
 
幹
部
と
し
て
戦
う
た
め
に
そ
の
身
体
の
全
て
は
 
ニ
コ
ラ
・
ツ
  
 
グ
レ
ム
リ
ン
の
能
力
 
特
性
 
身
体
の
至
る
所
ま
で
 °




   

  
  
 
:
:
:
:
:
:
:
:
 
  
  
ニ
コ
ラ
・
ツ
ク
ル
ノ
ラ
の
 
正
体
 
だ
ね
 
  
 
:
:
:
:
し
っ
か
し
 
一
番
び
っ
く
り
し
た
の
は
あ
な
た
の
 
  
記
最
大
級
の
超
絶
巨
大
娘
で
あ
る
事
は
確
実
で
し
ょ
う
ね
ぇ
 °
  
星
雲
レ
ベ
ル
じ
ゃ
な
い
で
す
か
?
 
も
は
や
 
こ
の
時
点
で
今
世
  
て
い
る
だ
ろ
う
ね
 °
あ
の
サ
イ
ズ
の
乳
首
な
ら
 
手
だ
け
で
巨
大
  
巨
大
娘
の
乳
首
だ
な
ん
て
さ
ぁ
 °
め
っ
ち
ゃ
く
ち
ゃ
び
っ
く
り
し
  
る
頃
だ
ろ
う
ね
 °
な
に
せ
 
自
分
達
の
頭
上
に
あ
る
太
陽
が
 
  
 
い
や
は
や
 
今
頃
爆
乳
ラ
イ
ダ
|
の
3
人
は
び
っ
く
り
し
て
い
  
  
《
背
徳
感
の
ト
コ
ヤ
ミ
》
は
話
し
ま
く
る
 °
  
様
を
見
て
ツ
ク
ル
ノ
ラ
は
顔
を
苦
悩
に
満
ち
る
が
 
気
に
せ
ず
に
  
る
所
か
ら
見
て
も
 
戦
う
気
満
々
と
言
っ
た
様
子
で
あ
る
 °
そ
の
  
女
は
ベ
ル
ト
を
身
に
纏
い
 
さ
ら
に
は
メ
モ
リ
2
本
を
持
っ
て
い
  
 
ナ
ッ
ノ
:
:
:
:
い
や
《
背
徳
感
の
ト
コ
ヤ
ミ
》
で
あ
る
 °
  
 
と
 
ツ
ク
ル
ノ
ラ
に
そ
う
言
っ
て
話
し
か
け
る
者
が
居
た
 °
  
  
 
中
々
に
外
道
で
す
な
の
 
ニ
コ
ラ
・
ツ
ク
ル
ノ
ラ
さ
ん
 



   

  
ク
ロ
・
ノ
ミ
コ
ン
デ
は
 
そ
の
従
属
す
べ
き
相
手
が
居
な
く
な
っ
  
る
 °
裏
切
ら
れ
な
い
た
め
に
《
従
属
》
の
性
質
を
与
え
ら
れ
た
ネ
  
ガ
レ
ン
ジ
ャ
|
に
や
ら
れ
た
事
に
よ
っ
て
そ
の
目
的
は
と
ん
挫
す
  
て
い
た
ネ
ク
ロ
・
ノ
ミ
コ
ン
デ
で
あ
っ
た
が
 
タ
イ
ラ
博
士
が
ギ
  
 
タ
イ
ラ
様
に
命
じ
ら
れ
た
完
璧
な
身
体
を
作
る
た
め
に
頑
張
っ
  
 
|
|
|
|
ネ
ク
ロ
・
ノ
ミ
コ
ン
デ
は
完
璧
だ
っ
た
 °
  
 
  
ミ
》
の
話
は
続
く
 °
  
 
そ
の
後
も
ツ
ク
ル
ノ
ラ
が
止
め
な
い
た
め
 
《
背
徳
の
ト
コ
ヤ
  
  
世
界
に
来
た
目
的
の
相
手
で
あ
る
 °
  
た
め
に
使
う
事
を
求
め
ら
れ
た
幹
部
 °
本
来
 
ナ
ッ
ノ
が
こ
の
異
  
う
特
性
を
与
え
ら
れ
|
|
|
|
た
だ
そ
の
才
覚
を
タ
イ
ラ
博
士
の
  
 
完
璧
な
る
才
能
と
性
能
を
与
え
ら
れ
た
た
め
 
《
従
属
》
と
い
  
意
し
た
幹
部
の
1
人
 °
  
 
完
璧
皇
帝
ネ
ク
ロ
・
ノ
ミ
コ
ン
デ
 °
そ
れ
は
タ
イ
ラ
博
士
が
用
  
  
た
だ
な
ん
て
 
  
・
ツ
ク
ル
ノ
ラ
の
正
体
が
完
璧
皇
帝
ネ
ク
ロ
・
ノ
ミ
コ
ン
デ
だ
っ
  
 
い
や
は
や
 
ま
さ
か
怪
盗
コ
ン
ビ
の
片
割
れ
|
|
|
|
ニ
コ
ラ

   

  
 
と
 
そ
こ
で
初
め
て
キ
|
ボ
|
ド
を
叩
く
の
を
止
め
て
 
《
背
  
  
 
:
:
:
:
白
々
し
い
な
 
《
背
徳
感
の
ト
コ
ヤ
ミ
》
 
  
  
の
 
  
す
な
の
が
 °
全
く
持
っ
て
 
自
ら
の
事
な
が
ら
痛
々
し
い
過
去
な
  
っ
た
私
が
 
い
か
に
愚
か
だ
っ
た
と
い
う
話
に
な
っ
て
し
ま
い
ま
  
 
ま
ぁ
 
そ
ん
な
事
と
も
知
ら
ず
に
怪
盗
コ
ン
ビ
を
倒
し
に
向
か
  
  
あ
る
 °
  
|
|
|
|
そ
れ
を
持
つ
者
が
完
璧
皇
帝
ネ
ク
ロ
・
ノ
ミ
コ
ン
デ
で
  
か
と
思
う
か
も
し
れ
な
い
が
 
そ
れ
を
成
し
遂
げ
る
ほ
ど
の
才
能
  
自
分
自
身
を
精
神
支
配
 °
普
通
な
ら
あ
り
得
な
い
 
異
常
な
行
動
  
格
を
イ
ン
プ
ッ
ト
 °
そ
の
上
で
自
分
は
そ
の
事
を
忘
れ
る
よ
う
に
 
  
 
自
ら
の
力
を
分
け
与
え
 
同
時
に
支
配
者
ら
し
い
高
飛
車
な
性
  
  
作
る
と
い
う
方
法
で
あ
る
 °
  
 
そ
れ
故
に
考
え
た
方
法
 
そ
れ
が
自
ら
支
配
し
て
貰
う
対
象
を
  
た
 °
  
た
た
め
に
自
分
が
ど
う
す
る
べ
き
か
 
精
神
的
に
困
っ
て
し
ま
っ

   

  
黒
の
セ
|
タ
|
と
黒
の
王
冠
が
特
徴
の
姿
へ
と
変
わ
る
 °
そ
し
て
 
  
 
そ
の
言
葉
と
共
に
《
背
徳
感
の
ト
コ
ヤ
ミ
》
の
姿
が
変
わ
り
 
  
  
 
  
 
オ
|
ケ
|
!
 
ヤ
ミ
と
ジ
ュ
ウ
リ
ョ
ク
 
奇
跡
の
イ
ン
リ
ョ
ク
!
  
 
:
:
:
:
ベ
ル
ト
式
戦
術
 
変
身
 
  
  
モ
リ
を
ベ
ル
ト
に
差
し
た
 °
  
 
そ
う
言
い
な
が
ら
も
 
《
背
徳
感
の
ト
コ
ヤ
ミ
》
は
2
本
の
メ
  
  
 
い
や
ぁ
 
そ
う
で
し
た
ね
ぇ
 
  
  
☆
  
  
は
 
既
に
死
人
で
し
ょ
う
が
 
 
  
 
|
|
|
|
そ
も
そ
も
エ
|
ジ
ェ
ン
ト
・
ナ
ッ
ノ
は
 
そ
の
身
体
  
  
持
っ
て
い
る
 °
  
女
が
被
る
よ
う
な
帽
子
を
被
っ
て
お
り
 
よ
く
よ
く
見
れ
ば
杖
も
  
徳
感
の
ト
コ
ヤ
ミ
》
を
見
る
ツ
ク
ル
ノ
ラ
 °
そ
の
頭
の
上
に
は
魔

   

  
  
|
|
|
う
に
 
つ
ま
ら
な
い
 
  
 
あ
ぁ
 
や
は
り
完
璧
な
ん
て
つ
ま
ら
な
い
で
す
ね
 °
ほ
ん
と
|
  
れ
ば
 
あ
な
た
程
度
な
ら
す
ぐ
に
倒
せ
ま
す
わ
 °
  
ろ
う
と
 
一
瞬
で
メ
モ
リ
を
破
壊
で
き
ま
す
 °
メ
モ
リ
を
破
壊
す
  
し
ま
し
た
 °
こ
れ
に
よ
り
 
重
力
と
闇
の
引
力
を
操
る
あ
な
た
だ
  
 
:
:
:
:
エ
キ
ド
ナ
 
魔
女
を
意
味
す
る
こ
の
メ
モ
リ
を
改
造
  
  
な
に
が
起
こ
っ
た
か
分
か
ら
な
い
 
そ
ん
な
目
を
し
て
い
た
 °
  
て
 
ガ
タ
ッ
と
《
背
徳
感
の
ト
コ
ヤ
ミ
》
は
膝
か
ら
崩
れ
落
ち
た
 °
  
る
う
と
共
に
 
サ
ク
ッ
と
い
う
乾
い
た
音
が
響
い
て
い
た
 °
そ
し
  
 
溜
め
息
を
吐
き
な
が
ら
 
ツ
ク
ル
ノ
ラ
は
杖
を
振
る
 °
杖
を
振
  
  
 
:
:
:
:
傲
岸
不
遜
で
す
ね
 
  
  
て
 
あ
な
た
の
計
画
は
こ
の
私
が
有
効
活
用
し
て
や
り
ま
し
ょ
う
!
 
  
 
:
:
:
:
あ
な
た
は
死
す
べ
き
で
す
 °
そ
し
て
優
越
感
を
持
っ
  
  
う
な
機
械
達
が
浮
か
び
上
が
っ
て
い
た
 °
  
引
力
の
影
響
に
よ
っ
て
《
背
徳
感
の
ト
コ
ヤ
ミ
》
の
背
後
で
重
そ

   

  
 
こ
っ
 
こ
ん
な
事
は
あ
 
あ
り
え
|
ぬ
:
:
:
:
 
  
  
き
刺
さ
っ
て
い
た
 °
  
 
:
:
:
:
し
か
し
 
そ
ん
な
ツ
ク
ル
ノ
ラ
の
胸
に
ナ
イ
フ
が
突
  
  
を
創
造
し
よ
う
と
す
る
ツ
ク
ル
ノ
ラ
 °
  
 
そ
う
言
っ
て
再
び
 
自
分
を
支
配
し
て
く
れ
る
ア
リ
エ
|
ヌ
様
  
  
|
|
 
  
ン
ト
・
ナ
ッ
ノ
で
は
な
く
 
あ
な
た
の
本
性
な
ん
て
所
詮
は
|
|
  
 
自
ら
の
科
学
の
怖
さ
を
知
っ
て
反
逆
の
道
を
選
ん
だ
エ
|
ジ
ェ
  
ん
よ
 °
  
 
そ
も
そ
も
 
あ
な
た
の
事
は
端
か
ら
信
頼
な
ん
て
し
て
い
ま
せ
  
  
歪
ん
だ
目
的
な
の
だ
か
ら
 °
  
と
い
う
怪
人
に
使
わ
れ
る
事
に
幸
せ
を
感
じ
る
 °
そ
れ
が
彼
女
の
 
  
コ
ラ
・
ツ
ク
ル
ノ
ラ
と
皮
を
被
り
 
自
ら
が
作
っ
た
ア
リ
エ
|
ヌ
  
ク
ロ
・
ノ
ミ
コ
ン
デ
の
今
の
現
状
 °
そ
れ
が
故
に
怪
盗
助
手
の
ニ
  
 
そ
れ
が
支
配
対
象
を
失
っ
て
し
ま
っ
た
 
そ
れ
が
完
璧
皇
帝
ネ
  
 
な
に
も
か
も
退
屈
 °

















   

  
こ
の
身
体
も
満
足
だ
ろ
う
 °
  
ロ
・
ノ
ミ
コ
ン
デ
を
倒
す
 
と
い
う
目
的
は
達
成
で
き
た
ん
だ
 °
  
に
そ
ん
な
の
は
無
意
味
だ
 °
し
か
し
 
当
初
の
 
完
璧
皇
帝
ネ
ク
  
┏┓
も
う
ナ
ッ
ノ
の
 
意
思
も
 
魂
も
 
誇
り
も
な
い
 °
死
ん
だ
者
  
  
な
に
か
 
 °
  
 
ぎ
ゅ
っ
と
 
黒
い
闇
が
出
る
  
の
メ
モ
リ
を
握
り
し
め
る
 
  
  
に
 
┗┛
  
で
も
さ
 
 
ト
コ
ヤ
ミ
ノ
ス
メ
ラ
ギ
メ
モ
リ
は
壊
せ
な
い
 
絶
対
  
よ
 °
こ
の
せ
い
で
 
も
う
ニ
ュ
|
ト
ン
メ
モ
リ
は
使
え
な
い
な
ぁ
 °
  
 
い
や
ぁ
 
確
か
に
メ
モ
リ
が
破
壊
さ
れ
た
時
は
び
っ
く
り
し
た
  
┏┓
ぷ
ぷ
っ
!
 
無
様
 
滑
稽
 
哀
れ
だ
ね
ぇ
|
 °
  
  
  
ナ
ッ
ノ
の
身
体
を
操
る
 
な
に
か
 
は
不
敵
に
笑
み
を
こ
ぼ
す
 °
  
 
|
|
|
|
そ
し
て
 
《
背
徳
感
の
ト
コ
ヤ
ミ
》
:
:
:
:
い
や
 
  
  
 
そ
の
ま
ま
 
ガ
タ
ッ
と
倒
れ
る
ツ
ク
ル
ノ
ラ
 °
  


























   

  
‖
‖
‖
‖
‖
  
  
┏┓
続
く
┗┛
  
  
グ
レ
ム
リ
ン
D
に
そ
の
牙
を
|
|
|
|
  
 
そ
う
言
っ
て
 
 
な
に
か
 
は
必
死
に
な
に
か
を
訴
え
続
け
る
  
  
ぉ
|
 °
さ
て
 
お
前
も
邪
魔
だ
な
┗┛
  
の
計
画
の
最
終
段
階
で
 
超
絶
的
に
有
効
活
用
し
て
や
る
か
ら
よ
  
そ
れ
が
自
然
の
摂
理
さ
!
 
安
心
し
な
 
お
前
の
身
体
は
後
で
俺
  
て
物
は
な
い
ん
だ
よ
ぉ
!
 
そ
れ
を
自
覚
で
き
て
る
も
ん
が
勝
つ
 
  
 
だ
が
な
 
所
詮
は
作
ら
れ
た
存
在
で
あ
る
俺
達
に
 
自
由
な
ん
  
娘
ち
ゃ
ん
よ
ぉ
|
 °
  
在
に
殺
さ
れ
る
事
が
惨
め
で
し
か
な
い
だ
ろ
う
 
名
も
な
き
巨
大
  
┏┓
苦
し
い
だ
ろ
う
?
 
惨
め
だ
ろ
う
?
 
こ
ん
な
に
 
矮
小
な
存
  
  
目
の
前
の
巨
大
娘
が
苦
し
み
始
め
る
 °
  
 
そ
う
言
っ
て
 
 
な
に
か
 
は
怪
し
げ
な
機
械
を
操
作
す
る
と
 
  
  
 
だ
か
ら
 
も
う
こ
の
身
体
は
 
俺
 
の
も
の
だ
┗┛






   

  
メ
ガ
イ
ジ
ン
シ
リ
|
ズ
第
2
1
弾
;
怪
盗
助
手
ニ
コ
ラ
・
ツ
ク
ル
  
  
が
魔
改
造
し
た
凶
悪
な
武
器
で
戦
う
 °
  
間
の
身
体
を
変
質
さ
せ
る
事
が
で
き
 
ま
た
戦
闘
の
際
に
は
自
ら
  
体
に
異
常
な
ま
で
の
嫉
妬
を
持
っ
て
い
る
 °
コ
|
ド
を
用
い
て
人
  
コ
ン
プ
レ
ッ
ク
ス
の
女
子
高
生
で
あ
り
 
そ
れ
が
故
に
人
々
の
身
  
る
幹
部
 °
怪
人
に
な
る
前
は
千
伊
佐
稲
荷
と
い
う
小
柄
な
体
躯
が
  
説
明
;
 
G
T
S
作
戦
 
の
要
の
1
つ
で
あ
る
《
優
越
感
》
を
司
  
に
似
合
わ
な
い
頑
丈
そ
う
な
鋼
鉄
の
腕
を
両
腕
に
着
け
て
い
る
 °
  
女
体
型
 °
そ
首
元
に
翡
翠
色
の
マ
フ
ラ
|
を
巻
き
つ
け
た
 
体
躯
  
に
似
合
わ
な
い
I
カ
ッ
プ
が
パ
ッ
ト
に
し
か
見
え
な
い
よ
う
な
幼
  
外
見
;
か
ら
3
本
の
銀
の
角
を
生
や
し
た
金
髪
の
女
の
子
 °
身
体
  
バ
ス
ト
カ
ッ
プ
;
I
カ
ッ
プ
  
身
長
;
1
1
8
c
m
  
サ
ブ
位
;
プ
レ
イ
ヤ
|
/
楽
し
む
者
  
メ
イ
ン
位
;
メ
カ
ニ
ッ
ク
/
作
る
者
  
偉
人
モ
チ
|
フ
;
チ
ャ
|
ル
ズ
・
ダ
|
ウ
ィ
ン
  
神
話
モ
チ
|
フ
;
ヨ
|
ロ
ッ
パ
系
統
グ
レ
ム
リ
ン
種
  
グ
レ
ム
リ
ン
  
メ
ガ
イ
ジ
ン
シ
リ
|
ズ
第
2
0
弾
;
グ
レ
ム
リ
ン
D
/
優
越
感
の

   

  
  
‖
‖
‖
‖
‖
  
に
死
ん
だ
ア
リ
エ
|
ヌ
様
の
元
に
逝
け
る
こ
と
を
望
ん
で
い
た
 °
  
メ
モ
リ
で
戦
う
も
 
相
手
の
闇
の
力
の
前
に
屈
す
る
 °
最
期
は
先
  
《
背
徳
感
の
ト
コ
ヤ
ミ
》
の
戦
い
に
際
し
て
 
特
性
の
エ
キ
ド
ナ
  
ら
で
生
み
出
す
と
い
う
 
矛
盾
し
た
エ
ラ
|
を
起
こ
し
て
い
た
 °
  
》
と
い
う
生
粋
の
奴
隷
体
質
な
た
め
に
 
自
分
が
仕
え
る
者
を
自
  
才
覚
を
持
つ
が
 
《
誰
か
に
従
属
し
て
な
い
と
生
き
て
い
け
な
い
  
ク
ロ
・
ノ
ミ
コ
ン
デ
 °
1
人
で
宇
宙
法
則
を
変
え
る
ほ
ど
の
力
と
  
正
体
;
そ
の
正
体
は
 
ナ
ッ
ノ
博
士
が
探
し
て
い
た
完
璧
皇
帝
ネ
  
新
た
な
ア
リ
エ
|
ヌ
・
ル
パ
ン
の
作
成
に
取
り
組
む
 °
  
死
ん
で
か
ら
は
最
終
作
戦
で
あ
る
 
G
T
S
作
戦
 
と
並
行
し
て
 
  
作
り
上
げ
る
 
科
学
者
な
一
面
を
持
っ
て
い
た
 °
ア
リ
エ
|
ヌ
が
  
多
く
作
り
上
げ
 
ま
た
戦
闘
の
際
に
は
必
要
な
武
器
を
そ
の
場
で
  
と
し
て
動
い
て
い
た
幹
部
 °
メ
カ
イ
ジ
ン
や
メ
ガ
イ
ジ
ン
な
ど
を
  
説
明
;
怪
盗
助
手
と
し
て
ア
リ
エ
|
ヌ
・
ル
パ
ン
の
右
腕
的
存
在
  
ツ
|
ル
を
手
に
装
着
し
て
い
る
 °
  
能
リ
モ
コ
ン
を
セ
ッ
ト
し
て
お
り
 
ま
た
戦
闘
の
際
に
使
う
万
能
  
外
見
;
黒
縁
眼
鏡
に
白
衣
を
着
た
O
カ
ッ
プ
の
美
女
 °
懐
に
は
万
  
ノ
ラ
/
完
璧
皇
帝
ネ
ク
ロ
・
ノ
ミ
コ
ン
デ










  > ≫