離
れ
て
も
聞
こ
え
る
程
凛
と
し
た
声
を
出
す
女
王
 °
そ
れ
を
聞
  
 
早
く
案
内
な
さ
い
 
  
 
ビ
キ
ニ
鎧
の
女
性
は
女
王
と
思
し
き
人
物
に
跪
い
て
述
べ
た
 °
  
 
報
告
致
し
ま
す
 °
隣
境
よ
り
殿
方
が
参
り
ま
し
た
 
  
へ
と
進
ん
で
い
く
 °
  
 
返
事
を
し
て
道
を
開
け
た
衛
兵
の
間
を
通
り
 
鎧
の
女
性
は
奥
  
 
は
っ
!
 
  
  
 
彼
女
も
凄
ま
じ
い
大
き
さ
の
乳
房
の
持
ち
主
だ
 °
  
 
ビ
キ
ニ
鎧
の
女
性
が
衛
兵
と
思
し
き
女
性
に
声
を
か
け
た
 °
  
 
見
分
を
行
う
為
 
女
王
様
に
お
目
通
り
願
い
た
い
 
  
  
 
長
袖
の
上
着
に
長
ズ
ボ
ン
を
選
ん
で
着
た
の
は
失
敗
だ
っ
た
か
 °
  
湿
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
 
ハ
ン
カ
チ
を
取
り
出
し
て
滲
ん
だ
汗
を
拭
う
と
 
生
地
全
体
が
  
気
が
漂
っ
て
き
た
 °
  
 
暗
い
通
路
を
進
む
と
 
う
っ
す
ら
と
光
が
差
し
て
蒸
し
暑
い
空
  
  
v
o
r
o
s
 
作
  
お
い
で
ま
せ
 
魔
乳
の
国
へ















≪ <  

  
 
か
な
り
距
離
が
離
れ
て
い
る
は
ず
な
の
に
 
女
王
様
は
俺
の
声
  
せ
ん
の
よ
 
  
 
そ
う
で
し
ょ
う
?
 
ど
ん
な
腕
自
慢
で
も
私
に
並
ぶ
者
は
い
ま
  
 
  
 
な
ん
と
 
膝
か
ら
飛
び
出
る
程
の
巨
大
な
双
乳
が
見
え
た
の
だ
 °
  
 
俺
は
そ
れ
以
上
に
女
王
の
容
姿
に
度
肝
を
抜
か
れ
て
い
た
 °
  
た
の
も
あ
る
が
 
  
 
い
き
な
り
女
王
に
お
目
通
り
と
言
う
驚
き
の
展
開
に
驚
い
て
い
  
  
 
思
わ
ず
俺
は
呟
か
ず
に
は
い
ら
れ
な
か
っ
た
 °
  
 
凄
い
・
・
・
 
  
 
  
子
に
腰
か
け
て
い
た
 °
  
 
通
路
の
先
で
は
悠
然
た
る
態
度
で
女
王
と
呼
ば
れ
た
女
性
が
椅
  
 
よ
う
こ
そ
 
我
が
王
国
へ
 °
歓
迎
し
ま
す
わ
 
  
た
ど
り
着
い
た
 °
  
 
言
わ
れ
る
が
ま
ま
に
通
路
を
進
む
と
 
庭
園
の
よ
う
な
場
所
に
  
 
さ
 
こ
っ
ち
に
付
い
て
来
て
 
  
  
い
て
ド
レ
ス
の
女
性
が
俺
の
手
を
引
い
た
 °









   

  
 
は
 
初
め
ま
し
て
・
・
・
 
  
  
き
い
か
が
伺
え
る
 °
  
 
頭
を
下
げ
ら
れ
て
い
な
い
事
か
ら
も
彼
女
の
乳
房
が
如
何
に
大
  
て
会
釈
程
度
で
し
か
  
 
立
ち
上
が
り
頭
を
垂
れ
る
ミ
ル
ヒ
 °
お
っ
ぱ
い
が
引
っ
掛
か
っ
  
 
招
待
に
応
じ
て
下
さ
っ
た
事
 
心
か
ら
お
礼
申
し
上
げ
ま
す
わ
 
  
 
初
め
ま
し
て
 °
私
の
名
は
ミ
ル
ヒ
・
セ
イ
ン
 °
  
  
彼
女
に
近
づ
い
た
 °
  
 
手
招
き
を
す
る
度
に
た
わ
む
乳
房
 °
誘
わ
れ
る
が
ま
ま
に
俺
は
  
 
さ
さ
 
こ
ち
ら
に
い
ら
し
て
く
だ
さ
い
な
 
  
  
 
庭
園
に
は
女
王
と
俺
以
外
に
は
誰
も
い
な
い
 °
  
て
行
っ
た
 °
  
 
こ
こ
ま
で
案
内
し
て
く
れ
た
二
人
の
女
性
は
俺
を
残
し
て
去
っ
  
 
で
は
 
我
々
は
控
え
さ
せ
て
い
た
だ
き
ま
す
 
  
  
 
耳
の
良
さ
も
相
当
な
物
ら
し
い
 °
  
を
聞
き
取
っ
た
よ
う
だ
 °
















   

  
面
が
あ
っ
た
は
ず
だ
 °
  
 
記
憶
が
正
し
け
れ
ば
彼
女
の
国
は
男
の
受
け
入
れ
に
厳
し
い
一
  
か
ね
?
 
  
 
し
か
し
 
私
の
よ
う
な
者
が
此
処
に
来
て
も
よ
か
っ
た
ん
で
す
  
の
な
い
事
だ
 °
  
 
彼
女
の
名
前
が
ミ
ル
ヒ
・
セ
イ
ン
と
知
っ
て
か
ら
は
疑
い
よ
う
  
・
・
∨
  
∧
そ
れ
に
し
て
も
本
当
に
ア
マ
ゾ
ネ
ス
の
国
に
招
か
れ
る
と
は
・
  
  
 
身
を
隠
す
物
は
何
一
つ
身
に
付
け
て
い
な
い
 °
  
 
息
を
す
る
度
に
上
下
す
る
乳
房
 °
彼
女
の
体
は
腰
巻
以
外
で
  
然
で
す
わ
 
  
 
私
達
に
と
っ
て
は
大
事
な
賓
客
で
す
も
の
 °
こ
れ
ぐ
ら
い
は
当
  
せ
ん
で
し
た
か
ら
ね
・
・
・
 
  
 
ま
さ
か
来
て
早
々
女
王
様
と
お
目
通
り
な
ん
て
思
っ
て
も
い
ま
  
  
を
た
ゆ
ま
せ
た
 °
  
 
ど
ぎ
ま
ぎ
し
つ
つ
も
返
事
を
返
す
と
 
ミ
ル
ヒ
は
微
笑
ん
で
胸
  
に
話
し
て
く
だ
さ
い
ま
せ
 
  
 
ふ
ふ
っ
 °
そ
ん
な
に
畏
ま
ら
な
く
て
も
構
い
ま
せ
ん
わ
 °
気
軽

   

  
 
嫌
悪
感
を
隠
そ
う
と
も
せ
ず
ミ
ル
ヒ
は
吐
き
捨
て
る
様
に
言
っ
  
っ
と
暮
ら
し
て
も
構
い
ま
せ
ん
わ
 
  
 
も
ち
ろ
ん
 °
あ
の
貧
乏
主
義
者
を
追
い
出
す
事
が
出
来
た
ら
ず
  
ん
で
す
よ
ね
?
 
  
 
そ
れ
で
 
こ
こ
に
招
か
れ
た
と
い
う
事
は
皆
さ
ん
と
暮
ら
せ
る
  
  
だ
 °
  
 
突
き
出
さ
れ
た
胸
の
谷
間
は
伸
ば
し
き
っ
た
腕
よ
り
も
深
そ
う
  
 
胸
を
張
っ
て
惜
し
げ
も
無
く
肉
体
を
曝
け
出
す
ミ
ル
ヒ
 °
  
は
許
し
ま
せ
ん
わ
よ
 
  
 
こ
の
肉
体
美
を
理
解
で
き
な
い
輩
だ
と
自
ら
認
め
る
よ
う
な
事
  
で
も
追
い
返
し
て
お
り
ま
す
わ
 °
  
 
そ
も
 
貧
し
き
胸
を
良
し
と
す
る
者
達
な
ら
ば
矢
を
射
か
け
て
  
  
 
頬
を
膨
ら
ま
せ
て
女
王
様
は
俺
を
睨
ん
だ
 °
  
て
く
だ
さ
い
な
 
  
 
そ
ん
な
に
卑
下
さ
れ
て
は
困
り
ま
す
わ
 °
も
っ
と
自
信
を
持
っ
  
招
い
た
の
で
す
 °
  
 
い
い
え
 
私
達
を
受
け
入
れ
ら
れ
る
貴
方
だ
か
ら
こ
そ
我
ら
は
  


























   

  
と
 
胸
が
熱
く
な
る
の
で
あ
っ
た
 °
  
 
音
に
聞
こ
え
し
超
乳
部
族
の
相
手
を
す
る
事
に
な
る
と
考
え
る
  
 
俺
の
手
を
取
り
 
胸
を
弾
ま
せ
て
歩
み
始
め
る
ミ
ル
ヒ
 °
  
て
お
り
ま
す
わ
よ
 
  
 
で
は
 
我
々
の
訓
練
場
へ
案
内
し
ま
し
ょ
う
 °
皆
心
待
ち
に
し
  
  
 
ミ
ル
ヒ
は
微
笑
み
な
が
ら
頷
い
た
 °
  
よ
 
  
 
そ
う
で
す
 °
私
も
赴
く
の
で
す
か
ら
 
し
っ
か
り
頼
み
ま
す
わ
  
う
に
す
る
事
で
す
よ
ね
?
 
  
 
も
ち
ろ
ん
で
す
 °
戦
士
た
る
皆
様
が
万
全
の
状
態
で
動
け
る
よ
  
 
何
を
す
れ
ば
良
い
か
は
分
か
っ
て
ま
す
ね
?
 
  
 
負
け
犬
の
事
は
さ
て
お
き
 
そ
ろ
そ
ろ
本
題
に
入
り
ま
し
ょ
う
 °
  
 
  
 
い
か
に
縄
張
り
争
い
が
深
刻
な
の
か
が
伺
え
る
も
の
だ
 °
  
 
女
王
で
あ
る
に
も
関
わ
ら
ず
こ
の
暴
言
で
あ
る
 °
  
こ
こ
ま
で
酷
い
と
は
・
・
・
∨
  
∧
う
わ
ぁ
 
エ
ル
フ
と
の
確
執
が
酷
い
と
は
聞
い
て
い
た
け
ど
 
  
 
  
た
 °
























   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
T
o
 
b
e
 
c
o
n
t
i
n
u
e
d
・
・
・
  


























  > ≫