「ポーの一族」によせて

  少女マンガ好きなら「ポーの一族」という作品を知らない人はいないでしょう。読んでなくても作品名は聞いたことあると思います。「ポーの一族」は、萩尾望都先生により1972年から1976年にかけて『別冊少女コミック』に連載されました。今でも、「少女マンガ最高傑作」という人が多い少女マンガの名作の一本です。

  私は、中学生のとき「ポーの一族」を読みました。初めて読んだ萩尾先生の作品で、この作品が少女マンガ界の傑作であるという知識をある程度持っていました。「ポーの一族」が好きになった私は、ファンだったら誰もがするように、年表を作り、バラの花びらを紅茶に浮かべたりしました。

  ここでは、「ポーの一族」に関する作品表・作品構成図年表エヴァンズ家系譜の資料と、資料に絡めて、「ポーの一族」の考察を行います。

−これ以下はネタばれになります−
  年表を作ると、「ポーの一族」の作品構成の緻密さと複雑さに気づきます。
私が年表を作ったことで、特に感動した部分は、「ポーの一族」の中核をなす『小鳥の巣』の前、1950年あたりの部分です。

  1950年、ドン・マーシャルが、文化記念館でエドガー、アランと共に一夜を過ごしますが(『ランプトンは語る』)、丁度そのときは、エドガー、アランはロビンに会っている時期に重なっているのです(『小鳥の巣』)
「ミットランドの夏にはいいバラが咲いたよ」とエドガーは言っていますが
(『小鳥の巣』)ドン・マーシャルがエドガー、アランに会ったレスターという町は、彼が乗り遅れた列車がバーミンガム行きであることからバーミンガムにそう遠くないと考え、バーミンガムはミットランドにあるので一致していますし、ドン・マーシャルが「ずっとこの家に二人で?」という問いにエドガーが「夏だけ」と答えていることからも(『ランプトンは語る』)、間違えないでしょう。
ドン・マーシャルが二人に会ったのが、クエントン卿の命日だったこともあり、まるで、クエントン卿の命日に二人がレスターを訪れたように感じますが、クエントン卿はバンパネラ
(萩尾先生が、バンパイアと間違えて使用し、結果造語になった言葉)になったことから(『エディス』)、エドガー、アランはロビンに会うためにバラを求めてミットランドを訪れていたのだと思います。このつじつまの合い方は見事としかいいようがありません。

  また、作品表・作品構成図も「ポーの一族」の作品の完成度を知るには欠かせません。
私は単行本で最初に「ポーの一族」を読みましたが、叢書、文庫では、収録作品の並び順が異なるのです。すべてのバージョンで共通していることは、最後は『エディス』であることだけです。
始まりは、単行本・文庫では、『ポーの一族』から始まるためにメリーベルは亡くなっていることが、読者に最初に印象付けられ、その後の話にメリーベルが出てくると“薄幸の美少女”として彼女をみます。

  しかし、発表順・叢書では、『ポーの一族』の前に『すきとおった銀の髪』『ポーの村』『グレンスミスの日記』の3作品があり、読者はメリーベルを体の弱い少女という印象と共に、思い入れを深め、『ポーの一族』を読んだ時に、メリーベルを亡くしたエドガーの悲しみをより深く感じるかもしれません。また、『小鳥の巣』の位置も重要でしょう。単行本・叢書・発表順では、早々と出てきますが、文庫では、10番目という中核の位置に持ってきています。

  どれが良いとか、どれが良くないというのではありません。どの順番で読んでも「ポーの一族」は傑作であることには変わりはありません。しかし、読む順番によって微妙に作品の印象が変わっているように思えます。

  「ポーの一族」には底知れない魅力がたくさんあります。その魅力を、作品表・作品構成図年表エヴァンズ家系譜を使って発見できれば幸いです。

Return to Review page

Presented by Eiko.