い
よ
?
 
  
 
私
は
も
う
出
る
け
ど
 
食
べ
終
え
た
ら
ち
ゃ
ん
と
片
付
け
な
さ
  
  
か
な
ら
な
い
か
ら
だ
 °
  
文
句
を
引
っ
込
め
る
:
:
:
:
言
い
返
し
て
も
ど
う
せ
面
倒
に
し
  
な
ら
食
べ
て
る
最
中
に
話
し
か
け
ん
な
よ
 
と
出
そ
う
に
な
っ
た
  
  
 
よ
ろ
し
い
 
  
  
 
:
:
:
:
は
い
 
  
  
 
口
に
物
が
あ
る
時
に
喋
ら
な
い
!
 
  
  
 
ふ
ぁ
い
 
  
  
ら
ね
 
  
 
早
く
食
べ
ち
ゃ
い
な
 
た
だ
で
さ
え
朝
は
時
間
が
な
い
ん
だ
か
  
  
時
雨
鴇
音
 
作
  
夢
現
の
マ
サ
ム
ネ



















≪ <  

  
 
あ
|
 
ホ
ン
ト
良
い
夢
だ
っ
た
な
ァ
:
:
:
:
あ
れ
が
マ
ジ
で
  
  
改
め
て
今
朝
の
夢
を
思
い
出
し
た
 °
  
も
う
こ
こ
に
は
居
な
い
相
手
に
心
の
中
で
文
句
を
言
い
な
が
ら
 
  
  
:
:
:
だ
か
ら
彼
氏
と
か
出
来
ね
ェ
ん
だ
よ
∨
  
∧
顔
も
ス
タ
イ
ル
も
わ
り
と
良
い
の
に
口
う
る
さ
過
ぎ
て
な
ァ
:
  
  
ら
 °
  
そ
の
ま
ま
玄
関
の
引
戸
を
開
け
て
出
て
く
2
つ
上
の
姉
を
見
な
が
  
  
 
だ
か
ら
口
に
!
:
:
:
:
も
う
っ
 
  
  
 
い
っ
へ
ら
っ
は
|
い
 
  
  
 
じ
ゃ
あ
い
っ
て
き
ま
す
 
  
  
送
る
 °
  
そ
ん
な
言
葉
に
今
度
は
首
肯
で
応
え
 
玄
関
へ
と
向
か
う
姉
を
見
  


























   

  
お
っ
ぱ
い
が
め
ち
ゃ
く
ち
ゃ
デ
カ
く
な
れ
ば
最
高
だ
ろ
?
オ
レ
も
  
ゃ
な
か
っ
た
極
小
級
だ
っ
た
:
:
:
:
で
も
物
凄
く
可
愛
い
上
に
  
ち
な
み
に
残
念
な
事
に
貴
嶺
さ
ん
の
元
々
の
サ
イ
ズ
は
極
上
 
  
  
す
り
ゃ
こ
れ
か
ら
毎
日
の
目
の
保
養
に
な
る
し
よ
ォ
∨
  
ズ
に
な
る
の
だ
け
で
も
現
実
に
な
ら
ね
ェ
か
な
ァ
:
:
:
:
そ
う
  
∧
せ
め
て
一
部
分
だ
け
 
貴
嶺
さ
ん
の
お
っ
ぱ
い
が
超
弩
級
サ
イ
  
  
た
 °
  
も
 
元
々
制
御
出
来
る
わ
け
で
も
無
い
の
で
考
え
て
も
無
駄
だ
っ
  
食
べ
終
え
た
食
器
を
片
付
け
な
が
ら
一
応
の
対
策
を
考
え
て
み
る
  
  
惜
し
い
夢
な
ん
だ
よ
な
ァ
∨
  
か
っ
て
ん
だ
ろ
っ
て
:
:
:
:
で
も
な
ァ
 
諦
め
る
に
は
ホ
ン
ト
  
率
は
上
が
る
か
?
い
や
い
や
 
そ
ん
な
の
関
係
ね
ェ
の
は
も
う
わ
  
∧
と
り
あ
え
ず
 
な
る
べ
く
意
識
し
な
い
よ
う
に
す
れ
ば
多
少
確
  
  
言
っ
て
み
て
微
妙
に
虚
し
く
な
る
 °
  
  
正
夢
に
な
れ
ば
最
高
な
の
に
な
ァ
 












   

  
 
お
は
よ
|
 
  
  
何
て
考
え
て
い
た
ら
 °
  
  
つ
い
て
る
?
∨
  
∧
大
丈
夫
 
落
ち
着
い
て
る
 
オ
チ
ツ
イ
テ
ル
:
:
:
:
オ
チ
 
  
  
机
の
木
目
を
見
な
が
ら
一
度
息
を
吐
い
た
 °
  
  
に
夢
現
の
力
が
ち
ゃ
ん
と
発
動
し
た
か
が
わ
か
る
:
:
:
:
!
∨
  
の
勝
負
か
は
オ
レ
に
も
わ
か
ら
ん
が
 
そ
の
姿
を
確
認
に
し
た
時
  
∧
:
:
:
:
貴
嶺
さ
ん
が
教
室
に
入
っ
て
来
た
時
が
勝
負
だ
 °
  
  
の
席
へ
と
座
り
机
に
顔
を
伏
せ
た
 °
  
る
よ
う
な
親
し
い
ク
ラ
ス
メ
イ
ト
も
居
な
い
の
で
そ
の
ま
ま
自
分
  
そ
ん
な
こ
ん
な
で
教
室
へ
と
辿
り
着
い
た
オ
レ
は
特
に
挨
拶
を
す
  
  
  
  
そ
う
思
う
 °





















   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
貴
嶺
さ
ん
の
声
が
聞
こ
え
た
 °
  
  
∧
:
:
:
:
来
た
!
∨
  


























  > ≫