い
つ
も
の
よ
う
に
体
洗
い
を
担
当
す
る
レ
イ
も
一
緒
に
浴
場
へ
と
  
浴
場
へ
と
向
か
っ
て
い
く
 °
  
そ
ん
な
懐
か
し
い
事
を
振
り
返
る
二
人
を
よ
そ
に
 
そ
の
お
客
は
  
 
  
者
は
い
た
け
ど
ね
!
 
  
 
少
し
前
に
来
た
団
体
の
お
客
さ
ん
の
中
に
 
ア
レ
く
ら
い
の
猛
  
た
わ
・
・
・
 
  
 
ツ
グ
ミ
じ
ゃ
な
い
け
ど
・
・
・
確
か
に
思
わ
ず
私
も
見
ち
ゃ
っ
  
ぱ
い
 
中
々
見
れ
な
い
よ
!
 
  
 
リ
リ
姉
 
今
の
見
た
っ
!
?
あ
ん
な
ス
ッ
ゴ
イ
大
き
さ
の
お
っ
  
 
  
れ
て
い
た
 °
  
だ
が
胸
の
大
き
さ
は
超
特
大
 °
温
泉
の
従
業
員
達
も
呆
気
に
と
ら
  
地
球
人
と
同
じ
で
あ
る
 °
  
大
宇
宙
温
泉
に
と
あ
る
客
が
や
っ
て
来
た
 °
体
の
サ
イ
ズ
は
普
通
 °
  
 
  
 
フ
フ
・
・
・
で
は
早
速
お
願
い
し
よ
う
か
し
ら
・
・
・
?
 
  
  
t
t
n
 
作
  
大
宇
宙
温
泉
物
語



















≪ <  

  
自
分
に
何
が
・
・
・
!
  
突
如
 
め
ま
い
が
し
た
レ
イ
 °
思
わ
ず
体
が
倒
れ
そ
う
に
な
る
 °
  
 
  
グ
ラ
ァ
ァ
ァ
ァ
・
・
・
・
・
・
・
  
 
  
レ
イ
は
了
承
し
 
お
客
の
胸
を
登
り
乳
首
に
近
づ
い
た
 °
  
た
 °
だ
が
断
る
理
由
は
無
い
 °
  
彼
女
が
指
差
し
た
の
は
自
分
の
胸
元
に
あ
る
大
き
な
乳
首
で
あ
っ
  
 
  
 
じ
ゃ
あ
 
こ
こ
を
も
っ
と
重
点
的
に
洗
っ
て
下
さ
ら
な
い
?
 
  
 
あ
あ
 °
基
本
的
に
は
ど
ん
な
要
求
に
も
善
処
は
す
る
 
  
 
ち
ょ
っ
と
お
願
い
が
あ
る
の
だ
け
れ
ど
・
・
・
良
い
か
し
ら
?
 
  
 
  
洗
っ
て
い
る
最
中
 
突
然
お
客
が
レ
イ
に
声
を
掛
け
て
き
た
 °
  
っ
て
い
く
レ
イ
 °
慣
れ
た
手
つ
き
だ
 °
  
全
裸
で
横
た
わ
る
お
客
 °
そ
の
体
に
よ
じ
登
り
 
素
早
く
体
を
洗
  
 
  
 
  
 
  
向
か
っ
た
・
・
・
 °


















   

  
レ
イ
は
過
去
の
戦
場
の
記
憶
を
呼
び
覚
ま
し
 
ダ
リ
ズ
星
人
の
こ
  
 
  
 
お
察
し
の
通
り
 °
私
は
ダ
リ
ズ
星
人
よ
・
・
・
?
 
  
 
ま
 
ま
さ
か
・
・
・
貴
様
は
っ
!
 
  
ぱ
い
の
香
り
に
や
ら
れ
た
の
よ
?
 
  
 
フ
フ
 
一
つ
教
え
て
あ
げ
る
な
ら
・
・
・
あ
な
た
は
私
の
お
っ
  
 
お
前
・
・
・
一
体
俺
に
何
を
・
・
・
 
  
 
  
れ
て
い
た
 °
身
動
き
一
つ
取
れ
な
い
 °
  
意
識
が
戻
っ
た
と
き
 
レ
イ
は
そ
の
お
客
の
胸
の
谷
間
に
入
れ
ら
  
 
  
 
  
 
  
・
 °
  
薄
れ
行
く
意
識
の
中
で
レ
イ
は
状
況
を
理
解
で
き
ず
に
い
た
・
・
  
耐
え
た
?
も
う
遅
い
?
  
 
  
あ
な
た
・
・
・
 
  
 
フ
フ
・
・
・
も
う
遅
い
わ
・
・
・
し
か
し
 
結
構
堪
え
た
方
ね
  
 

























   

  
で
死
ぬ
な
ん
て
な
・
・
・
 °
  
だ
が
全
て
は
も
う
遅
い
・
・
・
 °
ま
さ
か
こ
の
俺
が
 
戦
場
以
外
  
て
確
認
す
る
べ
き
だ
っ
た
 °
  
こ
ん
な
事
に
な
る
な
ら
ば
 
彼
女
が
ど
の
星
の
生
ま
れ
か
前
も
っ
  
 
  
 
フ
フ
フ
・
・
・
さ
ぁ
っ
て
・
・
・
後
は
・
・
・
 
  
 
  
ま
る
で
 
人
形
の
よ
う
に
な
っ
て
い
た
 °
  
一
切
使
え
な
い
 °
  
も
う
 
体
の
力
は
入
ら
な
い
 °
い
つ
も
の
超
人
的
な
技
の
数
々
も
  
 
  
近
づ
き
 
香
り
を
嗅
い
で
し
ま
っ
た
 °
  
当
然
ヨ
ク
ト
星
人
で
あ
る
レ
イ
も
条
件
に
当
て
は
ま
る
 °
乳
首
に
  
自
由
に
操
る
効
果
が
あ
る
 °
  
そ
の
香
り
は
ダ
リ
ズ
星
人
よ
り
も
体
の
小
さ
い
種
族
を
誘
惑
し
 
  
彼
女
ら
は
乳
首
か
ら
ミ
ル
ク
の
香
り
を
漂
わ
せ
る
 °
  
そ
し
て
そ
の
胸
が
恐
ろ
し
い
 °
  
胸
が
大
き
い
種
族
で
あ
る
 °
  
ダ
リ
ズ
星
人
・
・
・
大
き
さ
は
地
球
人
と
変
わ
ら
な
い
 °
だ
が
皆
 
  
と
を
思
い
出
し
て
い
た
 °
















   

  
そ
の
後
彼
女
 
相
沢
ゆ
か
り
か
ら
話
を
聞
い
た
 °
  
倒
れ
て
い
た
俺
を
助
け
て
く
れ
た
の
は
彼
女
の
よ
う
で
あ
っ
た
 °
  
連
の
一
人
で
も
あ
る
相
沢
ゆ
か
り
 °
  
目
の
前
に
い
た
の
は
優
弥
の
友
人
で
あ
り
こ
の
大
宇
宙
温
泉
の
常
  
 
  
 
お
 
お
前
は
・
・
・
 
  
 
あ
っ
!
意
識
戻
っ
た
ん
で
す
ね
・
・
・
!
良
か
っ
た
・
・
・
 
  
 
  
 
  
 
  
俺
の
意
識
は
そ
こ
で
途
絶
え
て
し
ま
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
 
  
名
前
は
・
・
・
相
沢
・
・
・
  
・
・
 °
  
確
か
優
弥
の
友
人
で
 
少
し
前
に
俺
に
耳
か
き
を
頼
ん
で
い
た
・
  
の
少
女
 °
  
ふ
と
声
が
聞
こ
え
た
 °
視
線
を
動
か
せ
ば
そ
こ
に
い
た
の
は
一
人
  
 
  
 
あ
の
っ
・
・
・
一
体
何
を
・
・
・
?
 
  
 

























   

  
 
そ
っ
 
そ
ん
な
の
良
い
で
す
よ
!
優
弥
だ
け
じ
ゃ
な
く
て
私
自
  
 
色
々
迷
惑
を
掛
け
た
な
・
・
・
こ
の
礼
は
い
つ
か
必
ず
返
す
 
  
 
  
ど
う
や
ら
ミ
ル
ク
の
香
り
か
ら
解
放
さ
れ
た
た
め
ら
し
い
 °
  
が
体
が
少
し
は
楽
に
な
っ
て
い
る
 °
  
相
沢
の
声
を
聞
き
レ
イ
は
気
付
く
 °
ま
だ
少
し
不
自
由
で
は
あ
る
  
 
  
み
た
い
だ
し
・
・
・
 
  
 
レ
イ
さ
ん
 
本
当
に
良
か
っ
た
・
・
・
体
の
調
子
も
戻
っ
て
る
  
 
  
取
れ
な
く
な
っ
て
い
た
俺
だ
け
だ
っ
た
ら
し
い
 °
  
後
に
残
さ
れ
た
の
は
奴
の
ミ
ル
ク
の
香
り
に
や
ら
れ
 
身
動
き
が
  
で
姿
を
消
し
た
と
い
う
 °
  
そ
う
一
言
残
し
 
ま
る
で
瞬
間
移
動
で
も
し
た
か
の
よ
う
に
一
瞬
  
 
  
 
フ
フ
っ
・
・
・
仕
方
な
い
わ
 
ま
た
次
の
機
会
に
ね
・
・
・
 
  
 
  
途
端
に
姿
を
消
し
た
と
い
う
 °
  
俺
を
捕
ら
え
て
い
た
ダ
リ
ズ
星
人
の
女
は
 
相
沢
の
姿
を
見
る
と
  
 

























   

  
そ
う
心
に
決
め
た
レ
イ
だ
っ
た
 °
  
こ
ん
な
少
女
に
助
け
ら
れ
る
と
は
 
い
つ
か
必
ず
礼
は
返
そ
う
 °
  
に
見
つ
め
る
レ
イ
 °
  
そ
う
叫
び
 
脱
衣
室
へ
駆
け
込
む
相
沢
 °
そ
れ
を
微
笑
ま
し
そ
う
  
 
  
ぁ
ぁ
い
ぃ
っ
っ
!
!
!
?
 
  
 
わ
あ
ぁ
ぁ
ぁ
っ
っ
っ
!
?
忘
れ
て
っ
っ
 
忘
れ
て
く
だ
さ
ぁ
ぁ
  
 
  
素
っ
裸
の
姿
で
 
レ
イ
の
前
に
堂
々
と
表
れ
て
し
ま
っ
て
い
た
 °
  
そ
う
 
今
彼
女
は
完
全
に
何
も
身
に
付
け
て
い
な
い
 °
  
自
分
が
風
呂
に
入
り
に
来
て
い
た
事
さ
え
忘
れ
て
い
た
 °
  
い
た
の
で
あ
っ
た
 °
  
突
然
気
絶
し
た
レ
イ
を
見
つ
け
た
相
沢
は
必
死
に
レ
イ
を
助
け
て
  
レ
イ
の
声
を
聞
き
相
沢
は
我
に
帰
っ
た
 °
  
 
  
 
寒
く
な
い
の
か
?
 
  
 
  
 
は
い
?
 
  
 
そ
う
か
・
・
・
と
こ
ろ
で
一
つ
言
い
た
い
の
だ
が
 
  
身
も
時
折
お
世
話
に
な
っ
て
ま
す
し
 











  > ≫