も
あ
っ
た
 °
  
う
な
夢
で
あ
っ
て
も
現
実
で
似
た
よ
う
な
事
が
起
こ
る
事
が
何
度
  
頃
か
ら
だ
っ
た
か
オ
レ
が
見
る
夢
は
ど
ん
な
に
突
拍
子
も
無
い
よ
  
何
か
言
葉
が
可
笑
し
い
よ
う
な
気
が
し
な
い
で
も
な
い
が
 
い
つ
  
  
だ
が
 
オ
レ
の
正
夢
は
違
っ
た
 °
  
  
な
ら
当
然
 
正
夢
に
な
る
事
は
有
り
得
な
い
 °
  
夢
に
な
る
わ
け
で
:
:
:
:
余
り
に
も
突
拍
子
も
無
い
よ
う
な
夢
  
い
夢
を
見
て
現
実
で
も
そ
れ
と
似
た
よ
う
な
事
が
起
こ
る
か
ら
正
  
だ
か
ら
正
夢
っ
て
の
は
本
来
 
現
実
で
起
き
て
も
可
笑
し
く
は
な
  
  
勿
論
オ
レ
も
 
普
通
の
正
夢
と
言
う
な
ら
そ
ん
な
認
識
だ
 °
  
も
似
た
よ
う
な
事
が
起
こ
る
 
と
言
う
認
識
だ
と
思
う
:
:
:
:
  
正
夢
と
言
う
と
普
通
は
 
夢
で
見
た
事
が
目
覚
め
た
後
の
現
実
で
  
  
 
正
夢
 
  
  
時
雨
鴇
音
 
作
  
夢
現
の
マ
サ
ム
ネ



















≪ <  

  
  
  
と
半
ば
諦
め
て
い
た
:
:
:
:
 °
  
性
能
故
に
ど
ん
な
微
妙
な
夢
で
も
た
ま
に
変
わ
れ
ば
良
い
な
程
度
  
も
決
し
て
自
由
に
は
な
ら
な
い
そ
ん
な
気
ま
ぐ
れ
の
猫
の
よ
う
な
  
そ
し
て
オ
レ
も
こ
の
自
由
に
な
れ
ば
万
能
と
も
言
え
そ
う
で
 
  
  
実
に
な
る
事
は
ま
ず
無
か
っ
た
 °
  
く
な
る
く
ら
い
に
現
実
に
な
っ
て
欲
し
い
と
強
く
望
む
夢
程
 
  
ま
る
で
物
欲
セ
ン
サ
|
で
も
仕
込
ま
れ
て
い
る
の
で
は
と
疑
い
た
  
何
度
か
試
し
て
は
み
て
も
上
手
く
い
っ
た
試
し
は
な
く
:
:
:
:
  
  
ら
だ
 °
  
な
い
:
:
:
:
何
故
な
ら
こ
の
力
は
制
御
す
る
事
が
出
来
な
い
か
  
し
か
し
な
が
ら
残
念
な
事
に
全
て
が
全
て
現
実
に
な
る
わ
け
じ
ゃ
  
  
な
!
  
ほ
と
ん
ど
現
実
を
改
変
す
る
よ
う
な
無
限
の
可
能
性
が
あ
る
か
ら
  
こ
れ
を
オ
レ
は
 
夢
現
 
の
力
と
呼
ん
で
い
る
:
:
:
:
何
せ
 
  


























   

  
  
 
:
:
:
:
は
い
 
  
  
な
!
 
  
 
ち
ょ
っ
と
う
る
さ
い
よ
 
真
宗
!
も
う
ち
ょ
っ
と
静
か
に
起
き
  
  
な
い
:
:
:
:
そ
こ
で
部
屋
の
襖
が
勢
い
よ
く
開
き
 °
  
そ
れ
は
も
う
 
余
り
に
無
情
な
目
覚
め
だ
っ
た
事
は
言
う
ま
で
も
  
  
め
そ
う
な
所
で
目
覚
め
る
ん
だ
チ
ク
シ
ョ
ウ
ゥ
ゥ
ゥ
!
 
  
よ
!
し
か
も
 
何
で
も
う
少
し
で
あ
ん
な
デ
ケ
ェ
お
っ
ぱ
い
を
揉
  
の
彼
女
に
な
っ
て
く
れ
る
オ
レ
得
過
ぎ
る
夢
と
か
諦
め
切
れ
ね
ェ
  
た
貴
嶺
さ
ん
が
め
ち
ゃ
く
ち
ゃ
デ
カ
イ
お
っ
ぱ
い
に
な
っ
て
オ
レ
  
 
だ
っ
て
よ
う
 
ク
ラ
ス
で
一
番
可
愛
く
て
話
し
た
事
も
無
か
っ
  
  
な
切
実
な
思
い
で
思
わ
ず
叫
ん
で
し
ま
う
 °
  
平
日
の
朝
 
目
が
覚
め
て
飛
び
起
き
た
オ
レ
は
開
口
一
番
に
そ
ん
  
  
 
で
も
 
で
も
だ
ッ
!
流
石
に
こ
れ
は
諦
め
切
れ
ね
ぇ
だ
ろ
ォ
!
 
  


























   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
そ
ん
な
朝
の
一
幕
だ
っ
た
 °















  > ≫