こ
こ
の
従
業
員
だ
ろ
う
 °
青
い
髪
の
元
気
そ
う
な
子
 °
優
弥
 
  
 
  
 
あ
・
・
・
は
い
!
是
非
・
・
・
!
 
  
で
タ
ダ
で
す
よ
|
?
 
  
か
き
な
ん
て
サ
|
ビ
ス
あ
り
ま
す
け
ど
?
今
な
ら
新
装
開
店
祝
い
  
 
は
|
い
!
1
名
様
 
星
の
間
入
り
ま
|
す
!
あ
と
湯
上
り
の
耳
  
 
  
 
  
 
  
今
日
は
彼
に
見
つ
か
ら
な
い
よ
う
に
こ
っ
そ
り
来
た
の
だ
 °
  
で
も
そ
れ
は
秘
密
に
し
て
い
る
 °
  
な
い
 °
  
実
は
少
し
私
は
彼
に
幼
馴
染
を
超
え
た
気
持
ち
が
あ
る
か
も
し
れ
  
で
あ
り
幼
馴
染
 °
  
私
は
相
沢
ゆ
か
り
 °
こ
こ
で
働
く
吉
田
優
弥
と
は
ク
ラ
ス
メ
|
ト
  
 
  
 
来
ち
ゃ
っ
た
・
・
・
 °
こ
こ
が
優
弥
の
働
い
て
い
る
・
・
・
 
  
  
t
t
n
 
作
  
大
宇
宙
温
泉
物
語



















≪ <  

  
民
族
を
名
乗
っ
て
い
る
 °
  
よ
く
小
さ
い
小
さ
い
と
い
わ
れ
る
我
が
種
族
だ
が
こ
れ
で
も
戦
闘
  
俺
は
レ
イ
 °
こ
こ
の
従
業
員
の
一
人
 °
  
 
  
な
す
さ
 
  
 
何
度
も
言
わ
せ
る
な
ツ
グ
ミ
 °
何
時
だ
っ
て
完
璧
に
仕
事
は
こ
  
 
ん
じ
ゃ
レ
イ
さ
ん
 
い
つ
も
の
頑
張
っ
て
く
だ
さ
い
ね
|
 
  
 
  
 
  
 
  
途
端
倒
れ
て
し
ま
っ
た
 °
  
部
屋
に
付
い
た
頃
に
は
も
う
ク
ラ
ク
ラ
で
指
定
の
場
所
に
付
い
た
  
フ
ラ
 °
  
湯
上
り
の
耳
か
き
を
行
う
と
い
う
部
屋
へ
行
く
 °
足
取
り
は
フ
ラ
  
 
は
ぁ
|
 °
結
構
の
ぼ
せ
ち
ゃ
っ
た
・
・
・
あ
と
は
・
・
・
 
  
 
  
・
・
  
ち
ょ
う
ど
良
い
暖
か
さ
 °
な
ん
だ
か
ボ
|
っ
と
し
て
き
た
か
も
・
  
案
内
さ
れ
た
場
所
へ
行
き
 
私
は
服
を
脱
い
で
湯
に
浸
か
る
 °
  
な
こ
と
考
え
な
い
と
良
い
け
ど
・
・
・
 










   

  
今
回
の
客
は
ま
だ
1
0
代
と
見
え
る
 °
1
6
0
セ
ン
チ
も
無
い
だ
  
い
 °
  
地
球
人
は
ど
ん
な
に
大
き
く
と
も
3
メ
|
ト
ル
は
い
か
な
い
ら
し
  
 
  
っ
て
い
る
の
か
 °
な
ら
楽
だ
 °
早
く
済
ま
せ
る
か
 
  
 
今
日
は
地
球
人
だ
っ
た
な
 °
楽
に
行
き
そ
う
だ
・
・
・
ん
?
眠
  
 
  
|
ビ
ス
を
し
て
い
る
 °
  
昔
の
腕
は
衰
え
て
は
い
な
い
 °
ど
ん
な
巨
人
だ
ろ
う
と
完
璧
な
サ
  
退
役
後
は
色
々
あ
っ
て
 
こ
の
温
泉
の
従
業
員
と
し
て
今
に
至
る
 °
  
 
  
小
さ
く
と
も
そ
の
名
は
知
れ
渡
っ
た
も
の
だ
 °
  
そ
し
て
動
揺
し
た
と
こ
ろ
を
 
さ
ら
に
乳
首
へ
と
も
う
一
撃
 °
  
を
悶
え
さ
せ
る
 °
  
す
る
と
敵
は
 
乳
首
に
感
じ
た
激
し
さ
に
対
し
て
 
思
わ
ず
全
身
  
起
の
部
分
を
全
力
で
刺
激
し
て
や
る
 °
  
そ
の
ま
ま
腹
 
胸
へ
と
上
っ
て
い
き
 
最
後
に
は
敏
感
な
胸
の
突
  
仲
間
達
が
振
り
落
と
さ
れ
た
が
俺
は
負
け
ん
 °
  
山
よ
り
も
大
き
な
敵
へ
走
っ
て
い
く
 
足
に
し
が
み
つ
く
 °
  
 

























   

  
 
ひ
ゃ
ん
っ
っ
っ
!
!
 
  
 
  
途
中
 
洞
窟
の
壁
を
手
で
触
っ
た
 °
す
る
と
  
の
仲
を
掃
除
し
つ
つ
奥
へ
行
く
 °
  
そ
し
て
背
負
っ
て
い
た
掃
除
機
の
よ
う
な
機
械
を
使
い
な
が
ら
耳
  
真
っ
暗
な
洞
窟
の
内
部
を
明
か
り
で
照
ら
す
 °
  
 
  
て
い
っ
た
 °
  
に
 
動
い
て
い
る
少
女
の
体
が
生
み
出
し
た
暗
い
洞
窟
へ
と
入
っ
  
専
用
の
機
械
を
持
っ
た
俺
は
 
そ
の
様
子
を
見
つ
め
な
が
ら
静
か
  
何
度
も
上
下
し
て
い
る
 °
  
サ
イ
ズ
で
あ
り
 
そ
れ
が
呼
吸
に
合
わ
せ
て
天
変
地
異
の
よ
う
に
  
大
き
め
の
胸
は
小
人
の
俺
か
ら
見
れ
ば
 
文
字
通
り
山
の
よ
う
な
  
ま
る
で
大
嵐
で
も
来
る
の
か
と
思
う
ほ
ど
だ
 °
  
ス
|
ス
|
と
い
う
可
愛
ら
し
い
寝
息
も
俺
に
は
ゴ
ォ
|
ゴ
ォ
|
と
  
 
  
天
を
突
く
ほ
ど
大
き
な
怪
獣
の
よ
う
で
あ
る
 °
  
れ
な
い
よ
う
な
  
だ
が
俺
か
ら
見
れ
ば
 
そ
こ
に
い
る
少
女
は
映
画
な
ど
で
し
か
見
  
ろ
う
 °























   

  
 
  
な
ん
だ
コ
イ
ツ
は
 °
  
洞
窟
内
部
ま
で
激
し
く
揺
れ
て
し
ま
っ
て
掃
除
に
な
ら
な
い
 °
  
 
あ
ん
っ
っ
!
 
 
は
ぁ
ん
!
 
 
い
や
ぁ
ん
っ
!
 
と
声
が
し
  
 
  
俺
が
洞
窟
内
の
壁
を
踏
ん
だ
り
触
っ
た
り
す
る
た
び
に
  
だ
が
そ
の
後
も
掃
除
は
な
か
な
か
は
か
ど
ら
な
い
 °
  
め
た
 °
  
彼
女
は
そ
う
言
う
と
体
を
ま
た
戻
す
 °
洞
窟
内
の
傾
き
も
戻
り
始
  
 
  
 
え
ぇ
っ
!
?
あ
・
・
・
す
い
ま
せ
ん
っ
!
今
戻
り
ま
す
か
ら
!
 
  
 
今
あ
ん
た
の
耳
の
中
だ
!
耳
掃
除
の
真
っ
最
中
だ
!
 
  
 
へ
っ
・
・
・
?
何
か
の
・
・
・
声
?
 
  
 
立
ち
上
が
る
の
を
や
め
ろ
!
も
う
一
度
仰
向
け
に
な
れ
!
 
  
 
  
危
険
を
察
し
た
俺
は
耳
の
奥
へ
向
け
て
大
声
を
出
す
 °
  
ま
さ
か
・
・
・
立
ち
上
が
る
の
か
!
?
  
め
る
 °
  
巨
大
な
声
が
し
た
こ
と
思
う
と
ズ
ズ
ズ
・
・
・
と
洞
窟
が
傾
き
始
  
 

























   

  
 
う
る
さ
い
 
こ
れ
く
ら
い
で
手
こ
ず
っ
た
と
は
言
わ
ん
 °
だ
が
  
時
間
も
せ
ず
に
終
わ
る
の
に
|
?
 
  
 
今
日
は
何
か
手
こ
ず
っ
て
ま
せ
ん
で
し
た
|
?
い
つ
も
な
ら
一
  
 
  
全
て
が
終
わ
っ
た
あ
と
ツ
グ
ミ
に
言
わ
れ
て
し
ま
う
 °
  
 
  
は
プ
ロ
だ
か
ら
な
 °
  
だ
が
彼
女
は
客
だ
し
一
応
す
べ
て
そ
の
通
り
に
し
て
や
っ
た
 °
  
れ
て
喜
ぶ
始
末
 °
  
な
ど
と
自
分
の
感
じ
る
部
分
を
刺
激
し
て
く
れ
と
頼
み
 
刺
激
さ
  
っ
!
!
 
  
 
も
っ
と
右
を
 
あ
っ
っ
・
・
・
は
あ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ん
  
 
  
最
後
の
ほ
う
に
至
っ
て
は
  
そ
の
数
時
間
後
 
何
と
か
両
耳
の
掃
除
が
終
わ
っ
た
 °
  
 
  
ぁ
っ
・
・
・
 
  
 
ハ
イ
ぃ
・
・
・
な
ん
か
耳
が
感
じ
る
み
た
い
で
ぇ
・
・
・
あ
ぁ
  
 
耳
の
中
を
触
ら
れ
る
の
が
?
 
  
 
す
・
・
・
す
い
ま
せ
ぇ
ん
・
・
・
気
持
ち
よ
く
て
ぇ
・
・
・
 

   

  
色
ん
な
と
こ
ろ
も
・
・
・
  
な
ん
て
気
持
ち
が
良
い
ん
だ
ろ
う
・
・
・
今
度
は
ぜ
ひ
 
も
っ
と
  
ら
れ
た
り
・
・
・
  
小
指
ほ
ど
の
小
さ
な
人
に
 
体
中
を
好
き
勝
手
触
ら
れ
た
り
い
じ
  
 
  
ぐ
に
ゅ
ん
ぐ
に
ゅ
ん
 
と
胸
を
変
形
さ
せ
な
が
ら
揉
ん
で
い
く
私
 °
  
に
合
わ
せ
て
  
体
の
中
に
い
る
彼
が
生
み
出
す
 
何
と
も
言
え
な
い
気
持
ち
良
さ
  
け
て
い
た
 °
  
最
終
的
に
自
分
で
自
分
の
胸
を
 
何
度
も
何
度
も
激
し
く
揉
み
続
  
っ
た
私
は
  
小
さ
な
彼
に
耳
を
刺
激
さ
れ
る
こ
と
で
 
ド
ン
ド
ン
興
奮
し
て
い
  
 
  
い
た
 °
  
そ
の
帰
り
道
の
最
中
 
私
は
さ
っ
き
ま
で
の
体
験
を
思
い
返
し
て
  
そ
の
後
 
服
を
着
替
え
た
私
は
 
家
に
帰
り
始
め
る
 °
  
 
  
 
  
 
  
や
り
に
く
い
客
だ
っ
た
事
は
間
違
い
な
い
が
な
・
・
・
 




   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
・
  
気
付
け
ば
私
は
す
っ
か
り
彼
の
虜
に
な
っ
て
い
た
の
だ
っ
た
・
・
  
 

























  > ≫