そ
れ
だ
け
で
す
の
 
  
大
き
さ
で
共
に
語
り
合
い
 
触
れ
合
い
た
か
っ
た
 °
理
由
は
た
だ
 
  
 
簡
単
な
事
で
す
わ
 
優
弥
様
 °
あ
な
た
と
同
じ
目
線
で
 
同
じ
  
う
か
俺
と
同
じ
大
き
さ
に
?
 
  
 
え
っ
と
 
そ
の
:
:
:
:
ど
う
し
て
そ
ん
な
に
縮
ん
で
 
と
い
  
 
  
く
異
な
っ
て
い
る
点
が
一
つ
だ
け
あ
っ
た
 °
  
だ
が
 
現
在
優
弥
の
前
に
い
る
彼
女
の
姿
に
は
 
今
ま
で
と
大
き
  
 
  
い
る
 °
  
ル
ン
と
揺
ら
し
な
が
ら
 
優
弥
に
向
か
っ
て
微
笑
み
を
浮
か
べ
て
  
彼
女
は
相
変
わ
ら
ず
 
豊
満
な
二
つ
の
胸
の
膨
ら
み
を
ブ
ル
ン
ブ
  
る
女
性
 
大
富
豪
の
セ
シ
リ
ア
だ
っ
た
 °
  
大
宇
宙
温
泉
に
や
っ
て
き
た
新
た
な
客
 °
そ
れ
は
優
弥
も
よ
く
知
  
 
  
 
あ
 
あ
な
た
は
確
か
セ
シ
リ
ア
さ
ん
:
:
:
:
で
す
よ
ね
?
 
  
 
お
久
し
ぶ
り
で
す
わ
ね
 
優
弥
様
 
  
  
t
t
n
 
作
  
大
宇
宙
温
泉
物
語



















≪ <  

  
 
  
ず
な
の
だ
 °
  
に
ま
で
小
さ
く
な
っ
た
と
こ
ろ
で
 
そ
ん
な
驚
く
必
要
は
な
い
は
  
超
巨
大
な
体
格
を
持
つ
セ
シ
リ
ア
が
 
い
き
な
り
地
球
人
サ
イ
ズ
  
く
人
々
の
姿
を
見
て
き
た
の
で
あ
る
 °
  
優
弥
は
こ
の
宇
宙
人
街
で
何
度
も
 
体
の
大
き
さ
が
変
わ
っ
て
い
  
完
全
に
セ
シ
リ
ア
の
言
う
通
り
だ
っ
た
 °
  
 
  
 
ま
あ
 
そ
れ
も
そ
う
な
ん
で
す
け
ど
:
:
:
:
 
  
じ
の
は
ず
で
し
ょ
う
?
 
  
え
る
方
法
が
山
ほ
ど
あ
る
と
い
う
事
ぐ
ら
い
 
あ
な
た
様
も
ご
存
  
様
は
:
:
:
:
こ
の
世
界
に
は
 
体
の
大
き
さ
を
自
由
自
在
に
変
  
 
あ
ら
あ
ら
 °
随
分
と
今
更
な
事
を
聞
か
れ
る
の
で
す
ね
 
優
弥
  
 
  
つ
 
口
元
に
手
を
当
て
て
笑
い
出
し
た
 °
  
優
弥
か
ら
そ
う
問
わ
れ
た
セ
シ
リ
ア
は
 
肩
を
僅
か
に
す
く
め
つ
  
 
  
:
:
:
:
 
  
ま
で
 
体
を
縮
め
た
の
か
っ
て
い
う
事
を
聞
い
て
い
る
ん
で
す
が
  
 
い
や
 
そ
ん
な
事
じ
ゃ
な
く
て
 °
ど
う
や
っ
て
今
の
サ
イ
ズ
に

   

  
 
  
っ
た
 °
  
や
は
り
優
弥
は
緊
張
と
動
揺
を
 
隠
せ
ず
に
は
い
ら
れ
な
い
の
だ
  
な
怪
し
げ
な
台
詞
を
聞
い
て
し
ま
う
と
  
既
に
そ
の
事
に
関
し
て
は
和
解
し
て
い
る
も
の
の
 
先
程
の
よ
う
  
セ
シ
リ
ア
に
捕
ま
っ
て
連
れ
去
ら
れ
た
経
験
が
あ
る
の
だ
 °
  
だ
が
 
彼
が
こ
こ
ま
で
緊
張
す
る
の
も
無
理
は
な
い
 °
優
弥
は
昔
 
  
 
  
向
か
わ
せ
た
優
弥
 °
  
セ
シ
リ
ア
に
向
か
っ
て
そ
う
話
し
 
先
に
彼
女
を
温
泉
の
奥
へ
と
  
 
  
に
行
っ
て
て
下
さ
い
 
  
:
:
:
そ
れ
じ
ゃ
あ
今
か
ら
準
備
を
す
る
ん
で
 
先
に
温
泉
の
方
  
 
あ
:
:
:
:
あ
あ
 
体
洗
い
の
話
で
す
ね
 
分
か
り
ま
し
た
:
  
そ
の
た
め
に
わ
ざ
わ
ざ
こ
の
星
に
ま
で
や
っ
て
来
た
の
で
す
か
ら
 
  
よ
う
に
私
の
体
を
洗
っ
て
も
ら
い
た
い
の
で
す
 °
今
日
も
私
は
 
  
 
も
ち
ろ
ん
お
風
呂
で
す
わ
 °
優
弥
様
に
は
そ
こ
で
 
い
つ
も
の
  
 
え
ぇ
っ
!
?
 
行
く
っ
て
そ
ん
な
 
一
体
ど
こ
へ
:
:
:
:
 
  
:
?
 
  
 
で
は
優
弥
様
 
早
速
二
人
き
り
で
共
に
参
り
ま
し
ょ
う
:
:
:

   

  
そ
し
て
今
回
も
そ
れ
は
同
じ
 °
  
 
  
他
の
巨
大
な
宇
宙
人
女
性
の
体
を
洗
い
続
け
て
き
た
の
で
あ
る
 °
  
だ
か
ら
こ
そ
優
弥
は
い
つ
も
黙
々
と
 
セ
シ
リ
ア
だ
け
で
は
な
く
  
な
る
場
合
も
あ
る
の
だ
 °
  
太
も
も
や
お
尻
に
潰
さ
れ
て
し
ま
え
ば
 
そ
れ
だ
け
で
大
怪
我
に
  
の
地
球
人
で
あ
る
 °
  
頑
強
な
肉
体
を
持
つ
ヨ
ク
ト
星
人
な
ら
未
だ
し
も
 
優
弥
は
た
だ
  
ハ
プ
ニ
ン
グ
が
起
き
て
し
ま
う
か
分
か
ら
な
い
 °
  
い
や
ら
し
い
感
情
な
ど
で
よ
そ
見
を
し
て
い
る
と
 
い
つ
ど
ん
な
  
 
  
既
に
も
う
充
分
な
く
ら
い
に
命
懸
け
だ
か
ら
で
あ
る
 °
  
何
故
な
ら
ば
 
巨
人
サ
イ
ズ
の
宇
宙
人
を
相
手
に
す
る
だ
け
で
 
  
し
い
感
情
が
浮
か
ん
で
き
た
り
は
し
な
い
 °
  
巨
人
の
体
を
洗
う
場
合
 
相
手
が
裸
だ
と
し
て
も
決
し
て
い
や
ら
  
 
  
セ
シ
リ
ア
に
体
を
洗
い
始
め
て
い
た
 °
  
そ
の
後
 
お
風
呂
へ
と
向
か
っ
た
優
弥
は
今
ま
で
と
同
じ
よ
う
に
 
  
 
  
 

























   

  
セ
シ
リ
ア
が
温
泉
に
や
っ
て
来
て
か
ら
数
時
間
後
 °
  
 
  
 
  
 
  
セ
シ
リ
ア
の
全
身
を
何
と
か
洗
い
終
え
る
事
が
で
き
た
の
だ
っ
た
 °
  
そ
し
て
優
弥
は
 
心
の
中
で
そ
ん
な
言
葉
を
何
度
も
呟
き
な
が
ら
 
  
 
  
な
せ
る
ん
だ
ろ
う
な
:
:
:
:
  
レ
イ
さ
ん
な
ら
き
っ
と
 
冷
静
に
淡
々
と
素
早
く
 
体
洗
い
も
こ
  
 
  
振
り
払
い
 
体
洗
い
の
作
業
を
続
け
て
い
く
 °
  
だ
が
彼
は
す
ぐ
に
 
い
や
ら
し
い
気
持
ち
を
頭
の
中
か
ら
懸
命
に
  
ら
み
に
目
を
奪
わ
れ
そ
う
に
な
っ
て
い
た
 °
  
安
産
型
の
お
尻
 
そ
し
て
背
中
越
し
に
も
見
え
る
豊
満
な
胸
の
膨
  
何
度
か
セ
シ
リ
ア
の
ス
ラ
ッ
と
し
た
く
び
れ
や
  
椅
子
に
座
っ
て
い
る
彼
女
の
背
中
を
洗
い
流
し
な
が
ら
 
優
弥
は
  
 
  
い
つ
ど
ん
な
事
が
起
こ
る
か
は
 
や
は
り
分
か
ら
な
い
の
だ
 °
  
な
っ
た
と
し
て
も
  
た
と
え
セ
シ
リ
ア
が
地
球
人
サ
イ
ズ
に
な
り
 
身
の
危
険
が
無
く

   

  
 
ま
あ
 
宜
し
い
ん
で
す
か
?
 
そ
れ
は
も
ち
ろ
ん
 
是
非
と
も
  
け
ど
ね
 
  
る
っ
て
言
っ
て
も
 
少
し
つ
一
緒
に
付
い
て
行
く
っ
て
だ
け
で
す
  
り
も
 
帰
る
な
ら
少
し
ぐ
ら
い
送
っ
て
い
き
ま
す
け
ど
 °
ま
あ
送
  
 
そ
う
い
う
の
は
 
別
に
も
う
い
い
で
す
か
ら
:
:
:
:
そ
れ
よ
  
 
  
め
る
セ
シ
リ
ア
 °
  
そ
う
呟
き
な
が
ら
 
全
身
を
艶
め
か
し
く
動
か
し
つ
つ
 
頬
を
染
  
 
  
:
:
:
 
  
 
優
弥
様
の
体
洗
い
が
あ
ま
り
に
も
気
持
ち
良
く
て
 
何
だ
私
:
  
す
よ
 
  
 
い
や
 
こ
の
温
泉
の
従
業
員
と
し
て
当
然
の
事
を
し
た
ま
で
で
  
頂
き
ま
し
た
 
  
い
て
丁
寧
に
 
優
し
く
し
っ
か
り
と
 
全
身
を
く
ま
な
く
洗
っ
て
  
本
当
に
素
晴
ら
し
い
技
術
で
し
た
わ
:
:
:
:
素
早
く
 
そ
れ
で
  
 
い
つ
も
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
す
 
優
弥
様
 °
相
変
わ
ら
ず
 
  
 
  
宙
温
泉
を
後
に
し
よ
う
と
し
て
い
た
 °
  
優
弥
に
体
を
洗
っ
て
も
ら
っ
た
彼
女
は
 
服
を
着
な
お
し
て
大
宇

   

  
 
  
わ
せ
つ
つ
 
顔
を
真
っ
赤
に
し
て
息
を
荒
げ
て
い
た
 °
  
そ
の
言
葉
を
聞
き
な
が
ら
セ
シ
リ
ア
は
 
全
身
を
ブ
ル
ブ
ル
と
震
  
携
帯
電
話
を
開
い
て
 
時
間
を
確
認
し
な
が
ら
話
す
優
弥
 °
  
 
  
3
時
間
ぐ
ら
い
に
は
な
り
ま
す
ね
 
  
 
え
っ
と
で
す
ね
 
少
し
待
っ
て
下
さ
い
:
:
:
:
あ
あ
 
も
う
  
か
ら
何
時
間
ぐ
ら
い
経
っ
た
か
お
分
か
り
に
な
り
ま
す
か
?
 
  
 
優
弥
様
:
:
:
:
申
し
訳
あ
り
ま
せ
ん
が
 
私
が
温
泉
に
来
て
  
 
  
だ
が
急
に
何
故
か
 
セ
シ
リ
ア
の
様
子
が
お
か
し
く
な
り
始
め
た
 °
  
セ
シ
リ
ア
と
共
に
温
泉
を
出
て
 
宇
宙
人
街
を
歩
い
て
い
く
優
弥
 °
  
 
  
 
  
 
  
を
豪
快
に
揺
ら
し
な
が
ら
 
と
て
も
嬉
し
そ
う
に
頷
く
の
だ
っ
た
 °
  
そ
の
言
葉
を
優
弥
の
口
か
ら
聞
い
た
セ
シ
リ
ア
は
 
胸
の
膨
ら
み
  
彼
女
の
事
を
気
遣
い
 
簡
単
な
提
案
を
持
ち
掛
け
る
優
弥
 °
  
 
  
お
願
い
し
ま
す
わ
!
 

















   

  
ム
ク
ム
ク
と
柔
ら
か
そ
う
に
 
何
度
も
妖
艶
に
形
を
変
え
な
が
ら
 
  
突
き
出
る
よ
う
に
し
て
飛
び
出
し
て
き
た
二
つ
の
胸
の
膨
ら
み
 °
  
元
を
ビ
リ
ッ
と
破
り
な
が
ら
  
真
っ
白
な
ブ
ラ
を
胸
の
力
だ
け
で
破
壊
し
 
高
級
そ
う
な
服
の
胸
  
そ
う
呟
く
セ
シ
リ
ア
の
胸
は
 
更
に
ド
ン
ド
ン
巨
大
化
し
て
い
く
 °
  
 
  
あ
 
も
う
収
ま
り
ま
せ
ん
わ
 
こ
の
ま
ま
じ
ゃ
:
:
:
:
!
 
  
こ
と
を
 
今
の
今
ま
で
す
っ
か
り
忘
れ
て
い
ま
し
た
:
:
:
:
あ
  
 
3
時
間
で
 
体
を
縮
め
る
薬
の
効
果
が
切
れ
る
と
い
う
大
事
な
  
 
セ
 
セ
シ
リ
ア
さ
ん
!
?
 
  
 
  
り
瞬
時
に
ド
ン
ッ
と
大
き
く
膨
ら
み
出
し
た
 °
  
い
き
な
り
大
き
な
声
を
出
し
て
い
た
セ
シ
リ
ア
の
胸
が
 
い
き
な
  
優
弥
が
心
配
し
て
声
を
掛
け
た
そ
の
時
 °
  
 
  
ぁ
ぁ
ぁ
ん
っ
!
 
  
し
過
ぎ
て
し
ま
い
ま
し
た
わ
:
:
:
:
あ
ぁ
っ
 
あ
あ
あ
あ
ぁ
ぁ
  
 
優
弥
様
の
体
洗
い
が
あ
ま
り
に
も
気
持
ち
良
く
て
 
つ
い
長
居
  
と
調
子
が
悪
そ
う
で
す
け
ど
:
:
:
:
 
  
 
ち
ょ
っ
と
セ
シ
リ
ア
さ
ん
 
大
丈
夫
で
す
か
!
?
 
何
か
随
分

   

  
に
遅
し
 °
  
そ
の
場
か
ら
逃
げ
よ
う
と
体
を
反
転
さ
せ
る
優
弥
 °
だ
が
時
す
で
  
 
  
 
逃
げ
る
っ
て
そ
ん
な
 
も
う
間
に
合
わ
な
:
:
:
:
ぐ
む
っ
!
 
  
 
優
弥
様
 
お
逃
げ
下
さ
い
:
:
:
:
!
 
  
 
  
て
ら
れ
 
今
で
は
彼
女
の
足
元
に
落
ち
て
い
る
 °
  
着
て
い
た
服
な
ど
は
 
と
う
の
昔
に
バ
ラ
バ
ラ
に
な
っ
て
破
り
捨
  
で
大
き
く
な
り
始
め
て
い
た
 °
  
そ
し
て
今
で
は
 
彼
女
の
全
身
そ
の
も
の
が
凄
ま
じ
い
ス
ピ
|
ド
  
 
  
大
化
し
て
い
く
 °
  
そ
の
二
つ
も
ま
た
 
胸
と
同
じ
よ
う
に
服
を
突
き
破
っ
て
更
に
巨
  
ム
ッ
チ
リ
と
し
た
太
も
も
と
 
安
産
型
の
ど
っ
し
り
と
し
た
お
尻
 °
  
破
り
な
が
ら
現
れ
る
  
長
め
の
ス
カ
|
ト
と
真
っ
白
い
レ
|
ス
の
下
着
を
 
ビ
リ
ビ
リ
と
  
か
っ
た
 °
  
し
か
も
実
際
に
は
 
胸
だ
け
が
大
き
く
な
っ
て
い
た
わ
け
で
は
な
  
 
  
胸
の
膨
ら
み
は
更
に
そ
の
大
き
さ
を
増
し
て
い
っ
た
 °





   

  
 
  
っ
た
よ
う
で
あ
る
 °
  
今
回
は
長
居
し
過
ぎ
た
た
め
 
家
へ
変
え
る
の
が
間
に
合
わ
な
か
  
り
だ
っ
た
の
だ
が
  
本
当
な
ら
ば
早
め
に
家
へ
帰
っ
て
 
す
ぐ
に
で
も
服
を
脱
ぐ
つ
も
  
 
  
こ
れ
が
彼
女
の
 
本
来
の
サ
イ
ズ
な
の
だ
 °
  
た
だ
け
な
の
で
あ
る
 °
  
あ
く
ま
で
 
セ
シ
リ
ア
の
体
の
縮
小
化
が
今
ち
ょ
う
ど
解
除
さ
れ
  
で
は
な
い
 °
  
も
ち
ろ
ん
彼
女
の
肉
体
の
は
 
決
し
て
巨
大
化
し
て
い
っ
た
わ
け
  
い
る
セ
シ
リ
ア
の
姿
が
あ
っ
た
 °
  
数
分
後
 °
そ
こ
に
は
全
裸
に
な
っ
て
 
街
の
ど
真
ん
中
に
座
っ
て
  
 
  
 
  
 
  
体
の
中
に
埋
も
れ
て
見
え
な
く
な
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
あ
っ
と
い
う
間
に
優
弥
は
 
大
き
く
な
っ
て
い
く
セ
シ
リ
ア
の
肉
  
速
か
っ
た
ら
し
く
  
セ
シ
リ
ア
の
肉
体
が
巨
大
化
し
て
い
く
ス
ピ
|
ド
の
方
が
ず
っ
と

   

  
一
方
の
優
弥
は
 
今
回
も
か
な
り
ラ
ッ
キ
|
な
体
験
を
し
つ
つ
も
  
リ
ア
 °
  
全
裸
の
ま
ま
で
胸
元
に
目
を
や
り
 
少
し
嬉
し
そ
う
に
呟
く
セ
シ
  
 
  
 
:
:
:
:
で
す
ね
 
  
:
 
  
 
ふ
ふ
っ
 
ま
る
で
初
め
て
会
っ
た
時
の
よ
う
で
す
わ
ね
:
:
:
  
と
あ
り
が
た
い
ん
で
す
が
:
:
:
:
 
  
 
そ
し
て
 
そ
の
:
:
:
:
出
来
れ
ば
こ
こ
か
ら
出
し
て
く
れ
る
  
 
そ
う
で
し
た
か
:
:
:
:
 
  
 
  
と
て
も
大
き
な
セ
シ
リ
ア
の
顔
に
向
か
っ
て
話
し
掛
け
て
い
た
 °
  
優
弥
は
 
そ
の
ま
ま
の
状
態
で
視
線
を
持
ち
上
げ
  
セ
シ
リ
ア
の
胸
の
谷
間
に
す
っ
ぽ
り
と
挟
ま
っ
て
し
ま
っ
て
い
る
  
 
  
場
所
に
:
:
:
:
 
  
ア
さ
ん
の
体
に
飲
み
込
ま
れ
て
気
絶
し
て
 
気
付
い
た
ら
こ
ん
な
  
 
ま
あ
 
色
々
あ
り
ま
し
て
:
:
:
:
巨
大
化
し
て
い
く
セ
シ
リ
  
で
す
ね
:
:
:
:
で
す
が
一
体
 
い
つ
間
に
そ
ん
な
と
こ
ろ
へ
?
 
  
 
あ
ら
あ
ら
 
優
弥
様
は
本
当
に
私
の
胸
の
谷
間
が
大
好
き
な
の

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
ひ
ど
く
恥
ず
か
し
い
目
に
 
ま
た
合
っ
て
し
ま
っ
た
の
だ
っ
た
 °

  > ≫