う
ふ
ふ
・
・
・
あ
な
た
様
と
の
あ
の
体
験
・
・
・
 °
忘
れ
た
日
  
 
  
感
は
当
た
っ
て
し
ま
っ
た
・
・
・
 °
  
絵
草
の
間
に
予
約
が
入
り
嫌
な
予
感
が
し
た
の
だ
が
 
や
は
り
予
  
お
客
さ
ん
が
ま
た
来
て
い
た
 °
  
そ
し
て
今
回
 °
ツ
グ
ミ
の
声
で
来
て
み
れ
ば
 
あ
の
絵
草
の
間
の
  
 
  
を
付
け
狙
っ
て
い
た
気
さ
え
し
た
 °
  
2
度
目
は
と
あ
る
島
 
と
い
う
名
の
ノ
ヤ
の
胸
の
上
 °
何
だ
か
俺
  
・
 °
  
正
直
 
あ
の
体
験
は
あ
ま
り
思
い
出
し
た
い
も
の
で
は
な
い
・
・
  
ハ
プ
ニ
ン
グ
が
重
な
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
1
度
目
は
絵
草
の
間
で
彼
女
の
体
洗
い
を
し
た
の
だ
が
 
様
々
な
  
こ
の
お
客
に
会
う
の
は
今
回
で
3
度
目
 °
  
 
  
た
・
・
・
 
  
 
お
久
し
ぶ
り
で
す
わ
ね
・
・
・
ま
た
あ
な
た
様
に
会
い
た
か
っ
  
  
t
t
n
 
作
  
大
宇
宙
温
泉
物
語



















≪ <  

  
な
ん
て
事
に
は
ま
だ
気
付
い
て
い
な
か
っ
た
の
だ
っ
た
・
・
・
 °
  
・
・
  
ま
さ
か
こ
の
後
 
俺
に
と
ん
で
も
な
い
出
来
事
が
襲
い
掛
か
る
・
  
俺
は
考
え
て
い
た
 °
  
手
早
く
体
洗
い
を
済
ま
せ
 
今
日
は
帰
っ
て
も
ら
お
う
・
・
・
と
  
 
  
 
は
あ
ぁ
ぁ
・
・
・
聞
い
た
私
が
バ
カ
だ
っ
た
わ
・
・
・
 
  
あ
あ
ぁ
ぁ
!
触
り
た
い
っ
っ
!
!
 
  
 
あ
の
お
客
さ
ん
 
か
な
り
良
い
体
し
て
た
っ
て
こ
と
・
・
・
!
  
 
そ
れ
っ
て
・
・
・
何
・
・
・
?
 
  
は
あ
る
け
ど
・
・
・
 
  
 
私
も
分
か
ん
な
い
や
リ
リ
姉
 °
た
だ
一
つ
だ
け
わ
か
っ
た
こ
と
  
・
・
ツ
グ
ミ
は
何
か
知
っ
て
る
?
 
  
 
さ
っ
き
の
優
弥
さ
ん
 
何
だ
か
焦
っ
て
い
た
み
た
い
だ
け
ど
・
  
 
  
 
  
 
  
っ
!
!
 
  
 
わ
 
分
か
り
ま
し
た
か
ら
っ
!
さ
ぁ
っ
!
こ
ち
ら
に
ど
う
ぞ
っ
  
な
ど
あ
り
ま
せ
ん
で
し
た
わ
・
・
・
 











   

  
と
は
・
・
・
 °
  
し
か
し
そ
ん
な
簡
単
に
俺
の
プ
ラ
イ
ベ
|
ト
を
知
ら
れ
て
し
ま
う
  
っ
て
い
る
よ
う
で
あ
る
 °
  
こ
の
お
客
・
・
・
セ
シ
リ
ア
と
い
う
こ
の
女
性
は
俺
を
よ
ほ
ど
狙
  
 
  
の
 
  
名
前
な
ど
個
人
情
報
も
 
調
べ
て
み
れ
ば
簡
単
に
分
か
り
ま
し
た
  
て
以
来
あ
な
た
様
の
こ
と
が
気
に
な
っ
て
お
り
ま
し
た
・
・
・
お
  
 
私
 
こ
う
見
え
て
結
構
な
富
豪
で
す
の
よ
?
私
の
胸
で
お
話
し
  
 
へ
っ
!
?
と
い
う
か
俺
の
名
前
を
ど
う
し
て
っ
!
?
 
  
 
セ
シ
リ
ア
 
で
す
わ
 
優
弥
様
・
・
・
?
 
  
 
あ
の
|
お
客
さ
ん
・
・
・
今
日
も
ま
た
ど
う
し
て
こ
こ
へ
?
 
  
 
  
く
 °
相
変
わ
ら
ず
凄
い
サ
イ
ズ
だ
 °
  
前
に
来
た
と
き
と
同
じ
よ
う
に
 
足
を
登
り
お
尻
か
ら
洗
っ
て
い
  
る
こ
と
に
な
っ
た
 °
  
今
回
も
彼
女
は
眠
る
ら
し
く
 
俺
は
そ
の
間
に
体
洗
い
を
済
ま
せ
  
 
  
 
  
 

























   

  
 
こ
こ
ら
辺
で
す
か
?
 
  
 
  
大
な
谷
間
 °
  
巨
大
な
お
っ
ぱ
い
の
片
方
に
乗
せ
ら
れ
た
俺
 °
眼
下
に
広
が
る
広
  
 
  
願
い
し
ま
す
ね
?
 
  
 
胸
の
谷
間
で
す
わ
 °
今
胸
を
ず
ら
し
ま
す
の
で
 
そ
の
間
に
お
  
 
え
?
一
応
全
身
く
ま
な
く
洗
い
ま
し
た
け
ど
・
・
・
 
  
 
あ
ら
 
優
弥
様
 °
ま
だ
洗
い
残
し
て
る
場
所
が
あ
り
ま
し
て
よ
?
 
  
 
  
そ
し
て
・
・
・
全
て
が
終
わ
り
 
俺
は
彼
女
を
起
こ
す
 °
  
視
す
る
セ
シ
リ
ア
の
視
線
に
耐
え
な
が
ら
 °
  
胸
の
先
ま
で
上
り
 
必
死
に
洗
う
 °
頬
を
赤
ら
め
な
が
ら
俺
を
凝
  
く
ほ
ど
に
大
き
な
巨
乳
だ
 °
  
そ
し
て
最
後
に
残
っ
た
の
は
 
大
山
そ
の
も
の
の
よ
う
な
天
を
突
  
全
て
を
洗
い
終
わ
る
 °
  
ガ
ス
タ
ン
ク
ほ
ど
の
ふ
く
ら
み
二
つ
が
放
つ
誘
惑
に
耐
え
つ
つ
 
  
 
  
済
ま
せ
な
け
れ
ば
 °
  
だ
が
 
体
洗
い
の
手
は
休
め
な
い
 °
何
か
が
起
き
る
前
に
早
め
に

   

  
そ
う
言
い
残
し
大
宇
宙
温
泉
を
後
に
し
た
セ
シ
リ
ア
 °
  
 
  
 
ふ
ふ
 
ま
た
来
ま
す
わ
・
・
・
 
  
 
  
 
  
 
  
・
・
 °
  
彼
女
は
優
弥
を
胸
の
奥
に
入
れ
た
ま
ま
 
服
を
着
替
え
始
め
た
・
  
 
  
い
た
だ
き
ま
す
・
・
・
 
  
 
ふ
ふ
・
・
・
私
の
谷
間
で
 
我
が
家
ま
で
お
持
ち
帰
り
さ
せ
て
  
 
  
抗
す
る
前
に
意
識
が
薄
ら
い
だ
・
・
・
 °
  
そ
の
ま
ま
肉
の
ふ
く
ら
み
の
奥
の
奥
へ
と
押
し
込
ま
れ
る
俺
 °
  
さ
み
込
ん
だ
の
だ
!
  
セ
シ
リ
ア
は
自
分
の
両
方
の
胸
を
掴
ん
で
 
俺
を
谷
間
の
奥
に
は
  
す
る
と
突
然
 
世
界
が
揺
ら
い
だ
・
・
・
!
  
谷
間
の
近
く
に
来
た
俺
 °
  
 
  
 
い
え
い
え
 
も
っ
と
谷
間
の
奥
の
ほ
う
で
す
・
・
・
 




   

  
 
  
 
  
 
  
表
情
を
・
・
・
 °
  
あ
の
お
客
が
帰
り
際
に
一
瞬
見
せ
た
・
・
・
あ
の
妖
艶
な
企
み
の
  
よ
く
見
て
い
た
の
だ
っ
た
 °
  
ツ
グ
ミ
 
ド
ム
 
ノ
ヤ
で
リ
リ
を
な
だ
め
る
 °
だ
が
レ
イ
だ
け
は
  
 
  
 
大
丈
夫
 °
リ
リ
が
心
配
す
る
よ
う
な
目
に
は
会
っ
て
な
い
は
ず
 
  
ス
よ
?
 
  
 
そ
う
っ
ス
よ
リ
リ
さ
ん
 °
優
弥
さ
ん
は
あ
あ
見
え
て
タ
フ
な
ん
  
に
会
う
わ
け
な
い
よ
 
  
 
ま
ず
落
ち
着
き
な
よ
リ
リ
姉
?
優
弥
さ
ん
の
事
だ
し
誘
拐
と
か
  
の
に
・
・
・
も
し
や
誘
拐
っ
っ
!
?
 
  
 
ダ
メ
 
優
弥
さ
ん
ど
こ
に
も
い
な
い
!
買
い
物
も
頼
ん
で
な
い
  
 
  
っ
て
か
ら
 °
  
優
弥
が
い
な
い
 
そ
う
温
泉
の
従
業
員
達
が
気
付
く
の
は
少
し
経
  
な
か
っ
た
 °
  
も
う
体
洗
い
が
終
わ
っ
た
の
だ
と
 
誰
も
不
信
に
思
っ
て
な
ど
い

   

  
 
  
ダ
メ
だ
 
身
動
き
が
取
れ
な
い
!
  
指
で
つ
ま
ま
れ
る
優
弥
 °
そ
の
ま
ま
谷
間
の
奥
へ
押
し
込
ま
れ
る
 °
  
 
  
・
?
 
  
 
ふ
ふ
・
・
・
も
っ
と
あ
な
た
様
と
お
胸
で
お
話
を
さ
せ
て
・
・
  
の
部
屋
ま
で
連
れ
て
来
ら
れ
る
な
ん
て
!
 
  
 
そ
ん
な
っ
!
温
泉
で
な
ら
普
通
に
も
て
な
し
ま
す
が
 
あ
な
た
  
あ
な
た
と
四
六
時
中
 
共
に
居
た
い
と
・
・
・
 
  
 
私
の
 
あ
な
た
様
へ
の
愛
の
強
さ
が
起
こ
し
た
行
動
な
の
で
す
 °
  
 
一
体
ど
う
し
て
こ
ん
な
事
を
!
 
  
縮
め
さ
せ
て
い
た
だ
き
ま
し
た
・
・
・
 
  
 
は
い
 °
た
だ
で
さ
え
小
さ
な
あ
な
た
様
を
 
縮
小
薬
で
さ
ら
に
  
 
も
し
か
し
て
・
・
・
 
  
 
  
に
見
え
る
・
・
・
 °
  
目
の
前
に
彼
女
 
セ
シ
リ
ア
が
い
た
 °
何
だ
か
い
つ
も
よ
り
巨
人
  
せ
ら
れ
た
 °
  
恐
ら
く
セ
シ
リ
ア
の
部
屋
で
あ
ろ
う
 °
広
大
な
ベ
ッ
ド
の
上
に
乗
  
優
弥
が
気
付
い
た
と
き
に
は
も
う
 
連
れ
去
ら
れ
た
後
で
あ
っ
た
 °

   

  
 
お
前
は
変
に
緊
張
し
す
ぎ
て
い
た
 °
だ
か
ら
こ
ん
な
目
に
会
っ
  
 
  
た
男
の
背
中
・
・
・
ま
さ
か
!
  
い
や
 
小
さ
な
背
中
じ
ゃ
な
い
!
俺
と
同
じ
く
ら
い
の
鍛
え
ら
れ
  
 
  
り
が
い
を
感
じ
さ
せ
て
く
れ
る
 °
  
多
く
は
語
ら
ぬ
彼
・
・
・
で
も
そ
の
小
さ
な
背
中
は
安
心
感
や
頼
  
知
っ
て
い
る
・
・
・
 °
  
気
が
付
く
と
俺
は
誰
か
に
背
負
わ
れ
て
い
た
 °
こ
の
背
中
・
・
・
  
 
  
 
  
 
  
え
る
の
か
・
・
・
?
  
俺
は
・
・
・
こ
の
ま
ま
彼
女
の
お
っ
ぱ
い
で
遊
ば
れ
て
一
生
を
終
  
っ
た
 °
  
逃
げ
よ
う
と
し
て
も
 
ど
ん
な
小
さ
な
穴
さ
え
も
部
屋
に
は
な
か
  
俺
が
胸
の
谷
間
か
ら
出
れ
た
の
は
 
彼
女
が
寝
る
少
し
前
の
こ
と
 °
  
 
  
さ
せ
て
く
だ
さ
い
っ
っ
・
・
・
!
 
  
 
感
じ
ま
す
・
・
・
優
弥
様
が
私
の
胸
で
・
・
・
!
も
っ
と
感
じ

   

  
 
あ
あ
 °
巨
大
な
ふ
く
ら
み
と
谷
間
が
放
つ
 
あ
の
誘
惑
の
香
り
  
 
へ
・
・
・
?
胸
に
挟
ま
れ
た
時
が
一
番
危
な
い
・
・
・
で
す
か
?
 
  
 
  
 
胸
に
挟
ま
れ
た
時
が
一
番
危
な
い
ん
だ
 
  
 
  
 
優
弥
 
傭
兵
時
代
に
俺
が
得
た
知
恵
を
一
つ
教
え
て
や
ろ
う
 
  
取
れ
な
く
て
・
・
・
 
  
 
す
い
ま
せ
ん
・
・
・
胸
の
谷
間
の
奥
に
入
れ
ら
れ
て
 
身
動
き
  
山
程
あ
る
 
  
 
な
に
 
一
切
の
証
拠
を
残
さ
ず
巨
人
か
ら
逃
げ
る
方
法
な
ん
て
  
 
一
体
ど
う
や
っ
て
俺
を
助
け
に
!
?
 
  
ば
・
・
・
誘
拐
と
は
な
 
  
 
あ
の
女
が
見
せ
た
あ
の
笑
み
 
気
に
な
っ
て
つ
い
て
来
て
見
れ
  
 
  
え
る
 °
  
俺
が
縮
小
薬
で
小
さ
い
た
め
 
レ
イ
さ
ん
が
地
球
人
サ
イ
ズ
に
見
  
さ
ん
だ
っ
た
!
  
レ
イ
さ
あ
あ
ぁ
ぁ
ん
っ
っ
!
!
!
俺
を
背
負
っ
て
い
た
の
は
レ
イ
  
 
  
た
の
だ
ろ
う
 




















   

  
戒
し
続
け
て
い
た
の
だ
が
  
数
日
後
 
な
ん
と
あ
の
セ
シ
リ
ア
が
ま
た
温
泉
に
来
た
 °
俺
は
警
  
 
  
お
詫
び
の
菓
子
で
す
・
・
・
 
  
 
前
回
は
本
当
に
申
し
訳
ご
ざ
い
ま
せ
ん
優
弥
様
・
・
・
こ
れ
は
  
 
  
 
  
 
  
全
く
・
・
・
今
回
は
本
当
に
大
変
だ
っ
た
・
・
・
 °
  
道
に
迷
っ
て
い
た
 
と
他
の
従
業
員
達
に
説
明
し
て
く
れ
た
 °
  
た
の
か
  
レ
イ
さ
ん
は
流
石
に
誘
拐
さ
れ
て
た
 
と
い
う
の
は
衝
撃
的
過
ぎ
  
け
た
 °
  
俺
は
心
配
さ
せ
て
本
当
に
ご
め
ん
 
と
何
度
も
彼
女
を
な
だ
め
続
  
す
ぐ
に
涙
な
が
ら
に
飛
び
つ
い
て
き
た
の
は
リ
リ
 °
  
俺
 °
  
そ
の
後
 
縮
小
薬
の
効
果
も
切
れ
 
無
事
に
温
泉
に
帰
っ
て
き
た
  
 
  
 
わ
・
・
・
分
か
り
ま
し
た
・
・
・
 
  
・
・
・
気
を
つ
け
た
ほ
う
が
良
い
 












   

  
  
  
  
・
・
 °
  
彼
女
の
巨
体
を
生
か
し
た
愛
の
ア
ピ
|
ル
は
今
も
止
ま
ら
な
い
・
  
ら
ず
絵
草
の
間
の
常
連
で
あ
る
・
・
・
 °
  
そ
の
後
彼
女
は
変
な
考
え
を
持
つ
事
は
な
く
な
っ
た
が
 
相
変
わ
  
 
  
体
に
よ
る
プ
レ
ス
に
な
っ
た
・
・
・
 °
  
俺
を
抱
き
し
め
よ
う
と
す
る
セ
シ
リ
ア
 °
だ
が
俺
に
と
っ
て
は
巨
  
 
  
 
  
 
あ
 
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
す
っ
っ
!
!
優
弥
様
っ
っ
っ
!
!
!
!
  
も
な
い
で
す
し
 
  
 
い
え
い
え
・
・
・
そ
こ
ま
で
謝
ら
れ
た
ら
 
今
更
起
こ
る
事
で
  
と
お
詫
び
し
て
良
い
か
・
・
・
 
  
 
自
分
勝
手
な
思
い
で
優
弥
様
を
あ
ん
な
目
に
・
・
・
も
う
な
ん
  
 
  
う
で
あ
っ
た
 °
  
彼
女
は
ま
た
誘
拐
 
で
は
な
く
今
ま
で
の
非
礼
を
詫
び
に
来
た
よ

  > ≫