師
匠
の
魔
法
使
い
の
放
っ
た
 
あ
ら
ゆ
る
物
を
復
元
す
る
魔
法
に
  
さ
れ
て
し
ま
っ
た
屋
敷
は
  
だ
が
そ
の
後
 
巨
大
化
し
た
少
女
の
体
に
よ
っ
て
 
完
全
に
破
壊
  
 
  
い
た
 °
  
最
後
に
は
完
全
に
屋
敷
を
 
自
ら
の
尻
の
下
に
敷
い
て
し
ま
っ
て
  
壊
し
て
し
ま
い
  
自
分
の
住
ん
で
い
る
屋
敷
を
 
そ
の
大
き
な
体
で
滅
茶
苦
茶
に
破
  
あ
っ
と
い
う
間
に
彼
女
は
  
そ
の
結
果
 
少
女
の
体
は
凄
ま
じ
い
勢
い
で
巨
大
化
し
て
い
き
 
  
 
  
杖
を
振
る
っ
て
い
た
少
女
自
身
の
体
に
当
た
っ
て
し
ま
う
 °
  
を
大
き
く
す
る
魔
法
は
  
だ
が
彼
女
の
う
っ
か
り
ミ
ス
に
よ
っ
て
 
杖
か
ら
放
た
れ
た
 
  
女
 °
  
き
く
す
る
と
い
う
課
題
を
受
け
て
い
た
 
見
習
い
魔
法
使
い
の
少
  
師
匠
の
魔
法
使
い
か
ら
 
ク
マ
の
ぬ
い
ぐ
る
み
を
魔
法
の
力
で
大
  
  
t
t
n
 
作
  
見
習
い
魔
法
使
い
の
失
敗
















≪ <  

  
 
は
ぁ
:
:
:
:
今
回
の
失
敗
は
 
全
て
自
分
が
悪
い
っ
て
事
ぐ
  
 
  
 
  
 
  
す
ぐ
に
 
あ
る
魔
法
を
掛
け
る
の
だ
っ
た
 °
  
少
女
に
向
か
っ
て
  
師
匠
の
魔
法
使
い
は
厳
し
く
そ
う
考
え
 
元
の
大
き
さ
に
戻
っ
た
  
 
  
で
あ
る
少
女
に
与
え
な
く
て
は
な
ら
な
い
 °
  
そ
の
事
に
対
す
る
 
お
仕
置
き
の
よ
う
な
も
の
を
 
自
分
の
弟
子
  
 
  
事
実
な
の
だ
 °
  
少
女
が
屋
敷
を
一
度
 
滅
茶
苦
茶
に
破
壊
し
た
事
は
紛
れ
も
無
い
  
出
来
た
と
は
言
っ
て
も
  
し
か
し
魔
法
の
力
に
よ
っ
て
 
壊
れ
た
屋
敷
を
完
璧
に
直
す
事
が
  
 
  
元
の
 
普
通
の
大
き
さ
に
戻
さ
れ
て
い
た
 °
  
よ
っ
て
即
座
に
  
巨
大
化
し
て
し
ま
っ
た
少
女
の
体
も
 
師
匠
の
魔
法
使
い
の
力
に
  
よ
っ
て
 
す
ぐ
さ
ま
完
璧
に
直
さ
れ












   

  
て
 
自
ら
の
体
の
大
き
さ
を
  
実
は
 
少
女
は
現
在
 
師
匠
の
魔
法
使
い
が
掛
け
た
魔
法
に
よ
っ
  
 
  
:
 
  
事
 
し
な
く
た
っ
て
い
い
じ
ゃ
な
い
 
と
思
っ
た
だ
け
よ
:
:
:
  
た
だ
 
そ
の
お
仕
置
き
と
し
て
 
こ
こ
ま
で
体
を
縮
め
る
な
ん
て
  
 
も
:
:
:
:
も
ち
ろ
ん
 
そ
れ
ぐ
ら
い
は
分
か
っ
て
い
る
わ
よ
 °
  
分
か
っ
て
る
ん
ス
か
?
 
  
 
ご
主
人
様
は
 
自
分
が
ど
れ
だ
け
の
事
を
し
た
か
 
ち
ゃ
ん
と
  
に
許
し
て
も
ら
え
た
だ
け
 
あ
り
が
た
い
と
思
う
べ
き
っ
ス
よ
!
  
 
何
を
言
っ
て
る
ん
ス
か
!
 
む
し
ろ
 
こ
の
程
度
で
お
師
匠
様
  
 
  
す
ぐ
に
彼
女
を
叱
る
よ
う
な
言
葉
を
呟
き
出
す
 °
  
そ
ん
な
彼
女
の
背
後
に
 
フ
ワ
フ
ワ
と
浮
か
ん
で
い
た
使
い
魔
は
 
  
て
い
る
 
見
習
い
魔
法
使
い
の
少
女
 °
  
溜
息
を
吐
き
な
が
ら
 
納
得
が
い
か
な
い
と
い
っ
た
表
情
を
見
せ
  
 
  
ゃ
な
い
の
:
:
:
:
ね
ぇ
?
 
  
た
ら
 
い
く
ら
な
ん
で
も
 
こ
ん
な
姿
に
し
な
く
た
っ
て
良
い
じ
  
ら
い
は
 
流
石
に
私
も
よ
く
分
か
っ
て
る
:
:
:
:
で
も
師
匠
っ

   

  
使
い
魔
よ
り
も
 
更
に
小
さ
な
体
と
な
っ
て
し
ま
っ
た
現
状
を
受
  
 
  
と
気
が
楽
で
い
い
だ
ろ
う
し
 
  
る
べ
き
よ
ね
 °
落
ち
込
ん
で
い
る
よ
り
も
 
そ
っ
ち
の
方
が
ず
っ
  
今
は
現
状
を
悲
観
す
る
よ
り
も
先
に
 
や
る
べ
き
事
を
や
っ
て
み
  
 
分
か
っ
て
る
わ
よ
 
そ
の
ぐ
ら
い
:
:
:
:
:
:
:
:
ま
あ
 
  
る
べ
き
だ
と
判
断
さ
れ
た
だ
け
で
あ
っ
て
:
:
:
:
 
  
け
じ
ゃ
な
い
ん
ス
よ
?
 
た
だ
戒
め
と
し
て
 
少
し
は
罰
を
与
え
  
 
別
に
お
師
匠
様
だ
っ
て
 
好
き
で
ご
主
人
様
の
事
を
縮
め
た
わ
  
 
  
っ
て
い
た
 °
  
少
女
に
と
っ
て
は
 
ま
る
で
広
い
庭
の
よ
う
に
感
じ
ら
れ
て
し
ま
  
ま
で
縮
め
ら
れ
た
  
そ
の
小
さ
な
テ
|
ブ
ル
で
さ
え
も
 
今
の
 
手
の
ひ
ら
サ
イ
ズ
に
  
ブ
ル
の
上
で
あ
る
 °
  
先
程
ま
で
ク
マ
の
ぬ
い
ぐ
る
み
が
置
か
れ
て
い
た
 
小
さ
な
テ
|
  
そ
し
て
少
女
が
今
ち
ょ
う
ど
立
っ
て
い
る
場
所
は
  
 
  
縮
め
ら
れ
て
い
た
 °
  
手
の
ひ
ら
に
 
全
身
が
乗
っ
て
し
ま
う
ぐ
ら
い
の
サ
イ
ズ
に
ま
で

   

  
そ
し
て
 
こ
こ
で
与
え
ら
れ
た
そ
の
課
題
を
こ
な
す
事
が
出
来
な
  
 
  
だ
っ
た
 °
  
部
屋
の
外
へ
と
出
て
い
く
師
匠
の
魔
法
使
い
を
見
送
っ
て
い
た
の
  
に
正
直
に
頷
き
な
が
ら
  
師
匠
の
魔
法
使
い
か
ら
 
そ
ん
な
事
を
言
わ
れ
た
少
女
は
 
す
ぐ
  
 
  
ら
 
今
回
の
一
件
は
水
に
流
し
て
や
ら
ん
事
も
な
い
ぞ
 °
い
い
な
?
 
  
与
え
る
 
新
た
な
課
題
だ
:
:
:
:
そ
れ
が
無
事
に
達
成
で
き
た
  
そ
れ
を
飲
ん
で
元
の
大
き
さ
に
戻
っ
て
お
く
事
 °
そ
れ
が
お
前
に
  
る
素
材
を
調
合
し
て
 
体
の
大
き
さ
を
元
に
戻
す
魔
法
薬
を
作
り
 
  
:
:
:
:
私
が
帰
っ
て
く
る
ま
で
に
 
そ
の
テ
|
ブ
ル
の
上
に
あ
  
 
:
:
:
:
私
は
今
か
ら
早
速
 
買
い
出
し
に
出
掛
け
て
く
る
が
  
 
  
て
 
こ
ん
な
事
を
話
し
て
い
た
 °
  
師
匠
の
魔
法
使
い
は
屋
敷
の
外
へ
と
出
る
前
に
 
少
女
に
向
か
っ
  
 
  
い
か
ら
与
え
ら
れ
た
 
新
た
な
課
題
の
事
だ
 °
  
ち
な
み
に
彼
女
が
言
う
 
や
る
べ
き
事
 
と
は
 
師
匠
の
魔
法
使
  
け
入
れ
 
前
向
き
に
そ
う
 
考
え
て
み
る
少
女
 °







   

  
 
ハ
イ
ハ
イ
 
了
解
っ
ス
よ
|
!
 
や
れ
や
れ
:
:
:
:
体
が
小
  
左
端
に
置
い
て
あ
る
は
ず
の
 
緑
の
薬
が
入
っ
た
ビ
ン
だ
か
ら
ね
!
 
  
持
っ
て
来
な
さ
い
よ
!
 
そ
し
て
 
そ
れ
が
終
わ
っ
た
今
度
は
 
  
は
絶
対
に
従
う
!
 
ほ
ら
 
さ
っ
さ
と
飛
ん
で
い
っ
て
 
す
ぐ
に
  
 
第
一
 
あ
ん
た
私
の
使
い
魔
で
し
ょ
?
 
ご
主
人
様
の
命
令
に
  
 
そ
り
ゃ
 
そ
う
っ
ス
け
ど
:
:
:
:
 
  
わ
け
が
な
い
で
し
ょ
う
が
!
 
  
入
っ
て
い
る
ビ
ン
を
持
ち
上
げ
て
 
こ
こ
ま
で
戻
っ
て
来
ら
れ
る
  
ル
の
端
ま
で
歩
い
て
い
く
の
だ
っ
て
一
苦
労
だ
し
 
何
よ
り
薬
が
  
 
当
た
り
前
で
し
ょ
!
 
今
の
私
の
体
の
大
き
さ
じ
ゃ
 
テ
|
ブ
  
 
:
:
:
:
:
:
:
:
え
?
 
自
分
が
ス
か
?
 
  
て
あ
る
 
あ
の
赤
い
薬
を
持
っ
て
来
な
さ
い
 
  
 
よ
し
:
:
:
:
じ
ゃ
あ
ま
ず
は
 
テ
|
ブ
ル
の
右
の
端
に
置
い
  
 
  
師
匠
か
ら
与
え
ら
れ
た
課
題
で
あ
る
 
魔
法
薬
作
り
を
開
始
す
る
 °
  
替
え
て
早
速
  
そ
ん
な
事
を
考
え
て
し
ま
っ
た
少
女
は
 
す
ぐ
に
気
持
ち
を
切
り
  
 
  
本
当
に
自
分
は
 
師
匠
に
見
捨
て
ら
れ
て
し
ま
う
か
も
し
れ
な
い
 °
  
け
れ
ば
 
今
度
こ
そ


















   

  
 
遂
に
完
成
し
た
わ
ね
:
:
:
:
体
を
大
き
く
す
る
魔
法
薬
が
 
  
 
  
完
成
を
迎
え
る
事
が
出
来
て
い
た
 °
  
使
い
魔
の
必
死
な
協
力
も
あ
っ
て
 
何
と
か
無
事
に
魔
法
薬
は
 
  
作
り
を
始
め
て
か
ら
 
数
時
間
後
 °
  
見
習
い
魔
法
使
い
の
少
女
が
 
体
の
大
き
さ
を
元
に
戻
す
魔
法
薬
  
 
  
 
  
 
  
ら
う
ん
だ
か
ら
!
 
  
:
今
度
こ
そ
ち
ゃ
ん
と
成
功
し
て
 
必
ず
お
師
匠
様
に
認
め
て
も
  
な
ら
き
っ
と
 
私
に
だ
っ
て
ち
ゃ
ん
と
出
来
る
は
ず
だ
わ
:
:
:
  
 
体
を
元
の
大
き
さ
に
戻
す
魔
法
薬
作
り
:
:
:
:
そ
れ
ぐ
ら
い
  
 
  
そ
の
姿
を
見
な
が
ら
少
女
は
 
決
意
を
新
た
に
し
て
言
葉
を
呟
く
 °
  
右
端
へ
と
飛
ん
で
い
く
使
い
魔
 °
  
愚
痴
を
言
い
 
肩
を
軽
く
落
と
し
な
が
ら
 
急
い
で
テ
|
ブ
ル
の
  
 
  
:
:
:
:
 
  
さ
く
な
っ
て
も
 
い
つ
も
通
り
態
度
は
デ
カ
い
ま
ま
な
ん
ス
か
ら

   

  
っ
て
も
う
す
ぐ
 
お
師
匠
様
が
帰
っ
て
く
る
時
間
だ
も
の
!
 
  
:
:
今
は
急
い
で
 
魔
法
薬
を
飲
ん
じ
ゃ
わ
な
い
と
:
:
:
:
だ
  
が
元
に
戻
れ
ば
 
そ
れ
で
い
い
じ
ゃ
な
い
!
 
そ
れ
よ
り
も
:
:
  
 
な
っ
!
 
ズ
ル
と
は
何
よ
 
ズ
ル
と
は
!
 
別
に
体
の
大
き
さ
  
か
 
成
長
し
な
い
は
ず
っ
ス
 
  
に
加
え
て
結
構
ズ
ル
な
性
格
っ
ス
よ
ね
:
:
:
:
道
理
で
な
か
な
  
 
:
:
:
:
ご
主
人
様
っ
て
 
た
だ
で
さ
え
ド
ジ
な
の
に
 
そ
れ
  
 
  
冷
や
や
か
な
目
で
見
つ
め
る
 °
  
堂
々
と
し
た
態
度
で
話
す
少
女
 °
だ
が
使
い
魔
は
そ
ん
な
彼
女
を
 
  
 
  
な
る
っ
て
事
な
ん
だ
か
ら
 
  
 
体
が
元
の
大
き
さ
に
戻
る
っ
て
事
は
要
す
る
に
 
体
が
大
き
く
  
最
終
的
に
は
 
ど
っ
ち
の
魔
法
薬
を
飲
ん
だ
っ
て
同
じ
事
で
し
ょ
?
  
魔
法
薬
を
作
る
よ
り
も
 
ず
っ
と
作
り
方
は
簡
単
だ
し
 °
そ
れ
に
  
こ
っ
ち
の
体
を
大
き
く
す
る
魔
法
薬
な
ら
 
元
の
大
き
さ
に
戻
る
  
 
あ
れ
は
作
る
の
が
難
し
い
か
ら
や
め
た
わ
:
:
:
:
そ
れ
に
 
  
た
気
が
す
る
ん
ス
が
:
:
:
:
 
  
が
作
っ
て
い
た
の
っ
て
 
体
の
大
き
さ
を
元
に
戻
す
魔
法
薬
だ
っ
  
 
え
?
 
体
を
大
き
く
す
る
魔
法
薬
?
 
ア
レ
 
確
か
ご
主
人
様

   

  
 
  
な
か
な
か
テ
ィ
|
カ
ッ
プ
の
中
身
は
減
ら
な
か
っ
た
 °
  
だ
が
そ
の
量
は
 
今
の
少
女
に
と
っ
て
は
か
な
り
多
い
ら
し
く
 
  
く
少
女
 °
  
そ
ん
な
事
を
言
い
な
が
ら
 
必
死
に
な
っ
て
魔
法
薬
を
飲
ん
で
い
  
 
  
杯
分
の
魔
法
薬
が
必
要
な
ん
だ
も
の
:
:
:
:
 
  
を
ち
ょ
う
ど
元
の
サ
イ
ズ
に
す
る
た
め
に
は
 
テ
ィ
|
カ
ッ
プ
一
  
 
早
く
 
急
い
で
飲
み
干
さ
な
い
と
:
:
:
:
!
 
体
の
大
き
さ
  
 
  
始
め
た
 °
  
ゴ
ク
ゴ
ク
と
音
を
立
て
な
が
ら
 
カ
ッ
プ
の
中
の
魔
法
薬
を
飲
み
  
と
 
頭
を
テ
ィ
|
カ
ッ
プ
の
中
へ
と
入
れ
  
少
女
は
す
ぐ
に
そ
の
テ
ィ
|
カ
ッ
プ
の
ふ
ち
へ
と
よ
じ
登
っ
た
あ
  
の
中
に
入
っ
て
お
り
  
ち
な
み
に
魔
法
薬
は
 
テ
|
ブ
ル
の
上
に
あ
っ
た
テ
ィ
|
カ
ッ
プ
  
 
  
上
が
っ
た
ば
か
り
の
魔
法
薬
を
飲
む
事
に
す
る
 °
  
使
い
魔
の
言
葉
に
そ
ん
な
反
論
を
返
し
た
少
女
は
 
す
ぐ
に
出
来
  
 

























   

  
 
  
 
あ
っ
:
:
:
:
 
  
し
て
く
れ
る
は
ず
:
:
:
:
 
  
:
:
:
で
も
こ
れ
で
す
ぐ
に
 
体
が
元
の
大
き
さ
に
ま
で
巨
大
化
  
り
き
つ
か
っ
た
わ
ね
 °
何
だ
か
調
子
が
悪
く
な
っ
て
き
た
も
の
:
  
 
う
う
ぅ
ぅ
:
:
:
:
流
石
に
あ
の
量
を
飲
み
干
す
の
は
 
か
な
  
 
  
ゆ
っ
く
り
と
テ
ィ
|
カ
ッ
プ
の
ふ
ち
か
ら
 
体
を
降
ろ
す
 °
  
プ
と
音
の
す
る
腹
を
押
さ
え
な
が
ら
  
空
に
な
っ
た
テ
ィ
|
カ
ッ
プ
の
底
を
見
た
少
女
は
 
チ
ャ
プ
チ
ャ
  
 
  
無
事
に
 
飲
み
干
す
事
が
出
来
て
い
た
 °
  
薬
を
何
と
か
  
だ
が
 
そ
れ
で
も
少
女
は
 
テ
ィ
|
カ
ッ
プ
の
中
に
あ
っ
た
魔
法
  
 
  
い
は
あ
る
ん
じ
ゃ
な
い
か
し
ら
:
:
:
:
 
  
大
鍋
に
並
々
と
注
が
れ
た
量
に
感
じ
ら
れ
る
わ
ね
 °
十
人
分
く
ら
  
今
の
私
に
と
っ
て
は
 
テ
ィ
|
カ
ッ
プ
一
杯
分
の
魔
法
薬
だ
っ
て
 
  
い
の
飲
み
物
な
ん
か
 
即
座
に
飲
み
干
せ
る
ん
だ
け
ど
:
:
:
:
  
 
く
っ
:
:
:
:
!
 
普
通
サ
イ
ズ
の
私
だ
っ
た
ら
 
こ
れ
ぐ
ら

   

  
 
  
私
の
体
は
つ
ま
り
:
:
:
:
 
  
 
あ
 °
確
か
に
 
そ
れ
も
そ
う
か
も
:
:
:
:
ん
?
 
と
な
る
と
 
  
む
べ
き
だ
っ
た
ん
じ
ゃ
:
:
:
:
 
  
そ
 
ご
主
人
様
の
手
に
合
っ
た
小
さ
さ
の
テ
ィ
|
カ
ッ
プ
で
 
  
ぎ
た
ん
じ
ゃ
な
い
か
と
:
:
:
:
も
し
飲
む
ん
だ
っ
た
ら
そ
れ
こ
  
ィ
|
カ
ッ
プ
に
注
が
れ
た
魔
法
薬
っ
て
の
は
 
あ
ま
り
に
も
多
過
  
ら
い
に
小
さ
な
ご
主
人
様
に
と
っ
て
 
普
通
の
人
間
サ
イ
ズ
の
テ
  
 
だ
か
ら
そ
の
 
つ
ま
り
:
:
:
:
今
の
 
手
の
ひ
ら
に
乗
る
ぐ
  
 
:
:
:
:
一
体
 
何
の
話
?
 
  
子
供
は
1
錠
だ
け
ど
 
大
人
は
3
錠
で
:
:
:
:
 
  
て
 
体
の
小
さ
い
人
は
飲
む
量
が
 
少
量
で
済
む
じ
ゃ
な
い
ス
か
 °
  
 
い
や
 
そ
の
:
:
:
:
例
え
話
に
な
る
ん
ス
け
ど
 
薬
と
か
っ
  
:
:
:
:
 
  
 
ん
?
 
何
よ
 °
い
き
な
り
そ
ん
な
 
間
の
抜
け
た
声
を
出
し
て
  
 
  
て
不
意
に
飛
ん
で
き
た
 °
  
ふ
と
何
か
に
気
付
い
た
よ
う
な
使
い
魔
の
声
が
 
少
女
に
向
か
っ
  
よ
う
と
す
る
と
  
安
堵
し
な
が
ら
少
女
が
 
少
し
気
持
ち
悪
く
な
っ
て
体
を
横
た
え

   

  
 
あ
 
こ
ら
!
 
ど
こ
へ
逃
げ
る
気
:
:
:
:
:
:
:
:
 
  
い
出
し
た
っ
ス
か
ら
 
今
日
は
こ
れ
で
:
:
:
:
!
 
  
 
あ
 
そ
う
っ
ス
!
 
じ
:
:
:
:
自
分
ち
ょ
っ
と
 
休
養
を
思
  
:
:
!
 
  
 
き
ゃ
あ
っ
!
 
や
っ
ぱ
り
こ
う
な
っ
た
っ
て
事
は
 
も
う
:
:
  
 
  
胸
の
乳
肉
が
飛
び
出
し
て
き
た
 °
  
あ
っ
と
い
う
間
に
彼
女
の
服
は
突
き
破
ら
れ
 
中
か
ら
巨
大
な
両
  
が
徐
々
に
膨
ら
ん
で
い
っ
て
  
嫌
な
予
感
と
共
に
少
女
が
そ
う
話
し
て
い
る
と
 
服
の
胸
の
部
分
  
 
  
で
あ
っ
て
:
:
:
:
 
  
は
 
普
通
の
人
間
サ
イ
ズ
を
超
え
て
も
更
に
 
デ
カ
く
な
る
わ
け
  
よ
ね
:
:
:
:
つ
ま
り
 
大
き
く
な
る
薬
を
飲
み
過
ぎ
た
私
の
体
  
 
今
の
音
っ
て
:
:
:
:
や
っ
ぱ
 
ブ
ラ
の
ホ
ッ
ク
が
壊
れ
た
音
  
 
  
音
が
聞
こ
え
て
く
る
 °
  
不
意
に
背
中
の
方
か
ら
 
バ
ツ
ン
ッ
と
い
う
 
聞
き
覚
え
の
あ
る
  
時
 °
  
少
女
が
 
使
い
魔
の
言
葉
に
軽
く
納
得
さ
せ
ら
れ
て
い
た
 
そ
の

   

  
 
  
ま
る
の
よ
お
お
ぉ
ぉ
っ
!
 
  
 
い
っ
 
い
や
あ
あ
ぁ
ぁ
ぁ
!
 
ど
う
し
た
ら
こ
の
巨
大
化
は
止
  
 
  
の
巨
大
化
は
止
ま
る
事
が
な
か
っ
た
 °
  
屋
敷
を
突
き
破
っ
て
破
壊
し
 
尻
に
敷
い
て
も
ま
だ
 
少
女
の
体
  
ら
し
く
  
し
か
も
今
度
の
巨
大
化
は
 
数
時
間
前
よ
り
も
更
に
効
果
が
強
い
  
 
  
勢
い
で
巨
大
化
し
て
い
く
 °
  
そ
し
て
少
女
の
両
手
や
両
足
 
腰
な
ど
何
も
か
も
が
 
凄
ま
じ
い
  
ら
ん
で
い
く
太
も
も
 °
  
ム
チ
ム
チ
さ
を
増
し
な
が
ら
 
ド
ン
ド
ン
太
く
長
く
大
き
く
 
  
く
お
尻
 °
  
パ
ン
ツ
を
ビ
リ
リ
と
破
り
な
が
ら
 
更
に
勢
い
よ
く
膨
ら
ん
で
い
  
 
  
ド
ン
ド
ン
と
巨
大
化
を
始
め
て
い
っ
た
 °
  
前
と
同
じ
よ
う
に
  
そ
う
 
少
女
が
言
い
終
え
る
よ
り
も
先
に
 
彼
女
の
体
は
数
時
間
  
 

























   

  
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
!
 
  
屋
敷
を
壊
す
奴
が
あ
る
か
!
 
こ
の
:
:
:
:
大
馬
鹿
弟
子
が
ぁ
  
 
:
:
:
:
当
た
り
前
だ
 °
1
日
に
2
度
も
:
:
:
:
:
:
:
:
  
 
や
っ
ぱ
り
お
師
匠
様
:
:
:
:
怒
っ
て
ま
す
よ
ね
:
:
:
:
?
 
  
 
  
面
を
引
き
つ
ら
せ
て
大
声
で
話
を
し
て
い
る
 °
  
そ
ん
な
彼
女
の
事
を
見
上
げ
な
が
ら
 
師
匠
の
魔
法
使
い
は
 
  
ま
っ
て
い
た
少
女
 °
  
最
終
的
に
は
 
雲
に
頭
が
届
き
そ
う
な
ほ
ど
に
大
き
く
な
っ
て
し
  
 
  
て
い
た
ん
で
す
け
ど
:
:
:
:
 
  
 
え
っ
と
 
そ
の
:
:
:
:
薬
作
り
自
体
は
 
結
構
上
手
く
行
っ
  
だ
 
な
ぁ
?
 
  
 
:
:
:
:
:
:
:
:
さ
て
 °
ど
ん
な
言
い
訳
を
し
て
く
れ
る
ん
  
 
  
 
  
 
  
屋
敷
に
帰
っ
て
き
た
頃
だ
っ
た
 °
  
そ
の
巨
大
化
が
止
ま
っ
た
の
は
 
ち
ょ
う
ど
師
匠
の
魔
法
使
い
が
 
  
そ
ん
な
悲
鳴
と
共
に
 
更
に
巨
大
化
し
て
い
く
少
女
の
体
 °



   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
緒
に
罰
を
受
け
る
事
に
な
る
の
だ
っ
た
 °
  
使
い
魔
と
魔
法
使
い
は
一
心
同
体
 
と
い
う
理
由
の
せ
い
で
 
  
よ
り
捕
ま
っ
て
し
ま
い
  
ち
な
み
に
逃
げ
出
し
た
使
い
魔
も
 
す
ぐ
に
師
匠
の
魔
法
使
い
に
  
 
  
厳
し
い
お
仕
置
き
を
食
ら
っ
た
事
は
言
う
ま
で
も
な
い
だ
ろ
う
 °
  
そ
の
後
 
見
習
い
魔
法
使
い
の
少
女
が
 
た
っ
ぷ
り
と
師
匠
か
ら
  
 
  
 
ひ
い
ぃ
ぃ
っ
!
 
ご
め
ん
な
さ
ぁ
ぁ
ぁ
い
!
 







  > ≫