∧
た
だ
し
双
方
の
両
親
か
ら
 
 
エ
ッ
チ
は
結
婚
し
て
か
ら
 
と
  
雅
の
両
親
も
僕
の
両
親
も
あ
っ
さ
り
許
可
し
て
く
れ
た
事
で
 
  
あ
ま
り
に
時
期
尚
早
じ
ゃ
な
い
か
と
思
っ
て
反
対
し
て
い
た
が
 
  
恋
人
同
士
で
も
  
雅
か
ら
の
 
一
緒
に
暮
ら
し
た
い
 
と
い
う
提
案
に
は
 
い
く
ら
  
僕
た
ち
は
 
3
月
の
半
ば
か
ら
同
棲
す
る
事
に
な
っ
た
 °
  
 
  
 
  
 
  
 
  
雅
と
お
互
い
に
イ
キ
合
い
 
愛
し
合
っ
た
あ
の
日
か
ら
1
ヶ
月
後
 °
  
雅
の
全
て
を
受
け
止
め
 
僕
の
全
て
を
受
け
入
れ
て
く
れ
 
  
 
  
|
1
ヶ
月
後
|
  
 
  
 
  
|
匠
'
s
 
s
i
d
e
|
  
  
残
塁
マ
ニ
ア
 
作
  
プ
レ
ゼ
ン
ト
 
|
A
f
t
e
r
 
S
t
o
r
y
|







≪ <  

  
柔
ら
か
く
包
ん
で
起
こ
し
て
く
れ
る
 °
柔
肉
に
包
ま
れ
る
至
福
の
  
の
巨
乳
で
僕
の
頭
を
  
朝
に
な
れ
ば
 
雅
が
そ
の
大
き
な
身
体
で
僕
に
の
し
か
か
り
 
  
 
  
 
  
 
  
思
わ
な
か
っ
た
 °
  
思
っ
て
い
た
が
 
い
ざ
住
ん
で
み
る
と
 
こ
れ
ほ
ど
楽
し
い
と
は
  
夫
な
の
か
な
|
と
  
身
体
も
心
も
魅
力
的
な
女
の
子
と
あ
れ
ば
 
正
直
精
神
的
に
大
丈
  
と
い
う
の
が
 
  
今
ま
で
非
日
常
だ
っ
た
事
が
日
常
に
な
る
事
 
し
か
も
そ
の
恋
人
  
う
 
  
ず
っ
と
一
人
暮
ら
し
だ
っ
た
の
が
 
家
に
恋
人
が
常
に
い
る
と
い
  
 
  
た
 °
  
ア
パ
|
ト
を
引
き
払
っ
て
2
L
D
K
の
マ
ン
シ
ョ
ン
に
引
っ
越
し
  
る
か
ら
別
に
大
丈
夫
だ
っ
た
∨
  
で
も
エ
ッ
チ
以
外
に
快
感
を
満
た
す
方
法
な
ん
て
い
く
ら
で
も
あ
  
い
う
条
件
が
付
い
た
 °

















   

  
そ
れ
に
合
わ
せ
て
巨
体
が
ユ
サ
ユ
サ
と
揺
れ
 
ベ
ッ
ド
が
ギ
シ
ギ
  
ま
す
ま
す
体
重
を
掛
け
 
胸
を
両
手
で
上
下
に
動
か
す
雅
 °
  
 
ん
も
う
 
兄
さ
ん
朝
か
ら
エ
ッ
チ
な
ん
だ
か
ら
:
:
 
  
 
  
く
な
り
そ
う
に
な
る
 °
  
ギ
ュ
ウ
ッ
と
全
身
に
雅
の
お
肉
を
感
じ
 
ま
す
ま
す
起
き
ら
れ
な
  
き
枕
よ
ろ
し
く
抱
き
寄
せ
る
 °
  
そ
う
言
い
な
が
ら
 
の
し
か
か
る
雅
の
背
中
に
両
腕
を
回
し
 
  
 
ん
ん
ぅ
:
:
も
う
ち
ょ
っ
と
寝
か
せ
て
:
:
 
  
 
  
 
  
い
る
 °
  
ま
あ
恋
人
同
士
だ
し
 
そ
の
方
が
ナ
チ
ュ
ラ
ル
で
良
い
と
思
っ
て
  
な
っ
た
 °
  
あ
の
1
件
以
来
 
雅
と
は
敬
語
で
は
な
く
普
通
に
接
す
る
よ
う
に
  
き
れ
い
な
ソ
プ
ラ
ノ
ボ
イ
ス
で
優
し
く
声
を
掛
け
る
雅
 °
  
 
兄
さ
ん
 
朝
よ
 °
起
き
て
ご
飯
食
べ
な
き
ゃ
ダ
メ
で
し
ょ
?
 
  
 
  
 
  
時
間
 °























   

  
雅
は
そ
う
言
っ
て
上
体
を
起
こ
し
 
僕
の
両
手
を
掴
ん
で
引
っ
張
  
 
は
い
 
じ
ゃ
あ
私
が
起
こ
し
て
あ
げ
る
か
ら
|
 
  
れ
な
い
 °
  
そ
う
言
っ
て
も
雅
に
の
し
か
か
ら
れ
た
の
で
は
起
き
る
に
起
き
ら
  
 
ん
 °
わ
か
っ
た
よ
ぉ
 
起
き
る
か
ら
:
:
 
  
 
  
 
  
雅
の
誘
惑
を
断
ち
切
り
 
起
床
す
る
 °
  
に
は
遅
れ
た
く
な
い
 °
  
い
や
 
僕
も
エ
ロ
エ
ロ
に
な
り
た
い
の
は
否
め
な
い
け
ど
 
講
義
  
こ
と
も
あ
る
く
ら
い
だ
 °
  
1
時
間
以
上
互
い
の
身
体
を
求
め
合
っ
た
結
果
 
講
義
に
遅
れ
た
  
さ
れ
て
朝
か
ら
  
乳
吸
い
を
強
要
さ
れ
て
∧
充
分
嬉
し
い
け
ど
∨
 
僕
も
雅
に
触
発
  
に
乳
・
尻
揉
み
や
  
朝
っ
ぱ
ら
か
ら
そ
れ
は
よ
ろ
し
く
な
い
 °
ス
イ
ッ
チ
が
入
っ
た
雅
  
雅
の
ス
イ
ッ
チ
が
入
っ
て
エ
ロ
エ
ロ
モ
|
ド
に
入
っ
て
し
ま
う
 °
  
激
す
る
と
  
そ
の
重
さ
に
は
流
石
に
僕
も
降
参
で
 
し
か
も
雅
を
こ
れ
以
上
刺
  
シ
と
悲
鳴
を
上
げ
る
 °

















   

  
 
  
鳥
だ
っ
た
 °
  
そ
の
刺
激
的
な
姿
に
興
奮
し
 
す
っ
か
り
目
も
覚
め
る
 °
一
石
二
  
姿
を
見
る
と
  
映
像
に
合
わ
せ
て
グ
ル
ン
グ
ル
ン
と
回
っ
た
り
 
ジ
ャ
ン
プ
す
る
  
横
で
雅
の
身
体
が
  
毎
朝
す
る
事
に
な
っ
た
 °
眠
気
を
拭
い
き
れ
な
い
僕
だ
っ
た
が
 
  
す
よ
 
と
い
う
雅
の
一
言
で
 
  
ラ
ジ
オ
体
操
な
ん
て
小
学
生
ぶ
り
だ
っ
た
が
 
 
健
康
に
い
い
で
  
朝
は
ラ
ジ
オ
体
操
か
ら
 
僕
た
ち
の
1
日
は
始
ま
る
 °
  
人
で
テ
レ
ビ
の
前
に
行
く
 °
  
そ
の
ま
ま
僕
を
解
放
し
た
か
と
思
う
と
 
雅
は
上
着
を
着
て
 
  
 
  
 
  
 
  
を
赤
く
染
め
る
 °
  
朝
っ
ぱ
ら
か
ら
刺
激
を
受
け
た
せ
い
か
 
胸
は
紅
潮
し
 
顔
は
頬
  
ル
マ
1
枚
の
雅
が
い
る
 °
  
毎
朝
こ
の
起
こ
し
方
だ
 °
朝
の
キ
ス
を
す
る
と
 
目
の
前
に
は
ブ
  
る
 °
























   

  
 
  
変
身
す
る
 °
  
一
瞬
で
誰
も
が
振
り
返
る
可
愛
く
て
ス
タ
イ
ル
抜
群
の
オ
ン
ナ
に
  
の
身
体
に
か
か
れ
ば
 
  
如
何
に
も
春
の
女
の
子
な
服
装
だ
が
 
そ
ん
な
普
通
の
服
装
も
雅
  
カ
|
ト
と
い
う
 
  
今
日
は
パ
ツ
パ
ツ
の
水
色
系
Y
シ
ャ
ツ
に
ふ
ん
わ
り
し
た
ミ
ニ
ス
  
 
  
も
は
や
夫
婦
だ
 °
  
毎
朝
2
人
で
向
か
い
に
座
り
 
い
た
だ
き
ま
す
を
言
っ
て
食
べ
る
 °
  
 
 
い
た
だ
き
ま
す
 °
 
 
  
作
っ
て
く
れ
る
 °
  
毎
日
で
は
な
い
も
の
の
 
作
れ
る
日
に
は
朝
ご
は
ん
を
き
ち
ん
と
  
 
ひ
き
こ
も
り
だ
っ
た
 
と
言
う
割
に
雅
は
料
理
が
上
手
く
 
  
 
  
 
  
な
り
 
刺
激
に
も
な
る
 °
  
後
姿
か
ら
で
も
そ
の
肉
が
タ
プ
タ
プ
揺
れ
 
朝
か
ら
目
の
保
養
に
  
っ
た
 °
  
そ
の
後
雅
は
小
走
り
で
大
き
な
身
体
を
揺
ら
し
て
シ
ャ
ワ
|
に
入

   

  
 
も
の
す
ご
い
身
体
を
し
た
可
愛
い
子
が
他
学
部
の
1
年
生
に
い
  
も
広
が
り
 
  
雅
と
は
違
う
学
部
だ
が
 
雅
の
噂
は
あ
っ
と
い
う
間
に
こ
ち
ら
に
  
 
  
 
  
 
  
変
な
男
に
引
っ
か
か
っ
た
り
す
る
心
配
は
な
い
だ
ろ
う
 °
  
ィ
|
 
系
ら
し
い
の
で
 
  
ど
う
な
の
か
と
心
配
し
て
い
た
が
 
外
で
は
 
ク
|
ル
ビ
ュ
|
テ
  
こ
の
 
大
学
デ
ビ
ュ
|
 
は
  
彼
氏
で
あ
り
な
が
ら
お
兄
ち
ゃ
ん
役
も
自
認
す
る
僕
と
し
て
は
 
  
っ
て
い
た
 °
  
選
ぶ
服
装
は
大
体
が
 
そ
の
大
き
な
身
体
を
強
調
す
る
も
の
に
な
  
た
し
∨
 
  
∧
ま
あ
元
か
ら
自
分
の
身
体
や
顔
に
は
自
身
が
あ
る
っ
て
言
っ
て
  
た
だ
 
多
少
ナ
ル
シ
ス
ト
な
気
が
あ
る
よ
う
で
 
  
に
な
っ
た
 °
  
以
前
の
よ
う
な
ど
こ
か
暗
い
イ
メ
|
ジ
は
な
く
 
快
活
な
女
の
子
  
よ
う
に
な
っ
た
雅
に
は
 
  
 
他
人
の
視
線
が
怖
く
な
く
な
り
 
む
し
ろ
気
持
ち
良
く
感
じ
る
 

   

  
 
  
 
  
 
  
 
  
こ
と
も
あ
っ
た
 °
  
実
験
が
本
格
的
に
始
ま
っ
た
僕
の
学
部
で
は
 
こ
の
時
間
に
な
る
  
1
8
時
 °
  
そ
し
て
今
日
も
大
学
の
授
業
が
終
わ
っ
た
 °
時
計
を
見
る
と
も
う
  
 
  
 
  
 
  
題
か
な
 °
  
ま
あ
恋
人
同
士
だ
っ
て
関
係
が
バ
レ
る
の
も
 
い
ず
れ
時
間
の
問
  
る
 °
  
 
ク
|
ル
な
子
だ
か
ら
多
分
無
理
だ
と
思
う
よ
 
と
か
わ
し
て
い
  
ん
て
言
わ
れ
る
が
 
  
た
ま
に
 
お
前
の
従
妹
の
雅
ち
ゃ
ん
だ
っ
け
?
紹
介
し
て
よ
 
な
  
れ
て
い
る
よ
う
で
 
  
持
ち
切
り
だ
っ
た
 °
僕
の
従
妹
と
い
う
の
も
親
友
の
間
で
は
知
ら
  
る
ら
し
い
 
と




















   

  
 
も
う
っ
 
す
ぐ
私
の
身
体
い
じ
る
ん
だ
か
ら
ぁ
 °
 
  
 
  
 
  
ッ
プ
を
触
っ
て
堪
能
す
る
 °
  
頭
を
埋
め
た
ま
ま
更
に
手
を
滑
ら
せ
て
豊
満
で
も
ち
も
ち
し
た
ヒ
  
雅
に
抱
き
付
い
て
巨
乳
を
揉
み
 
  
 
  
 
  
 
た
だ
い
ま
 
雅
 °
 
  
 
お
か
え
り
な
さ
い
 
兄
さ
ん
 °
 
  
 
  
靴
を
脱
い
で
上
が
っ
た
僕
を
大
き
な
身
体
で
迎
え
て
く
れ
た
 °
  
体
を
ユ
サ
ユ
サ
揺
ら
し
 
  
 
部
屋
着
 
で
あ
る
体
操
服
と
ブ
ル
マ
を
身
に
着
け
 
自
慢
の
巨
  
え
に
や
っ
て
く
る
 °
  
先
に
大
学
の
授
業
が
終
わ
り
 
家
で
料
理
を
作
っ
て
い
た
雅
が
迎
  
に
帰
っ
て
い
た
ら
し
い
 °
  
ド
ア
を
開
け
る
と
 
明
か
り
が
点
い
て
い
る
 °
ど
う
や
ら
雅
は
先
  
 
  
ガ
チ
ャ























   

  
 
  
愛
い
 °
  
顔
を
赤
ら
め
な
が
ら
も
笑
顔
に
な
る
雅
 °
デ
レ
デ
レ
で
と
て
も
可
  
ち
ゃ
っ
た
の
よ
?
 
  
 
え
ぇ
|
!
?
兄
さ
ん
の
せ
い
で
こ
ん
な
に
感
じ
る
よ
う
に
な
っ
  
 
  
ご
し
た
く
ら
い
だ
っ
た
し
 °
  
一
日
中
食
事
と
摂
ら
ず
眠
く
な
る
限
界
ま
で
抱
き
締
め
あ
っ
て
過
  
い
を
求
め
て
  
2
日
間
キ
ャ
ン
プ
で
会
え
な
か
っ
た
雅
を
迎
え
る
や
否
や
 
お
互
  
な
さ
が
あ
っ
た
 °
  
例
外
な
く
ご
く
普
通
の
女
の
子
ば
か
り
で
 
何
す
る
に
も
物
足
り
  
か
っ
た
が
 
  
大
学
の
ゼ
ミ
や
合
宿
な
ど
で
異
性
と
の
交
流
が
な
い
わ
け
で
は
な
  
あ
の
日
以
来
 
僕
は
す
っ
か
り
雅
の
巨
体
に
虜
と
な
っ
て
い
た
 °
  
硬
さ
も
増
し
て
い
く
 °
  
そ
う
言
い
な
が
ら
再
び
胸
を
い
じ
る
僕
 °
変
質
し
 
胸
も
乳
首
も
  
 
良
い
じ
ゃ
ん
 
素
直
じ
ゃ
な
い
な
あ
 
雅
は
 °
 
  
強
く
抱
き
し
め
返
す
 °
  
顔
を
赤
ら
め
つ
つ
も
快
感
を
享
受
し
 
キ
ュ
ン
キ
ュ
ン
す
る
雅
は

   

  
っ
て
ス
ポ
ン
ジ
を
  
 
兄
さ
ん
 
背
中
流
す
か
ら
ち
ょ
っ
と
待
っ
て
て
ね
 °
 
そ
う
言
  
面
し
て
し
ま
う
 °
  
 
雅
:
:
 
雅
の
身
体
は
誰
よ
り
も
知
っ
て
る
の
に
 
未
だ
に
赤
  
 
  
程
よ
く
太
く
 
柔
ら
か
い
二
の
腕
の
感
触
も
心
地
よ
か
っ
た
 °
  
る
 °
  
後
ろ
か
ら
雅
が
抱
き
締
め
 
顔
と
同
じ
く
ら
い
の
バ
ス
ト
が
広
が
  
雅
が
入
っ
て
き
た
 °
  
シ
ャ
ワ
|
を
浴
び
て
い
る
と
 
ピ
ン
ク
の
ビ
キ
ニ
パ
ン
ツ
を
来
た
  
椅
子
を
座
っ
て
  
水
着
に
着
替
え
て
 
雅
 
僕
は
準
備
出
来
た
よ
|
 °
 
と
言
い
 
  
に
行
き
 
  
は
や
る
気
持
ち
を
抑
え
て
自
分
の
部
屋
に
荷
物
を
置
き
 
脱
衣
所
  
 
  
 
  
分
の
部
屋
に
入
っ
た
 °
  
そ
う
言
っ
て
雅
は
廊
下
を
歩
き
な
が
ら
 
体
操
服
を
脱
ぎ
つ
つ
自
  
背
中
流
す
か
ら
 
先
入
っ
て
て
 °
 
  
 
兄
さ
ん
 
疲
れ
た
で
し
ょ
 °
お
風
呂
沸
い
て
る
か
ら
ど
う
ぞ
 °

   

  
も
あ
っ
た
が
 
  
一
度
 
 
そ
の
ま
ま
一
緒
に
入
れ
ば
い
い
じ
ゃ
ん
 
と
誘
っ
た
事
  
背
中
を
流
す
と
雅
は
そ
そ
く
さ
と
出
て
行
っ
た
 °
  
 
  
 
  
何
て
贅
沢
な
お
風
呂
な
ん
だ
ろ
う
 °
  
最
高
の
ス
ポ
ン
ジ
を
 
大
好
き
な
恋
人
が
洗
っ
て
く
れ
る
な
ん
て
 °
  
優
し
さ
 °
  
背
中
に
広
が
る
重
量
感
 
後
ろ
か
ら
聞
こ
え
る
雅
の
甘
い
吐
息
と
  
硬
さ
 
  
あ
あ
 
柔
ら
か
な
お
っ
ぱ
い
の
感
触
 
プ
リ
プ
リ
と
し
た
乳
首
の
  
す
る
 °
  
そ
し
て
泡
に
覆
わ
れ
た
バ
ス
ト
で
 
僕
の
背
中
に
く
っ
付
け
上
下
  
て
い
る
ら
し
い
 °
  
た
っ
ぷ
り
と
付
け
 
両
手
で
泡
立
て
て
い
た
 °
そ
の
過
程
で
感
じ
  
胸
に
  
何
だ
ろ
う
と
思
っ
て
見
た
ら
 
ボ
デ
ィ
ソ
|
プ
を
2
つ
の
デ
カ
い
  
 
  
:
:
 
と
聞
こ
え
る
 °
  
取
る
:
:
と
思
い
き
や
何
や
ら
ゴ
ソ
ゴ
ソ
し
 
時
々
 
あ
は
ぁ
ん

   

  
ま
ま
 
  
料
理
が
出
来
た
よ
う
だ
 °
雅
は
そ
そ
く
さ
と
ビ
キ
ニ
エ
プ
ロ
ン
の
  
 
  
 
  
飛
ん
だ
 °
  
身
体
が
揺
れ
る
 °
そ
ん
な
雅
を
見
て
 
今
日
1
日
の
疲
れ
も
吹
き
  
に
ユ
サ
ユ
サ
と
  
ほ
ぼ
 
裸
エ
プ
ロ
ン
 
だ
っ
た
 °
忙
し
な
く
雅
が
動
き
 
そ
の
度
  
着
る
と
い
う
 
  
そ
の
エ
プ
ロ
ン
も
 
先
ほ
ど
の
ピ
ン
ク
の
ビ
キ
ニ
1
枚
の
上
か
ら
  
雅
は
特
大
の
エ
プ
ロ
ン
を
付
け
て
夕
食
作
り
の
最
中
だ
っ
た
 °
  
ビ
ン
グ
に
行
く
 °
  
お
風
呂
か
ら
上
が
っ
て
着
替
え
る
と
 
暖
房
の
効
い
た
暖
か
な
リ
  
 
  
僕
だ
っ
て
正
気
を
保
つ
の
は
難
し
い
だ
ろ
う
 °
  
も
だ
が
 
  
今
は
ま
だ
良
い
が
 
例
え
ば
そ
の
ま
ま
入
浴
す
る
と
な
れ
ば
 
  
ま
あ
お
風
呂
だ
し
 
そ
れ
は
そ
れ
で
正
解
か
も
し
れ
な
い
 °
  
で
断
ら
れ
た
 °
  
 
そ
の
ま
ま
兄
さ
ん
と
エ
ッ
チ
し
て
し
ま
い
そ
う
 
と
い
う
理
由

   

  
い
つ
つ
 
  
課
題
と
か
は
あ
ま
り
な
い
ら
し
い
 °
そ
ん
な
雅
を
う
ら
め
し
く
思
  
雅
は
1
年
生
と
い
う
事
も
あ
っ
て
 
  
2
年
生
と
は
い
え
理
系
だ
と
実
験
も
入
っ
て
く
る
 °
文
系
で
あ
る
  
業
の
準
備
を
す
る
 °
  
夕
食
後
 
僕
は
自
室
で
今
日
の
講
義
を
軽
く
復
習
し
 
明
日
の
授
  
 
  
 
  
で
あ
る
僕
は
幸
せ
者
で
あ
る
 °
  
相
変
わ
ら
ず
と
て
つ
も
な
い
身
体
だ
 °
そ
し
て
そ
ん
な
雅
の
彼
氏
  
り
に
突
き
上
げ
て
い
る
 °
  
眩
し
く
 
小
さ
い
体
操
服
に
包
ま
れ
た
胸
は
そ
れ
を
破
ら
ん
ば
か
  
巨
大
ヒ
ッ
プ
の
コ
ン
ト
ラ
ス
ト
が
  
真
っ
白
な
肌
と
ム
チ
ム
チ
の
太
も
も
 
濃
紺
ブ
ル
マ
に
包
ま
れ
た
  
姿
の
雅
が
や
っ
て
く
る
 °
  
数
分
後
 
ユ
ッ
サ
ユ
ッ
サ
と
身
体
を
大
き
く
揺
ら
し
て
 
体
操
服
  
う
で
食
事
ど
こ
ろ
で
は
な
い
 °
  
目
の
や
り
場
に
困
る
ど
こ
ろ
か
こ
ち
ら
が
そ
の
ま
ま
押
し
倒
し
そ
  
食
べ
ら
れ
た
ら
 
  
自
分
の
部
屋
に
入
る
 °
そ
り
ゃ
あ
あ
ん
な
格
好
で
ご
飯
を
一
緒
に

   

  
例
え
ば
寝
る
際
に
軽
く
子
守
唄
み
た
い
な
の
を
歌
っ
て
も
ら
い
つ
  
は
い
か
な
い
け
れ
ど
 
  
先
週
は
雅
が
僕
の
部
屋
に
来
る
番
だ
っ
た
が
 
好
き
放
題
と
ま
で
  
よ
う
に
と
い
う
も
の
で
 
  
後
者
は
 
僕
ま
た
は
雅
ば
っ
か
し
の
リ
ク
エ
ス
ト
に
片
寄
ら
な
い
  
 
  
雅
も
ま
た
同
様
の
心
境
だ
っ
た
よ
う
で
 
自
然
と
そ
う
な
っ
た
 °
  
な
っ
て
し
ま
い
 
  
最
初
別
々
で
寝
て
い
た
が
 
程
な
く
し
て
雅
の
温
も
り
が
恋
し
く
  
の
だ
っ
た
 °
  
そ
し
て
 
 
訪
れ
た
側
は
部
屋
主
の
言
う
事
は
聞
く
 
と
い
う
も
  
人
で
寝
る
 
と
い
う
も
の
 °
  
そ
の
う
ち
の
1
つ
が
 
 
1
週
間
ご
と
に
お
互
い
の
部
屋
で
 
  
た
 °
  
同
棲
に
伴
っ
て
 
雅
と
は
い
く
つ
か
の
ル
|
ル
を
決
め
る
事
に
し
  
 
  
題
を
済
ま
せ
よ
う
と
す
る
 °
  
雅
に
思
い
を
馳
せ
つ
つ
 
そ
の
中
に
僕
も
入
り
た
く
て
 
早
く
課
  
め
て
い
る
で
あ
ろ
う
  
そ
し
て
部
屋
で
そ
の
豊
満
な
身
体
を
自
分
で
い
じ
っ
て
快
楽
に
沈

   

  
飲
ん
で
は
雅
に
キ
ス
し
て
た
く
さ
ん
飲
ま
せ
 
そ
の
ま
ま
深
夜
3
  
を
お
腹
一
杯
に
な
る
ま
で
  
飽
き
た
ら
ず
 
ブ
ル
マ
か
ら
と
め
ど
な
く
流
れ
て
く
る
ジ
ュ
|
ス
  
ん
ざ
ん
乳
揉
み
や
乳
吸
い
に
  
ど
う
や
ら
そ
れ
で
一
気
に
雅
の
ス
イ
ッ
チ
が
入
っ
た
ら
し
く
 
  
で
な
で
し
た
時
 
  
前
回
と
言
え
ば
 
雅
の
サ
ラ
サ
ラ
し
た
黒
髪
に
惹
か
れ
て
頭
を
な
  
応
え
な
け
れ
ば
な
ら
な
い
 °
  
今
週
は
僕
が
雅
の
部
屋
に
行
く
番
な
の
で
 
雅
の
リ
ク
エ
ス
ト
に
  
 
  
 
  
ズ
リ
も
ど
き
だ
っ
た
り
 °
  
果
て
は
僕
の
ズ
ボ
ン
の
上
に
巨
大
な
胸
を
置
い
て
も
ら
い
 
パ
イ
  
レ
を
し
て
も
ら
う
 
  
柔
ら
か
さ
と
身
体
の
重
さ
を
堪
能
し
た
り
 
メ
イ
ド
服
の
コ
ス
プ
  
も
ら
っ
て
そ
の
ヒ
ッ
プ
の
  
ち
ょ
っ
と
激
し
い
も
の
に
な
れ
ば
雅
に
 
僕
の
頭
の
上
に
座
っ
て
  
枕
は
絶
品
!
∨
 
  
普
通
の
枕
で
は
な
く
雅
の
膝
枕
や
胸
枕
で
眠
り
に
着
い
た
り
∧
胸
  
つ
雅
に
抱
き
し
め
れ
た
り
 















   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
ま
あ
今
日
が
そ
れ
な
ら
僕
は
大
歓
迎
で
は
あ
る
け
れ
ど
 °
  
み
だ
か
ら
な
で
な
で
系
か
?
  
さ
て
今
日
は
ど
ん
な
リ
ク
エ
ス
ト
に
な
る
の
か
な
:
:
明
日
は
休
  
 
  
止
ま
ら
な
く
て
翌
日
遅
刻
し
か
け
て
し
ま
っ
た
経
験
も
あ
っ
た
 °
  
時
近
く
に
な
っ
て
果
て
る
ま
で














  > ≫