あ
ら
 
幸
太
郎
 °
今
日
は
随
分
と
早
い
の
ね
:
:
:
:
 
  
 
  
新
た
に
居
間
を
歩
い
て
く
る
 
何
者
か
の
足
音
が
聞
こ
え
て
き
た
 °
  
ボ
|
っ
と
テ
レ
ビ
を
眺
め
て
い
る
と
  
そ
の
ま
ま
彼
が
 
セ
ク
ハ
ラ
の
興
奮
に
よ
る
余
韻
に
浸
り
な
が
ら
  
 
  
川
田
は
リ
モ
コ
ン
で
 
テ
レ
ビ
の
電
源
を
付
け
て
い
た
 °
  
そ
し
て
ド
ッ
カ
リ
と
居
間
の
中
心
に
座
り
込
ん
だ
あ
と
  
そ
し
て
彼
は
靴
を
脱
ぎ
 
居
間
へ
と
続
く
通
路
を
歩
い
て
い
く
 °
  
 
  
た
 °
  
川
田
は
満
足
げ
な
顔
を
浮
か
べ
な
が
ら
 
自
宅
の
扉
を
開
い
て
い
  
う
か
 °
  
今
日
も
ど
こ
か
で
 
女
性
へ
の
セ
ク
ハ
ラ
を
働
い
て
き
た
の
だ
ろ
  
 
  
 
ふ
ぅ
:
:
:
:
今
日
も
大
満
足
だ
っ
た
ぜ
:
:
:
:
 
  
  
t
t
n
 
作
  
大
宇
宙
温
泉
物
語



















≪ <  

  
学
校
で
は
フ
ァ
ン
ク
ラ
ブ
が
あ
る
ほ
ど
の
有
名
人
で
あ
る
 °
  
幸
太
郎
の
姉
で
あ
る
咲
子
は
 
文
武
両
道
で
容
姿
端
麗
で
あ
り
  
 
  
 
確
か
い
つ
も
な
ら
 
夜
遅
く
ま
で
帰
っ
て
こ
な
い
は
ず
で
し
ょ
?
 
  
 
  
川
田
幸
太
郎
 °
そ
れ
が
川
田
の
本
名
な
の
で
あ
る
 °
  
ち
な
み
に
幸
太
郎
 
と
い
う
の
は
川
田
の
下
の
名
前
だ
 °
  
 
  
咲
子
で
あ
っ
た
 °
  
彼
女
の
正
体
は
驚
く
べ
き
事
に
 
川
田
の
実
の
姉
で
あ
る
 
川
田
  
 
  
 
あ
あ
:
:
:
:
何
だ
 
咲
姉
ち
ゃ
ん
か
 °
お
帰
り
 
  
 
  
議
な
表
情
を
浮
か
べ
て
い
る
 
そ
の
女
性
 °
  
厳
格
な
厳
し
さ
の
中
に
も
優
し
さ
を
秘
め
て
い
る
よ
う
な
 
不
思
  
持
ち
  
ス
ラ
リ
と
し
つ
つ
も
大
人
び
た
体
型
に
 
端
正
な
顔
立
ち
を
併
せ
  
綺
麗
で
長
い
黒
髪
に
 
真
っ
白
な
カ
チ
ュ
|
シ
ャ
を
付
け
  
は
 
女
性
で
あ
っ
た
 °
  
部
屋
の
扉
を
開
け
て
中
へ
と
入
り
 
声
を
掛
け
て
き
た
そ
の
人
物

   

  
 
そ
う
い
え
ば
咲
姉
ち
ゃ
ん
さ
 °
今
日
は
や
け
に
楽
し
そ
う
な
顔
  
 
  
咲
子
は
 
自
分
の
部
屋
へ
と
続
く
階
段
を
上
が
っ
て
い
く
 °
  
そ
ん
な
弟
の
ボ
ヤ
キ
を
軽
く
聞
き
流
し
な
が
ら
  
 
  
 
:
:
:
:
ふ
|
ん
 
そ
う
:
:
:
:
 
  
の
温
泉
の
方
が
可
愛
い
子
い
る
か
も
な
:
:
:
:
 
  
 
な
ん
か
今
日
は
不
作
だ
っ
た
か
ら
さ
 °
し
か
し
や
っ
ぱ
 
優
弥
  
 
  
て
注
目
す
る
人
な
ど
全
く
い
な
い
の
で
あ
る
 °
  
彼
の
変
態
っ
ぷ
り
に
注
目
す
る
人
は
い
て
も
 
そ
の
容
姿
に
あ
え
  
ク
ハ
ラ
行
為
に
夢
中
で
あ
り
  
今
日
も
い
つ
も
の
よ
う
に
友
人
の
松
尾
を
連
れ
 
女
の
子
へ
の
セ
  
だ
か
幸
太
郎
は
そ
ん
な
事
に
 
全
く
興
味
は
無
い
 °
  
 
  
ル
ぐ
ら
い
の
カ
ッ
コ
良
さ
に
は
な
る
は
ず
な
の
だ
 °
  
フ
ァ
ッ
シ
ョ
ン
や
髪
型
に
気
を
遣
え
ば
 
ち
ょ
っ
と
し
た
ア
イ
ド
  
な
り
の
美
形
で
あ
っ
た
 °
  
そ
し
て
そ
の
弟
で
あ
る
 
川
田
幸
太
郎
も
実
は
 
姉
と
同
じ
く
か
  
 

























   

  
力
強
く
掴
む
よ
う
に
し
て
揉
み
な
が
ら
  
彼
女
は
豊
満
す
ぎ
る
ほ
ど
に
大
き
な
自
分
の
胸
を
 
服
の
上
か
ら
  
呟
い
て
い
く
咲
子
 °
  
部
屋
の
真
ん
中
で
 
少
し
大
き
な
声
を
出
し
な
が
ら
 
独
り
言
を
  
 
  
お
っ
ぱ
い
な
ん
か
私
と
同
じ
く
ら
い
に
大
き
か
っ
た
し
:
:
:
:
 
  
た
わ
ね
ぇ
:
:
:
:
し
か
も
 
あ
の
純
朴
そ
う
な
顔
に
似
合
わ
ず
 
  
 
ふ
ふ
っ
:
:
:
:
今
日
の
後
輩
の
女
の
子
 
本
当
に
可
愛
か
っ
  
 
  
を
荒
く
し
始
め
て
い
た
 °
  
明
か
り
も
点
け
ず
に
 
何
故
か
い
き
な
り
部
屋
の
真
ん
中
で
 
  
め
た
あ
と
  
彼
女
は
そ
の
後
 
自
分
の
部
屋
へ
と
入
っ
て
鍵
を
し
っ
か
り
と
閉
  
 
  
 
  
 
  
早
に
階
段
を
上
が
っ
て
い
く
咲
子
 °
  
そ
の
言
葉
に
一
瞬
動
揺
し
な
が
ら
も
 
そ
れ
を
必
死
に
隠
し
 
  
 
  
し
て
た
け
ど
:
:
:
:
何
か
あ
っ
た
?
 










   

  
 
あ
ぁ
:
:
:
:
明
日
は
一
体
 
ど
ん
な
萌
え
る
子
に
出
会
え
る
  
 
  
興
奮
を
抑
え
る
事
が
全
く
出
来
ず
に
い
た
 °
  
今
に
な
っ
て
も
ま
だ
  
そ
の
少
女
の
事
を
思
い
出
し
な
が
ら
彼
女
は
 
家
に
帰
っ
て
き
た
  
 
  
咲
子
 °
  
ま
る
で
オ
ッ
サ
ン
の
よ
う
な
 
変
態
的
な
眼
差
し
を
向
け
て
い
た
  
の
女
の
子
に
対
し
て
  
そ
し
て
今
日
は
 
自
分
の
事
を
慕
っ
て
声
を
掛
け
て
き
た
 
後
輩
  
 
  
そ
れ
以
上
の
ド
変
態
な
の
で
あ
る
 °
  
実
は
 
幸
太
郎
の
姉
で
あ
る
咲
子
も
ま
た
 
弟
と
同
じ
く
ら
い
か
 
  
 
  
ぁ
:
:
:
:
 
  
っ
た
し
:
:
:
:
興
奮
を
抑
え
る
の
が
 
本
当
に
大
変
だ
っ
た
わ
  
つ
め
て
い
た
あ
の
姿
は
 
ま
さ
し
く
萌
え
の
塊
み
た
い
な
も
の
だ
  
 
ん
へ
へ
:
:
:
:
そ
れ
で
私
の
事
を
 
ウ
ル
ウ
ル
し
た
目
で
見
  
 
  
饒
舌
に
な
っ
て
話
し
続
け
て
い
く
 °












   

  
咲
子
は
家
族
や
知
り
合
い
な
ど
 
ご
く
近
し
い
者
の
前
で
は
 
  
変
態
っ
ぷ
り
を
知
っ
て
い
る
 °
  
幸
太
郎
は
驚
く
べ
き
事
に
何
と
 
姉
の
こ
う
い
っ
た
知
ら
れ
ざ
る
  
 
  
な
が
ら
頭
を
か
い
て
い
た
 °
  
一
方
 
下
の
居
間
で
テ
レ
ビ
を
見
て
い
た
幸
太
郎
は
 
軽
く
呆
れ
  
 
  
:
 
  
せ
て
る
よ
:
:
:
:
我
が
姉
な
が
ら
 
流
石
だ
な
 
全
く
:
:
:
  
 
咲
姉
ち
ゃ
ん
 
ま
た
部
屋
の
中
で
一
人
 
妄
想
を
ス
パ
|
ク
さ
  
 
  
 
  
 
  
は
ず
で
あ
る
 °
  
恐
ら
く
彼
女
の
興
奮
が
収
ま
る
に
は
 
ま
だ
ま
だ
時
間
が
掛
か
る
  
興
奮
と
快
楽
の
渦
の
中
で
 
思
考
の
巡
ら
せ
続
け
て
い
た
咲
子
 °
  
 
  
 
  
い
わ
:
:
:
:
 
  
の
か
し
ら
:
:
:
:
も
う
 
明
日
へ
の
期
待
が
今
か
ら
収
ま
ら
な

   

  
己
が
欲
望
の
ま
ま
に
生
き
て
い
る
の
で
あ
る
 °
  
今
日
も
明
日
も
 
姉
弟
そ
ろ
っ
て
  
こ
の
姉
に
し
て
こ
の
弟
あ
り
 °
  
 
  
 
  
 
  
大
宇
宙
温
泉
の
女
湯
に
で
も
忍
び
込
む
か
ぁ
っ
!
!
 
  
ん
だ
け
ど
な
:
:
:
:
よ
ぉ
ぉ
ぉ
し
!
 
明
日
は
松
尾
も
連
れ
て
 
  
 
ま
ぁ
 
咲
姉
ち
ゃ
ん
の
変
態
性
な
ん
て
 
別
に
ど
う
で
も
良
い
  
 
  
わ
な
い
よ
う
に
し
て
い
た
 °
  
あ
え
て
咲
子
の
前
で
は
知
ら
な
い
フ
リ
を
し
て
 
そ
の
正
体
を
言
  
引
け
る
と
考
え
て
い
た
幸
太
郎
は
  
そ
ん
な
姉
の
評
判
を
 
弟
の
自
分
が
自
ら
壊
す
の
も
 
何
か
気
が
  
い
る
 °
  
だ
が
咲
子
は
学
校
の
中
だ
と
 
優
し
い
優
等
生
の
先
輩
で
通
っ
て
  
 
  
だ
 °
  
堂
々
と
見
せ
つ
け
る
よ
う
に
し
て
 
い
つ
も
振
る
舞
っ
て
い
る
の
  
ら
の
変
態
性
を
一
切
隠
す
こ
と
な
く












  > ≫