な
る
ほ
ど
ね
 °
そ
れ
に
し
て
も
大
き
い
な
 °
何
日
く
ら
い
泊
ま
  
 
  
 
  
変
わ
っ
て
な
い
の
か
:
:
 °
  
ケ
ロ
リ
と
つ
っ
け
ど
ん
に
答
え
る
雅
 °
や
っ
ぱ
こ
う
い
う
と
こ
は
  
こ
ん
な
に
な
っ
ち
ゃ
う
ん
で
す
よ
 °
こ
ん
な
身
体
な
ん
で
す
か
ら
 °
 
  
を
詰
め
れ
ば
  
 
え
っ
と
 
だ
っ
て
 
私
の
サ
イ
ズ
に
合
う
服
と
か
 
下
着
と
か
  
 
  
 
お
前
 
∧
ト
ラ
ン
ク
∨
大
き
過
ぎ
な
い
か
?
 
  
 
  
 
  
あ
ま
り
に
大
き
い
 °
  
雅
を
部
屋
に
入
れ
る
 °
持
っ
て
来
た
ト
ラ
ン
ク
は
1
泊
す
る
に
は
  
 
  
 
  
|
匠
'
s
 
s
i
d
e
|
  
  
残
塁
マ
ニ
ア
 
作
  
プ
レ
ゼ
ン
ト
 
|
A
f
t
e
r
 
S
t
o
r
y
|







≪ <  

  
豊
満
で
刺
激
的
な
雅
の
肉
体
に
僕
は
思
わ
ず
興
奮
し
 
  
そ
し
て
動
く
度
に
ブ
ル
ブ
ル
と
揺
れ
動
く
大
き
す
ぎ
る
胸
 °
  
下
着
の
ラ
イ
ン
が
ク
ッ
キ
リ
と
浮
き
出
る
 °
  
ず
っ
し
り
と
し
た
ヒ
ッ
プ
が
短
パ
ン
の
下
か
ら
押
し
上
げ
ら
れ
 
  
そ
う
言
い
な
が
ら
ト
ラ
ン
ク
の
中
身
を
ゴ
ソ
ゴ
ソ
す
る
雅
 °
  
れ
に
:
:
 
  
 
え
え
 
色
々
学
校
の
周
り
と
か
見
て
お
き
た
い
と
思
っ
て
 °
  
 
  
 
あ
 
結
構
長
い
事
こ
っ
ち
い
る
ん
だ
な
 °
 
  
 
  
 
  
が
心
配
だ
 °
  
そ
れ
よ
り
僕
の
自
制
心
が
3
日
も
保
つ
の
だ
ろ
う
か
:
:
 °
そ
れ
  
あ
る
だ
ろ
う
 °
  
女
の
子
だ
し
 
学
校
の
周
辺
や
お
店
な
ど
 
色
々
気
に
な
る
事
も
  
そ
れ
く
ら
い
時
間
を
掛
け
て
も
良
い
か
も
知
れ
な
い
 °
  
3
日
も
泊
ま
る
の
か
?
ま
あ
部
屋
探
し
と
か
な
ら
 
  
 
一
応
3
泊
く
ら
い
で
す
か
ね
 °
 
  
 
  
る
つ
も
り
だ
?
 



















   

  
そ
の
巨
大
な
身
体
を
 
僕
は
呆
然
と
見
つ
め
る
し
か
な
か
っ
た
 °
  
え
て
胸
が
強
調
さ
れ
る
 °
  
セ
|
タ
|
が
引
っ
張
ら
れ
 
深
い
深
い
谷
間
と
水
色
の
ブ
ラ
が
見
  
し
て
そ
う
言
う
 °
  
顔
を
赤
ら
め
た
顔
に
な
る
雅
は
う
つ
む
き
 
両
腕
を
前
で
ク
ロ
ス
  
お
っ
ぱ
い
も
お
尻
も
大
き
く
な
り
す
ぎ
ち
ゃ
っ
て
:
:
 
  
っ
ち
ゃ
っ
た
ん
で
す
 °
  
 
受
験
で
運
動
し
な
く
な
っ
て
 
食
べ
過
ぎ
て
1
0
k
g
近
く
太
  
 
  
 
  
ち
ゃ
う
:
:
と
思
い
き
や
 
  
思
わ
ず
胸
を
見
て
し
ま
う
僕
 °
あ
 
ま
た
 
変
態
 
っ
て
言
わ
れ
  
に
戻
る
 °
  
パ
ツ
パ
ツ
の
太
も
も
が
横
に
ボ
ヨ
ン
と
揺
れ
 
急
速
に
元
の
位
置
  
と
  
そ
う
言
っ
て
僕
の
方
を
向
く
雅
 °
慣
性
の
法
則
で
巨
大
す
ぎ
る
胸
  
 
兄
さ
ん
と
ち
ょ
っ
と
長
く
 
一
緒
に
い
た
い
と
思
っ
た
ん
で
す
 °
 
  
 
  
 
  
生
つ
ば
を
ゴ
ク
リ
と
飲
み
込
ん
で
し
ま
っ
た
 °








   

  
自
分
で
自
分
を
責
め
る
純
な
雅
に
 
僕
は
思
わ
ず
感
涙
し
て
し
ま
  
更
に
こ
こ
ま
で
大
き
く
な
る
と
は
思
わ
な
か
っ
た
だ
ろ
う
 °
  
受
験
の
ス
ト
レ
ス
と
は
言
え
 
元
々
大
き
な
身
体
だ
っ
た
の
に
 
  
で
も
 
雅
は
コ
コ
ま
で
の
身
体
を
果
た
し
て
望
ん
だ
の
だ
ろ
う
か
?
  
ま
さ
か
M
な
ん
て
言
葉
が
聞
こ
え
て
来
る
と
は
思
わ
な
か
っ
た
 °
  
が
 
  
グ
ラ
ビ
ア
で
も
I
カ
ッ
プ
前
後
は
最
近
で
も
珍
し
く
な
く
な
っ
た
  
な
ん
だ
?
  
M
カ
ッ
プ
っ
て
:
:
ど
ん
だ
け
大
き
い
ん
だ
 °
と
い
う
か
何
番
目
  
 
  
太
も
も
だ
っ
て
太
く
な
り
す
ぎ
て
:
:
 
  
度
に
破
け
そ
う
に
な
っ
ち
ゃ
う
し
 
  
お
尻
も
パ
ン
パ
ン
に
膨
ら
ん
で
 
前
ま
で
着
け
て
た
下
着
が
歩
く
  
二
段
に
な
っ
ち
ゃ
う
ん
で
す
 °
  
仕
方
な
く
K
カ
ッ
プ
の
ブ
ラ
を
着
け
て
る
ん
で
す
け
ど
 
お
肉
が
  
来
な
い
し
 
  
ブ
ラ
が
も
う
合
わ
な
く
て
:
:
で
も
あ
ま
り
両
親
に
お
ね
だ
り
出
  
っ
ち
ゃ
っ
て
 
  
 
前
K
カ
ッ
プ
寸
前
だ
っ
た
の
が
今
は
も
う
M
カ
ッ
プ
ま
で
に
な
  
 

























   

  
ら
い
ま
で
揉
み
し
だ
い
て
 
  
 
僕
:
:
雅
の
デ
カ
い
お
っ
ぱ
い
が
欲
し
い
 °
ミ
ル
ク
が
出
る
く
  
 
  
や
い
て
し
ま
う
 °
  
僕
は
完
璧
に
や
ら
れ
て
し
ま
い
 
欲
望
む
き
出
し
の
言
葉
を
つ
ぶ
  
た
れ
る
フ
ェ
ロ
モ
ン
に
  
悲
し
そ
う
な
顔
を
す
る
雅
 °
そ
れ
と
は
対
照
的
に
 
身
体
か
ら
放
  
か
?
 
  
 
兄
さ
ん
:
:
こ
ん
な
化
物
み
た
い
に
太
っ
た
身
体
 
嫌
い
で
す
  
 
  
ろ
ぐ
と
 
  
え
?
ち
ょ
っ
と
待
っ
て
 °
何
で
そ
う
い
う
展
開
に
?
?
少
し
た
じ
  
 
  
っ
た
と
思
う
ん
で
す
 °
 
  
 
だ
け
ど
:
:
こ
の
身
体
 
兄
さ
ん
の
為
に
こ
ん
な
に
大
き
く
な
  
 
  
 
  
 
  
だ
が
 
次
の
雅
の
言
葉
に
僕
は
ビ
ッ
ク
リ
す
る
 °
  
う
 °
























   

  
と
思
い
き
や
 
ミ
ッ
チ
リ
詰
ま
っ
た
ヒ
ッ
プ
を
タ
イ
ト
に
包
む
 
  
じ
水
色
の
下
着
:
:
  
そ
う
言
っ
て
シ
ョ
|
ト
パ
ン
ツ
を
脱
ぐ
雅
 °
そ
こ
に
は
ブ
ラ
と
同
  
 
  
だ
か
ら
 
私
も
:
:
兄
さ
ん
の
心
も
体
も
 
欲
し
い
で
す
 °
 
  
兄
さ
ん
の
も
の
で
す
 °
  
 
兄
さ
ん
 °
今
日
は
私
を
自
由
に
し
て
く
だ
さ
い
 °
心
も
身
体
も
 
  
 
  
 
  
そ
し
て
:
:
  
そ
う
思
っ
て
い
る
と
 
雅
が
ト
ロ
ン
と
し
た
瞳
で
僕
を
見
つ
め
 
  
両
腕
で
胸
を
抑
え
て
う
つ
む
く
雅
 °
あ
あ
 
言
い
過
ぎ
た
な
あ
 °
  
全
く
オ
ブ
ラ
|
ト
に
包
ま
な
い
言
葉
に
耳
ま
で
真
っ
赤
に
し
 
  
 
  
い
:
:
 
  
雅
の
い
や
ら
し
い
く
ら
い
に
成
長
し
た
身
体
:
:
全
身
で
感
じ
た
  
も
が
欲
し
い
 °
  
雅
の
パ
ン
パ
ン
に
膨
ら
ん
だ
お
尻
も
欲
し
い
 °
ム
チ
ム
チ
の
太
も
  
ゃ
な
い
 °
  
ビ
ン
ビ
ン
の
乳
首
を
吸
い
上
げ
た
い
 °
い
や
 
お
っ
ぱ
い
だ
け
じ

   

  
 
  
 
  
に
も
行
か
ず
 
  
太
も
も
と
お
尻
が
大
揺
れ
す
る
 °
コ
コ
ま
で
来
れ
ば
隠
し
て
る
訳
  
に
合
わ
せ
て
 
  
ケ
ロ
リ
と
言
い
 
左
右
に
プ
リ
ン
プ
リ
ン
と
腰
を
振
る
雅
 °
揺
れ
  
た
?
 
  
も
し
か
し
て
兄
さ
ん
 
ブ
ル
マ
よ
り
シ
ョ
|
ツ
の
方
が
好
き
で
し
  
代
わ
り
に
も
な
る
し
 °
  
 
え
え
 
自
分
の
部
屋
で
は
結
構
着
ま
す
よ
 °
下
着
キ
ツ
い
か
ら
  
う
 °
  
胸
に
負
け
ず
存
在
感
を
持
つ
下
半
身
に
見
と
れ
 
思
わ
ず
そ
う
言
  
 
み
 
雅
普
段
か
ら
そ
ん
な
の
着
て
ん
の
!
?
 
  
 
  
 
  
う
だ
っ
た
 °
  
ど
う
や
ら
シ
ョ
|
ツ
の
上
か
ら
更
に
ブ
ル
マ
を
着
込
ん
で
い
る
よ
  
ョ
|
ツ
の
飾
り
が
見
え
る
 °
  
わ
ず
か
な
が
ら
太
も
も
と
ブ
ル
マ
の
境
界
線
の
間
に
 
水
色
の
シ
  
濃
紺
の
ブ
ル
マ
だ
っ
た
 °
















   

  
い
し
れ
る
 °
  
重
量
感
と
 
ウ
ォ
|
タ
|
ベ
ッ
ド
な
ん
か
非
じ
ゃ
な
い
質
感
に
酔
  
だ
ら
な
い
で
あ
ろ
う
  
そ
の
感
触
は
十
二
分
に
伝
わ
り
 
両
乳
合
わ
せ
て
1
0
キ
ロ
は
く
  
と
は
言
え
  
余
す
所
な
く
受
け
止
め
 
跳
ね
か
え
し
て
く
る
 °
セ
|
タ
|
の
上
  
で
僕
の
手
の
攻
撃
を
  
ぎ
っ
し
り
と
密
度
の
詰
ま
っ
た
乳
肉
は
適
度
な
弾
力
と
柔
ら
か
さ
  
に
大
き
い
だ
け
で
は
な
く
 
  
両
手
で
片
乳
を
覆
い
切
れ
る
か
と
い
う
ほ
ど
だ
っ
た
 °
し
か
も
単
  
赦
な
く
乳
肉
が
零
れ
落
ち
 
  
大
き
い
 °
1
0
本
の
指
を
フ
ル
に
使
っ
て
も
 
そ
の
隙
間
か
ら
容
  
か
ら
ず
本
能
に
任
せ
る
 °
  
女
性
の
胸
な
ん
て
触
る
の
は
初
め
て
だ
っ
た
の
で
 
力
加
減
が
分
  
雅
の
後
ろ
に
回
り
 
そ
の
巨
大
な
二
つ
の
バ
ス
ト
を
ま
さ
ぐ
る
 °
  
僕
の
中
で
 
か
ろ
う
じ
て
堰
き
止
め
ら
れ
て
い
た
欲
望
が
決
壊
し
 
  
出
す
雅
 °
  
 
分
か
り
ま
し
た
 °
じ
ゃ
あ
ど
う
ぞ
♪
 
グ
ッ
と
胸
を
前
に
突
き
  
:
:
 
  
 
い
や
 
ブ
ル
マ
の
方
が
:
:
で
も
雅
の
胸
の
方
が
も
っ
と
好
き

   

  
 
ハ
ァ
 
ハ
ァ
:
:
ど
う
し
て
す
ぐ
や
め
ち
ゃ
っ
た
ん
で
す
か
?
 
  
 
  
た
神
聖
な
も
の
に
見
え
た
 °
  
そ
の
大
き
さ
・
形
・
張
り
は
ま
さ
に
完
璧
で
 
男
の
夢
が
詰
ま
っ
  
雅
の
胸
 °
  
急
速
に
形
状
記
憶
合
金
の
如
く
元
の
真
ん
丸
な
お
っ
ぱ
い
に
戻
る
  
手
を
放
す
 °
  
で
も
 
こ
れ
じ
ゃ
物
足
り
な
い
!
僕
は
あ
っ
さ
り
と
雅
の
胸
か
ら
  
が
増
大
さ
れ
る
 °
  
股
間
が
膨
れ
て
雅
の
ム
ッ
チ
リ
と
し
た
太
も
も
に
当
た
り
 
快
感
  
と
襲
い
掛
か
る
 °
  
後
ろ
に
い
る
僕
と
密
着
し
 
ト
ロ
ン
と
し
た
ヒ
ッ
プ
が
た
っ
ぷ
り
  
と
太
も
も
が
  
そ
の
豊
満
な
肢
体
を
動
か
す
 °
ブ
ル
マ
に
包
ま
れ
た
大
き
な
お
尻
  
ク
ネ
ク
ネ
と
  
強
く
揉
ま
れ
る
雅
は
如
何
に
も
慣
れ
て
い
な
い
と
い
っ
た
感
じ
で
 
  
ぎ
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
:
:
 
  
 
ひ
ゃ
あ
あ
ぁ
あ
あ
ん
 
兄
さ
ん
 
も
っ
と
優
し
く
し
て
 
強
す
  
 
  
 

























   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
ブ
ラ
を
外
し
た
 °
  
と
小
悪
魔
な
笑
み
を
浮
か
べ
て
雅
は
ピ
ン
ク
の
セ
|
タ
|
を
脱
ぎ
 
  
よ
?
 
  
 
も
|
 
最
初
か
ら
生
が
良
い
っ
て
言
っ
て
く
れ
た
ら
脱
ぎ
ま
す
  
 
  
う
と
 
  
 
雅
の
お
っ
ぱ
い
 
生
で
触
り
た
い
:
:
 
僕
は
わ
が
ま
ま
を
言
  
不
満
そ
う
な
雅
 °



















  > ≫