周
囲
に
は
明
か
り
も
無
く
 
か
な
り
暗
く
て
顔
す
ら
分
か
ら
な
  
 
背
後
か
ら
咳
き
込
む
声
 °
振
り
返
る
と
誰
か
が
い
た
 °
  
 
け
ほ
っ
・
・
・
 
  
  
 
い
つ
の
間
に
か
真
っ
暗
な
場
所
に
立
っ
て
い
た
 °
  
 
今
の
今
ま
で
地
図
を
片
手
に
山
道
を
歩
い
て
い
た
の
に
 
  
 
気
が
付
い
た
ら
見
知
ら
ぬ
風
景
が
広
が
っ
て
い
た
 °
  
 
・
・
・
ど
う
な
っ
て
る
ん
だ
?
 
  
  
も
外
れ
だ
と
思
っ
て
い
た
の
に
─
─
  
 
勿
論
結
果
は
一
度
と
し
て
当
た
っ
た
事
は
無
い
 °
だ
か
ら
今
回
  
た
 °
  
 
だ
か
ら
暇
さ
え
あ
れ
ば
迷
信
を
調
べ
て
は
試
し
て
み
た
物
だ
っ
  
昔
か
ら
興
味
が
あ
っ
た
 °
  
 
流
れ
星
に
願
い
事
を
言
う
と
叶
う
と
か
 
そ
う
し
た
物
に
俺
は
  
い
な
物
だ
 °
  
 
世
の
中
に
は
色
々
な
迷
信
が
有
る
 °
い
わ
ゆ
る
都
市
伝
説
み
た
  
  
v
o
r
o
s
 
作
  
お
い
で
ま
せ
 
魔
乳
の
国
へ















≪ <  

  
 
周
り
を
見
渡
す
と
石
造
り
の
柱
や
天
井
が
目
に
飛
び
込
ん
で
き
  
 
う
・
・
・
何
が
・
・
・
?
 
  
 
  
屋
内
に
い
る
ら
し
い
 °
  
 
女
性
の
声
が
次
々
と
響
く
 °
声
が
反
響
す
る
事
か
ら
ど
こ
か
の
  
 
え
え
 °
そ
の
よ
う
ね
 
  
 
こ
っ
ち
は
大
丈
夫
だ
 °
で
 
成
功
か
?
 
  
 
あ
の
 
お
怪
我
等
は
あ
り
ま
せ
ん
か
?
 
  
  
 
思
わ
ず
目
が
眩
ん
で
思
わ
ず
手
を
か
ざ
す
 °
  
っ
た
 °
  
 
更
に
別
の
女
性
の
声
が
響
く
と
 
少
し
遅
れ
て
眩
し
い
光
が
灯
  
な
い
 
  
 
お
|
い
 
明
か
り
を
点
け
て
く
れ
 °
篝
火
が
消
え
て
何
も
見
え
  
 
  
 
俺
が
声
を
か
け
る
前
に
二
人
の
女
性
の
声
が
響
い
た
 °
  
 
勿
論
よ
 
  
 
え
え
と
 
大
丈
夫
で
す
か
?
 
  
  
い
が
声
の
質
か
ら
し
て
女
性
だ
ろ
う
 °











   

  
 
は
い
!
 
  
 
そ
れ
じ
ゃ
あ
女
王
様
に
連
絡
を
頼
む
わ
よ
 
  
  
せ
ら
れ
て
し
ま
っ
た
 °
  
 
俺
は
疑
問
を
口
に
す
る
が
 
有
無
を
言
わ
さ
ぬ
口
調
で
説
き
伏
  
今
は
付
い
て
来
て
く
れ
 
  
 
よ
う
こ
そ
 °
あ
た
し
達
の
国
へ
 °
細
か
い
話
は
後
で
す
る
か
ら
  
 
あ
の
|
 
こ
こ
は
ど
こ
で
す
か
?
 
  
  
 
近
づ
い
た
女
性
は
光
を
遮
る
よ
う
に
し
て
俺
の
前
に
立
っ
た
 °
  
 
大
丈
夫
 °
心
配
は
い
ら
な
い
よ
 
  
 
明
か
り
を
持
っ
て
い
る
女
性
が
心
配
そ
う
に
声
を
か
け
た
 °
  
 
あ
 
近
づ
い
た
ら
・
・
・
 
  
 
  
 
歩
く
度
に
金
属
の
擦
れ
る
重
い
音
が
鳴
り
響
く
 °
  
 
一
人
の
女
性
が
こ
ち
ら
に
近
づ
い
て
来
た
 °
  
 
お
お
 
ち
ゃ
ん
と
上
手
く
行
っ
た
み
た
い
だ
な
 
  
  
 
そ
し
て
目
の
前
に
は
三
人
の
女
性
が
立
っ
て
い
た
 °
  
た
 °
























   

  
 
こ
す
ぷ
れ
?
 
よ
く
分
か
ら
な
い
け
ど
 
こ
こ
で
は
こ
れ
が
普
  
 
  
然
だ
 °
  
 
し
か
も
シ
|
ス
ル
|
の
様
に
服
が
透
け
て
い
る
の
で
殆
ど
裸
同
  
一
目
で
わ
か
る
服
装
な
の
だ
 °
  
 
も
う
一
人
の
方
も
シ
|
ス
ド
レ
ス
だ
っ
た
か
 
体
の
ラ
イ
ン
が
  
め
て
激
し
い
物
だ
っ
た
 °
  
 
デ
ザ
イ
ン
が
何
と
い
う
か
・
・
・
ビ
キ
ニ
の
よ
う
に
露
出
が
極
  
い
る
が
 
  
 
最
初
に
近
づ
い
て
き
た
女
性
は
籠
手
や
具
足
等
で
身
を
固
め
て
  
  
 
二
人
の
女
性
の
奇
天
烈
さ
に
思
わ
ず
訪
ね
て
し
ま
う
俺
だ
っ
た
 °
  
衣
装
で
す
け
ど
・
・
・
 
  
 
あ
の
・
・
・
こ
こ
は
コ
ス
プ
レ
会
場
で
す
か
?
 
見
慣
れ
な
い
  
た
 °
  
 
も
う
一
人
の
女
性
が
怪
訝
な
表
情
を
浮
か
べ
て
話
し
か
け
て
き
  
 
・
・
・
?
 
ど
う
か
し
た
の
か
し
ら
?
 
  
  
 
お
か
げ
で
周
り
が
見
渡
せ
る
よ
う
に
な
っ
た
の
だ
が
・
・
・
  
 
明
か
り
を
持
っ
て
い
た
女
性
が
ど
こ
か
へ
と
去
っ
て
行
っ
た
 °

   

  
  
 
二
人
の
視
線
は
俺
の
股
間
に
向
け
ら
れ
た
 °
  
 
え
っ
?
 
あ
ら
 
こ
ん
な
に
大
き
く
な
っ
て
る
じ
ゃ
な
い
 
  
 
・
・
・
ん
?
 
あ
ん
た
 
興
奮
し
て
ん
の
か
い
?
 
  
  
は
無
か
っ
た
 °
  
 
彼
女
の
谷
間
が
も
ろ
に
見
え
た
の
だ
が
 
恥
ず
か
し
が
る
様
子
  
な
っ
た
時
に
  
 
ビ
キ
ニ
鎧
の
女
性
が
俺
の
体
を
一
瞥
し
て
喋
っ
た
 °
前
屈
み
に
  
う
よ
 
  
 
そ
ん
な
に
体
を
包
ん
で
ち
ゃ
 
こ
こ
だ
と
す
ぐ
に
へ
ば
っ
ち
ま
  
か
 °
  
 
衣
装
と
言
え
ば
 
あ
ん
た
の
服
装
は
随
分
と
暑
そ
う
じ
ゃ
な
い
  
  
 
ど
う
や
ら
ノ
|
ブ
ラ
の
よ
う
だ
 °
  
て
き
た
 °
  
 
そ
の
際
に
服
が
肌
に
張
り
付
い
て
隠
れ
て
い
る
乳
首
が
浮
き
出
  
乳
房
が
た
わ
ん
で
揺
れ
る
 °
  
 
ド
レ
ス
の
女
性
は
腕
を
組
ん
で
胸
を
持
ち
上
げ
た
 °
た
ゆ
ん
と
  
通
の
服
装
な
の
よ
 


















   

  
 
・
・
・
少
な
く
と
も
嘘
は
言
っ
て
な
い
み
た
い
だ
ね
 
  
 
  
ろ
う
 °
  
 
少
な
く
と
も
ト
ッ
プ
は
1
0
0
程
度
を
余
裕
で
超
え
て
い
る
だ
  
わ
ず
頬
が
緩
む
 °
  
 
む
に
ゅ
う
 
と
擬
音
が
付
き
そ
う
な
ほ
ど
柔
ら
か
い
乳
房
に
思
  
∧
お
お
・
・
・
こ
れ
は
・
・
・
∨
  
  
い
た
 °
  
 
ド
レ
ス
の
女
性
が
豊
満
な
胸
を
押
し
付
け
な
が
ら
俺
の
腕
を
引
  
ち
ゃ
う
わ
 
  
 
と
に
か
く
 
さ
っ
さ
と
行
く
わ
よ
 °
女
王
様
が
待
ち
く
た
び
れ
  
 
驚
い
た
よ
う
な
様
子
で
ビ
キ
ニ
鎧
の
女
性
は
否
定
し
た
 °
  
し
て
く
れ
 
  
 
あ
た
し
達
が
魅
力
的
っ
て
・
・
・
こ
ん
な
体
な
の
に
冗
談
は
よ
  
  
 
開
き
直
っ
て
彼
女
達
を
褒
め
つ
つ
俺
は
謝
っ
た
 °
  
 
恥
ず
か
し
い
け
ど
今
更
隠
し
た
所
で
手
遅
れ
だ
 °
  
す
か
ら
・
・
・
 
  
 
う
っ
・
・
・
す
み
ま
せ
ん
 °
お
二
人
が
魅
力
的
だ
っ
た
も
の
で

   

  
  
  
  
  
T
o
 
b
e
 
c
o
n
t
i
n
u
e
d
・
・
・
  
  
  
 
つ
い
に
都
市
伝
説
の
一
つ
が
真
実
で
あ
っ
た
の
だ
と
 °
  
は
確
信
を
持
っ
て
言
え
る
 °
  
 
今
一
つ
何
が
起
こ
っ
て
い
る
か
は
分
か
ら
な
い
が
 
こ
れ
だ
け
  
始
め
た
 °
  
 
ビ
キ
ニ
鎧
の
女
性
が
歩
き
始
め
る
と
 
ド
レ
ス
の
女
性
も
歩
き
  
 
そ
れ
じ
ゃ
あ
 
そ
ろ
そ
ろ
向
か
う
か
 
  
  
2
0
は
あ
り
そ
う
だ
 °
  
 
見
た
目
と
し
て
は
彼
女
の
方
が
大
き
く
見
え
る
 °
最
低
で
も
1
  
房
に
張
り
が
あ
る
の
か
 
  
 
こ
っ
ち
も
バ
ス
ト
は
か
な
り
大
き
い
 °
ド
レ
ス
の
女
性
よ
り
乳
  
の
女
性
は
呟
い
た
 °
  
 
嬉
し
そ
う
な
 
そ
れ
で
い
て
困
っ
た
よ
う
な
表
情
で
ビ
キ
ニ
鎧

  > ≫