歩
く
度
に
い
や
ら
し
く
揺
れ
る
こ
の
球
体
が
本
当
に
邪
魔
で
し
た
 °
  
ず
 
  
特
に
人
の
頭
ほ
ど
大
き
く
な
っ
た
胸
の
せ
い
で
服
も
ブ
ラ
も
合
わ
  
中
学
生
の
時
に
大
き
く
な
り
過
ぎ
た
こ
の
身
体
 
  
 
  
 
  
そ
れ
は
き
っ
と
:
:
こ
の
身
体
の
せ
い
だ
と
思
い
ま
す
 °
  
せ
ん
で
し
た
が
 
  
今
ま
で
友
達
も
少
な
く
 
ま
し
て
や
彼
氏
な
ん
て
1
8
年
間
い
ま
  
 
  
も
う
す
ぐ
大
学
生
に
な
る
 
高
校
3
年
生
で
す
 °
  
私
は
 
宮
野
雅
∧
み
や
の
 
み
や
び
∨
と
言
い
ま
す
 °
  
 
  
|
雅
'
s
 
s
i
d
e
|
  
 
  
読
ま
れ
る
事
を
お
勧
め
致
し
ま
す
 °
  
∧
こ
れ
を
読
む
前
に
 
プ
レ
ゼ
ン
ト
∧
帝
国
城
摂
政
様
 
作
∨
を
  
  
残
塁
マ
ニ
ア
 
作
  
プ
レ
ゼ
ン
ト
 
|
A
f
t
e
r
 
S
t
o
r
y
|







≪ <  

  
 
  
そ
う
思
い
詰
め
る
日
々
が
続
い
て
い
ま
し
た
 °
  
こ
の
世
に
い
る
の
?
?
?
  
な
ん
て
 
  
こ
ん
な
私
を
 
こ
の
身
体
を
 
全
て
真
剣
受
け
入
れ
て
く
れ
る
人
  
一
体
ど
う
し
ろ
と
言
う
の
?
?
  
こ
ん
な
に
膨
ら
ん
だ
胸
を
 
こ
ん
な
に
大
き
く
な
っ
た
身
体
で
 
  
私
ば
か
り
大
き
く
し
て
し
ま
っ
た
の
?
  
神
様
は
残
酷
だ
 
ど
う
し
て
周
り
の
女
子
に
均
等
に
分
け
な
い
で
 
  
ま
し
た
 °
  
数
年
間
は
こ
の
身
体
が
嫌
い
で
嫌
い
で
仕
方
な
く
な
っ
て
し
ま
い
  
そ
の
せ
い
で
段
々
私
の
部
屋
に
ひ
き
こ
も
り
に
な
っ
て
い
き
 
  
 
  
 
  
な
ん
て
色
々
言
わ
れ
た
り
す
ら
し
ま
し
た
 °
  
 
ヤ
り
た
い
 
 
す
ご
い
エ
ッ
チ
な
身
体
し
て
る
ね
|
あ
の
子
 
  
外
出
す
る
た
び
に
毎
日
の
よ
う
に
見
ら
れ
 
時
に
小
声
で
  
男
子
か
ら
の
い
や
ら
し
い
目
つ
き
 
女
子
か
ら
の
嫉
妬
の
眼
差
し
 °
  
さ
れ
る
事
で
し
た
 °
  
だ
け
ど
 
一
番
嫌
だ
っ
た
の
は
今
ま
で
周
り
か
ら
好
奇
の
目
に
晒

   

  
こ
の
大
き
な
身
体
は
 
き
っ
と
男
性
が
好
き
に
な
っ
て
く
れ
る
 °
  
 
  
 
  
し
た
 °
  
あ
の
人
の
た
め
に
 
私
自
身
を
あ
げ
た
い
と
思
う
よ
う
に
な
り
ま
  
き
な
か
っ
た
  
だ
け
ど
 
高
校
生
3
年
生
に
な
っ
た
時
 
中
学
生
の
時
に
挨
拶
で
  
 
  
 
  
ア
プ
ロ
|
チ
さ
れ
る
よ
り
も
ず
っ
と
マ
シ
で
し
た
 °
  
ん
て
言
わ
れ
た
り
 
  
だ
け
ど
 
そ
の
方
が
か
え
っ
て
良
か
っ
た
 °
変
に
い
や
ら
し
い
な
  
私
を
見
る
目
は
化
物
を
見
る
よ
う
な
視
線
に
変
わ
っ
て
き
ま
し
た
 °
  
高
校
生
に
な
っ
た
頃
に
は
今
と
変
わ
ら
な
い
程
の
身
長
に
な
り
 
  
 
  
あ
あ
 
き
っ
と
私
に
は
運
命
の
人
が
い
な
い
ん
だ
 
と
 °
  
私
は
完
全
に
打
ち
の
め
さ
れ
て
し
ま
い
ま
し
た
 °
  
き
ち
ん
と
お
別
れ
の
挨
拶
が
出
来
な
か
っ
た
事
で
 
  
そ
し
て
中
学
3
年
生
の
時
 
密
か
に
大
好
き
だ
っ
た
あ
る
人
と
  
 

























   

  
そ
し
て
初
め
て
 
私
は
自
身
の
身
体
を
大
好
き
に
な
り
ま
し
た
 °
  
に
な
り
ま
し
た
 °
  
ク
リ
ス
マ
ス
イ
ブ
に
数
年
ぶ
り
に
会
っ
て
以
来
 
私
た
ち
は
恋
人
  
 
  
 
  
私
の
従
兄
で
 
一
つ
上
の
大
学
生
の
男
性
で
す
 °
  
お
相
手
は
 
宮
野
匠
∧
み
や
の
 
た
く
み
∨
さ
ん
 °
  
 
  
 
  
や
っ
と
ク
リ
ス
マ
ス
に
結
ば
れ
ま
し
た
 °
  
い
続
け
て
 
  
挨
拶
が
出
来
な
か
っ
た
あ
の
日
以
来
 
そ
の
人
の
事
を
4
年
間
思
  
 
  
 
  
 
  
 
  
し
か
い
な
い
 °
  
そ
し
て
 
私
が
欲
し
い
・
結
ば
れ
た
い
人
は
 
こ
の
世
に
ひ
と
り
  
 
  
こ
の
私
よ
り
も
可
愛
い
・
美
し
い
女
性
は
 
そ
う
は
い
な
い
 °


   

  
そ
れ
以
降
 
兄
さ
ん
と
は
会
い
ま
せ
ん
で
し
た
 °
優
し
い
兄
さ
ん
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
帰
り
ま
し
た
 °
  
ク
リ
ス
マ
ス
に
は
徹
夜
明
け
で
し
た
け
ど
デ
|
ト
し
て
 
夕
方
に
  
過
ご
し
 
  
兄
さ
ん
の
優
し
さ
や
吐
息
を
胸
の
中
で
感
じ
取
り
な
が
ら
一
夜
を
  
い
 
  
イ
ブ
の
日
は
兄
さ
ん
と
他
愛
も
な
い
話
を
し
 
時
々
抱
き
し
め
合
  
 
  
 
  
ま
す
 °
  
何
よ
り
も
こ
の
私
を
受
け
入
れ
て
く
れ
た
兄
さ
ん
に
感
謝
し
て
い
  
誰
よ
り
も
大
き
く
て
柔
ら
か
な
胸
を
与
え
て
く
れ
た
神
様
と
 
  
な
か
な
か
い
な
い
で
あ
ろ
う
こ
の
美
し
さ
と
 
  
今
で
は
 
こ
ん
な
に
も
魅
力
的
で
女
ら
し
い
身
体
と
 





   

  
私
の
両
親
に
も
  
 
  
 
  
こ
ち
ら
が
お
二
人
に
お
礼
を
言
い
た
い
ん
で
す
け
ど
:
:
 °
  
と
言
わ
れ
ま
し
た
 °
い
や
 
私
と
し
て
は
 
  
く
し
て
あ
げ
て
ね
 °
 
  
 
雅
ち
ゃ
ん
 
あ
り
が
と
う
ね
|
 °
あ
ん
な
息
子
だ
け
ど
 
仲
良
  
 
  
お
正
月
に
兄
さ
ん
の
両
親
か
ら
  
兄
さ
ん
と
の
関
係
は
向
こ
う
の
両
親
も
知
っ
て
い
る
み
た
い
で
 
  
 
  
 
  
 
  
そ
う
独
り
言
を
言
っ
て
し
ま
い
ま
し
た
 °
  
自
分
の
部
屋
で
 
大
き
な
胸
を
ユ
サ
ユ
サ
と
揺
ら
し
な
が
ら
 
  
な
:
:
 °
  
や
っ
ぱ
り
私
と
し
て
は
 
多
少
強
引
に
で
も
会
っ
て
ほ
し
か
っ
た
  
け
ど
 
  
受
験
寸
前
だ
っ
た
私
の
事
を
気
遣
っ
て
く
れ
た
と
は
思
う
ん
で
す
  
の
事
な
の
で
 




















   

  
 
  
 
  
 
  
掛
け
ま
し
た
 °
  
は
や
る
気
持
ち
を
抑
え
つ
つ
 
2
ヶ
月
以
上
久
し
ぶ
り
に
電
話
を
  
念
願
の
 
兄
さ
ん
と
同
じ
大
学
に
合
格
し
ま
し
た
 °
  
そ
し
て
今
日
 
大
学
の
合
格
発
表
日
 °
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
 
  
し
ま
し
た
 °
  
お
互
い
の
両
親
公
認
の
彼
氏
さ
ん
と
い
う
事
で
 
ひ
と
ま
ず
安
心
  
と
か
ら
か
わ
れ
て
し
ま
い
ま
し
た
が
 
従
兄
弟
と
は
言
え
  
 
  
 
  
胸
で
メ
ロ
メ
ロ
に
し
ち
ゃ
い
な
さ
い
よ
 °
 
  
 
あ
ら
|
 
匠
く
ん
が
彼
氏
?
良
い
じ
ゃ
な
い
 
貴
女
の
自
慢
の

   

  
 
え
ぇ
 
明
日
!
?
 
  
 
  
 
  
つ
い
つ
い
気
持
ち
が
先
行
し
て
し
ま
い
ま
し
た
 °
  
早
く
兄
さ
ん
に
会
い
た
い
 °
こ
の
胸
に
兄
さ
ん
を
抱
き
し
め
た
い
 °
  
 
じ
ゃ
あ
明
日
の
5
時
く
ら
い
に
兄
さ
ん
の
家
に
向
か
い
ま
す
 °
 
  
 
  
 
  
 
ん
 
僕
は
別
に
良
い
け
ど
:
:
 °
で
 
い
つ
?
 
  
 
  
 
  
 
兄
さ
ん
の
家
に
泊
ま
っ
て
も
良
い
で
す
か
?
 
  
け
ど
  
 
そ
れ
で
 
お
部
屋
と
か
大
学
の
下
見
に
行
こ
う
と
思
う
ん
で
す
  
 
  
 
  
 
お
お
 
お
め
で
と
う
 °
 
  
 
  
 
  
 
兄
さ
ん
 
私
 
兄
さ
ん
と
同
じ
大
学
に
合
格
し
ま
し
た
 °
 


   

  
 
  
 
分
か
っ
た
 °
明
日
来
な
 °
 
  
 
  
 
  
あ
あ
 
つ
い
本
音
が
出
ち
ゃ
っ
た
 °
  
2
ヶ
月
以
上
も
我
慢
し
た
ん
で
す
か
ら
:
:
 
  
か
っ
た
し
 
  
 
私
:
:
早
く
兄
さ
ん
に
会
い
た
い
ん
で
す
 °
お
正
月
も
会
え
な
  
そ
れ
に
:
:
 
ダ
メ
 
や
っ
ぱ
り
気
持
ち
を
抑
え
ら
れ
な
い
 °
  
こ
う
と
思
っ
て
 °
  
 
明
日
は
兄
さ
ん
の
家
に
泊
ま
っ
て
 
明
後
日
の
朝
に
下
見
に
行
  
 
  
 
  
 
い
や
 
ず
い
ぶ
ん
急
だ
な
|
っ
て
思
っ
て
さ
 °
 
  
 
  
 
  
ち
ょ
っ
と
罪
悪
感
を
感
じ
る
私
 °
  
 
あ
 
ダ
メ
で
し
た
か
?
 
  
 
  
 

























   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
耐
え
ら
れ
ま
す
か
ら
ね
♪
  
兄
さ
ん
の
た
め
な
ら
 
ど
れ
だ
け
こ
の
身
体
を
見
ら
れ
た
っ
て
  
 
  
:
 °
  
ち
ょ
っ
と
大
胆
に
ボ
デ
ィ
ラ
イ
ン
出
し
て
行
っ
て
み
よ
う
か
な
:
  
さ
て
 
準
備
し
な
き
ゃ
 °
明
日
何
着
て
行
こ
う
か
な
?
  
 
  
 
  
 
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
す
 °
 
ガ
チ
ャ
  
 

























  > ≫