全
く
:
:
:
:
団
体
客
が
こ
ん
な
に
一
気
に
来
る
な
ん
て
 
  
 
  
し
い
 °
  
今
日
だ
け
は
あ
ま
り
の
忙
し
さ
に
見
か
ね
て
 
手
伝
い
に
来
た
ら
  
彼
女
だ
が
  
普
段
は
別
の
仕
事
が
忙
し
い
ら
し
く
 
温
泉
に
は
滅
多
に
来
な
い
  
の
妹
で
あ
る
吉
田
貴
子
だ
 °
  
大
声
で
従
業
員
た
ち
に
指
示
を
出
し
て
い
る
の
は
吉
田
優
弥
の
父
  
 
  
 
了
解
し
た
 
 
今
や
り
ま
す
よ
|
!
 
  
 
優
弥
と
レ
イ
で
お
客
さ
ん
に
サ
|
ビ
ス
し
と
い
て
!
 
  
 
今
や
っ
て
る
と
こ
ろ
で
す
!
 
  
 
ノ
ヤ
は
さ
っ
さ
と
会
計
終
わ
ら
せ
て
!
 
  
 
は
|
い
!
 
 
分
か
り
ま
し
た
ぁ
|
!
 
  
 
リ
リ
と
ツ
グ
ミ
は
お
客
様
の
案
内
を
!
 
  
 
分
か
っ
て
る
っ
ス
よ
っ
!
 
  
 
ド
ム
は
も
っ
と
調
理
の
ス
ピ
|
ド
上
げ
て
!
 
  
  
t
t
n
 
作
  
大
宇
宙
温
泉
物
語



















≪ <  

  
 
レ
イ
さ
ん
 
本
当
に
大
丈
夫
な
ん
で
す
か
?
 
た
だ
で
さ
え
手
  
俺
が
や
る
 
  
 
い
い
か
優
弥
 
お
前
は
右
側
の
部
屋
へ
行
け
 °
左
側
の
部
屋
は
  
 
  
た
 °
  
そ
し
て
優
弥
と
レ
イ
は
 
団
体
客
の
待
つ
部
屋
へ
と
向
か
っ
て
い
  
一
人
で
会
計
作
業
を
こ
な
し
て
い
く
 °
  
リ
リ
と
ツ
グ
ミ
は
団
体
客
の
案
内
を
行
い
 
ノ
ヤ
は
い
つ
も
通
り
  
作
り
始
め
る
 °
  
ド
ム
は
厨
房
で
団
体
の
お
客
の
た
め
に
 
急
い
で
フ
ル
コ
|
ス
を
  
従
業
員
た
ち
は
そ
れ
ぞ
れ
の
仕
事
場
へ
向
か
う
 °
  
 
  
 
ち
ょ
っ
と
 
聞
こ
え
て
る
わ
よ
全
部
っ
!
 
  
て
な
い
の
に
:
:
:
:
 
  
 
分
か
っ
て
ま
す
よ
:
:
:
:
自
分
は
指
示
出
す
だ
け
で
何
も
し
  
な
!
 
  
 
い
い
か
ら
!
 
優
弥
は
言
わ
れ
た
仕
通
り
に
自
分
の
仕
事
を
し
  
で
す
よ
ね
 
  
 
確
か
に
:
:
:
:
こ
ん
な
に
混
む
事
 
こ
の
温
泉
で
は
初
め
て
  
当
に
珍
し
い
事
も
あ
る
も
ん
だ
わ
 












   

  
 
  
 
  
全
て
の
従
業
員
達
の
熱
き
戦
い
が
 
今
始
ま
っ
た
の
で
あ
る
 °
  
そ
し
て
他
の
従
業
員
達
も
 
本
格
的
に
仕
事
を
開
始
し
て
い
っ
た
 °
  
 
  
:
:
:
:
 
  
 
分
か
り
ま
し
た
:
:
:
:
そ
れ
じ
ゃ
 
レ
イ
さ
ん
も
頑
張
っ
て
  
 
そ
れ
で
は
 
健
闘
を
祈
る
ぞ
優
弥
 
  
 
  
ど
れ
程
大
変
か
よ
く
知
っ
て
た
の
だ
っ
た
 °
  
彼
は
絵
草
の
間
な
ど
で
の
体
験
か
ら
 
巨
大
な
宇
宙
人
の
相
手
が
  
レ
イ
に
そ
う
言
わ
れ
て
優
弥
は
ふ
と
思
い
返
す
 °
  
 
  
心
配
は
い
ら
ん
は
ず
だ
 °
 
  
 
今
の
お
前
に
は
 
知
識
も
技
量
も
そ
れ
な
り
に
あ
る
 °
な
ら
 
  
 
ま
あ
 
確
か
に
そ
う
で
す
け
ど
:
:
:
:
 
  
の
か
?
 
  
差
を
気
に
せ
ず
 
巨
人
相
手
に
仕
事
を
し
て
き
た
は
ず
じ
ゃ
な
い
  
 
別
に
い
つ
も
の
事
だ
ろ
う
 °
そ
れ
に
お
前
だ
っ
て
い
つ
も
体
格
  
強
そ
う
な
客
な
の
に
 
こ
ん
な
大
人
数
で
:
:
:
:
 





   

  
早
速
 
彼
女
の
事
を
浴
槽
ま
で
案
内
す
る
 °
  
は
  
目
の
前
に
い
る
 
富
豪
ら
し
き
巨
人
の
女
性
の
言
葉
を
聞
い
た
俺
  
 
  
 
噂
の
 
か
:
:
:
:
ま
あ
要
望
さ
れ
れ
ば
断
る
理
由
も
無
い
な
 
  
を
:
:
:
:
 
  
 
で
は
早
速
 
お
願
い
致
し
ま
す
わ
 °
噂
の
体
洗
い
と
い
う
も
の
  
 
  
今
に
も
飛
び
出
し
て
き
そ
う
で
あ
る
 °
  
し
か
し
二
つ
の
お
っ
ぱ
い
の
ふ
く
ら
み
は
 
そ
ん
な
ド
レ
ス
か
ら
  
き
彼
女
 °
  
い
か
に
も
高
級
そ
う
な
ド
レ
ス
に
身
を
包
ん
で
い
る
大
富
豪
ら
し
  
人
サ
イ
ズ
の
宇
宙
人
女
性
で
あ
っ
た
 °
  
珍
し
そ
う
に
俺
を
見
つ
め
る
の
は
 
両
胸
が
物
凄
い
大
き
さ
の
巨
  
 
  
ん
は
ず
だ
 
  
 
小
さ
く
て
も
仕
事
は
し
っ
か
り
や
れ
る
 °
だ
か
ら
心
配
は
い
ら
  
が
こ
ん
な
に
小
さ
い
と
は
:
:
:
:
 
  
 
お
話
は
聞
い
て
お
り
ま
し
た
が
 
ま
さ
か
本
当
に
ヨ
ク
ト
星
人
  
 

























   

  
の
深
い
谷
間
の
中
へ
ど
う
ぞ
:
:
:
:
 
  
 
で
は
最
後
に
私
の
お
っ
ぱ
い
を
お
願
い
し
ま
す
 °
ま
ず
は
 
  
 
  
そ
し
て
 °
  
そ
の
ま
ま
尻
 
背
中
と
腹
 
肩
と
順
序
良
く
こ
な
し
て
い
く
 °
  
い
登
る
 °
  
注
文
を
受
け
た
俺
は
そ
の
通
り
に
動
く
 °
肉
付
き
の
良
い
足
を
洗
  
 
  
 
分
か
っ
た
 
  
わ
 
  
 
で
は
下
半
身
か
ら
 
上
半
身
へ
 °
胸
は
最
後
に
お
願
い
し
ま
す
  
 
  
凄
ま
じ
き
胸
だ
 °
  
張
り
と
弾
力
と
重
量
感
 
全
て
を
兼
ね
備
え
た
超
巨
大
サ
イ
ズ
の
  
脱
い
で
見
る
と
そ
の
大
き
さ
は
数
倍
に
感
じ
ら
れ
た
 °
  
の
だ
が
  
ド
レ
ス
の
上
か
ら
で
も
胸
の
凄
さ
は
ハ
ッ
キ
リ
と
分
か
っ
て
い
た
  
て
い
た
 °
  
そ
し
て
俺
は
 
女
湯
へ
着
い
た
と
同
時
に
早
速
体
洗
い
を
開
始
し
  
 

























   

  
 
  
思
わ
ず
谷
間
の
奥
か
ら
 
女
性
へ
向
か
っ
て
声
を
上
げ
る
 °
  
二
つ
の
胸
に
挟
ま
れ
密
閉
さ
れ
て
し
ま
う
俺
 °
  
っ
て
き
た
 °
  
突
如
 
乳
の
壁
が
よ
り
強
さ
を
増
し
て
俺
を
押
し
つ
ぶ
そ
う
と
迫
  
 
  
む
に
ゅ
う
ん
!
  
 
  
は
ず
だ
っ
た
の
だ
が
 °
  
そ
れ
ら
を
押
し
の
け
 
順
調
に
仕
事
を
遂
行
し
て
い
た
 °
  
っ
て
く
る
が
  
上
下
左
右
あ
ら
ゆ
る
場
所
か
ら
 
豊
満
な
乳
と
い
う
名
の
壁
が
迫
  
俺
は
 
胸
の
谷
間
の
奥
で
必
死
に
仕
事
を
し
て
い
た
 °
  
 
  
 
  
 
  
後
に
起
こ
る
 
壮
絶
な
出
来
事
も
知
ら
ず
に
:
:
:
:
 °
  
て
い
く
 °
  
そ
う
言
わ
れ
た
俺
は
 
そ
の
ま
ま
深
い
深
い
谷
間
の
奥
へ
と
入
っ
  
 

























   

  
俺
は
乳
の
壁
の
隙
間
か
ら
何
と
か
腕
だ
け
を
出
し
て
 
近
く
の
突
  
 
  
 
:
:
:
:
仕
方
な
い
 
あ
の
方
法
で
行
く
か
 
  
 
  
ま
う
:
:
:
:
 °
  
ど
う
す
る
?
 
こ
の
ま
ま
で
は
胸
の
谷
間
で
ミ
ン
チ
に
な
っ
て
し
  
恐
ら
く
彼
女
は
 
俺
を
胸
の
谷
間
で
潰
そ
う
と
で
も
し
て
る
の
か
 °
  
ぐ
っ
と
乳
の
壁
に
手
を
押
し
当
て
て
も
 
全
く
反
応
が
無
い
 °
  
閉
だ
 °
  
乳
の
壁
の
挟
ま
り
が
強
く
な
る
 °
呼
吸
さ
え
も
苦
し
い
ほ
ど
の
密
  
 
  
も
に
ゅ
う
う
ぅ
ん
っ
!
!
  
 
  
で
 
何
だ
か
私
も
あ
な
た
に
抵
抗
し
た
く
な
っ
た
の
で
す
わ
 
  
 
あ
な
た
が
 
あ
ま
り
に
も
激
し
く
私
の
胸
を
押
し
の
け
ま
す
の
  
:
:
:
 
  
 
俺
が
ど
う
し
た
と
:
:
:
:
く
 
苦
し
い
!
 
胸
に
挟
ま
れ
:
  
も
:
:
:
:
 
  
 
ハ
イ
 °
す
い
ま
せ
ん
:
:
:
:
で
す
が
 
あ
な
た
が
あ
ま
り
に
  
 
こ
の
胸
の
挟
ま
り
の
強
さ
は
 
あ
な
た
の
せ
い
な
の
か
!
?
 

   

  
:
 
  
 
本
当
に
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
し
た
:
:
:
:
し
か
も
:
:
:
  
る
 °
な
ら
ば
す
べ
て
は
水
に
流
す
べ
き
は
ず
だ
 
  
 
な
に
 
謝
る
事
で
は
な
い
 °
俺
は
こ
う
し
て
無
事
に
生
き
て
い
  
 
さ
っ
き
は
ご
無
礼
を
致
し
ま
し
た
:
:
:
:
お
許
し
下
さ
い
 
  
 
  
 
  
 
  
功
し
た
の
だ
っ
た
 °
  
そ
し
て
俺
は
何
と
か
 
谷
間
か
ら
ス
ポ
ン
ッ
と
抜
け
出
す
事
に
成
  
の
を
見
逃
さ
な
い
 °
  
そ
の
瞬
間
 
彼
女
に
よ
る
胸
の
谷
間
の
押
し
つ
ぶ
し
が
弱
ま
っ
た
  
さ
す
が
に
こ
の
女
性
も
 
過
敏
に
反
応
し
て
体
を
の
け
ぞ
ら
せ
る
 °
  
乳
首
を
激
し
く
掴
ま
れ
た
の
だ
 °
  
 
  
 
ひ
ゃ
う
う
ぅ
ん
!
 
  
 
  
何
度
も
使
っ
た
確
実
な
技
だ
 °
  
こ
の
方
法
 
今
ま
で
巨
人
の
女
に
胸
の
谷
間
で
捕
ま
っ
た
と
き
に
  
起
物
を
全
力
で
握
り
締
め
た
 °














   

  
:
:
:
:
っ
て
 
あ
れ
?
 
レ
イ
さ
ん
?
 
  
足
し
て
帰
っ
て
く
れ
た
よ
う
だ
し
 
本
当
に
良
か
っ
た
良
か
っ
た
  
 
い
や
ぁ
:
:
:
:
何
と
か
団
体
の
お
客
さ
ん
達
も
み
ん
な
 
  
 
  
 
  
 
  
げ
出
す
よ
う
に
し
て
部
屋
か
ら
退
散
す
る
の
だ
っ
た
 °
  
そ
ん
な
彼
女
の
視
線
に
耐
え
ら
れ
な
く
な
っ
た
俺
は
 
す
ぐ
に
逃
  
 
  
 
そ
 
そ
う
か
:
:
:
:
な
ら
 
俺
は
こ
れ
で
:
:
:
:
 
  
 
  
ら
め
つ
つ
俺
の
事
を
見
つ
め
て
い
る
 °
  
そ
し
て
 
今
も
ま
だ
そ
の
高
揚
が
残
っ
て
い
る
ら
し
く
 
頬
を
赤
  
興
奮
し
て
い
た
よ
う
だ
っ
た
 °
  
胸
の
谷
間
で
俺
を
挟
ん
で
い
た
と
き
の
彼
女
は
 
非
常
に
高
揚
し
  
 
  
し
ま
せ
ん
で
し
た
も
の
:
:
:
:
 
  
セ
シ
リ
ア
が
 
あ
そ
こ
ま
で
熱
く
な
っ
て
し
ま
う
な
ん
て
思
い
も
  
 
あ
な
た
の
技
は
本
当
に
最
高
で
し
た
わ
:
:
:
:
ま
さ
か
こ
の
  
 
し
か
も
?
 




















   

  
  
  
  
  
  
  
溜
息
を
つ
く
事
し
か
出
来
ず
に
い
た
:
:
:
:
 °
  
た
っ
ぷ
り
と
遊
び
道
具
に
さ
れ
て
し
ま
っ
た
レ
イ
は
 
今
は
た
だ
  
セ
シ
リ
ア
が
泊
ま
っ
て
い
た
数
日
間
の
間
  
 
  
 
は
 
は
ぁ
:
:
:
:
そ
う
で
す
か
:
:
:
:
 
  
う
し
て
も
勝
て
な
い
相
手
と
い
う
も
の
が
い
る
ん
だ
:
:
:
:
 
  
 
聞
く
な
 
優
弥
:
:
:
:
こ
の
世
に
は
相
性
の
悪
い
相
手
 
  
 
あ
の
 
レ
イ
さ
ん
:
:
:
:
ど
う
し
て
そ
ん
な
 
お
疲
れ
に
?
 
  
 
  
優
弥
は
驚
か
ず
に
は
い
ら
れ
な
か
っ
た
 °
  
だ
が
隣
に
い
た
レ
イ
の
 
酷
く
や
つ
れ
た
顔
を
目
に
し
た
瞬
間
 
  
を
伸
ば
し
て
い
く
優
弥
 °
  
全
て
の
団
体
客
が
帰
っ
て
い
く
姿
を
見
送
り
つ
つ
 
グ
ッ
と
全
身
  
 

























  > ≫