爆乳教師 その5

ザッキー 作
Copyright 2003 by Zakki All rights reserved.

 俺の目の前では先生が頭の大きさほどもある乳房を抱え上げその先端に唇を這わせピチャピチャと淫猥な水音を立て,もう片方の乳房からは乳首を摘み押さえてるにも関わらずシトシトと乳汁が滴りマットに零れ落ちる乳房の影になっているヒップは豊満かつ豊かに横に張り出しタイトスカートのむっちりとした太ももの間の暗い三角形。そのいやらしい搾乳の光景はさっき果てたはずの俺の欲望をどこからともなく沸き上がらせ,むくむくと膨らませた。
「ねぇ,搾ってぇ小林くぅん」
 俺は先生に突き出された片乳を持ち上げる。今日の膨乳でより一層大きさと重量を増した乳房の今まで以上の超重量級のずっしりとした手ごたえに俺は酔いしれる。乳房の表面に乳首からびゅくびゅくと噴き出すミルクによってテラテラと光りその上から白い筋が肌の上を走っている。石鹸の香りが混ざった甘ったるいミルクの香りが鼻腔をくすぐる。むせ返るようなフェロモンは俺をさらに硬く突き上げる。恐る恐る舌先を伸ばす。
「んんんぅ・・・」
 いつの間にか先生は顔をこちらに向けて俺が飲もうとするのをマジマジと見つめる。頬を赤く染めた先生の潤んだ瞳から放たれる視線で俺も顔が赤くなり動きが止まる。
「は,早くぅ・・・吸って」
 ビュクっと僅かにミルクが噴き上がり俺の唇に触れる
甘い・・・
 今までの躊躇はどこへやら俺は先生の乳首むしゃぶりついた。ぢゅるぢゅるるるる・・・激しく音を立てて飲み干す。
「ひゃぁぁぁ,だめぇぇぇぇ」
 先生の体がビクッと震えたかと思うとピクピクと断続的に痙攣する。ミルクは次から次へと溢れ出てくる俺はさらなるミルクを求め頬を窄ませ吸い上げる。
「いやぁぁぁ,おっぱい伸びちゃうぅぅぅ」
 先生は両手で俺の頭を乳房に押し付ける。柔肉が顔全体をおおい俺の頭が乳房に埋もれてしまいそうになる。
「せ,先生苦しい・・・」
「あ,ご,ごめん」
 俺がもがき小さな声を上げると先生の両手が離れる。
「ごめんなさい,あまりにも気持ちよくてその・・・」
 先生はおっぱいをプルプル揺らし赤い顔をより一層真っ赤にして太ももをもじもじと擦り合わせたクチュクチャ・・・と静かにスカートの奥から音が響く。その音にますます顔を赤くする先生。
「あのぉそのぉ・・・あぁぁぁえぇぇぇ・・・」
 オタオタする先生の動きがおもしろくて愛らしかった。
「先生も飲まないと損ですよ。こんなおいしいミルク」
 そう言って俺は先生に乳首を向ける。
「い,いいの。小林君に全部飲んで欲しい・・・」
 俺は先生の乳首に口を付け搾り出す。甘い吐息がこぼれさらにミルクの出が良くなる。俺は一度先生の乳首を離すと唇を重ね合わせる。先生の瞳が潤みそしてカッと見開かれた。俺は唇が繋がると先生の口腔内に口の中に溜めていたミルクを流し込む。蜂蜜よりも甘い口づけ。
「んん!んんぅぅぅ・・・」
 先生は一瞬驚いた様子だったが俺からの贈り物をコクコクと飲み始める。飲み終えると反撃とばかりに先生の舌が侵入してくるズリュッズリュゥと互いの唾液を吸い合い舌を絡める。
「んふぅ・・・」
 唇の間に細く唾液が糸を引く。
「小林君ズルイ・・・あたしに無理やり飲ませるんだもん」
「でも,拒まなかったのはおいしかったからでしょ」
 うぅ,と呻くとコクンと頷く。
「もう,小林君には飲ませて上げない!」
 そう言うと先生は自分で一度に両方の乳首を咥えゴクゴクと喉を鳴らして飲み始めた。俺は先生の背後に回りそっと耳元に囁く。
「おいしい?」
 先生は耳を真っ赤にしてコクンと頷く。
「タップリ召し上がれ・・・」
 俺は後ろから先生の超重おっぱいを鷲掴みすると先へ先へとミルクを送り込むように搾り上げる。搾り上げた先には二つの乳首・・・その先は小さくて可愛らしい先生の口。高揚した様子でゴクゴクと喉を鳴らし飲む。
「んんぅぅぅぅぅ・・・」
 途中までは飲んでられたようだが徐々に増えるミルクの量に頬が膨らみ始める。
「んんんぅぅぅぅ・・・(もうだめぇ)」
「先生。俺からのご馳走だよ」
 そう言って耳元に囁き,耳たぶを咥え耳の額に沿って舌を這わす。ングングと必死に喉を鳴らして胃に落とし込む先生。それでも巨大な乳房が生成するミルクの量は止まるところを知らず益々勢いを増す。そして・・・ビュゥゥゥ・・・
「んんんぅ,ぷはぁ・・・ゼイゼイ」
 勢いよく噴き出たミルクは息を荒げる先生の顔に噴きかかる。
「こ,小林君のばかぁ・・・ひっく,ひく」
 先生はミルクと涙でグシャグシャの顔で振り向く。大粒の涙が目の端いっぱいに溜まり口の両端から白い濃厚なミルクを垂らしている。
「ごめんね」
 俺は先生の額から始まって顔のパーツ一つ一つを丹念に舐めて洗って上げる。
「んんぅぅぅ,くすぐったい」
「ごめんね。先生のおっぱいちゃんと全部飲んで上げるよ」
「ホント?」
 潤んだ瞳で上目使いで俺の顔を見つめる。その肉厚のぽってりした唇を口に咥える。
「んふぅ」
 先生の甘い吐息が吹き込まれる。俺は先生と唇を重ね合わせながら乳首を摘む。といってもミルクを搾り出すためじゃない。乳首を押さえてミルクが噴き出るのを止めつつ残った手と指で乳房を揉みミルクを導き出す。
「んんぅ,ちゅうぅぅ,小林クン。おっぱいがキツいよぉ」
「もうちょっと我慢してね」
 俺は先生の口を口で塞ぎ唇であやしながら。さらに揉む力を強めると大量に生産されたミルクは行き場を失い乳房の中にドンドン溜まっていく。テラテラと怪しく光る乳房は徐々に満たされてパツパツに張り詰めてはちきれてしまいそうだ。もとよりひとまわりほど大きくなると先生が
「お願いぃぃ,痛いよぉ。乳首離してぇ。おっぱい破裂しちゃうぅぅぅ・・・」
「はい」
 俺は素直に手を離す。溜まりに溜まったミルクは一気に乳道を駆け上がり乳首が一瞬膨らんだかと思うと一気に・・・
ぶしゃぁぁぁぁぁぁ・・・
「ひゃぁぁぁぁぁ・・・」
 ミルクは乳首から太い力強い白い放射線を描いて噴出する。それに合わせて美しいソプラノが先生の喉を駆け抜けた。先生はビクビクと体を震わせ口から涎を垂らし俺に体を預ける。
「ひゃぅぅぅ,すごぉぉい。き,気持ちいいよぉ・・・」
 ピクピクと桜色の体を震わせ射乳の余韻に酔っている。あれだけ噴出しておきながらドクドクと未だに湧き出るミルク。まるで枯れない泉だった。
「先生の残ったミルクを全部飲んで上げるね」
「うん」
 そういうと先生はミルクでグチャグチャのスカートを脱ぎ始めた。
「こんな邪魔なのは脱いじゃおう」
 先生はぴっちりと張り付くスカートを脱ぐとそこには・・・ミルクと汗で透けた下着・・・ではなく,濃紺が黒に見えるくらい濡れたブルマだった。
「せ,先生普段から?」
「だってぇ,下着新しく買わないとキツくて入んないし,小林君もこっちの方が好きでしょ?」
 そう言って先生はお尻を向けて四つん這いになるとブルマが食い込んでむちむちとした桃尻プリンプリンと左右に振る。もちもちの太ももには透明な液の筋が幾重にも伸びている。ミルクだけじゃない甘い香りが漂う。お尻をさらに突き出すとブルマはさらに食い込みを増し,満々と豊満に肥え太ったヒップを惜しげもなく晒している。プルンプルンと左右にお尻が揺れるのに合わせて上半身の下でタプンタプンと重そうにな二つの振り子が揺れている。思わす俺は背後から揺れる乳房を鷲掴みする。
「いやぁ,だめよぉ」
 先生は体を揺すり俺を振り落とす。俺は仰向けに寝転がされその上に先生が圧し掛かる。
「捕まえたぁ」
 俺の目の前には超重量級の爆乳がゆらゆらと吊り下がっている。上気した先生の頬,形の良い鼻,艶っぽい唇,細い首筋,キュッと締まったウエスト,豊かに横に張り出したヒップ,ブルマに包まれ気持ち良さそうに膨らんだトライアングル,そこから伸びる長い足,豊満な腰にふさわしくむっちりと肉の詰め込まれた太もも,その豊満で魅惑的な肢体を覆う白い雪のような肌は艶やかな桃色に色づいている。その肢体は目の前の顔よりも大きく満々に張り詰めはちきれんばかりの乳房の先,こんもりと盛り上がった乳輪のさらに先の親指ほどに勃起しひときわ赤く色づいた蕾の先からシトシトと噴き出すミルクにコーティングされて,肌はより一層もちもちと瑞々しさを増し,絹のような肌触りをさらに滑らかにし,艶々とした輝きを持たせ,全身からは困惑的なフェロモンが悶々と放たれている。思わず俺は目の前の豊穣の女神に見入った。
「どうしたの?」
「先生・・・」
「ん?・・・」
 俺が先生が聞き取れないくらい小さな呟きを漏らすと先生は体重を俺の体に乗せ耳を近づける,合わせて巨大な爆乳が俺の体にいやらしく形を変え柔らかく密着する。勃起した乳首が柔らかな乳肉にめり込み先生は軽く喘ぐ。
「んんぅぅぅ,はぁん」
 色っぽい甘い吐息が俺の顔に吹きかかる。ギュゥッ俺は先生を力強く抱きしめるとさらに乳房が押し潰れ横に広がり柔らかな先生の体の感触を全身に受ける。
「ど,どうしたの?」
 先生は困惑の表情を浮かべる。俺は先生の小さな可愛らしい耳をタップリと口に含み愛撫する。
「いやぁぁぁん,誤魔化しちゃだめぇぇ・・・」
 先生は可愛らしく体をピクピク震わす。
「先生・・・」
「ん?・・・」
「先生は世界で一番魅力的な女性だよ。先生大好き・・・」
 小さな耳にそっと優しく俺の言の葉を吹き込むと先生の顔が益々赤くなり。
「バカ・・・」
小さなホント小さな虫の囁きより小さな返事を目に涙を浮かべ,モジモジと囁いた。先生は無言で俺の唇を奪い柔らかな舌先を滑り込ませる。今までにないくらい激しい浸入に俺は反撃できない。歯茎という歯茎を舐めまわされ,歯の内側まで侵入し,一方的に舌を絡めとられ弄ばれる。先生の体は合わせてくねくねとうねり俺の体に柔らかな刺激を与え,更なる快感を導き出す。
「うっ!」
 突然,先生の口から大量の唾液が送り込まれる。吐き出すことのできない状況で俺はそれを飲むしかなかった。
ングング・・・
 次々と流し込まれる唾液。生暖かい唾液の感触が妙に官能的だった。一方的な口の蹂躙がやっと終わった。
「んふぅ,好きだからこんなになっちゃうのね」
 先生は悪戯っぽい笑みを浮かべてブルマの生地を俺のズボンの生地に擦り合わせる。互いの硬く尖った突起が擦れ合い震え上がるような快感を導き出す。
「はぁはぁ,このスケベっ子」
「はぁはぁ,先生だって」
 気絶しそうな快感に身体が未だに腰の奥に溜まってる。
「うふふ・・・そうよ先生スケベだもん」
「あ,開き直ったな」
 先生は小悪魔のような笑みで二つの果実を突き出す。さっきよりも勢い良くミルクが溢れている。乳房を両手で寄せ上げ乳首を真ん中に寄せる。深い谷間に見入っていると
「どうぞ,召し上がれ」
 突き出された赤い蕾を口に含むと砂糖タップリの蜂蜜のようなミルクが口の中に広がる。
ちゅぅちゅぅぅぅ・・・
 俺が吸い上げる度に先生の体がビクビクと跳ね上がる。目の前ではタプタプと爆乳が揺れ弾む,それに合わせ表面の汗が飛沫となりキラキラと飛び散った。
「いかがでしょうか?おいしいですか?」
 先生は自分の乳房を搾り出すように先端に向かって揉み始めた。
ングング・・・
 もはや吸うこともなくミルクは湧き上がり俺の口の中に濁流となって流れ込む。恍惚の表情で搾乳を楽しむ先生はさらに自分の乳房を愛撫する手に力を込める。俺はただただおっぱいにしゃぶりつき必死でミルクを胃に流し込んだ。

カァ〜カァ〜
 気付けば窓から差し込む光は赤く,蝉の声は鴉にバトンタッチしていた。俺ははちきれそうな腹を抱え先生を起こす。
(全く,夏だからプール期間中で良かったよ。倉庫開けられたら一溜まりもなかったぜ)
 先生はブルマ一枚ですやすや寝息を立てている。結局,先生のミルクが出なくなるまで搾乳は続いた。しまいには飲みきれなくて当たり一面にミルクをぶちまけてしまったので倉庫内は汗とミルクの匂いが充満してしまっている。先生の乳房は少々縮んだが・・・
「ふみゃぁ,おはよう」
 寝ぼけ眼で先生が起き上がると合わせてタプンタプンと初めと変わらない大きさの乳房が波打つ。そう初めと変わらない大きさの・・・
「すごかったねぇ,私ミルク迸らせてもんねぇ」
 先生が軽く自分の乳房をタプタプと遊ばしてるとツ〜ッと一筋ミルクが・・・
「先生もしかしてまたミルク満タン?」
「そ,そうかも。なんか張ってる感じするし」
「ははは・・・」
 俺は乾いた笑いを浮かべる。しかし,先生は嬉しそうにタプタプとおっぱいを揺らしている。
「これで毎日小林君に搾って貰えるね」
「え!?」
 頬を赤らめながらも嬉々とした表情で俺の顔を覗き込む
「ちゃんと飲んでくれないとひどいゾ」
 呆然としている俺の額に指を当て弾く,俺は力なくその場に仰向けになった。
「ははは・・・毎日毎日・・・モーモー」

続く