■■■■■

砂の城【1】
No. RMC145(絶版)★★
ISBN ISBN4-08-853145-0
雑誌コード 43211-45
初版発行日 1979/04/10
収録作 砂の城(第1部) 「りぼん」1977年7月号〜11月号 172p

■■■■■

砂の城【2】
No. RMC147(絶版)★★
ISBN ISBN4-08-853147-7
雑誌コード 43211-47
初版発行日 1979/04/20
収録作 砂の城(第1部) 「りぼん」1977年12月号〜1978年5月号 191p

■■■■■

砂の城【3】
No. RMC149(絶版)★★
ISBN ISBN4-08-853149-3
雑誌コード 43211-49
初版発行日 1979/05/20
収録作 砂の城(第1部) 「りぼん」1978年6月号〜11月号 186p

■■■■■

砂の城【4】
No. RMC151(絶版)★★
ISBN ISBN4-08-853151-5
雑誌コード 43211-51
初版発行日 1979/06/20
収録作 砂の城(第1部) 「りぼん」1978年12月号〜1979年5月号 184p

■■■■■

砂の城【5】
No. RMC214(絶版)★★
ISBN ISBN4-08-853214-7
雑誌コード 43212-14
初版発行日 1981/10/20
収録作 砂の城(第1・2部) 「りぼん」1979年6月号・7月号
1980年11月号〜1981年2月号
180p

■■■■■

砂の城【6】
No. RMC218(絶版)★★
ISBN ISBN4-08-853218-X
雑誌コード 43212-18
初版発行日 1981/12/19
収録作 砂の城(第2部) 「りぼん」1981年3月号〜8月号 181p

■■■■■

砂の城【7】
No. RMC225(絶版)★★
ISBN ISBN4-08-853225-2
雑誌コード 43212-25
初版発行日 1982/03/20
収録作 砂の城(第2部) 「りぼん」1981年9月号〜12月号 140p
くうちゅう・しばい 「りぼん9月大増刊号」1980年 31p

■■■■■

砂の城(第1部)

ナタリー・ロームが生まれた日に、ローム家の前に4歳のフランシス・ドベルジェは捨てられた。2人は兄妹のように仲良く育ち、いつしか愛しはじめるようになる。だが、身分違いのため、フランシスはナタリーにふさわしい男になるためにナタリーの元を離れ大学に進学することを決める。フランシスは、大学を卒業したら結婚しようとナタリーにプロポーズする。2人が結婚を許してもらおうとした矢先にナタリーの両親が事故でなくなる。ナタリーのおばは2人の結婚に反対し、2人はかけおちするが、見つかってしまい、崖から海へ飛び降りる。ナタリーだけが助かるが、悲しみにくれるナタリーは、自宅を出て遠い学校へ入学する。一条先生の代表作。

◆◆

砂の城(第2部)

フランシスがランベール学院校長・ボージュの孫だと判明した。そんなある日、5年ぶりにナタリーがアメリカから帰ってきた。フランシスはナタリーとジェフの間に何も関係がなかったとしり、ナタリーに告白するが、ナタリーはフランシスのためにそれを拒絶した。失意のフランシスはソルボンヌ大学で友人・フィランと暮らしはじめるが、ナタリーのことが忘れられない。そんな彼にミルフィーヌは婚約を迫るが、フランシスは断る。その頃、ナタリーもフランシスを忘れるために仕事と遊びに明け暮れていた・・・一条先生の代表作。

◆◆

くうちゅう・しばい

漫画家・香取ゆりととおまるプロの毎日は、肥満と闘うマンナンライフ。そこへ、新人漫画家の荻野洋という美少年がやってくる。そんなある日、ゆりにお見合いの話が来る。努力を重ね、ついに44kgまでやせるが、お見合いの席で目の前の食事に目が眩み、食べまくってしまう。


Back

Presented by Eiko.