先
輩
 °
  
人
形
サ
イ
ズ
と
な
っ
た
亜
子
を
 
胸
の
谷
間
に
挟
み
込
ん
で
み
る
  
も
ち
ろ
ん
 
そ
の
逆
と
い
う
パ
タ
|
ン
も
存
在
し
た
 °
  
 
  
見
る
の
が
と
て
も
嬉
し
か
っ
た
 °
  
か
で
幸
せ
そ
う
な
も
の
で
あ
り
 
亜
子
は
そ
ん
な
彼
女
の
表
情
を
  
そ
し
て
 
愛
撫
さ
れ
て
い
る
時
の
先
輩
の
表
情
は
い
つ
も
 
安
ら
  
撫
し
て
い
た
 °
  
亜
子
は
そ
ん
な
小
さ
な
体
の
先
輩
を
 
い
つ
も
胸
で
精
一
杯
に
愛
  
先
輩
 °
  
毎
日
の
よ
う
に
体
を
縮
め
る
薬
を
使
っ
て
 
人
形
サ
イ
ズ
と
な
る
  
 
  
更
に
強
く
深
い
も
の
と
な
っ
て
い
た
 °
  
そ
し
て
 
あ
の
日
か
ら
数
週
間
が
経
過
し
た
現
在
 
二
人
の
仲
は
  
 
  
人
 °
  
あ
の
濃
密
な
放
課
後
を
共
に
過
ご
し
た
 
宇
城
亜
子
と
先
輩
の
二
  
  
t
t
n
 
作
  
亜
子
と
先
輩





















≪ <  

  
 
  
て
い
た
所
だ
し
な
!
 
  
 
そ
う
 °
人
形
遊
び
も
毎
日
の
よ
う
に
や
り
す
ぎ
て
 
少
し
飽
き
  
 
新
し
い
こ
と
 
で
す
か
?
 
  
っ
て
み
よ
う
と
思
う
ん
だ
 
  
 
い
や
:
:
:
:
今
日
は
い
つ
も
と
は
違
う
 
新
し
い
こ
と
を
や
  
 
  
に
声
を
掛
け
る
 °
  
ら
し
い
ポ
ニ
|
テ
|
ル
を
揺
ら
し
な
が
ら
 
目
の
前
に
い
る
先
輩
  
そ
し
て
今
日
も
ま
た
い
つ
も
と
同
じ
よ
う
に
 
宇
城
亜
子
は
可
愛
  
 
  
小
さ
く
な
っ
て
み
ま
す
?
 
  
た
い
に
先
輩
が
小
さ
く
な
る
か
 
そ
れ
と
も
今
回
は
逆
に
 
私
が
  
 
え
っ
と
:
:
:
:
今
日
は
ど
う
し
ま
す
 
先
輩
?
 
い
つ
も
み
  
 
  
を
感
じ
て
い
た
 °
  
か
い
谷
間
に
埋
も
れ
た
亜
子
は
 
い
つ
も
心
の
底
か
ら
の
幸
福
感
  
そ
ん
な
先
輩
の
 
巨
大
な
二
つ
の
胸
が
作
り
出
す
 
柔
ら
か
で
暖
  
く
 
非
常
に
豊
満
な
も
の
だ
っ
た
 °
  
服
の
上
か
ら
で
は
分
か
り
に
く
い
が
 
先
輩
の
胸
は
か
な
り
大
き

   

  
 
  
 
  
そ
し
て
彼
女
は
今
も
 
部
屋
の
中
で
一
人
 
静
か
に
笑
っ
て
い
た
 °
  
情
を
浮
か
べ
る
 °
  
先
輩
は
 
意
識
を
失
っ
て
い
る
亜
子
の
顔
を
見
て
 
怪
し
げ
な
表
  
 
  
じ
っ
く
り
と
楽
し
も
う
じ
ゃ
な
い
か
:
:
:
:
 
  
 
さ
あ
 
始
め
よ
う
:
:
:
:
今
日
も
 
私
と
お
前
と
だ
け
で
 
  
 
  
そ
れ
を
見
た
先
輩
は
 
倒
れ
込
む
亜
子
の
体
を
優
し
く
支
え
た
 °
  
眠
気
に
襲
わ
れ
て
 
意
識
を
失
っ
て
し
ま
う
 °
  
先
輩
の
持
っ
て
い
た
小
瓶
の
匂
い
を
嗅
い
だ
亜
子
は
 
急
に
強
い
  
 
  
:
:
:
:
:
 
  
 
こ
れ
で
す
か
?
 
分
か
り
ま
し
た
け
ど
:
:
:
:
あ
っ
:
:
:
  
匂
い
を
嗅
い
で
み
て
く
れ
 
  
 
さ
あ
亜
子
:
:
:
:
ま
ず
は
こ
の
小
瓶
の
中
に
あ
る
 
液
体
の
  
 
  
そ
し
て
彼
女
は
不
意
に
 
ポ
ケ
ッ
ト
か
ら
小
瓶
を
取
り
出
し
た
 °
  
不
思
議
そ
う
に
尋
ね
る
亜
子
に
対
し
て
 
堂
々
と
答
え
る
先
輩
 °

   

  
 
  
だ
が
そ
の
街
は
一
つ
だ
け
 
全
く
普
通
で
は
な
い
部
分
が
あ
っ
た
 °
  
街
並
み
が
広
が
っ
て
い
る
 °
  
今
の
彼
女
の
目
の
前
に
は
 
何
の
変
哲
も
無
い
 
至
っ
て
普
通
の
  
亜
子
は
大
声
を
上
げ
て
 
驚
愕
の
表
情
を
浮
か
べ
て
い
た
 °
  
 
  
か
!
 
こ
こ
は
っ
!
?
 
  
 
周
り
っ
て
:
:
:
:
:
:
:
:
え
っ
!
?
 
な
 
何
な
ん
で
す
  
 
  
る
 °
  
目
を
覚
ま
し
た
亜
子
は
 
先
輩
の
声
を
聞
い
て
辺
り
に
目
を
向
け
  
 
  
り
を
よ
く
見
て
み
る
ん
だ
 
  
 
や
っ
と
目
を
覚
ま
し
た
よ
う
だ
な
 °
ほ
ら
 
亜
子
:
:
:
:
周
  
 
ん
っ
:
:
:
:
あ
れ
?
 
こ
こ
は
 
一
体
:
:
:
:
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 

























   

  
 
  
心
配
そ
う
に
聞
く
亜
子
を
見
て
 
先
輩
は
優
し
げ
に
答
え
た
 °
  
 
  
:
:
:
 
  
 
あ
 °
も
ち
ろ
ん
副
作
用
は
一
切
な
い
か
ら
 
安
心
し
て
く
れ
:
  
 
幻
覚
:
:
:
:
で
す
か
?
 
  
幻
覚
を
見
せ
る
効
果
が
あ
っ
た
ん
だ
!
 
  
 
種
明
か
し
を
し
て
あ
げ
よ
う
 °
あ
の
液
体
に
は
何
と
:
:
:
:
  
の
場
所
に
:
:
:
:
 
  
の
液
体
に
顔
を
近
づ
け
た
途
端
に
眠
く
な
っ
て
 
気
が
付
け
ば
こ
  
 
あ
っ
!
 
そ
う
い
え
ば
さ
っ
き
先
輩
が
嗅
が
せ
て
く
れ
た
 
  
た
よ
う
だ
な
:
:
:
:
 
  
 
お
前
に
嗅
が
せ
た
 
あ
の
小
瓶
の
中
に
あ
る
液
体
は
よ
く
効
い
  
 
  
よ
り
も
ず
っ
と
小
さ
か
っ
た
 °
  
何
十
階
も
あ
り
そ
う
な
高
層
ビ
ル
さ
え
も
 
こ
こ
で
は
亜
子
の
膝
  
足
元
に
広
が
る
の
は
 
ミ
ニ
チ
ュ
ア
の
よ
う
な
街
並
み
 °
  
 
  
る
で
 
本
物
み
た
い
:
:
:
:
!
 
  
 
ミ
ニ
チ
ュ
ア
?
 
い
や
 
で
も
こ
ん
な
に
精
巧
で
:
:
:
:
ま

   

  
 
は
い
 
そ
う
で
す
ね
:
:
:
:
夢
の
中
な
ら
先
輩
と
 
ど
ん
な
  
 
  
寄
せ
る
 °
  
先
輩
は
 
ゆ
っ
く
り
と
亜
子
に
近
づ
き
 
そ
の
体
を
優
し
く
抱
き
  
 
  
:
:
 
  
て
は
い
な
い
:
:
:
:
好
き
な
だ
け
楽
し
も
う
じ
ゃ
な
い
か
:
:
  
 
そ
の
通
り
!
 
さ
あ
亜
子
 
こ
こ
は
夢
の
中
な
ん
だ
 °
誰
も
見
  
こ
の
夢
の
中
の
世
界
で
実
現
し
よ
う
っ
て
こ
と
で
す
ね
 
  
 
な
る
ほ
ど
:
:
:
:
い
つ
も
や
っ
て
る
人
形
遊
び
の
反
対
を
 
  
み
を
破
壊
し
尽
く
し
て
も
 
二
人
の
興
奮
は
収
ま
ら
な
い
っ
!
 
  
人
の
女
子
高
生
っ
!
 
肉
感
的
な
全
身
を
フ
ル
に
使
っ
て
 
街
並
  
 
突
如
 
数
十
メ
|
ト
ル
は
あ
る
超
巨
人
に
な
っ
て
し
ま
っ
た
二
  
 
  
先
輩
は
 
豊
満
な
胸
を
突
き
出
し
て
 
亜
子
に
宣
言
を
す
る
 °
  
 
  
た
の
は
:
:
:
:
 
  
な
よ
う
に
作
る
事
が
出
来
る
の
さ
!
 
そ
し
て
今
回
 
私
が
考
え
  
覚
が
見
ら
れ
る
ん
だ
 °
し
か
も
そ
の
幻
覚
の
中
の
世
界
は
 
好
き
  
 
あ
の
液
体
は
 
匂
い
を
嗅
ぐ
と
一
時
間
だ
け
 
眠
り
の
中
で
幻

   

  
 
  
の
二
つ
の
お
っ
ぱ
い
を
見
て
 
そ
れ
を
力
一
杯
揉
み
し
だ
い
た
 °
  
亜
子
は
ま
ず
 
目
の
前
で
凄
ま
じ
い
存
在
感
を
放
っ
て
い
る
先
輩
  
さ
れ
て
い
っ
た
 °
  
そ
し
て
二
人
の
巨
人
が
動
く
た
び
に
 
街
並
み
は
ド
ン
ド
ン
破
壊
  
そ
う
な
 
二
つ
の
お
っ
ぱ
い
が
露
わ
に
な
る
 °
  
制
服
と
い
う
締
め
付
け
か
ら
解
放
さ
れ
 
先
輩
の
巨
大
で
柔
ら
か
  
が
し
た
 °
  
ま
ず
初
め
に
亜
子
は
 
先
輩
を
押
し
倒
し
て
 
制
服
の
上
着
を
脱
  
 
  
 
で
は
:
:
:
:
行
き
ま
す
っ
!
 
  
く
れ
!
 
  
 
そ
ん
な
事
は
な
い
さ
 °
夢
の
中
だ
ぞ
?
 
も
う
存
分
に
や
っ
て
  
 
:
:
:
:
:
:
:
:
何
だ
か
や
り
づ
ら
い
で
す
よ
ね
 
先
輩
 
  
 
  
今
 
巨
人
と
な
っ
た
二
人
だ
け
の
 
濃
厚
な
時
間
は
始
ま
っ
た
 °
  
く
 °
  
抱
き
寄
せ
ら
れ
た
亜
子
は
 
頬
を
赤
ら
め
な
が
ら
小
さ
く
う
な
ず
  
 
  
恥
ず
か
し
い
こ
と
だ
っ
て
:
:
:
:
 











   

  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
の
で
あ
る
 °
  
そ
れ
か
ら
一
時
間
も
の
間
 
二
人
だ
け
の
濃
厚
な
時
間
は
続
い
た
  
 
  
撃
を
受
け
て
破
壊
さ
れ
て
い
く
 °
  
二
人
の
プ
レ
イ
が
激
し
く
な
る
ほ
ど
 
街
は
さ
ら
に
圧
倒
的
な
衝
  
何
度
も
形
を
変
え
な
が
ら
 
勢
い
よ
く
揺
れ
動
く
 
先
輩
の
爆
乳
 °
  
 
  
 
あ
あ
:
:
:
:
:
:
:
:
は
あ
あ
あ
あ
ん
っ
!
 
  
:
:
!
 
  
 
分
か
り
ま
し
た
:
:
:
:
そ
れ
じ
ゃ
あ
 
更
に
:
:
:
:
:
:
  
く
て
も
 
い
い
ん
だ
ぞ
亜
子
:
:
:
:
?
 
  
 
あ
ん
っ
!
 
あ
あ
あ
ぁ
ぁ
ぁ
:
:
:
:
:
:
:
:
も
っ
と
力
強

   

  
出
す
為
に
は
 
こ
う
す
る
の
が
大
事
な
の
さ
:
:
:
:
幻
覚
の
中
  
 
こ
の
液
体
の
効
果
で
見
た
幻
覚
か
ら
 
安
全
に
ち
ゃ
ん
と
抜
け
  
だ
か
や
や
こ
し
い
事
に
:
:
:
:
 
  
 
へ
っ
?
 
幻
覚
の
中
で
 
ま
た
幻
覚
を
見
る
ん
で
す
か
?
 
何
  
 
さ
あ
亜
子
 °
も
う
一
度
 
こ
の
小
瓶
を
嗅
い
で
く
れ
な
い
か
?
 
  
 
  
ず
か
し
そ
う
に
顔
を
手
で
覆
っ
た
 °
  
そ
う
言
う
と
 
亜
子
は
こ
の
一
時
間
の
記
憶
を
思
い
出
し
て
 
  
 
  
:
:
:
:
 
  
今
日
だ
っ
て
 
先
輩
と
何
度
も
触
れ
合
え
た
し
 
明
日
は
も
っ
と
  
 
:
:
:
:
分
か
り
ま
し
た
 °
確
か
に
 
そ
う
で
す
ね
:
:
:
:
  
充
分
に
楽
し
め
た
は
ず
だ
ろ
う
?
 
  
む
時
間
は
あ
る
さ
:
:
:
:
そ
れ
に
今
日
は
 
初
め
て
に
し
て
は
  
 
ま
あ
 
そ
う
言
う
な
よ
亜
子
 °
明
日
だ
っ
て
 
た
っ
ぷ
り
楽
し
  
な
い
で
す
っ
!
 
  
 
え
え
っ
!
?
 
そ
ん
な
先
輩
:
:
:
:
私
 
ま
だ
全
然
物
足
り
  
に
し
な
い
と
:
:
:
:
 
  
 
お
っ
と
 
そ
ろ
そ
ろ
一
時
間
だ
な
 °
今
日
は
こ
れ
で
 
終
わ
り
  
 

























   

  
二
人
が
い
る
こ
の
場
所
は
 
無
数
の
ミ
ニ
チ
ュ
ア
が
設
置
さ
れ
た
 
  
 
  
な
の
で
あ
る
 °
  
先
輩
が
 
亜
子
に
嗅
が
せ
た
液
体
も
 
た
だ
の
即
効
性
の
睡
眠
薬
  
実
は
 
目
の
前
に
あ
る
こ
の
光
景
は
幻
覚
で
は
な
い
 °
  
 
  
そ
し
て
廃
墟
と
化
し
た
街
を
 
歩
い
て
い
く
 °
  
彼
女
を
お
ぶ
っ
た
 °
  
先
輩
は
そ
う
言
う
と
 
ス
ヤ
ス
ヤ
と
眠
る
亜
子
に
キ
ス
を
し
て
 
  
 
  
子
は
寝
顔
も
 
本
当
に
可
愛
い
な
:
:
:
:
 
  
 
よ
し
 
ち
ゃ
ん
と
眠
っ
た
よ
う
だ
な
 °
ふ
ふ
ふ
っ
:
:
:
:
亜
  
 
  
び
眠
り
に
付
い
た
 °
  
亜
子
は
 
先
輩
の
言
う
通
り
に
ま
た
小
瓶
の
匂
い
を
嗅
い
で
 
  
 
  
そ
う
言
う
な
ら
:
:
:
:
 
  
 
は
あ
:
:
:
:
何
だ
か
よ
く
分
か
ら
な
い
で
す
け
ど
 
先
輩
が
  
な
 
  
で
眠
り
に
付
く
事
で
 
現
実
世
界
の
お
前
が
起
き
る
っ
て
わ
け
だ

   

  
  
そ
れ
は
 
彼
女
自
身
に
し
か
分
か
ら
な
い
:
:
:
:
 °
  
明
日
は
一
体
 
ど
ん
な
プ
レ
イ
を
し
よ
う
と
考
え
て
い
る
の
か
 °
  
 
  
先
輩
は
一
人
で
そ
う
呟
き
な
が
ら
 
街
か
ら
歩
き
去
っ
て
い
く
 °
  
 
  
ン
ト
 
素
晴
ら
し
い
時
間
だ
っ
た
:
:
:
:
 
  
時
間
に
も
及
ぶ
努
力
も
報
わ
れ
る
と
い
う
も
の
だ
な
:
:
:
:
ホ
  
 
亜
子
の
 
こ
の
満
足
そ
う
な
寝
顔
が
見
ら
れ
れ
ば
 
私
の
数
十
  
 
  
が
上
回
っ
て
い
た
の
だ
っ
た
 °
  
む
し
ろ
一
切
そ
ん
な
事
は
気
に
な
ら
ず
 
満
足
感
や
達
成
感
の
方
  
共
に
過
ご
す
楽
し
い
時
間
の
た
め
な
ら
ば
  
そ
の
労
力
は
計
り
知
れ
な
い
も
の
が
あ
る
が
 
先
輩
は
 
二
人
で
  
 
  
手
で
 
黙
々
と
ミ
ニ
チ
ュ
ア
の
模
型
を
並
べ
て
い
っ
た
の
で
あ
る
 °
  
わ
ざ
わ
ざ
ス
タ
ジ
オ
を
一
つ
借
り
切
っ
て
 
そ
こ
に
自
分
一
人
の
  
シ
チ
ュ
エ
|
シ
ョ
ン
の
た
め
だ
け
に
  
先
輩
は
驚
く
べ
き
事
に
 
巨
大
化
し
た
二
人
の
女
子
高
生
と
い
う
 
  
と
あ
る
ス
タ
ジ
オ
の
中
で
あ
っ
た
 °












  > ≫