大宇宙温泉物語

ttn 作
Copyright 2014 by ttn All rights reserved.

「ふぅ……今日も大満足だったぜ……」

今日もどこかで、女性へのセクハラを働いてきたのだろうか。
川田は満足げな顔を浮かべながら、自宅の扉を開いていた。

そして彼は靴を脱ぎ、居間へと続く通路を歩いていく。
そしてドッカリと居間の中心に座り込んだあと
川田はリモコンで、テレビの電源を付けていた。

そのまま彼が、セクハラの興奮による余韻に浸りながらボーっとテレビを眺めていると
新たに居間を歩いてくる、何者かの足音が聞こえてきた。

「あら、幸太郎。今日は随分と早いのね……」

部屋の扉を開けて中へと入り、声を掛けてきたその人物は、女性であった。
綺麗で長い黒髪に、真っ白なカチューシャを付け
スラリとしつつも大人びた体型に、端正な顔立ちを併せ持ち
厳格な厳しさの中にも優しさを秘めているような、不思議な表情を浮かべている、その女性。

「ああ……何だ、咲姉ちゃんか。お帰り」

彼女の正体は驚くべき事に、川田の実の姉である、川田咲子であった。

ちなみに幸太郎、というのは川田の下の名前だ。
川田幸太郎。それが川田の本名なのである。

「確かいつもなら、夜遅くまで帰ってこないはずでしょ?」

幸太郎の姉である咲子は、文武両道で容姿端麗であり
学校ではファンクラブがあるほどの有名人である。

そしてその弟である、川田幸太郎も実は、姉と同じくかなりの美形であった。
ファッションや髪型に気を遣えば、ちょっとしたアイドルぐらいのカッコ良さにはなるはずなのだ。

だか幸太郎はそんな事に、全く興味は無い。
今日もいつものように友人の松尾を連れ、女の子へのセクハラ行為に夢中であり
彼の変態っぷりに注目する人はいても、その容姿にあえて注目する人など全くいないのである。

「なんか今日は不作だったからさ。しかしやっぱ、優弥の温泉の方が可愛い子いるかもな……」
「……ふーん、そう……」

そんな弟のボヤキを軽く聞き流しながら
咲子は、自分の部屋へと続く階段を上がっていく。

「そういえば咲姉ちゃんさ。今日はやけに楽しそうな顔してたけど……何かあった?」

その言葉に一瞬動揺しながらも、それを必死に隠し、足早に階段を上がっていく咲子。



彼女はその後、自分の部屋へと入って鍵をしっかりと閉めたあと
明かりも点けずに、何故かいきなり部屋の真ん中で、息を荒くし始めていた。

「ふふっ……今日の後輩の女の子、本当に可愛かったわねぇ……しかも、あの純朴そうな顔に似合わず、おっぱいなんか私と同じくらいに大きかったし……」

部屋の真ん中で、少し大きな声を出しながら、独り言を呟いていく咲子。
彼女は豊満すぎるほどに大きな自分の胸を、服の上から力強く掴むようにして揉みながら
饒舌になって話し続けていく。

「んへへ……それで私の事を、ウルウルした目で見つめていたあの姿は、まさしく萌えの塊みたいなものだったし……興奮を抑えるのが、本当に大変だったわぁ……」

実は、幸太郎の姉である咲子もまた、弟と同じくらいか、それ以上のド変態なのである。

そして今日は、自分の事を慕って声を掛けてきた、後輩の女の子に対して
まるでオッサンのような、変態的な眼差しを向けていた咲子。

その少女の事を思い出しながら彼女は、家に帰ってきた今になってもまだ
興奮を抑える事が全く出来ずにいた。

「あぁ……明日は一体、どんな萌える子に出会えるのかしら……もう、明日への期待が今から収まらないわ……」


興奮と快楽の渦の中で、思考の巡らせ続けていた咲子。
恐らく彼女の興奮が収まるには、まだまだ時間が掛かるはずである。



「咲姉ちゃん、また部屋の中で一人、妄想をスパークさせてるよ……我が姉ながら、流石だな、全く……」

一方、下の居間でテレビを見ていた幸太郎は、軽く呆れながら頭をかいていた。

幸太郎は驚くべき事に何と、姉のこういった知られざる変態っぷりを知っている。
咲子は家族や知り合いなど、ごく近しい者の前では、自らの変態性を一切隠すことなく
堂々と見せつけるようにして、いつも振る舞っているのだ。

だが咲子は学校の中だと、優しい優等生の先輩で通っている。
そんな姉の評判を、弟の自分が自ら壊すのも、何か気が引けると考えていた幸太郎は
あえて咲子の前では知らないフリをして、その正体を言わないようにしていた。

「まぁ、咲姉ちゃんの変態性なんて、別にどうでも良いんだけどな……よぉぉぉし! 明日は松尾も連れて、大宇宙温泉の女湯にでも忍び込むかぁっ!!」



この姉にしてこの弟あり。
今日も明日も、姉弟そろって
己が欲望のままに生きているのである。