■■■■■

一条ゆかり長編集【1】
No. RDC1(絶版)★★★★
初版発行日 1973/07/10
収録作 春は弥生 「りぼん」1972年4月号別冊付録 128p
おとうと 「りぼん」1972年6月号別冊付録 128p
一条ゆかり作品リスト 書き下ろし 2p

■■■■■

一条ゆかり長編集【2】
No. RDC2(絶版)★★★★
初版発行日 1973/08/10
収録作 雨のにおいのする街 「りぼん」1972年8月号別冊付録 128p
摩耶の葬列 「りぼん」1972年7月号別冊付録 128p
一条ゆかり作品リスト 書き下ろし 2p

■■■■■

一条ゆかり長編集【3】
No. RDC3(絶版)★★★★
初版発行日 1973/09/10
収録作 9月のポピィ 「りぼん」1972年9月号別冊付録 128p
クリスチーナの青い空 「りぼん」1972年5月号別冊付録 128p
一条ゆかり作品リスト 書き下ろし 2p

■■■■■

春は弥生

弥生は高校生。家の下宿人・京四郎に憧れている。ある時、弥生の親友・楓が政略結婚させられそうなことを知り、楓の恋人である京四郎の親友・秋津を励まして駆け落ちを薦める。ところが、結婚相手が弥生の店の客であるドイツ人・ハラスだとわかり、彼のはからいで一件落着する。一方、弥生は態度の冷たい京四郎へのあてつけでハラスと交際を始め、一緒にドイツにいくことになるが・・・

◆◆

おとうと

シルヴィアとビョルンはとても美しい仲の良い姉弟。シルヴィアは弟・ビョルンを深く愛していた。ところが、ビョルンは彼女の親友・ジゼルに恋してしまう。思い余ったシルヴィアはビョルンのライフルに細工をした。それを知らず、ビョルンはジゼルを射殺してしまう。ショックで記憶を失ったビョルンを人形のようにしてシルヴィアは暮らす。しかし、ふとしたことからビョルンの記憶が戻り・・・

◆◆

雨のにおいのする街

マイケル・クライトンはIQ200の15歳の天才少年。原子力発電のコンピュータの故障を直しにデンマークへいく。そこで村娘・リンクスに出会い、2人は恋するようになる。だが、マイケルを好きなマイヤの策略によりリンクスは魔女として追われる。爆発しそうになった発電所のコンピュータのため、彼女をかばい傷ついたマイケルの代わりにリンクスが発電所に向かう・・・

◆◆

摩耶の葬列

玲奈は別荘で出会った黒髪の女性・摩耶に魅かれていく。その摩耶と姉は両親を死に追いやった玲奈の両親と西村に復讐を企んでいた。玲奈は摩耶を愛しはじめていたが、母から2人は姉妹だと告げられる・・・

◆◆

9月のポピィ

初恋の想い出の残る街に来たポピィは、ライリーと出会う。彼は転入先の学校の新しい新任教師で、ハンサムなプレイボーイだった。ポピィはハンサムでモテモテの生徒会長・シルバーと仲良くなる。ライリーとシルバーは父親が違う兄弟だった。ポピィは自分の初恋の人がライリーだったことを知るが、変わってしまったライリーはポピィのもとを去ろうとする・・・

◆◆

クリスチーナの青い空

1939年1月、スペイン内乱の最中のバルセロナの貴族の娘・クリスティーナは豪勢な誕生パーティを開いていた。そこへ政府軍と友軍であるナチス兵が屋敷を微集になってくる。隊の従軍記者のアメリカ人のアレンは戦争キライのニヒリストで、クリスティーナは彼に激しく反発するが、2人はある事件でナチの将校を殺してしまいフランスまで逃げようとする・・・


Back

Presented by Eiko.