大宇宙温泉物語

ttn 作
Copyright 2014 by ttn All rights reserved.

「会計担当のノヤに実際会ってみたいんですけど」

そう貴子さんに尋ねてみた俺。するとまさかの答え。

「会わせても良いけど、直接面と向かって会話とか無理よ?」
「会話が・・・無理って・・・?」
「ギガラ星人なんだよ?デカすぎて訳分かんないはずよ、会っても」
「と言いますと・・・?」
「あのねぇ・・・あんた微生物とかミジンコとかハッキリ見えるの?」
「いや顕微鏡でもなきゃ・・・って・・・なるほど」
「そういう事。モニター越しで初めて会話できるってわけ」

だがやっぱり会いたい。もう直接会ってない従業員は彼女だけなのだ。
そう思ってると、俺は厨房にいたドムさんからこんな話を聞けた。

「週末にこの場所に行くと良いっス。ノヤの奴、巨体を生かしたバイトをしてるとか聞いたっスから・・・」

ドムさんから地図をもらい指定された場所へ。
俺は、船で向かっていたのだが・・・



海のど真ん中に浮かぶ二つの島。そこには大勢の人が集まっていた。
小さな宇宙人、大きな宇宙人。地球人もすこしはいるようだった。
俺はノヤを探す。だが、こう人が多いと探すのも大変だ。
俺は必死に走り回った。すると目の前には壁が。

「あれ・・・?これって浴室の壁じゃなくて・・・確か・・・」

思い出すと同時にその壁も動いた。そうだ・・・これは・・・!

「あああっっ!絵草の間のお客さんでしょ!?」
「はい・・・あなたとは、胸の谷間でお話をした仲ですわ・・・」
「いや、その事は忘れてください・・・」

絵草の間のお客さん、忘れもしない・・・
全身を洗うサービスをしたがあの時はハプニングの連続で大変だった・・・

「お久しぶりです・・・何故温泉の就業員の方がここへ・・・?」
「いやぁ・・・知り合いがバイトしてるらしくて会いに来たんですが、どうも探せなくて」
「あらあら。では私とまたお話をしませんか?出来ればまたあなた様にこの体を・・・」
「ここで言わないで下さい!また温泉で会いましょうっっ!」

半ば、逃げるように走り去る。
しかし・・・ノヤの奴・・・一体この島で何のバイトをしてるんだ・・・?



結局、島全体を探したがノヤには会えず。
何でもあの島では秘密のパーティが開かれていたらしい。
そのパーティに招待されたのは広い宇宙でも、極僅かなトップクラスの大富豪だとか。
あの絵草の間のお客・・・また来るだろうなぁ・・・



「ドムさん!地図の場所まで行きましたがノヤいませんでしたよ!」
「えええっ!?おかしいっスねぇ・・・裏情報に詳しい知り合いから聞いたから、確かなんスが・・・」
「どちらの島も物凄い広かったけど、全部見て回りましたよ?」
「なるほ・・・え?今何て・・・?」
「ホントにあの島でバイトをしてたんですか!?」
「し・・・島?あの地図のポイントは海のど真ん中。陸地なんてあるわけないっスよ?」
「は・・・はい!?」
「俺も気になったんスよ。何にも無い海のど真ん中で、どんなバイトをするのか」
「でも確かに・・・あのパーティは海に浮かぶ大きな島で・・・」

ドムさんは「また何か分かったら教えるっス」と言い残し仕事に戻った。
分からない、夢でも見てたのか・・・?



その後、ノヤにモニターで聞いてみる。

「あのさぁ・・・ノヤ。先週の週末、何してた・・・?」
「え、先週の週末ですか?確か、バイトしてましたけど」
「どこでっ!?大海原に浮かぶ大きな島のどこ!?」
「・・・・・???浜辺で長時間、裸で寝てるだけの仕事でしたけど。簡単でしかも高収入で」
「へ?あの島の浜辺は全部調べたけど誰も寝てなんか・・・」
「そういえば、体を軽く海に沈ませた状態で、胸だけを海上に大きく突き出しておけっていう、変な条件が付いてましたね」
「・・・・・・・・・・いや、それは無いな」
「???大丈夫ですか、優弥さん?」
「いや何でも無い、変なこと聞いてごめん」

一つだけ想像出来た。ノヤがどこにいたか辻褄がこれで合う。
そう・・・あのパーティが行われた島、秘密裏に行うためにあえてあんな場所で。
パーティの日だけ現れ、すぐ消えたあの大きな島。そしてその日に海に体を沈ませて、寝いてたノヤ。
もう考えられる事は一つだ。

彼女の胸は大きい。モニター越しだが一度だけ見たことがある。
そしてあの島の形・・・二つの島がすぐ隣同士にあった。
あの二つの島はきっと、ノヤの両胸だったんだ。
土や砂をまいて、足元の肌の色を隠してはいたが間違いない。
土地に困った人々は、巨人の体を一時的に借りて
その両胸の上でパーティをしていたのだろう。

だとしたら彼女、ノヤはどれだけ大きいんだ?
俺が大きな島と思っていたのは彼女の胸の片方の
それも一部が水面に出てるだけ。
なのに絵草の間に来るようなお客が何千人と・・・

「優弥さんも仕事頑張って下さい。応援してますから」

モニター越しにとぼけた笑顔を見せるノヤ。
俺は彼女の真実にまだ少ししかたどり着けていないのだろうか・・・?