し
た
ら
 
次
は
お
師
匠
様
に
何
を
言
わ
れ
る
か
 
分
か
っ
た
も
ん
  
 
本
当
に
今
度
は
大
丈
夫
な
ん
ス
か
 
ご
主
人
様
?
 
ま
た
失
敗
  
 
  
じ
っ
と
体
の
動
き
を
止
め
た
ま
ま
 
真
っ
直
ぐ
構
え
て
い
た
 °
  
手
の
ひ
ら
サ
イ
ズ
の
 
小
さ
な
ク
マ
の
ぬ
い
ぐ
る
み
に
向
か
っ
て
  
に
置
か
れ
た
  
彼
女
は
そ
の
棒
の
先
端
を
 
部
屋
の
中
心
に
あ
る
テ
|
ブ
ル
の
上
  
れ
て
い
る
 °
  
少
女
の
手
に
は
 
木
で
出
来
た
短
め
の
杖
の
よ
う
な
も
の
が
握
ら
  
 
  
何
や
ら
緊
張
し
た
面
持
ち
で
そ
の
場
に
立
っ
て
い
た
 °
  
を
身
に
纏
っ
た
一
人
の
少
女
が
  
そ
の
屋
敷
の
 
地
下
深
く
に
あ
る
部
屋
の
中
で
は
 
紫
の
ロ
|
ブ
  
る
 
古
び
た
巨
大
な
洋
風
の
お
屋
敷
 °
  
暗
く
怪
し
げ
な
雰
囲
気
を
漂
わ
せ
る
森
の
 
奥
深
く
に
建
っ
て
い
  
 
  
 
よ
|
し
:
:
:
:
じ
ゃ
あ
早
速
 
始
め
る
わ
よ
:
:
:
:
 
  
  
t
t
n
 
作
  
見
習
い
魔
法
使
い
の
失
敗
















≪ <  

  
人
前
の
魔
法
使
い
で
あ
る
 °
  
だ
が
魔
法
使
い
と
言
っ
て
も
 
少
女
は
ま
だ
見
習
い
段
階
の
 
  
 
  
っ
た
 °
  
少
女
の
正
体
は
驚
く
べ
き
事
に
 
な
ん
と
本
物
の
魔
法
使
い
で
あ
  
こ
の
謎
の
生
き
物
は
 
少
女
が
使
役
し
て
い
る
使
い
魔
で
あ
り
  
 
  
も
の
で
あ
る
 °
  
デ
フ
ォ
ル
メ
さ
れ
た
 
可
愛
ら
し
い
悪
魔
の
キ
ャ
ラ
ク
タ
|
そ
の
  
見
た
目
は
一
言
で
言
っ
て
し
ま
え
ば
  
大
き
さ
は
ち
ょ
う
ど
 
少
女
の
顔
と
同
じ
く
ら
い
で
あ
り
 
そ
の
  
き
物
で
あ
っ
た
 °
  
ふ
わ
ふ
わ
と
空
中
に
浮
か
ん
で
い
る
 
小
さ
な
悪
魔
の
よ
う
な
生
  
羽
を
動
か
し
な
が
ら
  
少
女
に
向
か
っ
て
横
か
ら
声
を
掛
け
て
き
た
の
は
 
彼
女
の
隣
で
  
 
  
は
 
絶
対
に
成
功
さ
せ
て
み
せ
る
ん
だ
か
ら
:
:
:
:
 
  
ら
 
私
の
命
令
に
従
っ
て
い
れ
ば
い
い
の
よ
 °
そ
れ
に
今
度
こ
そ
  
 
う
る
さ
い
わ
ね
:
:
:
:
あ
ん
た
は
た
だ
の
使
い
魔
な
ん
だ
か
  
じ
ゃ
な
い
っ
ス
よ
?
 

















   

  
 
  
 
○
△
□
×
:
:
:
:
○
△
□
×
:
:
:
:
○
△
□
×
:
:
:
:
 
  
 
  
何
故
か
い
き
な
り
 
謎
の
言
語
を
口
に
し
始
め
る
 °
  
手
に
持
っ
て
い
た
小
さ
な
杖
を
構
え
た
ま
ま
目
を
瞑
り
  
強
気
な
口
調
で
 
使
い
魔
の
文
句
に
言
葉
を
返
し
て
い
た
少
女
は
  
 
  
:
!
 
  
を
成
功
さ
せ
て
 
お
師
匠
様
に
認
め
て
も
ら
う
ん
だ
か
ら
:
:
:
  
っ
て
見
て
な
さ
い
っ
て
の
!
 
今
度
こ
そ
:
:
:
:
新
し
い
魔
法
  
 
あ
ん
た
は
余
計
な
一
言
が
多
い
の
よ
!
 
い
い
か
ら
今
は
 
  
か
り
な
の
に
ス
か
?
 
  
 
つ
い
昨
日
 
魔
法
を
失
敗
さ
せ
て
 
師
匠
に
散
々
怒
ら
れ
た
ば
  
:
:
:
 
  
ら
 
充
分
に
成
功
さ
せ
る
事
が
出
来
る
は
ず
よ
 °
間
違
い
な
く
:
  
 
物
を
大
き
く
す
る
魔
法
:
:
:
:
そ
ん
な
の
 
今
の
私
の
力
な
  
 
  
一
流
の
魔
法
使
い
の
元
で
 
一
か
ら
修
業
中
の
身
だ
っ
た
 °
  
匠
で
あ
る
  
ち
ゃ
ん
と
使
え
る
魔
法
も
ま
だ
数
え
る
ほ
ど
し
か
な
く
 
今
は
師

   

  
そ
こ
ま
で
呪
文
を
言
い
終
え
る
と
少
女
は
 
不
意
に
杖
を
高
々
と
  
 
  
 
○
□
×
△
:
:
:
:
:
:
:
:
 
  
 
  
く
固
く
誓
っ
て
い
た
 °
  
だ
が
今
度
こ
そ
は
絶
対
に
必
ず
成
功
さ
せ
て
み
せ
る
 °
少
女
は
強
  
た
少
女
 °
  
大
失
敗
を
巻
き
起
こ
し
て
 
師
匠
に
ま
で
迷
惑
を
掛
け
続
け
て
き
  
び
に
  
今
ま
で
何
度
も
 
課
題
を
成
功
さ
せ
よ
う
と
魔
法
を
発
動
す
る
た
  
 
  
た
の
だ
 °
  
今
回
師
匠
か
ら
少
女
に
与
え
ら
れ
た
 
新
た
な
魔
法
の
課
題
だ
っ
  
く
す
る
事
こ
そ
が
  
こ
の
魔
法
を
無
事
に
発
動
さ
せ
て
 
ク
マ
の
ぬ
い
ぐ
る
み
を
大
き
  
法
を
発
動
さ
せ
る
た
め
の
呪
文
で
あ
る
 °
  
こ
れ
は
 
少
女
が
師
匠
か
ら
先
日
習
っ
た
 
物
を
大
き
く
す
る
魔
  
 
  
続
け
て
い
く
少
女
 °
  
意
識
を
杖
の
先
に
集
中
さ
せ
て
 
ボ
ソ
ボ
ソ
と
謎
の
言
語
を
呟
き

   

  
 
ご
 
ご
主
人
様
っ
!
 
上
 
上
ぇ
!
 
  
 
  
か
ら
切
羽
詰
ま
っ
た
声
が
聞
こ
え
て
く
る
 °
  
彼
女
が
杖
を
探
し
 
辺
り
を
見
回
そ
う
と
す
る
と
 
い
き
な
り
横
  
握
ら
れ
て
い
な
か
っ
た
 °
  
少
女
の
手
に
は
何
故
か
 
先
程
ま
で
持
っ
て
い
た
は
ず
の
杖
が
 
  
 
  
 
あ
:
:
:
:
あ
れ
?
 
杖
が
 
無
く
な
っ
た
?
 
  
 
  
だ
が
 °
  
 
  
せ
よ
う
と
す
る
 °
  
テ
|
ブ
ル
の
上
の
ク
マ
の
ぬ
い
ぐ
る
み
へ
向
け
 
魔
法
を
発
動
さ
  
下
ろ
し
て
  
叫
び
な
が
ら
少
女
は
 
頭
上
に
掲
げ
て
い
た
杖
を
勢
い
よ
く
振
り
  
 
  
 
さ
あ
!
 
今
す
ぐ
:
:
:
:
大
き
く
な
ぁ
れ
っ
!
!
!
 
  
 
  
今
度
は
大
き
く
 
辺
り
に
響
き
渡
る
よ
う
な
声
で
叫
ぶ
 °
  
頭
上
に
掲
げ
て




















   

  
と
か
?
 
  
法
ま
で
が
 
一
緒
に
ご
主
人
様
へ
と
降
っ
て
き
て
い
た
:
:
:
:
  
っ
て
き
た
時
に
 
杖
の
先
端
か
ら
出
て
い
た
物
を
大
き
く
す
る
魔
  
 
ま
さ
か
:
:
:
:
杖
が
頭
上
か
ら
 
ご
主
人
様
に
向
か
っ
て
降
  
 
こ
れ
は
 
魔
法
の
光
:
:
:
:
?
 
  
 
  
彼
女
の
体
か
ら
は
 
怪
し
げ
な
光
が
溢
れ
出
し
て
き
て
い
た
の
だ
 °
  
に
気
が
付
く
 °
  
少
女
は
 
使
い
魔
へ
の
反
論
の
途
中
で
ふ
と
 
自
分
の
体
の
異
変
  
 
  
か
ら
呪
文
を
唱
え
直
せ
ば
い
い
ん
だ
し
:
:
:
:
ん
?
 
  
 
馬
鹿
み
た
い
に
と
は
何
よ
!
 
別
に
失
敗
し
た
な
ら
 
ま
た
一
  
抜
け
る
ん
ス
!
 
な
ん
で
こ
う
 
い
つ
も
学
習
し
な
い
ん
ス
か
!
 
  
振
り
下
ろ
す
か
ら
 
ま
た
い
つ
も
み
た
い
に
手
か
ら
杖
が
す
っ
ぽ
  
 
ご
主
人
様
が
上
に
投
げ
て
た
ん
ス
よ
!
 
馬
鹿
み
た
い
に
強
く
  
 
痛
っ
:
:
:
:
え
?
 
杖
が
降
っ
て
き
た
:
:
:
:
?
 
  
 
  
少
女
が
使
い
魔
の
声
を
聞
き
 
上
を
向
い
た
 
次
の
瞬
間
 °
  
 
  
 
え
 
上
:
:
:
:
?
 
















   

  
き
  
そ
の
二
つ
の
膨
ら
み
は
 
更
に
ド
ン
ド
ン
と
大
き
さ
を
増
し
て
い
  
巨
大
な
二
つ
の
膨
ら
み
が
あ
っ
た
 °
  
き
出
し
て
い
る
  
そ
こ
に
は
ロ
|
ブ
を
突
き
破
ろ
う
と
す
る
ほ
ど
に
 
前
方
へ
と
突
  
て
み
る
と
  
使
い
魔
の
声
を
聞
い
た
少
女
が
 
自
分
の
胸
元
へ
視
線
を
落
と
し
  
 
  
 
え
?
 
胸
が
一
体
ど
う
し
た
っ
て
:
:
:
:
え
え
え
ぇ
ぇ
ぇ
っ
!
 
  
 
ご
 
ご
主
人
様
!
 
む
っ
:
:
:
:
胸
が
:
:
:
:
 
  
 
今
の
音
:
:
:
:
ま
さ
か
 
ブ
ラ
の
ホ
ッ
ク
が
壊
れ
た
の
?
 
  
 
  
ツ
ン
ッ
と
い
う
音
が
聞
こ
え
て
く
る
 °
  
少
女
が
そ
の
苦
し
さ
に
慌
て
て
い
る
と
 
い
き
な
り
背
中
か
ら
バ
  
さ
を
覚
え
る
 °
  
不
意
に
彼
女
は
 
胸
元
に
グ
ッ
と
込
み
上
げ
て
く
る
よ
う
な
苦
し
  
少
女
が
そ
こ
ま
で
話
を
し
た
 
そ
の
次
の
瞬
間
 °
  
 
  
が
 
私
に
掛
か
っ
た
っ
て
事
に
な
る
ん
じ
ゃ
:
:
:
:
 
  
 
え
っ
?
 
そ
れ
だ
と
つ
ま
り
:
:
:
:
物
を
大
き
く
す
る
魔
法

   

  
く
な
っ
て
る
!
?
 
  
な
:
:
:
:
:
:
:
:
と
い
う
か
コ
レ
 
完
全
に
私
自
身
が
大
き
  
 
背
?
 
あ
れ
 
そ
う
い
え
ば
何
だ
か
目
線
が
や
け
に
高
い
よ
う
  
 
ご
主
人
様
 
背
が
:
:
:
:
 
  
 
  
な
い
 °
  
そ
し
て
大
き
く
な
っ
て
い
た
の
は
 
何
も
少
女
の
両
胸
だ
け
で
は
  
 
  
む
し
ろ
さ
ら
に
勢
い
を
増
し
て
い
っ
て
い
る
よ
う
に
思
え
た
 °
  
止
ま
る
事
は
無
く
  
そ
し
て
ロ
|
ブ
を
突
き
破
っ
て
も
 
ま
だ
彼
女
の
両
胸
の
成
長
が
  
少
女
の
両
胸
の
膨
ら
み
 
つ
ま
り
は
 
お
っ
ぱ
い
 
で
あ
っ
た
 °
  
の
は
何
と
  
ブ
ラ
の
ホ
ッ
ク
を
破
壊
し
 
ロ
|
ブ
の
中
か
ら
突
き
出
し
て
き
た
  
 
  
し
て
き
た
っ
!
 
  
 
き
ゃ
あ
あ
っ
!
 
私
の
 
む
:
:
:
:
胸
が
い
き
な
り
飛
び
出
  
 
  
ボ
ン
っ
と
飛
び
出
し
て
く
る
 °
  
あ
っ
と
い
う
間
に
彼
女
が
着
て
い
た
ロ
|
ブ
の
布
を
突
き
破
り
 

   

  
屋
敷
の
天
井
に
 
彼
女
の
頭
は
ぶ
つ
か
っ
て
し
ま
う
 °
  
そ
の
ま
ま
少
女
の
巨
大
化
は
更
に
勢
い
を
増
し
て
い
き
 
遂
に
は
  
 
  
ら
あ
あ
ぁ
ぁ
っ
!
 
  
 
無
理
っ
ス
よ
ぉ
!
 
自
分
は
所
詮
 
た
だ
の
使
い
魔
な
ん
ス
か
  
の
!
 
も
う
:
:
:
:
今
す
ぐ
 
何
と
か
し
て
ぇ
ぇ
っ
!
 
  
 
こ
の
ま
ま
じ
ゃ
:
:
:
:
屋
敷
を
突
き
破
っ
ち
ゃ
う
じ
ゃ
な
い
  
 
  
勢
い
で
巨
大
化
し
て
い
っ
た
 °
  
そ
し
て
少
女
の
両
手
や
両
足
 
腰
な
ど
何
も
か
も
が
 
凄
ま
じ
い
  
ら
ん
で
い
く
太
も
も
 °
  
ム
チ
ム
チ
さ
を
増
し
な
が
ら
 
ド
ン
ド
ン
太
く
長
く
大
き
く
 
  
く
お
尻
 °
  
パ
ン
ツ
を
ビ
リ
リ
と
破
り
な
が
ら
 
更
に
勢
い
よ
く
膨
ら
ん
で
い
  
 
  
そ
の
全
身
が
徐
々
に
 
ム
ク
ム
ク
と
巨
大
化
し
始
め
て
い
た
の
だ
 °
  
彼
女
の
胸
だ
け
で
は
な
く
  
自
身
が
放
っ
た
魔
法
を
そ
の
身
に
浴
び
て
し
ま
っ
た
事
に
よ
り
 
  
少
女
の
考
え
は
正
解
で
あ
っ
た
 °
  
 

























   

  
数
時
間
後
 °
  
 
  
て
い
る
頃
か
:
:
:
:
:
:
:
:
え
?
 
  
 
:
:
:
:
さ
て
 
今
頃
は
上
手
く
ぬ
い
ぐ
る
み
を
大
き
く
出
来
  
 
  
 
  
 
  
 
  
彼
女
の
尻
の
下
に
 
す
っ
か
り
敷
か
れ
て
し
ま
う
の
だ
っ
た
 °
  
最
後
に
は
完
全
に
 
元
の
屋
敷
の
原
型
を
無
く
し
  
さ
れ
て
し
ま
い
  
屋
敷
は
結
局
 
巨
大
化
の
止
ま
ら
な
い
少
女
の
体
に
よ
っ
て
破
壊
  
 
  
 
自
分
に
聞
か
な
い
で
欲
し
い
っ
ス
う
う
う
ぅ
ぅ
っ
!
 
  
 
も
う
 
ど
う
す
り
ゃ
い
い
の
よ
お
お
お
お
ぉ
ぉ
ぉ
っ
!
 
  
 
  
っ
と
巨
大
に
な
っ
て
い
っ
た
 °
  
屋
敷
の
天
井
を
破
壊
し
て
突
き
破
り
 
一
切
止
ま
る
事
な
く
 
  
大
化
の
止
ま
ら
な
い
少
女
の
体
は
  
だ
が
 
頭
が
ぶ
つ
か
っ
た
程
度
で
当
然
終
わ
る
は
ず
も
無
く
 

   

  
 
全
く
:
:
:
:
ホ
ン
ト
ご
主
人
様
は
 
魔
法
力
は
無
駄
な
く
ら
  
 
だ
 
だ
っ
て
:
:
:
:
師
匠
は
 
全
力
を
出
せ
っ
て
:
:
:
:
 
  
っ
た
じ
ゃ
な
い
ス
か
!
 
  
当
た
っ
て
い
た
と
し
て
も
 
や
っ
ぱ
り
そ
れ
は
そ
れ
で
大
参
事
だ
  
な
に
巨
大
化
す
る
ん
ス
!
 
も
し
こ
の
魔
法
が
 
ぬ
い
ぐ
る
み
に
  
 
だ
か
ら
知
ら
な
い
と
言
っ
て
る
っ
ス
よ
!
 
大
体
 
何
で
こ
ん
  
 
も
お
ぉ
ぉ
!
 
こ
れ
か
ら
一
体
 
ど
う
す
り
ゃ
い
い
の
よ
ぉ
!
 
  
 
  
喋
っ
て
い
た
 °
  
自
分
の
使
い
魔
に
向
か
っ
て
 
街
中
に
響
き
渡
る
よ
う
な
大
声
で
  
見
え
る
で
あ
ろ
う
  
彼
女
は
そ
の
場
か
ら
一
歩
も
動
け
な
い
ま
ま
 
今
は
豆
粒
ほ
ど
に
  
ま
ま
の
姿
で
い
る
 
弟
子
の
魔
法
使
い
 °
  
今
ま
で
住
ん
で
き
た
屋
敷
を
 
お
尻
の
下
敷
き
に
し
 
生
ま
れ
た
  
 
  
い
魔
法
使
い
の
少
女
の
姿
で
あ
っ
た
 °
  
そ
の
上
に
ぺ
た
ん
と
座
っ
て
い
る
 
あ
ま
り
に
も
巨
大
な
 
見
習
  
そ
れ
は
 
跡
形
も
な
く
な
っ
て
い
た
自
ら
の
屋
敷
と
  
の
 °
  
買
い
出
し
か
ら
帰
っ
て
き
た
 
師
匠
の
魔
法
使
い
が
目
に
し
た
も

   

  
師
匠
の
魔
法
使
い
は
 
こ
れ
か
ら
に
関
し
て
考
え
を
巡
ら
せ
な
が
  
 
  
う
だ
 
ハ
ァ
:
:
:
:
 
  
:
:
:
こ
り
ゃ
随
分
と
魔
法
力
を
ま
た
使
わ
な
く
ち
ゃ
い
け
な
そ
  
つ
を
元
の
大
き
さ
に
戻
す
の
と
 
屋
敷
を
ま
た
復
元
す
る
の
と
:
  
 
ど
う
や
ら
 
や
っ
ぱ
り
ま
た
失
敗
か
:
:
:
:
そ
し
て
 
あ
い
  
 
  
を
つ
い
て
頭
を
抱
え
る
 °
  
そ
ん
な
二
人
の
声
を
聞
き
な
が
ら
 
師
匠
の
魔
法
使
い
は
た
め
息
  
魔
 °
  
大
声
で
叫
ぶ
少
女
と
 
そ
れ
に
負
け
じ
と
叫
び
声
を
上
げ
る
使
い
  
 
  
ぇ
っ
!
 
  
 
言
わ
せ
て
お
け
ば
 
こ
の
:
:
:
:
チ
ビ
使
い
魔
め
え
え
ぇ
ぇ
  
ス
か
!
 
  
 
無
駄
だ
か
ら
無
駄
と
言
っ
た
ん
ス
!
 
そ
れ
の
ど
こ
が
悪
い
ん
  
使
い
魔
の
分
際
で
よ
く
も
ぉ
!
 
  
 
だ
|
か
|
ら
|
:
:
:
:
無
駄
っ
て
一
体
ど
う
い
う
事
よ
!
 
  
な
い
ん
ス
か
ら
:
:
:
:
 
  
い
 
桁
外
れ
に
凄
ま
じ
い
の
に
 
そ
れ
を
ち
っ
と
も
上
手
く
使
え

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
続
け
て
い
く
の
だ
っ
た
 °
  
そ
ん
な
中
 
少
女
と
使
い
魔
は
堂
々
巡
り
の
口
喧
嘩
を
 
延
々
と
  
一
人
で
ど
ん
よ
り
と
落
ち
込
ん
だ
表
情
を
見
せ
る
 °
  
ら

























  > ≫