プレゼント -After Story-

残塁マニア 作
Copyright 2013 by Zanrui Mania All rights reserved.

-雅's side-


〜1ヶ月後〜

私が兄さんの全てを受け止め、兄さんが私の全てを受け止めてくれて、
お互い心底から愛し合い、そして果てたあの日から1ヶ月後。




私が上京するに伴い、私たちは、3月の半ばから同棲する事にしました。
3月の再会で、私の兄さんに対する想いが爆発してしまい、
兄さんと離れたくない、いつも兄さんの隣にいたいという私のわがままを、
兄さんも、パパやママも、兄さんのご両親も受け入れてくれて、
(でも「エッチは結婚してから」と言い渡されました。まあエッチじゃなくても
お互いの身体を満たす手段はいくらでもあるので、良いんですけど)
家賃を折半して、2LDKのマンションに住むことにしたのです。

兄さんは今まで一人暮らしが長かった事や、恐らくいきなり私が
一緒に暮らしたいと言い出した事に戸惑いがあったようで渋っていましたが、
いざ一緒に住むようになると、こんなにも毎日が楽しいとは思わず、
兄さんも兄さんで嬉しそうでした。



私は一足先に起き、上着を脱いで隣で寝ている兄さんの上にまたがって、
夢見心地の兄さんの頭を大きなおっぱいで柔らかく包んで起こします。
朝から兄さんを抱き締める、睡眠とは別の至福の時間です。


「兄さん、朝よ。起きてご飯食べなきゃダメでしょ?」
如何にもまだ寝たがる兄さんに向かって、呼びかけます。
あの1件以来、私は兄さんに敬語を使わなくなりました。
兄さんとしても「恋人同士だし変に使われるより良いよ」と言われたので、
最初こそ違和感はありましたが今ではすっかり慣れました。


「んんぅ…もうちょっと寝かせて…」
そう言いながら兄さんが、抱き枕よろしく抱き寄せます。
モニュンと私の柔らかな身体が兄さんを包み込み、脳が段々あやふやになります。

「んもう、兄さん朝からエッチなんだから…」
兄さんにますますズッシリと体重を掛け、両手でおっぱいを上下させて、
兄さんの頭をパイズリみたく刺激します。私の動きに合わせて
身体が大きく揺れ、ベッドがギシギシと悲鳴を上げてしまいます。
(ああ、このままだとスイッチが入っちゃう…)
ある程度以上刺激しちゃうと、私の頭でスイッチが入っちゃうんです。
朝っぱらからそれは良くないと分かりながら、子宮がキュンと来始め、
エロエロなスイッチが入りそうになる時…。

兄さんが眠気、そして私の身体への誘惑を断ち切り、起きました。


「ん。わかったよぉ、起きるから…」
スイッチ入れたかったなぁと名残惜しみながら、兄さんが講義に遅れたら
元も子もありません。それで1時間以上引き止めて怒られたくらいですから。
「はい、じゃあ私が起こしてあげるからー」
私はそう言って上体を起こし、両手を掴んで兄さんを引っ張ります。
朝っぱらから刺激を受けたせいか、4月の頭にかかわらず身体中が火照ります。



上着を身に着け、ベッドから降りた兄さんと二人でテレビの前に行きます。
朝のラジオ体操から、私たちの1日は始まります。
兄さんに不健康になって欲しくなかったのと、私が密かに続けていたので、
兄さんも誘った格好です。とは言え兄さんは、私の体操でブルンブルン
揺れる巨大な身体に釘づけみたいですけど…。

だめ、これ以上兄さんに見られたら、スイッチが入っちゃう。
私は兄さんを避けるように大きな身体を揺らしてシャワーに入りました。
シャワーで体の中に溜まったエロエロな気持ちも洗い流します。


毎日ではないものの、シャワーの後はサクッと朝ごはんを作り、兄さんと食べます。
「「いただきます。」」
毎朝2人で向かいに座り、いただきますを言って食べる姿は、夫婦みたいです。

ちなみに今日の私の服装は、パツパツの水色シャツにふんわりミニという、
如何にも春の女の子な服装です。だけど私が着ちゃうと、大体の服装は、
皆に見られるいやらしい身体のせいでエロくみえちゃうみたいですけど…笑。


兄さんとは違う学部に入学しましたが、入学するや否や、
サークルにも入っていないのに他学部の友達も増え、皆優しくて、
昔のようなひきこもりは改善されつつあります。性格も昔みたいに
暗くて自虐的な要素はかなりなくなり、快活になりました。
ただ、兄さんからは大学デビューみたいで心配されますけど…。
男子からもアプローチされて困惑しましたが、あまりに大きな身体のせいか、
あくまで私自身はクールなタイプなのでつっけどんなせいか、殆ど諦められます。
まあ、私には既に兄さんいますし、本当の私はクールどころかデレデレですけど。



今日は授業が午前中まで。兄さんは実験があるから6時くらいって言ってたっけ。
夕食の買い物して帰ろう。そう考えつつ、自転車で帰路に着き、
近くのスーパーで買い物をします。どこへ行っても私は注目の的で、
色々な人が私の身体を見ては振り返り、ヒソヒソ声も聞こえました。
昔はそれが嫌で仕方なかったのですが、今はむしろ注目されるのが気持ち良くなりました。
流石に「もっと見て〜」なんて痴女な事は出来ませんけどね。兄さんだけの身体ですから。


家で部屋着に着替えて洗濯・掃除を済ませ、明日の課題を終えても17時。
まだ兄さんが帰ってくるまで時間があるので、夕食作りに取り掛かります。




ガチャ

家で夕食を作っていたら兄さんが帰ってきました。
「部屋着」である体操服とブルマに無理やり詰め込んだ大きな身体をユサユサ揺らして
兄さんを迎えます。揺れるたびに走る快感で疼く豊満な身体で、上がった兄さんを
迎えると兄さんが抱き付き、身体中がキューッと快感の縄で締め付けられます。


「おかえりなさい、兄さん。」
「ただいま、雅。」


兄さんもいつものように私の胸に顔を埋め、キュッとしたウエストを伝って
横に張り出したヒップをモミモミし、私のいやらしい身体を満喫します。


「もうっ、すぐ私の身体いじるんだからぁ。」
言葉では否定しますが、大きな身体は快感の余韻に浸り、
兄さんに負けじと思いっ切り抱きしめ返します。
「良いじゃん、素直じゃないなあ、雅は。」
そう言いつつ私の胸を再びまさぐる兄さん。
ブラを突き破らんばかりに胸が硬くなり、乳首が勃ってきます。
兄さんが私の身体以外だと物足りないというように、
私も兄さんの視線や身体いじりにすっかり虜となっていました。
入学後の学部1年生のキャンプとかで異性同性構わずハグしたり、
女の子に胸を中心に身体を触られたり(もちろん男子には兄さん以外触らせません)
した事もありましたが、やっぱり兄さんじゃないと物足りなかったです。
2日ぶりに会った兄さんはいつも以上に激しかったですが、私も私で
いつも以上に激しく兄さんを求めて食事すら忘れたくらいですし。

「えぇ〜!?兄さんのせいでこんなに感じるようになっちゃったのよ?」
快感と兄さんの褒め言葉にすっかり気を良くし、笑顔になります。

「兄さん、疲れたでしょ。お風呂沸いてるからどうぞ。背中流すから、先入ってて。」
そう言って廊下を歩きながら体操服を脱ぎ、部屋に入ってピンクのビキニを出します。
これも兄さんに見て欲しくて買ったものですが、如何せんトップスがキツキツなのと、
この後の背中流しで重要なので、下のビキニパンツのみを着て準備しました。
張り出したヒップと前に突き出した真ん丸バストが母性を醸し出します。


脱衣所から「雅ー、僕は準備できたよー。」と聞こえて来たので、
特大おっぱいをユサユサ揺らし、お風呂に入ってきます。
お風呂では水着を着た兄さんが、椅子に座ってシャワーを浴びていました。
その兄さんを後ろから抱き締めます。広がる胸とめり込む乳首が快感を
導きだし、兄さんが思わず丸くなります。

「雅…」赤面して、こちらを向く兄さん。うふっ、可愛い。
「兄さん、背中流すからちょっと待っててね。」そう言ってスポンジ…
ではなく、胸にボディソープをたっぷりと付けます。ひんやりした感触が
ピリッとした快感に変わり、泡立てて自分で胸を揉み、泡を纏うたびに
それが増幅されて思わず声が出ます。すっかり真っ白になった
おっぱいを兄さんの背中に優しく押し付け、身体を動かして背中を洗います。
最高のスポンジで、大好きな彼氏の背中を流すなんて。
何て贅沢なお風呂なんでしょう。


兄さんの背中を流し、おっぱいに纏った泡を洗い流すと、
そのままお風呂を後にします。このままいちゃうと、私が
兄さんを押し倒しそうになっちゃうので…。
普通、男性の方がこういう系の性欲があると思うんですけど、
私の場合はホント、ちょっとした事でもスイッチが入っちゃうくらいに
根がエロエロなので…だけど兄さん以外の男性には全く反応できないので、
恐らく他人に対する反応が薄い分、兄さんに対する反応が敏感なのでしょう。

ちょうど料理中だったので、特大エプロンを付けて夕食作りの続きをします。
風呂から上がった兄さんが、ビキニ1枚だけでほぼ裸エプロンの私を見て、
また顔を赤くします。兄さんのえっち…でも素直な兄さんが大好きです。


料理が出来上がりました。流石にエプロンとビキニだけのスタイルで
食べる訳にはいきませんので、そそくさと自分の部屋に入って
部屋着の体操服に着替え、対面に座る兄さんの下に小走りに向かいます。
相変わらず真っ白な肌や体のお肉がブルンブルンと揺れ、ブルマが引き伸ばされて
お尻が少しずつ晒されていくように感じます。84キロから体重は増えていませんが、
全然痩せる気配もありません。兄さんは「これ以上痩せないで」と言われてますので
(本人は「今の雅の身体が好き」とのこと)、まあ良いかなとも思っています。


夕食の後はお互いの部屋で自分の時間です。実験などが入った兄さんは、
予習等に余念がありません。私はと言うとまだ1年生という事もあり、
課題がさっさと終わってしまいました。とりあえず今日は兄さんが
私の部屋で一緒に寝る日なので、その支度をし、兄さんが来るまで
自分の豊満でいやらしい身体をいじりながらテンションを上げます。

私たちは同棲に伴い、兄さんとはいくつかルールを決めています。
そのうちの1つは、1週間ごとにお互いの部屋で寝るという事。
そして、訪れた側は部屋主の言う事を聞くという事でした。
先週は兄さんのお部屋に私が行っていたので、今週は兄さんが来る番です。

とは言え、やってる事は3月の1件ほど激しくはなく、
基本的にそれらがマイルドになったくらいで何ら変わりありません。
まあそれを毎日のようにという意味では、依存症と言われても仕方ないかもですが…。

先週はと言うと、兄さんにムチムチ太ももの膝枕やおっぱい枕をしたり、
単純に私の身体を抱き締めて眠りについたりという単純なものから、
ちょっと激しいものになれば兄さんの頭にヒップを当ててそのまま全体重を掛けたり、
メイド服のコスプレにして脱がしていく、パイズリもどきをするなどでした。


今週は兄さんに私がリクエストをする番。
前回は兄さんになでなでしてもらって、この高過ぎる身長のおかげで
今まで頭を撫でられるという事がなかった私は一気にリミッターが外れてしまい、
そのまま3月並みの激しい抱き締め合いと、ジュースの分泌が全然止まらず、更に
キスの応酬に発展してしまい、翌日寝不足になったこともありました。

さて、何しようかな…やっぱりなでなでしてもらおうかな。
明日は休みだし、果てて遅く起きたらデートってのも良いかも