コ
ン
ト
ラ
ス
ト
 °
  
そ
の
雪
の
よ
う
に
真
っ
白
な
肌
と
 
ピ
ン
ク
色
の
小
さ
な
乳
首
の
  
感
じ
る
 °
  
単
に
脂
肪
の
塊
で
は
な
い
 
ぎ
っ
し
り
と
し
た
密
度
の
詰
ま
り
を
  
小
刻
み
に
プ
ル
プ
ル
と
震
え
る
胸
は
青
い
血
管
が
浮
き
出
て
お
り
 
  
ズ
ド
ン
と
突
き
出
て
い
る
 °
  
頭
並
み
に
大
き
な
2
つ
の
乳
房
は
全
く
垂
れ
る
こ
と
な
く
 
前
に
  
 
  
完
璧
な
球
体
形
の
お
っ
ぱ
い
 °
改
め
て
そ
の
大
き
さ
に
驚
く
 °
  
ル
ン
ッ
と
広
が
る
 °
  
思
う
と
 
2
段
に
な
っ
て
い
た
乳
肉
が
解
放
さ
れ
 
目
の
前
に
ブ
  
を
鳴
ら
し
た
か
と
  
ピ
ン
ク
の
セ
|
タ
|
を
脱
ぎ
捨
て
 
ブ
ラ
の
金
具
が
パ
チ
ン
と
音
  
 
  
 
  
|
匠
'
s
 
s
i
d
e
|
  
  
残
塁
マ
ニ
ア
 
作
  
プ
レ
ゼ
ン
ト
 
|
A
f
t
e
r
 
S
t
o
r
y
|







≪ <  

  
返
し
て
く
る
 °
  
先
ほ
ど
と
同
じ
よ
う
に
 
僕
の
手
と
顔
を
全
て
受
け
止
め
 
押
し
  
が
  
耐
え
切
れ
ず
 
雅
の
胸
に
飛
び
込
む
僕
 °
ぎ
っ
し
り
詰
ま
っ
た
肉
  
 
  
 
  
ロ
な
言
葉
を
言
う
と
は
:
:
 °
  
い
た
ず
ら
っ
ぽ
く
笑
う
雅
 °
ク
|
ル
な
従
妹
が
こ
ん
な
に
エ
ロ
エ
  
だ
け
ど
 
吸
っ
て
も
ミ
ル
ク
は
出
ま
せ
ん
よ
?
 
  
い
 °
  
い
っ
ぱ
い
揉
ん
で
 
い
っ
ぱ
い
吸
っ
て
 
い
っ
ぱ
い
イ
ッ
て
下
さ
  
物
で
す
か
ら
 °
  
 
え
え
 
さ
っ
き
も
言
い
ま
し
た
け
ど
 
私
の
全
て
は
兄
さ
ん
の
  
 
  
に
そ
う
聞
く
 °
  
 
揉
む
の
も
だ
け
ど
 
吸
っ
て
も
良
い
?
 
顔
を
赤
く
し
て
 
  
 
  
胸
が
そ
そ
る
 °
  
揉
み
し
だ
か
れ
た
胸
の
下
を
両
腕
で
覆
う
雅
 °
更
に
強
調
さ
れ
る
  
 
兄
さ
ん
 
そ
ん
な
に
ジ
ロ
ジ
ロ
見
な
い
で
下
さ
い
:
:
 



   

  
柔
ら
か
い
感
触
と
息
苦
し
さ
で
顔
を
動
か
し
 
何
と
か
息
が
出
来
  
い
く
 °
  
そ
の
時
 
雅
が
腕
を
回
し
て
胸
を
締
め
付
け
 
僕
の
顔
を
埋
め
て
  
掛
か
る
 °
  
雅
の
体
が
ビ
ッ
ク
ン
と
大
き
く
揺
れ
 
肉
と
い
う
肉
が
僕
に
襲
い
  
よ
う
に
動
か
し
て
い
く
と
 
  
お
っ
ぱ
い
を
パ
ン
の
よ
う
に
こ
ね
回
し
 
先
端
へ
と
絞
り
上
げ
る
  
ら
に
突
き
動
か
す
 °
  
イ
ケ
ナ
イ
事
を
し
て
い
る
か
の
よ
う
な
倒
錯
的
な
想
い
が
僕
を
さ
  
る
意
味
で
は
妹
 
  
可
愛
い
従
妹
が
こ
ん
な
に
エ
ッ
チ
な
ん
て
:
:
彼
女
と
は
い
え
あ
  
胸
の
上
か
ら
喘
ぐ
雅
が
 
さ
ら
に
求
め
て
く
る
 °
  
い
く
 °
  
グ
ニ
ュ
グ
ニ
ュ
と
乳
肉
を
い
じ
り
 
揉
み
し
だ
き
 
顔
に
当
て
て
  
 
ん
あ
っ
 
ひ
ゃ
あ
ん
 
あ
あ
ん
:
:
兄
さ
ん
 
も
っ
と
ぉ
ぉ
 
  
 
  
る
 °
  
顔
中
を
覆
わ
れ
 
最
高
の
身
体
・
胸
に
更
な
る
華
と
彩
り
を
添
え
  
ェ
ロ
モ
ン
に
  
谷
間
か
ら
は
ボ
デ
ィ
ソ
|
プ
の
香
り
と
 
身
体
か
ら
放
た
れ
る
フ

   

  
僕
は
雅
の
腕
を
ほ
ど
き
 
キ
ス
し
な
が
ら
後
ろ
へ
回
り
込
む
と
 
  
膨
ら
ん
だ
で
あ
ろ
う
乳
輪
と
勃
っ
た
乳
首
の
鋭
さ
が
感
じ
取
れ
た
 °
  
と
  
ぎ
ゅ
う
っ
と
暖
か
い
胸
の
感
触
が
僕
の
胸
に
広
が
り
 
ぷ
っ
く
り
  
僕
の
舌
に
雅
の
舌
が
襲
い
掛
か
り
 
く
ち
ゃ
く
ち
ゃ
と
絡
み
合
う
 °
  
て
  
 
ん
ぐ
っ
!
?
 
雅
は
予
想
外
だ
っ
た
よ
う
で
す
が
 
程
な
く
し
  
 
  
 
  
 
  
思
わ
ず
そ
れ
に
欲
情
し
 
唇
を
奪
う
 °
  
ペ
タ
ン
と
座
っ
た
雅
は
口
か
ら
涎
を
だ
ら
だ
ら
と
出
し
て
い
た
 °
  
 
あ
あ
 
ご
め
ん
な
さ
い
 °
あ
ま
り
に
も
気
持
ち
良
く
っ
て
:
:
 
  
解
放
し
て
く
れ
た
 °
  
 
雅
 
苦
し
い
:
:
 
思
わ
ず
本
音
が
出
て
し
ま
う
と
 
素
直
に
  
 
  
 
  
ら
せ
 
締
め
付
け
る
 °
  
位
置
を
確
保
し
て
呼
吸
を
す
る
と
 
ま
す
ま
す
雅
は
身
体
を
よ
じ
  
る
よ
う
に






















   

  
い
 °
  
爆
発
し
そ
う
で
 
だ
が
雅
の
前
で
そ
れ
を
見
せ
る
訳
に
は
い
か
な
  
股
間
は
今
す
ぐ
に
で
も
  
一
つ
は
 
僕
も
あ
ま
り
の
快
感
で
気
絶
し
そ
う
だ
っ
た
か
ら
だ
 °
  
の
目
的
が
あ
っ
た
 °
  
し
か
し
僕
は
そ
こ
で
 
雅
の
胸
か
ら
手
を
放
す
 °
こ
れ
に
は
2
つ
  
 
ふ
あ
あ
ん
 
そ
こ
ぉ
 
も
っ
と
ぉ
お
お
お
:
:
 
  
 
  
残
り
の
手
で
乳
肉
を
揉
み
し
だ
く
 °
雅
の
喘
ぎ
が
激
し
く
な
り
 
  
を
い
じ
り
 
  
守
ろ
う
と
す
る
が
僕
は
容
赦
し
な
い
 °
親
指
と
人
差
し
指
で
乳
首
  
て
胸
を
  
キ
ス
を
享
受
し
て
い
た
雅
は
唇
を
放
し
て
喘
ぐ
 °
身
体
が
丸
ま
っ
  
ぇ
 
  
 
ん
は
っ
 
あ
ヒ
ィ
イ
イ
ィ
 
ひ
ゃ
あ
あ
あ
ん
そ
こ
は
ら
め
え
ぇ
  
 
  
 
  
 
  
く
 °
  
巨
大
な
バ
ス
ト
の
先
に
あ
る
乳
首
を
摘
ま
み
 
ク
リ
ク
リ
と
し
ご

   

  
見
た
い
と
思
っ
た
 °
  
こ
こ
で
僕
は
も
う
一
つ
の
目
的
で
あ
る
 
雅
の
セ
ル
フ
乳
揉
み
を
  
と
思
っ
て
 °
 
  
 
い
や
 
雅
自
身
で
し
た
方
が
 
も
っ
と
気
持
ち
い
い
の
か
な
あ
  
 
  
 
  
女
の
子
だ
っ
た
 °
  
今
ま
で
味
わ
っ
た
事
の
な
い
快
感
の
と
り
こ
に
な
っ
た
 
エ
ロ
い
  
前
に
い
る
の
は
 
  
 
み
や
び
 
な
ん
て
い
う
清
楚
そ
う
な
名
前
と
は
裏
腹
に
 
今
眼
  
快
感
の
余
韻
か
 
ろ
れ
つ
が
回
ら
ず
目
も
焦
点
が
合
わ
な
い
雅
 °
  
め
る
の
∨
?
 
  
 
あ
は
っ
 
は
ぁ
 
は
ぁ
:
:
ら
ん
れ
ろ
め
る
ろ
ぉ
ぉ
∧
何
で
止
  
 
  
乳
首
も
2
倍
近
く
に
大
き
く
な
っ
て
ビ
ン
ビ
ン
に
勃
起
し
て
い
た
 °
  
は
大
き
く
膨
ら
み
 
  
雪
の
よ
う
に
白
か
っ
た
素
肌
は
真
っ
赤
に
紅
潮
し
 
先
端
の
乳
輪
  
雅
は
と
言
う
と
 
僕
の
執
拗
な
胸
へ
の
ア
プ
ロ
|
チ
で
 
  
っ
た
格
好
に
な
っ
た
 °
  
雅
と
は
違
っ
て
 
そ
こ
に
関
し
て
は
守
り
の
姿
勢
に
入
っ
て
し
ま

   

  
い
や
ら
し
い
音
が
室
内
に
響
き
 
雅
は
膨
ら
ん
だ
蕾
を
咥
え
て
は
  
吸
っ
て
は
解
放
す
る
音
 °
  
乳
首
を
吸
う
音
 
唾
液
や
汗
が
絡
む
い
や
ら
し
い
水
音
 
そ
し
て
  
キ
ュ
プ
ッ
 
く
ち
ゅ
く
ち
ゅ
 
チ
ュ
パ
ッ
 
ん
ふ
う
:
:
  
な
 °
な
ん
て
倒
錯
的
な
ん
だ
 °
  
乳
首
を
口
に
近
づ
け
て
い
く
 °
僕
に
見
ら
れ
て
感
じ
て
い
る
の
か
  
何
と
胸
を
持
ち
上
げ
て
  
少
し
ず
つ
揉
み
始
め
る
雅
 °
し
か
し
 
す
ぐ
に
そ
れ
を
止
め
て
 
  
 
ん
ぅ
:
:
 
  
 
  
 
  
を
い
じ
り
出
し
ま
す
 °
  
そ
し
て
 
自
分
の
重
い
胸
を
持
ち
上
げ
 
そ
の
柔
ら
か
な
バ
ス
ト
  
よ
う
に
見
え
ま
し
た
 °
  
雅
は
見
透
か
さ
れ
た
か
の
よ
う
で
 
わ
ず
か
に
コ
ク
ン
と
頷
い
た
  
と
雅
だ
っ
て
そ
う
で
し
ょ
?
 
  
そ
れ
に
 
我
慢
で
き
な
い
だ
ろ
 °
男
だ
っ
て
同
じ
だ
か
ら
 
き
っ
  
る
か
な
っ
て
 °
  
 
だ
っ
て
 
自
分
の
体
の
気
持
ち
い
い
場
所
は
自
分
が
一
番
分
か
  
き
ょ
と
ん
と
す
る
雅
に
 
す
こ
し
意
地
悪
い
笑
み
を
浮
か
べ
る
 °

   

  
雅
が
高
い
声
を
上
げ
た
が
 
す
ぐ
チ
ュ
パ
チ
ュ
パ
と
い
う
胸
に
食
  
 
ひ
ゃ
ぁ
ん
!
 
  
 
  
を
揉
み
し
だ
き
 
吸
い
上
げ
て
い
く
 °
  
雅
の
感
じ
る
場
所
な
ん
て
分
か
ら
ず
 
欲
望
の
ま
ま
に
激
し
く
胸
  
チ
ュ
パ
ッ
・
キ
ュ
ポ
ン
!
チ

ュ
ウ
ウ
ウ
ウ
ッ
:
:
  
 
  
雅
の
左
胸
に
吸
い
付
く
 °
  
僕
も
雅
の
胸
に
吸
い
付
い
き
た
い
と
い
う
欲
望
に
突
き
動
か
さ
れ
 
  
さ
そ
う
な
表
情
と
 
  
ず
っ
と
雅
の
乳
吸
い
を
見
て
い
た
が
 
あ
ま
り
に
そ
の
気
持
ち
よ
  
上
げ
て
乳
首
を
甘
噛
み
す
る
 °
  
甘
噛
み
の
快
楽
に
虜
に
な
っ
た
の
か
 
雅
は
重
い
胸
を
再
び
持
ち
  
感
じ
る
表
情
に
興
奮
す
る
 °
  
雅
の
表
情
と
 
胸
が
投
げ
出
さ
れ
て
少
し
痛
が
り
 
そ
し
て
ま
た
  
か
っ
た
の
か
胸
を
手
放
す
 °
  
快
楽
の
あ
ま
り
雅
の
表
情
が
歓
喜
に
歪
み
 
そ
れ
に
耐
え
切
れ
な
  
 
ふ
あ
あ
っ
 
  
 
  
快
楽
に
身
を
沈
め
て
い
く
 °















   

  
中
央
に
寄
せ
て
僕
に
訴
え
る
 °
  
雅
は
適
度
に
太
く
美
し
い
二
の
腕
で
 
タ
ッ
プ
リ
の
お
っ
ぱ
い
を
  
ち
ゃ
に
し
ち
ゃ
っ
て
ぇ
:
:
 
  
 
ひ
ゃ
あ
ぁ
ん
 
兄
さ
ん
 
私
の
大
き
な
お
っ
ぱ
い
 
め
ち
ゃ
く
  
 
  
い
ま
し
た
 °
  
身
体
中
の
感
度
が
こ
れ
以
上
な
い
く
ら
い
に
極
限
ま
で
高
ま
っ
て
  
し
ま
う
く
ら
い
に
 
  
今
の
私
に
は
身
体
に
対
す
る
ど
ん
な
刺
激
も
快
感
に
変
換
さ
れ
て
  
う
 °
  
一
緒
に
前
の
め
り
に
な
っ
た
左
胸
の
肉
が
僕
の
顔
を
ガ
バ
ッ
と
覆
  
身
体
が
引
っ
張
ら
れ
て
 
  
と
言
う
に
相
応
し
い
 °
重
量
感
満
点
の
胸
が
落
ち
る
衝
撃
で
雅
の
  
で
は
な
く
 
ド
サ
ッ
 
  
雅
が
声
を
上
げ
 
右
の
胸
か
ら
手
を
放
し
て
し
ま
う
 °
 
プ
ル
ン
 
  
 
あ
は
ぁ
っ
!
 
  
 
  
甘
噛
み
す
る
 °
  
そ
し
て
 
こ
こ
ぞ
と
ば
か
り
に
思
い
切
り
雅
の
膨
ら
ん
だ
乳
首
を
  
い
付
く
淫
ら
な
音
が
聞
こ
え
る
 °













   

  
:
:
:
 
  
 
あ
は
ぁ
ん
:
:
あ
っ
:
:
:
:
あ
っ
:
:
:
:
:
:
あ
:
:
:
  
 
  
雅
に
対
す
る
依
存
で
動
い
て
い
る
よ
う
だ
っ
た
 °
そ
し
て
:
:
  
て
い
き
 
も
は
や
気
力
と
  
ガ
ク
ガ
ク
震
え
る
が
 
僕
も
ど
ん
ど
ん
思
考
が
あ
や
ふ
や
に
な
っ
  
で
の
快
感
に
雅
の
背
中
が
  
転
が
し
 
チ
ュ
|
チ
ュ
|
と
吸
い
上
げ
て
い
く
 °
お
ぞ
ま
し
い
ま
  
口
を
付
け
て
舌
で
コ
ロ
コ
ロ
  
中
央
に
寄
せ
集
め
 
一
つ
に
な
り
そ
う
な
2
つ
の
乳
首
と
乳
輪
に
  
に
2
つ
の
お
っ
ぱ
い
を
  
雅
の
ギ
リ
ギ
リ
限
界
を
悟
り
 
最
後
の
仕
上
げ
と
言
わ
ん
ば
か
り
  
 
  
 
ひ
い
ぃ
ぃ
ぃ
ぃ
 
そ
 
す
ぉ
こ
は
ぁ
ぁ
ん
:
:
 
  
 
  
更
に
真
っ
赤
に
染
ま
り
 
膨
ら
ん
で
い
く
よ
う
だ
っ
た
 °
  
き
く
膨
ら
ん
だ
乳
首
と
乳
輪
が
  
の
先
に
付
い
た
赤
い
蕾
を
お
互
い
に
擦
り
合
う
 °
ぷ
っ
く
り
と
大
  
こ
ね
く
り
回
し
つ
つ
 
  
左
胸
を
吸
っ
て
い
た
僕
は
一
旦
口
を
離
し
 
両
胸
を
根
っ
こ
か
ら

   

  
し
ま
っ
て
い
る
 °
  
至
福
の
フ
ワ
フ
ワ
し
た
表
情
で
 
目
を
閉
じ
て
完
全
に
放
心
し
て
  
格
と
は
真
逆
の
  
雅
は
と
い
う
と
 
僕
の
イ
メ
|
ジ
し
て
い
た
ク
|
ル
で
簡
潔
な
性
  
ィ
ン
グ
し
 
  
重
量
感
溢
れ
る
ヒ
ッ
プ
と
ム
チ
ム
チ
の
太
も
も
の
下
側
を
コ
|
テ
  
マ
に
包
ま
れ
た
  
雅
の
ブ
ル
マ
か
ら
は
透
明
な
甘
い
香
り
の
液
が
出
て
お
り
 
ブ
ル
  
乳
輪
と
乳
首
は
真
っ
赤
に
勃
起
し
 
プ
ル
プ
ル
と
震
え
て
い
た
 °
  
そ
の
胸
も
執
拗
な
責
め
で
真
っ
白
な
肌
が
ピ
ン
ク
色
に
染
ま
り
 
  
い
る
 °
  
そ
し
て
垂
れ
た
雅
の
涎
で
ヌ
メ
り
 
妖
艶
な
光
と
ツ
ヤ
を
放
っ
て
  
は
僕
の
接
吻
と
舌
責
め
に
よ
る
唾
液
と
雅
の
汗
 °
  
口
の
両
方
か
ら
ダ
ラ
ダ
ラ
と
は
し
た
な
く
涎
を
垂
ら
し
て
い
る
 °
  
痙
攣
し
 
  
ど
う
や
ら
 
イ
ッ
た
 
ら
し
く
 
身
体
が
ピ
ク
ピ
ク
と
小
刻
み
に
  
た
り
と
す
る
 °
  
プ
ツ
ン
ッ
と
何
か
が
切
れ
 
雅
が
仰
向
け
に
上
体
を
倒
し
て
ぐ
っ
  
 
  
 

























   

  
プ
リ
ッ
と
し
 
大
き
く
成
長
し
た
乳
首
と
乳
輪
 °
適
度
に
太
い
二
  
度
の
お
っ
ぱ
い
 
  
雅
の
身
体
:
:
巨
大
過
ぎ
る
ほ
ど
大
き
な
胸
 
程
よ
い
硬
さ
と
密
  
∧
私
の
身
体
 
ど
う
で
し
た
?
美
味
し
か
っ
た
で
す
か
?
∨
 
  
ふ
ふ
ぁ
?
  
 
ふ
ぁ
は
ひ
ほ
ふ
ぁ
あ
た
 
ほ
う
て
ひ
た
ぁ
?
お
い
ひ
は
っ
は
へ
  
 
  
ん
と
し
て
し
ま
っ
て
い
る
 °
  
ま
だ
快
感
の
余
韻
に
浸
っ
て
い
る
の
か
 
言
葉
す
ら
ふ
わ
ん
ふ
わ
  
ら
な
い
の
か
 
  
身
体
を
痙
攣
さ
せ
な
が
ら
 
僕
に
話
し
か
け
る
雅
 °
ろ
れ
つ
が
回
  
 
ふ
あ
ぁ
 
ぬ
ぃ
い
す
わ
ぁ
ん
∧
ふ
あ
ぁ
 
兄
さ
ぁ
ん
∨
:
:
 
  
 
  
か
ら
 
自
然
に
謝
り
の
言
葉
が
出
た
 °
  
あ
ま
つ
さ
え
従
妹
を
イ
カ
せ
て
し
ま
っ
た
事
に
対
す
る
自
責
の
念
  
赦
な
く
吸
い
上
げ
て
し
ま
い
 
  
徹
底
的
に
お
っ
ぱ
い
を
揉
み
し
だ
き
 
乳
首
を
指
で
し
ご
き
 
  
 
あ
あ
 
ご
め
ん
よ
雅
 °
僕
 
や
り
す
ぎ
ち
ゃ
っ
た
ね
:
:
 
  
 
  
 

























   

  
ろ
し
 
  
何
と
か
持
ち
上
げ
よ
う
と
試
行
錯
誤
し
て
は
再
び
そ
の
巨
体
を
下
  
至
難
の
業
だ
っ
た
 °
  
あ
る
で
あ
ろ
う
雅
を
 
こ
の
小
さ
な
僕
が
持
ち
上
げ
て
運
ぶ
の
は
  
推
定
8
0
キ
ロ
以
上
は
  
だ
が
如
何
せ
ん
重
い
雅
 °
両
腕
の
下
を
持
ち
上
げ
よ
う
と
す
る
が
 
  
げ
よ
う
と
す
る
 °
  
雅
を
ベ
ッ
ド
に
連
れ
て
行
か
な
き
ゃ
と
思
い
立
ち
 
雅
を
持
ち
上
  
そ
う
思
っ
た
僕
は
 
  
す
っ
か
り
イ
ッ
て
し
ま
っ
た
雅
 °
こ
の
ま
ま
で
は
風
邪
を
引
く
!
  
 
  
の
一
言
で
し
た
 °
  
も
し
今
答
え
を
出
す
の
な
ら
 
世
界
で
一
番
魅
力
的
な
身
体
だ
よ
 
  
肉
で
は
な
い
 °
  
女
性
を
象
徴
す
る
部
分
に
た
っ
ぷ
り
使
わ
れ
て
お
り
 °
決
し
て
贅
  
ス
ト
や
ヒ
ッ
プ
と
言
っ
た
  
全
体
と
し
て
は
ず
っ
し
り
と
重
い
雅
だ
が
 
そ
れ
は
あ
く
ま
で
バ
  
チ
の
太
も
も
 
抜
群
の
感
度
 °
  
キ
ュ
ッ
と
し
た
ウ
エ
ス
ト
 
ず
っ
し
り
豊
満
な
ヒ
ッ
プ
 
ム
チ
ム
  
の
腕
と
お
腹
 




















   

  
う
だ
っ
た
?
 
  
 
あ
あ
 
雅
 °
い
や
い
や
お
礼
を
言
う
の
は
僕
の
方
だ
よ
:
:
ど
  
可
愛
か
っ
た
 °
  
ダ
ラ
ダ
ラ
涎
を
垂
ら
す
の
を
恥
じ
ら
っ
て
す
ぐ
拭
い
て
い
る
の
が
  
ま
だ
言
葉
の
焦
点
が
定
ま
っ
て
い
な
い
雅
 °
ト
ロ
ン
と
し
た
目
と
 
  
 
ふ
え
ぇ
:
:
兄
さ
ん
 
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
す
 °
 
  
 
  
 
  
溜
息
を
も
ら
し
て
起
き
上
が
る
 °
  
再
び
雅
を
襲
い
た
い
欲
望
が
ム
ク
ム
ク
と
沸
い
て
き
た
頃
 
雅
が
  
の
存
在
を
誇
示
し
て
い
る
 °
  
山
盛
り
お
っ
ぱ
い
2
つ
が
 
ど
う
だ
!
 
と
言
わ
ん
ば
か
り
に
そ
  
ま
ま
ひ
っ
く
り
返
し
た
よ
う
な
  
仰
向
け
の
雅
の
バ
ス
ト
は
流
れ
る
こ
と
な
く
 
ま
る
で
丼
を
そ
の
  
が
出
来
た
 °
  
多
少
な
が
ら
引
き
ず
っ
て
し
ま
っ
た
が
 
ベ
ッ
ド
に
寝
か
せ
る
事
  
ど
こ
の
重
さ
も
良
い
な
あ
 ° 
  
 
ハ
ァ
:
:
ハ
ァ
:
:
∧
雅
 
こ
ん
な
に
重
い
な
ん
て
:
:
だ
け
  
ま
っ
て
い
る
 °
  
先
ほ
ど
ま
で
の
快
感
の
嵐
で
全
身
に
力
が
入
り
に
く
く
な
っ
て
し

   

  
で
僕
を
支
配
し
た
 °
  
そ
し
て
雅
の
ヒ
ッ
プ
と
太
も
も
に
辿
り
着
け
る
嬉
し
さ
が
1
/
3
  
さ
に
驚
い
た
の
が
1
/
3
 
  
え
 
ま
だ
や
る
の
?
と
い
う
の
が
1
/
3
 
雅
の
性
欲
の
底
な
し
  
す
 °
  
ヒ
ッ
プ
を
僕
の
方
に
突
き
出
し
て
ブ
ル
ン
ブ
ル
ン
と
左
右
に
揺
ら
  
ブ
ル
マ
に
ぴ
っ
ち
り
包
ま
れ
た
  
そ
う
言
っ
て
 
水
分
を
た
っ
ぷ
り
含
み
 
ジ
ュ
|
ス
が
染
み
出
る
  
か
今
か
と
待
っ
て
い
る
み
た
い
で
:
:
 
  
ま
だ
ヒ
ッ
プ
の
番
が
残
っ
て
ま
す
よ
 °
こ
の
子
∧
お
尻
∨
が
 
  
ね
?
  
 
え
と
:
:
兄
さ
ん
 °
雅
の
エ
ッ
チ
っ
て
言
わ
な
い
で
く
だ
さ
い
  
 
  
す
る
と
雅
は
 
と
ん
で
も
な
い
こ
と
を
言
い
出
し
た
 °
  
が
 
流
石
に
激
し
か
っ
た
し
ね
 °
  
本
当
は
お
尻
触
り
た
い
し
 
何
よ
り
も
う
少
し
楽
し
み
た
か
っ
た
  
か
 
  
 
あ
 
ほ
ん
と
?
じ
ゃ
あ
今
日
は
こ
れ
く
ら
い
に
し
て
 
寝
よ
う
  
ょ
っ
と
疲
れ
ち
ゃ
っ
た
か
も
 °
 
  
 
す
ご
か
っ
た
で
す
ぅ
:
:
気
持
ち
良
く
っ
て
ぇ
:
:
だ
け
ど
ち

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
体
を
雅
の
真
下
に
滑
ら
せ
た
 °
  
飛
び
散
る
雅
を
見
て
 
沸
い
て
き
た
欲
望
が
一
気
に
爆
発
し
 
  
て
は
そ
の
ジ
ュ
|
ス
が
  
だ
が
全
身
が
大
揺
れ
し
 
水
分
を
た
っ
ぷ
り
含
ん
だ
お
尻
が
揺
れ

  > ≫