事
な
ん
だ
け
ど
 
そ
れ
で
ポ
イ
捨
て
さ
せ
る
ゴ
ミ
ま
で
増
え
ち
ゃ
  
 
:
:
:
:
そ
う
ね
 °
登
り
に
来
る
人
が
増
え
た
の
は
う
れ
し
い
  
 
じ
ゃ
あ
 
今
日
は
頂
上
辺
り
の
掃
除
を
す
る
か
ら
 
  
 
  
い
つ
も
仕
事
を
こ
な
し
て
い
る
 °
  
山
登
り
に
よ
っ
て
体
力
も
付
き
 
今
で
は
立
派
な
清
掃
員
と
し
て
  
ど
こ
ろ
で
は
な
か
っ
た
俺
だ
が
  
初
め
の
頃
は
山
に
登
っ
て
い
く
だ
け
で
疲
労
し
て
し
ま
い
 
清
掃
  
そ
の
山
の
清
掃
を
す
る
の
が
俺
の
仕
事
で
あ
る
 °
  
日
本
一
高
い
山
 
富
士
山
 °
  
 
  
 
  
 
  
あ
の
建
物
が
 
あ
の
乗
り
物
が
 
あ
の
自
然
が
・
・
・
  
も
し
も
巨
大
な
女
の
子
だ
っ
た
ら
・
・
・
  
日
常
に
あ
る
あ
ら
ゆ
る
も
の
が
  
  
t
t
n
 
作
  
富
士
山
が
巨
大
な
女
の
子
だ
っ
た
ら
  
も
し
も
・
・
・
が
巨
大
な
女
の
子
だ
っ
た
ら
 
第
2
話
 
も
し
も

≪ <  

  
 
分
か
っ
て
る
わ
よ
 
そ
れ
ぐ
ら
い
:
:
:
:
私
だ
っ
て
も
う
 
  
で
動
い
た
り
 
体
を
揺
ら
し
た
り
し
な
い
で
く
れ
よ
?
 
  
 
:
:
:
:
よ
し
 
じ
ゃ
あ
今
か
ら
登
っ
て
い
く
か
ら
な
 °
途
中
  
 
  
何
と
か
俺
は
無
事
に
 
富
士
山
の
麓
へ
と
辿
り
着
く
事
が
で
き
た
 °
  
腰
の
部
分
を
登
っ
て
い
き
  
そ
し
て
専
用
の
器
具
を
使
っ
て
 
仰
向
け
に
な
っ
て
い
る
少
女
の
  
目
の
前
に
い
る
超
巨
大
な
少
女
の
方
へ
と
歩
み
を
進
め
て
い
く
 °
  
い
か
が
わ
し
い
考
え
を
 
頭
の
中
か
ら
振
り
払
っ
た
俺
は
早
速
 
  
 
  
違
い
な
く
富
士
山
と
呼
ば
れ
る
大
山
な
の
で
あ
る
 °
  
巨
大
な
少
女
の
お
っ
ぱ
い
に
し
か
見
え
な
い
が
 
こ
れ
こ
そ
が
間
  
だ
が
 
こ
れ
こ
そ
が
日
本
が
誇
る
富
士
山
そ
の
も
の
の
姿
な
の
だ
 °
  
 
  
少
女
の
姿
し
か
見
え
な
い
 °
  
胸
の
二
つ
の
膨
ら
み
を
露
出
さ
せ
て
い
る
 
ス
タ
イ
ル
の
良
い
美
  
だ
が
俺
の
眼
前
に
は
 
ど
う
見
て
も
仰
向
け
の
姿
勢
に
な
っ
て
  
今
 
目
の
前
に
見
え
る
も
の
 °
そ
れ
は
富
士
山
 °
  
 
  
っ
て
:
:
:
:
ホ
ン
ト
 
困
っ
て
た
と
こ
ろ
な
の
よ
 





   

  
 
だ
っ
て
:
:
:
:
あ
ん
た
が
何
度
も
何
度
も
 
強
く
地
面
を
踏
  
 
お
い
お
い
 
体
を
揺
ら
す
な
っ
て
さ
っ
き
言
っ
た
だ
ろ
?
 
  
 
  
こ
の
山
を
登
っ
て
い
く
の
は
本
当
に
大
変
で
あ
る
 °
  
山
全
体
に
お
き
る
た
め
  
し
か
も
時
折
 
ま
る
で
噴
火
で
も
起
き
た
よ
う
な
激
し
い
揺
れ
が
  
 
  
そ
の
疲
労
感
は
 
通
常
の
地
面
よ
り
も
ず
っ
と
上
だ
 °
  
ま
っ
て
し
ま
わ
な
い
よ
う
に
し
つ
つ
歩
か
な
い
と
い
け
な
い
の
で
  
実
際
に
は
そ
の
逆
で
あ
り
 
む
し
ろ
肉
感
的
な
地
面
に
足
が
う
ず
  
ね
る
よ
う
に
楽
し
て
登
れ
そ
う
に
見
え
る
が
  
む
に
ゅ
ん
む
に
ゅ
ん
 
と
柔
ら
か
い
地
面
な
の
で
一
見
す
る
と
跳
  
て
い
る
肌
色
の
広
大
な
山
道
が
見
え
る
 °
  
ふ
と
上
を
見
上
げ
る
と
 
雲
よ
り
も
更
に
高
い
と
こ
ろ
ま
で
続
い
  
 
  
肌
色
の
山
を
ド
ン
ド
ン
歩
い
て
い
く
 °
  
足
元
を
何
度
も
踏
み
し
め
て
転
ば
な
い
よ
う
に
確
認
し
な
が
ら
 
  
少
女
に
一
声
か
け
た
俺
は
 
す
ぐ
さ
ま
清
掃
作
業
に
取
り
掛
か
る
 °
  
 
  
何
度
も
や
っ
て
も
ら
っ
て
る
ん
だ
か
ら
 










   

  
密
着
し
続
け
て
い
た
た
め
か
  
そ
ん
な
状
態
で
地
面
に
 
力
強
く
体
を
押
し
付
け
る
よ
う
に
し
て
  
て
い
る
と
い
う
状
態
に
な
っ
て
い
た
 °
  
も
は
や
歩
い
て
い
る
と
い
う
よ
り
は
 
両
手
両
足
で
這
っ
て
登
っ
  
き
  
頂
上
近
く
ま
で
来
た
頃
に
は
 
揺
れ
は
更
に
激
し
さ
を
増
し
て
い
  
 
  
ら
に
上
を
目
指
し
て
登
っ
て
い
く
 °
  
そ
ん
な
彼
女
の
発
言
を
聞
い
た
俺
は
 
た
め
息
を
つ
き
な
が
ら
さ
  
女
 °
  
顔
を
真
っ
赤
に
し
な
が
ら
 
恥
ず
か
し
そ
う
に
そ
う
弁
解
す
る
少
  
 
  
に
か
く
よ
く
分
か
ら
な
い
け
ど
 
  
が
登
る
と
敏
感
す
ぎ
る
く
ら
い
に
感
じ
ち
ゃ
う
の
よ
:
:
:
:
と
  
 
し
 
知
ら
な
い
わ
よ
 
私
だ
っ
て
ぇ
!
 
で
も
何
か
 
あ
ん
た
  
し
て
く
る
ん
だ
よ
?
 
  
じ
ゃ
な
い
か
 °
何
で
俺
が
登
る
時
だ
け
 
こ
ん
な
に
も
体
を
揺
ら
  
 
で
も
普
段
は
別
に
 
体
を
揺
ら
す
こ
と
も
な
く
平
然
と
し
て
る
  
:
:
 
  
み
し
め
る
も
ん
だ
か
ら
 
少
し
感
じ
て
き
ち
ゃ
っ
て
 
そ
の
:
:

   

  
た
時
は
本
当
に
大
変
だ
っ
た
 °
  
途
中
 
ゴ
ミ
を
回
収
し
よ
う
と
し
て
乳
首
付
近
に
触
れ
て
し
ま
っ
  
 
  
頂
上
付
近
に
あ
っ
た
多
く
の
ご
み
を
回
収
し
始
め
る
 °
  
そ
ん
な
大
変
な
状
の
中
 
何
と
か
山
を
登
り
切
っ
た
俺
は
  
 
  
:
:
:
!
 
  
 
あ
あ
ぁ
ぁ
ぁ
:
:
:
:
そ
ん
な
力
強
く
捕
ま
れ
た
ら
も
う
っ
:
  
よ
ぉ
っ
!
 
  
 
ど
う
し
よ
う
も
な
い
っ
て
:
:
:
:
何
と
か
 
ど
う
に
か
し
ろ
  
 
  
は
揺
れ
続
け
る
 °
  
か
な
り
色
っ
ぽ
い
声
を
出
し
な
が
ら
 
少
女
の
体
と
共
に
富
士
山
  
 
  
い
の
よ
ぉ
:
:
:
:
 
  
 
で
っ
 
で
も
ぉ
:
:
:
:
自
分
で
も
 
も
う
ど
う
し
よ
う
も
な
  
ぞ
!
 
  
 
い
い
加
減
に
し
ろ
よ
っ
!
 
こ
れ
じ
ゃ
登
る
ど
こ
ろ
じ
ゃ
な
い
  
 
  
揺
れ
は
更
に
大
き
く
 
何
度
も
起
こ
る
よ
う
に
な
っ
て
い
た
 °


   

  
く
ら
い
だ
 
  
事
に
怪
我
も
せ
ず
に
生
き
て
い
ら
れ
る
の
が
 
い
つ
も
不
思
議
な
  
 
ふ
う
ぅ
:
:
:
:
相
変
わ
ら
ず
 
今
回
も
大
変
だ
っ
た
な
 °
  
 
  
に
取
り
掛
か
る
 °
  
だ
が
そ
ん
な
清
掃
を
何
と
か
終
え
た
俺
は
 
す
ぐ
に
下
山
の
準
備
  
 
  
あ
の
時
は
本
当
に
大
変
で
あ
っ
た
 °
  
て
い
た
た
め
  
し
か
も
揺
れ
も
継
続
的
に
 
び
く
ん
び
く
く
ん
 
と
何
度
も
起
き
  
な
く
あ
っ
た
は
ず
だ
ろ
う
 °
  
高
層
ビ
ル
が
 
超
高
層
ビ
ル
に
な
っ
た
ぐ
ら
い
の
変
化
は
間
違
い
  
分
か
っ
た
 °
  
明
ら
か
に
先
ほ
ど
よ
り
も
 
乳
首
が
巨
大
化
し
て
い
る
の
が
よ
く
  
し
か
も
 
そ
の
後
に
再
び
乳
首
付
近
に
目
を
や
る
と
  
 
  
っ
た
の
で
あ
る
 °
  
俺
は
危
う
く
 
そ
の
ま
ま
ど
こ
か
へ
吹
き
飛
ば
さ
れ
る
と
こ
ろ
だ
  
山
全
体
を
襲
い
  
ま
る
で
天
変
地
異
で
も
起
き
た
よ
う
な
 
と
て
つ
も
な
い
揺
れ
が

   

  
て
い
く
 °
  
し
か
し
俺
は
 
そ
ん
な
状
況
下
で
も
明
る
い
顔
を
し
て
山
を
下
り
  
 
  
山
が
二
つ
 
連
な
る
よ
う
に
し
て
並
ん
で
い
る
の
だ
 °
  
お
っ
ぱ
い
が
二
つ
あ
る
よ
う
に
 
富
士
山
も
ま
た
同
じ
サ
イ
ズ
の
  
驚
く
べ
き
事
に
 
富
士
山
は
な
ん
と
双
子
山
な
の
で
あ
る
 °
  
だ
が
実
は
 
俺
の
仕
事
は
こ
れ
で
終
わ
り
で
は
な
い
 °
  
 
  
登
っ
て
き
た
山
を
下
り
て
い
く
 °
  
そ
れ
に
気
づ
か
な
い
ふ
り
を
し
つ
つ
 
俺
は
先
ほ
ど
ま
で
延
々
と
  
の
り
と
赤
み
を
帯
び
た
よ
う
な
気
が
し
た
 °
  
俺
が
そ
う
呟
く
と
 
踏
み
し
め
て
い
た
地
面
が
少
し
だ
け
 
ほ
ん
  
 
  
ら
さ
 
  
 
:
:
:
:
好
き
だ
か
ら
こ
そ
 
こ
の
仕
事
を
や
っ
て
る
ん
だ
か
  
 
そ
れ
に
?
 
  
な
ん
だ
し
 
そ
れ
に
:
:
:
:
 
  
 
な
に
 
良
い
っ
て
別
に
 °
気
に
す
る
な
よ
 °
こ
れ
が
俺
の
仕
事
  
っ
て
く
れ
て
:
:
:
:
本
当
に
感
謝
し
て
る
わ
 
  
 
あ
り
が
と
う
ね
 
本
当
に
い
つ
も
 °
こ
ん
な
私
の
た
め
に
頑
張

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
ば
決
し
て
苦
に
は
な
ら
な
い
の
だ
 °
  
だ
か
ら
ど
ん
な
に
大
変
な
作
業
だ
と
し
て
も
 
彼
女
の
た
め
な
ら
  
俺
は
彼
女
を
心
か
ら
愛
し
て
い
る
 °












  > ≫