従姉妹との日々

時雨鴇音 作
Copyright 2017 by Tokine Shigure All rights reserved.

『今日これから親戚の子達が来る予定だから』

「……へ?」

夕食時、母親からの電話は突然そんな話で始まった。

『今日来る予定なんだけどその反応だとまだ来てないんでしょ?』

「まだ来てねぇし、と言うかそう言うのはもっと早めに言っとけよ!」

『うん、言ってないって言うか言い忘れてた』

「そんな大事な事、言い忘れんな!」

『はははははー』

「笑って誤魔化すなよ!」

『まぁまぁ、良いじゃない』

「いや良くはねぇだろ……そんで、どんな人が来んの?俺も知ってる人?」

『うん、知ってる知ってるー。と言うか人"達"ね、姉妹だから』

「姉妹?」

『アンタの従姉妹よ、覚えてるでしょ?ハルカちゃんとヒサギちゃん』

「うー……むー……」

『何、覚えてないの?』

「いやだって、親戚とかここ数年全く会ってねぇじゃん。とーちゃんもかーちゃんも泊まり込みばっかで全然家帰って来ねぇし、俺だけだとまず親戚の集まりとかも行かねぇし」

『いやそこはちゃんと顔出すくらいしなさいよ……もう今年で高校生でしょ?』

「去年まで中学生だった息子に無茶言うなよ……ただでさえあんま好んで外出ねぇのに」

『ホント昔からインドアって言うの?ちょっとは外出て元気に遊びなさいよ……』

「あーもううるせぇな!……で、何で来るのかは知らねぇけど言っとくのはそれだけか?」

『そうそう、今日から二人とも住むことになるからよろしく!』

「……はぁ?」

『二人が、家に、住むから!』

「いや聞こえてるよ!……なぁ、今家って俺しか居ねぇわけだけど良いのか?年わかんねぇけど二人とも近いんだろ?」

『ハルカちゃんがアンタと同い年でヒサギちゃんは一つ下ね』

「年近っ!」

『まー、問題ないでしょ?アンタへたれだし』

「いやいやいやいや、問題大アリだろ!?何でそんなの相談もなしに引き受け」

と言った所で呼鈴が鳴った。

「……来たっぽいな」

『ほら、早く出てあげなさいよ』

「……切るなよ?まだ聞きたい事があるからな」

『はいはい』

そんな母親の適当な返事を聞き流しつつ、受話器を置いた俺は玄関へと足早に急いだ。