**** 漫画家の年齢傾向 ****

  実際の読者層には変化あると思いますが、『りぼん』の対象年齢が「小学生以上(中心は小3〜中3)」(『プ〜タオ』2000年冬の号)というのは、創刊時から変わりません。
  では、『りぼん』で作品を発表している漫画家の年齢はどのようになっているのでしょうか?ここでは、年代別に『りぼん』の漫画家の年齢の傾向を明らかにしていきたいと思います。

漫画家年齢・漫画家歴リスト

活躍した漫画家の年齢分布

  上記は、1986〜2000年に『りぼん』で活躍した漫画家の年齢分布(注1)です。年齢の範囲は17〜44歳で、25歳が延べ30人と最も多く、次いで24歳の28人、28歳の27人となっています。初登場した漫画家の年齢の範囲は、17〜28歳で、22歳が8人と最も多く、次いで19・20歳の7人、21・24歳の6人となっています。

1984 1985 1986 1987 1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000
24.5 24.0 25.8 24.9 25.3 26.1 26.9 26.5 27.1 27.8 25.8 26.9 26.8 26.9 28.8 27.4 27.2

  上記は、1984〜2000年に『りぼん』で活躍した漫画家の平均年齢を示した表です。1985年が24.0歳と最も若く、1998年が28.8歳と最も高くなっており、近年の平均年齢は高くなる傾向にあります。

『りぼん』で活躍した漫画家のうちわけ

  上記は、1986〜2000年に『りぼん』で活躍した漫画家のうちわけを年代別・年齢別に示したグラブです。全体に対して、高い年齢層の漫画家の占める割合が徐々に増えてきています。ただし、18〜20歳の若い漫画家の割合は減ってはいないことから、若い漫画家の中に与えられたチャンスを掴み、活躍する人が常に出ていることが読み取れます。

  漫画家の年齢が上昇している原因の1つに、デビュー年齢との関連が考えられます。

デビューした漫画家の年齢分布

  上記は、1986〜2000年にデビューした漫画家の年齢分布(注2)です。デビュー年齢の範囲は13〜26歳で、17歳が25人と最も多く、次いで19歳の24人、18歳の23人となっています。

1984 1985 1986 1987 1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000
19.6 18.0 18.7 18.2 18.6 17.0 19.2 18.5 17.7 18.5 18.5 19.6 19.9 19.3 20.8 19.8 19.2

  上記は、1984〜2000年のデビューの平均年齢を示した表です。1989年が17.0歳と最も若く、次いで1992年の17.7歳となっています。1998年の20.8歳が一番高く、次いで1996年19.9歳、1999年19.8歳となるなど、近年のデビューの平均年齢は高めの場合が多いようです。

『りぼん』でデビューした漫画家のうちわけ

  上記は、1986〜2000年に『りぼん』でデビューした漫画家のうちわけを年代別・年齢別に示したグラブです。全体に対して22〜26歳の占める割合が増えている一方、13〜15歳が占める割合は変わらないのですが、16〜18歳の占める割合は20%以上も低下していることがわかります。

  以上のことから、『りぼん』の漫画家のデビュー年齢は上がる傾向にあり、それが漫画家の平均年齢に影響していると言えます。

漫画家歴と年齢の比較

  上記は、1986〜2000年に『りぼん』で活躍した漫画家の漫画家歴を年齢とを比較したグラフです。漫画家歴は0年、年齢は17歳をそれぞれ原点とし、漫画家歴は0〜25年、年齢は17〜44歳の範囲となっています。
先に示したように年齢分布では25歳が延べ30人と最も多くなっているのに対して、漫画家歴は、2〜9年の間は延べ数がいずれも20人以上となり凸の分布にはなりませんでした。これにより、漫画家の年齢と漫画家歴との相関関係は、漫画家歴10年未満ではみられないことがわかります。

1984 1985 1986 1987 1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000
5.9 4.6 6.2 5.1 5.5 6.8 7.9 8.1 7.8 8.9 7.4 7.8 7.4 7.3 9.2 8.2 7.8

  上記は、1984〜2000年に『りぼん』で活躍した漫画家の平均漫画家歴を示した表です。80年代よりも近年の方が漫画家歴が長くなってはいますが、1990年以降は増減を繰り返しつつ一定の数値を示しています。

初めて『りぼん』で活躍した漫画家の漫画家歴

  上記は、1984〜2000年に『りぼん』で初めて活躍した漫画家(注3)の漫画家歴を示したグラフです。1〜5人とかなりばらつきがありますが、上昇傾向は見られません。ちなみに、平均は2.6年でした。

  以上により、デビュー時の平均年齢の上昇により、『りぼん』の漫画家の平均年齢は上昇する傾向が見られますが、漫画家歴は上昇傾向はなく、適時漫画家の入れ替えが行われているといえると思います。

(注1)
『りぼん』本誌に、1年の間に2号以上、10Pを超える作品を発表した漫画家のみです。4コママンガ・ショートギャグ・ショーとストーリーの作品を発表した漫画家は含まれていません。

(注2)
1986〜2000年に『りぼん』でデビューした180人のうち、デビュー時の年齢が把握できた177人についてのデータです。

(注3)
『りぼん』本誌で初めて、1年の間に2号以上10Pを超える作品を発表した漫画家のことを指します。


-- Return --
--
← Vol.8--

Presented by Eiko.