プレゼント -After Story-

残塁マニア 作
Copyright 2013 by Zanrui Mania All rights reserved.

-匠's side-


目の前にはずっしりとした量感を誇示するヒップと太もも。
満々と肥え太ったヒップをグッと突き出すと、ブルマが更に食い込む。
V字を描くブルマと肌の境目。その先端からは透明なジュースがポタポタと
滴り落ち、両方の太ももには、汗とは違ういくつもの液の筋が出来ていた。
僕はたっぷりと水分を含んだブルマに覆われたヒップを鷲掴みし、
むせ返りそうなほどのフェロモンで香るその肉に顔に近づける。

(ズリュッ、ジュルルッ、ゴクン。じゅるるる…)
ブルマの先端に口を当て、雅のジュースを口に含む。
サラリとした飲み口、ほのかな甘み、そこに加わる汗のしょっぱさ。
生温かな感触が更なる官能を誘い、飲み込むとストンと胃袋に落ちる。
呼吸をすると鼻に抜ける華やかな香りが心地よかった。


吸いこんだ瞬間にビクンと雅が大きく揺れたかと思うと、
雅の豊満なヒップがブルブルと左右に揺れ、ガクガクと脚が震える。
それに合わせてムチムチの太ももも揺れ、太ももをツツーッっと垂れた
透明なジュースと汗がキラキラと飛沫となり、流星群のように飛び散った。

雅が甘過ぎる程甘い声を上げ、全身をガクガクと震わせる。

「ひゃあああ、兄さぁん、そんなに吸っちゃだめぇええぇ」

全身をゾクゾクと震わせる雅。それに合わせて巨大な胸が僕の股間に
バチン、バチンと当たり、ズボンの中が硬くなる。
程よい弾力と柔らかさを兼ね備えたおっぱいが当たるたび、
そして雅の身体を全身で感じる程に、僕が溶けてしまいそうになる。


ゾクゾクとするほどの快感で気絶しそうだったが、
僕は柔らかなヒップとジュースを再び雅のブルマから求め、口に含む。
でも、飲むためじゃない。ブルブル震える雅のヒップを鷲掴みし、
たっぷりと雅のジュースを口に含むと、再びガタガタと全身が震える。
ずっしりとしたヒップから脱出すると身体を反転させ、仰向けのまま
雅の顔まで辿り着く。全身をガクガク震わせた雅は頬を真っ赤にし、
目がトロンとしてますます可愛かった。
そんな雅の身体を抱き寄せ、雅を仰向けにして唇を奪う。

「むぐっ!」

ビックリする雅に構うことなく、口に含んだジュースを雅に流し込む僕。
更にビックリして目を見開く雅だったが、素直にコクコクと飲み、喉に
ジュースを落とし込む。快感の濁流が収まり始めてきた。


「ぷはぁ。兄さんの変態…あんなに吸うなんて…しかも私に飲ませるなんて…」
一筋の涙が零れるが、声は嬉しさを帯びた甘い甘いトーンだった。

「ごめんよ雅、ちょっとやりすぎたかも…」
「でも、美味しかったです。兄さんの唾液も何かすごく官能的でした。」

え、そんなに?ともかく、怒られないで良かった。自然と笑顔になる僕。


「雅の胸もすごく官能的だったよ。パイズリみたいで…」
恥じらう雅。両腕が伸びたかと思うと、僕は彼女の胸の中にいた。



「ああ兄さん。私もう、兄さんなしでは生きてけない!」
上から雅の嘆願する声で、暖かな胸の奥に秘めた熱い思いが爆発する。

「僕も、雅の中で生きたい…雅とずっと一緒にいたい!」
僕も、自分の思いの丈を包み隠さず雅にぶつけた。




「「愛してる。これからも、ずっと二人で…」」




ああ神様、こんな素敵な女の子に会わせてくれてありがとう。

世界一素敵で魅力的な身体を持った女神をくれてありがとう。

そして雅、この僕を誰よりも愛してくれてありがとう。




雅の身体から離れて仰向けに寝転がり、
両手を上に上げて雅の全てを受け止める準備をすると、
僕の身体にブルマ1枚だけを身に着けた雅の巨体がのしかかる。

ずっしりとした重みと圧力に圧倒されるが、それ以上に、
とても暖かい気持ちと柔らかな感触が全身に感じられ、
快感の濁流が押し寄せた。

「ああ、僕は今、雅に全てを愛されて、雅の全てを愛してる…一つになってる…」

雅の中で果てそうな意識をしっかり持ち、
胸をがっしりと掴んでまさぐり、負けじと雅を愛する。
雅は雅で、その大きな身体をユサユサ揺らしてくる。
愛しの人の大きな身体の中に抱き締められて、
頭を同じくらいの大きさを持つバストに包まれ、





そして、落ちた。